Archives

  • [—]2017 (362)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

1992年4月

N1耐久シリーズ

N1-Rd2:ハイランド300kmレース結果

第3回ハイランド300km耐久レース-FMOTOR-(92-04-29) Official Results
For '92 N1 Endurance Series 仙台ハイランド                :(4.0296km)
P No. Cl.--Driver---------------------------------- Lap GoalTime--- -km/h--
1  12  1  桂 伸一/原 貴彦    Ni.Skyline GT-R   75 2:37'08.250 115.397
2   3  1  福山英朗/飯田 章      Ni.Skyline GT-R   75 2:37'09.448 115.382
3  27  1  都平健二/河合博之   Ni.Skyline GT-R   75 2:37'32.006 115.107
4   2  1  木下隆之/山田英二      Ni.Skyline GT-R   75 2:38'21.100 114.512
5  23  1  砂子智彦/高杉好成   Ni.Skyline GT-R   75 2:38'46.144 114.211
6  22  1  関根基司/萩原 誠   Ni.Skyline GT-R   75 2:38'54.609 114.110
7  71  3  横島 久/津々見友彦    Honda Civic       74       1Lap
8   8  2  真田睦明/藤村満雄      BMW-M3            74       1Lap
9   6  2  五藤久豊/黒木健次      Honda Prelude     74       1Lap
10   1  2  佐藤浩二/清水和夫      Honda Prelude     74       1Lap
11  19  1  川崎哲哉/石原隆男   Ni.Skyline GT-R   73       2Laps
12  62  3  中川隆正/渡辺 明      Honda Civic       73       2Laps
13  61  3  田嶋栄一/山田洋二      Honda Civic       73       2Laps
14  72  3  本郷健治/駒坂 仁   Honda Civic       73       2Laps
15  57  3  山崎泰文/日下部保雄  Honda Civic       73       2Laps
16  54  3  山内伸弥/瀬在仁志   Honda Civic       72       3Laps
17  38  2  海老原裕一/浅野武夫    Honda Prelude     72       3Laps
18  32  2  井波正光/小野賢一   Honda Prelude     71       4Laps
19  55  3  大久保健治/古橋 譲  Honda Civic       71       4Laps
20  16  1  中田雅久/萩原保男   Ni.Skyline GT-R   71       4Laps
21  24  1  川崎俊英/北澤源吾      Ni.Skyline GTR    71       4Laps
22  95  3  市嶋 樹/袖山誠市   Honda Civic       71       4Laps
23 109  4  小林正吾/榎本広行   Suzuki Cultas     70       5Laps
24 102  4  藤本邦彦/西嶋俊太郎  Honda City        70       5Laps
25 113  4  奥山高志/羽生 徹   GA2               69       6Laps
26  37  2  小東明寛/柴田功        Isuzu Gemini      69       6Laps
27 111  4  千葉達也/加藤トオル  Suzuki Cultas     68       7Laps
28  78  3  吉田寿博/渋谷 勉   Honda Civic       65       10Laps
29 108  4  林 孝治郎/渡辺壮喜  Suzuki Cultas     64       11Laps
30  20  1  佐藤久実/大井貴之      Ni.Skyline GT-R   58       17Laps
********************************** - D N F - **************************
52  3  土屋圭市/西垣内正義  Honda Civic       63       12Laps
36  2  毛塚康夫/芥川泰正      Honda Prelude     61       14Laps
35  2  細野智行/野上敏彦   Honda Prelude     54       21Laps
110  4  嶋村健太/戎 南子   Suzuki Cultas     44       31Laps
21  1  藤崎哲哉/須賀宏明      Ni.Skyline GT-R   44       31Laps
13  1  駒 光武/木下みつひろ Ni.Skyline GT-R   43       32Laps
***********************************************************************
  提供:宮下 敦さん
  RIJ-すがやみつる(FMOTOR4 Group Manager SDI00104)

N1耐久シリーズ

N1-Rd2:ハイランド300km耐久結果は遅れます

 N1耐久シリーズの第2戦、仙台ハイランドのハイランド300kmレースは、
結果を依頼してあったチームが、結果の出る前にサーキットを後にしてしま
ったため、本日、結果は入りません。
 結果を依頼してあったトランスグルーバル・チームは、2クラス(BMW
-M3)、4クラス(カルタス)で、それぞれクラス優勝したとのことです。
 連絡:トランスグローバル・レーシングチーム(東北自動車道)
 RIJ-すがやみつる(FMOTOR4 Group Manager SDI00104)

N1耐久シリーズ

N1-Rd2:ハイランド300km耐久レース予選結果

N1耐久シリーズ第2戦
第3回ハイランド300km耐久レース
●1・2クラス 予選結果
第3回ハイランド300km耐久レース-RIJ-(92-04-28) Official Practice Class 1,2.
For '92 N1 Endurance Series 仙台ハイランド                :(4.0296km)
P No. Driver---------------------------------- Best-LapT ---Behind -km/h--
1  12 桂 伸一/原 貴彦    Ni.Skyline GT-R   2'00.353           120.533
2  23 砂子智彦/高杉好成   Ni.Skyline GT-R   2'01.499     1.146 119.397
3  20 佐藤久実/大井貴之      Ni.Skyline GT-R   2'02.381     2.028 118.536
4  13 駒 光武/木下みつひろ Ni.Skyline GT-R   2'02.461     2.108 118.459
5  22 関根基司/萩原 誠   Ni.Skyline GT-R   2'02.489     2.136 118.432
6   2 木下隆之/山田英二      Ni.Skyline GT-R   2'03.053     2.700 117.889
7  27 都平健二/河合博之   Ni.Skyline GT-R   2'03.290     2.937 117.662
8  19 川崎哲哉/石原隆男   Ni.Skyline GT-R   2'03.302     2.949 117.651
9   3 福山英朗/飯田 章      Ni.Skyline GT-R   2'03.514     3.161 117.449
10  21 藤崎哲哉/須賀宏明      Ni.Skyline GT-R   2'03.764     3.411 117.211
11   1 佐藤浩二/清水和夫      Honda Prelude     2'03.952     3.599 117.034
12  16 中田雅久/萩原保男   Ni.Skyline GT-R   2'04.299     3.946 116.707
13  24 川崎俊英/北澤源吾      Ni.Skyline GTR    2'04.827     4.474 116.213
14   8 真田睦明/藤村満雄      BMW-M3            2'05.779     5.426 115.334
15   6 五藤久豊/黒木健次      Honda Prelude     2'05.859     5.506 115.260
16  38 海老原裕一/浅野武夫    Honda Prelude     2'07.264     6.911 113.988
17  32 井波正光/小野賢一   Honda Prelude     2'08.059     7.706 113.280
18  35 細野智行/野上敏彦   Honda Prelude     2'08.833     8.480 112.600
19  36 毛塚康夫/芥川泰正      Honda Prelude     2'08.276     7.923 113.089
20  37 小東明寛/柴田功        Isuzu Gemini      2'09.277     8.924 112.213
21   7 近藤満男/小倉良幸      Ni.Skyline GT-R   2'04.972     4.619 116.078
22  30 上原秀郎/浅見 武      Mitsubishi GTO    2'05.246     4.893 115.825
23  18 ?野博司/吉田 淳      Ni.Skyline GT-R   2'05.351     4.998 115.728
24  17 片山義美/太田哲也      Mazda RX-7        2'05.581     5.228 115.516
25  44 宇賀神方昭/伊藤秀昭  Honda Prelude     2'09.688     9.335 111.857
26  40 上沢 彰/川口法行   Mitsu. Gallant    2'10.922    10.569 110.803
27  25 小川日出生/小林旦雄    Mitsubishi ?      2'11.288    10.935 110.494
28  10 田部靖彦/久保 健      Nis.Premiera      2'11.824    11.471 110.045
29  29 玉本秀幸/小幡 栄      Mitsubishi GTO    2'05.462    小幡出走せず
30  34 湯浅義光/趙 ?樹      Honda Prelude     2'22.796    趙 計測できず
***************************************************************************
●3・4クラス 予選結果
第3回ハイランド300km耐久レース-FMOTOR-(92-04-28) Official Practice Class 3,4.
For '92 N1 Endurance Series 仙台ハイランド                :(4.0296km)
P No. Driver---------------------------------- Best-LapT ---Behind -km/h--
1  71 横島 久/津々見友彦    Honda Civic       2'04.992           116.060
2  62 中川隆正/渡辺 明      Honda Civic       2'05.593     0.601 115.505
3  61 田嶋栄一/山田洋二      Honda Civic       2'06.105     1.113 115.036
4  52 土屋圭市/西垣内正義  Honda Civic       2'06.252     1.260 114.902
5  72 本郷健治/駒坂 仁   Honda Civic       2'06.394     1.402 114.773
6  57 山崎泰文/日下部保雄  Honda Civic       2'06.812     1.820 114.394
7  55 大久保健治/古橋 譲  Honda Civic       2'07.295     2.303 113.960
8  78 吉田寿博/渋谷 勉   Honda Civic       2'07.591     2.599 113.696
9  95 市嶋 ?/袖山誠市   Honda Civic       2'07.706     2.714 113.593
10  54 山内伸弥/瀬在仁志   Honda Civic       2'07.891     2.899 113.429
11 109 小林正吾/榎本広行   Suzuki Cultas     2'11.979     6.987 109.916
12 110 嶋村健太/戎 南子   Suzuki Cultas     2'12.456     7.464 109.520
13 113 奥山高志/羽生 徹   GA2               2'12.661     7.669 109.351
14 102 藤本邦彦/西嶋俊太郎  Honda City        2'12.942     7.950 109.119
15 108 林 孝治郎/渡辺壮喜  Suzuki Cultas     2'13.566     8.574 108.610
16 111 千葉達也/加藤トオル  Suzuki Cultas     2'14.218     9.226 108.082
17  77 前川直典/友森茂利   Honda Civic       2'08.050     3.058 113.288
18  82 甘粕博之/嶺岸和浩      Honda Civic       2'08.784     3.792 112.643
19  73 柴田 昭/松永雅博      Toyota Carolla    2'10.581     5.589 111.092
20 103 香月信二/富島松五郎  Honda City        2'14.916     9.924 107.523
21 114 小幡 弘/佐々木博之    BS34              2'15.649    10.657 106.942
22  67 星野 薫/Victor Rosso  Toyota Toreno     2'09.774   Rosso出走せず
***************************************************************************
(FAXが一部不鮮明で、読み取れないところがありました。ご了承ください)
  提供:トラスグローバル・レーシングチーム
  RIJ-すがやみつる(FMOTOR4 Group Manager SDI00104)

全日本F3000

鈴鹿F3000テスト・午後(2日目)

******************************************************************************
* Series    : '92全日本F3000選手権シリーズ                            *
* Title     : 鈴鹿F3000合同タイヤテスト                                 *
* Course    : 鈴鹿サーキット                      :5.864     (km)            *
* Date      : 92-04-28                                                       *
* Weather   : 晴                                                             *
* Condition : ドライ                                                         *
* Class     : FIA/JAF F3000 (SANCTIONED)                                     *
*           : Free Practice   Session-4                                      *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 11   E・アーヴィン        DL LOLA T92  MUGEN    01'45.660  199.796   0'00.000
2 10   V・ヴァイドラー     BS LOLA T92  MUGEN    01'46.020  199.117   0'00.360
3 25   R・チーヴァー        BS REY. 92D  MUGEN    01'46.200  198.780   0'00.540
4 37   M・サロ            YH REY. 92D  MUGEN    01'46.200  198.780   0'00.540
5 19T  星野 一義      BS LOLA T92  MUGEN    01'46.220  198.742   0'00.560
6 90   M・アピチェッラ       DL DOM.F103  MUGEN    01'46.690  197.867   0'01.030
7 3    黒沢 琢弥      BS DOM.F103  DFV      01'46.950  197.386   0'01.290
8 61   T・ダニエルソン       DL REY. 92D  DFV      01'46.980  197.330   0'01.320
9 6    和田  久      DL LOLA T92  MUGEN    01'47.050  197.201   0'01.390
10 5    J・クロスノフ         DL LOLA T92  MUGEN    01'47.090  197.128   0'01.430
11 21   R・ラッツェンバーガー   BS LOLA T92  MUGEN    01'47.170  196.980   0'01.510
12 16   関谷 正徳      BS REY. 92D  JUDD     01'47.230  196.870   0'01.570
13 9    M・マルティニ     BS LOLA T92  MUGEN    01'47.300  196.742   0'01.640
14 17   古谷 直広      YH LOLA T92  MUGEN    01'47.400  196.559   0'01.740
15 26   和田 孝夫      BS RAL.RT24  MUGEN    01'47.420  196.522   0'01.760
16 98   服部 尚貴      BS REY. 92D  MUGEN    01'47.520  196.339   0'01.860
17 7    高橋 国光      YH LOLA T92  MUGEN    01'47.630  196.139   0'01.970
18 77   鈴木 利男      YH LOLA T92  DFV      01'47.910  195.630   0'02.250
19 8    松本 恵二      DL DOM.F103  MUGEN    01'47.920  195.612   0'02.260
20 99   中谷 明彦      BS REY. 92D  MUGEN    01'48.140  195.214   0'02.480
21 62   田中  実      DL LOLA T92  DFV      01'48.390  194.763   0'02.730
22 15   藤永 敬道   BS RAL.RT24  MUGEN    01'48.430  194.692   0'02.770
23 2    R・リデル          DL LOLA T92  MUGEN    01'48.520  194.530   0'02.860
24 27   舘  善泰      DL LOLA T92  MUGEN    01'48.920  193.816   0'03.260
25 12   中野 信治      BS RAL.RT24  MUGEN    01'50.320  191.356   0'04.660
26 2T   J・ヴィルニューヴ     DL LOLA T92  MUGEN    01'50.700  190.699   0'05.040
27 28   P・カルカッシ         DL REY. 92D  MUGEN    02'03.240  171.295   0'17.580
28 20   影山 正彦      BS REY. 92D  MUGEN    計測できず
******************************************************************************
*                                  HAGIWARA RACING/ODAWARA                   *

Japanese F3

TOM'S富士占有テスト

******************************************************************************
* Series    : '92年全日本F3選手権シリーズ                                *
* Title     : TOM'S占有テスト                                            *
* Course    : FUJI INTERNATIONAL SPEEDWAY         :4.470     (km)            *
* Date      : 92-04-27                                                       *
* Weather   : 晴                                                             *
* Condition : ドライ                                                         *
* Class     : JAF F3                                                         *
*           : Free Practice   Session-1                                      *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 3    A・リード             RALT RT35 MF204    01'30.270  178.265   0'00.000
2 44   E・ヴィスコ            DALL. 392 MF204    01'30.650  177.518   0'00.380
3 10   伊藤 直澄         RALT RT35 MF204    01'30.670  177.479   0'00.400
4 4    井上 隆智穂       DALL. 392 MF204    01'30.710  177.401   0'00.440
5 7    V・ロッソ            TOM'S 032 3S-G     01'30.810  177.205   0'00.540
6 70   D・ヒギンズ           RALT RT35 MF204    01'30.830  177.166   0'00.560
7 19   高村 一明         RALT RT35 MF204    01'30.840  177.147   0'00.570
8 30   近藤 真彦         RALT RT35 MF204    01'31.050  176.738   0'00.780
9 43   岡本 幸夫         RALT RT35 MF204    01'31.060  176.719   0'00.790
10 90   檜井 保孝         RALT RT35 MF204    01'31.060  176.719   0'00.790
11 36   藤村 満男         DALL. 392 MF204    01'31.200  176.447   0'00.930
12 34   奥貫  直         RALT RT35 MF204    01'31.290  176.273   0'01.020
13 8    J・ヴィルニューヴ        TOM'S 032 3S-G     01'31.370  176.119   0'01.100
14 11   本山    哲         RALT RT35 MF204    01'31.700  175.485   0'01.430
15 84   戸田 哲史         RALT RT35 MF204    01'31.720  175.447   0'01.450
16 17   夏川 竜一         RALT RT35 MF204    01'31.780  175.332   0'01.510
17 31   青木 博之         RALT RT35 MF204    01'31.860  175.180   0'01.590
18 32   山路 慎一         RALT RT36 MF204    01'31.900  175.103   0'01.630
19 58   金海 辰彦         DALL. 391 MF204    01'32.270  174.401   0'02.000
20 23   H・ベイリー            REYN. 923 MF204    01'32.400  174.156   0'02.130
21 20   J・ウェストウッド         VANDI.F92 MF204    01'32.610  173.761   0'02.340
22 37   小幡  栄         DALL. 392 MF204    01'32.690  173.611   0'02.420
23 21   渋谷  勉         VANDI.F92 MF204    01'33.040  172.958   0'02.770
24 73   川本  篤     RALT RT35 MF204    01'33.820  171.520   0'03.550
25 71   E・シェリ              REYN. 923 MF204    01'34.120  170.973   0'03.850
26 35   斎藤  薫         RALT RT36 MF204    01'34.260  170.719   0'03.990
27 53   大山 浩成         RALT RT35 3S-G     01'34.450  170.376   0'04.180
------------------------------------------------------------------------------
・ 表記のタイムは東名スポーツの計測による。                                   ・
******************************************************************************
*                                  HAGIWARA RACING/ODAWARA                   *

全日本F3000

鈴鹿F3000テスト・午前(2日目)

******************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権シリーズ                                 *
* Title     : 鈴鹿F3000合同タイヤテスト                                 *
* Course    : 鈴鹿サーキット                      :5.864     (km)            *
* Date      : 92-04-28                                                       *
* Weather   : 晴                                                             *
* Condition : ドライ                                                         *
* Class     : FIA/JAF F3000 (SANCTIONED)                                     *
*           : Free Practice   Session-3                                      *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 28   P.カルカッシ     DL REY. 92D  MUGEN    01'47.760  195.902   0'00.000
2 6    和田  久   DL LOLA T92  MUGEN    01'48.130  195.232   0'00.370
3 191  星野 一義      BS LOLA T92  MUGEN    01'48.520  194.530   0'00.760
4 37   M.サロ            YH REY. 92D  MUGEN    01'48.590  194.405   0'00.830
5 61   T.ダニエルソン       DL REY. 92D  DFV      01'48.620  194.351   0'00.860
6 9    M.マルティニ         BS LOLA T92  MUGEN    01'48.790  194.047   0'01.030
7 27   T.クリステンセン       DL LOLA T92  MUGEN    01'48.830  193.976   0'01.070
8 11   E.アービン         DL LOLA T92  MUGEN    01'49.220  193.283   0'01.460
9 21   R.ラッツェンバーガー   BS LOLA T92  MUGEN    01'49.300  193.142   0'01.540
10 77   鈴木 利男      YH LOLA T92  DFV      01'49.450  192.877   0'01.690
11 17   古谷 直広      YH LOLA T92  MUGEN    01'49.470  192.842   0'01.710
12 7    高橋 国光      YH LOLA T92  MUGEN    01'49.470  192.842   0'01.710
13 10   V.バイドラー       BS LOLA T92  MUGEN    01'49.590  192.631   0'01.830
14 25   R.チーバー      BS REY. 92D  MUGEN    01'49.620  192.578   0'01.860
15 98   服部 尚貴      BS REY. 92D  MUGEN    01'49.670  192.490   0'01.910
16 8    松本 恵二      DL DOM.F103  MUGEN    01'50.040  191.843   0'02.280
17 16   関谷 正徳      BS REY. 92D  JUDD     01'50.300  191.391   0'02.540
18 3    黒沢 琢弥      BS DOM.F103  DFV      01'50.340  191.321   0'02.580
19 5    J.クロスノフ         DL LOLA T92  MUGEN    01'50.410  191.200   0'02.650
20 2    R.リデル     BS LOLA T92  MUGEN    01'50.530  190.992   0'02.770
21 90   M.アピチェラ        DL DOM.F103  MUGEN    01'50.650  190.785   0'02.890
22 62   田中  実     DL LOLA T92  DFV      01'50.710  190.682   0'02.950
23 26   和田 孝夫   BS RAL.RT24J MUGEN    01'50.750  190.613   0'02.990
24 99   中谷 明彦      BS REY. 92D  MUGEN    01'51.400  189.501   0'03.640
25 12   中野 信治   BS RAL.RT24J MUGEN    01'51.880  188.688   0'04.120
26 15   藤永 敬道      BS RAL.RT24J MUGEN    01'51.970  188.536   0'04.210
27 271  J.ヴィルニューヴ     DL LOLA T92  MUGEN    01'53.360  186.224   0'05.600
28 20   影山 正彦   BS LOLA T92  MUGEN    01'54.070  185.065   0'06.310
******************************************************************************
*                                  HAGIWARA RACING/ODAWARA                   *

グループA

JTC:オートポリス 正式結果

全日本ツーリングカー選手権 in AUTOPOLIS -RIJ-(1992-04-25) Official Results
For All Japan Touring Car Championship Rd.2 オートポリス:(4.674km)
P No. Class Driver(s)------------ Car---------------- Lap GoalTime--- -km/h--
1 55  D1-1 オロフソン/木下 隆之 Nissan Skyline GT-R  65 2:09'02.013 141.270
2 22  D1-2 清水和夫/クリステンセン Niss.Skyline GT-R  65 2:10'07.145
3 12  D1-3 星野  一義/影山 正彦 Nissan Skyline GT-R  65 2:10'35.792
4 29  D2-1 茂木 和男/小幡 栄   BMW M-3             63     - 2Laps
5 35  D2-2 ラッツェンバーガ/スコット BMW M-3         63     - 2Laps
6 26  D2-3 水野 文則/川本 篤   BMW M-3             63     - 2Laps
7  1  D1-4 長谷見昌弘/福山英明   Nissan Skyline GT-R  62     - 3Laps
8 72  D2-4 牧口規雄/米田哲也/堀米トオル BMW M-3      62     - 3Laps
9 24  D2-5 竹内 浩典/武藤 文雄 BMW M-3              62     - 3Laps
10 25  D3-1 鈴木 恵一/新田 守男 Toyota Callora       62     - 3Laps
11 11  D3-2 横島 久/和田 久    Toyota Callora       61     - 4Laps
12100  D3-3 中子 修/岡田 秀樹   Honda Civic SiR     61     - 4Laps
13 14  D3-4 服部 尚貴/金石 勝智 Honda Civic SiR     60     - 5Laps
14 37  D3-5 星野 薫/ロッソ       Toyota Callora      60     - 5Laps
15 90  D3-6 三好 正己/田久保浩二 Honda Civic SiR      59     - 6Laps
16 21  D2-6 松田秀士/一ツ山幹雄・康 BMW M-3          58     - 7Laps
17 33  D3-7 村松 康生/佐藤 久美 Honda Civic SiR     52     -13Laps
----------------------------- D N F ------------------------------------------
2  D1   高橋  国光/土屋  圭市 Nissan Skyline GT-R  61     - 4Laps
19  D3   河合博之/駒 光武   Toyota Callora     50     -15Laps
61  D2   中川 隆正/田島 栄一 BMW M-3             38     -27Laps
62  D2   K.ウォン/C.カーン BMW M-3              26     -39Laps
8  D1   見崎  清志/長坂 尚樹 Nissan Skyline GT-R  20     -45Laps
36  D3   関谷 正徳/ラファネル Toyota Callora      10     -55Laps
32  D3   原 貴彦/影山 正美   Honda Civic SiR      3     -62Laps
******************************************************************************
※ Fastest Laptime : #12 (星野一義) 1'55.773 145.340 km/h  Lap 53/65
            提供:オートポリス  協力:FMOTOR2
            * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (PBA00065)/RIJ *

全日本F3000

鈴鹿F3000テスト・午後

******************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権シリーズ                                 *
* Title     : 鈴鹿F3000合同タイヤテスト                                 *
* Course    : 鈴鹿サーキット                      :5.864     (km)            *
* Date      : 92-04-27                                                       *
* Weather   : 晴                                                             *
* Condition : ドライ                                                         *
* Class     : FIA/JAF F3000 (SANCTIONED)                                     *
*           : Free Practice   Session-2                                      *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 11   E.アービン         DL LOLA T92  MUGEN    01'47.490  196.394   0'00.000
2 28   P.カルカッシ     DL REY. 92D  MUGEN    01'47.980  195.503   0'00.490
3 77   鈴木 利男      YH LOLA T92  DFV      01'48.510  194.548   0'01.020
4 5    J.クロスノフ         DL LOLA T92  MUGEN    01'48.770  194.083   0'01.280
5 17   古谷 直広      YH LOLA T92  MUGEN    01'48.930  193.798   0'01.440
6 25   R.チーバー      BS REY. 92D  MUGEN    01'48.950  193.762   0'01.460
7 9    M.マルティニ         BS LOLA T92  MUGEN    01'49.180  193.354   0'01.690
8 3    黒沢 琢弥      BS DOM.F103  DFV      01'49.200  193.319   0'01.710
9 21   R.ラッツェンバーガー   BS LOLA T92  MUGEN    01'49.250  193.230   0'01.760
10 61   T.ダニエルソン       DL REY. 92D  DFV      01'49.550  192.701   0'02.060
11 25   R.チーバー      BS REY. 92D  MUGEN    01'49.550  192.701   0'02.060
12 99   中谷 明彦      BS REY. 92D  MUGEN    01'49.750  192.350   0'02.260
13 90   M.アピチェラ        DL DOM.F103  MUGEN    01'49.860  192.157   0'02.370
14 7    高橋 国光      YH LOLA T92  MUGEN    01'49.870  192.140   0'02.380
15 27   T.クリステンセン       DL LOLA T92  MUGEN    01'49.890  192.105   0'02.400
16 37   M.サロ            YH REY. 92D  MUGEN    01'50.090  191.756   0'02.600
17 2    R.リデル     BS LOLA T92  MUGEN    01'50.230  191.512   0'02.740
18 16   関谷 正徳      BS REY. 92D  JUDD     01'50.470  191.096   0'02.980
19 62   田中  実     DL LOLA T92  DFV      01'50.480  191.079   0'02.990
20 191  星野 一義      BS LOLA T92  MUGEN    01'50.540  190.975   0'03.050
21 98   服部 尚貴      BS REY. 92D  MUGEN    01'50.650  190.785   0'03.160
22 12   中野 信治   BS RAL.RT24J MUGEN    01'50.730  190.648   0'03.240
23 6    和田  久   DL LOLA T92  MUGEN    01'50.850  190.441   0'03.360
24 8    松本 恵二      DL DOM.F103  MUGEN    01'51.180  189.876   0'03.690
25 20   影山 正彦   BS LOLA T92  MUGEN    01'55.030  183.521   0'07.540
26 15   藤永 敬道      BS RAL.RT24J MUGEN    01'55.620  182.584   0'08.130
------------------------------------------------------------------------------
・ ゼッケン27は舘善泰に代わってT.クリステンセンがドライブ。                             ・
・ ゼッケン20はA-G.スコットに代わって影山正彦がドライブ。                            ・
******************************************************************************
*                                  HAGIWARA RACING/ODAWARA                   *

全日本F3000

鈴鹿F3000テスト・午前

******************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権シリーズ                                 *
* Title     : 鈴鹿F3000合同タイヤテスト                                 *
* Course    : 鈴鹿サーキット                      :5.864     (km)            *
* Date      : 92-04-27                                                       *
* Weather   : 晴                                                             *
* Condition : ドライ                                                         *
* Class     : FIA/JAF F3000 (SANCTIONED)                                     *
*           : Free Practice   Session-1                                      *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 37   M.サロ            YH REY. 92D  MUGEN    01'48.070  195.340   0'00.000
2 11   E.アービン         DL LOLA T92  MUGEN    01'48.900  193.851   0'00.830
3 7    高橋 国光      YH LOLA T92  MUGEN    01'49.330  193.089   0'01.260
4 28   P.カルカッシ     DL REY. 92D  MUGEN    01'49.630  192.560   0'01.560
5 21   R.ラッツェンバーガー   BS LOLA T92  MUGEN    01'50.150  191.651   0'02.080
6 98   服部 尚貴      BS REY. 92D  MUGEN    01'50.210  191.547   0'02.140
7 26   和田 孝夫   BS RAL.RT24J MUGEN    01'50.420  191.183   0'02.350
8 25   R.チーバー      BS REY. 92D  MUGEN    01'50.640  190.803   0'02.570
9 77   鈴木 利男      YH LOLA T92  DFV      01'50.710  190.682   0'02.640
10 61   T.ダニエルソン       DL REY. 92D  DFV      01'50.730  190.648   0'02.660
11 9    M.マルティニ         BS LOLA T92  MUGEN    01'50.870  190.407   0'02.800
12 16   関谷 正徳      BS REY. 92D  JUDD     01'51.120  189.978   0'03.050
13 15   藤永 敬道      BS RAL.RT24J MUGEN    01'51.590  189.178   0'03.520
14 12   中野 信治   BS RAL.RT24J MUGEN    01'51.750  188.907   0'03.680
15 2    R.リデル     BS LOLA T92  MUGEN    01'51.900  188.654   0'03.830
16 3    黒沢 琢弥      BS DOM.F103  DFV      01'52.110  188.301   0'04.040
17 6    和田  久   DL LOLA T92  MUGEN    01'52.130  188.267   0'04.060
18 62   田中  実     DL LOLA T92  DFV      01'52.260  188.049   0'04.190
19 90   M.アピチェラ        DL DOM.F103  MUGEN    01'52.400  187.815   0'04.330
20 99   中谷 明彦      BS REY. 92D  MUGEN    01'52.520  187.615   0'04.450
21 8    松本 恵二      DL DOM.F103  MUGEN    01'52.670  187.365   0'04.600
22 27   T.クリステンセン       DL LOLA T92  MUGEN    01'52.860  187.049   0'04.790
23 191  星野 一義      BS LOLA T92  MUGEN    02'01.380  173.920   0'13.310
24 190  星野 一義      BS REY. 92D  MUGEN    02'12.470  159.360   0'24.400
******************************************************************************
*                                  HAGIWARA RACING/ODAWARA                   *

グループA

JTC:オートポリス 暫定結果

全日本ツーリングカー選手権 in AUTOPOLIS -RIJ-(1992-04-25) Provisional Results
For All Japan Touring Car Championship Rd.2 オートポリス:(4.674km)
P No.Driver(s)------------- Car---------------- Lap GoalTime--- -km/h--
1 55 オロフソン/木下 隆之 Nissan Skyline GT-R  65 2:09'02.013 141.270
2 22 清水和夫/クリステンセン Niss.Skyline GT-R  65
3 12 星野  一義/影山 正彦 Nissan Skyline GT-R  65
4 29 茂木 和男/小幡 栄   BMW M-3             63     - 2Laps
5 35 ラッツェンバーガ/スコット BMW M-3         63     - 2Laps
6 26 水野 文則/川本 篤   BMW M-3             63     - 2Laps
7  1 長谷見昌弘/福山英朗   Nissan Skyline GT-R  62     - 3Laps
8 72 牧口規雄/米田哲也/堀米トオル BMW M-3      62     - 3Laps
9 24 竹内 浩典/武藤 文雄 BMW M-3              62     - 3Laps
10 25 鈴木 恵一/新田 守男 Toyota Callora       62     - 3Laps
11 11 横島 久/和田 久    Toyota Callora       61     - 4Laps
12100 中子 修/岡田 秀樹   Honda Civic SiR     61     - 4Laps
13 14 服部 尚貴/金石 勝智 Honda Civic SiR     60     - 5Laps
14 37 星野 薫/ロッソ       Toyota Callora      60     - 5Laps
15 90 三好 正己/田久保浩二 Honda Civic SiR      59     - 6Laps
16 21 松田秀士/一ツ山幹雄・康 BMW M-3          58     - 7Laps
17 33 村松 康生/佐藤 久美 Honda Civic SiR     52     -13Laps
----------------------------- D N F ------------------------------
2 高橋  国光/土屋  圭市 Nissan Skyline GT-R  61     - 4Laps
19 河合博之/駒 光武   Toyota Callora     50     -15Laps
61 中川 隆正/田島 栄一 BMW M-3             38     -27Laps
62 K.ウォン/C.カーン BMW M-3              26     -39Laps
8 見崎  清志/長坂 尚樹 Nissan Skyline GT-R  20     -45Laps
36 関谷 正徳/ラファネル Toyota Callora      10     -55Laps
32 原 貴彦/影山 正美   Honda Civic SiR      3     -62Laps
************************************************************************
            提供:オートポリス  協力:FMOTOR2
            * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (PBA00065)/RIJ *

グループA

JTC:オートポリス決勝前ウォームアップ結果

全日本ツーリングカー選手権 -RIJ-(92-04-26) ウォームアップ
For 全日本ツーリングカー選手権 in オートポリス:(4.674km)
P No. Rider------------------------------------- Best-LapT ---Behind -km/h--
1   1 長谷見昌弘/福山英朗   Nissan Skyline GT-R R1'55.983           145.076
2  12 星野  一義/影山 正彦 Nissan Skyline GT-R R1'55.991     0.008 145.066
3  22 清水和夫/クリステンセン Niss.Skyline GT-R  1'56.366     0.383 144.599
4   2 高橋  国光/土屋  圭市 Nissan Skyline GT-R  1'56.797     0.814 144.065
5  55 オロフソン/木下 隆之 Nissan Skyline GT-R  1'56.929     0.946 143.903
6   8 見崎  清志/長坂 尚樹 Nissan Skyline GT-R  1'58.318     2.335 142.213
7  35 ラッツェンバーガ/スコット BMW M-3         2'01.511     5.528 138.476
8  21 松田秀士/一ツ山幹雄・康 BMW M-3          2'01.855     5.872 138.085
9  61 中川 隆正/田島 栄一 BMW M-3             2'02.107     6.124 137.800
10  26 水野 文則/川本 篤   BMW M-3             2'02.344     6.361 137.534
11  24 竹内 浩典/武藤 文雄 BMW M-3              2'02.805     6.822 137.017
12  72 牧口規雄/米田哲也/堀米トオル BMW M-3      2'03.449     7.466 136.302
13  36 関谷 正徳/ラファネル Toyota Callora      2'03.636     7.653 136.096
14  25 鈴木 恵一/新田 守男 Toyota Callora       2'04.020     8.037 135.675
15  33 村松 康生/佐藤 久美 Honda Civic SiR     2'04.175     8.192 135.506
16  37 星野 薫/ロッソ       Toyota Callora      2'04.308     8.325 135.361
17 100 中子 修/岡田 秀樹   Honda Civic SiR      2'05.031     9.048 134.578
18  11 横島 久/和田 久    Toyota Callora       2'05.108     9.125 134.495
19  32 原 貴彦/影山 正美   Honda Civic SiR     2'05.151     9.168 134.449
20  19 河合博之/駒 光武   Toyota Callora     2'05.566     9.583 134.004
21  14 服部 尚貴/金石 勝智 Honda Civic SiR     2'05.611     9.628 133.956
22  62 K.ウォン/C.カーン BMW M-3              2'06.189    10.206 133.343
23  29 茂木 和男/小幡 栄   BMW M-3             2'08.039    12.056 131.416
24  90 三好 正己/田久保浩二 Honda Civic SiR      2'08.161    12.178 131.291
*****************************************************************************
            提供:オートポリス  協力:FMOTOR2
            RIJ-すがやみつる(FMOTOR4 Group Manager SDI00104)

グループA

RE:JTC:オートポリス 予選ニュース

 予選ニュース中、ディビジョン3のトップは、中子/岡田組となっていますが、
関谷/ラファネル組と思われます。
                * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (PBA00065) *

グループA

JTC:オートポリス スターティンググリッド

全日本ツーリングカー選手権 in AUTOPOLIS -RIJ-(1992-04-25) Starting Grid
For All Japan Touring Car Championship Rd.2 オートポリス:(4.674km)
P No. Driver(s)------------- Car---------------- Best-LapT -Behind -km/h--
1  55 オロフソン/木下 隆之 Nissan Skyline GT-R R1'53.658        148.044
2   1 長谷見昌弘/福山英明   Nissan Skyline GT-R R1'53.855  0.197 147.788
3  12 星野  一義/影山 正彦 Nissan Skyline GT-R R1'54.173  0.515 147.376
4  22 清水和夫/クリステンセン Niss.Skyline GT-R R1'56.039  2.381 145.006
5   2 高橋  国光/土屋  圭市 Nissan Skyline GT-R R1'56.146  2.488 144.873
6   8 見崎  清志/長坂 尚樹 Nissan Skyline GT-R  1'57.642  3.984 143.031
7  35 ラッツェンバーガ/スコット BMW M-3         2'00.370  6.712 139.789
8  29 茂木 和男/小幡 栄   BMW M-3             2'00.413  6.755 139.739
9  21 松田秀士/一ツ山幹雄・康 BMW M-3          2'00.423  6.765 139.727
10  61 中川 隆正/田島 栄一 BMW M-3             2'01.079  7.421 138.970
11  72 牧口規雄/米田哲也/堀米トオル BMW M-3      2'01.399  7.741 138.604
12  26 水野 文則/川本 篤   BMW M-3             2'01.876  8.218 138.062
13  24 竹内 浩典/武藤 文雄 BMW M-3              2'02.380  8.722 137.493
14  36 関谷 正徳/ラファネル Toyota Callora      2'02.533  8.875 137.321
15 100 中子 修/岡田 秀樹   Honda Civic SiR     2'02.737  9.079 137.093
16  25 鈴木 恵一/新田 守男 Toyota Callora       2'03.078  9.420 136.713
17  37 星野 薫/ロッソ       Toyota Callora      2'03.827 10.169 135.886
18  11 横島 久/和田 久    Toyota Callora       2'03.830 10.172 135.883
19  32 原 貴彦/影山 正美   Honda Civic SiR     2'03.943 10.285 135.759
20  33 村松 康生/佐藤 久美 Honda Civic SiR     2'04.117 10.459 135.569
21  19 河合博之/駒 光武   Toyota Callora     2'04.666 11.008 134.972
22  14 服部 尚貴/金石 勝智 Honda Civic SiR     2'05.023 11.365 134.586
23  62 K.ウォン/C.カーン BMW M-3              2'05.266 11.608 134.325
24  90 三好 正己/田久保浩二 Honda Civic SiR      2'07.153 13.495 132.332
**************************************************************************
※ 予選通過基準タイム(総 合   130%) 2'28.064
(クラス D-1 110%) 2'05.285
           (クラス D-2 110%) 2'12.442
(クラス D-3 110%) 2'15.061
            提供:オートポリス  協力:FMOTOR2
            * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (PBA00065)/RIJ *

グループA

JTC:オートポリス 予選ニュース

  《全日本ツーリングカー選手権 in オートポリス》
  共石スカイラインGT-R、
  -------------
      終了間際のアタックで見事ポールポジション!
      ---------------------
☆ 公式予選ニュース
  4月25日:予選  天候:快晴  路面:ドライ
  全日本ツーリングカー選手権(グループA)シリーズ第2戦の予選が、25日、
 オートポリス・サーキットで行われ、ディビジョン1のオロフソン/木下組(共石
 スカイラインGT-R)が1分53秒 658のレコードタイムでポールポジションを
 獲得。 また同2では、ラッツェンバーガー/ローランド組、同3では中子/岡田
 組がそれぞれトップタイムをマークした。
  前日は深い霧のため、予定されていたフリー走行が中止。
 しかし、一夜あけた土曜日はきれいに晴れ渡り、絶好のコンディション。
 阿蘇の大自然のなかで熱戦の火ぶたをきった。
  来春のF1開催が内定したことも手伝ってか、ファンの出足は昨年以上に早く、
 午前8時の開門時には徹夜組も含め、 150台のクルマが正面ゲートに集結。
 まだ予選というのに、9300人の熱心なファンが観戦に訪れた。
  そのせいか、午前のフリー走行からいきなりコースレコードが更新された。
 これまでのレコードは、昨年星野/鈴木組のカルソニック・スカイラインが記録し
 た1分56秒 273。
  それをオロフソン/木下組が1分54秒 025、そして星野/影山組が1分54秒637、
 長谷見/福山組が1分56秒 201と、3組があっさりレコードを更新した。
  注目の予選第1セッションでは、開幕戦・TIサーキットを制した長谷見/福山
 組が1分53秒 946という驚異のタイムを記録。
 オロフソン/木下組がこれに続き1分55秒 310、期待された星野/影山組は5位と
 大きく出遅れた。
  「午後は気温が上がる。勝負は午前のセッション」と読んだ長谷見は午前の予選
 に全力を投入、一気に勝負に出た。
 逆に星野は早朝からもう一つタイムが伸びず、午後のセッションに賭けたものの、
 予想以上に気温が上がり、1分54秒 173の3位まで詰めるのがやっと。
  結局、午後の予選第2セッション終了わずか4分前にオロフソンが1分53秒658
 のレコードタイムをたたきだし、大逆転!
 長谷見は直後に最後のアタックを試みたが、0.197届かず、2位スタートとなった。
  「去年までは、長谷見さんと同じチームで走っていた。
 でも、新しいチームに移り、そこで初めてポールポジションを取れたのは、とても
 うれしいし、価値があることだ。
  クルマのセット、タイヤと全てがうまくかみ合っている。
 決勝戦は長谷見さん、星野さんら3,4台の激しいレースになると思う。
 じっくりと行くつもりだ。」と、A.オロフソン選手。
  またチーム監督の佐々木誠雄さんは、
 「このコースは去年も勝っているように、オロフソンに合っている。
  コーナリングが速い。 とても楽しみだ」と、語っている。
            提供:オートポリス  協力:FMOTOR2
            * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (PBA00065)/RIJ *

グループA

JTC:オートポリス 予選2回目結果

全日本ツーリングカー選手権 in AUTOPOLIS -RIJ-(1992-04-25) Official Practice N.2
For All Japan Touring Car Championship Rd.2 オートポリス:(4.674km)
P No. Driver(s)------------- Car---------------- Best-LapT -Behind -km/h--
1  55 オロフソン/木下 隆之 Nissan Skyline GT-R R1'53.658         148.044
2   1 長谷見昌弘/福山英明   Nissan Skyline GT-R R1'53.855   0.197 147.788
3  12 星野  一義/影山 正彦 Nissan Skyline GT-R R1'54.173   0.515 147.376
4   2 高橋  国光/土屋  圭市 Nissan Skyline GT-R R1'56.172   2.514 144.840
5  22 清水和夫/クリステンセン Niss.Skyline GT-R  1'56.782   3.124 144.084
6  35 ラッツェンバーガ/スコット BMW M-3         2'00.370   6.712 139.789
7  21 松田秀士/一ツ山幹雄・康 BMW M-3          2'00.423   6.765 139.727
8  61 中川 隆正/田島 栄一 BMW M-3             2'01.079   7.421 138.970
9  29 茂木 和男/小幡 栄   BMW M-3             2'01.236   7.578 138.790
10  72 牧口規雄/米田哲也/堀米トオル BMW M-3      2'01.399   7.741 138.604
11  24 竹内 浩典/武藤 文雄 BMW M-3              2'02.380   8.722 137.493
12  26 水野 文則/川本 篤   BMW M-3             2'02.563   8.905 137.288
13 100 中子 修/岡田 秀樹   Honda Civic SiR     2'02.737   9.079 137.093
14  36 関谷 正徳/ラファネル Toyota Callora      2'04.220  10.562 135.456
15  33 村松 康生/佐藤 久美 Honda Civic SiR     2'04.336  10.678 135.330
16  19 河合博之/駒 光武   Toyota Callora     2'04.666  11.008 134.972
17  11 横島 久/和田 久    Toyota Callora       2'04.776  11.118 134.853
18  32 原 貴彦/影山 正美   Honda Civic SiR     2'04.807  11.149 134.819
19  25 鈴木 恵一/新田 守男 Toyota Callora       2'04.878  11.220 134.743
20  37 星野 薫/ロッソ       Toyota Callora      2'04.987  11.329 134.625
21  62 K.ウォン/C.カーン BMW M-3              2'05.266  11.608 134.325
22  14 服部 尚貴/金石 勝智 Honda Civic SiR     2'05.399  11.741 134.183
23  90 三好 正己/田久保浩二 Honda Civic SiR      2'08.817  15.159 130.623
8 見崎  清志/長坂 尚樹 Nissan Skyline GT-R  --------
***************************************************************************
※ これまでのコースレコードは1分56秒273
※ #8は、全日本ツーリングカー選手権統一規則第32条d)違反により、2回目の
  タイムは無効 (ピット地域における後退ギヤの使用)
            提供:オートポリス  協力:FMOTOR2
            * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (PBA00065)/RIJ *

グループA

JTC:オートポリス 予選1回目結果

全日本ツーリングカー選手権 in AUTOPOLIS -RIJ-(1992-04-25) Official Practice N.1
For All Japan Touring Car Championship Rd.2 オートポリス:(4.674km)
P No. Driver(s)------------- Car---------------- Best-LapT -Behind -km/h--
1   1 長谷見昌弘/福山英明   Nissan Skyline GT-R R1'53.946         147.670
2  55 オロフソン/木下 隆之 Nissan Skyline GT-R R1'55.310   1.364 145.923
3  22 清水和夫/クリステンセン Niss.Skyline GT-R R1'56.039   2.093 145.006
4   2 高橋  国光/土屋  圭市 Nissan Skyline GT-R R1'56.146   2.200 144.873
5  12 星野  一義/影山 正彦 Nissan Skyline GT-R  1'56.326   2.380 144.649
6   8 見崎  清志/長坂 尚樹 Nissan Skyline GT-R  1'57.642   3.696 143.031
7  29 茂木 和男/小幡 栄   BMW M-3             2'00.413   6.467 139.739
8  21 松田秀士/一ツ山幹雄・康 BMW M-3          2'00.536   6.590 139.596
9  35 ラッツェンバーガ/スコット BMW M-3         2'00.910   6.964 139.165
10  61 中川 隆正/田島 栄一 BMW M-3             2'01.410   7.464 138.592
11  26 水野 文則/川本 篤   BMW M-3             2'01.876   7.930 138.062
12  36 関谷 正徳/ラファネル Toyota Callora      2'02.533   8.587 137.321
13  24 竹内 浩典/武藤 文雄 BMW M-3              2'02.672   8.726 137.166
14  25 鈴木 恵一/新田 守男 Toyota Callora       2'03.078   9.132 136.713
15  72 牧口規雄/米田哲也/堀米トオル BMW M-3      2'03.410   9.464 136.346
16  37 星野 薫/ロッソ       Toyota Callora      2'03.827   9.881 135.886
17  11 横島 久/和田 久    Toyota Callora       2'03.830   9.884 135.883
18  32 原 貴彦/影山 正美   Honda Civic SiR     2'03.943   9.997 135.759
19  33 村松 康生/佐藤 久美 Honda Civic SiR     2'04.117  10.171 135.569
20  19 河合博之/駒 光武   Toyota Callora     2'04.738  10.792 134.894
21  14 服部 尚貴/金石 勝智 Honda Civic SiR     2'05.023  11.077 134.586
22  62 K.ウォン/C.カーン BMW M-3              2'07.070  13.124 132.418
23  90 三好 正己/田久保浩二 Honda Civic SiR      2'07.153  13.207 132.332
100 中子 修/岡田 秀樹   Honda Civic SiR     出走せず
***************************************************************************
※ これまでのコースレコードは1分56秒273
            提供:オートポリス  協力:FMOTOR2
            * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (PBA00065)/RIJ *

JSPC

JSPC-Rd1:鈴鹿500km決勝チャートLIBに登録

 4月19日鈴鹿サーキットで開催されたJSPC第1戦「インターナショナル鈴鹿500kmレー
ス」の「ラップチャート」「全車ラップタイムチャート」をライブラリー3番「国内
モータースポーツ」に登録しました。
 ファイルは次の2つです。テキスト形式ですので、ワープロでも読み込みができま
す。
 メディアの方、エンスージアストの方にと、鈴鹿サーキットランドから提供された
ものです。お仕事、お楽しみにご活用ください。
 LIB 3
36* SDI00104 92/04/20   17874    0 T '92 JSPC ROUND 1 鈴鹿500kmタイムチャート
35* SDI00104 92/04/20    4765    0 T '92 JSPC ROUND 1 鈴鹿500kmラップチャート
  RIJ-すがやみつる(FMOTOR4 Group Manager SDI00104)

JSPC

JSPC:鈴鹿 500km レース 暫定結果 修正版

鈴鹿 500km レース -RIJR- (1992-04-19) Provisional Results
For All Japan Sports Prototype Car Championship Rd.1 鈴鹿サーキット:(5.8594km)
P No. Driver(s)--------------------------------- Lap GoalTime--- -km/h--
1  24 長谷見昌弘/クロスノフ/影山正彦NISSAN R91CP  86 2:54'33.548 173.206
2  27 バイドラー/マルティニ/金石勝智NISSAN R90CK  86 2:54'40.672 173.088
3  99 フーシェ/アンドスカー         TOYOTA 92C-V  86 2:55'51.842 171.921
4  39 ラッツェンバーガー/エルグ     TOYOTA 92C-V  86 2:56'03.242 171.735
5  36 関谷正徳/ラファネル           TOYOTA 92C-V  86 2:56'06.448 171.683
6  61 岡田秀樹/ダニエルソン         NISSAN 91-CP  84     -  2Laps
7   5 従野孝司/寺田陽次朗           MAZDA MXR 01  82     -  4Laps
8 230 清水正智/白鳥哲次            MAZDA 767B    77     -  9Laps
9   1 星野一義/ 鈴木利男           NISSAN R91CP  69     - 17Laps
*************************************************************************
Fastest Laptime  #1 星野組 NISSAN R91CP  1'51.212 189.82km/h  15/69 Laps
#152で掲載しましたリザルトは、最速ラップタイムをマークしたマシンが、長谷見組
となっていましたが、星野組の誤りです。
お詫びして訂正いたします。
               * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (PBA00065) *

JSPC

JSPC-Rd1:鈴鹿500kmレース優勝者コメント

★インターナショナル鈴鹿500kmレース・優勝者コメント
●長谷見昌弘:
「デイトナ、グループA、鈴鹿500kmと3連勝できて気分は最高。ポールからの
スタートだったが、最初に履いたインターミディエートがマシンと少し合わなく
て、オーバーステア気味だった。18周あたりでドライタイヤに交換したけれど、
これは決まっていて大成功だった。先にドライに換えたチームは、こちらより3
秒早いということなんで、早めのピットインになったんだ。
 影山君は、最後に走行する予定だったけど、予定外のタイヤ交換になったため、
クロスノフが最後まで走ることになった」
●ジェフ・クロスノフ:
「ヘンナガイジンデース! 長谷見さん、影山さん、日産、NISMO、そして
支援してくれた会社の人たち皆さんに感謝したい。日本にきて初の優勝だけど、
日本のレース界で大きな存在である日産チームで勝つことができて本当にうれし
い」
●影山正彦:
「今回、乗るチャンスはなかったが、チームが優勝してうれしい。金網にへばり
ついて見ていた頃から日産のファクトリーチームに憧れていました。日産のユニ
フォームを着ることができて嬉しいし、チームが勝って本当によかった」
 Q:(長谷見に対して)若いふたりにはどんなアドバイスをしましたか?
●長谷見:
「今のJSPCは燃費を気にした走りをしないといけない。ファクトリーは、技
術者がついて、テレメトリーを使いながらの省燃費走行の方法をアドバイスした。
クロスノフと影山は、すでに走りも完成して遜色ない。今年1年、ファクトリー
の走り方を身につけてくれたらと思う」
 Q:(クロスノフに対して)最後でフロムエー・ニッサンが激しい追い上げを
していたが?
●クロスノフ:
「もうミラーを見るのが恐かったよ……というのはウソで、ピットから無線で、
相手のタイムやこちらとのタイム差を教えてもらっていたから不安はなかった¥
 Q:(クロスノフに)ニッサンで勝ったのは、これが初めてではなく、アメリ
カのSCCAトラックレースで勝ったことがあると思うが、最後に勝ったのはい
つか?
●クロスノフ:
「えーと、1988年だと思うよ」
  すがやみつる(SDI00104)/鈴鹿

JSPC

JSPC:鈴鹿 500km レース 結果速報

《鈴鹿 500kmレース》
レース結果速報!  【暫定結果】
1. 24  C1  6 長谷見 昌弘/ジェフ・クロスノフ/影山 正彦  NISSAN R91 CP  86L
2. 27  C1  3 フォルカー・バイドラー/マウロ・マルティニ/金石 勝智  NISSAN R90 CK  86L
3. 99  C1  7 ジョージ・フーシュ/スティーブン・アンドスカー         TOYOTA 92C-V   86L
4. 39  C1  2 ローランド・ラッツェンバ-ガー/エジェ・エルグ        TOYOTA 92C-V   86L
5. 36  C1  4 関谷 正徳/ピエール・アンリ・ラファネル          TOYOTA 92C-V   86L
6. 61  C1  5 岡田 秀樹/トーマス・ダニエルソン             NISSAN 91-CP   84L
7.  5  C   1 従野 孝司/寺田 陽次朗            MAZDA MXR 01   82L
8.230  C1  8 清水 正智/白鳥 哲次             MAZDA 767B     77L
9.  1  C1  1 星野 一義/ 鈴木 利男            NISSAN R91 CP  69L
※ 1位と2位との差は7秒124!
  3位以降は1分以上の差がついた(5位まで)
  ファステスト・ラップタイム:長谷見組 1'51.212  189.82 km/h 15/69Laps
             * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (PBA00065) *

JSPC

JSPC-Rd1:鈴鹿500km決勝レースリポート(2)

 レースは中盤は波乱なし。全車、スピンなどもなく快調に走行を続けた。
 問題になるのは最後の給油のタイミング。まず一足先に#27フロムエー・ニッ
サンが57周を終了したところでピットイン。最後の給油をすませ、ドライバーも
バイドラーに交代。この時点で#24YHPニッサンがトップ、#99トラスト・ト
ヨタが2位。しかし、この2台は、最後の給油がまだ。YHPニッサンは、序盤
でインターメディウムからスリックに交換した後、次の給油は48周終了後。ここ
で給油、そしてドライバーがクロスノフに交代されている。最後の給油を終了し
たときに、#27フロムエー・ニッサンの前に出られるかどうかが最後の勝負のポ
イントとなりそうだ。
 60周目、#39キッズ・トヨタがピットインしようとしてフロントカウルをパイ
ロンにヒット。このカウルの交換作業も行なわれることになった。
 67周を終了し、#24・YHPニッサンが最後の給油に。ドライバーはそのまま
クロスノフ。給油とタイヤ交換をしてピットアウト。YHPニッサンが第1コー
ナーに入ったとき、#27・フロムエー・ニッサンがシケインから立ち上がった。
トップは#99トラスト・トヨタだが、こちらはまだ最後の給油が残っている。
 70周目を終了して#99トラスト・トヨタがピットイン。これでYHPニッサン
がトップ、フロムエー・ニッサンが2位に。そのタイム差は約25秒。クロスノフ
が逃げ、バイドラーが追う。ラップタイムはYHPニッサンの方がわずかに早い。
 76周終了(残り10周)現在の順位:
 1 24 YHPニッサン     76周
 2 27 フロムエー・ニッサン  76  -  24.382
 3 36 エッソ・トヨタ     76
 4 99 トラスト・トヨタ    76
 5 39 キッズ・トヨタ     76
 6 61 コクヨ・ニッサン    75
 7 5 レナウン・マツダ    73
 8 230 トライデント・マツダ  68
 9 1 カルソニック・ニッサン 57
 終盤に入り、燃費の関係からかYHPニッサンのペースが少し落ち始めた。こ
れはピットから指示によるものだろう。
 YHPニッサンは、さらにペースを落とし、86周目、トップでゴールしたとき
は、2位のフロムエー・ニッサンとの差は7.124秒に縮まっていた。
 序盤の19周あたりでタイヤ交換したYHPニッサン。ウェット用インターミデ
ィアムを27周目までもたせたために、コースが乾いてきた後、タイムを落とした
フロムエー・ニッサン。この序盤の判断の差がレースの行方に影響を与えたよう
だ。
 優勝はYHPニッサン、2位にフロムエー・ニッサン、3位にトラスト・トヨ
タとなった。
  すがやみつる(SDI00104)

JSPC

JSPC:鈴鹿 500km レース 途中経過 4

《鈴鹿 500kmレース》
途中経過速報!  400km 経過時点
1. 99  C1  7 ジョージ・フーシュ/スティーブン・アンドスカー         TOYOTA 92C-V   69L
2. 24  C1  6 長谷見 昌弘/ジェフ・クロスノフ/影山 正彦  NISSAN R91 CP  69L
3. 27  C1  3 フォルカー・バイドラー/マウロ・マルティニ/金石 勝智  NISSAN R90 CK  69L
4. 36  C1  4 関谷 正徳/ピエール・アンリ・ラファネル          TOYOTA 92C-V   69L
5. 39  C1  2 ローランド・ラッツェンバ-ガー/エジェ・エルグ        TOYOTA 92C-V   68L
6. 61  C1  5 岡田 秀樹/トーマス・ダニエルソン             NISSAN 91-CP   68L
7.  5  C   1 従野 孝司/寺田 陽次朗            MAZDA MXR 01   66L
8.230  C1  8 清水 正智/白鳥 哲次             MAZDA 767B     61L
9.  1  C1  1 星野 一義/ 鈴木 利男            NISSAN R91 CP  51L
※ 1位と2位との差は12秒!
  1位~4位までも1分以内でしかない
             * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (PBA00065) *

JSPC

JSPC:鈴鹿 500km レース 途中経過 3

《鈴鹿 500kmレース》
途中経過速報!  300km 経過時点
1. 27  C1  3 フォルカー・バイドラー/マウロ・マルティニ/金石 勝智  NISSAN R90 CK  52L
2. 24  C1  6 長谷見 昌弘/ジェフ・クロスノフ/影山 正彦  NISSAN R91 CP  52L
3. 39  C1  2 ローランド・ラッツェンバ-ガー/エジェ・エルグ        TOYOTA 92C-V   52L
4. 99  C1  7 ジョージ・フーシュ/スティーブン・アンドスカー         TOYOTA 92C-V   52L
5. 36  C1  4 関谷 正徳/ピエール・アンリ・ラファネル          TOYOTA 92C-V   51L
6. 61  C1  5 岡田 秀樹/トーマス・ダニエルソン             NISSAN 91-CP   51L
7.  5  C   1 従野 孝司/寺田 陽次朗            MAZDA MXR 01   50L
8.230  C1  8 清水 正智/白鳥 哲次             MAZDA 767B     46L
9.  1  C1  1 星野 一義/ 鈴木 利男            NISSAN R91 CP  34L
※ 1位と2位との差は約1分
  2位~4位までは約10秒の差
             * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (PBA00065) *

JSPC

JSPC:鈴鹿 500km レース 途中経過 2

《鈴鹿 500kmレース》
途中経過速報!  200km 経過時点
1. 99  C1  7 ジョージ・フーシュ/スティーブン・アンドスカー         TOYOTA 92C-V   35L
2. 24  C1  6 長谷見 昌弘/ジェフ・クロスノフ/影山 正彦  NISSAN R91 CP  35L
3. 27  C1  3 フォルカー・バイドラー/マウロ・マルティニ/金石 勝智  NISSAN R90 CK  35L
4. 36  C1  4 関谷 正徳/ピエール・アンリ・ラファネル          TOYOTA 92C-V   35L
5. 61  C1  5 岡田 秀樹/トーマス・ダニエルソン             NISSAN 91-CP   35L
6. 39  C1  2 ローランド・ラッツェンバ-ガー/エジェ・エルグ        TOYOTA 92C-V   34L
7.  5  C   1 従野 孝司/寺田 陽次朗            MAZDA MXR 01   34L
8.230  C1  8 清水 正智/白鳥 哲次             MAZDA 767B     30L
9.  1  C1  1 星野 一義/ 鈴木 利男            NISSAN R91 CP  17L
             * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (PBA00065) *

JSPC

JSPC-Rd1:鈴鹿500km日産決勝レース情報(1)

◇1号車が1周目に痛恨のスピン
 スタートを前にして天候は、期待していたほど回復してくれなかった。雨が落
ちてくることはなくなったが、依然とコースコンディションはウエット。
 タイヤのチョイスがとてもむずかしい状況の中でNISMOチームは、レイン
タイヤの浅溝を2台とも装着。グリッドに着くマシンの中にはドライ用のスリッ
クタイヤに溝を切ったカットスリックタイヤをフィットしていたものもあったが、
結局、1台を除いてすべてが浅溝レインを選択した。
 1周のローリングの後にスタートが切られてレースが開始された。P.Pの24
号車は、トップで1コーナーに突入して1周目をリード。1号車もファインスタ
ートを切って順位をひとつ上げて3位に浮上した。しかし、なおも果敢な走行を
見せた1号車の星野一義選手は1周目のスプーンコーナーを立ち上がった地点で
スピン。リヤからクラッシュ、右リヤサスペンションとウイングを大破してしま
った。低速走行でやっとピットにたどりついてメカニックが修理作業に入り、右
のリヤサスペンションをアッセンブリー交換、ウイング交換、シフトリンケージ
交換などをわずか38分で行った。この時点でトップからは19周遅れとなってしま
ったがドライバーは星野選手のまま戦列に復帰した。
 7周目にフロム・エーR91CKニッサンにパスされて2位で走行していた24号
車は、18周目を終了してピットイン、タイヤ交換と、ガソリン補給を行った。
 このピットインは、予定していたものより早いラップで行われた。コース状況
がドライになってきて、浅溝レインタイヤでは厳しくなったことを判断、スリッ
クタイヤに交換した。
 24号車の1回目のピットイン後も引き続き長谷見選手がステアリングを握った。
○1回目のピットイン作業
24号車  18周終了時  タイヤ交換  レイン>スリック
              ガソリン補給 52.1リッター
 1号車  1周終了時    右リヤサスペンション交換
             リヤウイング交換
             ブレーキローター交換
             シフトリンケージ交換
             リヤカウル交換
  提供:日産自動車広報部
 (このリリースから、ディスクで提供していただけるようになりました)

JSPC

JSPC-Rd1:鈴鹿500km決勝レースリポート(1)

●全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権第1戦
 「インターナショナルSUZUKA 500kmレース」
 4月19日(日)午後1時30分。明け方からの雨は小降りになったものの、コー
スはまだウェット。一部にカットスリックを履いた車もいるが、ほとんどがレイ
ンタイヤを装着。西の空は明るくなっており、雨がやむのも時間の問題。途中で
タイヤ交換に変更するのは必至の状況だ。
 1周のローリングの後、全車一斉にスタート。水しぶきを蹴たてて第1コーナ
ーに突入したマシンの中で、寺田がドライブする#5レナウン・マツダと#61コ
クヨ・ニッサンがスピン。コクヨ・ニッサンはすぐに再スタート。レナウン・マ
ツダはグラベルにつかまるが、オフィシャルに押されてコースに復帰。半周以上
の遅れとなる。
 この1周目、スタートで3位に上がっていた星野の#1カルソニック・ニッサ
ンがスプーン立ち上がりでスピン。ガードレールにリアをヒットしてストップ。
これもオフィシャルに押されてコースに戻るが、リアカウル、ウィング、サスペ
ンションを傷めており、そのままピットへ。サスペンションを交換する長い作業
となり、ここで19周を失うことになった。
 コースがウェットの中、バイドラーの#27フロムエー・ニッサンが速い。1周
目に4位に上がっていたフロムエー・ニッサンは、3周目に#36エッソ・トヨタ
を、4周目には#99トラスト・トヨタを、8周目にはトップの#24YHPニッサ
ンを、いずれも逆バンクでインをついてパス。そのまま2位以下を大きく引き離
して逃げる。
 しかし、20周目前後からは、コースもほぼドライになって、各車のタイムも2
分5秒前後まで上がる。このあたりから、各車、スリックタイヤに交換するため
に、続々とピットイン。19周目、#24カルソニック・ニッサンがタイヤ交換のた
めにピットイン。修理を意終えた#1カルソニック・ニッサンが、ドライバーは
星野のまま再スタート。リアウィングは寝かせられ、直線重視の構え。
 濡れた路面でマージンを稼いだ#27フロムエー・ニッサンだが、他のマシンが
タイヤ交換をすませる間に、さらにマージンを稼ぐ。しかし、セミウェットのタ
イヤではタイムが上がらなくなり、ドライに替えた他のマシンがタイムを縮めて
いく。このフロムエー・ニッサンは27周を走ったところでがピットイン。ドライ
バーはバイドラーからマルティニに。タイヤも交換され、給油も満タンに。1分
34秒のピットストップで再スタート。
 この間にトップに立ったのは#99トラスト・トヨタ。しかしこちらも給油が必
要。この間、すでに燃費のことも気にする必要がなくなった#1カルソニック・
ニッサンの星野一義は、他のマシンが1分58秒台で走行する中、1分54秒台から、
30周目(トップのマシンの周回)には1分52秒572を記録する燃える走りを見せ
ている。
 #99トラスト・トヨタも31周目には給油ストップ。すでにタイヤ交換はすませ
ていたため、給油とドライバー交代のみ。90リッターを給油して再スタート。
 これでほぼ全車が第1回目の給油を終了。
 32周目現在の順位は以下の通り。
 1 99 トラスト・トヨタ       1H08:10.973
 2 24 YHPニッサン                 -   23.153
 3 27 フロムエー・ニッサン           - 1:14.160
 4 36 エッソ・トヨタ                 - 1:19.819
 5 61 コクヨ・ニッサン               - 1:27.099
 6 39 キッズ・トヨタ                 -  1 LAP
 7 5 レナウン・マツダ               -  1 LAP
 8 230 トラインデント・マツダ767      -  5 LAPS
 9 1 カルソニック・ニッサン         - 17 LAPS
 タイヤ交換のために17、8周で早めに1回目のピットインをしたチームも多
く、このときに給油料が少ないと、後半の給油タイミングによって、レース展開
にも影響が出そうだ。
 コースはすでに完全にドライとなっている。
 なお、このレースがデビューレースとなったマツダMRX-01は、ルマン24
時間レースに照準を合わせた耐久仕様で、エンジン回転も1万800回転を上限と
している。来週、イタリア、モンツァに登場する2号車は、スプリント仕様にな
っているとのことだ。
   すがやみつる(SDI00104)/鈴鹿

JSPC

JSPC-Rd1:鈴鹿500km日産ウォームアップ情報

●ウォームアップリポート&決勝レースに向けて
 決勝日4月19日の朝、30分間のウォームアップ走行が行なわれた。
 決勝に向けての最終セッティングを行ったわけだが、コースコンディションは
あいにくのウェット。予想はしていたものの、断続的に強い雨が降り、水しぶき
を上げながら各マシンがラップを重ねた。
 NISMOチーム2台は、ウェットコンディションにおける空力セッティング
を行ない、フロントのフィンの大きさによってマシンの挙動がどう変化するかを
チェックした。R92CPがウェットコンディションを走行するのは、これが初め
てであり、今後のデータ収集という意味でも、大事なウォームアップ走行であっ
た。
●水野和敏NISMO監督のコメント
 ウェットコンディションでもR92CPが悪くないのでひと安心ですね。そうい
えば、デイトナでもウェットコンディションで、ウチが最速だったんです。朝の
ウォームアップでは、レインタイヤを装着したのみ。つまり、マシンのセッティ
ングはドライと変わりなしです。
 決勝は、コンディションがよくなってくるでしょうから、スタートではレイン
タイヤでいっても、スリックタイヤに変更するのも時間の問題でしょう。
 ウェットコンディションでのラップタイムは2分10秒前後、コンディションが
良くなってきて、2分5秒前後がスリックタイヤにチェンジする目安になるでし
ょう。
 NISMOチーム2台のスターティングドライバーは……、
   1号車  星野一義 選手
   24号車  長谷見昌弘選手
 *ウェットコンディションの場合、24号車は長谷見昌弘選手とジェフ・クロス
ノフ選手の2名でレースを走りきる予定。
 500キロレースは、ドライバー交代と燃料給油のためのピットインを2回行な
う。ピットインのタイミングは、30周毎を予定している。

JSPC

JSPC-Rd1:鈴鹿500kmマツダ予選リリース

’92JSPC第1戦 インターナショナル鈴鹿500kmレース
      マツダMXR-01国内デビュー
      4/16テスト走行~4/18公式予選
        公式予選は、8位で通過
【4/16・17:テスト】
「マツダMV10」型3.5リッターNAエンジンを登載した新型グループCカ
ー、「マツダMXR-01」は、4月16日、初めて鈴鹿サーキットをテスト走
行した。
 テストに参加したドライバーは、従野孝司と寺田陽次朗のふたり。朝9:00
からのテストは、まずエンジンのラッピングから開始した。従野は、7000rpm
で数周したあと、徐々に回転を上げ、慣熟走行を始めた。ところが、ブラックボ
ックス(回転数他エンジン情報、車速などのデータを集積し、ディスプレイに表
示する装置)が正常に作動せず、修理のため一時走行を中止した。
 初めてMXR-01をドライブした従野のコメント。
「乗る前は、期待と不安が交錯していたが、ラッピングとはいえ、一周走っただ
けでその不安は一瞬にしてなくなった。タイトコーナーでも敏感に反応するステ
アリング、6速ミッションも安心感がある。エンジンパワーは、まだ満足といい
がたいが、コーナリング限界は相当高そう。速く熟成を進めて、今年はJSPC
でも勝負したいね」
 16日午後のテストは、エンジン回転を10,800rpmまであげてセッティ
ング開始。その後、従野から寺田にドライバー交代し、寺田が慣熟走行を始めた
が、数周走ったところでトランスミッションオイルのパイプが外れ、オイルがリ
ークしだした。このため、テストは中断。トランスミッションを点検するため、
オーバーホールを始めた。その後、原因はピニオンギアの調整不良で、ベアリン
グを損傷し、しの金属粉がオイルフィルターにつまったため、パイプがはずれた
と判明した。
 翌17日は、午前1時間、午後1時間の公開練習時間にテストを行なった。エ
ンジンの燃料ミクスチャーを前日より濃くセット、フィーリングチェックを行な
いながら車両のセッティングを進めた。ところが、10,800rpmで連続走行
中、テレメータテシステムからオーバーレブの情報が入ったため、テストを中断。
トラブル発生の可能性があるため、ピットガレージでエンジン交換することにし
た。
 寺田によると、
「サスペンション、空力がエンジンのセッティングもまだまだ。そんな状況で、
ヘアピンをたちあがって3速、4速、5速とシフトアップするはずが、誤って一
瞬3速に入れてしまった。オーバーランしちゃったよ。ミッションもそうだけど、
車全体にとっても繊細さを感じる。でも熟成のスピードは速いんじゃないかな」
とのこと。
【4/18:公式予選】
 この日の天気は快晴、気温は18度C、コースはドライであった。マツダMX
R-01は、前日までに、充分なセッティングが煮詰められないまま、公式予選
を迎えた。
 チームは、午前午後2時間の公式予選を通じ、決勝レースにむけたセットアッ
プを第1目的とした。午前の公式予選は、空力、車高、リアスタビライザーなど
を微調整しながら、合計13周走行。ベストラップは、寺田の1’56”073で
あった。
 午後は、サスペンションのアライメントを調整し、寺田がスタート。1’54”
台で走行が可能となったため、クォリファイタイヤを装着し、タイムアタックに
臨んだ。ダウンフォースが若干不足ぎみでタイヤ温度も指定温度まで上がらない
状態であったが、タイムアタック1周目で1’53”903のベストラップタイ
ムを記録。寺田は、3周目にピットインしたため、タイムアタックは1周のみで
終了となった。その後、従野が確認のため、4周し、公式予選を終えた。
 タイムアタックを行なった寺田のコメント
「やっとダウンフォースを感じるようになってきたよ。操縦性、バランスもいま
はほぼニュートラル。タイムアタックしたときは、デグナーカーブで前の車に追
いつき、あきらめてしまった。まだ、少しアンダーステアが出ていたから、タイ
ヤ温度はまだ上がっていないと判断し、もう一周タイムアタックするつもりだっ
た。いい感じだったので、いけるか、と思ったけどまたセッティングがようやく
決まりだしたので、ここからが本当の熟成のスタートだ」
【公式予選結果】
カーNo.5 レナウン・マツダMXR-01(従野/寺田)
順位:8位 ベストラップタイム:1’53”903

JSPC

JSPC-Rd1:鈴鹿500km日産予選リリース

◆YHPニッサンR92CP
 コースレコードでP.P奪取
 '92全日本スポーツプロトタイプ選手権シリーズ第一戦の公式予選が4月18日
鈴鹿サーキットで行なわれた。予選参加台数は9台。
 午前と午後に1セッションずつ各1時間の予選が行われ、NISMOチームの
24号車YHPニッサンR92CPを駆る長谷見昌弘選手がこれまでのコースレコー
ドを約2秒短縮する1分45秒456のタイムで今シーズン開幕戦のポールポジショ
ンを獲得した。
●長谷見選手のコメント
 昨年のマシンに比較してニューマシンのR92CPは、コーナーの入り口から出
口まで思いどおりの走行ができるマシン。ステアリングの舵角にとても忠実なん
です。テストの感触からは44秒台に突入できるかと思いませんでした。
 コースレコードの樹立については、従来のタイムが夏場にマークされていたも
のですから一概に比較できません。でも、僕のタイムがコースレコードを塗り変
えたわけですからうれしいですね。
●水野和敏NISMO監督のコメント
 R92CPは特にサスペンションの改良をしたマシンです。ドライバーがステア
リングを切ったときの追従性を良くしたものです。そして、エンジンの低速と中
速域のレスポンスを向上させています。
 燃費走行を考えずに決勝用のセッティングでタイムアタックしても47秒台のタ
イムがマークされています。47秒といえば従来のコースレコードタイムであるわ
けですからマシンの進歩がどれだけのものであるかがよくお解りいただけるでし
ょう。
 決勝がドライコンディションであれば、ラップタイムは51秒から55秒台の争い
となるでしょう。このタイムは、昨年行なわれた夏の1000キロレースのペースよ
り5秒速いものです。
 決勝レースの展開は、かなり激しい争いとなるでしょう。ある意味で荒れたレ
ースとなると予想しています。
 NISMOチームのもう1台、昨年のチャンピオン、チームカルソニック・ニ
ッサンR92CPは4番手につけた。当然、同チームもポールポジション奪取を目
指していたが、テスト時と予選日の路面温度の微妙な変化によって今回は思いど
おりのタイムをマークすることができなかった。
 また、日産の支援チームであるフルム・エーR91CKニッサンは6番手。コク
ヨ・テイクワン・ニッサンは7番手からスタートする。
●予選結果
 1位 YHPニッサンR92CP     1'45"456
 4位 カルソニック・ニッサンR92CP 1'46'144
 6位 フロム・エー・R91CKニッサン 1'46"496
 7位 コクヨ・テイクワンニッサン   1'48'954
 (従来のコースレコード 1'47"376 トヨタ91C-V)

JSPC

JSPC:鈴鹿 500km レース 途中経過

《鈴鹿 500kmレース》
途中経過速報!  100km 経過時点
1. 27  C1  3 フォルカー・バイドラー/マウロ・マルティニ/金石 勝智  NISSAN R90 CK
2. 36  C1  4 関谷 正徳/ピエール・アンリ・ラファネル          TOYOTA 92C-V
3. 24  C1  6 長谷見 昌弘/ジェフ・クロスノフ/影山 正彦  NISSAN R91 CP
4. 39  C1  2 ローランド・ラッツェンバ-ガー/エジェ・エルグ        TOYOTA 92C-V
5. 99  C1  7 ジョージ・フーシュ/スティーブン・アンドスカー         TOYOTA 92C-V
6.  5  C   1 従野 孝司/寺田 陽次朗            MAZDA MXR 01
7. 61  C1  5 岡田 秀樹/トーマス・ダニエルソン             NISSAN 91-CP
8.230  C1  8 清水 正智/白鳥 哲次             MAZDA 767B
9.  1  C1  1 星野 一義/ 鈴木 利男            NISSAN R91 CP
               提供:鈴鹿サーキット
             * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (PBA00065) *

JSPC

鈴鹿500KM GrC スターティンググリッド

'92全日本スポーツプロトタイプカー選手権シリーズ第1戦
インターナショナルSUZUKA500Kmレース             WEATHER
Gr.C(500Km)    スターティング グリッド表             COURSE
------------------------------------------------------------------------------
[  1]  24 *長谷見 昌弘/ジェフクロスノフ/影山 正彦     NISSAN R91 CP     1'45.456
[  2]  99 *ジョージ・フーシュ/スティーブン・アンドスカー       TOYOTA 92C-V      1'45.787
[  3]  36  関谷 正徳/*ピエール・アンリ・ラファネル       TOYOTA 92C-V      1'45.968
[  4]   1 *星野 一義/鈴木 利男          NISSAN R91 CP     1'46.144
[  5]  39 *ローランド・ラッツェンバーガー/エジェ・エルグ       TOYOTA 92C-V      1'46.264
[  6]  27 *フォルカー・バイドラー/マウロ・マルティニ/金石 勝智   NISSAN R90 CK     1'46.496
[  7]  61  岡田 秀樹/*トーマス・ダニエルソン         NISSAN 91-CP      1'48.954
[  8]   5  従野 孝司/*寺田 陽次朗        MAZDA MXR 01      1'53.903
[  9] 230 *清水 正智/ 白鳥 哲次         MAZDA 767B        1'57.805
*印は、スタートドライバー
------------------------------------------------------------------------------
QFF00654 児玉/鈴鹿

JSPC

鈴鹿500KM GrC フリー走行結果

'92全日本スポーツプロトタイプカー選手権シリーズ第1戦
インターナショナルSUZUKA500Kmレース                WEATHER RAIN
Gr.C(500Km)             フリー走行結果表                  COURSE  WET
POS No       DRIVER                        TYPE          TIME
-----------------------------------------------------------------------------
1     1  C1  1 星野 一義/ 鈴木 利男            NISSAN R91 CP     2'12.013
2    39  C1  2 ローランド・ラッツェンバ-ガー/エジェ・エルグ        TOYOTA 92C-V      2'12.759
3    27  C1  3 フォルカー・バイドラー/マウロ・マルティニ/金石 勝智  NISSAN R90 CK     2'14.358
4    36  C1  4 関谷 正徳/ピエール・アンリ・ラファネル          TOYOTA 92C-V      2'14.440
5    61  C1  5 岡田 秀樹/トーマス・ダニエルソン             NISSAN 91-CP      2'14.956
6    24  C1  6 長谷見 昌弘/ジェフ・クロスノフ/影山 正彦  NISSAN R91 CP     2'16.794
7    99  C1  7 ジョージ・フーシュ/スティーブン・アンドスカー         TOYOTA 92C-V      2'21.115
8     5  C   1 従野 孝司/寺田 陽次朗            MAZDA MXR 01      2'23.956
9   230  C1  8 清水 正智/白鳥 哲次             MAZDA 767B        2'33.954
-----------------------------------------------------------------------------
QFF00654 児玉/鈴鹿

JSPC

鈴鹿500KM GrC ドライバー別予選結果

'92全日本スポーツプロトタイプカー選手権シリーズ第1戦
インターナショナルSUZUKA500Kmレース                 WEATHER FINE
Gr.C(500Km)   予選 2回目 個人別結果表                  COURSE  DRY
POS No  DRIVER         TYPE          TIME DELAY  LP
-----------------------------------------------------------------------------
1    27  フォルカー・バイドラー       NISSAN R90 CK     1'46.496 198.22Km/h  6/14
2    36  関谷 正徳          TOYOTA 92C-V      1'46.622      0.126  6/ 7
3     1  星野 一義     NISSAN R91 CP     1'50.282      3.786 10/12
4     1  鈴木 利男     NISSAN R91 CP     1'52.258      5.762  6/12
5    24  長谷見 昌弘    NISSAN R91 CP     1'52.504      6.008  8/11
6    39  ローランド・ラッツェンバーガー  TOYOTA 92C-V      1'52.580      6.084  5/ 6
7    61  トーマス・ダニエルソン        NISSAN 91-CP      1'52.761      6.265 16/20
8    39  エジェ・エルグ           TOYOTA 92C-V      1'53.450      6.954  5/ 6
9    99  ジョージ・フーシュ         TOYOTA 92C-V      1'53.709      7.213  3/17
10    24  ジェフ・クロスノフ NISSAN R91 CP     1'53.859      7.363  4/ 5
11     5  寺田 陽次朗    MAZDA MXR 01      1'53.903      7.407 10/11
12    24  影山 正彦     NISSAN R91 CP     1'54.195      7.699  9/10
13     5  従野 孝司     MAZDA MXR 01      1'57.641     11.145  4/ 5
14   230  清水 正智     MAZDA 767B        1'59.046     12.550  5/10
15   230  白鳥 哲次     MAZDA 767B        2'05.055     18.559  9/10
61  岡田 秀樹     NISSAN 91-CP
27  マウロ・マルティニ NISSAN R90 CK
36  ピエール・アンリ・ラファネル     TOYOTA 92C-V
99  スティーブン・アンドスカー     TOYOTA 92C-V
27  金石 勝智     NISSAN R90 CK
-----------------------------------------------------------------------------
                        QFF00654 児玉/鈴鹿

JSPC

鈴鹿500KM GrC 予選結果 2回目

'92全日本スポーツプロトタイプカー選手権シリーズ第1戦
インターナショナルSUZUKA500Kmレース             WEATHER FINE
Gr.C(500Km)   予選 2回目 チーム別結果表             COURSE  DRY
POS No DRIVER                                TYPE          TIME
------------------------------------------------------------------------------
1  27 フォルカー・バイドラー  マウロ・マルテ 金石 勝智   NISSAN R90 CK     1'46.496
2  36 関谷 正徳     ピエール・アンリ・ラファネ                TOYOTA 92C-V      1'46.622
3   1 星野 一義   鈴木 利男                  NISSAN R91 CP     1'50.282
4  24 長谷見 昌弘  ジェフ・クロス 影山 正彦   NISSAN R91 CP     1'52.504
5  39 ローランド・ラッツェンバ エジェ・エルグ                     TOYOTA 92C-V      1'52.580
6  61 岡田 秀樹   トーマス・ダニエルソン                  NISSAN 91-CP      1'52.761
7  99 ジョージ・フーシュ    スティーブン・アンドスカ                TOYOTA 92C-V      1'53.709
8   5 従野 孝司   寺田 陽次朗                 MAZDA MXR 01      1'53.903
9 230 清水 正智   白鳥 哲次                  MAZDA 767B        1'59.046
------------------------------------------------------------------------------
予選通過基準タイム(総 合         130%)  2’20.140
------------------------------------------------------------------------------
     QFF00654 児玉/鈴鹿

JSPC

鈴鹿500KM GrC ドライバー別予選結果 訂正版

'92全日本スポーツプロトタイプカー選手権シリーズ第1戦
インターナショナルSUZUKA500Kmレース                   WEATHER FINE
Gr.C(500Km) 予選 1回目 個人別結果表                      COURSE  DRY
POS No  DRIVER              TYPE       TIME DELAY  LP
-----------------------------------------------------------------------------
1    24  長谷見 昌弘        NISSAN R91 CP  1'45.456 200.18Km/h  5/11
2    99  ジョージ・フーシュ        TOYOTA 92C-V   1'45.787      0.331  6/ 7
3    36  関谷 正徳                TOYOTA 92C-V   1'45.968      0.512  6/ 7
4     1  星野 一義         NISSAN R91 CP  1'46.144      0.688 14/15
5    39  ローランド・ラッツェンバーガー        TOYOTA 92C-V   1'46.264      0.808  9/10
6    27  マウロ・マルティニ      NISSAN R90 CK  1'48.708      3.252  3/ 4
7    27  フォルカー・ヴァイドラー  NISSAN R90 CK  1'48.872      3.416  3/ 4
8     1  鈴木 利男         NISSAN R91 CP  1'48.911      3.455  3/ 4
9    61  トーマス・ダニエルソン   NISSAN 91-CP   1'48.954      3.498  6/ 7
10    27  金石 勝智         NISSAN R90 CK  1'51.378      5.922  6/ 7
11    24  ジェフ・クロスノフ     NISSAN R91 CP  1'51.775      6.319  2/ 3
12    61  岡田 秀樹         NISSAN 91-CP   1'52.948      7.492  8/10
13    99  スティーブン・アンドスカー           TOYOTA 92C-V   1'53.547      8.091  4/ 5
14     5  寺田 陽次朗        MAZDA MXR 01   1'56.073     10.617  7/ 7
15    36  ピエール・アンリ・ラファネル           TOYOTA 92C-V   1'57.212     11.756  2/ 3
16   230*清水 正智         MAZDA 767B     1'57.805     12.349  8/ 9
17     5  従野 孝司         MAZDA MXR 01   1'58.634     13.178  8/ 9
18    39  エジェ・エルグ            TOYOTA 92C-V   1'59.371     13.915  2/ 3
19   230*白鳥 哲次                MAZDA 767B     2'04.650     19.194  2/ 7
20    24  影山 正彦         NISSAN R91 CP                       0/ 1
-----------------------------------------------------------------------------
予選通過基準タイム(総 合     130%)  2’17.458
-----------------------------------------------------------------------------
*の清水選手と白鳥選手が逆でした。
訂正しおわびいたします。
                         QFFOO654 児玉/鈴鹿

JSPC

鈴鹿500KM GrC 1回目 ドライバー別予選結果

'92全日本スポーツプロトタイプカー選手権シリーズ第1戦
インターナショナルSUZUKA500Kmレース                   WEATHER FINE
Gr.C(500Km) 予選 1回目 個人別結果表                      COURSE  DRY
POS No  DRIVER              TYPE       TIME DELAY  LP
-----------------------------------------------------------------------------
1    24  長谷見 昌弘        NISSAN R91 CP  1'45.456 200.18Km/h  5/11
2    99  ジョージ・フーシュ        TOYOTA 92C-V   1'45.787      0.331  6/ 7
3    36  関谷 正徳                TOYOTA 92C-V   1'45.968      0.512  6/ 7
4     1  星野 一義         NISSAN R91 CP  1'46.144      0.688 14/15
5    39  ローランド・ラッツェンバーガー        TOYOTA 92C-V   1'46.264      0.808  9/10
6    27  マウロ・マルティニ      NISSAN R90 CK  1'48.708      3.252  3/ 4
7    27  フォルカー・ヴァイドラー  NISSAN R90 CK  1'48.872      3.416  3/ 4
8     1  鈴木 利男         NISSAN R91 CP  1'48.911      3.455  3/ 4
9    61  トーマス・ダニエルソン   NISSAN 91-CP   1'48.954      3.498  6/ 7
10    27  金石 勝智         NISSAN R90 CK  1'51.378      5.922  6/ 7
11    24  ジェフ・クロスノフ     NISSAN R91 CP  1'51.775      6.319  2/ 3
12    61  岡田 秀樹         NISSAN 91-CP   1'52.948      7.492  8/10
13    99  スティーブン・アンドスカー           TOYOTA 92C-V   1'53.547      8.091  4/ 5
14     5  寺田 陽次朗        MAZDA MXR 01   1'56.073     10.617  7/ 7
15    36  ピエール・アンリ・ラファネル           TOYOTA 92C-V   1'57.212     11.756  2/ 3
16   230  白鳥 哲次         MAZDA 767B     1'57.805     12.349  8/ 9
17     5  従野 孝司         MAZDA MXR 01   1'58.634     13.178  8/ 9
18    39  エジェ・エルグ            TOYOTA 92C-V   1'59.371     13.915  2/ 3
19   230  清水 正智                MAZDA 767B     2'04.650     19.194  2/ 7
20    24  影山 正彦         NISSAN R91 CP                       0/ 1
-----------------------------------------------------------------------------
予選通過基準タイム(総 合     130%)  2’17.458
-----------------------------------------------------------------------------
                         QFFOO654 児玉/鈴鹿

JSPC

鈴鹿500KM GrC チーム予選結果 1回目

'92全日本スポーツプロトタイプカー選手権シリーズ第1戦
インターナショナルSUZUKA500Kmレース               WEATHER FINE
Gr.C(500Km)    予選 1回目 チーム別結果表               COURSE  DRY
POS NoDRIVER                                 TYPE          TIME
-----------------------------------------------------------------------------
1  24 長谷見 昌弘  ジェフ・クロス 影山 正彦   NISSAN R91 CP     1'45.456
2  99 ジョージ・フー スティーブン・アンドスカ                TOYOTA 92C-V      1'45.787
3  36 関谷 正徳     ピエール・アンリ・ラファネ                TOYOTA 92C-V      1'45.968
4   1 星野 一義   鈴木 利男                  NISSAN R91 CP     1'46.144
5  39 ローランド・ラッツェンバ エジェ・エルグ                TOYOTA 92C-V      1'46.264
6  27 フォルカー・ヴ マウロ・マルテ 金石 勝智   NISSAN R90 CK     1'48.708
7  61 岡田 秀樹   トーマス・ダニ                NISSAN 91-CP      1'48.954
8   5 従野 孝司   寺田 陽次朗                 MAZDA MXR 01      1'56.073
9 230 白鳥 哲次   清水 正智                    MAZDA 767B        1'57.805
-----------------------------------------------------------------------------
予選通過基準タイム(総 合         130%)  2’17.458
-----------------------------------------------------------------------------
 QFF00654 児玉/鈴鹿

全日本F3000

F3000:(訂正)アーバインのタイヤ

 #127のF3000リポート中、エディ・アーバインの使用するタイヤを
ヨコハマと書いてしまいましたが、アーバインは今年からダンロップに変更に
なっております。訂正して、おわびいたします。
  RIJ-すがやみつる(FMOTOR4 Group Manager SDI00104)

全日本F3000

F3000:NISSEKIチーム第2戦富士リリース

NISSEKIレーシングチーム
'92全日本F3000選手権・レースレポート
第2戦・CABINインターナショナルフォーミュラカップレース
                       (富士スピードウェイ)
            意味ある完走
            ======
   和田孝夫/ラルトRT24・無限MF308/ブリヂストン
     予選24位(出走26台)/4月11日(土)
     決勝14位(出走26台)/4月12日(日)
(予選リリースは#126にあります)
《マシン》
●NISSEKIレーシングチームにとっては第1戦の雪辱戦としたい今回の第
2戦であったが、事前に行なわれていた富士でのテストでもこれといったセッテ
ィングに煮詰まらないままこのレースウィークに突入した。マシンに施した改良
点は以下のとおり。コーナーターンの動きをよりシャープにするため、もともと
ロングホイールベースであるラルトRT24のホイールベースをショートタイプ
に改造した。また、フロントダウンフォースを増加させるために、ボーテックス
ジェネレーターの改良を試みた。
《決勝レース》
●決勝レースは6万の大観衆が見守る中、45周で争われた。ウォーミングアッ
プ走行も終わり各マシンが所定のグリッドについた頃、それまで何とか持ちこた
えていた雲間から小雨が落ち始めていた。不安なままフォーメーションラップに
入ったが、雨は路面をひとおおり湿らせ、スリックタイヤには微妙なコンディシ
ョンとなっていた。
案の定、スタート後の1コーナーでは、トップのチーバー、バイドラー、服部の
3選手がいきなりコースアウトするという波乱の幕開けとなった。24番手グリ
ッドからスタートの和田は好ダッシュを決め、1周目のコントロールラインを1
7番手で通過していった。
その後レース序盤は鈴木と星野による激しいトップ争いが繰り広げられていたが、
その後方で和田は、思うように走ってくれないマシンとの格闘に必死になってい
た。中盤になって前を行くライバルたちが次々とリタイアしていく中、和田はマ
イペースでタイヤをいたわりながらの慎重な走行を続け、順位のほうも一進一退
を繰り返しながら少しづつアップしていき、26周目には14位に浮上、結局、
その位置をキープしたままゴールチェッカーを受けた。
数字としては14位に終わったものの、ケガのため昨年後半を棒に振り実戦から
遠ざかっていた和田にとって、今回のこの完走は、レース勘を取り戻すうえでは
とても大きな“意味ある完走”であった。
★決勝後のコメント
*和田孝夫:」スタートはうまくいった。そのあとの1コーナーへの進入は慎重
にやったけど、それでもかなり滑ってたよね。とにかくストレートでまっすぐに
走ってくれないんだ。はじめのうちは路面も湿っていたから、まるでボートに乗
ってる感じだったよ。でも完走できたのは大きいね。今回は自分にとっては久し
ぶりのレースだったし“カンを取り戻す”意味でも重要だった。体力的な面はペ
ースが遅かったせいもあるだろうけど全く問題なかった。全体的な感想としては
与えられたパッケージの中で納得のいく走りができたと思うし、第3戦以降へつ
なげる意味で“いいカン”を取り戻せたと思うよ」
                         1992年4月14日
                 NISSEKIモータースポーツ事務局

全日本F3000

プロミス&レイナード第2戦富士リリース

                           1994年4月13日
    -1992年全日本F3000選手権シリーズ第2戦-
           濡れた路面に痛恨のスピン
 開幕戦のポール・トゥ・ウィンを飾ったプロミス&レイナードチームとロス・
チーバーは、慎重な構えでこの第2戦に臨んだ。事前に行なわれるテストがいず
れの日程も雨に見舞われ、ドライコンディションでの十分な走り込みを富士スピ
ードウェイでも行なうことができなかった。
[4月11日:予選]今回の参加台数は合計26台。そこで、今回の予選はA組B
組という組分け無しにタイムアタックが行なわれた。前日の金曜日に予定されて
いた公開練習が雨でほとんどテスト走行できない状況だったことから、1回目の
予選時間の最初の15分間はテスト走行時間にあてられた。天候は薄曇。しかし、
前日の雨の名残でコース上はまだ濡れている部分があり、各車ともレインタイヤ
でコースインする。25番ロス・チーバーもレインタイヤで慎重に走行を始めた。
その後、40分間の予選走行が行なわれたが、チーバーはテスト走行の不足を補う
ため、縦溝を刻んだカットスリックタイヤでマシンセッティングに専念し、午後
に行なわれる2回目の予選にすべてをかけた。「予選は1周で決まる。そこで全
力を出せるよう、1回目の予選はマシン状況を知るための走行に専念し、多少危
険だったがタイムアタックは午後だけ行なうことにした」とチーバー。そして、
予選2回目。各ドライバーのラップタイムを見極めた上でチーバーは最初のタイ
ムアタックに入り、1分16秒958のベストタイムをマークする。さらに、予選時
間終了間際に2回目のタイムアタックを行ない、1分16秒204のコースレコード
でポールポジションを獲得した。従来のコースレコードは1分16秒316であり、
これは昨年の第10戦でチーバー自身が記録したものだった。
[4月12日:決勝]早朝に行なわれるフリー走行で、25番ロス・チーバーは
1分17秒582の2番手のタイムを出した。最速タイムを出したのはフォルカー・
ヴァイドラー選手。ヴァイドラー選手は前日の予選で3番手に着けており、決勝
レースでは強力なライバルになると予想された。花曇りの空から、スタート直前
になって雨が降り始めた。雲の流れは速く一過性の雨と思われたが、その降りは
やや強く、コース上は濡れ始めた。各車はスリックタイヤを装着しており、フォ
ーメーションラップでスピンするマシンが出たが、決勝レースのスタートは予定
通り行なわれた。濡れた路面にもかかわらず抜群のスタートを切ったチーバーは
先頭で第1コーナーへ向かった。しかし、1コーナー手前の濡れた路面にタイヤ
がスリップし、単独スピン状態になってそのままコースサイドのグラベルベッド
へコースアウト。その場でストップし、第2戦のチーバーのレースは0周でリタ
イアとなってしまった。
  -ドライバー&チーム監督コメント-
●ドライバー/ロス・チーバー(Ross Cheever)
 スタート前になって降った雨で路面が滑りやすくなっていた。1コーナーでは
通常よりも早めにブレーキングを始めなければならないほど路面が濡れていたが、
後続マシンが直ぐ後ろに迫っていたので、早めのブレーキングを踏むことができ
なかった。それでスピンをしてしまったんだ。とても残念な結果になってしまっ
たが、どうしようもなかった……。
●チーム監督/本間勝久(KATSUHISA Honma)
 彼もベストを尽くしたし、「これもレース」と言うしかありません。フォーメ
ーションラップを終えてグリッドに着いたときにタイヤが雨で濡れていましたか
ら、スリックタイヤだったので心配はしていたんですが……。スタートは良く、
しかしそれが今回は不運な結果となってしまいました。スリックタイヤで濡れた
路面を先頭で走れば、不利な状況となってしまうのは仕方のないことですよ。く
よくよしていてもしかたありませんので、次の勝利へ向けてまた頑張ります。こ
れからも応援をよろしくお願いいたします。
 レースデータ
●開催日/4月11日(予選)~4月12日(決勝)
●開催地/富士スピードウェイ(静岡県):1周 4.470km
●主催者/ビクトリーサークルクラブ(VICIC)、日刊スポーツ新聞社、テレビ朝日
●観客数/予選日:15500人/決勝日:64100人
●天 候/予選日:薄曇り、10度C/決勝日:薄曇り、11度C
  提供:プロミス&レイナード・レーシングチーム運営事務局

全日本F3000

PR:コスモRT F3000Rd.2決勝リリース

COSMO OIL RACING TEAM CERUMO
全日本F3000選手権第2戦  決勝
オーバーステアに苦しみ、惜しくも表彰台を逃す
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                         1992年4月12日 富士スピードウェイ
 観客:64,000人   天気:曇
コース:ドライ  気温:13.5゚C  路面:14゚C
 4月12日、富士スピードウェイで行われた1992年の日本F3000選手権第2戦は、マ
シンのレギュレーションが変わり、参加するすべてのマシンが92年型の新型シャシー
となった。この日の決勝レースでは、COSMO OIL RACING TEAM CERUMOも新型のローラ
T92を使用し、エディ・アーバインのドライブにより4位でチェッカーを受けた。
 決勝レースのスタートで、アーバインはマシンに予選で出たクラッチのトラブルが
再発し、大きく出遅れてしまった。しかし、スタート直前に降った小雨によって、滑
り易くなっていた路面に足を取られ上位陣が次々と脱落。さらにアーバインの頑張り
によって5周目には4位にまで順位を上げた。序盤、アーバインはコンスタントに1
分19秒台の前半を記録し、さらに上位をうかがった。
 さらに鈴木、星野の両選手が相次いでマシントラブルで脱落すると、アーバインは
24周目に2位に浮上、前を行くカーカッシ選手を激しく攻めた。しかし、このころか
らタイヤの消耗によるオーバーステアがひどくなり、苦しいレース展開となった。
 ラスト10周は、アーバインが巧みなブロックで順位をキープしようとするが、マシ
ンはコーナーのたびにふらつくほどだった。結局、アーバインは4位でゴールし、惜
しくも表彰台を逃してしまった。
  ◆アーバイン選手のコメント
スタートのトラブルが残念だったな。前に出れれば展開は変わったのに
ね。前のマシンを抜くのは難しくないと思ったんだけど、オーバーステ
アが酷くなってきてどうしようもなかったんだ。次の美祢は予選がもの
を言うから、もう一度最前列に並んで勝負したいね。
  ◆チーム監督のコメント
新型のマシンには何の問題もありませんでした。後はタイヤの熟成だけ
です。今日は良い勉強になりました。次戦の美祢は、テストでセッテイ
ングも決まっているので自信はあります。予選で少しでも前に行って今
度こそ最初にゴールしたいですね。
  ◆記録
 No.11 エディ・アーバイン    コスモオイル ローラT92無限 DL
   決勝 4位 45周 タイム:59'43.145  ベストラップ:1'18.573/41周

Japanese F3

富士F3テスト

******************************************************************************
* Series    : '92 全日本F3選手権シリーズ                                *
* Title     : TOM'S占有テスト                                            *
* Course    : FUJI INTENATIONAL SPEEDWAY          :4.470     (km)            *
* Date      : 92-04-13                                                       *
* Weather   : 晴                                                             *
* Condition : ドライ                                                         *
* Class     : FIA/JAF F3 (SANCTIONED)                                        *
*           : Free Practice   Session-1                                      *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 19   高村 一明         RALT RT35 MF204    01'30.260  178.285   0'00.000
2 84   戸田 哲史         RALT RT35 MF204    01'30.530  177.753   0'00.270
3 18   T・クリステンセン          RALT RT35 3S-G     01'30.570  177.675   0'00.310
4 36   藤村 満男         DALL. 392 MF204    01'30.630  177.557   0'00.370
5 16   影山 正美         RALT RT35 MF204    01'31.300  176.254   0'01.040
6 9    R・リデル             TOM'S 032 3S-G     01'31.410  176.042   0'01.150
7 8    J・ヴィルニューヴ        TOM'S 032 3S-G     01'31.470  175.927   0'01.210
8 22   石川  朗         RALT RT35 MF204    01'31.490  175.888   0'01.230
9 17   夏川 竜一         RALT RT35 MF204    01'31.530  175.811   0'01.270
10 7    P・カルカッシ            TOM'S 032 3S-G     01'31.760  175.371   0'01.500
11 24   嶋村 健太         RALT RT35 MF204    01'31.800  175.294   0'01.540
12 35   奥貫  直         RALT RT36 MF204    01'31.830  175.237   0'01.570
13 26   沢田 龍太郎       RALT RT35 MF204    01'32.180  174.571   0'01.920
14 80   金久 憲司         RALT RT35 MF204    01'32.720  173.555   0'02.460
15 29   大文字 良浩       RALT RT36 MF204    01'33.160  172.735   0'02.900
16 34   斎藤  薫         RALT RT35 MF204    01'34.280  170.683   0'04.020
17 53   大山 浩成         RALT RT35 3S-G     01'36.270  167.155   0'06.010
------------------------------------------------------------------------------
・ 13:00>>17:00 AMB.23゜C /  ROAD SURFACE 29゜C                               ・
******************************************************************************
*                                  HAGIWARA RACING/ODAWARA                   *

全日本F3000

F3000-Rd2:CABIN RACING決勝リリース

全日本F3000選手権第2戦(富士スピードウェイ)       1992年4月12日
決勝レポート               キャビン・レーシングチーム事務局
          冠レース3連勝ならず
     19 星野一義   20周リタイヤ
     3 黒沢琢弥   16周リタイヤ
●データ
 マシン:星野は、レイナード92D・無限、黒沢はDOME F103・DFV
を使用する。どちらも実戦投入は初めて。
 車体番号:レイナード92D/002  DOME F103/03
 気温:スタート前摂氏13度
●決勝
 決勝スタート直前の降雨によって、コースは一時的にウェット状態となった。こ
のためスタート直後の上位陣に混乱が起きたが、星野、黒沢はともにこれをうまく
きりぬけ、星野は2位、黒沢は8位でレースを始めた。しかし星野は20周目に最
終コーナー外側にマシンを止めてリタイヤ。黒沢は16周目の第1コーナーでアン
ドリュー・ギルバート・スコット選手と接触したため、ピットまで戻ったもののリ
タイヤとなった。
●談話
星野一義:2位につけて、これはいけると思った。タイヤにも負担がかかっていな
かったし、慎重に先頭を狙うつもりで間隔をおいて様子を見ていた。タイヤもシャ
シーも完璧だったし、スタートでもラッキーだったから、流れが自分の方へ向かっ
てきたと思って喜んでいた。でも、コーナーを抜けた頃からエンジンの回転が落ち
ていって、最終コーナーで動けなくなった。ほんとうにくやしい。せっかくいい流
れだったのに。
金子監督:たぶん、スロットル関係に緩みがでたんだろう。せっかくレイナードの
セッティングを完璧に詰めてたのに、つまらないところでひっかかってしまったな。
今回、レイナードの調子が非常に良かったけれども、次のレースでレイナードを使
うとは限らない。ローラと比べて、いいほうを使うつもりでいる。
黒沢琢弥:ようやく調子が出て、ずっとマルティニ選手とギルバート・スコット選
手の後ろで隙を狙っていた。それでマルティニ選手に続いてギルバート・スコット
選手を抜こうと、1コーナーの減速で抜いたんだけど、クリップをすぎたところで
相手が外側にふくらんできて、接触してしまった。今回ノーポイントだったのは痛
いですね。
田中監督:確実に抜かなかったから、当たるんだよ。あれで右側のタイロッドが曲
がってしまった。決勝レースのセッティングはばっちりだったんだ。コーナーでは
速かったね。そのかわりストレートで伸びなかったのは計算外だった。まだまだ開
発中のマシンですからしかたがない。簡単にローラに切り替えることはしないで、
じっくりDOMEにとりくむつもりでいますよ。まだまだ可能性を秘めたマシンな
んです。

全日本F3000

F3000-Rd2:富士決勝レースリポート

★全日本F3000選手権第2戦:富士スピードウェイ:決勝レースリポート
●カーカッシ、大波乱のサバイバルレースで初優勝
 4月12日、富士スピードウェイで開催された全日本F3000選手権シリーズ第2
戦「'92CABINインターナショナル・フォーミュラ・カップ・レース」は、
スタート前に降り始めた雨が波乱を巻き起こし、上位陣が次々と脱落する中、予
選7番手からスタートした91年の全日本F3チャンピオン、パウロ・カーカッシ
が、執拗に攻めるトーマス・ダニエルソンを最後まで抑えきり、F3000初優勝を
飾った。
●チーバー、バイドラーに無情の雨
 今回のレースから、今年から適用されるFISAの安全基準に適合しない昨年
までのマシンは使用できなくなり、すべてのチームが92年型のマシンで富士スピ
ードウェイに乗り込んだ。しかし、タイヤテスト、金曜日のフリー走行などが雨
にたたられ、レース距離を走りきったチームは少なく、データが完全でないこと
から、決勝レースでは波乱が予想されていた。
 そんな中で気を吐いていたのがポールポジションを獲得したロス・チーバー。
彼は第1戦から92年型のレイナード・無限を投入。一足先にセッティングを煮詰
め、予選でもトップ、決勝前のモーニングプラクティスでも2番手につけていた。
朝の走行でトップに立ったのが予選3位のフォルカー・バイドラー(ローラ・無
限)。第1戦では、マシントラブルを抱えながらも3位に入っており、以前の荒
い走行から、スムーズな日本のコース向きの走法に変わり、昨年から安定性を増
している。そして、この朝のトップ2台が、スタート直後に消えることになった。
 スタート前のフォーメーションラップあたりから雨が落ち始め、黒沢琢弥のよ
うにスピンする選手も出るほど(黒沢はスタートに間に合った)。全車、ドライ
用のスリックを履いてのスタートとなったが、このスタートで、フロントロー外
側につけていたエディ・アーバイン(ローラ・無限)がホイールスピンで出遅れ
る。ポールのチーバーは、うまいスタートでトップのまま第1コーナーへ。それ
をバイドラーが追いかけ、1コーナーでチーバーを追い抜きにかかる。しかし、
濡れた路面にタイヤをとられてチーバーがスピン。それを避けようとしてバイド
ラーもコースアウト。2台ともグラベルベッドの餌食となって、ここでリタイア
となった。
 このふたりのスピンをかわそうとした服部尚貴(ローラ・無限)が、グラベル
の飛び出して砂塵を巻き上げる。服部はノーズを傷めてピットイン、チーバーの
マシンのノーズコーンを借りて装着、コースに復帰するが大きく遅れてしまう。
 この第1コーナーの波乱を避けてトップに立ったのが、昨年後半から好調な鈴
木利男(ローラ・DFV)。昨年来、好調に上位を走りながらもクラッシュ、ト
ラブルなどに巻き込まれて運がない。その直後には日産のグループA、Cでコン
ビを組む星野一義(レイナード・無限)が続く。星野は、全日本F3000タイトル
奪回のために、ローラとレイナードの2台のシャシーを購入し、万全の体制。星
野自身はレイナードよりもローラの方が乗りやすいというが、チーバー追撃のた
めに、富士に強いレイナードをチョイスしていた。レイナードは、セッティング
が難しいが、一度決まれば、抜群の速さを見せるというのが、各チームの意見。
星野は、あえて、その困難な道を選択していた。
 雨は、スタート後には上がり、チーバーとバイドラーには文字通りの涙雨。乾
いたコースを逃げる鈴木、そして星野が追う。星野は何度か鈴木を抜こうという
姿勢を見せるが無理をせず、11周目には0.3秒だった差が、次の12周目には1.112
秒に広がる。十分な走り込みができていないマシン、そして初めて決勝を走るマ
シンとタイヤとのマッチングの関係もあるのかもしれない。それとも不調を抱え
ているのだろうか?
 13周目の3位以下の順位は、スタート直後の混乱をうまく避けたカーカッシ、
アーバイン、トマス・ダニエルソン(ローラ・無限)の外国人勢が3位争い。そ
の後方では黒沢、ジェフ・クロスノフ(ローラ・無限)、A.G.スコット(レ
イナード・無限)がバトルを展開。16周目、この3台が並んで第1コーナーへ。
ここでスコットが黒沢に接触、スコットはコースアウトしてリタイア。黒沢はピ
ットまで戻ったものの、ステアリングを操作するためのタイロッドが曲がり、フ
ロントサスペンションにもダメージを負ってリタイアとなった。
●中盤に波乱続出
 21周目、2位につけていた星野が、突然、Bコーナー出口で自らコースアウト
してマシンを止めた。アクセルワイヤーのトラブルで無念のリタイアだ。これで
鈴木は楽になったかと見えたが、またも幸運の女神が鈴木にそっぽを向いた。23
周目、2位以下を大きく離してトップを走っていた鈴木が突然のピットイン。左
リアタイヤのトレッドが剥離し、緊急のタイヤ交換。この交換に時間がかかり、
鈴木がコースに戻ったときには、すでに1周遅れ。鈴木の使用するのはヨコハマ
タイヤだが、同じタイヤを使う高橋国光(ローラ・無限)も、朝のウォームアッ
プでタイヤのトレッドが剥離、さらに決勝レースでも同じ症状が出て、2回のピ
ットイン。2回目のピットインでは、ホイールナットが噛んでしまい、タイヤが
はずれず、ベテラン高橋は、ここでマシンから降りている。
 鈴木は、昨年夏の鈴鹿1000キロレースでトップを快走中に、第1コーナーでリ
アのタイヤかサスペンションのトラブルで突然コースアウトし、リタイア。昨年
の最終戦となった富士の延期レースでも、一度ピットインしながら、最速ラップ
を連発しながらの猛追の最中に黒沢琢弥と接触。デイトナ優勝で今年はツキも変
わったかと思われたが、鈴鹿のF3000第1戦でも4位走行中に中谷にシケインで
追突されてリタイア、そして今日のタイヤトラブルと、まったくついていない。
 突然の鈴木の脱落でトップに立ったのがカーカッシ。昨年、F3チャンピオン
を獲得し、F3000の最終戦(延期レース)富士でも3位に入賞して、大物の片鱗
を見せていた28歳のブラジル人。今年から元ドライバーの赤池卓氏が結成したナ
ビコネクションチームに所属。レイナードのサイドポンツーンには小さいながら
も「NIFTY-Serve」の文字も見える。
 カーカッシを追うのがアーバイン。しかし、彼も鈴木、高橋と同じヨコハマタ
イヤを履くだけに、タイヤの消耗が気になるところ。その後方にはダニエルソン、
そして、予選14番手からスタートしたマウロ・マルティニ(ローラ・無限)が、
いつのまにか4位に浮上。マルティニのマシンには、予選の段階までエンジンが
完調でなく、コンピューターボックスを交換するなどの作業に追われたが、朝の
ウォームアップではトラブルも解決し、明るい表情を見せていた。5位には日本
人最上位となった和田久(ローラ・無限)が。それをクロスノフが追う。
 36周目の最終コーナー立ち上がりで、和田を抜いてきたクロスノフが突然スピ
ードダウンし、和田に抜き返される。目の前を走っていた周回遅れの鈴木の左リ
アタイヤがバーストしたのだ。スタンド総立ちとなる目の前で、鈴木はマシンを
よくコントロールして、ピットウォール脇にマシンを止める。コックピットから
飛び出し、ピットウォールを乗り越えた鈴木は、憤りの色を隠せないでいた。
●カーカッシ、苦しみながらもトップを死守
 37周目には、ダニエルソンがアーバインをパスして2位に上がり、トップを行
くカーカッシの追撃に入る。すぐにその差は1秒を切り、ダニエルソンが執拗に
カーカッシを攻めたてる。マシンの仕様の違いか、カーカッシのレイナードはス
トレートでよく伸び、反対にダニエルソンのローラはコーナーで差を詰める。カ
ーカッシはヘアピンでは毎周のようにタイヤスモークを上げるハードブレーキン
グ。それだけコーナーが苦しいのかもしれない。それでもカーカッシは最後まで
ダニエルソンを抑えきり、45周を走り切った後、真っ先にチェッカーの下をかい
くぐった。
 2位にはダニエルソン、3位には、44周目のBコーナーでアーバインを抜いた
マルティニ。4位にアーバイン、和田久がクロスノフの脱落で再び5位に上がり
初ポイントを獲得、6位にはF3で連勝しているリカルド・ライデル(ローラ・
無限)が入った。
「スタートはコースが濡れていたんで、慎重にいったよ。それがよかったんだろ
うね。ずっと勝ちたかったけど、本当に優勝できて、こんなに嬉しいことはない」
と、ヘルメットを脱いで眼鏡をかけたカーカッシは語った。
 優勝したカーカッシは、ダンロップタイヤを装着。昨年の第4戦、雨の美祢で
アーバインがヨコハマタイヤで優勝して以来の久しぶりのブリヂストン以外のタ
イヤ優勝ともなったが、今回のレースは、天候不順に影響され、マシン、タイヤ
とも熟成が進んでいない中での不確定要素が多い中でのレースでもあった。今後、
マシン、タイヤの熟成によって、また例年のように、チームの総合力の戦いとな
っていくことだろう。
  資料:テレビ朝日のレース中継、富士からの電話リポート
  RIJ-すがやみつる(FMOTOR4 Group Manager SDI00104)

全日本F3000

F3000-Rd2:富士各チーム予選リリース

********************************************************
*      全日本F3000選手権第2戦               *
* CABINインターナショナルフォーミュラカップレース *
*        予選・リリース集                      *
********************************************************
★キャビン・レーシング・チーム
全日本F3000選手権第2戦(富士スピードウェイ)     1992年4月11日
予選レポート                キャビン・レーシング事務局
          冠レース3連勝を狙って
     19 星野一義   1分16秒947  予選5位
     3 黒沢琢弥   1分17秒947  予選12位
●データ
 マシン:星野は、レイナード92D・無限、
 黒沢はDOME F103・DFVを使用する。
 どちらも実戦投入は初めて。
 車体番号:レイナード92D/002  DOME F103/03
 気温:午前摂氏17度、午後摂氏16度-13度
●予選
 早朝、富士スピードウェイは霧に包まれていたが、公式予選第1回目を迎える
頃には天候が好転した。しかし路面は前夜までの雨で濡れており、星野、黒沢と
もにセッション前半はウェット・タイヤ、後半はカットスリックを使っての走行
となった。
 午後のセッションでは路面はドライとなったが、セッション後半から気温が低
下した。星野と黒沢は2セットずつの予選用タイヤを使用、タイムアタックを行
なった。
●談話
星野一義:もう少し、いけるはずだった。とくに2セット目ではいけると思った
んだけど、結局3列目になってしまった。情けない。前のレースでもこんな結果
だったから星野は腕が落ちたんだなんて思われたら悔しいね。上位3位が外国人
ドライバーでしょ。日本人代表として、決勝でこのまま引き下がるわけにはいか
ない。
金子監督:富士スピードウェイでとりこぼすわけにはいかないから、できるだけ
リスクをおかしたくなかった。確かに星野はローラの方が好みかもしれないが、
実際に走ると今のところレイナードの方がタイムが出るんです。だからレイナー
ドを選択した。この判断には自信がありますよ。ただセッティングについては明
日に向けて見直す余地があるかもしれない。
黒沢琢弥:決められた時間内に、いい仕事ができなかった。このひとことにつき
ます。だけど、気合いは誰にも負けないから、レースではきっと追い上げて見せ
ます。
田中監督:結果がすべてを物語っている。敢えていうならば、2セット目のアタ
ック前にドライバーの意見を聞きすぎてセッティングを誤った。今の段階でロー
ラを使うのは簡単なこと。ひょっとしたらタイムも出るかもしれない。でもそれ
では可能性は開けない。
 ==================================
★日石レーシング
'92全日本F3000選手権・NISSEKIレーシングチーム予選レポート
 第2戦・CABINインターナショナルフォーミュラカップレース
         予選24位/出走26台
   和田孝夫/ラルトRT24・無限MF308/ブリヂストン
《マシン》
●今回の第2戦に向けて、マシンには以下の改造を施した。コーナーターンの動
きをよりシャープにするため、もともとロングホイールベースであるラルトRT
24のホイールベースをショートタイプに改良した。また、フロントダウンフォー
スを増加させるために、ボーテックジェネレーターの改良を試みた。
《公式予選》
●予選1回目はセミウェットコンディションのもとで開始された。しかし時間が
すすむにつれて陽も射し始め、セッション後半にはほぼドライの状態にまで回復
した。和田は浅溝のカットスリックを履いてアタックを敢行、1分22秒970の19
位で1回目を終えた。
 インターバルの間に我がチームは、マシンを、これまでの富士のテストで一番
感触のよかったセッティングに組み直した。
 完全なドライコンディションとなった午後の予選2回目。まず1セット目の予
選用スリックでアタックした和田のタイムは、その時点で15位となる1分19秒
807。しかし、ピットインでアタックした和田の表情はどうも冴えない。他のドラ
イバーがどんどんタイムを出していくのを横目にあと1回のタイムアタックのチ
ャンスをうかがう和田。セッションも残りわずかとなり2セット目のタイヤでよ
うやくコースインした和田は、ラルトの持つポテンシャルを最大限に引き出すべ
く最後のタイムアタックに出撃したが、結果は1分19秒266。最終的には26台中
24位で予選を終えた。
★予選後のコメント
*和田孝夫:「2回目のアタックはタイヤがよく温まっていてAコーナーから
100Rにかけてとてもいいグリップ感があったので、ムチャな攻めの走りをしなく
ても1回目よりはいいタイムが出ると確信していた。今のラルトではほんとこれ
が精一杯。明日は、僕にとっては昨年の故障以来、本当に久しぶりの決勝レース。
今のクルマの状態では、はっきりいってきびしいけど「予選の走り」と「決勝の
走り」は違うからね。こうなったら「かけひき」で勝負したいよね」
                           1992年4月12日
                NISSEKIモータースポーツ事務局
 ==================================
★キグナス・レーシングチーム
全日本F3000選手権シリーズ第2戦(富士スピードウェイ)
  両者セットアップに苦しんだが、決勝は上位進出に期待
1992年4月11日(土曜日) 予選日
天候:晴れ/気温:15゜C/路面状況:ドライ
 静岡県の富士スピードウェイに場所を移して全日本F3000選手権シリーズ
第2戦が開催された。A・G・スコットとR・ラッツエンバーガーの手により上
位進出が期待されるTEAM KYGNUS TONENは、今回より両者とも
92年型シャシーを投入しての参戦で、スコットがレイナードを、ラッツエンバー
ガーはローラを用い、体制を一新してのレースとなった。
 朝方からの霧雨は予選1回目が開始される頃には回復してきたが、路面はまだ
完全には乾いていないため、どちらもカットスリックを装着しての走行となった。
その結果、スコットは1分20秒979をベストに9位、同様にラッツンバーガーも
1分20秒991を出し11位という結果に終わった。しかし、両者とも予選用タイヤ
を2セットとも温存しているため、勝負は午後のセッションに持ち越しとなった。
 午後に入りいよいよ2回目の予選が開始される。早々にスコットがタイムアタ
ックに入るが、サスペンションセッティングに悩まされ、タイムは大幅にはアッ
プせず、1分17秒564をベストにセッション13番手という結果に終わった。
 一方のラッツエンバーガーは1セット目のタイヤこそ1分18秒614と伸び悩ん
だが、2セット目では1分17秒382と順調にタイムを短縮。前回の鈴鹿での雪辱
を果たすべく見事にトップ10入りを成し遂げた。
●A・G・スコット選手のコメント
「前回のローラからレイナードに乗り換えたせいもありますが、とにかくサスペ
ンションセッティングに悩まされました。コーナーの入り口でアンダー、出口で
オーバーと、とにかくコントロールが難しかった。明日は全力で追い上げます」
●R.ラッツンバーガー選手のコメント
「原因は不明なんですがブレーキトラブルがなかったら、もう少しタイムが上が
ったはずなんです。それとサスペンションをハードにしすぎましたね。でも、前
回の結果が悪かっただけに、今回のレースではいい所を見せたいですね」
●福井清志監督のコメント
「いくつかのトラブルもありましたが、2人ともニューシャシーのセッティング
を思うように煮詰められなかったのが最大の問題ですね。明日の決勝ではトラブ
ルなく走り続ければ入賞も十分可能なポジションですので、追い上げに期待して
いてください」
ドライバー  20 A・G・スコット    21 R・ラッツンバーガー
------------------------------------------------------------------
1 回 目    1分20秒979/9位      1分20秒991/11位
2 回 目    1分17秒564/13位      1分17秒382/8位
総   合    1分17秒564/13位      1分17秒382/8位
使用マシン   レイナード92D・無限     ローラT92/50・無限

全日本F3000

F3000:CABINインターナショナルフォーミュラカップinフジ 決勝

******************************************************************************
* 全日本フォーミュラ3000選手権第2戦 Fuji International Speedway(4.470km)*
*                 '92 CABIN INTERNATIONAL FORMULA CUP RACE                   *
*                        F3000 レース正式結果表                         *
* 1992.04.12   天候 : 曇り  コース状況 : ドライ   発表 : 16:10    SEIKO TIMING *
******************************************************************************
位車番  ドライバー              車  名                      周回  所要時間
-----------------------------------------------------------------------------
1  28 PAULO CARCASCI    (BR) ALEXEL-92D            45   59'40.421
2  61 THOMAS DANIELSSON  (S) SUNTORY 熱血 LOLA  45   59'40.905
3   9 MAURO MARTINI      (I) アコム エボリューションT92  45   59'41.111
4  11 EDDIE IRVINE      (GB) コスモオイル ローラT92 無限  45   59'43.145
5   6 和田 久           (J) CAPCOM LOLA T92  45   59'58.339
6   2 RICKARD RYDELL     (S) NISSO  LOLA  T92    45 1:00'08.449
7  27 舘 善泰           (J) ALEXEL-T92            45 1:00'28.503
8  16 関谷 正徳         (J) レイナ-ド92D JUDDハヤシ  45 1:00'34.308
9   5 JEFF KROSNOFF    (USA) メイテックDL スピードスターT92  45 1:00'36.317
10  62 田中 実           (J) PLUS LOLA T92/50  45 1:00'38.274
11  36 福山 英朗         (J) チームノジ ローラ              45 1:00'45.066
12  12 中野 信治         (J) PIAA RALT RT24    45 1:00'55.114
13※21 ROLAND RATZENBERGER(A) KYGNUS,TONEN,LOLA               45 1:01'00.821
14  26 和田 孝夫         (J) NISSEKI RALT RT24    44   59'55.614
15  37 MIKA SALO         (SF) アド・レーシング レイナ-ド92D  44 1:00'12.794
------------------------------ ****** 以上 完走 ****** ----------------------
98 服部 尚貴         (J) TOSTEM REYNARD92D  38 マシン・トラブル
77 鈴木 利男         (J) UNIVERSAL LOLA    35 タイヤ・トラブル
34 金石 勝智         (J) ライベックスT92-50        28 ギア・トラブル
7 高橋 国光         (J) ADVAN LOLA MF308  22 ホイーリナット・トラブル
19 星野 一義         (J) CABIN 92D 無限        20 アクセルワイヤ・トラブル
※ 3 黒澤 琢弥         (J) CABIN F103 DFV    16(+1min)サストラブル
20 ANDREW G.SCOTT    (GB) KYGNUS,TONEN,REYNARD            15 クラッシュ
※90 MARCO APICELLA     (I) オムロン ダンロップ F103  11(12-1)ブレーキ
8 松本 恵二         (J) ダンロップ 童夢 F103      10 エンジン・トラブル
25 ROSS CHEEVER     (USA) プロミスREYNARD 92D   0 グラベルベッド
10 VOLKER WEIDLER     (D) KAWAISTEEL T92     0 クラッシュ
-----------------------------------------------------------------------------
スタート  13:33'53     フィニッシュ  14:33'33.421
参加台数 :  26         出走台数 :  26         完走台数 :  15
ベストタイム  No. 9 ( MAURO MARTINI )   1'18.219  20/45  205.730 km/h
※CarNo.21、3は、全日本F3000選手権統一規則第3章第29条g)違反により1分加算のペナルティ
CarNo.90は、全日本F3000選手権統一規則第3章第34条g)違反により1周減算のペナルティ
------------------------------------------------------------------------------
提供:富士スピードウェイ

全日本F3000

F3000:Rd2富士:カーカッシ初優勝!

 4月12日、富士スピードウェイで行なわれたF3000第2戦は、大波乱のレース展開
の末にパウロ・カーカッシが初優勝を飾った。2位にはトーマス・ダニエルソン。
3位には予選14番手からスタートしたマウロ・マルティニが入った。
 4位にはエディ・アーバイン、5位は和田久、6位はリカルド・ライデルの順。
 テレビ朝日の中継より。
  すがやみつる(SDI00104)

全日本F3000

F3000:CABINインターナショナルフォーミュラカップinフジ フリー

*******************************************************************************
* 全日本フォーミュラ3000選手権第2戦 Fuji International Speedway(4.470km) *
*                  '92 CABIN INTERNATIONAL FORMULA CUP RACE                   *
*                            F3000 フリー走行                            *
* 1992.04.12   天候 : 曇り  コース状況 : ドライ   発表 :  9:35     SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番  ドライバー           型式               車  名                 ベスト タイム
-------------------------------------------------------------------------------
1 10 V.WEIDLER     (D)ローラT92-50/MF-308 KAWAISTEEL T92   1'17.540
2 25 R.CHEEVER   (USA)レイナード92D/MF-308 プロミスREYNARD 92D 1'17.582
3 19 星野 一義    (J)レイナード92D/MF-308 CABIN 92D 無限       1'17.626
4 11 E.IRVINE     (GB)ローラT92-50/MF-308 コスモオイル ローラT92 無限 1'17.759
5  2 R.RYDELL      (S)ローラT92-50/MF-308 NISSO  LOLA  T92   1'17.829
6  5 J.KROSNOFF  (USA)ローラT92-50/MF-308 メイテックDL スピードスターT92 1'18.074
7  9 M.MARTINI     (I)ローラT92-50/MF-308 アコム エボリューションT92 1'18.106
8  3 黒澤 琢弥    (J)DOME F103/DFV    CABIN F103 DFV   1'18.145
9  8 松本 恵二    (J)DOME F103/MF-308 ダンロップ 童夢 F103     1'18.215
10 61 T.DANIELSSON  (S)ローラT92-50/DFV    SUNTORY 熱血 LOLA 1'18.379
11 20 A.G.SCOTT    (GB)レイナード92D/MF-308 KYGNUS,TONEN,REYNARD           1'18.382
12 34 金石 勝智    (J)ローラT92-50/MF-308 ライベックスT92-50       1'18.561
13  6 和田 久      (J)ローラT92-50/MF-308 CAPCOM LOLA T92 1'18.591
14 28 P.CARCASCI   (BR)レイナード92D/MF-308 ALEXEL-92D           1'18.606
15 36 福山 英朗    (J)ローラT92-50/MF-308 チームノジ ローラ             1'18.676
16 21 R.RATZENBERGER(A)ローラT92-50/MF-308 KYGNUS,TONEN,LOLA              1'18.724
17 16 関谷 正徳    (J)レイナード92D/ジャッド レイナ-ド92D JUDDハヤシ 1'18.764
18 62 田中 実      (J)ローラT92-50/DFV    PLUS LOLA T92/50 1'18.840
19 37 M.SALO       (SF)レイナード92D/MF-308 アド・レーシング レイナ-ド92D 1'18.978
20 77 鈴木 利男    (J)ローラT92-50/DFV    UNIVERSAL LOLA   1'19.015
21 27 舘 善泰      (J)ローラT92-50/MF-308 ALEXEL-T92           1'19.084
22 90 M.APICELLA    (I)DOME F103/MF-308 オムロン ダンロップ F103 1'19.114
23  7 高橋 国光    (J)ローラT92-50/MF-308 ADVAN LOLA MF308 1'19.352
24 98 服部 尚貴    (J)レイナ-ド92D/MF-308 TOSTEM REYNARD92D 1'19.370
25 12 中野 信治    (J)ラルトRT24/MF-308   PIAA RALT RT24   1'19.715
26 26 和田 孝夫    (J)ラルトRT24/MF-308   NISSEKI RALT RT24   1'20.090
-------------------------------------------------------------------------------
提供:富士スピードウェイ

全日本F3000

PR:コスモオイルRT F3000Rd2予選リリース

COSMO OIL RACING TEAM CERUMO
全日本F3000選手権第2戦  予選
アーバイン、フロントローを獲得!
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                  1992年4月10日 富士スピードウェイ
 天気:曇/ドライ   気温:13゚C
 1992年全日本F3000選手権第2戦の予選が、4月10日富士スピードウェイで開催さ
れた。この予選でCOSMO OIL RACING TEAM CERUMOのエディ・アーバインが予選2位の
タイムを記録し、明日行われる決勝レースを1列目のグリッドからスタートすること
となった。富士では今季初のF3000レースとなる。
 昨日は強い雨が降り、公式練習が中止となったが、今朝には雨も上がり、予選開始
前にはコースも乾き出していた。午前の予選開始時は、まだウェットの部分も多く、
各チームとも、レインタイヤ、カットスリックを使い周回を重ねていた。だが、予選
終了近くなると、コースはほぼドライ状態となった。アーバインはこの機にスリック
タイヤでタイムアタックを行い、1分18秒087を記録し、午前の予選を2位とした。
 午後の予選では、まず午前に使用したタイヤをもう一度使用してアタックに入った。
このアタックで1分17秒986を出し、早くも午前のタイムを更新した。アーバインは
ピットに戻ると最初のタイヤより柔らかい予選タイヤを装着し、再度タイムアタック
に入った。そして1分16秒698のベストタイムを記録。これはこの時点でのトップタ
イムであったが、予選終了直前にチーバー選手にポールはさらわれてしまったが、予
選2位の獲得した。アーバインの予選2位は、昨年の第2戦オートポリスに続き2回
目のベストグリッドとなる。
 これにより明日の決勝レースは最前列からのスタートとなり、優勝をめざすチーム
にとっては、絶好のチャンスとなった。
  ◆アーバイン選手のコメント
午後のアタックの時は、クラッチにちょっと問題があったんだ。それさえ
なければもっといいタイムが出たと思うから、ちょっと残念だね。決勝は
去年のオートポリスの時みたいなミスをしないで、優勝をめざすよ。
  ◆チーム監督のコメント
   新しいマシンを使った最初のレースですが、エンジン、タイヤともに問題
はありません。テストでも常にトップクラスのタイムを出しているので、
今日の結果も納得のものです。決勝はフロントローからのスタートですか
ら、スタートさえうまく行けば良い結果が得られると思います。
  ◆予選結果
   No.11  エディ・アーバイン  コスモオイル ローラT92 無限
   予選1回目:1'18.087(2位) 予選2回目:1'16.698(2位)
予選総合2位 1列目スタート

全日本F3000

F3000:CABINインターナショナルフォーミュラカップinフジ 予選

******************************************************************************
* 全日本フォーミュラ3000選手権第2戦 Fuji International Speedway(4.470km)*
*                    '92 CABIN INTERNATIONAL FORMULA CUP RACE                *
*                           F3000 公式予選結果表                        *
* 1992.04.11   天候 : 晴れ   コース状況 : ドライ   発表 : 17:10   SEIKO TIMING *
******************************************************************************
位車番  ドライバー           型式               車  名                ベスト タイム
-------------------------------------------------------------------------------
1 25 R.CHEEVER   (USA)レイナード92D/MF-308 プロミスREYNARD 92DR1'16.204
2 11 E.IRVINE     (GB)ローラT92-50/MF-308 コスモオイル ローラT92 無限 1'16.698
3 10 V.WEIDLER     (D)ローラT92-50/MF-308 KAWAISTEEL T92   1'16.788
4 77 鈴木 利男    (J)ローラT92-50/DFV    UNIVERSAL LOLA   1'16.890
5 19 星野 一義    (J)レイナード92D/MF-308 CABIN 92D 無限       1'16.947
6* 5 J.KROSNOFF  (USA)ローラT92-50/MF-308 メイテックDL スピードスターT92 1'17.293
7*28 P.CARCASCI   (BR)レイナード92D/MF-308 ALEXEL-92D           1'17.293
8 21 R.RATZENBERGER(A)ローラT92-50/MF-308 KYGNUS,TONEN,LOLA              1'17.382
9  6 和田 久      (J)ローラT92-50/MF-308 CAPCOM LOLA T92 1'17.469
10 61 T.DANIELSSON  (S)ローラT92-50/DFV    SUNTORY 熱血 LOLA 1'17.486
11 27 舘 善泰      (J)ローラT92-50/MF-308 ALEXEL-T92           1'17.490
12  3 黒澤 琢弥    (J)DOME F103/DFV    CABIN F103 DFV   1'17.516
13 20 A.G.SCOTT    (GB)レイナード92D/MF-308 KYGNUS,TONEN,REYNARD           1'17.564
14  9 M.MARTINI     (I)ローラT92-50/MF-308 アコム エボリューションT92 1'17.646
15 37 M.SALO       (SF)レイナード92D/MF-308 アド・レーシング レイナ-ド92D 1'17.667
16 98 服部 尚貴    (J)レイナ-ド92D/MF-308 TOSTEM REYNARD92D 1'17.742
17 16 関谷 正徳    (J)レイナード92D/ジャッド レイナ-ド92D JUDDハヤシ 1'17.808
18 36 福山 英朗    (J)ローラT92-50/MF-308 チームノジ ローラ             1'17.875
19  2 R.RYDELL      (S)ローラT92-50/MF-308 ローラT92 無限             1'17.958
20 34 金石 勝智    (J)ローラT92-50/MF-308 ライベックスT92-50       1'18.272
21  8 松本 恵二    (J)DOME F103/MF-308 ダンロップ 童夢 F103     1'18.514
22 90 M.APICELLA    (I)DOME F103/MF-308 オムロン ダンロップ F103 1'18.526
23  7 高橋 国光    (J)ローラT92-50/MF-308 ADVAN LOLA MF308 1'18.705
24 26 和田 孝夫    (J)ラルトRT24/MF-308   NISSEKI RALT RT24   1'19.266
25 12 中野 信治    (J)ラルトRT24/MF-308   PIAA RALT RT24   1'19.627
26 62 田中 実      (J)ローラT92-50/DFV    PLUS LOLA T92/50 1'19.730
-------------------------------------------------------------------------------
31 池谷 勝則    (J)ローラT92-50/MF-308 SEIWA ローラT92       参加取消
18 古谷 直広    (J)ローラT92-50/MF-308 エボリューション T92       参加受付
99 中谷 明彦    (J)ローラT92-50/MF-308 TOSTEM LOLA T92 参加受付
-------------------------------------------------------------------------------
'R'マークの車は,コースレコードを更新しました 従来のレコードタイムは  1'16.316
予選通過基準タイム ( 110% ) 1'24.220
 参加台数 :  26             出走台数 :  26
※ CarNo.5、28は、統一規則書第3章第28条e)により順位を決定した。
-------------------------------------------------------------------------------
提供:富士スピードウェイ

検索

最新ニュース