Archives

  • [—]2019 (406)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

2019年5月

スーパー耐久

S耐:第3戦富士公式予選 ST-XクラスのTAIROKU RACING GT-R GT3がコースレコードで総合のポールポジション

 スーパー耐久シリーズは、第2戦のゴールデンウィークのSUGOラウンドから5週間、その舞台を静岡県の富士スピードウェイに移した。

 2008年に十勝スピードウェイで開催されて以来、24時間レースは国内では久しく開催されていなかったが、昨年10年ぶりに、そして富士では1968年に開催されて以来50年ぶりに24時間レースが行われた。

富士山が見守る中、公式予選は行われた ST-XクラスポールポジションはTAIROKU RACING GT-R GT3 ST-Zクラスポールポジションはケーズフロンティア SYNTIUM KTM ST-TCRクラスポールポジションはModulo CIVIC ST-1クラスポールポジションはD\'station Porsche ST-2クラスポールポジションはDAMD MOTUL ED WRX STI ST-3クラスポールポジションは埼⽟トヨペットGreen Brave GR SPORTマークX ST-4クラスポールポジションはTOM\'S SPIRIT 86 ST-5クラスポールポジションはヒロマツ デミオ

 今年も、決勝レースが土曜日午後3時からスタートの24時間で行われるため、公式予選は金曜日に行われた。富士山は、朝方には顔を見せていたが、正午からの予選セッションの途中から残念ながら雲の中に。吹く風は心地よく、ドライコンディションだ。

 正午から行われた公式予選。まずはST-4とST-5クラスのGr-2から行われた。予選セッションは今回もA、Bドライバーの15分ずつの公式予選が行われる予定となっていた。ただ、ST-Xクラスだけは別枠の10分間のセッションが設けられ、ST-1、ST-2、ST-3、ST-TCRと今回はST-ZクラスによるGr-1と3つに分けられた。

 Gr.2のAドライバーの予選ではST-4クラスの#86 TOM’S SPIRIT 86の坪井翔が1分56秒471をマークしてトップタイム。ST-5クラスは#101ヒロマツデミオの吉田綜一郎2分07秒165でクラストップとした。

 続くGr-1のセッションではST-1の#47 D’station Porsche cupの星野辰也が45秒717、ST-TCRは#97 Modulo CIVICの植松忠雄が49秒149のコースレコードをマーク。ST-Zクラスは#3 ENDLESS AMG GT4の飯田太陽がこちらもレコードタイムで49秒225、ST-3は#68埼玉トヨペットGreenBraveGRSPORTSマークXの服部尚貴が50秒959とこちらもコースレコードを更新。ST-2クラスは#59 DAMD MOTUL ED WRX STIの大澤学が52秒972でそれぞれセッションのトップタイムを記録した。

 最後に行われる10分間のST-Xでは、#300 TAIROKU RACING GT-R GT3の山口大陸がコースレコードの39秒538をたたき出した。

 約10分のインターバルで行われたBドライバーの予選では、Gr.1はST-4の#86の中山雄一が57秒413でトップタイムをマーク、ST-5クラスは#69 J’S RACING FITの窪田俊浩が2分06秒330でクラストップとした。

 Gr.1はST-1の#47の織戸学が43秒083のレコードラップ。ST-Zは#2 ケーズフロンティアSYNTIUM KTMの小林崇志がレコードタイムの47秒424、ST-TCRは#501 KCMG Annika CIVIC TCRのJoshBurdonが48秒228とこちらもレコードを更新した。

 ST-3クラスは#68の脇阪薫一が51秒485、ST-2クラスは#6新菱オート☆DIXCELエボXの菊地靖が52秒920でそれぞれセッションのトップタイムを記録した。

 ST-Xは#300のHarrisonNeweyが38秒321のレコードタイムとした。

 ABドライバーの予選タイムの合算でグリッドが決定されることとなっているスーパー耐久の公式予選。このため、ST-Xは#300、ST-1は#47、ST-Zは#2、ST-TCRは#97、ST-3は#68、ST-2は#59、ST-Zは#51、ST-4は#86、ST-5クラスは#101とそれぞれのクラスのポールポジションを獲得している。

 決勝レースは、1日土曜日の午後3時から日曜日の午後3時まで、24時間の予定で行われる。

Text & Photo: Keiichiro TAKESHITA

スーパー耐久

S耐:第3戦富士公式予選結果

富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2019/05/31) A&B Total Qualify Weather:Cloudy Course:Dry
2019 PIRELLI Super Taikyu Series Round 3 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Model
Adriver
Bdriver
Total
Time
Behind
1300ST-X1山口 大陸
ハリソン・ニューウェイ
TAIROKU RACING GT-R GT3
NISSAN GT-R NISMO GT3(MY18)
1'39.538
1'38.321
3'17.859-
21ST-X2浜野 彰彦
星野 一樹
GTNET GT3 GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
1'40.144
1'39.569
3'19.713 1.854
383ST-X3TSE Ka Hing
道見 ショーン 真也
X WORKS R8
Audi R8 LMS GT3
1'42.278
1'40.223
3'22.501 4.642
49ST-X4JOE SHINDO
柴田 優作
MP Racing GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
1'42.656
1'40.708
3'23.364 5.505
547ST-11星野 辰也
織戸 学
D'station Porsche
Porsche 911 Cup
1'45.717
1'43.083
3'28.80010.941
62ST-Z1飯田 太陽
小林 崇志
ケーズフロンティア SYNTIUM KTM
KTM X-Bow GT4
1'49.434
1'47.424
3'36.85818.999
73ST-Z2内田 優大
山内 英輝
ENDLESS AMG GT4
Mercedes-AMG GT4
1'49.225
1'48.634
3'37.85920.000
897ST-TCR1植松 忠雄
中野 信治
Modulo CIVIC
Honda CIVIC TCR
1'49.149
1'49.339
3'38.48820.629
9501ST-TCR2ポール・イップ
ジョシュ・バードン
KCMG Annika CIVIC TCR
Honda CIVIC TCR
1'50.711
1'48.228
3'38.93921.080
1022ST-TCR3堀 主知ロバート
千代 勝正
WAIMARAMA KIZUNA Audi RS3 LMS
Audi RS3 LMS TCR
1'50.844
1'48.678
3'39.52221.663
1175ST-TCR4塚田 利郎
蘇武 喜和
AZIMUTH CIVIC TCR
Honda CIVIC TCR
1'50.594
1'49.543
3'40.13722.278
12108ST-TCR5ふじい じゅん
大野 尊久
冴えカノfineレーシングwithRFC
Honda CIVIC TCR
1'50.461
1'49.752
3'40.21322.354
1310ST-TCR6フィリップ・デベサ
密山 祥吾
IDI GOLF GTI TCR
Volkswagen Golf GTI TCR
1'50.754
1'50.205
3'40.95923.100
1419ST-TCR7太田 侑弥
松本 武士
BRP★Audi Mie RS3 LMS
Audi RS3 LMS TCR
1'51.632
1'49.416
3'41.04823.189
1545ST-TCR8竹田 直人
白坂 卓也
BRIN・NAUB RS3 LMS
Audi RS3 LMS TCR
1'50.951
1'50.162
3'41.11323.254
1665ST-TCR9岡島 秀章
加藤 正将
Phenomen Mars Audi RS3 LMS
Audi RS3 LMS TCR
1'50.717
1'50.836
3'41.55323.694
1768ST-31服部 尚貴
脇阪 薫一
埼⽟トヨペットGreen Brave GR SPORTマークX
TOYOTA LEXUS RC350
1'50.959
1'51.485
3'42.44424.585
1834ST-32手塚 祐弥
大草 りき
TECHNO FIRST RC350
TOYOTA LEXUS RC350
1'51.651
1'51.763
3'43.41425.555
1962ST-33嵯峨 宏紀
山下 健太
DENSO Le Beausset RC350
TOYOTA LEXUS RC350
1'52.923
1'51.595
3'44.51826.659
2014ST-34山崎 学
安宅 光徳
HIRIX☆YAIMA☆Z34
NISSAN Fairlady Z
1'52.151
1'52.722
3'44.87327.014
2115ST-35長島 正明
小松 一臣
岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
1'52.636
1'52.359
3'44.99527.136
2239ST-36下垣 和也
大島 和也
5ZIGEN ADVICS RC350 TWS TRACY
TOYOTA LEXUS RC350
1'53.180
1'51.997
3'45.17727.318
2338ST-37堀田 誠
阪口 良平
ADVICS muta racing RC 350 TWS
TOYOTA LEXUS RC350
1'53.383
1'52.139
3'45.52227.663
2451ST-Z3石原 将光
坂本 祐也
DIAMANGO Cayman
Porsche Cayman GT4
1'56.931
1'49.265
3'46.19628.337
2559ST-21大澤 学
後藤 比東至
DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
1'53.650
1'53.003
3'46.65328.794
266ST-22冨桝 朋広
菊地 靖
新菱オート☆DIXCELエボⅩ
MITSUBISHI Lancer EvolutionⅩ
1'55.190
1'52.920
3'48.11030.251
277ST-23成澤 正人
岡崎 善衛
新菱オート☆NeoGlobe☆DXLエボⅩ
MITSUBISHI Lancer EvolutionⅩ
1'56.986
1'54.661
3'51.64733.788
2886ST-41坪井 翔
中山 雄一
TOM'S SPIRIT 86
TOYOTA 86
1'56.471
1'57.413
3'53.88436.025
29884ST-42平中 克幸
国本 雄資
林テレンプSHADE RACING 86
TOYOTA 86
1'57.303
1'57.725
3'55.02837.169
30310ST-43久保 凜太郎
細川 慎弥
GR Garage⽔⼾インターGR86
TOYOTA 86
1'57.416
1'58.383
3'55.79937.940
3113ST-44中山 友貴
宮田 莉朋
ENDLESS・86
TOYOTA 86
1'58.638
1'57.969
3'56.60738.748
3217ST-24野上 達也
谷川 達也
DXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-D
MAZDA AXELA SKYACTIV-D
1'59.266
1'58.038
3'57.30439.445
33104ST-45豊田 大輔
佐々木 雅弘
ROOKIE RACING 86
TOYOTA 86
2'00.627
1'57.510
3'58.13740.278
3428ST-46東 徹次郎
DAISUKE
T's CONCEPT 86
TOYOTA 86
1'57.976
2'00.497
3'58.47340.614
35116ST-47大塚 隆一郎
吉田 靖之
アルカディア号PRINCE★WS★S2000ング☆PRINCE
Honda S2000
1'58.228
2'01.450
3'59.67841.819
365ST-48山本 謙悟
ケニー・リー
5ZIGEN ADVICS SPV 86
TOYOTA 86
1'59.995
1'59.771
3'59.76641.907
3718ST-49浅野 武夫
井上 雅貴
Weds Sport 86
TOYOTA 86
2'00.959
1'59.385
4'00.34442.485
388ST-410吉岡 一成
東 貴史
WAKO'S TRUST渡邊建設field WM HPI Vitz
TOYOTA Vitz GRMN turbo
2'00.312
2'00.785
4'01.09743.238
39101ST-51吉田 綜一郎
佐々木 孝太
ヒロマツ デミオ
MAZDA DEMIO
2'07.165
2'06.700
4'13.86556.006
4069ST-52梅本 淳一
窪田 俊浩
J'S RACING☆FIT
Honda FIT3 RS
2'07.847
2'06.330
4'14.17756.318
4188ST-53村上 博幸
雨宮 恵司
村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
2'07.676
2'06.970
4'14.64656.787
424ST-54見並 秀文
黒須 聡一
THE BRIDE FIT
Honda FIT3 RS
2'07.453
2'07.425
4'14.87857.019
4378ST-55田中 良平
山西 康司
LOVE DRIVE RACINGロードスター
MAZDA ROADSTER
2'07.458
2'07.540
4'14.99857.139
4437ST-56井尻 薫
辻 かずんど
DXLワコーズNOPROデミオSKY-D
MAZDA DEMIO SKYACTIV-D
2'07.872
2'08.040
4'15.91258.053
4570ST-57蘭牟田 政治
植田 正幸
J'S RACING☆FIT
Honda FIT3 RS
2'08.377
2'08.156
4'16.53358.674
46168ST-58谷岡 力
霜野 誠友
冴えカノレーシングwith RFC
Honda FIT3 RS
2'10.053
2'06.990
4'17.04359.184
4766ST-59橋本 陸
筒井 克彦
odula Idia ROADSTER
MAZDA ROADSTER
2'07.413
2'10.147
4'17.56059.701
4850ST-510岩岡 万梨恵
小松 寛子
LOVE DRIVE RACINGロードスター
MAZDA ROADSTER
2'09.215
2'08.935
4'18.1501'00.291

スーパー耐久

S耐:第3戦富士Bドライバー公式予選結果

富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2019/05/31) B Driver Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2019 PIRELLI Super Taikyu Series Round 3 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
TimeBehindGapkm/h
1300ST-X1ハリソン・ニューウェイTAIROKU RACING GT-R GT3
NISSAN GT-R NISMO GT3(MY18)
1'38.321--167.073
21ST-X2星野 一樹GTNET GT3 GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
1'39.569 1.248 1.248164.979
383ST-X3道見 ショーン 真也X WORKS R8
Audi R8 LMS GT3
1'40.223 1.902 0.654163.902
49ST-X4柴田 優作MP Racing GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
1'40.708 2.387 0.485163.113
547ST-11織戸 学D'station Porsche
Porsche 911 Cup
1'43.083 4.762 2.375159.355
62ST-Z1小林 崇志ケーズフロンティア SYNTIUM KTM
KTM X-Bow GT4
1'47.424 9.103 4.341152.916
7501ST-TCR1ジョシュ・バードンKCMG Annika CIVIC TCR
Honda CIVIC TCR
1'48.228 9.907 0.804151.780
83ST-Z2山内 英輝ENDLESS AMG GT4
Mercedes-AMG GT4
1'48.63410.313 0.406151.212
922ST-TCR2千代 勝正WAIMARAMA KIZUNA Audi RS3 LMS
Audi RS3 LMS TCR
1'48.67810.357 0.044151.151
1051ST-Z3坂本 祐也 DIAMANGO Cayman
Porsche Cayman GT4
1'49.26510.944 0.587150.339
1197ST-TCR3中野 信治Modulo CIVIC
Honda CIVIC TCR
1'49.33911.018 0.074150.237
1219ST-TCR4松本 武士BRP★Audi Mie RS3 LMS
Audi RS3 LMS TCR
1'49.41611.095 0.077150.132
1375ST-TCR5蘇武 喜和AZIMUTH CIVIC TCR
Honda CIVIC TCR
1'49.54311.222 0.127149.958
14108ST-TCR6大野 尊久冴えカノfineレーシングwithRFC
Honda CIVIC TCR
1'49.75211.431 0.209149.672
1545ST-TCR7白坂 卓也BRIN・NAUB RS3 LMS
Audi RS3 LMS TCR
1'50.16211.841 0.410149.115
1610ST-TCR8密山 祥吾IDI GOLF GTI TCR
Volkswagen Golf GTI TCR
1'50.20511.884 0.043149.057
1765ST-TCR9加藤 正将Phenomen Mars Audi RS3 LMS
Audi RS3 LMS TCR
1'50.83612.515 0.631148.208
1868ST-31脇阪 薫一埼⽟トヨペットGreen Brave GR SPORTマークX
TOYOTA LEXUS RC350
1'51.48513.164 0.649147.345
1962ST-32山下 健太DENSO Le Beausset RC350
TOYOTA LEXUS RC350
1'51.59513.274 0.110147.200
2034ST-33大草 りきTECHNO FIRST RC350
TOYOTA LEXUS RC350
1'51.76313.442 0.168146.979
2139ST-34大島 和也5ZIGEN ADVICS RC350 TWS TRACY
TOYOTA LEXUS RC350
1'51.99713.676 0.234146.672
2238ST-35阪口 良平ADVICS muta racing RC 350 TWS
TOYOTA LEXUS RC350
1'52.13913.818 0.142146.486
2315ST-36小松 一臣岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
1'52.35914.038 0.220146.199
2414ST-37安宅 光徳HIRIX☆YAIMA☆Z34
NISSAN Fairlady Z
1'52.72214.401 0.363145.728
256ST-21菊地 靖新菱オート☆DIXCELエボⅩ
MITSUBISHI Lancer EvolutionⅩ
1'52.92014.599 0.198145.473
2659ST-22後藤 比東至DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
1'53.00314.682 0.083145.366
277ST-23岡崎 善衛新菱オート☆NeoGlobe☆DXLエボⅩ
MITSUBISHI Lancer EvolutionⅩ
1'54.66116.340 1.658143.264
2886ST-41中山 雄一TOM'S SPIRIT 86
TOYOTA 86
1'57.41319.092 2.752139.906
29104ST-42佐々木 雅弘ROOKIE RACING 86
TOYOTA 86
1'57.51019.189 0.097139.791
30884ST-43国本 雄資林テレンプSHADE RACING 86
TOYOTA 86
1'57.72519.404 0.215139.535
3113ST-44宮田 莉朋ENDLESS・86
TOYOTA 86
1'57.96919.648 0.244139.247
3217ST-24谷川 達也DXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-D
MAZDA AXELA SKYACTIV-D
1'58.03819.717 0.069139.165
33310ST-45細川 慎弥GR Garage⽔⼾インターGR86
TOYOTA 86
1'58.38320.062 0.345138.760
3418ST-46井上 雅貴Weds Sport 86
TOYOTA 86
1'59.38521.064 1.002137.595
355ST-47ケニー・リー5ZIGEN ADVICS SPV 86
TOYOTA 86
1'59.77121.450 0.386137.152
3628ST-48DAISUKET's CONCEPT 86
TOYOTA 86
2'00.49722.176 0.726136.325
378ST-49東 貴史WAKO'S TRUST渡邊建設field WM HPI Vitz
TOYOTA Vitz GRMN turbo
2'00.78522.464 0.288136.000
38116ST-410吉田 靖之アルカディア号PRINCE★WS★S2000ング☆PRINCE
Honda S2000
2'01.45023.129 0.665135.256
3969ST-51窪田 俊浩J'S RACING☆FIT
Honda FIT3 RS
2'06.33028.009 4.880130.031
40101ST-52佐々木 孝太ヒロマツ デミオ
MAZDA DEMIO
2'06.70028.379 0.370129.651
4188ST-53雨宮 恵司村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
2'06.97028.649 0.270129.375
42168ST-54霜野 誠友冴えカノレーシングwith RFC
Honda FIT3 RS
2'06.99028.669 0.020129.355
434ST-55黒須 聡一THE BRIDE FIT
Honda FIT3 RS
2'07.42529.104 0.435128.913
4478ST-56山西 康司LOVE DRIVE RACINGロードスター
MAZDA ROADSTER
2'07.54029.219 0.115128.797
4537ST-57辻 かずんどDXLワコーズNOPROデミオSKY-D
MAZDA DEMIO SKYACTIV-D
2'08.04029.719 0.500128.295
4670ST-58植田 正幸J'S RACING☆FIT
Honda FIT3 RS
2'08.15629.835 0.116128.178
4750ST-59小松 寛子LOVE DRIVE RACINGロードスター
MAZDA ROADSTER
2'08.93530.614 0.779127.404
4866ST-510筒井 克彦odula Idia ROADSTER
MAZDA ROADSTER
2'10.14731.826 1.212126.218

スーパー耐久

S耐:第3戦富士Aドライバー公式予選結果

富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2019/05/31) A Driver Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2019 PIRELLI Super Taikyu Series Round 3 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
TimeBehindGapkm/h
1300ST-X1山口 大陸TAIROKU RACING GT-R GT3
NISSAN GT-R NISMO GT3(MY18)
1'39.538--165.030
21ST-X2浜野 彰彦GTNET GT3 GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
1'40.144 0.606 0.606164.032
383ST-X3TSE Ka HingX WORKS R8
Audi R8 LMS GT3
1'42.278 2.740 2.134160.609
49ST-X4JOE SHINDOMP Racing GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
1'42.656 3.118 0.378160.018
547ST-11星野 辰也D'station Porsche
Porsche 911 Cup
1'45.717 6.179 3.061155.385
697ST-TCR1植松 忠雄Modulo CIVIC
Honda CIVIC TCR
1'49.149 9.611 3.432150.499
73ST-Z1内田 優大ENDLESS AMG GT4
Mercedes-AMG GT4
1'49.225 9.687 0.076150.394
82ST-Z2飯田 太陽ケーズフロンティア SYNTIUM KTM
KTM X-Bow GT4
1'49.434 9.896 0.209150.107
9108ST-TCR2ふじい じゅん冴えカノfineレーシングwithRFC
Honda CIVIC TCR
1'50.46110.923 1.027148.711
1075ST-TCR3塚田 利郎AZIMUTH CIVIC TCR
Honda CIVIC TCR
1'50.59411.056 0.133148.532
11501ST-TCR4ポール・イップKCMG Annika CIVIC TCR
Honda CIVIC TCR
1'50.71111.173 0.117148.376
1265ST-TCR5岡島 秀章Phenomen Mars Audi RS3 LMS
Audi RS3 LMS TCR
1'50.71711.179 0.006148.367
1310ST-TCR6フィリップ・デベサIDI GOLF GTI TCR
Volkswagen Golf GTI TCR
1'50.75411.216 0.037148.318
1422ST-TCR7堀 主知ロバートWAIMARAMA KIZUNA Audi RS3 LMS
Audi RS3 LMS TCR
1'50.84411.306 0.090148.197
1545ST-TCR8竹田 直人BRIN・NAUB RS3 LMS
Audi RS3 LMS TCR
1'50.95111.413 0.107148.055
1668ST-31服部 尚貴埼⽟トヨペットGreen Brave GR SPORTマークX
TOYOTA LEXUS RC350
1'50.95911.421 0.008148.044
1719ST-TCR9太田 侑弥BRP★Audi Mie RS3 LMS
Audi RS3 LMS TCR
1'51.63212.094 0.673147.151
1834ST-32手塚 祐弥TECHNO FIRST RC350
TOYOTA LEXUS RC350
1'51.65112.113 0.019147.126
1914ST-33山崎 学HIRIX☆YAIMA☆Z34
NISSAN Fairlady Z
1'52.15112.613 0.500146.470
2015ST-34長島 正明岡部⾃動⾞Z34
NISSAN Fairlady Z
1'52.63613.098 0.485145.840
2162ST-35嵯峨 宏紀DENSO Le Beausset RC350
TOYOTA LEXUS RC350
1'52.92313.385 0.287145.469
2239ST-36下垣 和也5ZIGEN ADVICS RC350 TWS TRACY
TOYOTA LEXUS RC350
1'53.18013.642 0.257145.139
2338ST-37堀田 誠ADVICS muta racing RC 350 TWS
TOYOTA LEXUS RC350
1'53.38313.845 0.203144.879
2459ST-21大澤 学DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
1'53.65014.112 0.267144.538
256ST-22冨桝 朋広新菱オート☆DIXCELエボⅩ
MITSUBISHI Lancer EvolutionⅩ
1'55.19015.652 1.540142.606
2686ST-41坪井 翔TOM'S SPIRIT 86
TOYOTA 86
1'56.47116.933 1.281141.038
2751ST-Z3石原 将光DIAMANGO Cayman
Porsche Cayman GT4
1'56.93117.393 0.460140.483
287ST-23成澤 正人新菱オート☆NeoGlobe☆DXLエボⅩ
MITSUBISHI Lancer EvolutionⅩ
1'56.98617.448 0.055140.417
29884ST-42平中 克幸林テレンプSHADE RACING 86
TOYOTA 86
1'57.30317.765 0.317140.037
30310ST-43久保 凜太郎GR Garage⽔⼾インターGR86
TOYOTA 86
1'57.41617.878 0.113139.903
3128ST-44東 徹次郎T's CONCEPT 86
TOYOTA 86
1'57.97618.438 0.560139.238
32116ST-45大塚 隆一郎アルカディア号PRINCE★WS★S2000ング☆PRINCE
Honda S2000
1'58.22818.690 0.252138.942
3313ST-46中山 友貴ENDLESS・86
TOYOTA 86
1'58.63819.100 0.410138.462
3417ST-24野上 達也DXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-D
MAZDA AXELA SKYACTIV-D
1'59.26619.728 0.628137.732
355ST-47山本 謙悟5ZIGEN ADVICS SPV 86
TOYOTA 86
1'59.99520.457 0.729136.896
368ST-48吉岡 一成WAKO'S TRUST渡邊建設field WM HPI Vitz
TOYOTA Vitz GRMN turbo
2'00.31220.774 0.317136.535
37104ST-49豊田 大輔ROOKIE RACING 86
TOYOTA 86
2'00.62721.089 0.315136.178
3818ST-410浅野 武夫Weds Sport 86
TOYOTA 86
2'00.95921.421 0.332135.805
39101ST-51吉田 綜一郎ヒロマツ デミオ
MAZDA DEMIO
2'07.16527.627 6.206129.177
4066ST-52橋本 陸odula Idia ROADSTER
MAZDA ROADSTER
2'07.41327.875 0.248128.926
414ST-53見並 秀文THE BRIDE FIT
Honda FIT3 RS
2'07.45327.915 0.040128.885
4278ST-54田中 良平LOVE DRIVE RACINGロードスター
MAZDA ROADSTER
2'07.45827.920 0.005128.880
4388ST-55村上 博幸村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
2'07.67628.138 0.218128.660
4469ST-56梅本 淳一J'S RACING☆FIT
Honda FIT3 RS
2'07.84728.309 0.171128.488
4537ST-57井尻 薫DXLワコーズNOPROデミオSKY-D
MAZDA DEMIO SKYACTIV-D
2'07.87228.334 0.025128.463
4670ST-58蘭牟田 政治J'S RACING☆FIT
Honda FIT3 RS
2'08.37728.839 0.505127.958
4750ST-59岩岡 万梨恵LOVE DRIVE RACINGロードスター
MAZDA ROADSTER
2'09.21529.677 0.838127.128
48168ST-510谷岡 力冴えカノレーシングwith RFC
Honda FIT3 RS
2'10.05330.515 0.838126.309

スーパー耐久

S耐:第3戦富士 ル・ボーセ、スーパーテック24時間レースに平川亮と平木湧也を起用 (Le Beausset)

 ル・ボーセモータースポーツ(代表取締役・坪松唯夫)は、29日、ピレリスーパー耐久シリーズ第3戦富士SUPER TEC24時間レースに平川亮と平木湧也を起用することを発表した。レギュラーの嵯峨宏紀、山下健太、小河諒に加え5名のドライバーでクラス優勝を目指す。以下、プレスリリース。

ル・ボーセモータースポーツは、ピレリスーパー耐久シリーズ第3戦富士SUPER TEC24時間レースに平川亮と平木湧也を起用します。

 24時間レースはその長さゆえ、コンスタントで安定的なラップを刻んでいるように思われていますが、近年の耐久レースにおいては、各ドライバーのスプリントレースをつなぎ合わせたかたちのハイレベルのレースとなっており、耐久レースといえどドライバーの速さがより重要となっています。

 レギュラードライバーの嵯峨宏紀、山下健太、小河諒に加え今回起用する平川亮と平木湧也も、スーパーフォーミュラやスーパーGTの国内トップカテゴリーで活躍するドライバー達となります。

 特に平川は2016・17年とル・マン24時間レースへ参戦しており、その経験を活かしてくれることを期待しています。スプリント耐久と化した24時間レースを、この逞しいドライバー達と戦い抜き、悲願の優勝を目指します。

平川 亮
 この度、ル・ボーセモータースポーツより富士SUPER TEC24時間レースに参戦させて頂くことになりました。参戦実現に向けて尽力いただいた関係者の皆様に感謝しております。24時間レースは、ル・マン24時間で2回の経験がありますが、とにかく難しいという印象です。初めてのクルマ・チームになりますが、自分の今までの経験をフルに活かしてチームに貢献し、優勝へと導けるように頑張ります。応援をよろしくお願いします。
平木湧也
ル・ボーセモータースポーツより富士SUPER TEC24時間レースに参戦できる機会を頂き、初めての24時間レースを戦えることをとても嬉しく思います。FIA-F4で2年間戦ったチームであり、2016、17年にはLEXUS RC350をドライブさせて頂き、クルマ、チームとの順応は全く問題ないです。昨年からSUPER GTに参戦し学んだ、耐久では不可欠な確実性やマネジメント能力を発揮できるよう努め、優勝に貢献したいと思います。応援をよろしくお願い致します。
Le Beausset Motorsports

F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP (FIA-F4)

FIA-F4:第5,6戦鈴鹿 川合が連続入賞! 神も第5戦でポイント獲得 (Le Beausset)

 ル・ボーセモータースポーツが参戦するカテゴリーのうちのひとつ、FIA-F4シリーズの第5・6戦が5月25日(土)~26(日)に鈴鹿サーキット(三重県)で開催された。前大会の富士では川合が3位を獲得し、予選ではいまひとつかみ合わなかった神もポジションを上げ連続入賞を果たすなど弾みをつける結果となった。

 今回の舞台、鈴鹿サーキットは、コーナリングスピードのアベレージが高く、それに2本のストレートを挟むテクニカルコース。更なる高みを目指して第3大会に臨んだ。

予選 5月25日(土)天候/晴れ コース状況/ドライ

 このレースウィークは水曜日からトレーニングを開始。高速コーナーが連続する鈴鹿に合わせたセットへ煮詰めていった。この鈴鹿サーキットは一周が5.8kmと国内随一の長さのため、「コースの最初でミスをすると、残りを無駄に走ることになる。全てのセクターでまとめきるように。」と坪松はドライバーに伝え、予選に送り出した。

 神は、コースインすると3周目には2分8秒515を記録。川合も3周目に8秒362を記録し、そのまま続けてアタックをしていくところで前のクルマのスピンやイエローフラッグなどで数周の間遮られることに。しかし、川合は7周目に神のスリップをうまく使い8秒152でベストタイム更新に成功。ふたりともタイヤを温存するため予選時間を5分残し切り上げた。

 その結果、第5戦を神は9番手、川合は6番手。第6戦を神は9番手、川合は7番手からと、ともにシングルでのスタートとなった。

決勝第5戦 5月25日(土)天候/晴れ コース状況/ドライ

 第5戦決勝は気温30度、路面温度52度という真夏のようなコンディションで迎えた。スタートでは、神、川合ともに1つポジションを上げる幕開け。神はその後のヘアピンで抜きにかかるが抜き切らず、続くスプーンコーナーで並んで入ったところで行き場をなくされコースアウト。

 続く2周目のストレートを神は10番手で通過するが、直ぐにポジションの巻き返しを図る。トップ7台は後続を引き離しながら後半戦に入っていき、川合は7番手で前を追うが、ストレートでは前車を捉え切れずコーナーで追いつく展開で、再三にわたりオーバーテイクを試みるが、抜き切るに至らず一進一退。神もハイペースで周回を重ねていく。

 しかし、残り3周ともなると、ふたりとも序盤から攻めていったことにより、タイヤのグリップが落ちてきてしまう。その状況でも最後まで逆転を狙うもタイムアップ。神は9位、川合は7番手で第5戦を終えた。

決勝第6戦 5月26日(日)天候/晴れ コース状況/ドライ

 第6戦決勝は8時15分からスタート。スタートで川合は8番手、神は10番手となったが、ヘアピンでクラッシュがあり1周目からセーフティーカー(SC) が入る。

 3周に渡りSCランが続き5周目からレース再開。川合は前を走るマシンがコースアウトしたことでポジションを7番手に上げ、更に前との差を徐々に詰め、8周目のシケイン進入で牽制し、クロスラインで6番手に上がる。神も川合のバトルにより前の集団に追いつき9周目のストレートで2台をかわし7番手に浮上するが、 続く2コーナーで逆転されてしまう。しかし、まだチャンスは巡ってきそうな展開、態勢を立て直し前について行こうとしたところで、後続に追突されコースアウト。コースに戻ることは叶わずリタイヤとなった。

 一方川合は、6番手に上がったところで前との差は3秒ほど。残り3周、最後の力を振り絞り、前半よりも速いラップタイムを記録して行くが、前との差を2 .5秒にしたところでチェッカー。6位で入賞を果たした。

チーム監督 坪松唯夫(Tadao Tsubomatsu)COMMENT
 練習走行の中で様々なセッティングをテストしたが、ストレートスピードが上がらず、レースでは苦戦が予想された。その中でも川合は粘り強く走りしっかりとポイントを獲得した。神は最後の詰めの甘さが結果として残ってしまった。
Driver 神晴也(Seiya Jin)COMMENT
 予選はタイヤのおいしい部分が5~6周目だと思っていたのですが、グリップが早く来てしまい合わせ切れませんでした。その後の決勝では、うまくスタートできたのですが無理に抜きにいってしまい、押し出されて自分で順位を下げることになり反省しています。序盤からプッシュしすぎてタイヤのマネジメントをうまくできなかったことも良くありませんでした。第6戦はコーナーで前に追いつくことが出来たので、次の展開を色々考えながら臨めました。ですが、確実に決めないといけないところで決め切れなかったので、抜いたら抜き返されないように処理の仕方や考えを持って次戦はいきたいと思います。
Driver 川合孝汰(Kohta Kawaai)COMMENT
 予選はアタックラップ中に前がスピンしたりイエローが出ていたりと、遮られることが多く、予定よりも多く周回することになってしまい後半はタイヤが厳しい状況でしたが、何とかスリップを使って更新することが出来ました。第5戦ではスタートは悪くなくて、ポジションを上げることができましたが、なかなか抜き切れずもどかしいレースになりました。第6戦はやはりストレートでは抜き切れずコーナーで追いつく展開だったので、シケインでいこうと思い狙って行きました。レースウィークを通して見るとベストなレースだったと思います。
Le Beausset Motorsports

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿決勝会見 「人にされて嫌なことは絶対やるなと小学校で教わりましたが、レースだし今日はやってやろうと、わざとペースを落としてやりました」(関口雄飛)

決勝フォトセッション: 両クラス優勝のドライバー

GT500クラス優勝 #36au TOM'S LC500

中嶋一貴
決勝記者会見: GT500クラス優勝の中嶋一貴(LEXUS TEAM au TOM\'S) 無事に終わってホッとしています。前半から飛ばしてギャップを作りたかったんですが、37号車も6号車もペース的に変わらず、2秒くらいの間隔で走っているうちにセーフティーカーが入ってしまって、その点は少し残念でした。ただセーフティーカー明けのピットストップもいいタイミングで判断してもらえたし、作業もミスなく送り出してもらえました。雄飛に代わってから最初の方はヒヤヒヤする場面もありましたが、雄飛なら抜かせないで帰ってくると思いましたし、最後の方はぶっちぎってくれたので、こんなに完璧なレースは本当にないだろうなという感じです。
関口雄飛
決勝記者会見: GT500クラス優勝の関口雄飛(LEXUS TEAM au TOM\'S) スタートで一貴選手にできるだけギャップを広げてくださいお願いします、と言ったら1周めで1.5秒くらいちぎってくれて。そっから毎周1秒くらい開いていくのかと思っていたら勢いが止まっちゃって(笑)で結局セーフティーカーが入ってしまうんですけども、チームもいいタイミングでピットに入れてくれましたし、自分自身のアウトラップも過去にないくらい完璧でした。序盤ちょっとだけ大嶋選手の方が速かったのと、GT300の巡り合わせが本当に悪かったのとでギャップを作れませんでしたが、そこで無理にプッシュせず、タイヤを温存して走りました。GT500はダウンフォースが大きいので、前に近づいて走ると自分のペースで走れずにタイヤを消耗しちゃったりするので。自分はそれを去年のタイで経験しました。人にやられて嫌なことを絶対やるな、と小学校で教わりましたが、レースだし、自分がやられて嫌なことをやってやろうと、わざとペースを落としてやってやりました。そのうち300のクルマがうまく間に入ってギャップが1秒くらいになったので、そこから一気に突き放してプッシュプッシュで差を広げました。自分として最高のレースができたし、最高の組み立てもできたので、いい内容だったなと満足しています。

GT300クラス優勝 #96K-tunes RC F GT3

新田守男
決勝記者会見: GT300クラス優勝の新田守男(K-tunes Racing) 昨日の予選の段階からYahoo!天気で気温が高くなると知っていたので、それに合わせたタイヤチョイスをしていたんですけど、実際には思ったより温度が低かったので、スタートから厳しいだろうなと予想していたんですが、始まってみるとトップと付かず離れずくらいで走ることができました。前のJAF-GT勢はタイヤ無交換で行くとわかっていたので、自分たちは去年使ったようなスペックのタイヤに交換することを晴南に伝えてピットに入りました。実際にはどのくらいのタイミングで追いつけるのか不安でしたけど、晴南のパフォーマンスもブリヂストンのパフォーマンスも非常に良かったので、思ったより早い段階で25番の後ろにつくことができました。その後もタイヤバーストするクルマが多かったので、巻き込まれないでくれと伝えてチェッカーを迎えました。晴南と最初に会った時は本当に子供だったのに、その子と一緒にレースをするなんて思ってもいませんでした。今回K-tunesに来るにあたって本当に辛い思いというか、人生の中で初めて大きい決断をしてきてくれたと思います。彼は自分の技術や経験が足りないことをすごく理解していて、経験者から学ぶことについてものすごく考えています。非常に素直に良いところを取り入れるので、これからの成長も早いでしょうし、一貴や雄飛みたいなトップドライバーと組むことでもっともっと成長できると思うので、早くK-tunesを卒業して、GT500とかスーパーフォーミュラに乗ってもらいたいなと思います。
阪口晴南
決勝記者会見: GT300クラス優勝の阪口晴南(K-tunes Racing) 開幕戦で優勝した時は、自分は決勝を走っていないので、今回はいい疲労感と達成感があるなと思っています。レースは思った以上に路面温度が下がっちゃったので、タイヤが持ちこたえられないかなと思ったんですけど、新田さんの粘り強い走りでずっと2位をキープしてくれたのが大きかったと思います。そのあとはタイヤチョイスでいい判断ができたし、アウトラップでトラフィックのないところに出られたのが大きかったです。後半タイヤが厳しくなるかな、というのを常に頭に入れて、フルプッシュはせずに80%~90%くらいのペースで走っていましたが、戦っている相手はタイヤ無交換ということで、全然こっちのペースの方が良くて、周を重ねるごとに差が大きく詰まっていったおで、これは大丈夫かなと思いました。追いついたらスパッと抜け、と監督から言われていたので、追いついた時もうまく対処できたかなと思います。スーパーGTは今年から参戦して、そんなに簡単に勝てるレースじゃないことは承知しています。そこで3戦して2つ勝てたっていうのは数ヶ月前の挫折した自分からは想像もできません。去年の終わりに僕のことをもう終わりだといった人たちに「みたか」といってやりたいですね。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿決勝 トムス勢が予選に続いて1-2フィニッシュを達成。#36auが今季初勝利

2019オートバックススーパーGT第3戦「鈴鹿GT300kmレース」の決勝が5月26日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、ポールポジションからスタートした#36中嶋一貴/関口雄飛組(au TOM'S LC500)が今季初優勝。予選2位の#37平川亮/ニック・キャシディ組(KeePer TOM'S LC500)が2位に入り、予選に続いてトムス勢が1-2という結果になった。GT500クラスは#96新田守男/阪口晴南組(K-tunes RC F GT3)が開幕戦岡山に続いて今季2勝目を挙げている。
(天候:晴れ コース:ドライ 観客動員数:予選21,000人/決勝36,000人/大会総入場者数57,000人)

三重県警の白バイ、タクシーでパレードラップが始まった

GT500クラスのスタートシーン

GT300クラスのスタートシーン

KeePer TOM\'S LC500とau TOM\'S LC500の争い

au TOM\'S LC500、KeePer TOM\'S LC500、WAKO\'S 4CR LC500、GT500クラストヨタ同士のトップ争い

GT500クラス優勝は中嶋一貴/関口雄飛組(au TOM\'S LC500)

GT500クラス決勝2位は平川亮/ニック・キャシディ組(KeePer TOM\'S LC500)

GT500クラス決勝3位は大嶋和也/山下健太組(WAKO\'S 4CR LC500)

GT300クラス優勝は新田守男/阪口晴南組(K-tunes RC F GT3)

GT300クラス決勝2位は坂口夏月/平木湧也組(ADVICSマッハ車検MC86マッハ号)

GT300クラス決勝3位は井口卓人/山内英輝組(SUBARU BRZ R&D SPORT)

GT500クラスの表彰式

GT300クラスの表彰式

第3戦決勝は午後2時30分より52周で行われた。開幕戦岡山、第2戦富士と雨に祟られた今年のスーパーGTだが、今回は予選決勝を通じて晴天に恵まれ、スタート時の気温は29℃、路面温度42℃という暑さの中での戦いとなった。

スタートでトップに立ったのはポールの36号車。スタートドライバーの中嶋は序盤から後続を引き離そうと試みたが、2位の37号車はそれを許さず、両者は2周目以降は2秒前後の間隔を保って周回を重ねていく。

すると17周目。10位前後を走行していた#23ロニー・クインタレッリ(MOTUL AUTECH GT-R)の右フロントタイヤが130Rでバースト。23号車はコースを外れフロントからタイヤバリアに突っ込んでしまう。これにより18周目からセーフティーカーが導入され、23周目に入ったところでようやくリスタートとなった。

トップの36号車はこれに合わせて23周終わりでピットイン。3位の#6山下健太(WAKO'S 4CR LC500)もこの周でピットに飛び込み、2位の37号車は次の24周目にピット作業を行なった。その結果25周目の1コーナーで#37ニック・キャシディ(KeePer TOM'S LC500)は#36関口雄飛(au TOM'S LC500)、#6大嶋和也(WAKO'S 4CR LC500)に相次いで抜かれ、一時は3位に後退するが、30周目のシケインで大嶋のインを差して2位を奪いかえす。

キャシディは32周目の130Rでオーバーランを喫し、再び大嶋の先行を許したものの、49周目の2コーナーで6号車が周回遅れに詰まったところを見逃さず2位に再浮上して見せた。

こうした後続の争いをよそに関口は終盤一気にリードを広げ、最後は2位に8.071秒もの大差をつけてフィニッシュ。今季初優勝を手にした。2位は#37平川/キャシディ組、3位に#6大嶋/山下組が入り、トムスが予選に続いて1-2フィニッシュを達成するとともに、レクサスLC500が表彰台を独占するという結果になった。

GT300クラスはポールポジションの#25松井孝允/佐藤公哉組(HOPPY 86 MC)がタイヤ無交換作戦を選択し、一時は12秒以上のリードを築き上げたが、タイヤの消耗が進んだ終盤に一気に失速、42周目のデグナーで#96阪口晴南(K-tunes RC F GT3)が大外から#25松井孝允(HOPPY 86 MC)をかわしてトップに立ち、開幕戦岡山に続いて今季2勝目を挙げた。
松井はその後もファイナルラップのシケインで#5坂口夏月(ADVICSマッハ車検MC86マッハ号)と#61井口卓人(SUBARU BRZ R&D SPORT)らに相次いでかわされ、最終的に5位でレースを終えた。

次戦の舞台はタイのチャン・インターナショナルサーキット。6月30日決勝だ。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿決勝結果

■GT500クラス

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2019/05/26) GT500 Final Race Weather:Fine Course:Dry
2019 AUTOBACS SUPER GT Round 3 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireWhLapTotal_Time
Behind
136中嶋 一貴
関口 雄飛
au TOM'S LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS2521:47'21.606
237平川 亮
ニック・キャシディ
KeePer TOM'S LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS8528.071
36大嶋 和也
山下 健太
WAKO'S 4CR LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS65210.534
48野尻 智紀
伊沢 拓也
ARTA NSX-GT
Honda NSX-GT
BS245216.826
539ヘイッキ・コバライネン
中山 雄一
DENSO KOBELCO SARD LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS165234.340
638立川 祐路
石浦 宏明
ZENT CERUMO LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS435242.353
719国本 雄資
坪井 翔
WedsSport ADVAN LC500
TOYOTA LEXUS LC500
YH55256.487
8*24高星 明誠
ヤン・マーデンボロー
リアライズコーポレーションADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
YH6521'07.597
9*3平手 晃平
フレデリック・マコヴィッキィ
CRAFTSPORTS MOTUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI18521'08.234
10*12佐々木 大樹
ジェームス・ロシター
カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
BS11511Lap
11*64ナレイン・カーティケヤン
牧野 任祐
Modulo Epson NSX-GT
Honda NSX-GT
DL3511Lap
1216武藤 英紀
中嶋 大祐
MOTUL MUGEN NSX-GT
Honda NSX-GT
YH4511Lap
131山本 尚貴
ジェンソン・バトン
RAYBRIG NSX-GT
Honda NSX-GT
BS22511Lap
---- 以上規定周回数(70% - 36Laps)完走 ----
-17塚越 広大
ベルトラン・バゲット
KEIHIN NSX-GT
Honda NSX-GT
BS123121Laps
-23松田 次生
ロニー・クインタレッリ
MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI491636Laps
  • Fastest Lap: CarNo.36 中嶋一貴(au TOM'S LC500) 1'49.395 (2/52) 191.84km/h
  • CarNo.24(ヤン・マーテンボロー)は、SpR.32-16.(スタート違反)により、ドライビングスルーペナルティーを科し
  • CarNo.3(平手晃平)は、SpR.付則3 12.(SC中のオーバーラン)により、ペナルティーストップ10秒を科した。
  • た。
  • CarNo.64は、SpR.27-1.3(ピット作業違反)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。
  • CarNo.12(佐々木大樹)は、SpR.13-1(危険なドライブ行為)により、競技結果に32秒を加算した。

■GT300クラス

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2019/05/26) GT300 Final Race Weather:Fine Course:Dry
2019 AUTOBACS SUPER GT Round 3 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireWhLapTotal_Time
Behind
196新田 守男
阪口 晴南
K-tunes RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
BS20491:48'35.123
25坂口 夏月
平木 湧也
ADVICSマッハ車検MC86マッハ号
TOYOTA 86 MC
YH4923.005
361井口 卓人
山内 英輝
SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
DL84923.939
44谷口 信輝
片岡 龍也
グッドスマイル 初音ミクAMG
Mercedes-AMG GT3
YH134925.031
525松井 孝允
佐藤 公哉
HOPPY 86 MC
TOYOTA 86 MC
YH4932.344
655高木 真一
福住 仁嶺
ARTA NSX GT3
Honda NSX GT3
BS474932.369
734道上 龍
大津 弘樹
Modulo KENWOOD NSX GT3
Honda NSX GT3
YH24939.162
821リチャード・ライアン
富田 竜一郎
Hitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8 LMS GT3
YH64946.589
911平中 克幸
安田 裕信
GAINER TANAX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
DL404948.243
1060吉本 大樹
宮田 莉朋
SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
DL84950.300
1131嵯峨 宏紀
中山 友貴
TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT
TOYOTA PRIUS
BS4951.008
1210星野 一樹
石川 京侍
GAINER TANAX triple a GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH2481Lap
13720荒 聖治
アレックス・パロウ
McLaren 720S
McLaren 720S GT3
YH481Lap
1465黒澤 治樹
蒲生 尚弥
LEON PYRAMID AMG
Mercedes-AMG GT3
BS17481Lap
1518小林 崇志
松浦 孝亮
UPGARAGE NSX GT3
Honda NSX GT3
YH481Lap
1635ナタポン・ホートンカム
ショーン・ウォーキンショー
arto RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
YH481Lap
1787高橋 翼
アンドレ・クート
T-DASHランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH481Lap
1856平峰 一貴
サッシャ・フェネストラズ
リアライズ日産自動車大学校 GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH24481Lap
1988小暮 卓史
元嶋 佑弥
マネパ ランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH23481Lap
20360青木 孝行
柴田 優作
RUNUP RIVAUX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH481Lap
2130永井 宏明
織戸 学
TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT
TOYOTA PRIUS
YH481Lap
229横溝 直輝
峰尾 恭輔
PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHE
Porsche 911 GT3 R
YH481Lap
232高橋 一穂
加藤 寛規
シンティアム・アップル・ロータス
LOTUS EVORA MC
YH481Lap
2450加納 政樹
山下 亮生
ARNAGE AMG GT3
Mercedes-AMG GT3
YH481Lap
2548田中 勝輝
飯田 太陽
植毛GO&FUN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH481Lap
2622和田 久
城内 政樹
アールキューズ AMG GT3
Mercedes-AMG GT3
YH481Lap
2752脇阪 薫一
吉田 広樹
埼玉トヨペットGBマークX MC
TOYOTA MARK X MC
BS11409Laps
2833ショウン・トン
マーチー・リー
エヴァRT初号機X Works GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH83811Laps
---- 以上規定周回数(70% - 34Laps)完走 ----
-7藤井 誠暢
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
D'station Vantage GT3
ASTON MARTIN VANTAGE AMR GT3
YH3019Laps
  • Fastest Lap: CarNo.25 佐藤公哉(HOPPY 86 MC) 2'00.237 (2/49) 173.87km/h

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿GTA定例会見 「将来的には鈴鹿10HをGT300のシリーズ戦に組み込みたい」(坂東代表)

スーパーGTを運営するGTアソシエイション(GTA)は5月26日、第3戦の行われている三重県の鈴鹿サーキットで定例会見を開催、坂東正明代表が鈴鹿10Hへの協力体制や11月に予定されているDTMとの特別交流戦の進捗状況について語った。

GTA定例記者会見: 板東正明GTA代表取締役社長

ホンダNSXの参加条件について
以前の会見で、第1戦、第2戦の結果を踏まえてバラストの搭載位置を見直す可能性があると言ったが、今のところ重量は29kgで変更はなく、搭載位置もフロントハブセンターより前ということで条件は変えていない。
鈴鹿10Hへの協力体制について
昨年から車検機材やテクニカルな部分における人員の派遣、GT300クラスのエントラントの参加などで協力しているが、今年はタイトルスポンサーであるBHオークションとの連携も進めている。将来的にはこのレースをスーパーGTのシリーズ戦に組み込み、GT300クラスのエントラントに選手権ポイントを与えたいと考えている。これについてはSROとも話し合い、ブランパンアジアシリーズやインターコンチと我々のGT300で統一戦のような形を取れればとも思っている。チームの負担軽減やブランパンシリーズを主催するSROとの話し合いなど、条件が整えば実現していきたい。GT300クラスとGT500クラスを分けた大会があってもいいのではないかと考えている 。見ていただいているお客さんにとってプラスになるのであれば、そうした取り組みもありなのではないだろうか。
DTMとの特別交流戦について
現在タイムスケジュールやサポートイベントをどうするか調整中だ。まだリリースを出せる状況にはない。メインレースについては基本的には向こう(DTM))の通常のレースフォーマットに準じたものになるが、それ以外のイベントやサポートレースについては国内で決めたいと考えている。もしサポートレースでGT300のレースをやるとなれば、早めにチームに連絡を取らないといけないので、今月とか来月には詳しいことを決めないといけない。
来シーズンのGT500クラスについて
レクサスくま吉くんの今後については上野動物園で引き取ってくれるのかどうか。本人があまり喋ってくれないのでインタビューも難しいと思うが、スープラに変わることでレクサスからガズーに変わるとか、そういった面についてはメーカーの広報に確認していただきたい。我々としては新しいスープラのホイールベースや車高などがレギュレーションに合致したものになるか、空力の部分をどこまで許容するか、などをDTMの車両とも合わせて調整しないとと考えている。しかしスープラに変わることがマニファクチャラーのマーケティングにとってプラスになるのであれば、歓迎したいと思う。2020年からの新規定については、共通パーツを国産化することでコストや納期をどうやって向こうの水準に合わせるかが課題。8月末には3メーカー全部揃ってのお披露目をしたいと考えている。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI

F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP (FIA-F4)

FIA-F4:第6戦鈴鹿決勝 今週末絶好調の#6太田が連勝でランキング2位に浮上

2019年FIA-F4選手権第6戦の決勝が5月26日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、ポールポジションからスタートした#6太田格之進(SRS/コチラレーシング)が昨日に続いて2連勝を達成、ポイントランキングでも2位に浮上した。

11周の決勝レースがスタートした HFDPトリオのトップ争い 優勝は太田格之進(SRS/コチラレーシング) 決勝2位は佐藤蓮(SRS/コチラレーシング) 決勝3位は三宅淳詞(HFDP/SRS/コチラレーシング) インディペンデントカップ優勝はIKARI(TOEI BJRacing F110) 手を上げてウィニングラップを回る太田格之進(SRS/コチラレーシング) 表彰式 インディペンデントカップの表彰式

午前8時15分から行われた11周の決勝は、スタート直後に2コーナーとヘアピンの2カ所で多重クラッシュが発生し、セーフティーカーの導入される荒れた展開となった。

スタートでトップに立ったポールポジションの太田は序盤から後続を引き離すつもりでいたが、このSCランのせいでそれは叶わず、最後まで1秒以内に#7佐藤蓮(SRS/コチラレーシング)を従えて接戦を展開することになった。

一方の佐藤も昨日の決勝でのタイヤの消耗状態から後半勝負と判断してセッティングを進めていたが、SCランによってタイヤに充分な熱が入らなかったため、その目論見は外れてしまった。それでも5周目のリスタートとファイナルラップのシケイン進入でオーバーテイクのチャンスを伺う佐藤だったが、太田は最後まで付け入る隙を与えずトップのままでフィニッシュ。今季2勝目を挙げてシリーズポイントを78に伸ばし、このレースを4位で終えた#60菅波冬悟(OTG DL F110)を抜いてランキング2位に浮上した。

3位にも昨日に続いて#5三宅淳詞(HFDP/SRS/コチラレーシング)が入り、Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクトが二日連続で表彰台を独占した。

インディペンデントカップはPCCJとダブルエントリーをしている#98KARI(TOEI BJRacing F110)がFIA-F4初優勝。ポルシェカップカートの特性の違いに戸惑いつつも着実に経験を積み重ねた成果がここで出た格好だ。

次戦の舞台は富士スピードウェイ。8月3-4日開催だ。

第6戦優勝 #6太田格之進(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)
優勝した太田格之進(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト) 前半のペースが思ったより良くて、そのまま離していけると思っていました。ドライビングやセッティングの関係で後半は離すってわけにはいかなかったんですがミスさえしなければ追いつかれても抜かれることはないと思ったのに、ファイナルラップでミスをしてしまってシケインでブロックしなきゃいけなくなったんで、まだメンタルを鍛えないといけないなと思いました。でも公式練習から全セッショントップで終われたのは自信に繋がりましたし、こうして勝てるクルマを用意してくれたチームには感謝したいです。開幕戦で落としたポイントが多くて、それでキツイ状況になっていますけど、ずっと勝ってれば追いつけるんで、そういう気持ちでやっていきたいです。
第6戦決勝2位 #7佐藤蓮(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)
決勝2位の佐藤蓮(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト) 昨日はタイヤがかなりタレてるのがわかったので、後半勝負と思っていたんですが、SCが入ったことで展開が変わってしまい、やっとタイヤに熱が入ったのが最後の方になってしまったので、そこが失敗だったなと思います。リスタートと最後のシケインに賭けていたんですけど、少し展開に恵まれなかったですね。次の富士はホンダの苦手としている夏の大会ですが、しっかり成績を残してチャンピオンシップに向けていいレースにしようと思います。それまでのインパーバルでもっと成長した姿を見せられるように頑張ります。
第6戦決勝3位 #5三宅淳詞(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)
決勝3位の三宅淳詞(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト) 昨日と連続で3位。ポイント取れたのは良かったんですけど、昨日と同じ展開で。一緒に走りこんでる同じメンバーに勝てませんでした。ここで遅かったことが次の富士でも響くと思うんですけど、問題点はわかっていても答えが見つからない状態です。昨日のことを踏まえて今日も自分なりにやってみたんですけど、ついていかなかったので間違っていたんだと思います。他の側面から考えて対策を見つけないといけません。チームのアドバイザーにも相談して、次の富士までに対策したいと思います。
第6戦インディペンデントカップ優勝 #98IKARI(Bionic Jack Racing)
インディペンデントカップ優勝のIKARI(Bionic Jack Racing) スタートは相変わらず下手くそで、1コーナーで佐藤さんに並ばれちゃって抜かれたんですけど、例のヘアピンのトラブルで僕はイン側を走り、佐藤さんがたまたまアウト側を走っていたんで後退して、そのままの順位でゴールしたって状況です。あとはギャップが少なかったんで全開で行くしかないと思って走りました。今までとにかく練習あるのみで、時間があればフォーミュラに乗らせてもらえるようにしてきました。それとドライバー以上に大事なのがクルマで、昨年走っていた石坂瑞樹くんのデータで走らせてもらってるんで助かってます。
Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum
Yoshinori OHNISHI

F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP (FIA-F4)

FIA-F4:第6戦鈴鹿決勝結果

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2019/05/26) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2019 F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP Round 6 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Team
LapTotal_Time
Behind
16太田 格之進SRS/コチラレーシング
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
1128'48.197
27佐藤 蓮SRS/コチラレーシング
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
110.177
35三宅 淳詞HFDP/SRS/コチラレーシング
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
111.195
460菅波 冬悟OTG DL F110
OTG MOTOR SPORTS
113.031
537平良 響FTRSスカラシップF4
TOM'S SPILIT
114.000
663川合 孝汰DENSOルボ一セIPG F4
Le Beausset Motorsports
116.604
736野中 誠太FTRSスカラシップF4
TOM'S SPILIT
117.214
824平木 玲次Media DoADVICS影山F110
Media Do Kageyama Racing
118.290
920木村 偉織Silver Star Racing
Silver Star Racing
1110.058
109塩津 佑介ATEAM Buzz Racing
ATEAM Buzz Motorsports
1113.808
1111石崎 竜一郎札幌トヨタRn-sports F110
Rn-sports
1115.533
1215篠原 拓朗Media DoADVICS影山F110
Media Do Kageyama Racing
1116.568
1314桜井 孝太郎ZAP SPEEDスカラシップ
ザップスピード
1116.927
1412植田 正幸Rn-sports SEIDO-YA
Rn-sports
1119.286
1598IC1IKARITOEI BJRacing F110
Bionic Jack Racing
1122.894
1673塙 瞬佑カローラ新茨城レオンキッズレーシング
C.S.I-REON KIDS RACING
1123.567
173IC2佐藤 セルゲイビッチ結婚の学校フィールドモータースポーツ
FIELD MOTORSPORTS
1125.939
1828IC3齋藤 真紀雄CS Marketing ES
イーグルスポーツ
1131.272
1931三枝 拓己RiNoA Racing project
NRS
1131.755
2010IC4堀田 誠アドヴィックスムータレーシング
Rn-sports
1132.139
212IC5仲尾 恵史TCS Racing Team
TEAM RIGHT WAY
1133.584
2286IC6大阪 八郎COLLET F110
ザップスピード
1136.595
2329IC7井出 靖司RSイディアF110
イーグルスポーツ
1147.401
2471IC8大山 正芳ダイワN通商/NAGISA AUTO
NAGISA AUTO MOTOR SPORTS
1148.496
2527IC9SYUJIB-MAX ENGINEERING F4
B-MAX ENGINEERING
1149.454
2643IC10吉田 基良ZAP SPEED F110
ザップスピード
111'03.623
2723IC11YUGOS2R Racing
N-SPEED
111'06.369
---- 以上規定周回数(90% - 9Laps)完走 ----
-62神 晴也DENSOルボ一セJPM F4
Le Beausset Motorsports
83Laps
-*39岡本 大地SACCESS RACING F4
サクセスレーシング
83Laps
-25堀尾 風允SAMURAIサポーターズF4
TEAM SAMURAI
83Laps
-80大竹 将光OTG DL F4 CHALLENGE
OTG MOTOR SPORTS
011Laps
-8小山 美姫#USLETE Honda Racing
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
011Laps
-16渡辺 大祐Media DoADVICS影山F110
Media Do Kageyama Racing
011Laps
-*77大井 偉史WARMTECH Skill Speed
Skill Speed
011Laps
-*21IC-RYOM2 HDR Racing
M2 ENGINEERING
011Laps
  • Fastest Lap: CarNo.7 佐藤蓮(SRS/コチラレーシング) 2'08.907 (8/11) 162.17km/h
  • CarNo.21は、2019 FIA-F4 SpR第15条1. 2)(危険なドライブ行為)により、競技結果に40秒を加算した。
  • CarNo.71は、2019 FIA-F4 SpR第15条1. 1)(危険なドライブ行為)により、訓戒および競技結果に40秒を加算した。
  • CarNo.39は、2019 FIA-F4 SpR第15条1. 1)(危険なドライブ行為)により、競技結果に40秒を加算した。

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿ポールポジション会見 「先週スーパーフォーミュラで勝てて、その好調を維持できたのが嬉しいです」(関口雄飛)

予選フォトセッション: 両クラスのポールシッター

GT500クラスポールポジション #36au TOM'S LC500

中嶋一貴
予選記者会見: GT500クラスポールポジションの中嶋一貴(LEXUS TEAM au TOM\'S) 朝からクルマの調子が良かったので、Q1は安全に通ればいいかなと思っていましたが、安全にいきすぎた部分もあります。Q2のアタックは関口選手がセクター1のちょっとした遅れを2、3、4と削り取ってくれて、最後に一番上に来たので、「痺れた」以外の言葉が浮かびませんでした。今週末の気温は高いですけど、ほぼ想定内です。
関口雄飛
予選記者会見: GT500クラスポールポジションの関口雄飛(LEXUS TEAM au TOM\'S) 先週スーパーフォーミュラで勝てて、その好調を維持できたのが嬉しいです。GTも開幕がハーフポイントってことで、あんま戦った気がしなくて、第2戦がリタイヤと、ランキングでもビリの方だったんで、ここで一発行っとかないとチャンピオン争いが厳しくなると思っていましたが、それがうまく結果に表れて非常に嬉しいです。自分は3周目でアタックに行きましたが、セクター1でタイヤが100%温まりきっていなくて、95%くらいの状態でしたが、セクター2から最後までは100%でアタックできたんで、しっかり帳尻合わせができたかなと思います。あくまで結果論ですけど。

GT300クラスポールポジション #25HOPPY 86 MC

松井孝允
予選記者会見: GT300クラスポールポジションの松井孝允(つちやエンジニアリング) 今回は持ち込みの段階でクルマをすごく変えてきました。どっちかというと決勝に自信の持てるセットで、予選は正直どうかな? という感じでしたが、結果的にポールが取れたのは嬉しいですし、Q1走った佐藤選手から計測2周目が一番いい状態だというのが、僕の考えていた3周目とはズレがありましたが、アドバイス通り2周目で行っていいアタックができたのも良かったです。
佐藤公哉
予選記者会見: GT300クラスポールポジションの佐藤公哉(つちやエンジニアリング) とりあえず無事にQ1を突破できて、松井選手にバトンを渡せて良かったです。僕がGTに参戦させていただいて初めてのポールだったので素直に嬉しいですし、松井選手のQ2のアタックを見て正直痺れました。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿公式予選 SF優勝で波に乗る関口(#36au TOM'S LC500)がポール獲得

2019オートバックス スーパーGT第3戦「鈴鹿GT300kmレース」の公式予選が5月25日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、#36中嶋一貴/関口雄飛組(au TOM'S LC500)がGT500クラスのポールポジションを獲得。GT300クラスは#25松井孝允/佐藤公哉組(HOPPY 86 MC)がポールだった。

公式予選は午後2時40分よりノックアウト方式で行われた。気温28.2℃、路面温度48.2℃と今シーズン一番の暑さの中での走行となった。

GT500クラスポールポジションは中嶋一貴/関口雄飛組(au TOM\'S LC500)

GT500クラス予選2位は平川亮/ニック・キャシディ組(KeePer TOM\'S LC500)

GT500クラス予選3位は野尻智紀/伊沢拓也組(ARTA NSX-GT)

GT300クラスポールポジションは松井孝允/佐藤公哉組(HOPPY 86 MC)

GT300クラス予選2位は新田守男/阪口晴南組(K-tunes RC F GT3)

GT300クラス予選3位は坂口夏月/平木湧也組(ADVICSマッハ車検MC86マッハ号)

予選Q1

GT500クラスは残り時間が8分余りになってようやく各車のコースインが始まるというお馴染みの展開。公式練習では下位に沈んだホンダNSX勢が相次いで上位タイムを叩き出し、終わってみれば5台中4台がQ2進出を果たすという結果に。トップタイムは#8野尻智紀(ARTA NSX-GT)の1'45.916。#6山下健太(WAKO'S 4CR LC500)が2位で続いた。一方で第2戦優勝の#38石浦宏明(ZENT CERUMO LC500)は14位に終わっている。

GT300クラスは残り時間3分42秒で#9峰尾恭輔(PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHE)がヘアピンでスピンアウトしたために赤旗中断に。再開後はQ2進出を巡って激しいアタック合戦が展開され、#88小暮卓史(マネパ ランボルギーニ GT3)が16位とギリギリで生き残ることに。トップタイムは#5坂口夏月(ADVICSマッハ車検MC86マッハ号)で1'57.827。#25佐藤公哉(HOPPY 86 MC)が2位、#2加藤寛規(シンティアム・アップル・ロータス)が3位ととマザーシャシー勢がトップ3を占めた。

予選Q2

GT500クラスはチェッカー寸前に激しいアタック合戦が展開され、最後の最後に#36関口雄飛(au TOM'S LC500)が1'45.775を叩き出してトップに。2位には#37平川亮(KeePer TOM'S LC500)が続き、トムスがフロントローを独占する結果となった。3位には#8伊沢拓也(ARTA NSX-GT)がつけている。

GT300クラスは1'57.008を記録した#25松井孝允(HOPPY 86 MC)が今季初ポール。つちやエンジニアリングは今回、決勝重視のセッティングを持ち込んだというが、予選での感触も上々だったようだ。2位には#96阪口晴南(K-tunes RC F GT3)が続き、Q1トップの#5平木湧也(ADVICSマッハ車検MC86マッハ号)が3位とここでも速さを見せつけている。

第3戦決勝は明日午後2時30分より52周で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Keiichiro TAKESHITA

F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP (FIA-F4)

FIA-F4:第5戦鈴鹿決勝 ポールの#6太田が待望の初勝利!!

FIA-F4選手権第5戦の決勝レースが5月25日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、ポールポジションからスタートした#6太田格之進(SRS/コチラレーシング)が危なげない走りで11周を走りきり、今季初優勝を挙げた。

1周目、シケインの攻防

優勝は太田格之進(SRS/コチラレーシング)

決勝2位は佐藤蓮(SRS/コチラレーシング)

決勝3位は三宅淳詞(HFDP/SRS/コチラレーシング)

インディペンデントカップ優勝は佐藤セルゲイビッチ(結婚の学校フィールドモータースポーツ)

第5戦決勝は午後1時45分より11周で行われた。気温は30℃を超え、路面温度は53℃に達する中での戦いとなった。

開幕戦岡山大会から予選での速さをなかなか結果に結びつけられなかった太田だが、この日はスタートから安定したペースで後続を引き離し、最後は2位に1.87秒差をつけてFIA-F4初優勝をものにした。

その後方では予選3位の#37平良響(FTRSスカラシップF4)がスタートで2位に浮上したが、6周目の1コーナーでアウトから並びかけてきた#7佐藤蓮(SRS/コチラレーシング)と接触、その後は5位に後退してレースを終えた。この2台のバトルの間隙を縫って予選4位の#5三宅淳詞(HFDP/SRS/コチラレーシング)が2位に浮上したものの、8周目のシケイン進入で佐藤が三宅のインに飛び込み、2位を奪い返してそのままフィニッシュ。終わってみればHondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクトのドライバー3人が表彰台を独占する結果となった。

インディペンデントクラスはスタートから着実に順位を上げてきた#3佐藤セルゲイビッチ(結婚の学校フィールドモータースポーツ)が嬉しい初優勝を手にしている。

第6戦決勝は明日朝8時15分より、同じく11周で行われる。

優勝した太田格之進(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト) 表彰式 インディペンデントカップの表彰式

第5戦優勝 #6太田格之進(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)
優勝した太田格之進(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト) これまでチャンスは何回もあったんですけど。今日はグリッドにちゃんと止まれたんでよかったです(笑)昨日から一回も一番を譲ってないんで、明日もこのまま行って優勝で終わりたいです。GTが走った後で、予選とは路面コンディションが結構違ってて、それに合わすのが難しかったです。チームの地元の鈴鹿で優勝できたのは本当に嬉しかったですし、チームで表彰台独占できたのは最高ですから、明日も継続していけるように頑張ります。
第5戦決勝2位 #7佐藤蓮(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)
決勝2位の佐藤蓮(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト) (平良選手と)ぶつかった衝撃でまだ手が震えているんですけど。今回の敗因はスタートを失敗しちゃったことです。あそこで行かれちゃったことでこういうレースになっちゃったんで、明日はスタートをきっちり決めていきたいです。最低限2位を取り返したことは良かったんですけど、やっぱり悔しいですね。明日は再び優勝できるように頑張ります。
第5戦決勝3位 #5三宅淳詞(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)
決勝3位の三宅淳詞(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト) 岡山に続いて運が良くて表彰台取れたって感じなんですけど。一回2位に上がりましたが、僕のペースが良くなくて厳しかったです。予選から西コースが速くないのはわかっているので、ロガーを見直してチームのアドバイザーにも聞いて対策したいです。明日は3番スタートなので。今日もスタートが決まって抜けそうだったんで、明日もスタートを決めて一番上に上がりたいです。
第5戦インディペンデントカップ優勝 #3佐藤セルゲイビッチ(FIELD MOTORSPORTS)
インディペンデントカップ優勝の佐藤セルゲイビッチ(FIELD MOTORSPORTS) 結構スタートで決まったかなという感じです。スタートで2台抜いて前に行って、次のシケインで植田選手をブレーキングでギリギリで抜いて、そのあとは渡辺選手とのバトルがずっと続きました。信頼関係のある中でかなりギリギリのバトルができたんで、かなり楽しかったですね。最初はFIA-F4に慣れていないところがあったんですけど、かなり理解が進んできました。まだまだ熟成を進めていきたいです。
Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿公式予選結果

■GT500 Class

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2019/05/25) Knock Out Qualify Weather:Fine Course:Dry
2019 AUTOBACS SUPER GT Round 3 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Model
TireQ1Q2
136中嶋 一貴
関口 雄飛
au TOM'S LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS1'46.8081'45.775
237平川 亮
ニック・キャシディ
KeePer TOM'S LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS1'46.3111'45.788
38野尻 智紀
伊沢 拓也
ARTA NSX-GT
Honda NSX-GT
BS1'45.9161'46.207
412佐々木 大樹
ジェームス・ロシター
カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
BS1'46.9281'46.216
56大嶋 和也
山下 健太
WAKO'S 4CR LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS1'46.1441'46.246
616武藤 英紀
中嶋 大祐
MOTUL MUGEN NSX-GT
Honda NSX-GT
YH1'46.8211'46.462
71山本 尚貴
ジェンソン・バトン
RAYBRIG NSX-GT
Honda NSX-GT
BS1'46.7401'46.519
817塚越 広大
ベルトラン・バゲット
KEIHIN NSX-GT
Honda NSX-GT
BS1'46.3501'46.580
939ヘイッキ・コバライネン
中山 雄一
DENSO KOBELCO SARD LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS1'46.949
1023松田 次生
ロニー・クインタレッリ
MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI1'47.076
1119国本 雄資
坪井 翔
WedsSport ADVAN LC500
TOYOTA LEXUS LC500
YH1'47.124
123平手 晃平
フレデリック・マコヴィッキィ
CRAFTSPORTS MOTUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI1'47.177
1324高星 明誠
ヤン・マーデンボロー
リアライズコーポレーションADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
YH1'47.185
1438立川 祐路
石浦 宏明
ZENT CERUMO LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS1'47.289
1564ナレイン・カーティケヤン
牧野 任祐
Modulo Epson NSX-GT
Honda NSX-GT
DL1'48.150

■GT300 Class

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2019/05/25) Knock Out Qualify Weather:Fine Course:Dry
2019 AUTOBACS SUPER GT Round 3 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Model
TireQ1Q2
125松井 孝允
佐藤 公哉
HOPPY 86 MC
TOYOTA 86 MC
YH1'57.8951'57.008
296新田 守男
阪口 晴南
K-tunes RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
BS1'58.6391'57.134
35坂口 夏月
平木 湧也
ADVICSマッハ車検MC86マッハ号
TOYOTA 86 MC
YH1'57.8271'57.571
461井口 卓人
山内 英輝
SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
DL1'58.7461'57.587
510星野 一樹
石川 京侍
GAINER TANAX triple a GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'58.8631'57.609
64谷口 信輝
片岡 龍也
グッドスマイル 初音ミクAMG
Mercedes-AMG GT3
YH1'58.9971'57.909
734道上 龍
大津 弘樹
Modulo KENWOOD NSX GT3
Honda NSX GT3
YH1'58.6731'57.935
8360青木 孝行
柴田 優作
RUNUP RIVAUX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'58.1881'57.951
955高木 真一
福住 仁嶺
ARTA NSX GT3
Honda NSX GT3
BS1'58.9261'58.343
1088小暮 卓史
元嶋 佑弥
マネパ ランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'59.1351'58.435
1121リチャード・ライアン
富田 竜一郎
Hitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8 LMS GT3
YH1'59.1031'58.436
1211平中 克幸
安田 裕信
GAINER TANAX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
DL1'58.8371'58.508
1331嵯峨 宏紀
中山 友貴
TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT
TOYOTA PRIUS
BS1'58.7201'58.582
14720荒 聖治
アレックス・パロウ
McLaren 720S
McLaren 720S GT3
YH1'58.8181'59.941
1533ショウン・トン
マーチー・リー
エヴァRT初号機X Works GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'58.7301'59.969
162高橋 一穂
加藤 寛規
シンティアム・アップル・ロータス
LOTUS EVORA MC
YH1'57.9692'02.727
1730永井 宏明
織戸 学
TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT
TOYOTA PRIUS
YH1'59.258
1887高橋 翼
アンドレ・クート
T-DASHランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'59.384
197藤井 誠暢
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
D'station Vantage GT3
ASTON MARTIN VANTAGE AMR GT3
YH1'59.483
2060吉本 大樹
宮田 莉朋
SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
DL1'59.582
2156平峰 一貴
サッシャ・フェネストラズ
リアライズ日産自動車大学校 GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'59.684
2265黒澤 治樹
蒲生 尚弥
LEON PYRAMID AMG
Mercedes-AMG GT3
BS1'59.695
2318小林 崇志
松浦 孝亮
UPGARAGE NSX GT3
Honda NSX GT3
YH1'59.887
2450加納 政樹
山下 亮生
ARNAGE AMG GT3
Mercedes-AMG GT3
YH1'59.901
2552脇阪 薫一
吉田 広樹
埼玉トヨペットGBマークX MC
TOYOTA MARK X MC
BS2'00.056
2635ナタポン・ホートンカム
ショーン・ウォーキンショー
arto RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
YH2'01.370
2748田中 勝輝
飯田 太陽
植毛GO&FUN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH2'01.513
2822和田 久
城内 政樹
アールキューズ AMG GT3
Mercedes-AMG GT3
YH2'01.960
-9横溝 直輝
峰尾 恭輔
PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHE
Porsche 911 GT3 R
YHdeleted

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿ノックアウトQ2結果

■GT500クラス

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2019/05/25) Knock Out Q2 Weather:Fine Course:Dry
2019 AUTOBACS SUPER GT Round 3 GT500 class 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireWhTimeBehindGapkm/h
136関口 雄飛au TOM'S LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS21'45.775--197.638
237平川 亮KeePer TOM'S LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS81'45.788 0.013 0.013197.614
38伊沢 拓也ARTA NSX-GT
Honda NSX-GT
BS241'46.207 0.432 0.419196.834
412佐々木 大樹カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
BS111'46.216 0.441 0.009196.818
56大嶋 和也WAKO'S 4CR LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS61'46.246 0.471 0.030196.762
616中嶋 大祐MOTUL MUGEN NSX-GT
Honda NSX-GT
YH41'46.462 0.687 0.216196.363
71山本 尚貴RAYBRIG NSX-GT
Honda NSX-GT
BS221'46.519 0.744 0.057196.258
817ベルトラン・バゲットKEIHIN NSX-GT
Honda NSX-GT
BS121'46.580 0.805 0.061196.146

■GT300クラス

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2019/05/25) Knock Out Q2 Weather:Fine Course:Dry
2019 AUTOBACS SUPER GT Round 3 GT300 class 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireWhTimeBehindGapkm/h
125松井 孝允HOPPY 86 MC
TOYOTA 86 MC
YH1'57.008--178.665
296阪口 晴南K-tunes RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
BS201'57.134 0.126 0.126178.473
35平木 湧也ADVICSマッハ車検MC86マッハ号
TOYOTA 86 MC
YH1'57.571 0.563 0.437177.809
461山内 英輝SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
DL81'57.587 0.579 0.016177.785
510石川 京侍GAINER TANAX triple a GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH21'57.609 0.601 0.022177.752
64片岡 龍也グッドスマイル 初音ミクAMG
Mercedes-AMG GT3
YH131'57.909 0.901 0.300177.299
734道上 龍Modulo KENWOOD NSX GT3
Honda NSX GT3
YH21'57.935 0.927 0.026177.260
8360柴田 優作RUNUP RIVAUX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'57.951 0.943 0.016177.236
955高木 真一ARTA NSX GT3
Honda NSX GT3
BS471'58.343 1.335 0.392176.649
1088元嶋 佑弥マネパ ランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH231'58.435 1.427 0.092176.512
1121富田 竜一郎Hitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8 LMS GT3
YH61'58.436 1.428 0.001176.511
1211安田 裕信GAINER TANAX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
DL401'58.508 1.500 0.072176.403
1331中山 友貴TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT
TOYOTA PRIUS
BS1'58.582 1.574 0.074176.293
14720荒 聖治McLaren 720S
McLaren 720S GT3
YH1'59.941 2.933 1.359174.296
1533マーチー・リーエヴァRT初号機X Works GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH81'59.969 2.961 0.028174.255
162高橋 一穂シンティアム・アップル・ロータス
LOTUS EVORA MC
YH2'02.727 5.719 2.758170.339

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿ノックアウトQ1結果

■GT500クラス

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2019/05/25) Knock Out Q1 Weather:Fine Course:Dry
2019 AUTOBACS SUPER GT Round 3 GT500 class 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireWhTimeBehindGapkm/h
18野尻 智紀ARTA NSX-GT
Honda NSX-GT
BS241'45.916--197.375
26山下 健太WAKO'S 4CR LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS61'46.144 0.228 0.228196.951
337ニック・キャシディKeePer TOM'S LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS81'46.311 0.395 0.167196.642
417塚越 広大KEIHIN NSX-GT
Honda NSX-GT
BS121'46.350 0.434 0.039196.570
51ジェンソン・バトンRAYBRIG NSX-GT
Honda NSX-GT
BS221'46.740 0.824 0.390195.852
636中嶋 一貴au TOM'S LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS21'46.808 0.892 0.068195.727
716武藤 英紀MOTUL MUGEN NSX-GT
Honda NSX-GT
YH41'46.821 0.905 0.013195.703
812ジェームス・ロシターカルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
BS111'46.928 1.012 0.107195.507
---- 以上Q2進出 ----
939中山 雄一DENSO KOBELCO SARD LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS161'46.949 1.033 0.021195.469
1023松田 次生MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI491'47.076 1.160 0.127195.237
1119国本 雄資WedsSport ADVAN LC500
TOYOTA LEXUS LC500
YH51'47.124 1.208 0.048195.150
123平手 晃平CRAFTSPORTS MOTUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI181'47.177 1.261 0.053195.053
1324高星 明誠リアライズコーポレーションADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
YH61'47.185 1.269 0.008195.038
1438石浦 宏明ZENT CERUMO LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS431'47.289 1.373 0.104194.849
1564牧野 任祐Modulo Epson NSX-GT
Honda NSX-GT
DL31'48.150 2.234 0.861193.298

■GT300クラス

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2019/05/25) Knock Out Q1 Weather:Fine Course:Dry
2019 AUTOBACS SUPER GT Round 3 GT300 class 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireWhTimeBehindGapkm/h
15坂口 夏月ADVICSマッハ車検MC86マッハ号
TOYOTA 86 MC
YH1'57.827--177.423
225佐藤 公哉HOPPY 86 MC
TOYOTA 86 MC
YH1'57.895 0.068 0.068177.320
32加藤 寛規シンティアム・アップル・ロータス
LOTUS EVORA MC
YH1'57.969 0.142 0.074177.209
4360青木 孝行RUNUP RIVAUX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'58.188 0.361 0.219176.881
596新田 守男K-tunes RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
BS201'58.639 0.812 0.451176.208
634大津 弘樹Modulo KENWOOD NSX GT3
Honda NSX GT3
YH21'58.673 0.846 0.034176.158
731嵯峨 宏紀TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT
TOYOTA PRIUS
BS1'58.720 0.893 0.047176.088
833ショウン・トンエヴァRT初号機X Works GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH81'58.730 0.903 0.010176.073
961井口 卓人SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
DL81'58.746 0.919 0.016176.050
10720アレックス・パロウMcLaren 720S
McLaren 720S GT3
YH1'58.818 0.991 0.072175.943
1111平中 克幸GAINER TANAX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
DL401'58.837 1.010 0.019175.915
1210星野 一樹GAINER TANAX triple a GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH21'58.863 1.036 0.026175.876
1355福住 仁嶺ARTA NSX GT3
Honda NSX GT3
BS471'58.926 1.099 0.063175.783
144谷口 信輝グッドスマイル 初音ミクAMG
Mercedes-AMG GT3
YH131'58.997 1.170 0.071175.678
1521リチャード・ライアンHitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8 LMS GT3
YH61'59.103 1.276 0.106175.522
1688小暮 卓史マネパ ランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH231'59.135 1.308 0.032175.475
---- 以上Q2進出 ----
1730織戸 学TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT
TOYOTA PRIUS
YH1'59.258 1.431 0.123175.294
1887アンドレ・クートT-DASHランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'59.384 1.557 0.126175.109
197ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラD'station Vantage GT3
ASTON MARTIN VANTAGE AMR GT3
YH1'59.483 1.656 0.099174.964
2060吉本 大樹SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
DL81'59.582 1.755 0.099174.819
2156平峰 一貴リアライズ日産自動車大学校 GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH241'59.684 1.857 0.102174.670
2265黒澤 治樹LEON PYRAMID AMG
Mercedes-AMG GT3
BS171'59.695 1.868 0.011174.654
2318小林 崇志UPGARAGE NSX GT3
Honda NSX GT3
YH1'59.887 2.060 0.192174.374
2450山下 亮生ARNAGE AMG GT3
Mercedes-AMG GT3
YH1'59.901 2.074 0.014174.354
2552吉田 広樹埼玉トヨペットGBマークX MC
TOYOTA MARK X MC
BS112'00.056 2.229 0.155174.129
2635ショーン・ウォーキンショーarto RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
YH2'01.370 3.543 1.314172.244
2748田中 勝輝植毛GO&FUN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH2'01.513 3.686 0.143172.041
2822和田 久アールキューズ AMG GT3
Mercedes-AMG GT3
YH2'01.960 4.133 0.447171.410
-9峰尾 恭輔PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHE
Porsche 911 GT3 R
YHdeleted---

F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP (FIA-F4)

FIA-F4:第5戦鈴鹿決勝結果

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2019/05/25) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2019 F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP Round 5 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Team
LapTotal_Time
Behind
16太田 格之進SRS/コチラレーシング
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
1123'46.320
27佐藤 蓮SRS/コチラレーシング
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
111.870
35三宅 淳詞HFDP/SRS/コチラレーシング
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
112.511
460菅波 冬悟OTG DL F110
OTG MOTOR SPORTS
114.309
537平良 響FTRSスカラシップF4
TOM'S SPILIT
114.741
639岡本 大地SACCESS RACING F4
サクセスレーシング
116.460
763川合 孝汰DENSOルボ一セIPG F4
Le Beausset Motorsports
116.939
824平木 玲次Media DoADVICS影山F110
Media Do Kageyama Racing
118.020
962神 晴也DENSOルボ一セJPM F4
Le Beausset Motorsports
119.477
1011石崎 竜一郎札幌トヨタRn-sports F110
Rn-sports
1111.607
119塩津 佑介ATEAM Buzz Racing
ATEAM Buzz Motorsports
1114.584
1215篠原 拓朗Media DoADVICS影山F110
Media Do Kageyama Racing
1115.618
1320木村 偉織Silver Star Racing
Silver Star Racing
1115.880
1480大竹 将光OTG DL F4 CHALLENGE
OTG MOTOR SPORTS
1116.758
1514桜井 孝太郎ZAP SPEEDスカラシップ
ザップスピード
1117.674
1677大井 偉史WARMTECH Skill Speed
Skill Speed
1118.640
178小山 美姫#USLETE Honda Racing
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
1127.201
1825堀尾 風允SAMURAIサポーターズF4
TEAM SAMURAI
1127.725
193IC1佐藤 セルゲイビッチ結婚の学校フィールドモータースポーツ
FIELD MOTORSPORTS
1133.203
2012植田 正幸Rn-sports SEIDO-YA
Rn-sports
1134.477
2198IC2IKARITOEI BJRacing F110
Bionic Jack Racing
1139.557
2228IC3齋藤 真紀雄CS Marketing ES
イーグルスポーツ
1140.738
2331三枝 拓己RiNoA Racing project
NRS
1140.839
2410IC4堀田 誠アドヴィックスムータレーシング
Rn-sports
1143.890
2521IC5RYOM2 HDR Racing
M2 ENGINEERING
1151.643
2686IC6大阪 八郎COLLET F110
ザップスピード
1152.292
272IC7仲尾 恵史TCS Racing Team
TEAM RIGHT WAY
1152.807
2816渡辺 大祐Media DoADVICS影山F110
Media Do Kageyama Racing
111'01.799
2929IC8井出 靖司RSイディアF110
イーグルスポーツ
111'06.892
3073塙 瞬佑カローラ新茨城レオンキッズレーシング
C.S.I-REON KIDS RACING
111'09.525
3127IC9SYUJIB-MAX ENGINEERING F4
B-MAX ENGINEERING
111'20.068
3243IC10吉田 基良ZAP SPEED F110
ザップスピード
111'20.296
3371IC11大山 正芳ダイワN通商/NAGISA AUTO
NAGISA AUTO MOTOR SPORTS
111'30.584
3423IC12YUGOS2R Racing
N-SPEED
111'42.792
35*36野中 誠太FTRSスカラシップF4
TOM'S SPILIT
111'46.865
---- 以上規定周回数(90% - 9Laps)完走 ----
  • Fastest Lap: CarNo.6 太田格之進(SRS/コチラレーシング) 2'09.024 (5/11) 162.03km/h
  • CarNo.36は、2019 FIA-F4 SpR第15条1. 2)(危険なドライブ行為)によりドライビングスルーペナルティーを科した。

SUPER GT | その他

SGT:第3戦鈴鹿 「スーパーGTクラシックレース」実現に向け、GTAとBHJがパートナーシップを締結

スーパーGTを運営するGTアソシエイション(GTA)と、レーシングカーやクラシックカーのオークションを主催する株式会社BHJ/BHオークションは5月25日、スーパーGT第3戦が開催されている三重県の鈴鹿サーキットで共同会見を行い、今後レーシングカーやパーツのオークションを軸とした新たな事業展開に向けたオフィシャルパートナーシップを締結したことを発表した。

BHJ、GTA共同記者会見: 左からGTA社長・板東正明氏、BHJ CEO・武井真司氏、モビリティランド社長・山下晋氏

今シーズンは最終戦のツインリンクもてぎ大会と、11月開催予定のDTMとの特別交流戦(富士スピードウェイ)において過去のJGTCやスーパーGTマシンを対象としたオークションを開催する。

BHJではこのほかオートバイの鈴鹿8時間耐久レースや鈴鹿サウンド・オブ・エンジンでも同様のオークションの開催が予定されており、将来的にはこうしたオークションでレーシングカーを購入したオーナーを対象に「スーパーGTクラシックレース」と銘打ったヒストリックカーレースの開催を目指す。

今年11月の「鈴鹿サウンド・オブ・エンジン2019」ではそのプレイベントとして過去のスーパーGTマシンによるデモンストレーションランを実現するべく、現在モビリティランドと協議を進めているという。

欧米ではクラシック・ルマンやグッドウッド・リバイバルのようなヒストリックカーレースが盛り上がりをみせており、日本に眠る多くのレーシングカーにもこうした活躍の場が与えられれば、その売却益やメンテナンス料がスーパーGTに参戦するエントラントやチーム、自動車メーカーにもたらされることになり、今後のレース運営資金を安全かつ効率的に獲得する新たな収益構造が構築されることにもつながる。

会見にはGTAの坂東正明代表とBHJの武井真司CEO、そしてモビリティランドの山下晋社長が出席。それぞれの立場で国内モータースポーツ界の振興と発展に寄与する新たなビジネスへの期待と意気込みを語った。

Text & Photo: Kazuhisa SUEHIRO

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿公式練習 トップタイムは#36au LC500

2019スーパーGT第3戦「鈴鹿GT300kmレース」の公式練習が5月25日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、GT500クラスは#36中嶋一貴/関口雄飛組(au TOM'S LC500)、GT300クラスは#61井口卓人/山内英輝組(SUBARU BRZ R&D SPORT)がそれぞれトップタイムを記録した。

公式練習: GT500クラストップタイムの中嶋一貴/関口雄飛組(au TOM\'S LC500) 公式練習: GT300クラストップタイムの井口卓人/山内英輝組(SUBARU BRZ R&D SPORT)

第1戦、第2戦と悪天候に祟られた今シーズンのスーパーGTだが、第3戦の公式予選日は朝から快晴。最高気温30度以上が予想される気候のもとで公式練習と予選が行われることになった。

午前8時50分からの公式練習は途中、#60吉本大樹(SYNTIUM LMcorsa RC F GT3)が最終コーナーでスピンアウトしたことによる赤旗中断があったものの、それ以外には大きなアクシデントもなく順調に進行した。

GT500クラスは序盤#12佐々木大樹/ジェームス・ロシター組(カルソニックIMPUL GT-R)が1'47.901でトップに立ったが、終盤の専有走行で関口雄飛が1'47.245を叩き出し、36号車がトップで午後の公式予選に臨むことになった。2位には#24高星明誠/ヤン・マーデンボロー組(リアライズコーポレーションADVAN GT-R)が続き、3位には49kgと今回もっとも重いウェイトハンデを背負った#23松田次生/ロニー・クインタレッリ組(MOTUL AUTECH GT-R)がつけた。第2戦富士を制した#38立川祐路/石浦宏明組(ZENT CERUMO LC500)も43kgのハンデを負いながら5番手につけている。

一方、ホンダ勢はそろって下位に沈み、#1山本尚貴/ジェンソン・バトン組(RAYBRIG NSX-GT)の10位が最上位という苦しい滑り出しとなった。第1戦優勝の#8野尻智紀/伊沢拓也組(ARTA NSX-GT)は13位だった。

GT300クラスは#61井口卓人/山内英輝組(SUBARU BRZ R&D SPORTが1'58.245でトップタイム。2位には#88小暮卓史/元嶋佑弥組(マネパ ランボルギーニ GT3)が続き#4谷口信輝/片岡龍也組(グッドスマイル 初音ミクAMG)が3位だった。

第3戦の公式予選はこのあと午後2時40分よりノックアウト方式で行われる。

Text: Kazuisa SUEHIRO
Photo: keiichiro TAKESHITA

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿公式練習結果

■GT500クラス

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2019/05/25) Official Practice Weather:Fine Course:Dry
2019 AUTOBACS SUPER GT Round 3 GT500 class 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireWhTimeBehindGapkm/h
136中嶋 一貴
関口 雄飛
au TOM'S LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS21'47.245--194.929
224高星 明誠
ヤン・マーデンボロー
リアライズコーポレーションADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
YH61'47.247 0.002 0.002194.926
323松田 次生
ロニー・クインタレッリ
MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI491'47.391 0.146 0.144194.664
439ヘイッキ・コバライネン
中山 雄一
DENSO KOBELCO SARD LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS161'47.490 0.245 0.099194.485
538立川 祐路
石浦 宏明
ZENT CERUMO LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS431'47.839 0.594 0.349193.856
63平手 晃平
フレデリック・マコヴィッキィ
CRAFTSPORTS MOTUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI181'47.841 0.596 0.002193.852
712佐々木 大樹
ジェームス・ロシター
カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
BS111'47.901 0.656 0.060193.744
837平川 亮
ニック・キャシディ
KeePer TOM'S LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS81'47.941 0.696 0.040193.672
96大嶋 和也
山下 健太
WAKO'S 4CR LC500
TOYOTA LEXUS LC500
BS61'47.957 0.712 0.016193.644
101山本 尚貴
ジェンソン・バトン
RAYBRIG NSX-GT
Honda NSX-GT
BS221'48.232 0.987 0.275193.152
1116武藤 英紀
中嶋 大祐
MOTUL MUGEN NSX-GT
Honda NSX-GT
YH41'48.233 0.988 0.001193.150
1217塚越 広大
ベルトラン・バゲット
KEIHIN NSX-GT
Honda NSX-GT
BS121'48.596 1.351 0.363192.504
138野尻 智紀
伊沢 拓也
ARTA NSX-GT
Honda NSX-GT
BS241'48.734 1.489 0.138192.260
1419国本 雄資
坪井 翔
WedsSport ADVAN LC500
TOYOTA LEXUS LC500
YH51'48.778 1.533 0.044192.182
1564ナレイン・カーティケヤン
牧野 任祐
Modulo Epson NSX-GT
Honda NSX-GT
DL31'49.082 1.837 0.304191.647

■GT300クラス

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2019/05/25) Official Practice Weather:Fine Course:Dry
2019 AUTOBACS SUPER GT Round 3 GT300 class 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireWhTimeBehindGapkm/h
161井口 卓人
山内 英輝
SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
DL81'58.245--176.796
288小暮 卓史
元嶋 佑弥
マネパ ランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH231'58.275 0.030 0.030176.751
34谷口 信輝
片岡 龍也
グッドスマイル 初音ミクAMG
Mercedes-AMG GT3
YH131'58.294 0.049 0.019176.722
421リチャード・ライアン
富田 竜一郎
Hitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8 LMS GT3
YH61'58.575 0.330 0.281176.304
510星野 一樹
石川 京侍
GAINER TANAX triple a GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH21'58.585 0.340 0.010176.289
696新田 守男
阪口 晴南
K-tunes RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
BS201'58.740 0.495 0.155176.059
7720荒 聖治
アレックス・パロウ
McLaren 720S
McLaren 720S GT3
YH1'58.821 0.576 0.081175.939
82高橋 一穂
加藤 寛規
シンティアム・アップル・ロータス
LOTUS EVORA MC
YH1'58.866 0.621 0.045175.872
952脇阪 薫一
吉田 広樹
埼玉トヨペットGBマークX MC
TOYOTA MARK X MC
BS111'58.870 0.625 0.004175.866
1025松井 孝允
佐藤 公哉
HOPPY 86 MC
TOYOTA 86 MC
YH1'59.018 0.773 0.148175.647
1118小林 崇志
松浦 孝亮
UPGARAGE NSX GT3
Honda NSX GT3
YH1'59.280 1.035 0.262175.262
1265黒澤 治樹
蒲生 尚弥
LEON PYRAMID AMG
Mercedes-AMG GT3
BS171'59.370 1.125 0.090175.129
1335ナタポン・ホートンカム
ショーン・ウォーキンショー
arto RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
YH1'59.418 1.173 0.048175.059
1460吉本 大樹
宮田 莉朋
SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
DL81'59.435 1.190 0.017175.034
1587高橋 翼
アンドレ・クート
T-DASHランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'59.476 1.231 0.041174.974
1655高木 真一
福住 仁嶺
ARTA NSX GT3
Honda NSX GT3
BS471'59.480 1.235 0.004174.968
179横溝 直輝
峰尾 恭輔
PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHE
Porsche 911 GT3 R
YH1'59.531 1.286 0.051174.894
187藤井 誠暢
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
D'station Vantage GT3
ASTON MARTIN VANTAGE AMR GT3
YH1'59.610 1.365 0.079174.778
1931嵯峨 宏紀
中山 友貴
TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT
TOYOTA PRIUS
BS1'59.630 1.385 0.020174.749
205坂口 夏月
平木 湧也
ADVICSマッハ車検MC86マッハ号
TOYOTA 86 MC
YH1'59.671 1.426 0.041174.689
2134道上 龍
大津 弘樹
Modulo KENWOOD NSX GT3
Honda NSX GT3
YH21'59.813 1.568 0.142174.482
2211平中 克幸
安田 裕信
GAINER TANAX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
DL401'59.882 1.637 0.069174.381
2333ショウン・トン
マーチー・リー
エヴァRT初号機X Works GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH81'59.904 1.659 0.022174.349
2456平峰 一貴
サッシャ・フェネストラズ
リアライズ日産自動車大学校 GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH242'00.006 1.761 0.102174.201
25360青木 孝行
柴田 優作
RUNUP RIVAUX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH2'00.013 1.768 0.007174.191
2630永井 宏明
織戸 学
TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT
TOYOTA PRIUS
YH2'00.182 1.937 0.169173.946
2748田中 勝輝
飯田 太陽
植毛GO&FUN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH2'01.014 2.769 0.832172.750
2850加納 政樹
山下 亮生
ARNAGE AMG GT3
Mercedes-AMG GT3
YH2'01.555 3.310 0.541171.981
2922和田 久
城内 政樹
アールキューズ AMG GT3
Mercedes-AMG GT3
YH2'02.451 4.206 0.896170.723

F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP (FIA-F4)

FIA-F4:第5戦、第6戦鈴鹿公式予選 #6太田が連続ポールを獲得

FIA-F4選手権第5戦、第6戦の公式予選が5月25日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、#6太田格之進(SRS/コチラレーシング)が2戦連続でポールポジションを獲得した。

第5戦、第6戦ともポールポジションの太田格之進(SRS/コチラレーシング)

第5戦、第6戦とも予選2位の佐藤蓮(SRS/コチラレーシング)

第5戦予選3位、第6戦予選5位の平良響(FTRSスカラシップF4)

第5戦予選4位、第6戦予選3位の三宅淳詞(HFDP/SRS/コチラレーシング)

第5戦、第6戦ともインディペンデントカップポールポジションのIKARI(TOEI BJRacing F110)

公式予選は午前8時05分より30分間で行われた。この日の鈴鹿は朝から好天に恵まれ、気温、路面温度ともにどんどん上昇しており、タイヤやエンジンへの影響も心配される状況となった。このため残り時間10分余りで早々に走行を切り上げてしまうドライバーが相次ぐ結果に。

また前日の専有走行から上位陣のタイムは拮抗しており、僅かなミスの有無、スリップストリームをうまく使えたかどうかなどが順位に大きく影響した模様。

そうした中、昨日の走行でも午前午後ともにトップタイムを記録した太田がここでも好調ぶりを見せ、ベストタイム2'07.575、セカンドベスト2'07.657でいずれもトップとなり、2戦連続でのポールポジションを獲得した。太田のポール獲得は第2戦岡山以来だ。

今季4戦中3勝を挙げてポイントリーダーに立っている#7佐藤蓮(SRS/コチラレーシング)はベスト、セカンドともに2位に終わったが、そのタイム差はごく僅かで、決勝での巻き返しが大いに期待できそうだ。

3番手には第5戦で#37平良響(FTRSスカラシップF4)、第6戦では#5三宅淳詞(HFDP/SRS/コチラレーシング)が続いた。

第5戦決勝は今日の午後1時45分より、第6戦決勝は明日の朝8時15分より、いずれも11周で行われる。

第5戦、第6戦ポールポジション #6太田格之進(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)
第5戦、第6戦ともポールポジションの太田格之進(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト) 昨日から調子は良くて、練習からずっとトップだったので、うまいことやればポール取れるのはわかっていたんですけど。やっぱりチームメイトとのタイム差が全然ないので、うまくスリップを使えたなっていうのが正直な感想です。単独で走っても7秒6は出てるので、クルマを仕上げてくれたメカニックには感謝しています。昨日から6周目とか7周目でタイムが出きってしまって、それ以上は上がらない状態だったので、走り続けても無駄かな?と思って早めに走行を切り上げました。今まで勝てるチャンスが何度かあったんですけど、取りこぼしてる部分が多かったんですが、今週末は勝てるペースもあるし、自分自身も落ち着いているので、今日と明日はしっかりポールからスタートを決めて勝ちたいと思います。
第5戦、第6戦予選2位 #7佐藤蓮(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)
第5戦、第6戦ともポールポジションの佐藤蓮(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト) やられました。前日からタイム差はほとんどないことがわかっていたんで、あとはスリップをうまく使った方が前に行くと思っていました。それでうまく前のクルマのスリップを使われてしまって、「これはタイムが出ちゃうな」と思っていました。自分は一人で走っていたので、できる限りの事をやって最低限の結果、両方セカンドポジションで終わったのは良かったかなと思います。決勝はとりあえずスタートで前に出れたらいいなと思っていて。出たら出たで逃げ切れると思いますし、抜けなかったら抜けなかったで状況を見てオーバーテイクを狙っていこうと思います。
第5戦予選3位 平良響(TOM'S SPILIT)
第5戦予選3位、第6戦予選5位の平良響(TOM\'S SPILIT) 8秒1が出た周でベストベストベストで来ていたんですけど、最後のシケインでミスをしてしまいました。あそこだけでコンマ7は遅いんです。あのままミスなく行っていたら1、2番は行けたのにと思います。ただいずれにせよセカンドタイムが出せていなかったので、今回の反省点はシケインで行きすぎたことと、セカンドが出せなかったことで、それは次のレースに生かしていきたいです。最後の最後にもワンチャンスあると思ってアタックに行ったんですが、前の誰かに引っかかってしまいました。それは勿体無かったと思いますが、それまでにピシッとタイムを出しておく戦略だったので、それがうまくいかなかったのが敗因です。
第6戦予選3位 #5三宅淳詞(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)
第5戦予選4位、第6戦予選3位の三宅淳詞(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト) 昨日からチームメイトの二人になかなかタイムが届いていなくて、正直いきなり速くなったりすることはないので、予選では二人の次に続こうかなと思っていたんですけど、ファーストタイムが4番で、セカンドタイムが3番になりました。セカンドタイムは良かったんですけど、ファーストタイムは僕もミスをしていたので、あれがなければ3位か1位も行けたと思います。レースでミスをしたら抜かれるので、決勝ではミスをしないようにしたいです。1コーナーからデグナーまでリズムよくいかないとタイムは出ないんですが、SRSで走りこんでるコースですし、言い訳は聞かないので、しっかり合わせ込んでいきたいです。決勝ではスタートで順位を上げて、そのまま前にくっついてチャンスを伺っていきたいと思います。
Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum
Yoshinori OHNISHI

F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP (FIA-F4)

FIA-F4:第6戦鈴鹿公式予選結果

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2019/05/25) Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2019 F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP Round 6 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Team
TimeBehindGapkm/h
16太田 格之進SRS/コチラレーシング
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
2'07.657--163.761
27佐藤 蓮SRS/コチラレーシング
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
2'07.678 0.021 0.021163.734
35三宅 淳詞HFDP/SRS/コチラレーシング
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
2'07.956 0.299 0.278163.378
460菅波 冬悟OTG DL F110
OTG MOTOR SPORTS
2'08.060 0.403 0.104163.245
537平良 響FTRSスカラシップF4
TOM'S SPILIT
2'08.135 0.478 0.075163.151
624平木 玲次Media DoADVICS影山F110
Media Do Kageyama Racing
2'08.309 0.652 0.174162.929
763川合 孝汰DENSOルボ一セIPG F4
Le Beausset Motorsports
2'08.362 0.705 0.053162.861
839岡本 大地SACCESS RACING F4
サクセスレーシング
2'08.522 0.865 0.160162.660
962神 晴也DENSOルボ一セJPM F4
Le Beausset Motorsports
2'08.597 0.940 0.075162.564
1036野中 誠太FTRSスカラシップF4
TOM'S SPILIT
2'08.642 0.985 0.045162.507
1177大井 偉史WARMTECH Skill Speed
Skill Speed
2'08.657 1.000 0.015162.488
1215篠原 拓朗Media DoADVICS影山F110
Media Do Kageyama Racing
2'08.823 1.166 0.166162.278
1380大竹 将光OTG DL F4 CHALLENGE
OTG MOTOR SPORTS
2'08.866 1.209 0.043162.224
1420木村 偉織Silver Star Racing
Silver Star Racing
2'08.889 1.232 0.023162.195
159塩津 佑介ATEAM Buzz Racing
ATEAM Buzz Motorsports
2'08.936 1.279 0.047162.136
1611石崎 竜一郎札幌トヨタRn-sports F110
Rn-sports
2'08.979 1.322 0.043162.082
178小山 美姫#USLETE Honda Racing
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
2'09.352 1.695 0.373161.615
1825堀尾 風允SAMURAIサポーターズF4
TEAM SAMURAI
2'09.405 1.748 0.053161.549
1912植田 正幸Rn-sports SEIDO-YA
Rn-sports
2'09.658 2.001 0.253161.235
2073塙 瞬佑カローラ新茨城レオンキッズレーシング
C.S.I-REON KIDS RACING
2'09.660 2.003 0.002161.231
2116渡辺 大祐Media DoADVICS影山F110
Media Do Kageyama Racing
2'09.780 2.123 0.120161.082
2298IC1IKARITOEI BJRacing F110
Bionic Jack Racing
2'09.930 2.273 0.150160.896
233IC2佐藤 セルゲイビッチ結婚の学校フィールドモータースポーツ
FIELD MOTORSPORTS
2'09.979 2.322 0.049160.835
2431三枝 拓己RiNoA Racing project
NRS
2'10.019 2.362 0.040160.786
2528IC3齋藤 真紀雄CS Marketing ES
イーグルスポーツ
2'10.174 2.517 0.155160.594
2610IC4堀田 誠アドヴィックスムータレーシング
Rn-sports
2'10.179 2.522 0.005160.588
272IC5仲尾 恵史TCS Racing Team
TEAM RIGHT WAY
2'10.190 2.533 0.011160.575
2886IC6大阪 八郎COLLET F110
ザップスピード
2'10.868 3.211 0.678159.743
2921IC7RYOM2 HDR Racing
M2 ENGINEERING
2'11.639 3.982 0.771158.807
3043IC8吉田 基良ZAP SPEED F110
ザップスピード
2'12.171 4.514 0.532158.168
3129IC9井出 靖司RSイディアF110
イーグルスポーツ
2'12.677 5.020 0.506157.565
3271IC10大山 正芳ダイワN通商/NAGISA AUTO
NAGISA AUTO MOTOR SPORTS
2'12.718 5.061 0.041157.516
3327IC11SYUJIB-MAX ENGINEERING F4
B-MAX ENGINEERING
2'12.732 5.075 0.014157.499
3414桜井 孝太郎ZAP SPEEDスカラシップ
ザップスピード
2'12.754 5.097 0.022157.473
3523IC12YUGOS2R Racing
N-SPEED
2'16.317 8.660 3.563153.357
---- 以上基準タイム(110% - 2'20.540)予選通過 ----
  • CarNo.9,36は、2019 FIA-F4選手権第5戦&第6戦特別規則書第23条(ピットレーンの速度)違反により、ベストラップタイムを削除した。

F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP (FIA-F4)

FIA-F4:第5戦鈴鹿公式予選結果

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2019/05/25) Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2019 F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP Round 5 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Team
TimeBehindGapkm/h
16太田 格之進SRS/コチラレーシング
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
2'07.575--163.866
27佐藤 蓮SRS/コチラレーシング
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
2'07.603 0.028 0.028163.830
337平良 響FTRSスカラシップF4
TOM'S SPILIT
2'07.869 0.294 0.266163.489
45三宅 淳詞HFDP/SRS/コチラレーシング
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
2'07.879 0.304 0.010163.476
560菅波 冬悟OTG DL F110
OTG MOTOR SPORTS
2'08.040 0.465 0.161163.272
663川合 孝汰DENSOルボ一セIPG F4
Le Beausset Motorsports
2'08.152 0.577 0.112163.129
724平木 玲次Media DoADVICS影山F110
Media Do Kageyama Racing
2'08.240 0.665 0.088163.016
839岡本 大地SACCESS RACING F4
サクセスレーシング
2'08.337 0.762 0.097162.894
962神 晴也DENSOルボ一セJPM F4
Le Beausset Motorsports
2'08.515 0.940 0.178162.669
1077大井 偉史WARMTECH Skill Speed
Skill Speed
2'08.562 0.987 0.047162.608
11*36野中 誠太FTRSスカラシップF4
TOM'S SPILIT
2'08.607 1.032 0.045162.551
12*9塩津 佑介ATEAM Buzz Racing
ATEAM Buzz Motorsports
2'08.678 1.103 0.071162.461
1311石崎 竜一郎札幌トヨタRn-sports F110
Rn-sports
2'08.714 1.139 0.036162.416
1480大竹 将光OTG DL F4 CHALLENGE
OTG MOTOR SPORTS
2'08.741 1.166 0.027162.382
1515篠原 拓朗Media DoADVICS影山F110
Media Do Kageyama Racing
2'08.778 1.203 0.037162.336
1620木村 偉織Silver Star Racing
Silver Star Racing
2'08.788 1.213 0.010162.323
178小山 美姫#USLETE Honda Racing
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
2'09.161 1.586 0.373161.854
1814桜井 孝太郎ZAP SPEEDスカラシップ
ザップスピード
2'09.306 1.731 0.145161.672
1925堀尾 風允SAMURAIサポーターズF4
TEAM SAMURAI
2'09.388 1.813 0.082161.570
2073塙 瞬佑カローラ新茨城レオンキッズレーシング
C.S.I-REON KIDS RACING
2'09.417 1.842 0.029161.534
2112植田 正幸Rn-sports SEIDO-YA
Rn-sports
2'09.530 1.955 0.113161.393
2298IC1IKARITOEI BJRacing F110
Bionic Jack Racing
2'09.573 1.998 0.043161.339
2316渡辺 大祐Media DoADVICS影山F110
Media Do Kageyama Racing
2'09.582 2.007 0.009161.328
243IC2佐藤 セルゲイビッチ結婚の学校フィールドモータースポーツ
FIELD MOTORSPORTS
2'09.921 2.346 0.339160.908
2531三枝 拓己RiNoA Racing project
NRS
2'10.011 2.436 0.090160.796
2628IC3齋藤 真紀雄CS Marketing ES
イーグルスポーツ
2'10.098 2.523 0.087160.688
2710IC4堀田 誠アドヴィックスムータレーシング
Rn-sports
2'10.104 2.529 0.006160.681
282IC5仲尾 恵史TCS Racing Team
TEAM RIGHT WAY
2'10.186 2.611 0.082160.579
2986IC6大阪 八郎COLLET F110
ザップスピード
2'10.708 3.133 0.522159.938
3021IC7RYOM2 HDR Racing
M2 ENGINEERING
2'11.226 3.651 0.518159.307
3143IC8吉田 基良ZAP SPEED F110
ザップスピード
2'12.018 4.443 0.792158.351
3229IC9井出 靖司RSイディアF110
イーグルスポーツ
2'12.358 4.783 0.340157.944
3371IC10大山 正芳ダイワN通商/NAGISA AUTO
NAGISA AUTO MOTOR SPORTS
2'12.359 4.784 0.001157.943
3427IC11SYUJIB-MAX ENGINEERING F4
B-MAX ENGINEERING
2'12.416 4.841 0.057157.875
3523IC12YUGOS2R Racing
N-SPEED
2'15.654 8.079 3.238154.107
---- 以上基準タイム(110% - 2'20.450)予選通過 ----
  • CarNo.9,36は、2019 FIA-F4選手権第5戦&第6戦特別規則書第23条(ピットレーンの速度)違反により、ベストラップタイムを削除した。

Vitz関西

Vitz関西:第2戦鈴鹿チームメイトバトルで課題が見えた (AVANTECH)

■第3戦に向けての大きな収穫

 開幕戦の雨の決勝、2年目の大井くんはギリギリ攻防で10位ポイント獲得、1年目の三澤くんはチームメイト同士の接触もあり11位、速さも強さも感じられない開幕戦でした。

 第2戦への準備のために練習走行をおこないましたが、第2戦のレースウィークの走り始めからトップ勢とのタイム差は2秒あり、状況は変わっていませんでした。

 2人に共通して言えるのが、”欲”を感じない。何かをこうしたい、何かをこうかえたいという、向上心の欲求が少ないように感じました。彼らが悪いのではなく、この世代の特徴なのかなと思いました。確かに昨年までヴィッツを戦っていた廣島くんも勝木くんも同じで最初は何を考えているのかが分かりませんでしたが、2年目に速さと自信を掴み、"勝ちたい"という欲求が前に出るようになり、AVANTECHレーシングは全戦表彰台獲得が出来ました。

 第2戦の決勝レースはチームメイト同士の白熱するバトルで、何度も抜きつ抜かれつの攻防がありました。接触だけは絶対にするなと伝えていたので、その部分は守ってくれましたが、チームとしては冷や冷やするレース展開でした。バトルをしていることで前と離され、結果としては45台中三澤くん12位大井くん13位でしたが、チームメイト同士でお互いに"負けたくない"と思う"欲"が生まれたと感じました。

 2年計画で若手育成をおこなう中で、レースも練習だと思っています。2人ともまだまだ経験が浅く、学ばなければいけないことばかりで、特に予選1周の集中力と状況判断が欠けています。2ヶ月後の第3戦岡山までに、この2か所を克服出来るようにします。

 悔しい思いを忘れず、第3戦までの練習に励んでもらいたいです。応援宜しくお願い致します。

  • ヴィッツ関西シリーズ
  • 開催場所: 鈴鹿サーキット
  • チーム名称: AVANTECH Racing Team
  • チーム代表者: 高崎保浩
  • チーム監督: 長屋宏和
  • ドライビングアドバイザー: 佐藤公哉
  • チーフメカニック: 永原達也
  • メンテナンスガレージ: Garage N
  • ドライバー: #456大井偉史・#242三澤拓真
  • カメラマン: 川村浩之カメラマン・澤田卓司カメラマン・佐々木純也カメラマン
AVANTECH Racing Team

Japanese F3

JF3:第5戦オートポリス決勝会見 「抜く2、3周前からタイミングを見計らっていましたが、あの周が最後のチャンスと思って勝負をかけました」(サッシャ・フェネストラス)

第5戦優勝 #11サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark)
決勝記者会見: 優勝したサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark) とても嬉しいです。いい週末でしたが、その中で最も難しいレースでした。ウェットコンディションをスリックタイヤで走るのは簡単じゃありませんでしたが、うまくコントロールできました。スタートは失敗しましたが、なんとか修正して大湯選手を抜くことができました。抜く2、3周前からタイミングを見計らっていましたが、あの周が最後のチャンスと思って勝負をかけました。今後もチャンピオンを意識するのではなく、毎回ベストを尽くしてレースを戦って行きたいと思っています。
第5戦決勝2位 #2大湯都史樹(TODA RACING)
決勝記者会見: 2位の大湯都史樹(TODA RACING) 非常に悔しいレースになりました。序盤は2位以下を引き離すことができましたが、途中からサッシャ選手が追い上げてきて、抜かれる3周前からペースが全然違って詰め寄られていました。自分の走りもまだまだですし、終盤のペースも上げていかないとと思います。次戦に向けてレベルアップしていきたいです。チームは最高のものを用意してくれたと思います。自分がまだまだ足らなかったなと。サッシャさんは速かったですし、僕もそのレベルに上げていかないとと思います。岡山は地元のサーキットで、チームを応援していただいてるみなさんもきてくださいますので、優勝したいです。しっかりと結果を意識して戦っていきたいです。
第5戦決勝3位 #12大津弘樹(THREEBOND RACING)
決勝記者会見: 3位の大津弘樹(THREEBOND RACING) スタートが良くて4位に上がることができ、アーメド選手にペナルティが出たことで3位に上がれました。後ろのトムスのペースを見てなんとか耐えられそうだなと思いましたが、トップ2と比べるとグリップを感じ取るという部分で欠けているところがあるのかなと思います。スリーボンドレーシングに入って初めての表彰台ということで、いいクルマを用意してもらったチームに感謝しています。セッションを重ねるごとにクルマのフィーリングも良くなっていて、エンジニアの結城さんもいろんなものを提案してくれて、僕の言ったことに対してセットを変えてくれるんですけど、すごく勉強になっていますし、自分のスキルアップでなんとか優勝まで持っていきたいですね。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI

Japanese F3

JF3:第5戦オートポリス決勝 接戦を制し#11フェネストラスが3連勝!

2019年全日本F3選手権第5戦の決勝が5月19日、大分県のオートポリスで行われ、ポールポジションの#11サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)が雨天のスリックタイヤという難しい条件の中で勝ち、今季4勝目をものにした。

21周のレースがスタートした スタート直後、1コーナーの攻防 大湯都史樹(TODA FIGHTEX)とサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)のトップ争 優勝はサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3) 決勝2位は大湯都史樹(TODA FIGHTEX) 決勝3位は大津弘樹(ThreeBond F318) マスタークラス優勝は山口大陸(タイロクレーシング28号) 優勝したサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark) 優勝したサッシャ・フェネストラズにキスする母親 マスタークラスの表彰式 優勝したサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark) 表彰式

第5戦決勝は午後4時15分より21周で行われた。スタート進行の途中から小雨が降り始めたものの、路面はまだそれほど濡れていないという判断で上位3人を含めて多くのドライバーがスリックタイヤを選択してのスタートとなった。

ホールショットを奪ったのは予選2番手の#2大湯都史樹(TODA FIGHTEX)。今週末始めてのスタンディングスタートを見事に決めてフェネストラズに競り勝ってトップに浮上した。2位にフェネストラズ、3位には#65エナム・アーメド(B-Max Racing with motopark F3)が続いたが、アーメドはコースインの際にホワイトラインをカットしたということで、直ちにドライビングスルーのペナルティを課せられることになった。しかしアーメドは5周目までピットインの指示に従わなかったため、黒旗を提示されてレース除外に。代わって3位には#12大津弘樹(ThreeBond F318)が浮上した。

最初の5周で1.684秒のリードを築いた大湯だったが、フェネストラズは6周目から反撃に転じ、11周目には0.463秒差にまで迫る。そこから数周にわたって懸命のブロックを続けた大湯だったが、16周目の1コーナーでついにフェネストラズがアウトから大湯を抜きさり、次々にファステストラップを更新しながら21周を走りきった。

これでフェネストラズは今週末だけで3連勝を達成。通算勝利数を4とした。また3戦連続で2位に入った大湯はランキング2位に浮上している。

次戦の舞台は岡山国際サーキット。6月8-9日に3レースを開催する。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum

SUPER FORMULA

SF:第2戦オートポリス決勝会見 「毎回勝ちに行ってますけど、今回は特に強い気持ちで戦っていました」(関口雄飛)

決勝フォトセッション: トップ3と優勝チーム監督

第2戦優勝 #19関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)
決勝記者会見: 優勝した関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL) 16位スタートということで正直厳しかったです。まともにアタック出来ずに予選が終わってしまいました。その中でも最後まで諦めずに、毎回勝ちに行ってますけど、今回は特に強い気持ちで戦っていました。午前中に予選が行われたり、予選から決勝に向けて天候が変わって、どういうセッティングにしようかとか、ドタバタしていたので、タイヤをどっちで行くかもギリギリまで決まらなくて。セーフティーカー入った時にどうするかというのも、自分だけでは客観的な判断がつかなくて、チームに無線で「どうするんですか?」っていうのを最終コーナーまで聞いていて、で「ステイだ」という指示に従いました。前に同じ作戦の国本選手がいたので、まず最低限彼を抜かないと作戦がうまくいっても勝てないと思ったので、死ぬ気で抜きに行かないとダメだと思って行きました。トップに出てからも、ピットに入っても抜かれないだけのギャップを、だいたい35秒から40秒くらいなんですけど、それを頑張って作りました。目標はレースの序盤、中盤、終盤と常に変わって行きました。
第2戦決勝2位 #1山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
決勝記者会見: 2位の山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING) まず予選でクラッシュしてしまって、チームに申し訳ないことをしたなと。決勝までにクルマを完璧に戻していただいたことに非常に感謝しています。マルケロフ選手がクラッシュした時にパーツがオフィシャルさんに当たって、容体が心配だったんですが、大丈夫だったということで、それにも安心しました。今日のレースは内容云々よりも、僕がいうのも生意気かもしれませんが、今一度レースの運用についてみんなで見直す必要があるなと感じました。JRPや競技団を批判しているということではなく、より良いレースを作るためにも、お客さんのためにも、それぞれがこうすべきだと思うことを集めて話し合う必要があるのかなと思いました。レースはスタート位置が後ろだったということで、なかなか採りにくい作戦を思い切って採ったことがこの結果につながったのかなと思います。まだ勝てていませんけど、いつもこの位置に居続けることがシーズンを考える上では大きな意味を持つのかなと思います。
第2戦決勝3位 #8大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)
決勝記者会見: 3位の大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS) 3位ですけど素直に嬉しいです。今まで苦しい戦いが続きましたが、今年から新しいエンジニアが入ってくれて、今回の持ち込みのクルマも今までに感じたことのないぐらいのグリップ感があって僕もびっくりするぐらいで、今回はいけるかなと思っていたのに、予選はアタックできずに中盤からのスタートになって悔しかったです。作戦もラッキーな面はあったと思いますけど、自分の力でオーバーテイクもしてポディウムまでこれたので、すごく満足していますし、チームにも感謝しています。
優勝チーム監督 星野一義(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)
決勝記者会見: 優勝チーム監督の星野一義氏(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL) どうもありがとうございます。関口選手16番手、平川選手19番手からのスタートということで、優勝を意識するというよりは、チームインパルらしく思いっきりぶつかっていけと。あとから結果はついてくるからと。本当に想像もつかないくらいの関口の速さで。一番最初に勝った時の菅生を思い出したくらいの。まるで排気量が500ccアップしたかのような、そのくらいの速さでした。あとは何も起きないようにと祈るぐらいのことで。1号車の山本選手との差を気遣いながら、ミディアムで走る分のマージン欲しいなとだんだん欲が出てきて。人に焦るな焦るなと言いつつ僕が一番焦ってるような状況でした。とにかく今回はドライバーに尽きるなと思いました。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI

SUPER FORMULA

SF:第2戦オートポリス決勝 予選16位からの大逆転!!#19関口が通算6勝目を獲得

2019年全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦の決勝が5月19日、大分県のオートポリスで行われた。優勝は#19関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19)。なんと予選16位からの大逆転勝利だった。
(天候:曇り コース:ドライ 観客動員数:土曜日2,450人/日曜日3,700人/大会総入場者数6,150人)

54周の決勝がスタートした

レースは開始早々セーフティーカーが導入された

優勝は関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19)

決勝2位は山本尚貴(DOCOMO DANDELION M1S SF19)

決勝3位は大嶋和也(UOMO SUNOCO SF19)

優勝した関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)

星野一義監督と優勝した関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)

表彰式

第2戦決勝はスタート前から荒れていた。統一規則書第27条7項を巡り、赤旗原因となった4人のドライバーがノータイムという裁定が競技団から出されたためだ。そのため、本来なら決勝スタートの1時間30分前までに発表されなければならない(統一規則第29条3項)はずのスターティンググリッドが午後1時24分に漸く出されるというあり得ない状況になった。。

レースは午後2時にスタート。心配された雨は上がり、ドライコンディションでの戦いとなった。

ここでソフトタイヤを選択したのがポールの#4国本雄資(ORIENTALBIO KONDO SF19)と2番手スタートの#39坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19)、#17塚越広大(REAL SF19)、#16野尻智紀(TEAM MUGEN SF19)、#65牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING SF19)、そして関口の6名。レースがスタートすると1周目に#38石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19)、#3山下健太(ORIENTALBIO KONDO SF19)、#1山本尚貴(DOCOMO DANDELION M1S SF19)、#8大嶋和也(UOMO SUNOCO SF19)がピットインしてミディアムタイヤからソフトに変更。この一連の動きがレース展開を大きく左右することになった。

スタートでトップに立ったのは国本。2位に坪井、3位に#5福住仁嶺(DOCOMO DANDELION M5Y SF19)が続くが、2周目の第3コーナーで#15ダニエル・ティクトゥム(TEAM MUGEN SF19)がスピンしたために早くもセーフティーカーが導入されることになり、タイヤ交換組のビハインドが一気に帳消しとなってしまったうえ、2位の坪井、3位の福住をはじめとする9台が2周目にピットに入ったため1周目にピットインしたドライバーたちは上位に浮上することに成功する。

また坪井、塚越以外のソフトタイヤ勢はステイアウト。コースにとどまりリスタート後にリードを広げる作戦をとった。

これにより3周終了時点でソフトタイヤスタートの関口は2位に浮上、3位に牧野がつけ、1周目でピットインした石浦も4位に浮上、以下5位に坪井、6位に山下、7位大嶋、8位に山本という状況になった。

レースは8周目にリスタート。13周目に関口が1コーナーで国本をアウトから抜いてトップに立ち、そこから一気にペースを上げて後続を突き放しにかかる。牧野も25周目に国本を捉え、2位に浮上した。

その後方では山本が次第に順位を上げ、23周目に石浦を抜き去ってタイヤ交換組の最上位に浮上したが、関口は山本を1周あたり2秒近く上回るハイペースでギャップを広げ、40周目にピットイン、見事山本の前でコースに復帰すると、50周目に牧野がタイヤ交換を行なったことで再びトップに浮上した。

その後も関口は山本を全く寄せ付けない走りで54周を走りきり、今季初勝利をものにする。2位は山本。3位には大嶋が入った。

ポールの国本は牧野と同じ50周目までピットインを引き延ばしたが、中盤に順位を落としたことが響き、結局16位でレースを終えている。

次戦の舞台はスポーツランドSUGO。6月23日決勝だ。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum

Japanese F3

JF3:第5戦オートポリス決勝結果

SUPER FORMULA Rd.2 -RIJ- (2019/05/19) Final Race Weather:Rainy Course:Wet
2019 Japanese Fomura3 Championship Round 5 オートポリス 4.674km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
EngineLapTotal_Time
Behind
111サッシャ・フェネストラズB-Max Racing with motopark F3
Dallara F314
Volkswagen
Spiess A41
2138'06.683
22大湯 都史樹TODA FIGHTEX
Dallara F319
TODA
TR-F301
213.042
312大津 弘樹ThreeBond F318
Dallara F318
ThreeBond
TOMEI TB14F3
2136.424
48片山 義章YTB by Carlin
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
2136.986
537小高 一斗カローラ中京Kuo TOM'S F317
Dallara F317
TOYOTA
TOM'S TAZ31
2137.883
636宮田 莉朋カローラ中京Kuo TOM'S F317
Dallara F317
TOYOTA
TOM'S TAZ31
2138.820
7*7シャルル・ミレッシYTB by Carlin
Dallara F317
Volkswagen
Spiess A41
201Lap
835河野 駿佑RS FINE K&N F318
Dallara F318
Mercedes-Benz
HWA 414
201Lap
951アメヤ・ベイディアナサンB-Max Racing with motopark F3
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
192Laps
1013三浦 愛ThreeBond F314
Dallara F314
ThreeBond
TOMEI TB14F3
192Laps
1128M1山口 大陸タイロクレーシング28号
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
192Laps
---- 以上規定周回数(90% - 18Laps)完走 ----
-5M-久保田 克昭Planex・スマカメF3
Dallara F315
TOYOTA
TOM'S TAZ31
714Laps
-30M-DRAGONTEAM DRAGON F3
Dallara F314
Volkswagen
Spiess A41
021Laps
-*65エナム・アーメドB-Max Racing with motopark F3
Dallara F312
Volkswagen
Spiess A41
失格-
  • Fastest Lap: CarNo.11 サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3) 1'46.214 (20/21) 158.420km/h
  • CarNo.7は、2019全日本フォーミュラ3選手権統一規則第21条1.違反(ピット作業人数の超過)により、ドライビングスルーペナルティーを科したが、レース終了のため、不履行により競技結果(38'11.496)に対して30秒加算のペナルティーを科した。
  • CarNo.65は、国際モータースポーツ競技規則付則L項第4章第5条(ピット出口のラインカット)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科したが、全日本フォーミュラ3選手権統一規則第15条9.を適用し失格とした。

SUPER FORMULA

SF:第2戦オートポリス決勝結果

SUPER 2&4 RACE -RIJ- (2019/05/19) Final Race Weather:Cloudy Course:Dry
2019 SUPER FORMULA Round 2 オートポリス 4.674km

PosNoDriverCar
Team
EngineLapTotal_Time
Behind
119関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA
TRD Biz-01F
541:30'29.891
21山本 尚貴DOCOMO DANDELION M1S SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
543.633
38大嶋 和也UOMO SUNOCO SF19
UOMO SUNOCO TEAM LEMANS
TOYOTA
TRD Biz-01F
547.374
465牧野 任祐TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
5417.594
55福住 仁嶺DOCOMO DANDELION M5Y SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
5418.739
664アレックス・パロウTCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
5429.782
73山下 健太ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA
TRD Biz-01F
5430.774
837ニック・キャシディVANTELIN KOWA TOM’S SF19
VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA
TRD Biz-01F
5432.443
938石浦 宏明JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA
TRD Biz-01F
5434.058
1018小林 可夢偉KCMG Elyse SF19
carrozzeria Team KCMG
TOYOTA
TRD Biz-01F
5434.577
1150ルーカス・アウアーRed Bull SF19
B-Max Racing with motopark
Honda
M-TEC HR-417E
5435.479
1239坪井 翔JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA
TRD Biz-01F
5438.130
1336中嶋 一貴VANTELIN KOWA TOM’S SF19
VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA
TRD Biz-01F
5438.287
1420平川 亮ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA
TRD Biz-01F
5448.610
1517塚越 広大REAL SF19
REAL RACING
Honda
M-TEC HR-417E
5456.082
164国本 雄資ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA
TRD Biz-01F
541'07.508
1751ハリソン・ニューウェイGOLDEX TAIROKU RACING SF19
B-Max Racing with motopark
Honda
M-TEC HR-417E
531Lap
1816野尻 智紀TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
531Lap
---- 以上規定周回数(90% - 48Laps)完走 ----
-15ダニエル・ティクトゥムTEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
153Laps
-7アーテム・マルケロフUOMO SUNOCO SF19
UOMO SUNOCO TEAM LEMANS
TOYOTA
TRD Biz-01F
054Laps
  • Fastest Lap: CarNo.19 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19) 1'30.777 (14/54) 185.360km/h

TCR JAPAN SUNDAY

TCRJ-SUN:第1戦オートポリス決勝 予選3位の#5金丸が優勝。ポールの#21篠原はトラブルに泣く

TCRジャパンサンデーシリーズ第1戦の決勝が5月19日、大分県のオートポリスで行われ、予選3位からスタートした#5金丸ユウ(Honda CIVIC TCR)が2周目にトップに立ち、国内レース初優勝をものにした。

第1戦決勝は12時25分より23分+1周で行われた。朝から降り続いていた雨も収まり、コース上はほぼハーフウェットの状態。通常のスタンディングスタートでの戦いとなった。

1コーナーにトップで飛び込んだのはポールシッターの#21篠原拓朗(Audi RS3 LMS)。予選3位の金丸が#18マシュー・ホーソン(Honda CIVIC TCR)をかわして2位に浮上し、篠原を追う。

ところが2周目に入ったところで篠原は2速から3速にシフトアップできないトラブルに見舞われてピットイン、そのままリタイヤとなった。

これでトップに繰り上がった金丸は後続を徐々に引き離し、最後は2位に2.852秒のリードを保ってフィニッシュ。サンデーシリーズ開幕戦を勝利で飾った。これまで海外のカートやフォーミュラカーで戦ってきた金丸。昨年の全日本F3選手権では未勝利に終わっており、これが国内レース初優勝となる。

2位ホーソンの背後には#25松本武士(Volkswagen Golf GTI TCR)や#52密山祥吾(Volkswagen Golf GTI TCR)が迫ってきたが、ホーソンは最後まで2位の座を守りきり、松本が3位表彰台を獲得した。

ジェントルマンクラスは#62塩谷烈州(Honda CIVIC TCR)が#19ヒロボン(Volkswagen Golf GTI TCR)や#72ユーク・タニグチ(Honda CIVIC TCR)らとの接戦を制して優勝、総合順位でも5位に食い込んでみせた。

TCRジャパンシリーズはこのあと、6月22-23日にサタデーシリーズ、サンデーシリーズの第2戦を行う。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum
Yoshinori OHNISHI

Japanese F3

JF3:第4戦決勝会見 「リスタートではできるだけ後ろを引き離そうと神経を使いました」(サッシャ・フェネストラス)

第4戦優勝 #11サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark)
決勝記者会見: 優勝したサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark) 昨日のレースよりも状況はハードでした。セーフティーカーが何度も入り、リスタートではナーバスになりましたが、できるだけ後続を引き離していこうと心がけました。今回もセーフティーカーのペースは非常に遅かったし、コースコンディションも昨日とは違って川ができたりしていたので、余計気を使いました。第5戦は天候次第の面もありますが、長いレースになるのでチームワークが問われるレースになると思います。
第4戦決勝2位 #2大湯都史樹(TODA RACING)
決勝記者会見: 2位の大湯都史樹(TODA RACING) スタートを含めてセーフティーカーが3回入ったので、リスタートを狙っていたんですけど、なかなか抜くところまではいきませんでした。3度目のリスタートの時は雨もだいぶ減ってきていたので、抜けるかなと思いましたが、抜けませんでした。その中でもSCラン中のタイヤの温め方など、自分の中では調整がうまくいっていたので、昨日のレースよりは感触が良かったです。次のレースには期待しています。なんとかスタンディングスタートでやって欲しいです。それならチャレンジできますから。
第4戦決勝3位 #65エナム・アーメド(B-Max Racing with motopark)
決勝記者会見: 3位のエナム・アーメド(B-Max Racing with motopark) 今回はメカニックのミスで燃料が充分入っていなかったんです。それで無線でピットと交信しながらクラッチを操作するなどして、最後まで持たせようと苦労しました。ファイナルラップは最終コーナーを立ち上がったところでエンジンをカットして、なんとかチェッカーまでたどり着きましたよ。だから僕にとってはセーフティーカーが入ったことはすごくラッキーでした。自分にとってはすごく難しいレースだったので、後ろなんか見ている余裕はありませんでした。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI

TCR JAPAN SUNDAY

TCRJ-SUN:第1戦オートポリス決勝結果

SUPER FORMULA Rd.2 -RIJ- (2019/05/19) Final Race Weather:Cloudy Course:Wet
2019 TCR JAPAN SUNDAY Series Round 1 オートポリス 4.674km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Team
LapTotal_Time
Behind
15金丸 悠Honda CIVIC TCR
TEAM GOH MODELS
1226'32.720
218マシュー・ホーソンHonda CIVIC TCR
KCMG
122.853
325松本 武士Volkswagen Golf GTI TCR
Volkswagen和歌山中央RT with TEAM和歌山
123.199
452密山 祥吾Volkswagen Golf GTI TCR
埼玉トヨペットGreenBrave
123.521
562G1塩谷 烈州Honda CIVIC TCR
TEAM G/MOTION'
123.930
619G2ヒロボンVolkswagen Golf GTI TCR
バースレーシングプロジェクト【BRP】
124.344
772G3ユーク・タニグチHonda CIVIC TCR
KCMG
1215.502
833G4前嶋 秀司ALFA ROMEO GIULIETTA TCR
GO&FUN Squadra Corse
1215.789
923G5YOSHIKIAudi RS3 LMS
N-SPEED
1217.503
1024G6KENJIAudi RS3 LMS
N-SPEED
1218.731
11190G7植田 正幸Audi RS3 LMS
バースレーシングプロジェクト【BRP】
1223.208
1210G8佐藤 潤Volkswagen Golf GTI TCR
Adenau
1225.232
1355G9MototinoALFA ROMEO GIULIETTA TCR
55 MOTO RACING
1225.587
147G10牧野 淳Audi RS3 LMS
NILZZ Racing
1257.245
1521篠原 拓朗Audi RS3 LMS
Hitotsuyama Racing
39Laps
  • Fastest Lap: CarNo.19 ヒロボン(Volkswagen Golf GTI TCR) 2'10.881 (12/12) 128.563km/h

Japanese F3

JF3:第4戦オートポリス決勝 大荒れのレースを制し、#11フェネストラスが今季3勝目

2019年全日本F3選手権第4戦の決勝が5月19日、大分県のオートポリスで行われた。第3戦に続いて今回も雨のレースとなり、スタートを含めて3回のセーフティーカーが導入される荒れた展開となったが、ポールポジションからスタートした#11サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)が最後まで#2大湯都史樹(TODA FIGHTEX)の追撃を退け、今季3勝目を挙げた。

決勝はウェットのためセーフティーカースタートとなった セーフティーカーが退きスタートが着られた このレース3度のセーフティーカーが導入された 優勝はサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3) 決勝2位は大湯都史樹(TODA FIGHTEX) 決勝3位はエナム・アーメド(B-Max Racing with motopark F3) 優勝したサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark) 優勝したサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark) 表彰式

第4戦決勝は午前10時5分にセーフティーカー(SC)の先導で始まり、4周目から追い越しが可能となった。フェネストラズは背後に迫る大湯を巧みに牽制して1コーナーへ。3位には#65エナム・アーメド(B-Max Racing with motopark F3)が続く。しかし5周目に入ったところでマスタークラスの#5久保田克昭(Planex・スマカメF3)が1コーナーでアウト側の縁石に乗り上げて立ち往生、再びSCが導入されることに。

レースは8周目にリスタートとなったが、その直後の最終コーナーで#28山口大陸(タイロクレーシング28号)と#30DRAGON(TEAM DRAGON F3)が接触するアクシデントが発生、3度目のSCランとなってしまう。またこれによりマスタークラスは参加した3台全てがリタイヤとなった。

SCは12周目にピットイン。13周目にリスタートとなったが、ここで規定時間の35分に達したため、レースはこの周をもって終了。最後まで大湯を押さえ込んだフェネストラズが第3戦に続いて連勝、今季通算3勝目を獲得。2位に大湯、3位にはアーメドがつけ、第2戦優勝の#36宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM'S F317)が8位と第3戦に続いてノーポイントに終わったため、アーメドがランキング2位に浮上した。

第5戦決勝はこのあと午後4時15分より21周で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum

SUPER FORMULA

SF:第2戦オートポリス予選会見 「あそこで終わってくれてよかったです。やってたら餌食になってたと思います」(国本雄資)

予選フォトセッション: トップ3のドライバー

第2戦ポールポジション #4国本雄資(KONDO RACING)
予選記者会見: ポールポジションの国本雄資(KONDO RACING) 危なかったな、というのが率直な意見です。ピットの位置が前から2番目だったので、ウォータースクリーンのない状況で1周2周走ることができました。1周めはタイヤを温めて、2周目は様子を見ながらじっくりいきました。そんなにガッツリいってるわけではなかったけど、その中でも結構水に乗ってハンドルを取られるような場面があったので、あれ以上攻めたらクラッシュしたかもしれません。セクター3で3号車に詰まり、離れるかアクセルを踏むか迷ったけど、この周で全開でいこうと思いました。あそこで緩めてたらもっと下の順位だったと思うし、運よく普通に走れたなと。最後は残り時間が少なかったので絶対踏んでやろうと思っていたので、あそこで終わってくれてよかったです。やってたら餌食になってたと思います。こういう予選になると昨日から予想していたので、走れても1周2周だろうと思ってタイヤの内圧やセッティングを調整していました。そういう部分でもチームに助けられました。
第2戦予選2位 #39坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)
予選記者会見: 2位の坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING) 荒れた展開になるなと予想できていました。ただ昨日の雨の走行でも感触は悪くなかったので、雨だったら充分戦える位置にいるだろうと思って楽しみにしていました。ただ運が悪くて、一番タイムの出た周のコントロールラインを横切った瞬間に赤旗が出てしまい、タイムが不採用になってしまいました。2度目にアタックでは前のクルマに詰まってしまってかなりロスをしてしまったので、結果以上に納得いかない予選になってしまいました。でもデビュー2戦目でフロントローを獲得できたのは素直に嬉しいし、速さはありそうなんで、いいスタートを切れそうです。決勝レースは絶対やって欲しいなと思います。
第2戦予選3位 #5福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
予選記者会見: 3位の福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING) 昨日中止になった時と大差ないくらいの雨と風でしたが、それでもやるってなったんで、常にサーキットに留まって走ろうと決めていました。みなさんそうだったと思いますが、早めに1周タイムを残しておかないと大変なことになると思ったので、安全に走った結果がここ(3位)につながったと思います。一応クリアでしたが、そこまで攻めてなかったので、もっと走ってればいいタイムが出たとは思います。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI

SUPER FORMULA

SF:第2戦オートポリス公式予選 3度の赤旗で大荒れの予選を制したのは#4国本

2019年全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦の公式予選が5月19日、大分県のオートポリスで行われた。3度の赤旗中断が入る荒れた展開の中、早めにタイムを出しに行った#4国本雄資(ORIENTALBIO KONDO SF19)の読みが当たり、2017年以来のポールポジションを獲得した。

ポールポジションは国本雄資(ORIENTALBIO KONDO SF19)

予選2位は坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19)

予選3位は福住仁嶺(DOCOMO DANDELION M5Y SF19)

ポールポジションを獲得した国本雄資(KONDO RACING)

18日に予定されていた公式予選は雨のためキャンセルとなり、当初フリー走行を実施する予定だった19日朝に順延となった。しかしこの日のオートポリスも強い雨と風に晒され、20人のドライバーは厳しいコンディションの中での走行を強いられた。

開始時刻は8時45分。しかし始まって10分もしないうちに#1山本尚貴(DOCOMO DANDELION M1S SF19)が第2ヘアピン手前でコースを飛び出し、タイヤバリアに前から突っ込んでしまう。続いて#7アーテム・マルケロフ(UOMO SUNOCO SF19)も同じ場所でコースオフし、こちらはリヤ周りに大きなダメージを負ってしまった。これによりポストからは最初の赤旗が提示された。

予選は終了時刻を9時30分に延長して9時12分に一旦再開したが、すぐに#20平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19)が第3コーナーで飛び出してしまい、2度目の赤旗中断に。20号車の回収を待って9時21分に再びコースオープンとなったものの、直後に#51ハリソン・ニューウェイ(GOLDEX TAIROKU RACING SF19)が最終コーナーで飛び出したため、3度目の赤旗が出され、結局この時点の順位を以って予選終了が 競技団から宣言された。結局このわずかな時間の合間に押さえのタイムを出した選手が上位に連なる結果となった。

トップタイムを記録したのは#4国本。コンドーレーシングのピットは出口から数えて2番目に位置していたため、いち早くコースインすることでクリアラップを得ることに成功。最初の1、2周で記録したタイムがそのまま予選順位に採用されることになった。2位にはルーキーの#39坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19)が続いた。坪井も予選が荒れることを予想して早めのアタックを心がけたというが、最初の赤旗中断の際に記録されたタイムが不採用となったことを悔やむ。3位には#5福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がつけた。

第2戦決勝は午後2時より54周の予定だ。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum

Japanese F3

JF3:第4戦オートポリス決勝結果

SUPER FORMULA Rd.2 -RIJ- (2019/05/19) Final Race Weather:Rainy Course:Wet
2019 Japanese Fomura3 Championship Round 4 オートポリス 4.674km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
EngineLapTotal_Time
Behind
111サッシャ・フェネストラズB-Max Racing with motopark F3
Dallara F314
Volkswagen
Spiess A41
1335'33.923
22大湯 都史樹TODA FIGHTEX
Dallara F319
TODA
TR-F301
131.137
365エナム・アーメドB-Max Racing with motopark F3
Dallara F312
Volkswagen
Spiess A41
133.326
435河野 駿佑RS FINE K&N F318
Dallara F318
Mercedes-Benz
HWA 414
134.390
512大津 弘樹ThreeBond F318
Dallara F318
ThreeBond
TOMEI TB14F3
134.676
637小高 一斗カローラ中京Kuo TOM'S F317
Dallara F317
TOYOTA
TOM'S TAZ31
135.898
77シャルル・ミレッシYTB by Carlin
Dallara F317
Volkswagen
Spiess A41
136.858
836宮田 莉朋カローラ中京Kuo TOM'S F317
Dallara F317
TOYOTA
TOM'S TAZ31
137.845
98片山 義章YTB by Carlin
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
138.048
1051アメヤ・ベイディアナサンB-Max Racing with motopark F3
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
138.543
1113三浦 愛ThreeBond F314
Dallara F314
ThreeBond
TOMEI TB14F3
1310.896
---- 以上規定周回数(90% - 11Laps)完走 ----
-30M-DRAGONTEAM DRAGON F3
Dallara F314
Volkswagen
Spiess A41
76Laps
-*28M-山口 大陸タイロクレーシング28号
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
76Laps
-5M-久保田 克昭Planex・スマカメF3
Dallara F315
TOYOTA
TOM'S TAZ31
49Laps
  • Fastest Lap: CarNo.11 サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3) 1'53.411 (13/13)
  • CarNo.28は、国際モータースポーツ競技規則付則L項第4 第2条c)違反により、競技結果に対し30秒加算及び、ペナルティーポイント1点を科した。

SUPER FORMULA

SF:第2戦オートポリス公式予選結果

SUPER 2&4 RACE -RIJ- (2019/05/19) Qualifying Weather:Rainy Course:Wet
2019 SUPER FORMULA Round 2 オートポリス 4.674km

PosNoDriverCar
Team
Engine TimeBehindGapkm/h
14国本 雄資ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'47.602--156.376
239坪井 翔JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'47.877 0.275 0.275155.978
35福住 仁嶺DOCOMO DANDELION M5Y SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'48.059 0.457 0.182155.715
436中嶋 一貴VANTELIN KOWA TOM’S SF19
VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'49.331 1.729 1.272153.903
550ルーカス・アウアーRed Bull SF19
B-Max Racing with motopark
Honda
M-TEC HR-417E
1'49.463 1.861 0.132153.718
638石浦 宏明JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'50.036 2.434 0.573152.917
73山下 健太ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'50.273 2.671 0.237152.589
818小林 可夢偉KCMG Elyse SF19
carrozzeria Team KCMG
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'50.329 2.727 0.056152.511
917塚越 広大REAL SF19
REAL RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'50.700 3.098 0.371152.000
1037ニック・キャシディVANTELIN KOWA TOM’S SF19
VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'51.169 3.567 0.396151.359
118大嶋 和也UOMO SUNOCO SF19
UOMO SUNOCO TEAM LEMANS
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'53.200 5.598 2.031148.643
---- 以上基準タイム(107% - 1'55.134)予選通過 ----
-16野尻 智紀TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
1'57.301 9.699 2.066143.446
-65牧野 任祐TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'57.61810.016 0.317143.060
-15ダニエル・ティクトゥムTEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
1'59.90912.307 2.291140.326
-64アレックス・パロウTCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
2'00.39912.797 0.490139.755
-19関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA
TRD Biz-01F
2'05.56917.967 2.089134.001
-*1山本 尚貴DOCOMO DANDELION M1S SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
deleted---
-*7アーテム・マルケロフUOMO SUNOCO SF19
UOMO SUNOCO TEAM LEMANS
TOYOTA
TRD Biz-01F
deleted---
-*20平川 亮ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA
TRD Biz-01F
deleted---
-*51ハリソン・ニューウェイGOLDEX TAIROKU RACING SF19
B-Max Racing with motopark
Honda
M-TEC HR-417E
deleted---
  • CarNo.1,7,20,51は、2019全日本SF選手権統一規則第27条7.違反により、予選結果のすべてを抹消する。

TCR JAPAN SUNDAY

TCRJ-SUN:第1戦オートポリス公式予選 ポールポジションは#21篠原

TCRジャパンサンデーシリーズの公式予選が5月19日、大分県のオートポリスで行われ、#21篠原拓朗(Audi RS3 LMS)がポールポジションを獲得した。

公式予選は午前8時10分より20分間で行われた。路面は昨日に続いてのウェット。周回を重ねるにつれて雨量が増していく中、篠原は2周目に2'09.220を記録、これがそのままベストタイムとなった。2位にはサタデーシリーズ開幕戦を制した#18マシュー・ホーソン(Honda CIVIC TCR)がつけ、#5金丸ユウ(Honda CIVIC TCR)が3番手。そしてジェントルマンクラスの#62塩谷烈州(Honda CIVIC TCR)が総合4位で続いた。昨日は決勝出走を見合わせた#33前嶋秀司(ALFA ROMEO GIULIETTA TCR)も予選に出走し、9位で決勝に臨む。

サンデーシリーズ第1戦決勝はこのあと12時25分より23分+1周で行われる。

Text:Kazuhisa SUEHIROTCRJ

TCR JAPAN SUNDAY

TCRJ-SUN:第1戦オートポリス公式予選結果

SUPER FORMULA Rd.2 -RIJ- (2019/05/19) Qualifying Weather:Rainy Course:Wet
2019 TCR JAPAN SUNDAY Series Round 1 オートポリス 4.674km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Team
TimeBehindGapkm/h
121篠原 拓朗Audi RS3 LMS
Hitotsuyama Racing
2'09.220--130.215
218マシュー・ホーソンHonda CIVIC TCR
KCMG
2'09.244 0.024 0.024130.191
35金丸 悠Honda CIVIC TCR
TEAM GOH MODELS
2'09.307 0.087 0.063130.129
462G1塩谷 烈州Honda CIVIC TCR
TEAM G/MOTION'
2'10.253 1.033 0.946129.183
519G2ヒロボンVolkswagen Golf GTI TCR
バースレーシングプロジェクト【BRP】
2'10.481 1.261 0.228128.957
625松本 武士Volkswagen Golf GTI TCR
Volkswagen和歌山中央RT with TEAM和歌山
2'10.950 1.730 0.469128.496
772G3ユーク・タニグチHonda CIVIC TCR
KCMG
2'11.032 1.812 0.082128.414
852密山 祥吾Volkswagen Golf GTI TCR
埼玉トヨペットGreenBrave
2'11.371 2.151 0.339128.083
933G4前嶋 秀司ALFA ROMEO GIULIETTA TCR
GO&FUN Squadra Corse
2'11.389 2.169 0.018128.066
10190G5植田 正幸Audi RS3 LMS
バースレーシングプロジェクト【BRP】
2'11.758 2.538 0.369127.707
1123G6YOSHIKIAudi RS3 LMS
N-SPEED
2'12.190 2.970 0.432127.290
1224G7KENJIAudi RS3 LMS
N-SPEED
2'12.914 3.694 0.724126.596
1310G8佐藤 潤Volkswagen Golf GTI TCR
Adenau
2'13.670 4.450 0.756125.880
1455G9MototinoALFA ROMEO GIULIETTA TCR
55 MOTO RACING
2'13.787 4.567 0.117125.770
157G10牧野 淳Audi RS3 LMS
NILZZ Racing
2'15.184 5.964 1.397124.470

TCR JAPAN SATURDAY

TCR-SAT:第1戦オートポリス決勝 記念すべき開幕戦は両クラスともKCMGが制す

今季からスタートするTCRジャパン サタデーシリーズの第1戦決勝が5月18日、大分県のオートポリスで行われ、ポールポジションからスタートした#18マシュー・ホーソン(Honda CIVIC TCR)が最初のウィナーとなった。ジェントルマンクラスも#72ユーク・タニグチ(Honda CIVIC TCR)が勝ち、KCMGが両クラスを制する結果となった。

第1戦決勝は午後4時30分より23分+1周で行われた。すでに雨は小降りになっていたが、強風のためセーフティーカースタートとなり、3周目から追い越し可能となった。

ホールショットはポールの#18ホーソン。しかし予選2位の#21篠原拓朗(Audi RS3 LMS)も負けじと食い下がり、5周目には0.697秒差、6周目には0.667秒差にまで迫る。さらにその後方から急遽参戦の決まった#5金丸ユウ(Honda CIVIC TCR)も接近。3台が等間隔の接近戦を最後まで繰り広げたが、篠原、金丸とも今一歩決め手を欠き、ホーソンが最後までトップの座を守りきってチェッカーを受けた。

ジェントルマンクラスは#24KENJI(Audi RS3 LMS)と#62塩谷烈州(Honda CIVIC TCR)がリスタート直後の1コーナーで接触、その後は徐々に順位を落としていくことに。代わって#72タニグチが8周目にトップに立ってそのままフィニッシュ。2位に#23YOSHIKI(Audi RS3 LMS)、3位には#19ヒロボン(Volkswagen Golf GTI TCR)が入った。

TCRジャパンシリーズは明日、サンデーシリーズ第1戦の予選、決勝を行う。今大会はサタデー、サンデー両シリーズとも同じドライバーが出走することになった。公式予選は朝8時10分より20分間で、決勝は午後0時25分より23分+1周で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI

TCR JAPAN SATURDAY

TCRJ-SAT:第1戦オートポリス決勝結果

SUPER FORMULA Rd.2 -RIJ- (2019/05/18) Final Race Weather:Cloudy Course:Wet
2019 TCR JAPAN SATURDAY Series Round 1 オートポリス 4.674km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Team
LapTotal_Time
Behind
118マシュー・ホーソンHonda CIVIC TCR
KCMG
1126'46.827
221篠原 拓朗Audi RS3 LMS
Hitotsuyama Racing
111.070
35金丸 悠Honda CIVIC TCR
TEAM GOH MODELS
111.357
452密山 祥吾Volkswagen Golf GTI TCR
埼玉トヨペットGreenBrave
117.336
525松本 武士Volkswagen Golf GTI TCR
Volkswagen和歌山中央RT with TEAM和歌山
1112.258
672G1ユーク・タニグチHonda CIVIC TCR
KCMG
1118.671
723G2YOSHIKIAudi RS3 LMS
N-SPEED
1123.182
819G3ヒロボンVolkswagen Golf GTI TCR
バースレーシングプロジェクト【BRP】
1123.436
9190G5植田 正幸Audi RS3 LMS
バースレーシングプロジェクト【BRP】
1131.851
1062G6塩谷 烈州Honda CIVIC TCR
TEAM G/MOTION'
1133.327
1155G7MototinoALFA ROMEO GIULIETTA TCR
55 MOTO RACING
1135.755
1210G8佐藤 潤Volkswagen Golf GTI TCR
Adenau
1155.397
13*24G4KENJIAudi RS3 LMS
N-SPEED
1159.606
147G9牧野 淳Audi RS3 LMS
NILZZ Racing
111'37.804
-33G-前嶋 秀司ALFA ROMEO GIULIETTA TCR
GO&FUN Squadra Corse
011Laps
  • Fastest Lap: CarNo.18 マシュー・ホーソン(Honda CIVIC TCR) 2'10.224 (3/11) 129.211km/h
  • CarNo.24は、TCRジャパンシリーズ2019競技規則第9条9-1.違反(危険なドライブ行為)により、競技結果に30秒を加算した。

Japanese F3

JF3:第3戦オートポリス決勝会見 「チームがいいクルマを作ってくれているので、明日も期待を裏切らないレースをしたいです」(サッシャ・フェネストラス)

第3戦優勝 #11サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark)
決勝記者会見: 優勝したサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark) すごくいいレースでした。ここまで3レースやってきて2回優勝できたのは嬉しいです。チームのおかげです。すごくいい仕事をしてくれましたし、良いセッティングでした。セーフティーカースタートになったのは面白いと感じましたが、ペースが遅すぎてタイヤの温度管理に神経を使いましたし、水しぶきやアクアプレーンがひどかったですね。その中で自分のペースをキープできたのが勝因になったと思いますし、ファステストラップも獲得できたことはチャンピオンシップを考える上でも重要なことだったと思います。事前にここでテストを行ったことはもちろん重要なポイントでしたし、あの時も雨でしたが、今よりもっとひどい雨量でした。コースを覚える上でも良い練習になったと思います。今週末はチームルマンがドライバーも含めて非常に速かったですが、予選で僕らが良いタイムを出せたことが一番の勝因でした。明日は天気次第ですけど、雨なら今日の経験が活きると思うし、晴れなら面白いレースになるでしょう。いずれにせよベストを尽くすだけです。チームがいいクルマを作ってくれているので、期待を裏切らないレースをしたいです。
第3戦決勝2位 #2大湯都史樹(TODA RACING)
決勝記者会見: 2位の大湯都史樹(TODA RACING) 個人的にはSCスタートになって残念ですが、リスタート後のタイヤがぬくもっていない状態でもついていけましたし、レースを通して自分自身がやれることはやれたかなと。ただ走りながら自分の中で課題が見つかって、修正しながら走りましたが、克服できた部分とできなかった部分があります。そこは明日も引き続き直していきたいと思いますし、明日はさらに上のポジションを取れるように頑張ります。事前にテストできたことはもちろんプラスに働きましたが、走行時間が短かったので、もう少し走りたかったというところが正直ありました。でもあれのおかげで作戦が練れました。明日も2番手ということで、チャンスがあると思います。スタートが大事だと思うので、そこをしっかり決めて、自分のやるべきことをやりたいと思います。
第3戦決勝3位 #65エナム・アーメド(B-Max Racing with motopark)
決勝記者会見: 3位のエナム・アーメド(B-Max Racing with motopark) レース中は水しぶきがひどくて視界が非常に悪かったので、オーバーテイクがなかなかできませんでした。それでもサッシャにラップあたりコンマ5秒差くらいに近づけたのはよかったです。ここでポイントを獲得できたことは重要です。今ランキングがどうなっているかは知りませんが。明日はできればスタンディングスタートしたいですね。そうなれば優勝目指して頑張ります。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI

SUPER FORMULA

SF:第2戦オートポリス公式予選は雨のためキャンセルに。改めて日曜朝に実施予定

2019全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦の公式予選は5月18日午後2時5分より行われる予定だったが、天候の悪化により競技団より本日は行わないとの決定が下された。

これに伴い、19日朝8時50分より30分間で予定されていた2回目のフリー走行が8時45分開始、9時25分終了の40分間に延長され、この走行時間を予選を兼ねたフリー走行に充てることとなった。なお、ここでのタイヤ選択は自由となる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO

Japanese F3

JF3:第3戦オートポリス決勝 #11フェネストラスが独走でポール・トゥ・フィニッシュ。今季2勝目を挙げる

2019年全日本F3選手権第3戦の決勝が5月18日、大分県のオートポリスで行われ、ポールポジションからスタートした#11サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)が後続を寄せ付けない走りで14周を走りきり、今季2勝目を挙げた。

荒天のためレースはセーフティーカースタートとなった セーフティーカーが退きレースがスタートした 優勝はサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3) 決勝2は大湯都史樹(TODA FIGHTEX) 決勝3位はエナム・アーメド(B-Max Racing with motopark F3) マスタークラス優勝は山口大陸(タイロクレーシング28号) 優勝したサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark) マスタークラスの表彰式 表彰式

第3戦決勝は午後2時5分より14周で行われた。雨が激しくなった影響からセーフティーカースタートとなり、4周目から追い越し可能となったが、ポールのフェネストラズは快調に後続を引き離し、最後は2位の#2大湯都史樹(TODA FIGHTEX)に7.246秒の大差をつけて第1戦鈴鹿以来の今季2勝目を獲得した。

3位には#65エナム・アーメド(B-Max Racing with motopark F3)がつけ、ポイントリーダーの#36宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM'S F317)は最後までチームメイトの#37小高一斗(カローラ中京Kuo TOM'S F317)を攻略できず、7位ノーポイントに終わった。

マスタークラスは#28山口大陸(タイロクレーシング28号)が開幕3連勝を達成している。

全日本F3第4戦決勝は明日の朝10時5分より同じく14周で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum

Japanese F3

JF3:第3戦オートポリス決勝結果

SUPER FORMULA Rd.2 -RIJ- (2019/05/18) Final Race Weather:Rainy Course:Wet
2019 Japanese Fomura3 Championship Round 4 オートポリス 4.674km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
EngineLapTotal_Time
Behind
111サッシャ・フェネストラズB-Max Racing with motopark F3
Dallara F314
Volkswagen
Spiess A41
1430'33.820
22大湯 都史樹TODA FIGHTEX
Dallara F319
TODA
TR-F301
147.246
365エナム・アーメドB-Max Racing with motopark F3
Dallara F312
Volkswagen
Spiess A41
1413.630
435河野 駿佑RS FINE K&N F318
Dallara F318
Mercedes-Benz
HWA 414
1422.945
512大津 弘樹ThreeBond F318
Dallara F318
ThreeBond
TOMEI TB14F3
1430.386
637小高 一斗カローラ中京Kuo TOM'S F317
Dallara F317
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1434.706
736宮田 莉朋カローラ中京Kuo TOM'S F317
Dallara F317
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1435.110
88片山 義章YTB by Carlin
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
1437.853
951アメヤ・ベイディアナサンB-Max Racing with motopark F3
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
1438.470
107シャルル・ミレッシYTB by Carlin
Dallara F317
Volkswagen
Spiess A41
1439.445
1128M1山口 大陸タイロクレーシング28号
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
122Laps
1213三浦 愛ThreeBond F314
Dallara F314
ThreeBond
TOMEI TB14F3
141'12.200
1330M2DRAGONTEAM DRAGON F3
Dallara F314
Volkswagen
Spiess A41
141'48.309
145M3久保田 克昭Planex・スマカメF3
Dallara F315
TOYOTA
TOM'S TAZ31
122Laps
---- 以上規定周回数(90% - 12Laps)完走 ----
  • Fastest Lap: CarNo.11 サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3) 1'52.009 (11/14) 150.224km/h

TCR JAPAN SATURDAY

TCRJ-SAT:サタデーシリーズ第1戦公式予選 ポールポジションは#18ホーソン(ホンダシビック)

今季注目の国内外のツーリングカーによるスプリントレース、TCRジャパンシリーズが5月18日、大分県のオートポリスで遂に開幕!!サタデーシリーズ第1戦の公式予選は#18マシュー・ホーソン(Honda CIVIC TCR)が2位以下をコンマ4秒以上引き離してポールポジションを獲得した。

開幕ラウンドにエントリーしたのは16台。ホンダシビック、フォルクスワーゲンゴルフ、アウディRS3、アルファロメオジュリエッタの4車種が参戦してきた。そのうち#22ポール・イップ(Honda CIVIC TCR)はリタイヤとなり、15台が午後1時5分からの公式予選に参加した。コースはウェット。滑りやすい路面でコースオフが続出。開始5分で早くも赤旗中断となる荒れた展開となった。

そうした中、最初にトップタイムを叩き出したのはFIA-F4などでも活躍する#21篠原拓朗(Audi RS3 LMS)で2’11.287。篠原はその後2’11.050までタイムを縮めたが、チェッカーフラッグが提示された直後に#18ホーソンが2’10.625というダントツの速さでトップに躍り出た。ホーソンは過去に全日本F3やアジアンルマンなどでも活躍する実力者だ。2位の篠原に続いて3位には昨年まで全日本F3を戦っていた#5金丸ユウ(Honda CIVIC TCR)がつけた。

サタデーシリーズ第1戦決勝はこのあと午後4時30分より23分+1周で行われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO

TCR JAPAN SATURDAY

TCRJ-SAT:第1戦オートポリス公式予選結果

SUPER FORMULA Rd.2 -RIJ- (2019/05/18) Qualifying Weather:Rainy Course:Wet
2019 TCR JAPAN SATURDAY Series Round 1 オートポリス 4.674km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Team
TimeBehindGapkm/h
118マシュー・ホーソンHonda CIVIC TCR
KCMG
2'10.625--128.815
221篠原 拓朗Audi RS3 LMS
Hitotsuyama Racing
2'11.050 0.425 0.425128.397
35金丸 悠Honda CIVIC TCR
TEAM GOH MODELS
2'11.273 0.648 0.223128.179
452密山 祥吾Volkswagen Golf GTI TCR
埼玉トヨペットGreenBrave
2'11.601 0.976 0.328127.859
525松本 武士Volkswagen Golf GTI TCR
Volkswagen和歌山中央RT with TEAM和歌山
2'11.898 1.273 0.297127.571
624G1KENJIAudi RS3 LMS
N-SPEED
2'12.185 1.560 0.287127.294
762G2塩谷 烈州Honda CIVIC TCR
TEAM G/MOTION'
2'12.353 1.728 0.168127.133
872G3ユーク・タニグチHonda CIVIC TCR
KCMG
2'12.451 1.826 0.098127.039
923G4YOSHIKIAudi RS3 LMS
N-SPEED
2'12.728 2.103 0.277126.774
1033G5前嶋 秀司ALFA ROMEO GIULIETTA TCR
GO&FUN Squadra Corse
2'12.752 2.127 0.024126.751
1119G6ヒロボンVolkswagen Golf GTI TCR
バースレーシングプロジェクト【BRP】
2'14.254 3.629 1.502125.333
12190G7植田 正幸Audi RS3 LMS
バースレーシングプロジェクト【BRP】
2'15.165 4.540 0.911124.488
1355G8MototinoALFA ROMEO GIULIETTA TCR
55 MOTO RACING
2'19.629 9.004 4.464120.508
---- 以上基準タイム(117% - 2'19.768 / 2'21.437(G))予選通過 ----
-10G-佐藤 潤Volkswagen Golf GTI TCR
Adenau
2'26.48715.862 6.858114.866
-7G-牧野 淳Audi RS3 LMS
NILZZ Racing
2'30.22419.599 3.737112.009
-22G-ポール・イップHonda CIVIC TCR
KCMG
no time---

検索

最新ニュース