Archives

  • [—]2021 (484)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

2021年5月

筑波・富士S-FJ選手権

S-FJ:第3戦筑波決勝 スタート直後の混乱を利し、野島遼葵が独走で連勝を飾る

18周の決勝がスタートした

 2021年JAF筑波/富士スーパーFJ選手権シリーズ地方選手権第3戦決勝は5月23日(日)に筑波サーキットで開催され、66号車・野島遼葵(Deep-R・10V ED)が連勝を飾った。

 筑波としては3戦めにして今年初めて晴天の下でスーパーFJの決勝レースを迎えた。各チームは、パドックに並べられたマシンのコックピットに乗り込んだドライバーにパラソルを差しかけて日陰を作った下で最後の確認に余念がない。

 12時20分に全車スリックタイヤでコースイン。ポールポジションの7号車・本田千啓(オートルック☆モダン☆10V)を先頭にグリッドに整列するとフォーメーションラップが開始される。グリッドに戻った全車がクリーンスタートした。

優勝は野島遼葵(Deep-R・10V・ED)

決勝2位は安田航(Fガレージ&SウインズSII)

決勝3位、マスタークラス優勝は秋山健也(スーパーウインズKKS・ED)

決勝4位は関根陽幹(オートルック☆10V)

決勝5位は下村剛司(SウィンズKENS2 ED)

決勝6位は板野貴毅(ZAPムトウ・サービス10V)

決勝7位は武者利仁(ZAP SPEED 10V ED)

決勝8位は本田千啓(オートルック☆モダン☆10V)

ゴール後クラッシュした安田航(Fガレージ&SウインズSII)

 スタートで本田の蹴り出しがやや弱く、2番手スタートの66号車・野島遼葵(Deep-R・10V ED)が並走して第1コーナーに向けてアウトからかぶせにかかる。その後方ではペナルティで3番手スタートとなった52号車・安田航(Fガレージ&SウインズSII)の初速が伸びず、4番手スタートの13号車・武者利仁(ZAP SPEED 10VED)が安田を出し抜くことに成功して3番手に浮上、本田の背後につけて第1コーナーに進入した。

 この密集状態の中で接触があったか第1コーナーで本田がいきなりスピン。アウト側にいた野島はこれでトップに立ち、武者と安田が本田を回避する隙に6番手スタートの1号車・関根陽幹(オートルック☆10V)、7番手スタートの3号車・秋山健也(スーパーウィンズKKS・ED)がポジションアップに成功。秋山2位、3位関根、4位武者、5位安田の順で1周目を終えた。スピンした本田はすぐに再スタート、最下位から追走を開始する。

 トップに立った野島は1周目から2位以下に差つけるとさらに加速、秋山をじわじわと引き離して3周目には2.816秒までギャップを築く。一方秋山の背後は0.36秒の差で関根、更に0.35秒の差で武者、と3台がテール・ツー・ノーズ状態で走っている。

 5周目になると野島と秋山のギャップは3.67秒まで開き、関根は相変わらず0.36秒差で秋山の背後に張り付き、その0.42秒後ろの武者には安田が0.28秒差と迫って来た。武者と安田は6周目に攻防をくりひろげて安田が4位の座を奪い取る。武者はここからペースが上がらなくなり、7周目に73号車・下村剛司(SウィンズKENS2 ED)に、8周目にチームメイトの10号車・板野貴穀(ZAPムトウ・サービス10V)にそれぞれかわされて7位までポジションを落としてしまう。

 1周目にスピンで最下位まで落ちた本田はファステストラップを出しながら9位まで順位を戻し、8位の91号車・澤井良太朗(ELEVレーシングドリームED)の後方につける。

 折り返しの9周目を終えて野島と秋山のギャップは5.56秒まで拡大、関根は0.33秒差で追う秋山を攻めあぐねているように見え、その間に武者を仕留めた安田が差を詰めており、10周目には1分00秒247というこの日のファステストラップを叩き出して関根を0.27秒差と攻め立てる。2位グループの秋山~関根~安田の3台は4周にわたってテール・ツー・ノーズで走り、その間に野島は7秒以上前を行く独走状態となる。

 2位争いをかき回したのは安田で15周目に3位関根の攻略に成功、この攻防の隙に0.62秒先行した秋山の追い上げを開始、16周目0.49秒差、17周目0.27秒差と終盤の2位争いを緊迫したものにして18周目、ファイナルラップに突入。各コーナーで秋山にゆさぶりをかけてチャンスを伺うとバックストレートで並びかけて最終コーナー出口でオーバーテイクに成功。秋山もメインストレートで追いすがったが0.18秒の差でフィニッシュラインを越えた。

 野島は2位に8.89秒の大差をつけ優勝、大きく上げた手でVの字を作って連勝をアピールしながらチェッカードフラッグを受けた。終盤戦を盛り上げた安田はこれで3戦連続の2位。1周目から2位の座を守り続けてきた秋山だがファイナルラップの最終コーナーで陥落、3位となり、結果として第2戦と同じ顔ぶれが表彰台に上がった。1周目から最後までテール・ツー・ノーズ状態で秋山を追い続けた関根は0.13秒差で表彰台を逃した。

 マスターズクラスは総合3位の秋山に続き、総合10位の46号車・本間隆史(MAT Racing 10VED)、総合11位の71号車・林寛樹(MURVゼンカイレーシングED)という順になった。

■決勝後のコメント

優勝 66号車・野島遼葵(Deep-R・10V・ED)
優勝した野島遼葵(Deep-R・10V・ED)

 「(スタート直後の第1コーナーでは何があった?)(本田選手と)並んで入ったが、たぶんインに巻き込んでしまったのだと思う。それに後続も引っかかったが、あれで差がついて自分が描いていた通りの展開に持ち込めた。マシンの調子は予選よりもよかったが、まだ煮詰める余地がある。連勝できて嬉しい」

2位 52号車・安田航(Fガレージ&SウインズSII)

決勝2位の安田航(Fガレージ&SウインズSII)

 「(最後の秋山選手との攻防は?)ちょっとギリギリだったが、秋山選手が(こちらを)見てラインを残してくれていたので、何とか入ることができた。(フィニッシュ後1コーナーでクラッシュした事について)元々ブレーキが怪しかったのだが、ブレーキが効かないところでシフトロックもしてしまいコーナーを(まっすぐ)行ってしまった。レース後でよかった。レース中だったら秋山選手とのバトルどころではなかった。(スタート直後に順位が下がったのは?)本田選手のスピンをインから避けるかアウトからか悩んでアウトに行った。どちらが正解かは分らないがそれで順位を落としたが、追い上げられたのでよかった。そうは言っても勝てなかったのは残念で、予選でのペナルティも反省して、次戦ことはポール・ツー・ウィンを飾りたい」

3位 3号車・秋山健也(スーパーウィンズKKS・ED)マスターズクラス1位

決勝3位、マスタークラスで優勝した秋山健也(スーパーウインズKKS・ED)

 「(3位に落ちたのは)最終ラップの最終コーナー入口でやられた。バックストレートで完全に追いつかれてしまっていたので、もうブロックはしなかった。スタートはまず2台くらい抜いて、その後本田選手が回ったところでうまく前に出られた」

7位 13号車・武者利仁(ZAP SPEED 10VED)

決勝7位の武者利仁(ZAP SPEED 10V ED)

 「(ポジションダウンの原因は?)マシンではなくドライバーである自分自身の問題。レースウィークを通じてどうしたら自分が速くなるか明確にすることができなくて、そこが問題だった。ちゃんと速い走り方を見つけないといけない」

8位 7号車・本田千啓(オートルック☆モダン☆10V)

決勝8位の本田千啓(オートルック☆モダン☆10V)

 「(スタート直後のスピンは?)スタート自体は普通で、外側に並ばれてイン側にラインを取った。そのままでは接触しそうで、さらにイン側に逃げようとしたら、縁石か何かに当たったのか、回ってしまった。もっと強気に出る事もできたが、それで当たったら元も子もないので回避した。(その後いいペースで走れていたが?)ラップタイム的にはトップとそん色なかったし、予選もフロントロウが狙えることが分かってきたので、次は普通にポールポジションを取って、リラックスした状態で決勝を迎えたい」

表彰式:左から2位・安田航、優勝・野島遼葵、3位・秋山健也

 2021年JAF筑波/富士スーパーFJ選手権シリーズ地方選手権第4戦は8月1日(日)に開催される。連勝でポイントを大きく伸ばした野島を誰が止めるか注目される。

Text: Junichi SEKINE
Photo: Kazuhiro NOINE
Asako SHIMA

筑波・富士S-FJ選手権

S-FJ:第3戦筑波公式予選 安田航トップタイムもペナルティで降格、本田千啓が初のポールポジションを獲得

 2021年JAF筑波/富士スーパーFJ選手権シリーズ地方選手権第3戦予選が5月23日(日)に筑波サーキットで開催され、ここまで連続ポールポジションを獲得している52号車・安田航(Fガレージ&SウインズSII)がトップタイムをマークしたが、ペナルティでグリッド降格。代わって2番手だった7号車・本田千啓(オートルック☆モダン☆10V)が自身初のポールポジションを獲得した。

ポールポジションは本田千啓(オートルック☆モダン☆10V)

予選2位は野島遼葵(Deep-R・10V・ED)

予選3位は安田航(Fガレージ&SウインズSII)

予選4位は武者利仁(ZAP SPEED 10V ED)

マスタークラスポールポジションは秋山健也(スーパーウインズKKS・ED)

 風が強く5月とは思えない寒さだった練習日とは打って変わって薄曇りながら暖かな予選の朝を迎え、第1戦/第2戦からの継続エントリーが12台あったスーパーFJは1台が出走取消。11台で予選を戦った。

 午前8時40分から20分間の予選が開始。コースは一部に湿った箇所があるがほぼドライコンデイション、前回優勝でポイントランキング首位の66号車・野島遼葵(Deep-R・10V ED)を先頭に全車がスリックタイヤでコースイン。  まずは残り17分時点で野島が1分00秒652でトップに立ち、安田が0.123秒の差で2番手につける。安田は次の周回で59秒981と59秒台にタイムを入れてトップに立つと、59秒896→59秒779とタイムを削りその座をキープ。野島も59秒995と1分を切るが安田を上回れず、残り13分のタイミングで本田が59秒962をマークして2番手に浮上する。

 勢いに乗る本田は次の周回で59秒718と安田を上回るタイムを出しトップを奪うが、安田はすかざず59秒573を出してこれを逆転、本田も59秒623を出すが0.05秒及ばない。そして第1戦でデビュー戦ながら予選でトップタイムを出した13号車・武者利仁(ZAP SPEED 10VED)59秒786で3番手に躍り出て野島は4番手へドロップ。

 残り10分となった時点で安田は59秒490とさらにタイムを刻み本田に差をつけ、野島も59秒758と武者を逆転、3番手に戻す。4番手武者の後ろには1号車・関根陽幹(オートルック☆10V)、マスターズクラストップの3号車・秋山健也(スーパーウィンズKKS・ED)が続いている。

 安田は59秒467までタイムを縮めてトップの座を確実なものにし、本田は残り2分のタイミングで59秒524と0.057秒差まで詰めたが及ばず2番手。野島、武者の順位も入れ替わらない中で、終盤順位を上げたのは73号車・下村剛司(SウィンズKENS2 ED)。59秒814で5番手となり、関根、秋山は6番手、7番手に下がった。マスターズクラスで秋山に続く2番手は、71号車・林寛樹(MURBゼンカイレーシングED)で全体10番手だった。

 これで安田の3戦連続ポールポジションが決まったかに思われたが、走路外走行が2か所あり、2グリッドの降格が裁定され3番手へダウン。本田が繰り上がりでポールポジションを獲得、野島2番手でフロントロウが確定した。

■予選後のコメント(予選終了直後のもの)

ポールポジション 7号車・本田千啓(オートルック☆モダン☆10V)59秒524 トップと0.057秒差

ポールポジションを獲得した本田千啓(オートルック☆モダン☆10V)

 「(予選終了直後)トップ行けるかと思ったのだが、最後のアタックで回ってしまっていたクルマがいて、そこでタイムロスしてしまった。いい感じで走れていたのでそこが悔しい。それでもトップとコンマ1くらいの差で、毎ラップその差を保持できていたので、レースになればいい感じに戦えるのではないかと思う。スタートで抜かしたい。(52号車がコントロールタワーに呼出されているので順位が入れ替わるかも)もしポールポジションからのスタートであれば、普通にスタートを切って1コーナーに入っていければ抜かれる事はないと思うので、無理はしないが頑張りたい」

2位 66号車・野島遼葵(Deep-R・10V ED)59秒758 トップと0.291秒差

予選2位の野島遼葵(Deep-R・10V・ED)

 「(予選終了直後)3番手は悔しい。マシンの感触は問題ないが1コーナーと第1ヘアピンでミスが多く、第1セクターが全くまとまらなかった。昨日の練習走行ではずっとユーズドタイヤで走っていて、新品タイヤでタイムを出しに行くタイミングが掴めずに終わってしまった感じ。決勝はスタートで前に出て押さえて行くしかいない」

3位 52号車・安田航(Fガレージ&SウインズSII)59秒248

PPと思われたが降格で予選3位の安田航(Fガレージ&SウインズSII)

 「(降格確定後)2グリッドの降格、3番手スタートになった。(こういうペナルティは)初めてだが攻めて走ったが故ではある。今後気を付けて次戦以降はないようにしたい。決勝は3番手でアウト側からのスタートにはいいイメージがあるので、気持ちを切り替えて頑張る」

4位 13号車・武者利仁(ZAP SPEED 10VED)59秒788 トップと0.321秒差

予選4位の武者利仁(ZAP SPEED 10V ED)

 「(予選後ずいぶん話し込んでいたが?)このタイムはすごく不満。レースウィークに入ってからタイムが上がらなくて59秒にすら入っていなかった。今日はやっと59秒台が出せたがトップとはコンマ3秒も離れている。この後監督とデータロガーなどでどこか悪いか調べて、決勝までに修正していきたい。マシンというより自分自身の問題で、路面コンディションに合わせたドライビングができていないので、そこを改善しなければ」

 決勝は12時30分スタート予定。予選後の各車のタイヤを観察して回っていたヨコハマタイヤの方の話では、トップタイムの安田のタイヤは非常にきれいに使われおり熱入れも早そうだが本田の方は熱入れに時間がかかった印象、また野島のタイヤは温度にバラつきがある様だとの事。 気温、路面温度ともに上昇が予想される決勝ではこの差がどこかに出るかも注目だ。

Text: Junichi SEKINE
Photo: Kazuhiro NOINE

スーパー耐久

S耐:第3戦富士決勝 サバイバルレースを制したDAISHIN GT3 GT-Rが24時間を走って総合優勝

グループ1のスタートシーン グループ2のスタートシーン

 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook第3戦「NAPAC富士SUPER TEC24時間レース」が22~23日に静岡県の富士スピードウェイで行われ、24時間を走りきった81号車・DAISHIN GT3 GT-Rが総合優勝を飾った。

 24時間レースは22日の午後3時、51チームが参加してフォーメーションラップが始まった。昨日の予選が中止になった荒天から天候も回復。予選が行われなかったためポイントランキング順でスタートが切られた。

総合&ST-Xクラスで優勝した81号車・DAISHIN GT3 GT-R

 7チームが参加したST-Xクラスはサバイバルレースとなった。22日午後5時過ぎには777号車・D'station Vantage GT3がクラッシュ。序盤からトップを快走していたのは290号車・Floral UEMATSU FG 720S GT3だったが日付が変わった23日午前1時過ぎ電気系トラブルでストップ。31号車・LEXUS RCF GT3は夜明け前にマシンから出火。早朝には999号車・CARGUY NSX-GT3がタイヤが外れストップと各チームにトラブルが襲う。

 この中で生き残ったのは81号車・DAISHIN GT3 GT-R。290号車のトラブルでトップに立つと残りの半日以上を大きなトラブルも無く快走。今年の24時間レースを制した。

ST-Zクラスで優勝した3号車・ENDLESS AMG GT4

 10チームが参加したST-Zクラスは序盤から20号車・SS/YZ Studie BMWがリード。日付が変わる前に3号車・ENDLESS AMG GT4がトップに立つと、そのまま優勝。総合でも3位に入った。

水素エンジン車の32号車・ORC ROOKIE Corolla H2 concept ST-Qクラストップでゴールした28号車・ORC ROOKIE Racing GR SUPRA

 水素エンジン車の参戦で注目を浴びたST-Qクラスだが、そのMORIZOことトヨタ自動車社長・豊田章男氏がドライブしたのが32号車・ORC ROOKIE Corolla H2 concept。水素での走行可能な1スティントが短く、35回ものピットストップを行い358周をまわり見事完走、レース初参戦の水素エンジン車に新たな歴史を刻んだ。なお、トップでゴールしたのは28号車・ORC ROOKIE Racing GR SUPRAだったが、このクラスは賞典外で順位認定はされない。

ST-TCRクラス優勝は97号車・Racer Hondaカーズ桶川CIVIC

 2チームが参加したST-TCRクラスは序盤から75号車・おとぎの国CIVIC TCRが独走していたが、折り返し前にトラブルで後退。97号車・Racer Hondaカーズ桶川CIVICが優勝した。

ST-1クラス優勝は2号車・シンティアムアップルKTM

 3チームが参加したST-1クラスは序盤からトップを快走していた2号車・シンティアムアップルKTMが逃げ切りそのまま優勝。総合でも2位に入った。

ST-2クラス優勝は7号車・新菱オート☆VARIS☆DXL☆EVO10

 7チームが参加したST-2クラスは、225号車・KTMS GR YARIS、59号車・DAMD MOTUL ED WRX STIがトップに顔を出すが、最終的には23日正午前にトップに立った7号車・新菱オート☆VARIS☆DXL☆EVO10が優勝した。

ST-3クラス優勝は62号車・HELM MOTORSPORTS RC350

 6チームが参加したST-3クラスは序盤トップに立っていた52号車・埼玉トヨペットGBクラウンRSが日付が変わる前にトラブルで後退、代わってトップに立った62号車・HELM MOTORSPORTS RC350がそのまま逃げ切り優勝した。

ST-4クラス優勝は18号車・Weds Sport 86

 3チームが参加したST-4クラスは23日午前中まで884号車・林テレンプSHADE RACING 86がトップを快走していたが、逆転した18号車・Weds Sport 86が優勝した。

ST-5クラス優勝は456号車・odula Start5 Roadster

 12チームの最大勢力となったST-5クラスは、66号車・odula TONE MOTULロードスターと456号車・odula Start5 Roadsterのチームメート同士の一騎打ちとなった。最終的には24時間を走って0秒210の僅差で逃げ切った456号車が優勝した。

ST-Xクラスの表彰式 ST-Zクラスの表彰式 ST-TCRクラスの表彰式 ST-1クラスの表彰式 ST-2クラスの表彰式 ST-3クラスの表彰式 ST-4クラスの表彰式 ST-5クラスの表彰式

 第4戦は8月1日に大分県のオートポリスに舞台を移し5時間レースとして開催される。

Text: Yosinori OHNISHI
Photo: Keiichiro TAKESHITA

筑波・富士S-FJ選手権

S-FJ:第3戦筑波決勝結果

SCCN MAY RACE MEETING in TSUKUBA -RIJ- (2021/05/23) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2021 筑波/富士スーパFJ選手権シリーズ Round 3 筑波サーキット 2.045km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
LapTimeBehindGap
166野島 遼葵Deep-R・10V・ED
TOKYO R&D RD10V
1818'12.991--
252安田 航Fガレージ&SウインズSII
MYST KK-S2
1818'21.872 8.881 8.881
33M1秋山 健也スーパーウインズKKS・ED
MYST KK-S
1818'22.051 9.060 0.179
41関根 陽幹オートルック☆10V
TOKYO R&D RD10V
1818'22.179 9.188 0.128
573下村 剛司SウィンズKENS2 ED
MYST KK-S2
1818'24.60611.615 2.427
610板野 貴毅ZAPムトウ・サービス10V
TOKYO R&D RD10V
1818'24.94911.958 0.343
713武者 利仁ZAP SPEED 10V ED
TOKYO R&D RD10V
1818'28.99916.008 4.050
87本田 千啓オートルック☆モダン☆10V
TOKYO R&D RD10V
1818'29.31416.323 0.315
991澤井 良太朗ELEVレーシングドリームED
TOKYO R&D RD10V
1818'38.37525.384 9.061
1046M2本間 隆史MAT Racing 10V ED
TOKYO R&D RD10V
1818'46.68833.697 8.313
1171M3林 寛樹MURBゼンカイレーシングED
MYST KK-S2
1819'07.52354.53220.835
---- 以上規定周回数(90% - 16Laps)完走 ----
  • Fastest Lap: CarNo.52 安田 航(Fガレージ&SウインズSII) 1'00.247 (10/18) 122.197km/h

筑波・富士S-FJ選手権

S-FJ:第3戦筑波公式予選結果

SCCN MAY RACE MEETING in TSUKUBA -RIJ- (2021/05/23) Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2021 筑波/富士スーパFJ選手権シリーズ Round 3 筑波サーキット 2.045km

PosClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
TimeBehindGapkm/h
1*52安田 航Fガレージ&SウインズSII
MYST KK-S2
0'59.467--123.800
27本田 千啓オートルック☆モダン☆10V
TOKYO R&D RD10V
0'59.524 0.057 0.057123.681
366野島 遼葵Deep-R・10V・ED
TOKYO R&D RD10V
0'59.758 0.291 0.234123.197
413武者 利仁ZAP SPEED 10V ED
TOKYO R&D RD10V
0'59.788 0.321 0.030123.135
573下村 剛司SウィンズKENS2 ED
MYST KK-S2
0'59.814 0.347 0.026123.082
61関根 陽幹オートルック☆10V
TOKYO R&D RD10V
0'59.868 0.401 0.054122.971
73M1秋山 健也スーパーウインズKKS・ED
MYST KK-S
1'00.035 0.568 0.167122.628
810板野 貴毅ZAPムトウ・サービス10V
TOKYO R&D RD10V
1'00.045 0.578 0.010122.608
991澤井 良太朗ELEVレーシングドリームED
TOKYO R&D RD10V
1'00.265 0.798 0.220122.160
1071M2林 寛樹MURBゼンカイレーシングED
MYST KK-S2
1'00.862 1.395 0.597120.962
1146M3本間 隆史MAT Racing 10V ED
TOKYO R&D RD10V
1'00.968 1.501 0.106120.752
---- 以上基準タイム(130% - 1'17.457)予選通過 ----
-11RockyオートルックRocky
TOKYO R&D RD10V
absence---
  • CarNo.52は、筑波サーキット一般競技規則第19条1.違反(走路外走行2回)により、2グリッド降格とする。

スーパー耐久

S耐:第3戦富士決勝結果

【総合】

NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2021/05/23) Final Race Weather:Cloudy/Fine Course:Dry
2021 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook Round 3 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
Car
Maker Model
Team
WhLapTimeBehindGap
181ST-X1DAISHIN GT3 GT-R
NISSAN R35 GT3 GT-R
GTNET MOTOR SPORTS
76324:01'19.018--
22ST-11シンティアムアップルKTM
KTM GT-X
KsフロンティアKTMカーズ
1072824:02'48.00035Laps35Laps
33ST-Z1ENDLESS AMG GT4
Mercedes AMG GT4
ENDLESS SPORTS
1572424:02'50.97939Laps4Laps
420ST-Z2SS/YZ Studie BMW
BMW M4GT4
SS/YZ RACING with Studie
72324:01'33.98740Laps1Lap
5777ST-X2D'station Vantage GT3
Aston Martin Vantage AMR GT3
D'station Racing
5072124:01'54.50042Laps2Laps
6500ST-Z35 ZIGEN AMG GT4
Mercedes AMG GT4
TEAM 5ZIGEN
1572024:01'40.42743Laps1Lap
7885ST-Z4林テレンプSHADE RACING GR SUPRA GT4
TOYOTA GR SUPRA GT4
林テレンプSHADE RACING
71724:02'14.84446Laps3Laps
8108ST-Z5アスラーダVer.SUPRA
TOYOTA GR SUPRA GT4
新世紀サイバーフォーミュラレーシングwith RFC
70924:02'44.69454Laps8Laps
938ST-12muta Racing GR SUPRA
TOYOTA GR SUPRA
TRACY SPORTS
1070524:01'57.58358Laps4Laps
10290ST-X3Floral UEMATSU FG 720S GT3
McLaren 720S GT3
Floral Racing with ABSSA
3069824:01'21.75165Laps7Laps
1162ST-31HELM MOTORSPORTS RC350
TOYOTA LEXUS RC350
HELM MOTORSPORTS
1069524:02'06.52868Laps3Laps
128ST-13BMW M2CS racing
BMW M2CS racing
BMW Team Studie
1069524:02'47.10668Laps40.578
13999ST-X4CARGUY NSX-GT3
Honda NSX-GT3
Carguy Racing
5069324:01'41.00470Laps2Laps
1441ST-32エアバスター55 Garage RC350 TWS
TOYOTA LEXUS RC350
TRACY SPORTS with DELTA
68724:02'40.91976Laps6Laps
1515ST-33岡部自動車レカロルーニースポーツ
NISSAN Fairlady Z Z34
OKABE JIDOSHA motorsport
68524:02'10.44178Laps2Laps
16244ST-34QUEEN EYES 34Z
NISSAN Fairlady Z Z34
Max Racing
2568024:02'10.40883Laps5Laps
177ST-21新菱オート☆VARIS☆DXL☆EVO10
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
シンリョウレーシングチーム
2567324:02'55.64390Laps7Laps
1839ST-35エアーバスターWinmax RC350 TWS
TOYOTA LEXUS RC350
TRACY SPORTS with DELTA
3067024:02'40.97393Laps3Laps
1933ST-X5TSK Audi R8 LMS
Audi R8 LMS
Audi Team Hitotsuyama
66724:01'55.96496Laps3Laps
2024ST-22GV Race Analytics GR YARIS
TOYOTA GR YARIS
GRANVALLEY RACING
5066324:01'56.133100Laps4Laps
2118ST-41Weds Sport 86
TOYOTA 86
浅野レーシングサービス
64624:02'19.485117Laps17Laps
2259ST-23DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
TOWA INTEC Racing
64524:01'31.084118Laps1Lap
2397ST-TCR1Racer Hondaカーズ桶川CIVIC
Honda CIVIC TYPE R TCR
Racer M&K Racing
2063524:02'16.110128Laps10Laps
24884ST-42林テレンプSHADE RACING 86
TOYOTA 86
林テレンプSHADE RACING
1063124:01'24.807132Laps4Laps
25456ST-51odula Start5 Roadster
MAZDA ROADSTER
OVER DRIVE
1563124:01'43.996132Laps19.189
2666ST-52odula TONE MOTULロードスター
MAZDA ROADSTER
OVER DRIVE
2063124:01'44.206132Laps 0.210
2788ST-53村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
村上モータース
562924:02'40.366134Laps2Laps
2822ST-Z6WAIMARAMA EBI Cayman GT4
Porsche 718 Cayman GT4 CS
Porsche Team EBI WAIMARAMA
2562724:02'11.805136Laps2Laps
296ST-24新菱オート☆NEO GLOBE☆DXL☆EVO10
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
シンリョウレーシングチーム
1562624:02'55.739137Laps1Lap
3017ST-54DXLアラゴスタNOPROデミオディーゼル
MAZDA DEMIO XD
TEAM NOPRO
62524:02'43.540138Laps1Lap
314ST-55THE BRIDE FIT
Honda FIT RS
チームBRIDE
62524:03'16.047138Laps32.507
3275ST-TCR2おとぎの国CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R TCR
Team Noah
2062224:02'17.384141Laps3Laps
3337ST-56ワコーズNOPROデミオディーゼル
MAZDA DEMIO XD
TEAM NOPRO
61724:02'26.374146Laps5Laps
3472ST-57Ti Racing☆NATS☆ロードスター
MAZDA ROADSTER
日本自動車大学校
1061324:01'35.325150Laps4Laps
35103ST-58ヒロマツデミオマツダ2
MAZDA MAZDA2
HM RACERS
1060924:03'20.259154Laps4Laps
36310ST-43GR Garage水戸インターGR86
TOYOTA 86
C.S.I Racing
60824:03'17.979155Laps1Lap
3730ST-Z7JMS RACING AMG GT4 with B-MAX
Mercedes AMG GT4 ASIA
B-MAX ENGINEERING
60124:02'55.230162Laps7Laps
3856ST-25Claris Racing GR YARIS
TOYOTA GR YARIS
Claris Racing
59624:02'17.916167Laps5Laps
3967ST-59YAMATO FIT
Honda FIT RS
TEAM YAMATO
57724:02'13.302186Laps19Laps
40505ST-Z8エヴァRT初号機Audi R8 LMS GT4
Audi R8 LMS GT4
Audi Team AS Sport
56624:02'05.126197Laps11Laps
4152ST-36埼玉トヨペットGBクラウンRS
TOYOTA CROWN RS
埼玉トヨペットGreen Brave
3551224:02'03.261251Laps54Laps
4247ST-Z9D'station Vantage GT4
Aston Martin Vantage AMR GT4
D'station Racing
1050624:01'54.547257Laps6Laps
4350ST-510LOVEDRIVEロードスター
MAZDA ROADSTER
LOVEDRIVE RACING
49624:02'29.580267Laps10Laps
44222ST-511Honda Cars Tokai J-net Fit
Honda FIT RS
Honda Cars Tokai
49124:02'54.489272Laps5Laps
---- 以上規定周回数完走 ----
-28ST-Q-ORC ROOKIE Racing GR SUPRA
TOYOTA GR SUPRA
ROOKIE Racing
65024:01'53.171113Laps-159Laps
-225ST-2-KTMS GR YARIS
TOYOTA GR YARIS
KTMS KOBE TOYOPET MOTOR SPORTS
5050317:42'07.351260Laps147Laps
-9ST-X-MP Racing GT-R
NISSAN R35 GT3 GT-R
MP Racing
47324:02'20.495290Laps30Laps
-78ST-5-LOVEDRIVEロードスター
MAZDA ROADSTER
LOVEDRIVE RACING
42718:52'33.126336Laps46Laps
-32ST-Q-ORC ROOKIE Corolla H2 concept
TOYOTA Corolla SPORT
ROOKIE Racing
35824:01'53.028405Laps69Laps
-31ST-X-LEXUS RCF GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
apr
33313:41'55.944430Laps25Laps
-743ST-2-Honda R&D Challenge FK8
Honda CIVIC TYPE R FK8
Honda R&D Challenge
1028924:01'53.304474Laps44Laps

【クラス別】

■ST-Xクラス

NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2021/05/23) Final Race Weather:Cloudy/Fine Course:Dry
2021 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook Round 3 ST-X class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoCar
Maker Model
Team
WhLapTimeBehindGap
181DAISHIN GT3 GT-R
NISSAN R35 GT3 GT-R
GTNET MOTOR SPORTS
76324:01'19.018--
2777D'station Vantage GT3
Aston Martin Vantage AMR GT3
D'station Racing
5072124:01'54.50042Laps42Laps
3290Floral UEMATSU FG 720S GT3
McLaren 720S GT3
Floral Racing with ABSSA
3069824:01'21.75165Laps23Laps
4999CARGUY NSX-GT3
Honda NSX-GT3
Carguy Racing
5069324:01'41.00470Laps5Laps
533TSK Audi R8 LMS
Audi R8 LMS
Audi Team Hitotsuyama
66724:01'55.96496Laps26Laps
---- 以上規定周回数完走 ----
-9MP Racing GT-R
NISSAN R35 GT3 GT-R
MP Racing
47324:02'20.495290Laps194Laps
-31LEXUS RCF GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
apr
33313:41'55.944430Laps140Laps

■ST-Zクラス

NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2021/05/23) Final Race Weather:Cloudy/Fine Course:Dry
2021 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook Round 3 ST-Z class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoCar
Maker Model
Team
WhLapTimeBehindGap
13ENDLESS AMG GT4
Mercedes AMG GT4
ENDLESS SPORTS
1572424:02'50.979--
220SS/YZ Studie BMW
BMW M4GT4
SS/YZ RACING with Studie
72324:01'33.9871Lap 1Lap
35005 ZIGEN AMG GT4
Mercedes AMG GT4
TEAM 5ZIGEN
1572024:01'40.4274Laps3Laps
4885林テレンプSHADE RACING GR SUPRA GT4
TOYOTA GR SUPRA GT4
林テレンプSHADE RACING
71724:02'14.8447Laps3Laps
5108アスラーダVer.SUPRA
TOYOTA GR SUPRA GT4
新世紀サイバーフォーミュラレーシングwith RFC
70924:02'44.69415Laps8Laps
622WAIMARAMA EBI Cayman GT4
Porsche 718 Cayman GT4 CS
Porsche Team EBI WAIMARAMA
2562724:02'11.80597Laps82Laps
730JMS RACING AMG GT4 with B-MAX
Mercedes AMG GT4 ASIA
B-MAX ENGINEERING
60124:02'55.230123Laps26Laps
8505エヴァRT初号機Audi R8 LMS GT4
Audi R8 LMS GT4
Audi Team AS Sport
56624:02'05.126158Laps35Laps
947D'station Vantage GT4
Aston Martin Vantage AMR GT4
D'station Racing
1050624:01'54.547218Laps60Laps
---- 以上規定周回数完走 ----

■ST-TCRクラス

NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2021/05/23) Final Race Weather:Cloudy/Fine Course:Dry
2021 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook Round 3 ST-TCR class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoCar
Maker Model
Team
WhLapTimeBehindGap
197Racer Hondaカーズ桶川CIVIC
Honda CIVIC TYPE R TCR
Racer M&K Racing
2063524:02'16.110--
275おとぎの国CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R TCR
Team Noah
2062224:02'17.38413Laps13Laps
---- 以上規定周回数完走 ----

■ST-Qクラス

NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2021/05/23) Final Race Weather:Cloudy/Fine Course:Dry
2021 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook Round 3 ST-Q class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoCar
Maker Model
Team
WhLapTimeBehindGap
-28ORC ROOKIE Racing GR SUPRA
TOYOTA GR SUPRA
ROOKIE Racing
65024:01'53.171--
-32ORC ROOKIE Corolla H2 concept
TOYOTA Corolla SPORT
ROOKIE Racing
35824:01'53.028292Laps292Laps

■ST-1クラス

NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2021/05/23) Final Race Weather:Cloudy/Fine Course:Dry
2021 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook Round 3 ST-1 class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoCar
Maker Model
Team
WhLapTimeBehindGap
12シンティアムアップルKTM
KTM GT-X
KsフロンティアKTMカーズ
1072824:02'48.000--
238muta Racing GR SUPRA
TOYOTA GR SUPRA
TRACY SPORTS
1070524:01'57.58323Laps23Laps
38BMW M2CS racing
BMW M2CS racing
BMW Team Studie
1069524:02'47.10633Laps10Laps
---- 以上規定周回数完走 ----

■ST-2クラス

NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2021/05/23) Final Race Weather:Cloudy/Fine Course:Dry
2021 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook Round 3 ST-2 class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoCar
Maker Model
Team
WhLapTimeBehindGap
17新菱オート☆VARIS☆DXL☆EVO10
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
シンリョウレーシングチーム
2567324:02'55.643--
224GV Race Analytics GR YARIS
TOYOTA GR YARIS
GRANVALLEY RACING
5066324:01'56.13310Laps10Laps
359DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
TOWA INTEC Racing
64524:01'31.08428Laps18Laps
46新菱オート☆NEO GLOBE☆DXL☆EVO10
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
シンリョウレーシングチーム
1562624:02'55.73947Laps19Laps
556Claris Racing GR YARIS
TOYOTA GR YARIS
Claris Racing
59624:02'17.91677Laps30Laps
---- 以上規定周回数完走 ----
-225KTMS GR YARIS
TOYOTA GR YARIS
KTMS KOBE TOYOPET MOTOR SPORTS
5050317:42'07.351170Laps93Laps
-743Honda R&D Challenge FK8
Honda CIVIC TYPE R FK8
Honda R&D Challenge
1028924:01'53.304384Laps214Laps

■ST-3クラス

NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2021/05/23) Final Race Weather:Cloudy/Fine Course:Dry
2021 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook Round 3 ST-3 class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoCar
Maker Model
Team
WhLapTimeBehindGap
162HELM MOTORSPORTS RC350
TOYOTA LEXUS RC350
HELM MOTORSPORTS
1069524:02'06.528--
241エアバスター55 Garage RC350 TWS
TOYOTA LEXUS RC350
TRACY SPORTS with DELTA
68724:02'40.9198Laps8Laps
315岡部自動車レカロルーニースポーツ
NISSAN Fairlady Z Z34
OKABE JIDOSHA motorsport
68524:02'10.44110Laps2Laps
4244QUEEN EYES 34Z
NISSAN Fairlady Z Z34
Max Racing
2568024:02'10.40815Laps5Laps
539エアーバスターWinmax RC350 TWS
TOYOTA LEXUS RC350
TRACY SPORTS with DELTA
3067024:02'40.97325Laps10Laps
652埼玉トヨペットGBクラウンRS
TOYOTA CROWN RS
埼玉トヨペットGreen Brave
3551224:02'03.261183Laps158Laps
---- 以上規定周回数完走 ----

■ST-4クラス

NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2021/05/23) Final Race Weather:Cloudy/Fine Course:Dry
2021 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook Round 3 ST-4 class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoCar
Maker Model
Team
WhLapTimeBehindGap
118Weds Sport 86
TOYOTA 86
浅野レーシングサービス
64624:02'19.485--
2884林テレンプSHADE RACING 86
TOYOTA 86
林テレンプSHADE RACING
1063124:01'24.80715Laps15Laps
3310GR Garage水戸インターGR86
TOYOTA 86
C.S.I Racing
60824:03'17.97938Laps23Laps
---- 以上規定周回数完走 ----

■ST-5クラス

NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2021/05/23) Final Race Weather:Cloudy/Fine Course:Dry
2021 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook Round 3 ST-5 class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoCar
Maker Model
Team
WhLapTimeBehindGap
1456odula Start5 Roadster
MAZDA ROADSTER
OVER DRIVE
1563124:01'43.996--
266odula TONE MOTULロードスター
MAZDA ROADSTER
OVER DRIVE
2063124:01'44.206 0.210 0.210
388村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
村上モータース
562924:02'40.3662Laps2Laps
417DXLアラゴスタNOPROデミオディーゼル
MAZDA DEMIO XD
TEAM NOPRO
62524:02'43.5406Laps4Laps
54THE BRIDE FIT
Honda FIT RS
チームBRIDE
62524:03'16.0476Laps32.507
637ワコーズNOPROデミオディーゼル
MAZDA DEMIO XD
TEAM NOPRO
61724:02'26.37414Laps8Laps
772Ti Racing☆NATS☆ロードスター
MAZDA ROADSTER
日本自動車大学校
1061324:01'35.32518Laps4Laps
8103ヒロマツデミオマツダ2
MAZDA MAZDA2
HM RACERS
1060924:03'20.25922Laps4Laps
967YAMATO FIT
Honda FIT RS
TEAM YAMATO
57724:02'13.30254Laps32Laps
1050LOVEDRIVEロードスター
MAZDA ROADSTER
LOVEDRIVE RACING
49624:02'29.580135Laps81Laps
11222Honda Cars Tokai J-net Fit
Honda FIT RS
Honda Cars Tokai
49124:02'54.489140Laps5Laps
---- 以上規定周回数完走 ----
-78LOVEDRIVEロードスター
MAZDA ROADSTER
LOVEDRIVE RACING
42718:52'33.126204Laps64Laps
  • Fastest Lap: CarNo.81 DAISHIN GT3 GT-R(GTNET MOTOR SPORTS) 1'40.357 (454/763) 163.684km/h

鈴鹿S-FJ選手権

S-FJ:第2戦鈴鹿決勝 最終ラップシケインの攻防を制した岡本大地が2連勝、2位に佐藤巧望が、3位に上野大哲が入る

12周の決勝がスタートした

 スーパーFJ鈴鹿シリーズ第2戦は22日、三重県の鈴鹿サーキットで行われているクラブマンレース第2戦で決勝を行い、岡本大地(FTK・レヴレーシングガレージ)が12周を回って優勝した。

森山冬星と居附明利の争い

一時は岡本大地をパスしてトップに立った佐藤巧望

優勝は岡本大地(FTK・レヴレーシングガレージ)

決勝2位は佐藤巧望(MYST.KK-SII.制動屋)

決勝3位は上野大哲(SACCESS RACING ES)

決勝4位は冨田自然(MYST KKS-Ⅱ/ArugaSupport香川)

ペナルティーで18位の居附明利(イーグルスポーツKKS-2)

 決勝は午後2時15分より12周。空は薄雲があるものの初夏を思わせる陽気の中、フォーメーションラップが始まった。予選6位の髙口大将(FTK・レヴレーシングガレージ)はヘアピンでスピンし、隊列に復帰したものの最後尾に付かず、自身のグリッドに戻ったため後にペナルティーが科されることとなる。

 スタートではポールポジションの岡本大地(FTK・レヴレーシングガレージ)と同2位の佐藤巧望(MYST.KK-SII.制動屋)はポジションを守り1コーナーを通過。予選3位の居附明利(イーグルスポーツKKS-2)は動き出しが鈍く6位まで後退する。3位には同4位の上野大哲(SACCESS RACING ES)、4位には同7位から森山冬星(DIXCEL☆ROYAL/MYST)がジャンプアップ。5位には予選順位のまま冨田自然(MYST KKS-Ⅱ/ArugaSupport香川)が、6位に居附が続く。

 トップに立った岡本は2周目には2位以下を2秒離し早くも逃げ切り体制に入る。3周目には森山が130Rで上野をパスして3位に、居附も4位に上がってきた。

 勢いに乗る4位居附は、ヘアピンで森山をインからパスし3位に上がるが、森山も引かず、続く200Rでこの2人は接触。森山はコースアウトしここでレースは終了。居附はスピンするもののレースに5位で復帰した。これで3位に富田上がり、上野が4位に続く。

 6周目に岡本が2位佐藤を4秒1離したところで、スプーンでコース上に停止したマシンがあったためセーフティーカー(SC)が導入される。

 この時点でトップは岡本、2位に佐藤、3位に富田、4位に上野、5位に居附、6位にはベテランの太田浩(ミスト・セキグチ・制動屋)が上がってきた。

 SCは9周を回ってピットイン。レースは10周目から残り3周で再開される。

 リスタートではトップ岡本に2位の佐藤が襲いかかりテールトゥノーズの争いに。11周目には佐藤が岡本のスリップから抜け出し、1コーナーでインからパスしトップに立つ。また、4位の上野が富田をインから捉え3位に浮上。

 最終ラップ。2位に落ちた岡本もあきらめない。130Rで佐藤のテールに張り付くと、シケイン侵入でアウトからパスすると見せかけインにマシンを振り、フルブレーキング。佐藤に並びかけついにシケインでトップを奪い返した。

 優勝は岡本で第1戦に続きポールトゥウィン。初優勝を逃した佐藤は惜しくも2位、3位には上野が入った。

 4位には富田が、5位には居附が入ったが、接触で40秒の加算のペナルティーを科され18位に後退。5位には予選8位から小松響(Rn-sports・OKABE・KKSII)が、6位には予選15位から三島優輝(Rn-Sports制動屋KKSII)が入った。

 第3,4戦はここ鈴鹿サーキットフルコースで6月19、20日に開催される。第4戦は第3戦のリバースグリッドとなる予定だ。

左から2位・佐藤巧望、優勝・岡本大地、3位・上野大哲

優勝 岡本大地(FTK・レヴレーシングガレージ)
 「いままで10周のレースでしたが12周だと燃料がもつかどうか心配だったので、そこをケアするのとタイヤも連続走行したことなく路温も上がって難しいコンディションでした。SC前はプッシュしてたのでタイヤを使ったのかと心配でした。SC後は逃げ切ろうという感じではなくてスリップに入られたら厳しいと思っていました。最後のシケインは経験の差かなと思います」
2位 佐藤巧望(MYST.KK-SII.制動屋)
 「序盤は岡本選手のウォームアップが良かったのか離されてしまいました。タイヤもたれて厳しかったですがSCのおかげで差が縮まって、ウォームアップも良くて抜くことができました。最終ラップのシケインは周回を間違えていてもう1周あると思っていて、強引にブロックしませんでした。軽く押さえた程度だったので抜かれてしまいました」
3位 上野大哲(SACCESS RACING ES)
 「今回12周に増えたので前半は押さえてタイヤを大事にしてたんですが、たれてくるのが早くてSCが入るまでは5位まで落ちてしまいました。SC後はクリーンなバトルができて接触もなく一度1コーナーで抜かれましたが、1セクターで押さえて逃げ切ることができました。予選より下がらなくてよかったです」
初レースを18位で終えた居附明利(イーグルスポーツKKS-2)
初レースをペナルティーの18位で終えた居附明利  「スタート大失敗して6位まで落ちてしまいました。16秒台は岡本選手と佐藤選手とぼくだけでトップ集団に付いていけるペースでした。ヘアピンで3位に上がりアウトから寄せていったら森山選手が引かなかったので当たってしまい、スピンしてしまいました。再スタートはできましたが、フロントウイングが曲がり、アライメントも狂ってしまい、SC後は勝負になりませんでした。予選が3位だったので悔しいです。決勝で力を出せなかったので60点ですね。残りのレースも日本一決定戦まで全部出ます」
Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum
Yoshinori OHNISHI

鈴鹿S-FJ選手権

S-FJ:第2戦鈴鹿決勝結果

鈴鹿クラブマンレース第2戦 -RIJ- (2021/05/23) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2021 S-FJ鈴鹿シリーズ Round 2 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
LapTimeBehindGap
18岡本 大地FTK・レヴレーシングガレージ
MYST KK-S2
1230'34.143--
256佐藤 巧望MYST.KK-SII.制動屋
MYST KK-S2
1230'34.223 0.080 0.080
338上野 大哲SACCESS RACING ES
MYST KK-S2
1230'36.476 2.333 2.253
468冨田 自然MYST KKS-Ⅱ/ArugaSupport香川
MYST KK-S2
1230'37.028 2.885 0.552
515小松 響Rn-sports・OKABE・KKSII
MYST KK-S2
1230'41.883 7.740 4.855
611三島 優輝Rn-Sports制動屋KKSII
MYST KK-S2
1230'42.265 8.122 0.382
721太田 浩ミスト・セキグチ・制動屋
MYST KK-S2
1230'42.762 8.619 0.497
855板倉 慎哉AMORE TOKYO☆表参道☆KKSII
TOKYO R&D RD10V
1230'43.722 9.579 0.960
950新原 光太郎RD10V/Ride on Dream
TOKYO R&D RD10V
1230'44.58710.444 0.865
1033伊藤 慎之典テイクファースト&チャリ走! 10V
TOKYO R&D RD10V
1230'47.04212.899 2.455
1151岸本 尚将Tamayura Athle ABBEY KKSII
MYST KK-S2
1230'49.17715.034 2.135
1224碓井 剛C.O.B-KART
MYST KK-S2
1230'51.79117.648 2.614
1370南部 和哉Leprix Sport KK-SII
MYST KK-S2
1230'52.94718.804 1.156
140夕田 大助LAPS
MYST KK-S2
1230'54.29920.156 1.352
159上吹越 哲也FTK・レヴレーシング
MYST KK-S2
1230'54.42420.281 0.125
1659松田 大輝K-TACK MYST KK-SII
MYST KK-S2
1230'57.35723.214 2.933
1754山田 健nutecレプリRD10V
TOKYO R&D RD10V
1231'11.58037.43714.223
18*39居附 明利イーグルスポーツKKS-2
MYST KK-S2
1231'19.15445.011 7.574
---- 以上規定周回数(90% - 10Laps)完走 ----
-86木村 龍祐せいどうやCF亜衣KK-S2
MYST KK-S2
511'44.7827Laps7Laps
-87森山 冬星DIXCEL☆ROYAL/MYST
MYST KK-S2
49'12.9188Laps1Lap
-*61高木 悠帆MYST KK-SⅡ
MYST KK-S2
49'29.3278Laps16.409
-*5髙口 大将FTK・レヴレーシングガレージ
MYST KK-S2
0失格--
  • Fastest Lap: CarNo.8 岡本大地(FTK・レヴレーシングガレージ) 2'16.378 (4/12) 153.289km/h
  • CarNo.39は、鈴鹿クラブマンレースシリーズ規則第56条1)①②(妨害行為)により、競技結果に40秒を加算した。
  • CarNo.61は、鈴鹿クラブマンレースシリーズ規則第54条5)(スタート手順)違反によりドライビングスルーペナルティーを科したがリタイアのため未消化。
  • CarNo.5は、鈴鹿クラブマンレースシリーズ規則第73条3)(罰則の不履行)により失格とし、同規則第73条6)(黒旗無視)のため次戦を5グリッド降格とする。

スーパー耐久

S耐:第3戦富士決勝18時間経過

NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2021/05/23) After 18 hours Weather:Cloudy Course:Dry
2021 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook Round 3 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
Car
Maker Model
Team
WhLapTimeBehindGap
181ST-X1DAISHIN GT3 GT-R
NISSAN R35 GT3 GT-R
GTNET MOTOR SPORTS
57218:01'55.522--
22ST-11シンティアムアップルKTM
KTM GT-X
KsフロンティアKTMカーズ
1054318:01'58.15229Laps29Laps
33ST-Z1ENDLESS AMG GT4
Mercedes AMG GT4
ENDLESS SPORTS
1554118:01'53.47931Laps2Laps
420ST-Z2SS/YZ Studie BMW
BMW M4GT4
SS/YZ RACING with Studie
53718:01'59.24835Laps4Laps
5500ST-Z35 ZIGEN AMG GT4
Mercedes AMG GT4
TEAM 5ZIGEN
1553618:01'40.31936Laps1Lap
6999ST-X2CARGUY NSX-GT3
Honda NSX-GT3
Carguy Racing
5053418:01'13.70038Laps2Laps
7885ST-Z4林テレンプSHADE RACING GR SUPRA GT4
TOYOTA GR SUPRA GT4
林テレンプSHADE RACING
53418:01'24.38138Laps10.681
838ST-12muta Racing GR SUPRA
TOYOTA GR SUPRA
TRACY SPORTS
1053018:01'39.72142Laps4Laps
9777ST-X3D'station Vantage GT3
Aston Martin Vantage AMR GT3
D'station Racing
5052918:01'29.66843Laps1Lap
10108ST-Z5アスラーダVer.SUPRA
TOYOTA GR SUPRA GT4
新世紀サイバーフォーミュラレーシングwith RFC
52818:01'23.21244Laps1Lap
1147ST-Z6D'station Vantage GT4
Aston Martin Vantage AMR GT4
D'station Racing
1052717:54'15.70745Laps1Lap
1262ST-31HELM MOTORSPORTS RC350
TOYOTA LEXUS RC350
HELM MOTORSPORTS
1051818:01'50.28254Laps9Laps
138ST-13BMW M2CS racing
BMW M2CS racing
BMW Team Studie
1051718:01'31.27655Laps1Lap
1441ST-32エアバスター55 Garage RC350 TWS
TOYOTA LEXUS RC350
TRACY SPORTS with DELTA
51318:01'37.74759Laps4Laps
1515ST-33岡部自動車レカロルーニースポーツ
NISSAN Fairlady Z Z34
OKABE JIDOSHA motorsport
51018:01'49.85362Laps3Laps
16244ST-34QUEEN EYES 34Z
NISSAN Fairlady Z Z34
Max Racing
2550418:01'51.31668Laps6Laps
17225ST-21KTMS GR YARIS
TOYOTA GR YARIS
KTMS KOBE TOYOPET MOTOR SPORTS
5050317:42'07.35169Laps1Lap
187ST-22新菱オート☆VARIS☆DXL☆EVO10
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
シンリョウレーシングチーム
2550318:01'56.79569Laps19'49.444
19290ST-X4Floral UEMATSU FG 720S GT3
McLaren 720S GT3
Floral Racing with ABSSA
3050218:01'54.71770Laps1Lap
2033ST-X5TSK Audi R8 LMS
Audi R8 LMS
Audi Team Hitotsuyama
50118:01'27.33171Laps1Lap
216ST-23新菱オート☆NEO GLOBE☆DXL☆EVO10
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
シンリョウレーシングチーム
1549718:01'43.77975Laps4Laps
2239ST-35エアーバスターWinmax RC350 TWS
TOYOTA LEXUS RC350
TRACY SPORTS with DELTA
3049418:01'54.84878Laps3Laps
2324ST-24GV Race Analytics GR YARIS
TOYOTA GR YARIS
GRANVALLEY RACING
5049418:01'59.32078Laps 4.472
2497ST-TCR1Racer Hondaカーズ桶川CIVIC
Honda CIVIC TYPE R TCR
Racer M&K Racing
2049218:01'29.97580Laps2Laps
25884ST-41林テレンプSHADE RACING 86
TOYOTA 86
林テレンプSHADE RACING
1048618:01'31.78186Laps6Laps
2618ST-42Weds Sport 86
TOYOTA 86
浅野レーシングサービス
48618:02'03.98186Laps32.200
2759ST-25DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
TOWA INTEC Racing
47418:01'36.77498Laps12Laps
2866ST-51odula TONE MOTULロードスター
MAZDA ROADSTER
OVER DRIVE
2047118:02'10.269101Laps3Laps
29456ST-52odula Start5 Roadster
MAZDA ROADSTER
OVER DRIVE
1547018:01'59.654102Laps1Lap
3088ST-53村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
村上モータース
546818:01'53.262104Laps2Laps
3128ST-Q1ORC ROOKIE Racing GR SUPRA
TOYOTA GR SUPRA
ROOKIE Racing
46818:01'59.220104Laps 5.958
3217ST-54DXLアラゴスタNOPROデミオディーゼル
MAZDA DEMIO XD
TEAM NOPRO
46618:01'50.390106Laps2Laps
3337ST-55ワコーズNOPROデミオディーゼル
MAZDA DEMIO XD
TEAM NOPRO
46518:01'42.460107Laps1Lap
344ST-56THE BRIDE FIT
Honda FIT RS
チームBRIDE
46418:01'37.661108Laps1Lap
3572ST-57Ti Racing☆NATS☆ロードスター
MAZDA ROADSTER
日本自動車大学校
1045418:01'42.999118Laps10Laps
3667ST-58YAMATO FIT
Honda FIT RS
TEAM YAMATO
45318:02'03.908119Laps1Lap
37103ST-59ヒロマツデミオマツダ2
MAZDA MAZDA2
HM RACERS
1044818:01'37.190124Laps5Laps
3822ST-Z7WAIMARAMA EBI Cayman GT4
Porsche 718 Cayman GT4 CS
Porsche Team EBI WAIMARAMA
2544618:01'36.643126Laps2Laps
3956ST-26Claris Racing GR YARIS
TOYOTA GR YARIS
Claris Racing
44618:01'45.875126Laps 9.232
4030ST-Z8JMS RACING AMG GT4 with B-MAX
Mercedes AMG GT4 ASIA
B-MAX ENGINEERING
44516:03'31.998127Laps1Lap
4175ST-TCR2おとぎの国CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R TCR
Team Noah
2044218:01'47.774130Laps3Laps
42222ST-510Honda Cars Tokai J-net Fit
Honda FIT RS
Honda Cars Tokai
43718:00'00.436135Laps5Laps
43310ST-43GR Garage水戸インターGR86
TOYOTA 86
C.S.I Racing
43718:01'52.061135Laps1'51.625
4452ST-36埼玉トヨペットGBクラウンRS
TOYOTA CROWN RS
埼玉トヨペットGreen Brave
3542718:01'57.637145Laps10Laps
45505ST-Z9エヴァRT初号機Audi R8 LMS GT4
Audi R8 LMS GT4
Audi Team AS Sport
42118:01'41.794151Laps6Laps
4678ST-511LOVEDRIVEロードスター
MAZDA ROADSTER
LOVEDRIVE RACING
40618:02'03.747166Laps15Laps
4750ST-512LOVEDRIVEロードスター
MAZDA ROADSTER
LOVEDRIVE RACING
34118:01'51.504231Laps65Laps
4831ST-X6LEXUS RCF GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
apr
33313:41'55.945239Laps8Laps
499ST-X7MP Racing GT-R
NISSAN R35 GT3 GT-R
MP Racing
33318:01'48.565239Laps4:19'52.620
5032ST-Q2ORC ROOKIE Corolla H2 concept
TOYOTA Corolla SPORT
ROOKIE Racing
23818:00'03.022334Laps95Laps
51743ST-27Honda R&D Challenge FK8
Honda CIVIC TYPE R FK8
Honda R&D Challenge
1018116:38'03.329391Laps57Laps

スーパー耐久

S耐:第3戦富士決勝12時間経過

NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2021/05/23) After 12 hours Weather:Cloudy Course:Dry
2021 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook Round 3 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
Car
Maker Model
Team
WhLapTimeBehindGap
181ST-X1DAISHIN GT3 GT-R
NISSAN R35 GT3 GT-R
GTNET MOTOR SPORTS
38712:00'11.019--
2999ST-X2CARGUY NSX-GT3
Honda NSX-GT3
Carguy Racing
5038312:00'14.3884Laps4Laps
333ST-X3TSK Audi R8 LMS
Audi R8 LMS
Audi Team Hitotsuyama
37612:00'16.86611Laps7Laps
42ST-11シンティアムアップルKTM
KTM GT-X
KsフロンティアKTMカーズ
1036912:01'27.59118Laps7Laps
53ST-Z1ENDLESS AMG GT4
Mercedes AMG GT4
ENDLESS SPORTS
1536612:01'23.60621Laps3Laps
6290ST-X4Floral UEMATSU FG 720S GT3
McLaren 720S GT3
Floral Racing with ABSSA
3036511:26'53.08122Laps1Lap
720ST-Z2SS/YZ Studie BMW
BMW M4GT4
SS/YZ RACING with Studie
36512:00'33.27422Laps33'40.193
847ST-Z3D'station Vantage GT4
Aston Martin Vantage AMR GT4
D'station Racing
1036512:01'06.75222Laps33.478
9500ST-Z45 ZIGEN AMG GT4
Mercedes AMG GT4
TEAM 5ZIGEN
1536312:00'44.57424Laps2Laps
10885ST-Z5林テレンプSHADE RACING GR SUPRA GT4
TOYOTA GR SUPRA GT4
林テレンプSHADE RACING
36112:00'49.80426Laps2Laps
1138ST-12muta Racing GR SUPRA
TOYOTA GR SUPRA
TRACY SPORTS
1036012:00'28.03527Laps1Lap
12108ST-Z6アスラーダVer.SUPRA
TOYOTA GR SUPRA GT4
新世紀サイバーフォーミュラレーシングwith RFC
35912:01'30.87728Laps1Lap
138ST-13BMW M2CS racing
BMW M2CS racing
BMW Team Studie
1035012:00'12.77637Laps9Laps
1462ST-31HELM MOTORSPORTS RC350
TOYOTA LEXUS RC350
HELM MOTORSPORTS
1034712:00'21.40440Laps3Laps
1530ST-Z7JMS RACING AMG GT4 with B-MAX
Mercedes AMG GT4 ASIA
B-MAX ENGINEERING
34612:00'37.04641Laps1Lap
1641ST-32エアバスター55 Garage RC350 TWS
TOYOTA LEXUS RC350
TRACY SPORTS with DELTA
34612:01'11.83941Laps34.793
1715ST-33岡部自動車レカロルーニースポーツ
NISSAN Fairlady Z Z34
OKABE JIDOSHA motorsport
34612:01'12.17041Laps 0.331
18777ST-X5D'station Vantage GT3
Aston Martin Vantage AMR GT3
D'station Racing
5034612:01'27.33541Laps15.165
19225ST-21KTMS GR YARIS
TOYOTA GR YARIS
KTMS KOBE TOYOPET MOTOR SPORTS
5034012:01'21.52547Laps6Laps
207ST-22新菱オート☆VARIS☆DXL☆EVO10
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
シンリョウレーシングチーム
2533912:00'33.94748Laps1Lap
2159ST-23DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
TOWA INTEC Racing
33912:01'21.06248Laps47.115
22244ST-34QUEEN EYES 34Z
NISSAN Fairlady Z Z34
Max Racing
2533512:00'23.04652Laps4Laps
236ST-24新菱オート☆NEO GLOBE☆DXL☆EVO10
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
シンリョウレーシングチーム
1533312:00'40.63154Laps2Laps
2424ST-25GV Race Analytics GR YARIS
TOYOTA GR YARIS
GRANVALLEY RACING
5033312:01'23.56554Laps42.934
2575ST-TCR1おとぎの国CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R TCR
Team Noah
2033011:20'48.58157Laps3Laps
26884ST-41林テレンプSHADE RACING 86
TOYOTA 86
林テレンプSHADE RACING
1032912:01'02.22658Laps1Lap
2739ST-35エアーバスターWinmax RC350 TWS
TOYOTA LEXUS RC350
TRACY SPORTS with DELTA
3032712:00'39.48860Laps2Laps
2818ST-42Weds Sport 86
TOYOTA 86
浅野レーシングサービス
32512:01'30.22662Laps2Laps
2997ST-TCR2Racer Hondaカーズ桶川CIVIC
Honda CIVIC TYPE R TCR
Racer M&K Racing
2032212:01'08.25265Laps3Laps
3066ST-51odula TONE MOTULロードスター
MAZDA ROADSTER
OVER DRIVE
2031812:00'19.99769Laps4Laps
31456ST-52odula Start5 Roadster
MAZDA ROADSTER
OVER DRIVE
1531711:59'34.26170Laps1Lap
3288ST-53村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
村上モータース
531512:00'08.03272Laps2Laps
3337ST-54ワコーズNOPROデミオディーゼル
MAZDA DEMIO XD
TEAM NOPRO
31312:00'38.06774Laps2Laps
344ST-55THE BRIDE FIT
Honda FIT RS
チームBRIDE
31112:00'20.70676Laps2Laps
3517ST-56DXLアラゴスタNOPROデミオディーゼル
MAZDA DEMIO XD
TEAM NOPRO
31112:00'34.70976Laps14.003
3628ST-Q1ORC ROOKIE Racing GR SUPRA
TOYOTA GR SUPRA
ROOKIE Racing
31112:00'43.28476Laps 8.575
37103ST-57ヒロマツデミオマツダ2
MAZDA MAZDA2
HM RACERS
1030712:00'21.46380Laps4Laps
3872ST-58Ti Racing☆NATS☆ロードスター
MAZDA ROADSTER
日本自動車大学校
1030012:00'19.70787Laps7Laps
3967ST-59YAMATO FIT
Honda FIT RS
TEAM YAMATO
30012:01'05.00187Laps45.294
40505ST-Z8エヴァRT初号機Audi R8 LMS GT4
Audi R8 LMS GT4
Audi Team AS Sport
29512:00'41.41492Laps5Laps
4156ST-26Claris Racing GR YARIS
TOYOTA GR YARIS
Claris Racing
29012:01'42.40797Laps5Laps
42222ST-510Honda Cars Tokai J-net Fit
Honda FIT RS
Honda Cars Tokai
28712:01'53.436100Laps3Laps
43310ST-43GR Garage水戸インターGR86
TOYOTA 86
C.S.I Racing
28612:00'29.665101Laps1Lap
4431ST-X6LEXUS RCF GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
apr
27712:00'26.070110Laps9Laps
4522ST-Z9WAIMARAMA EBI Cayman GT4
Porsche 718 Cayman GT4 CS
Porsche Team EBI WAIMARAMA
2527312:01'05.614114Laps4Laps
4650ST-511LOVEDRIVEロードスター
MAZDA ROADSTER
LOVEDRIVE RACING
26312:00'05.606124Laps10Laps
4778ST-512LOVEDRIVEロードスター
MAZDA ROADSTER
LOVEDRIVE RACING
26112:01'17.634126Laps2Laps
4852ST-36埼玉トヨペットGBクラウンRS
TOYOTA CROWN RS
埼玉トヨペットGreen Brave
3525612:01'35.993131Laps5Laps
499ST-X7MP Racing GT-R
NISSAN R35 GT3 GT-R
MP Racing
2477:30'26.409140Laps9Laps
5032ST-Q2ORC ROOKIE Corolla H2 concept
TOYOTA Corolla SPORT
ROOKIE Racing
1288:19'07.038259Laps119Laps
51743ST-27Honda R&D Challenge FK8
Honda CIVIC TYPE R FK8
Honda R&D Challenge
106912:01'35.288318Laps59Laps

スーパー耐久

S耐:第3戦富士決勝6時間経過

NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2021/05/22) After 6 hours Weather:Cloudy Course:Dry
2021 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook Round 3 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
Car
Maker Model
Team
WhLapTimeBehindGap
1290ST-X1Floral UEMATSU FG 720S GT3
McLaren 720S GT3
Floral Racing with ABSSA
301996:00'06.566--
2999ST-X2CARGUY NSX-GT3
Honda NSX-GT3
Carguy Racing
501986:01'27.1821Lap 1Lap
39ST-X3MP Racing GT-R
NISSAN R35 GT3 GT-R
MP Racing
1986:01'45.8021Lap 18.620
481ST-X4DAISHIN GT3 GT-R
NISSAN R35 GT3 GT-R
GTNET MOTOR SPORTS
1976:01'46.6282Laps1Lap
533ST-X5TSK Audi R8 LMS
Audi R8 LMS
Audi Team Hitotsuyama
1926:01'45.8727Laps5Laps
62ST-11シンティアムアップルKTM
KTM GT-X
KsフロンティアKTMカーズ
101886:01'18.29011Laps4Laps
720ST-Z1SS/YZ Studie BMW
BMW M4GT4
SS/YZ RACING with Studie
1876:01'05.66212Laps1Lap
83ST-Z2ENDLESS AMG GT4
Mercedes AMG GT4
ENDLESS SPORTS
151866:00'11.35813Laps1Lap
947ST-Z3D'station Vantage GT4
Aston Martin Vantage AMR GT4
D'station Racing
101866:01'18.04013Laps1'06.682
10500ST-Z45 ZIGEN AMG GT4
Mercedes AMG GT4
TEAM 5ZIGEN
151866:01'42.85913Laps24.819
11885ST-Z5林テレンプSHADE RACING GR SUPRA GT4
TOYOTA GR SUPRA GT4
林テレンプSHADE RACING
1856:01'40.24314Laps1Lap
1238ST-12muta Racing GR SUPRA
TOYOTA GR SUPRA
TRACY SPORTS
101835:59'58.33016Laps2Laps
13108ST-Z6アスラーダVer.SUPRA
TOYOTA GR SUPRA GT4
新世紀サイバーフォーミュラレーシングwith RFC
1816:00'18.37518Laps2Laps
1475ST-TCR1おとぎの国CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R TCR
Team Noah
201806:00'51.09219Laps1Lap
1552ST-31埼玉トヨペットGBクラウンRS
TOYOTA CROWN RS
埼玉トヨペットGreen Brave
351806:01'04.78819Laps13.696
168ST-13BMW M2CS racing
BMW M2CS racing
BMW Team Studie
101796:00'20.16320Laps1Lap
1762ST-32HELM MOTORSPORTS RC350
TOYOTA LEXUS RC350
HELM MOTORSPORTS
101796:00'58.44820Laps38.285
1822ST-Z7WAIMARAMA EBI Cayman GT4
Porsche 718 Cayman GT4 CS
Porsche Team EBI WAIMARAMA
251786:00'46.61321Laps1Lap
1930ST-Z8JMS RACING AMG GT4 with B-MAX
Mercedes AMG GT4 ASIA
B-MAX ENGINEERING
1775:44'06.65122Laps1Lap
2039ST-33エアーバスターWinmax RC350 TWS
TOYOTA LEXUS RC350
TRACY SPORTS with DELTA
301776:01'05.18322Laps16'58.532
21244ST-34QUEEN EYES 34Z
NISSAN Fairlady Z Z34
Max Racing
251766:00'36.91023Laps1Lap
2241ST-35エアバスター55 Garage RC350 TWS
TOYOTA LEXUS RC350
TRACY SPORTS with DELTA
1766:00'56.51523Laps19.605
2315ST-36岡部自動車レカロルーニースポーツ
NISSAN Fairlady Z Z34
OKABE JIDOSHA motorsport
1766:01'11.96823Laps15.453
24225ST-21KTMS GR YARIS
TOYOTA GR YARIS
KTMS KOBE TOYOPET MOTOR SPORTS
501755:56'56.33724Laps1Lap
2559ST-22DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
TOWA INTEC Racing
1755:58'01.83924Laps1'05.502
266ST-23新菱オート☆NEO GLOBE☆DXL☆EVO10
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
シンリョウレーシングチーム
151756:01'43.41424Laps3'41.575
277ST-24新菱オート☆VARIS☆DXL☆EVO10
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
シンリョウレーシングチーム
251746:01'18.54225Laps1Lap
2897ST-TCR2Racer Hondaカーズ桶川CIVIC
Honda CIVIC TYPE R TCR
Racer M&K Racing
201706:00'06.13029Laps4Laps
2924ST-25GV Race Analytics GR YARIS
TOYOTA GR YARIS
GRANVALLEY RACING
501706:01'14.15529Laps1'08.025
30884ST-41林テレンプSHADE RACING 86
TOYOTA 86
林テレンプSHADE RACING
101696:00'10.13430Laps1Lap
3118ST-42Weds Sport 86
TOYOTA 86
浅野レーシングサービス
1666:00'24.57733Laps3Laps
32456ST-51odula Start5 Roadster
MAZDA ROADSTER
OVER DRIVE
151636:01'42.06736Laps3Laps
3366ST-52odula TONE MOTULロードスター
MAZDA ROADSTER
OVER DRIVE
201616:01'00.18138Laps2Laps
3437ST-53ワコーズNOPROデミオディーゼル
MAZDA DEMIO XD
TEAM NOPRO
1616:01'26.44938Laps26.268
3588ST-54村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
村上モータース
51616:01'35.90238Laps 9.453
3631ST-X6LEXUS RCF GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
apr
1604:53'16.07139Laps1Lap
3772ST-55Ti Racing☆NATS☆ロードスター
MAZDA ROADSTER
日本自動車大学校
101595:59'58.74340Laps1Lap
384ST-56THE BRIDE FIT
Honda FIT RS
チームBRIDE
1596:00'40.46440Laps41.721
3917ST-57DXLアラゴスタNOPROデミオディーゼル
MAZDA DEMIO XD
TEAM NOPRO
1566:00'04.71043Laps3Laps
40777ST-X7D'station Vantage GT3
Aston Martin Vantage AMR GT3
D'station Racing
501556:00'57.11244Laps1Lap
4178ST-58LOVEDRIVEロードスター
MAZDA ROADSTER
LOVEDRIVE RACING
1546:01'34.28945Laps1Lap
42103ST-59ヒロマツデミオマツダ2
MAZDA MAZDA2
HM RACERS
101525:59'58.27247Laps2Laps
4367ST-510YAMATO FIT
Honda FIT RS
TEAM YAMATO
1515:49'20.71348Laps1Lap
4456ST-26Claris Racing GR YARIS
TOYOTA GR YARIS
Claris Racing
1506:01'16.18449Laps1Lap
4528ST-Q1ORC ROOKIE Racing GR SUPRA
TOYOTA GR SUPRA
ROOKIE Racing
1475:59'59.09752Laps3Laps
46505ST-Z9エヴァRT初号機Audi R8 LMS GT4
Audi R8 LMS GT4
Audi Team AS Sport
1476:00'03.95952Laps 4.862
47222ST-511Honda Cars Tokai J-net Fit
Honda FIT RS
Honda Cars Tokai
1476:01'03.84252Laps59.883
48310ST-43GR Garage水戸インターGR86
TOYOTA 86
C.S.I Racing
1216:00'10.03178Laps26Laps
4950ST-512LOVEDRIVEロードスター
MAZDA ROADSTER
LOVEDRIVE RACING
1146:00'34.16285Laps7Laps
5032ST-Q2ORC ROOKIE Corolla H2 concept
TOYOTA Corolla SPORT
ROOKIE Racing
836:01'40.606116Laps31Laps
51743ST-27Honda R&D Challenge FK8
Honda CIVIC TYPE R FK8
Honda R&D Challenge
101224'15.459187Laps71Laps

鈴鹿S-FJ選手権

S-FJ:第2戦鈴鹿公式予選 岡本大地がPP、2位に佐藤巧望、3位にルーキーの居附明利

 スーパーFJ鈴鹿シリーズ第2戦は22日、三重県の鈴鹿サーキットで行われているクラブマンレース第2戦で公式予選を行い、岡本大地(FTK・レヴレーシングガレージ)がポールポジションを獲得した。

 公式予選は午後2時40分から20分間で行われた。エントリーは23人と多くのドライバーが参戦。開始直前には雨がぱらぱらと落ちてきたが、すぐにやみ、どんよりとした曇り空の下、予選が始まった。

 「雨が心配だったと」いう岡本大地(FTK・レヴレーシングガレージ)がダッシュ良くピットレーンに並びまっさきにコースイン。岡本は2周目に2分16秒360でトップに立つと、3周目15秒319、4周目14秒820、5周目14秒660と2位以下を大きく離してタイムを縮めトップに君臨。6周目にはクーリングラップを入れ、7周目には14秒634をたたき出してぶっちぎりのポールポジションを決めた。

 2位はルーキー居附明利(いつき・あきと)(イーグルスポーツKKS-2)、佐藤巧望(MYST.KK-SII.制動屋)、上野大哲(SACCESS RACING ES)の争いとなる。

 5周目には2位に居附、3位に佐藤、4位に上野が付けていたが、6周目には佐藤が2位に浮上して居附は3位に落ちる。7周目には上野が3位に上がり、居附4位。しかし最終の8周目には居附が3位を奪い返し、予選は終了した。

 5位には冨田自然(MYST KKS-Ⅱ/ArugaSupport香川)、6位には髙口大将(FTK・レヴレーシングガレージ)が入った。

 3位に入った居附は愛知県一宮市在住の18歳で大学1年生。昨年まではカートのFS125を戦い、今年2月からS-FJの練習を開始。いきなり鮮烈のデビューを飾った。

 決勝レースは明日23日、午後2時15分より12周で行われる。おそらく岡本は盤石。2位の佐藤がどこまで迫れるか、初めて決勝に望む居附のスタートにも注目だ。

ポールポジションは岡本大地(FTK・レヴレーシングガレージ)

予選2位は佐藤巧望(MYST.KK-SII.制動屋)

予選3位は居附明利(イーグルスポーツKKS-2)

予選4位は上野大哲(SACCESS RACING ES)

予選5位は冨田自然(MYST KKS-Ⅱ/ArugaSupport香川)

予選6位は髙口大将(FTK・レヴレーシングガレージ)

ポールポジション 岡本大地(FTK・レヴレーシングガレージ)
 「日本一決定戦のタイヤが残ってたので予選で使いました。あったまりが良く1~2周目からタイムが出てて落ちも少なかったです。一度クールラップを入れて、タイムが出てるかどうかわからなかったんですが、14秒6が出ました。やっぱりタイムは落ちませんでした。いいタイヤですね。今回から前の9号車に乗って色が変っています。クルマ自体は変らない感じです。あしたはこのまま優勝を目指します」
Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum

鈴鹿S-FJ選手権

S-FJ:第2戦鈴鹿公式予選結果

鈴鹿クラブマンレース第2戦 -RIJ- (2021/05/22) Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2021 S-FJ鈴鹿シリーズ Round 2 鈴鹿サーキット 5.807km

PosDriverCar
Maker Model
TimeBehindGapkm/h
18岡本 大地FTK・レヴレーシングガレージ
MYST KK-S2
1'14.634--280.103
256佐藤 巧望MYST.KK-SII.制動屋
MYST KK-S2
1'15.211 0.577 0.577277.954
339居附 明利イーグルスポーツKKS-2
MYST KK-S2
1'15.439 0.805 0.228277.114
438上野 大哲SACCESS RACING ES
MYST KK-S2
1'15.452 0.818 0.013277.066
568冨田 自然MYST KKS-Ⅱ/ArugaSupport香川
MYST KK-S2
1'15.880 1.246 0.428275.503
6*5髙口 大将FTK・レヴレーシングガレージ
MYST KK-S2
1'16.008 1.374 0.128275.039
787森山 冬星DIXCEL☆ROYAL/MYST
MYST KK-S2
1'16.026 1.392 0.018274.974
815小松 響Rn-sports・OKABE・KKSII
MYST KK-S2
1'16.108 1.474 0.082274.678
961高木 悠帆MYST KK-SⅡ
MYST KK-S2
1'16.112 1.478 0.004274.664
1050新原 光太郎RD10V/Ride on Dream
TOKYO R&D RD10V
1'16.410 1.776 0.298273.592
1133伊藤 慎之典テイクファースト&チャリ走! 10V
TOKYO R&D RD10V
1'16.590 1.956 0.180272.949
1221太田 浩ミスト・セキグチ・制動屋
MYST KK-S2
1'16.744 2.110 0.154272.402
1351岸本 尚将Tamayura Athle ABBEY KKSII
MYST KK-S2
1'16.762 2.128 0.018272.338
1455板倉 慎哉AMORE TOKYO☆表参道☆KKSII
TOKYO R&D RD10V
1'16.782 2.148 0.020272.267
1511三島 優輝Rn-Sports制動屋KKSII
MYST KK-S2
1'16.864 2.230 0.082271.976
1624碓井 剛C.O.B-KART
MYST KK-S2
1'18.126 3.492 1.262267.583
1786木村 龍祐せいどうやCF亜衣KK-S2
MYST KK-S2
1'18.461 3.827 0.335266.441
180夕田 大助LAPS
MYST KK-S2
1'18.523 3.889 0.062266.230
19*70南部 和哉Leprix Sport KK-SII
MYST KK-S2
1'18.642 4.008 0.119265.827
2059松田 大輝K-TACK MYST KK-SII
MYST KK-S2
1'19.137 4.503 0.495264.165
219上吹越 哲也FTK・レヴレーシング
MYST KK-S2
1'19.377 4.743 0.240263.366
2254山田 健nutecレプリRD10V
TOKYO R&D RD10V
1'21.689 7.055 2.312255.912
---- 以上基準タイム(130% - 2'55.623)予選通過 ----
  • CarNo.5,70は、鈴鹿クラブマンレースシリーズ規則58条4)(走路外走行)により、ベストタイムを削除した。

スーパー耐久

S耐:第3戦富士 水素エンジン車のORC ROOKIE Corolla H2 conceptがデビュー

富士に登場した水素エンジン搭載のORC ROOKIE Corolla H2 concept

 カローラスポーツのボディにGRヤリスの1600cc3気筒ターボエンジンを搭載した、MIRAIで実績のある水素供給システムを採用した32号車・ORC ROOKIE Corolla H2 conceptが富士24時間に登場した。

 MIRAIは水素を使って発電してモーターを駆動しているが、こちらは水素エンジン車だ。水素は4本のタンクで最大7.34kgを搭載できるが、10周~15周しか走行できないという。ピットイン回数はかなりのものになりそうだが、24時間レースでのデビューに注目してみたいところだ。

Text & Photo: Keiichiro TAKESHITA

スーパー耐久

S耐:第3戦富士ウォームアップ ST-XクラスのCARGUY NSX-GT3が総合のトップタイム

 スーパー耐久シリーズ2021 Powerd by Hankook第3戦「NAPAC富士SUPER TEC 2時間レース」は、22日、静岡県の富士スピードウェイで決勝前のウォームアップ走行を行い、ST-Xクラスの999号車・CARGUY NSX-GT3が総合のトップタイムを記録した。

 昨日の公式予選で、すべてのスケジュールがキャンセルされたほどの雨は上がったものの、路面はウエットで曇天のコンディション。午後の決勝レースを前に、午前9時30分から30分間のウォームアップ走行が行われた。

 総合では、ST-Xクラスの999号車・CARGUY NSX-GT3が1分45秒815のトップタイムをマーク。以下、ST-Zクラスは30号車・JMS RACING AMG GT4 with B-MAXが、ST-Qクラスは28号車・ORC ROOKIE Racing GR SUPRAが、ST-TCRクラスは75号車・おとぎの国CIVIC TCRが、ST-1クラスは2号車・シンティアムアップルKTMが、ST-2クラスは59号車・DAMD MOTUL ED WRX STIが、ST-3クラスは62号車・HELM MOTORSPORTS RC350が、ST-4クラスは310号車・GR Garage水戸インターGR86が、ST-5クラスは222号車・Honda Cars Tokai J-net Fitがそれぞれクラストップタイムをマークした。

ウォームアップ: ST-Xクラストップタイムは999号車・CARGUY NSX-GT3

ウォームアップ: ST-Zクラストップタイムは30号車・JMS RACING AMG GT4 with B-MAX

ウォームアップ: ST-Qクラストップタイムは28号車・ORC ROOKIE Racing GR SUPRA

ウォームアップ: ST-TCRクラストップタイムは75号車・おとぎの国CIVIC TCR

ウォームアップ: ST-1クラストップタイムは2号車・シンティアムアップルKTM

ウォームアップ: ST-2クラストップタイムは59号車・DAMD MOTUL ED WRX STI

ウォームアップ: ST-3クラストップタイムは62号車・HELM MOTORSPORTS RC350

ウォームアップ: ST-4クラストップタイムは310号車・GR Garage水戸インターGR86

ウォームアップ: ST-5クラストップタイムは222号車・Honda Cars Tokai J-net Fit

 決勝レースはこの後午後3時に24時間レースのスタートを迎える予定だ。

Text & Photo: Keiichiro TAKESHITA

スーパー耐久

S耐:第3戦富士ウォームアップ結果

【総合】

NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2021/05/22) Warm Up Weather:Cloudy Course:Wet
2021 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook Round 3 富士スピードウェイ 4.563km

PosClsCls
Pos
Car
Maker Model
Team
WhTimeBehindGapkm/h
1999ST-X1CARGUY NSX-GT3
Honda NSX-GT3
Carguy Racing
501'45.815--155.241
2290ST-X2Floral UEMATSU FG 720S GT3
McLaren 720S GT3
Floral Racing with ABSSA
301'46.370 0.555 0.555154.431
381ST-X3DAISHIN GT3 GT-R
NISSAN R35 GT3 GT-R
GTNET MOTOR SPORTS
1'47.041 1.226 0.671153.463
433ST-X4TSK Audi R8 LMS
Audi R8 LMS
Audi Team Hitotsuyama
1'50.580 4.765 3.539148.551
530ST-Z1JMS RACING AMG GT4 with B-MAX
Mercedes AMG GT4 ASIA
B-MAX ENGINEERING
1'51.463 5.648 0.883147.374
622ST-Z2WAIMARAMA EBI Cayman GT4
Porsche 718 Cayman GT4 CS
Porsche Team EBI WAIMARAMA
251'51.612 5.797 0.149147.178
728ST-Q1ORC ROOKIE Racing GR SUPRA
TOYOTA GR SUPRA
ROOKIE Racing
1'52.380 6.565 0.768146.172
82ST-11シンティアムアップルKTM
KTM GT-X
KsフロンティアKTMカーズ
101'54.248 8.433 1.868143.782
9885ST-Z3林テレンプSHADE RACING GR SUPRA GT4
TOYOTA GR SUPRA GT4
林テレンプSHADE RACING
1'54.344 8.529 0.096143.661
103ST-Z4ENDLESS AMG GT4
Mercedes AMG GT4
ENDLESS SPORTS
151'55.497 9.682 1.153142.227
119ST-X5MP Racing GT-R
NISSAN R35 GT3 GT-R
MP Racing
1'55.737 9.922 0.240141.932
1259ST-21DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
TOWA INTEC Racing
1'55.90510.090 0.168141.726
13500ST-Z55 ZIGEN AMG GT4
Mercedes AMG GT4
TEAM 5ZIGEN
151'56.09210.277 0.187141.498
1431ST-X6LEXUS RCF GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
apr
1'56.65010.835 0.558140.821
1520ST-Z6SS/YZ Studie BMW
BMW M4GT4
SS/YZ RACING with Studie
1'56.71810.903 0.068140.739
168ST-12BMW M2CS racing
BMW M2CS racing
BMW Team Studie
101'57.40811.593 0.690139.912
1738ST-13muta Racing GR SUPRA
TOYOTA GR SUPRA
TRACY SPORTS
101'57.77611.961 0.368139.475
1862ST-31HELM MOTORSPORTS RC350
TOYOTA LEXUS RC350
HELM MOTORSPORTS
101'57.77711.962 0.001139.474
1975ST-TCR1おとぎの国CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R TCR
Team Noah
201'58.35512.540 0.578138.793
2097ST-TCR2Racer Hondaカーズ桶川CIVIC
Honda CIVIC TYPE R TCR
Racer M&K Racing
201'58.78512.970 0.430138.290
21225ST-22KTMS GR YARIS
TOYOTA GR YARIS
KTMS KOBE TOYOPET MOTOR SPORTS
502'00.25714.442 1.472136.597
227ST-23新菱オート☆VARIS☆DXL☆EVO10
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
シンリョウレーシングチーム
252'01.48615.671 1.229135.216
2341ST-32エアバスター55 Garage RC350 TWS
TOYOTA LEXUS RC350
TRACY SPORTS with DELTA
2'01.55115.736 0.065135.143
24505ST-Z7エヴァRT初号機Audi R8 LMS GT4
Audi R8 LMS GT4
Audi Team AS Sport
2'01.90716.092 0.356134.749
2539ST-33エアーバスターWinmax RC350 TWS
TOYOTA LEXUS RC350
TRACY SPORTS with DELTA
302'02.23716.422 0.330134.385
26310ST-41GR Garage水戸インターGR86
TOYOTA 86
C.S.I Racing
2'03.13117.316 0.894133.409
276ST-24新菱オート☆NEO GLOBE☆DXL☆EVO10
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
シンリョウレーシングチーム
152'03.17417.359 0.043133.363
28108ST-Z8アスラーダVer.SUPRA
TOYOTA GR SUPRA GT4
新世紀サイバーフォーミュラレーシングwith RFC
2'03.43017.615 0.256133.086
29884ST-42林テレンプSHADE RACING 86
TOYOTA 86
林テレンプSHADE RACING
102'04.29218.477 0.862132.163
3015ST-34岡部自動車レカロルーニースポーツ
NISSAN Fairlady Z Z34
OKABE JIDOSHA motorsport
2'04.34918.534 0.057132.102
3152ST-35埼玉トヨペットGBクラウンRS
TOYOTA CROWN RS
埼玉トヨペットGreen Brave
352'04.77518.960 0.426131.651
3218ST-43Weds Sport 86
TOYOTA 86
浅野レーシングサービス
2'06.51220.697 1.737129.844
3356ST-25Claris Racing GR YARIS
TOYOTA GR YARIS
Claris Racing
2'06.80520.990 0.293129.544
3424ST-26GV Race Analytics GR YARIS
TOYOTA GR YARIS
GRANVALLEY RACING
502'07.75121.936 0.946128.585
3532ST-Q2ORC ROOKIE Corolla H2 concept
TOYOTA Corolla SPORT
ROOKIE Racing
2'08.52922.714 0.778127.806
36743ST-27Honda R&D Challenge FK8
Honda CIVIC TYPE R FK8
Honda R&D Challenge
102'08.53822.723 0.009127.797
37222ST-51Honda Cars Tokai J-net Fit
Honda FIT RS
Honda Cars Tokai
2'09.21623.401 0.678127.127
3888ST-52村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
村上モータース
52'09.31823.503 0.102127.026
394ST-53THE BRIDE FIT
Honda FIT RS
チームBRIDE
2'10.58124.766 1.263125.799
4072ST-54Ti Racing☆NATS☆ロードスター
MAZDA ROADSTER
日本自動車大学校
102'10.79924.984 0.218125.588
41103ST-55ヒロマツデミオマツダ2
MAZDA MAZDA2
HM RACERS
102'11.88826.073 1.089124.551
4278ST-56LOVEDRIVEロードスター
MAZDA ROADSTER
LOVEDRIVE RACING
2'14.11028.295 2.222122.488
4350ST-57LOVEDRIVEロードスター
MAZDA ROADSTER
LOVEDRIVE RACING
2'14.19428.379 0.084122.411
4417ST-58DXLアラゴスタNOPROデミオディーゼル
MAZDA DEMIO XD
TEAM NOPRO
2'14.75628.941 0.562121.900
45244ST-36QUEEN EYES 34Z
NISSAN Fairlady Z Z34
Max Racing
252'16.47330.658 1.717120.367
4667ST-59YAMATO FIT
Honda FIT RS
TEAM YAMATO
2'22.82737.012 6.354115.012
47456ST-510odula Start5 Roadster
MAZDA ROADSTER
OVER DRIVE
152'24.05838.243 1.231114.029
4866ST-511odula TONE MOTULロードスター
MAZDA ROADSTER
OVER DRIVE
202'26.47840.663 2.420112.145
4937ST-512ワコーズNOPROデミオディーゼル
MAZDA DEMIO XD
TEAM NOPRO
2'35.90450.089 9.426105.365
-777ST-X7D'station Vantage GT3
Aston Martin Vantage AMR GT3
D'station Racing
50no time---
-47ST-Z9D'station Vantage GT4
Aston Martin Vantage AMR GT4
D'station Racing
10no time---

【クラス別】

■ST-Xクラス

NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2021/05/22) Warm Up Weather:Cloudy Course:Wet
2021 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook Round 3 ST-X class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoCar
Maker Model
Team
WhTimeBehindGapkm/h
1999CARGUY NSX-GT3
Honda NSX-GT3
Carguy Racing
501'45.815--155.241
2290Floral UEMATSU FG 720S GT3
McLaren 720S GT3
Floral Racing with ABSSA
301'46.370 0.555 0.555154.431
381DAISHIN GT3 GT-R
NISSAN R35 GT3 GT-R
GTNET MOTOR SPORTS
1'47.041 1.226 0.671153.463
433TSK Audi R8 LMS
Audi R8 LMS
Audi Team Hitotsuyama
1'50.580 4.765 3.539148.551
59MP Racing GT-R
NISSAN R35 GT3 GT-R
MP Racing
1'55.737 9.922 5.157141.932
631LEXUS RCF GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
apr
1'56.65010.835 0.913140.821
-777D'station Vantage GT3
Aston Martin Vantage AMR GT3
D'station Racing
50no time---

■ST-Zクラス

NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2021/05/22) Warm Up Weather:Cloudy Course:Wet
2021 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook Round 3 ST-Z class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoCar
Maker Model
Team
WhTimeBehindGapkm/h
130JMS RACING AMG GT4 with B-MAX
Mercedes AMG GT4 ASIA
B-MAX ENGINEERING
1'51.463--147.374
222WAIMARAMA EBI Cayman GT4
Porsche 718 Cayman GT4 CS
Porsche Team EBI WAIMARAMA
251'51.612 0.149 0.149147.178
3885林テレンプSHADE RACING GR SUPRA GT4
TOYOTA GR SUPRA GT4
林テレンプSHADE RACING
1'54.344 2.881 2.732143.661
43ENDLESS AMG GT4
Mercedes AMG GT4
ENDLESS SPORTS
151'55.497 4.034 1.153142.227
55005 ZIGEN AMG GT4
Mercedes AMG GT4
TEAM 5ZIGEN
151'56.092 4.629 0.595141.498
620SS/YZ Studie BMW
BMW M4GT4
SS/YZ RACING with Studie
1'56.718 5.255 0.626140.739
7505エヴァRT初号機Audi R8 LMS GT4
Audi R8 LMS GT4
Audi Team AS Sport
2'01.90710.444 5.189134.749
8108アスラーダVer.SUPRA
TOYOTA GR SUPRA GT4
新世紀サイバーフォーミュラレーシングwith RFC
2'03.43011.967 1.523133.086
-47D'station Vantage GT4
Aston Martin Vantage AMR GT4
D'station Racing
10no time---

■ST-TCRクラス

NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2021/05/22) Warm Up Weather:Cloudy Course:Wet
2021 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook Round 3 ST-TCR class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoCar
Maker Model
Team
WhTimeBehindGapkm/h
175おとぎの国CIVIC TCR
Honda CIVIC TYPE R TCR
Team Noah
201'58.355--138.793
297Racer Hondaカーズ桶川CIVIC
Honda CIVIC TYPE R TCR
Racer M&K Racing
201'58.785 0.430 0.430138.290

■ST-Qクラス

NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2021/05/22) Warm Up Weather:Cloudy Course:Wet
2021 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook Round 3 ST-Q class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoCar
Maker Model
Team
WhTimeBehindGapkm/h
128ORC ROOKIE Racing GR SUPRA
TOYOTA GR SUPRA
ROOKIE Racing
1'52.380--146.172
232ORC ROOKIE Corolla H2 concept
TOYOTA Corolla SPORT
ROOKIE Racing
2'08.52916.14916.149127.806

■ST-1クラス

NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2021/05/22) Warm Up Weather:Cloudy Course:Wet
2021 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook Round 3 ST-1 class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoCar
Maker Model
Team
WhTimeBehindGapkm/h
12シンティアムアップルKTM
KTM GT-X
KsフロンティアKTMカーズ
101'54.248--143.782
28BMW M2CS racing
BMW M2CS racing
BMW Team Studie
101'57.408 3.160 3.160139.912
338muta Racing GR SUPRA
TOYOTA GR SUPRA
TRACY SPORTS
101'57.776 3.528 0.368139.475

■ST-2クラス

NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2021/05/22) Warm Up Weather:Cloudy Course:Wet
2021 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook Round 3 ST-2 class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoCar
Maker Model
Team
WhTimeBehindGapkm/h
159DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
TOWA INTEC Racing
1'55.905--141.726
2225KTMS GR YARIS
TOYOTA GR YARIS
KTMS KOBE TOYOPET MOTOR SPORTS
502'00.257 4.352 4.352136.597
37新菱オート☆VARIS☆DXL☆EVO10
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
シンリョウレーシングチーム
252'01.486 5.581 1.229135.216
46新菱オート☆NEO GLOBE☆DXL☆EVO10
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
シンリョウレーシングチーム
152'03.174 7.269 1.688133.363
556Claris Racing GR YARIS
TOYOTA GR YARIS
Claris Racing
2'06.80510.900 3.631129.544
624GV Race Analytics GR YARIS
TOYOTA GR YARIS
GRANVALLEY RACING
502'07.75111.846 0.946128.585
7743Honda R&D Challenge FK8
Honda CIVIC TYPE R FK8
Honda R&D Challenge
102'08.53812.633 0.787127.797

■ST-3クラス

NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2021/05/22) Warm Up Weather:Cloudy Course:Wet
2021 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook Round 3 ST-3 class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoCar
Maker Model
Team
WhTimeBehindGapkm/h
162HELM MOTORSPORTS RC350
TOYOTA LEXUS RC350
HELM MOTORSPORTS
101'57.777--139.474
241エアバスター55 Garage RC350 TWS
TOYOTA LEXUS RC350
TRACY SPORTS with DELTA
2'01.551 3.774 3.774135.143
339エアーバスターWinmax RC350 TWS
TOYOTA LEXUS RC350
TRACY SPORTS with DELTA
302'02.237 4.460 0.686134.385
415岡部自動車レカロルーニースポーツ
NISSAN Fairlady Z Z34
OKABE JIDOSHA motorsport
2'04.349 6.572 2.112132.102
552埼玉トヨペットGBクラウンRS
TOYOTA CROWN RS
埼玉トヨペットGreen Brave
352'04.775 6.998 0.426131.651
6244QUEEN EYES 34Z
NISSAN Fairlady Z Z34
Max Racing
252'16.47318.69611.698120.367

■ST-4クラス

NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2021/05/22) Warm Up Weather:Cloudy Course:Wet
2021 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook Round 3 ST-4 class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoCar
Maker Model
Team
WhTimeBehindGapkm/h
1310GR Garage水戸インターGR86
TOYOTA 86
C.S.I Racing
2'03.131--133.409
2884林テレンプSHADE RACING 86
TOYOTA 86
林テレンプSHADE RACING
102'04.292 1.161 1.161132.163
318Weds Sport 86
TOYOTA 86
浅野レーシングサービス
2'06.512 3.381 2.220129.844

■ST-5クラス

NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース -RIJ- (2021/05/22) Warm Up Weather:Cloudy Course:Wet
2021 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook Round 3 ST-5 class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoCar
Maker Model
Team
WhTimeBehindGapkm/h
1222Honda Cars Tokai J-net Fit
Honda FIT RS
Honda Cars Tokai
2'09.216--127.127
288村上モータースMAZDAロードスター
MAZDA ROADSTER
村上モータース
52'09.318 0.102 0.102127.026
34THE BRIDE FIT
Honda FIT RS
チームBRIDE
2'10.581 1.365 1.263125.799
472Ti Racing☆NATS☆ロードスター
MAZDA ROADSTER
日本自動車大学校
102'10.799 1.583 0.218125.588
5103ヒロマツデミオマツダ2
MAZDA MAZDA2
HM RACERS
102'11.888 2.672 1.089124.551
678LOVEDRIVEロードスター
MAZDA ROADSTER
LOVEDRIVE RACING
2'14.110 4.894 2.222122.488
750LOVEDRIVEロードスター
MAZDA ROADSTER
LOVEDRIVE RACING
2'14.194 4.978 0.084122.411
817DXLアラゴスタNOPROデミオディーゼル
MAZDA DEMIO XD
TEAM NOPRO
2'14.756 5.540 0.562121.900
967YAMATO FIT
Honda FIT RS
TEAM YAMATO
2'22.82713.611 8.071115.012
10456odula Start5 Roadster
MAZDA ROADSTER
OVER DRIVE
152'24.05814.842 1.231114.029
1166odula TONE MOTULロードスター
MAZDA ROADSTER
OVER DRIVE
202'26.47817.262 2.420112.145
1237ワコーズNOPROデミオディーゼル
MAZDA DEMIO XD
TEAM NOPRO
2'35.90426.688 9.426105.365

もてぎ・菅生S-FJ選手権

S-FJ:第3戦SUGO決勝 終盤の降雨で混戦となるも佐藤樹がからくも逃げ切り連勝を飾る

優勝した佐藤樹(MYST KK-SⅡ)

 2021年もてぎ・菅生スーパーFJ選手権シリーズ選手権第3戦決勝が5月16日(日)に宮城県のスポーツランドSUGOで開催され、81号車・佐藤樹(群馬トヨペット Team RiNoA ED)が優勝。2戦連続のポール・ツー・ウィンを飾った。

 朝の予選はドライコンデションで行われたが、昼前ごろからスポーツランドSUGOの上空には雲が垂れこめ、スーパーFJの決勝を前にポツポツと雨が落ち始める。ただ本降りにはならずコースも乾いている状態で14時20分のコースインを迎えた。チームによってはグリッドまでレインタイヤを持ち込み雨に備えたが、結局全車スリックタイヤを選択。僅か12周のスプリントレースでもあり、レース中に本降りになれば悩ましいことになる。

 また、予選で2番手タイムの10号車・伊藤慎之典(ZAP チャリ走 10V ED)、3番手タイムの13号車・四倉悠聖(ZAP日本平中自動車10VED)がピットレーン速度違反で2グリッドずつの降格、更に6番手タイムだった15号車・松山雄大(M's Garage FER KKSII)がピットレーン速度違反2回で予選通過者の最後尾、9番グリッドに降格された。このことによりスタートでは予選で速かった選手が後方から出ることになり、序盤に順位が大きく変動する可能性をはらんでいる。

 予選で赤旗の原因になった2台のマシンについて、まずコースイン後すぐに止まってしまった22号車・内藤大輝(RCTI Raiseup ED)は、いきなり電気系統がシャットダウンしてしまったそうで、その場では再始動できず。しかし回収後にピットでは問題なく始動できたという事で原因は不明。その為怪しいと思われる箇所のパーツを交換したとの事。予選を1周も走っていないが最後尾からのスタートが許可された。

 SPコーナーでクラッシュして2回目の赤旗の原因となった55号車・伊勢屋貴史(アルビ☆あやし眼科☆10V ED)は、コーナー出口で巻き込んでリヤからクラッシュし、リヤウイングを破損、またリヤサスペンションのアームが大きく曲がってしまったが、その他の箇所にはダメージがなさそうという事でインターバルの間にパーツ交換を行い、こちらも決勝出場が許可され野島の前、10番グリッドからスタートする。

 午後2時28分フォーメーションラップ開始、雨は僅かに降っている程度で、各車グリッドに整列するとレースがスタート。2番グリッドから出た36号車・長谷部一真(ALBIREXEDRD10V)の蹴り出しがよく、ポールポジションからスタートの81号車・佐藤樹(群馬トヨペット Team RiNoA ED)にインから並びかけて第1コーナーに進入するが、ここは佐藤が抑えきってトップを維持。更に5番手グリッドの13号車・四倉悠聖(ZAP日本平中自動車10VED)がスタートで前を行く10号車・伊藤慎之典(ZAP チャリ走 10V ED)の前に出ると、馬の背コーナー入口で3位の72号車・前田大道(ELEVレーシングドリーム制動屋)に仕掛けるが、ここは前田に封じられる。

 1周目を終えてトップ佐藤と2位長谷部の差は0.412秒、3位前田は0.829秒、4位四倉でも1.043秒と1秒以内に4台が連なってコントロールラインを通過。2周目に入ると四倉と5位伊藤が揃って前田の背後につけて、コーナー進入でプレッシャーをかけるように左右からマシンを見せる。しかしながら焦りが出たのは四倉の方で、3周目のS字コーナーでオーバーラン。コースアウトこそ免れたが伊藤に4位を明け渡してしまう。トップ佐藤と長谷部のギャップは0.567秒→0.684秒と僅かではあるが開いている。

 いったんは5位に落ちた四倉だがペースはいいようで、4周目の2コーナーで伊藤に並びかけると4コーナーまで並走して再び伊藤の前に出る。

 雨は相変わらずポツポツ降っており、後半セクションは明らかに路面が湿っているのがモニターでも見て取れる状態になる。この状況で長谷部、前田は佐藤に詰め寄り、4周目のコントロールライン上では0.229秒、0.663秒と3台がテール・ツー・ノーズ状態で通過、難しいコンディションの中で接近戦の様相を呈し始める。

 6周目の1コーナーで長谷場が佐藤のアウトから並びかけるがオーバーテイクには至らない。佐藤は最高速が197Km/h台で長谷部より3キロほど伸びず、ピッタリつかれて振り切れない状態だがコーナーでは速く、長谷部に決定的なチャンスを与えない。

 その後方では四倉が前田のテールに貼り付いていたが、7周目の1コーナーでアウトから仕掛けて3位の座を奪い取ることに成功。勢いに乗る四倉は佐藤を攻めあぐねている長谷部に追いつき、8周目の馬の背コーナーでインを突くとSPコーナー入口で前に出て2位に上がる。

 この攻防の間に佐藤は0.903秒までギャップを拡げることに成功、四倉、長谷部、前田の2位グループは0.3秒以内に連なって8周目を終了する。

 9周目に入ると雨足が急に強まりコースはみるみるウエット路面になり始める。馬の背コーナーへの進入でトップ佐藤はブレーキングをミスしたかタイヤから白煙が上がる。そしてSPコーナー入口で長谷部が雨に足を取られたのかスピン~コースアウト。すぐにコースに復帰したが大きく順位を落としてしまう。これで前田が3位に進出。

 10周目、トップ佐藤は安定したラップを刻むがその後方で順位変動があり、長らく4位をキープしていた伊藤が9番グリッドから這い上がってきた松山に馬の背でかわされ5位に陥落。さらに最終コーナーで四倉に接近した前田がメインストレートで四倉をオーバーテイク、2位に上がる。前田のペースは明らかに佐藤よりも速くギャップをみるみる削り取り、1秒差まで詰めて11周目を終了、ファイナルラップに突入する。

 濡れた路面にスリックタイヤという厳しい条件で佐藤も懸命に逃げるが前田はセクター毎に差を縮め佐藤の背後で最終コーナーを駆け上がる。しかし追い上げもそこまでで、僅かに及ばずチェッカードフラッグ、0.544秒差で佐藤が逃げ切った。3位は四倉、トップからは3秒以上離され、後ろからは松山が追い上げて来ていたが0.8秒差で表彰台を守り切った。

 2台が出場したジェントルマンクラスは、予選のクラッシュから復活した伊勢屋と5号車・安藤弘人が難しいコンディションの中無事に完走。安藤が全体の9位、伊勢屋が11位でクラス1位、2位となった。

■レース後のコメント

優勝 81号車・佐藤樹(群馬トヨペット Team RiNoAED)

優勝した佐藤樹(MYST KK-SⅡ)

 「(厳しいレースだった?)きつかったです。前回もこんな感じの天気でドライから雨だったが、今回の方が雨が強かったので降ってきた時は焦った。後ろのマシンがずっとミラーに映っていたので、プレッシャーを感じていたが、とりあえずミスだけは無くそうというつもりで走って、そこはうまくできたと思う。(難しいレースで)いい経験になった」

チーム代表 里見乃亜

 「(佐藤選手は)ドライでもウェットでも速いのだが、ちょい濡れというイレギュラーなコンディションで、2番手のマシンの方が柔らかく仕上がっていて(コースにマッチしていたようで)追いつかれてしまった。それでも結果的には勝てて、ポイントもかなり取れたのでよかった。次はドライか雨か、はっきりしたコンディションで正々堂々とぶっちぎりたいものだ。最終戦も菅生なので、岡本選手が出した1分28秒台のタイムは上回りたい。とにかく今日は勝てて良かった」

2位 72号車・前田大道(ELEVレーシングドリーム制動屋)

決勝2位の前田大道(ELEVレーシングドリーム制動屋)

 「ドラマがあるいいレースだった。(四倉選手とのバトルは?)彼には慣れていないコンディションで、自分はベテランな分だけこういう状況はより得意なのかなと思った。彼や、トップの佐藤選手も部分的にペースを落としている箇所があったので、そのスキを狙っていった。ファイナルラップに佐藤選手にいい勢いで追いついて、すぐそばまで行けたので、あと1周あったら前に出られていたかもしれない。基本的な速さは、常に練習を積んでいる彼らの方があって敵わないと思うので、次回の目標は基本的なスピードで確実に1位が取れる速さを身につけることだ」

3位 13号車・四倉悠聖(ZAP日本平中自動車10VED)

決勝3位の四倉悠聖(ZAP日本平中自動車10V ED)

 「初めてのサーキットで途中から雨が来て、雨のラインが全然分かっていなかった。前を行く車のラインを見ながら、どこが走れるのか判断しながらの走行で、勉強しながらのレース運びになった。微妙な雨の中でのライン選びの判断力が試される状況になって、そうした部分の経験がまったく足りていないな、と感じた。それでもひとつ自信がついて、何とか表彰台にも上がることができたので、よかった」

10位 36号車・長谷部一真(ALBIREXEDRD10V)
 「序盤の1コーナーで何度かは(佐藤選手に)並びかけたが抜けなかった。6周目に最終コーナーから狙ってみたがタイミング合わなくて抜き切れず、逆に順位を落としてしまい、焦ってSPコーナーで回ってしまった。序盤の1コーナーで何とか(佐藤選手を)抜いてしまっていれば、自分の方が速かったので逃げられたかもしれないが、それが出来なかったのは自分のミスだ。次のもてぎでまた頑張る」

 これで2021年もてぎ・菅生スーパーFJ選手権シリーズは半分を消化、しばしインターバルをおいて、9月4日~5日にツインリンクもてぎで第4戦、第5戦が行われる。前半戦を優位に進めた佐藤が勢いを維持し続けるか、この期間を利用して他の選手が巻き返しを図るのか、興味は尽きない。

Text & Photo: Junichi SEKINE

もてぎ・菅生S-FJ選手権

S-FJ:第3戦SUGO予選 赤旗でワンチャンスとなった予選を驚速ルーキー佐藤樹が制して3戦連続のポールポジション

ポールポジションを獲得した佐藤樹(MYST KK-SⅡ)

 2021年もてぎ・菅生スーパーFJ選手権シリーズ選手権第3戦予選が5月16日(日)に宮城県のスポーツランドSUGOで開催され、81号車・佐藤樹(群馬トヨペット Team RiNoA ED)が3戦連続となるポールポジションを獲得した。

 ワンディで開催される今回のレース、朝のスポーツランドSUGOは時折晴れ間が見えるが雲が広がっている。また風が強くグランドスタンドに立つ旗はめまぐるしく風向きが変わっている事を示していた。

 今回のエントリーは11台。既にシリーズ第1戦、第2戦に出場したメンバーがほとんどだが、72号車・前田大道(ELEVレーシングドリーム制動屋)は今シーズン初のレース参戦。前田は今シーズンは自分が率いるELEVレーシングドリームで若手育成を行っているが、今回はその若手の代理で参戦との事。SUGOでは過去に優勝経験もあるだけに、レースで台風の目になるかもしれない。

 前日の練習走行で各チームがマークしていたのは、前戦SUGOでの第2戦で選手、チーム共に初優勝を飾った81号車・佐藤樹(群馬トヨペット Team RiNoA ED)。第1戦もてぎから連続ポールポジションを獲得しており、練習走行でも上位のタイムを安定して出しているそうで今回も目が離せない。

 午前9時45分から15分間の予選が開始。コースコンデイションはドライ、午後から雨の予報もあるが、この時点では薄曇り、全車スリックタイヤを装着して、55号車・伊勢屋貴史(アルビ☆あやし眼科☆10V ED)を先頭に各車コースイン。注目の前田はやや間隔を空けてコースインする。

 しかしここで、22号車・内藤大輝(RCTI Raiseup ED)が第2コーナー出口でストップ。再始動できないことから赤旗が提示され予選はストップされ、各車はいったんピットレーンに戻される。

 内藤のマシンの回収が終わり、予選は残り時間12分42秒から再開されると10台がコースイン、ウオームアップを終えて残り8分の時点からタイムアタックが本格化。ますは10号車・伊藤慎之典(ZAP チャリ走 10V ED)が1分30秒130でトップに立ち、佐藤が0秒178の差の1分30秒308で2番手、15号車・松山雄大(M's Garage FER KKSII)が1分30秒431、13号車・四倉悠聖(ZAP日本平中自動車10VED)が1分30秒468と4台が1分30秒台に入れてくる。が、ここで再び赤旗が提示される。

 今度はSPコーナーで伊勢屋がスピン~クラッシュ。リヤウイングが曲がりリヤサスペンションも破損しており、再び回収作業が行われる。幸いな事にドライバーの伊勢屋にケガはなかった模様。

 この回収に時間を要して予選の再開は10時12分から、残り時間は僅か6分という事で、実質的なラップライムの計測はよくて3周程度。残る9台が一斉にコースインし、僅かなアタックチャンスに賭ける。ここで四倉が馬の背コーナーでスピンするがすぐに再スタート。

 まずは残り3分の段階で佐藤が1分29秒750と30秒を切ってトップに立つ、伊藤はまだ赤旗前の1分30秒130がベストで2番手へ。松山も30秒が切れずに1分30秒372で3番手。

 残り1分20秒で四倉が1分29秒784で2番手へ、先ほどのスピンのダメージは無いようだ。そして36号車・長谷部一真(ALBIREXEDRD10V)が1分30秒016で3番手。伊藤は4番手にドロップ。

 残り0分となりチェッカードフラッグが提示される中、各車最後のタイムアタックに打って出る。四倉が第1セクターで、佐藤は第2セクターでそれそれ全体ベストタイムを出すと、フィニッシュラインではまず佐藤が1分29秒379のトップタイムをマーク、3戦連続でのポールポジションを決めた。続いて伊藤が1分29秒540で0.161秒及ばず2番手、四倉は1分29秒563で3番手となった。長谷部も30秒を切り1分29秒616、注目の前田は1分30秒149で5番手となり、濃密な予選が終わった。

■予選後のコメント(予選終了直後のもの)

ポールポジション 81号車・佐藤樹(群馬トヨペット Team RiNoA ED)1分29秒379

ポールポジションを獲得した佐藤樹(MYST KK-SⅡ)

 「(赤旗連発で大変な予選だった?)ちゃんとタイムアタックできたのは最後の1周だけだったが、そこで大きくミスしてしまった。1分28秒台には入れられたと思っているので、とりあえずポールポジションを取れたのは良かったが、ちょっと悔しい。今回は練習走行から調子がいいので、このまま決勝も落ち着いて走れれば勝てると思うので頑張りたい」

チーム代表 里見乃亜
 「1分28秒台を狙っていて、最後の周もちょっとミスをしてしまったが、トップタイムは出せた。決勝では1分28秒台を出して後方を千切れれば、ぶっちぎりたいところだ。クルマもドライバーもかなり仕上がってきていて、連勝できるように頑張る」
2位 10号車・伊藤慎之典(ZAP チャリ走 10V ED)1分29秒197 トップとの差0.161秒

予選2位だったが4位に降格となった伊藤慎之典(ZAPチャリ走! 10V ED)

 「タイム的にはもっと行けると思っていたが失敗もあってのこのタイム。赤旗連発で集中力を保つのが大変だった。1回目の赤旗に関しては全く問題なかったが、2回目の赤旗明けには(自分を)ピークには持って行けなかった。決勝はフロントロウで前戦と同じ2台なので、前回はスタート大失敗しているので、今回はスタートを決めて、トップか最低でも2位で1~2コーナー抜けられたらいいなと思っている」

3位 13号車・四倉悠聖(ZAP日本平中自動車10VED)1分29秒563 トップとの差0.184秒

予選3位だったが5位に降格となった四倉悠聖(ZAP日本平中自動車10V ED)

 「(赤旗明けのコースインでスピン)ちょっと回ってしまった。裏のストレートでスリップがうまく使えたのだが、気合が入りブレーキを遅らせ過ぎた。その後は落ち着いて、(コーナーで)突っ込み過ぎている自覚はあったので、どこのコーナーもしっかりクルマを止めて行ったら今回のレースウィークではベストのタイムを出せたので、落ち着いて走ればトップを狙えると思うので頑張る。(前日の練習走行では悩んでいたようだが?)初日はそうでもなかったのだが、昨日は他のドライバーと走りを比べたりして悩んでしまった部分があった。今日はあまり悩み過ぎずに、初日のマシンをうまく動かせていた感触を思い出しながら落ち着いていきたい」

 しかしながら、予選終了後に伊藤と四倉はピットレーン速度違反がありそれぞれ2グリッドの降格。替わって4番手タイムの長谷部、5番手タイムの前田が2番グリッド、3番グリッドに繰り上がりになって決勝のスタートを迎える事となった。

2番グリッド 36号車・長谷部一真(ALBIREXEDRD10V)

予選4位だったが2位に繰り上がった長谷部一真(ALBIREX ED RD10V)

 「ミスばっかりの予選で、ベストタイムが出た周もひとつミスがあった。実力で2番グリッドへ行ける速さはあったと思ったが最後に抜かれてしまった。ラッキーな事に(繰り上がりで)2番グリッドを確保できたので、決勝は前を狙いつつ表彰台は確保できるように頑張りたい」

3番グリッド 72号車・前田大道(ELEVレーシングドリーム制動屋)1分30秒149 トップとの差0.770秒

予選5位だったが3位に繰り上がった前田大道(ELEVレーシングドリーム制動屋)

 「棚ぼたの3番グリッドではあるが、この位置につけられてよかったとは思う。最後の周回のタイムアタックはかなりいい感じで走れて、第1セクターで全体ベストと100分の数秒しか違わなかったが、第2セクターでリヤを滑らせてしまって、0.5秒くらいロスした。なのでうまくいけば1分29秒5~6ぐらいは狙えたかも。決勝に向けてはセッティングを少し変えたので、それが吉と出るか凶と出るか。それがいい感じで乗れるようなら3番手から上も狙えるんじゃないかと思う」

 決勝は14時30分スタート予定。天気予報では3時ごろから雨という予報で、上空は雲が広がり相変わらずの強風。山あいのスポーツランドSUGOだけにいつ降り出すか予断を許さず、各チームはレインタイヤの調整にも余念がない状況だ。

Text & Photo: Junichi SEKINE

JAF F4選手権

JAF-F4:第4戦SUGO決勝 宮下源都、SC明けの超接近戦を制してJAF-F4初優勝

 JAF-F4地方選手権シリーズ第3戦は5月16日(日)に宮城県のスポーツランドSUGOで決勝が行われ、ポールポジションからスタートの13号車・宮下源都(佐藤製作所★KK-ZS)がシリーズ初優勝を飾った。

優勝した宮下源都(佐藤製作所★KK-ZS)

決勝2位のハンマー伊澤(令和雪合戦ハンマーR☆ハヤテ)

決勝3位の徳升広平(フジタ薬局アポロ電工高山短大)

 好天だった前日とは打って変わり朝から曇り空がひろがるスポーツランドSUGOは 午後遅い時間から雨の予報が出ており、また風が非常に強く天気の変わり目を感じさせる状況。しかしJAF-F4第4戦の決勝が始まる11時20分はまだドライコンデションでレースは行われた。

 前日の第3戦での各車のベストラップタイムで第4戦のグリッドが決められ、ポールポジションは宮下、フロントロウに並んだのは19号車・ハンマー伊澤(令和雪合戦ハンマーR☆ハヤテ)、2列目3番手は第3戦優勝の72号車・金井亮忠(チームNATS・正義・001)と4番手に47号車・徳升広平(フジタ薬局アポロ電工高山短大)、3列目5番手に92号車・黒沼聖那(ファーストガレージ&Sウインズ)、6番手に第3戦では予選に出走できず最後尾スタートだった55号車・河野靖喜(CMS★RN2000)が並んだ。

 各車はスリックタイヤでコースイン、フォーメーションを終えてグリッドに着くとレッドライトが消えてレーススタート。ポールポジションの宮下は好スタートでホールショットを奪うが、2位伊澤は1コーナー進入で金井に刺されて3位に後退。しかしここで伊澤は踏みとどまり徳升の追撃はかわした。

 1周目を終えてトップ宮下と2位金井の差は0秒486、伊澤は1秒230、徳升までも1秒396差と上位4台が接近したグループを形成、後方では9番手スタートだった86号車・川原悠生(ファーストガレージ&Sウインズ)がHパターンミッション(他は全てシーケンシャルミッション)のハンデをモノともせずに順位を上げて5番手を走っているが、トップグループからは引き離されていく。

 徳升は3位の伊澤の背後に付け、両者テール・ツー・ノーズ状態で3周目に突入。直線でスリップを利かせた徳升は1コーナー進入で伊澤のインを刺して3位に浮上、そのまま2位金井に照準を合わせて伊澤を突き放す。4周目に徳升は1分22秒233とレースを通じてのファステストラップを出して金井との差を0.6秒削り取り1秒差に詰めると、翌5周目のメインストレートで金井の前に出て2位へ、更にトップ宮下の背後につけるとSPコーナ進入で並びかけるが、ここは宮下が抑えきる。

 7周目のメインストレートで再び徳升が宮下に並びインを押さえて1コーナーへ進入、いったんは前に出たが2コーナーで宮下がクロスラインを取って再びトップに立つ。徳升は宮下のリヤに当たらんばかりに詰め寄って走る。トップ争いから2秒後方では金井と伊澤がやりあっていたが、直線での伸びを欠く金井が同じ7周目のメインストレートで伊澤にかわされてしまう。

 ここで33号車・中島功(SHINSEI・KK)がSPコーナー出口でクラッシュ。ただちにセーフティカーが投入されマシン回収の間SCランとなる。このSCランは5周に及び、15周のレースは13周目からレース再開。SCランで隊列が接近した状態で残り3ラップの超スプリントレースが行われることとなった。

 トップ宮下はレース再開時のダッシュに失敗し徳升を引き連れた状態でコントロールラインを通過、ここが勝負所と見た徳升は宮下のアウト側から1コーナーに飛び込み大外刈りを狙うがマシンがアウトにはらみ、逆に伊澤に刺し込まれて3位にポジションダウン。伊澤はその勢いのままに宮下に食らいつき、0.497秒差で13周目を終える。3位に落ちた徳升も順位を取り戻すべく0.667秒差で追い、さらに金井も徳升の0.776秒後方につける。僅差の接近戦はこのままファイナルラップまで続いたが順位の変動は起きず、宮下は伊澤を0.763秒差で振り切りJAF-F4レースでの初優勝、徳升は最後の上り坂で伊澤に並びかける0.235秒差で伊澤が2位を守りきった。金井は最後ややスピードダウンし徳升から1.56秒差の4位。

 伊澤に続くジェントルマンクラス2位はSC明けに5位まで順位を上げた河野、そして6位黒沼を挟んだ7位の99号車・武居義隆(CMSルノー)がクラス3位となった。

■決勝後のコメント

優勝 13号車・宮下源都(佐藤製作所★KK-ZS)
 「SC長かったのでどうなる事かと思った。SC明けのスタートを失敗してしまって徳升選手の接近を許してしまった。後半のレースペースは良かったと思うが序盤がペースが伸びなくて、まわりは早いクルマばかりなので、絶対抜かれないようにと抑えた。SUGOは走った事が無いコースだったのでいい経験が積めた」
2位 19号車・ハンマー伊澤(令和雪合戦ハンマーR☆ハヤテ)
 「スタートを昨日ほどには失敗せず、(序盤の)4台の争いの中でも戦っていけたので、走り続けていれば何かがあるだろうと思っていた。ミスしないで走り切れてよかった。(徳升選手を抜いた時は?)最終コーナーから速くて付いていけた、向うは1コーナー速く行き過ぎたのだろう」
3位 47号車・徳升広平(フジタ薬局アポロ電工高山短大)
 「(SC明けの1コーナーは?)ちょっと行き過ぎた、リヤがロックしてアウトにはらんで行ってしまった。(レースペースは非常によかった?)昨日の反省を踏まえてチームの方とも話してクルマを変更したのがうまくハマった感じ。自分のドライビングを変えたのではなくクルマがよくなったでのタイムは出せた。後は(自分に)強さがなかった。また次回頑張る」

表彰式

ジェントルマンクラスの表彰式

 JAF-F4地方選手権シリーズ第5戦、第6戦は8月7日~8日に岡山国際サーキットで行われる。

Text & Photo: Junichi SEKINE

JAF F4選手権

JAF-F4:第3戦SUGO決勝 走る先生、金井亮忠が生徒の前で盤石のポール・ツー・フィニッシュ

 JAF-F4地方選手権シリーズ第3戦は5月15日(土)に宮城県のスポーツランドSUGOで決勝が行われ、ポールポジションからスタートの72号車・金井亮忠(チームNATS・正義・001)が一度もトップを譲らない完勝を飾った。

 朝の予選に引き続き好天に恵まれたスポーツランドSUGOは絶好のレース日和。決勝が始まる12時30分になってやや風が出てきたがドライコンディションのままでスタートを迎えた。

 エンジンが始動しないトラブルで予選を走れなかった前戦表彰台の55号車・河野靖喜(CMS★RN2000)は、スターターモーターの断線という事でレース前に修復を完了、最後尾からのレース参加が認められた。

 各車はスリックタイヤでコースイン、フォーメーションを終えてグリッドに着くとレッドライトが消えてレーススタート。ポールポジションの金井は好スタートを決めたが2番グリッドの19号車・ハンマー伊澤(令和雪合戦ハンマーR☆ハヤテ)はまたもスタートに失敗して出遅れ、1コーナまでの間に後続車の群れにのみ込まれて7位まで順位を落としてしまう。3番手スタートの47号車・徳升広平(フジタ薬局アポロ電工高山短大)が2位に上がり、伊澤の後ろで詰まってしまった4番手スタートの92号車・黒沼聖那(ファーストガレージ&Sウインズ)は6番手に順位を落とす。その一方で徳升の後ろ、アウト側奇数列から出た5番手スタートの2号車・植田正幸(Rnsports制動屋KKZS)と7番手スタートの33号車・中島功(SHINSEI・KK)が3位、4位に順位を上げて1周目を終える。金井は早くも徳升に1秒746の差をつけてコントロールラインを通過。

 ここで植田と黒沼にジャンプスタートの検証行われる旨の通知が出る。また予選13番手だった金井のチームメイト0号車・渡邊義人(チームNATS・エクシズWXR)が白煙を出しながらピットインする。

 2周目、スタートで出遅れた黒沼が中島と99号車・武居義隆(CMSルノー)を仕留めて4位まで挽回、更に3周目に植田も追い落として3位に上がるが2位徳升とは5秒以上の差が開いている。その後方では伊澤も順位を一つ上げて6位に。

 4周目、金井は徳升との差を2秒171まで開き突き放しにかかる。ここで植田と黒沼にジャンプスタートの裁定が下り、ドライブスルーペナルティが課せられる。

 後方では予選がトラブルで3周しかできず12番手スタートだった13号車・宮下源都(佐藤製作所★KK-ZS)が伊澤の後を追う様に順位を上げ、5周目には5位伊澤、6位宮下、7位武居の3台が接近戦となる。伊澤は続く6周目に4位植田の背後に迫り並走する様にコントロールラインを通過。

 7周目、徳升が自己べストの1分22秒838で一度は2秒以上開いていた金井との差を1秒994に詰めて追撃を開始。金井は4周目以降僅かだがラップタイムが落ちて23秒台で走っている。ここで3位を走っていた黒沼がドライブスルーペナルティを消化、続いて8周めに植田もペナルティを消化、伊澤が3位、宮下が4位に浮上する。しかしこの際黒沼はピットレーン速度違反を犯してしまい再度ドライブスルーペナルティを課されてしまう。前戦でポール・ツー・ウィンを飾った黒沼だが今回は散々なレースになってしまった。

 徳升は金井とのギャップを削りにかかるが金井も踏ん張り、9周目1秒892、10周目1秒717と0.1秒ずつしか接近できない。3番手伊澤は15秒以上引き離されており、4位宮下も2秒程度伊澤と離れたが、ここからレース中のベストラップで決まる第4戦のポールポジション争いが2台の間で本格化。

 まずは伊澤が11周目に1分22秒739のファステストラップを出し、翌12周目に宮下が22秒755の2番手タイムをマーク。すると伊澤が14周目に22秒671で突き放すが、直後にコントロールラインを通過した宮下が22秒498を出しファステストラップを獲得、明日に行われる第4戦のポールポジションを決めた。

 徳升はファイナルラップまで金井を追い上げ続けたが及ばず0秒983差でフィニッシュ。金井は初めてレースに参加した生徒たちの前で優勝を飾った。徳升は前戦もてぎに続いての悔しい2位。3位伊澤はジェントルマンクラスの優勝も飾った。4位宮下の後方では武居、中島に加えて唯一のHパターンミッションで戦う86号車・川原悠生(ファーストガレージ&ウインズ)の3台が1秒以内で接近戦をくり広げたが5位武居、6位中島でジェントルマンクラスの2位、3位、そして6位川原の順でフィニッシュした。

優勝は金井亮忠(チームNATS・正義・001)

決勝2位は徳升広平(フジタ薬局アポロ電工高山短大)

決勝3位はハンマー伊澤(令和雪合戦ハンマーR☆ハヤテ)

■決勝後のコメント

優勝 72号車・金井亮忠(チームNATS・正義・001)
 「(楽勝だったか?)全然楽勝ではなく、余裕は全くなくて、後ろ(との差を)を見ないでひたすら逃げるように全開で走り続けた。明日はまたどうなるか分からない。学生達と今年初めてのレースに勝てて、いいシーズンのスタートを切れたと思う」
2位 47号車・徳升広平(フジタ薬局アポロ電工高山短大)
 「あと一歩だった。全力でいったが前には追いつけなかった。冷静にミスなく走れていたのだが。明日のレースではもっと最終コーナーで踏んで行けるようにしないといけない気がするが、頑張りたい」
3位 19号車・ハンマー伊澤(令和雪合戦ハンマーR☆ハヤテ)
 「またスタートでミスしてしまった。(その後の追い上げは見事だったが?)速さはあってもミスしてはいかん。明日もフロントロウ、2番手スタートなので今度こそミスのないレースをしたい」
4位 13号車・宮下源都(佐藤製作所★KK-ZS)
 「(第4戦のポールポジション獲得について)今度はいい戦い出来るかも知れない。今朝の予選はタイヤトラブルで走れなくて、その分今のレースでは他の選手よりタイヤが新しかった。それを考えると、(2位と)タイム差はコンマ2秒もないので、課題がまだまだあると思う。明日はスタートが重要だ」

表彰式

ジェントルマンクラスの表彰式

 JAF-F4地方選手権シリーズ第4戦は明日5月16日にスポーツランドSUGOで行われる。

Text & Photo: Junichi SEKINE

 

JAF F4選手権

JAF-F4:第3戦SUGO公式予選 今期初参戦の金井亮忠が圧巻のコースレコードでポールポジション

 JAF-F4地方選手権シリーズ第3戦は5月15日(土)に宮城県のスポーツランドSUGOで公式予選が行われた。

 各地を転戦するJAF-F4地方選手権シリーズは菅生で2日連続の連戦を迎え、今シーズン最大の15台がエントリー。うち5台が今シーズン初参戦である。

 午前8時30分から20分間の予選が開始。快晴微風で気温19度という絶好のコンデションでコースオープンと共に19号車・ハンマー伊澤(令和雪合戦ハンマーR☆ハヤテ)を先頭に各車一斉にコースイン。しかしながら前戦もてぎで3位表彰台を獲得した55号車・河野靖喜(CMS★RN2000)はエンジンが始動せずピットから出ることが出来ない。トラブル箇所の特定に追われる。

 各車タイヤのウオームアップを終えて残り時間が13分になった頃からタイムアタックが本格化。昨年JAF地方選手権3位、今シーズン初参戦の72号車・金井亮忠(チームNATS・正義・001)が1分23秒668でトップに立ち、47号車・徳升広平(フジタ薬局アポロ電工高山短大)が2番手、伊澤が3番手で続く。

 金井は次の周回で1分22秒685とタイムを縮め、更には1分22秒312と従来のコースレコード1分22秒413を上回るタイムでトップの座を守り続ける。その一方徳升対伊澤の争いは伊澤が1分22秒957と先に22秒台に入れて2番手に上がるが、徳升もすぐに22秒535をマークして逆転。この3台が圧倒的に速く、4番手の前戦優勝、92号車・黒沼聖那(ファーストガレージ&Sウインズ)そこから1秒以上離されている。

 残り7分を切り金井は更にタイムを刻み、1分21秒942とついに21秒台に入れ、コースレコードを0秒471も短縮してポールポジションを確定させる。徳升も22秒166の自己ベストで2番手。

 一方3番手争いが激しくなり黒沼が残り6分で1分22秒746と22秒台に入れて伊澤を上回ると伊澤がすかざず22秒606で逆転、更に黒沼が22秒603で再逆転、と目まぐるしく順位が入れ替わる。

 残り1分を切り金井~徳升のフロントロウは安泰かと思えたが、ここで伊澤が1分22秒114とこれも従来のコースレコードを上回るタイムを叩き出し、金井と0秒172差で2番手に浮上。追い落とされた徳升が3番手、黒沼はチェッカードフラッグ後の最後の計測で自己ベストの1分22秒479をマークするも0秒013及ばず4番手に終わり、5番手2号車・植田正幸(Rnsports制動屋KKZS)、6番手99号車・武居義隆(CMSルノー)とジェントルマンクラス2番手3番手が第3列に並んだ。

■予選後のコメント

ポールポジション 72号車・金井亮忠(チームNATS・正義・001)1分21秒942

ポールポジションの金井亮忠(チームNATS・正義・001)

 「狙った以上のタイムが出た。前日の練習で22秒5、このマシンでの自己ベストが22秒2だったので21秒台は難しいかと思っていた。(日本自動車大学校の)学生たちとマシンをどんどん改良させていってるので、その点もこのタイムに反映されていてよかったと思う。今シーズンはピットクルーの生徒も入れかわり、彼らにとって初のレースなので、この成績が出せてよかった」

2位 19号車・ハンマー伊澤(令和雪合戦ハンマーR☆ハヤテ)1分22秒114 トップと0.172秒差

予選2位のハンマー伊澤(令和雪合戦ハンマーR☆ハヤテ)

 「(最後の方で好タイムが出たが?)最後までタイムが出なかったとも言える。昨日の練習から調子がよくて22秒前半が出ていたので、今日はニュータイヤで21秒台に行けるかなと思っていたのだが、最後までそこには持って行けなかった」

3位 47号車・徳升広平(フジタ薬局アポロ電工高山短大)1分22秒466 トップと0.524秒差
予選3位の徳升広平(フジタ薬局アポロ電工高山短大)

 「前回と同じ様に3番手。タイムは0.5秒差もついてしまったが、最後の方でちょっとマシンにトラブルが出てタイムを詰められなかったが、トップが出した21秒9は見えていたので決勝はいいレースができると思う。これからメカさんに頑張ってもらい、チームと応援して下さっている皆さんの為にも結果を出したい」

 決勝は12時30分開始予定。レコードタイムを出した金井以外にも21秒台が見えていた選手が数人おり、高速レースが期待される。

Text & Photo: Junichi SEKINE

もてぎ・菅生S-FJ選手権

S-FJ:第3戦SUGO決勝結果

SUGOチャンピオンカップレースシリーズ第2戦 -RIJ- (2021/05/18) Final Race Weather:Rain Course:Wet
2021 スーパーFJもてぎ・菅生シリーズ Round 3 スポーツランドSUGO 3.5865km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
LapTimeBehindGap
181佐藤 樹MYST KK-SⅡ
MYST KK-S2
1219'12.957--
272前田 大道ELEVレーシングドリーム制動屋
MYST KK-S2
1219'13.501 0.544 0.544
313四倉 悠聖ZAP日本平中自動車10V ED
TOKYO R&D RD10V
1219'16.108 3.151 2.607
415松山 雄大M's Garage FER KKSII
MYST KK-S2
1219'16.951 3.994 0.843
510伊藤 慎之典ZAPチャリ走! 10V ED
TOKYO R&D RD10V
1219'17.068 4.111 0.117
622内藤 大輝RCIT RaiseUP ED
MYST KK-S2
1219'23.88610.929 6.818
735大川 烈弥アルビビヨンドKKS GIA ED
MYST KK-S
1219'24.08211.125 0.196
817平 裕介ZAP_東多賀ss_10V ED
TOKYO R&D RD10V
1219'26.31313.356 2.231
95G1安藤 弘人ZAP PRS PRIMO 10V ED
TOKYO R&D RD10V
1219'30.47017.513 4.157
1036長谷部 一真ALBIREX ED RD10V
TOKYO R&D RD10V
1219'35.06722.110 4.597
1155G2伊勢屋 貴史アルビ☆あやし眼科☆10V ED
TOKYO R&D RD10V
1219'55.88542.92820.818
---- 以上規定周回数(90% - 10Laps)完走 ----
  • Fastest Lap: CarNo.81 佐藤樹(MYST KK-SⅡ) 1'30.840 (3/12) 142.133km/h

JAF F4選手権

JAF-F4:第4戦SUGO決勝結果

SUGOチャンピオンカップレースシリーズ第2戦 -RIJ- (2021/05/16) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2021 JAF F4選手権 Round 4 スポーツランドSUGO 3.5865km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
LapTimeBehindGap
113宮下 源都佐藤製作所★KK-ZS
MYST KK-ZS
1526'40.736--
219G1ハンマー 伊澤令和雪合戦ハンマーR☆ハヤテ
疾風(ハヤテ)
1526'41.499 0.763 0.763
347徳升 広平フジタ薬局アポロ電工高山短大
WEST 096
1526'41.734 0.998 0.235
472金井 亮忠チームNATS・正義・001
NATS 001
1526'43.294 2.558 1.560
555G2河野 靖喜CMS★RN2000
TATUUS Formula RENAULT
1526'48.954 8.218 5.660
6*92黒沼 聖那ファーストガレージ&Sウインズ
B-MAX RK-01
1526'49.753 9.017 0.799
799G3武居 義隆CMS
TATUUS Formula RENAULT
1526'52.82912.093 3.076
82G4植田 正幸Rn-Sports制動屋KKZS
MYST KK-ZS
1526'53.43712.701 0.608
937翁長 実希フジタ薬局アポロ電工MP/MT
MOONCRAFT MC090
1526'53.80313.067 0.366
108G5米谷 浩KK・ヨネタニ
Dallara F301
1526'54.53213.796 0.729
119G6KAMIKAZEスーパーウインズ&ISP
RENAULT(FR2000)
1527'00.83520.099 6.303
120G7渡辺 義人チームNATS・エクシズWXR
WXR MK-2
1527'05.00124.265 4.166
136G8酒井 貞幸スーパーウインズ&ISP
ZAP F108
1527'27.34746.61122.346
1486H1川原 悠生ファーストガレージ&Sウインズ
OSCAR SK97
1324'24.9492Laps2Laps
1533G9中島 功SHINSEI・KK
TOKYO R&D RD10W
68'42.0429Laps7Laps
  • Fastest Lap: CarNo.45 徳升広平(フジタ薬局アポロ電工高山短大) 1'22.233 (4/15) 157.010km/h
  • CarNo.92は、2021 SUGO 4輪一般競技規則第6章第33条1.(反則スタート)により、訓戒のペナルティーを科した。

もてぎ・菅生S-FJ選手権

S-FJ:第3戦SUGO公式予選結果

SUGOチャンピオンカップレースシリーズ第2戦 -RIJ- (2021/05/16) Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2021 スーパーFJもてぎ・菅生シリーズ Round 3 スポーツランドSUGO 3.5865km

PosClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
TimeBehindGapkm/h
181佐藤 樹MYST KK-SⅡ
MYST KK-S2
1'29.379--144.457
2*10伊藤 慎之典ZAPチャリ走! 10V ED
TOKYO R&D RD10V
1'29.540 0.161 0.161144.197
3*13四倉 悠聖ZAP日本平中自動車10V ED
TOKYO R&D RD10V
1'29.563 0.184 0.023144.160
436長谷部 一真ALBIREX ED RD10V
TOKYO R&D RD10V
1'29.616 0.237 0.053144.075
572前田 大道ELEVレーシングドリーム制動屋
MYST KK-S2
1'30.149 0.770 0.533143.223
6*15松山 雄大M's Garage FER KKSII
MYST KK-S2
1'30.155 0.776 0.006143.213
717平 裕介ZAP_東多賀ss_10V ED
TOKYO R&D RD10V
1'31.363 1.984 1.208141.320
835大川 烈弥アルビビヨンドKKS GIA ED
MYST KK-S
1'31.611 2.232 0.248140.937
95G1安藤 弘人ZAP PRS PRIMO 10V ED
TOKYO R&D RD10V
1'31.611 2.232 0.000140.937
---- 以上基準タイム予選通過 ----
-55G-伊勢屋 貴史アルビ☆あやし眼科☆10V ED
TOKYO R&D RD10V
2'20.77251.39349.16191.719
-22内藤 大輝RCIT RaiseUP ED
MYST KK-S2
no time---
  • CarNo.10,13,15は、2021 SUGO 4輪一般競技規則第7章第43条3.(ピットレーン出口速度違反)により、2グリッド降格のペナルティーを科す。
  • CarNo.15は、2021 SUGO 4輪一般競技規則第7章第43条3.(ピットレーン出口速度違反2回)により、最後尾スタートのペナルティーを科す。

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第8戦オートポリス決勝会見 名取鉄平「勝ったは勝ったで嬉しいんですけど...」

第8戦優勝 名取鉄平(B-MAX RACING TEAM)

「勝ったは勝ったで嬉しいんですけど、展開としては満足のいかない結果です。リスタートでなんとかまくってトップに立てました」

「(リスタートするかしないか)どっちかな?と思っていましたが、とりあえずはタイヤをあっためておこうかなと。やるとしたら1、2周だろうと思っていました。アレジ選手はタイヤを温めている様子がなかったので、そこがトップに立てたポイントだったと思います」

「SUGOについては得意意識も苦手意識もありませんが、B-MAXさんは得意としていると思います。昨日連勝記録が途切れましたが、また連勝記録を伸ばしていけるようにしたい。そうすることで最終戦ではスーパーフォーミュラに乗りたいし、そのための準備も進めていきます」

第8戦決勝2位 ジュリアーノ・アレジ(TOM'S)

「結果は悪くないけど、天気のせいでなかなかリスタートしてくれなかったのには困りました。ラッキーだったのは前の二人がスリックタイヤを履いたおかげでポジションを上げることができたことです。僕はリスクを取りたくなかった」

「路面や滑りやすかったし、霧で前もよく見えなかったので、ドライブするのは大変でした」

「次のSUGOもまずはサーキットを勉強することが第一です。それとクルマについてエンジニアに色々教わらないといけません」

第8戦決勝3位 河野駿佑(RS FINE)

「昨日に続いて5番手からのスタートでした。前の2台がスリックタイヤでしたので、僕もスリックで行くかどうか悩みましたが、ウェットで行くことにしました。前の2台についていけなかったのは今後の課題ですが、ひとまず2レースとも表彰台というのは今までの流れとしてはいいと思うので、今後も流れを途切らせないようにしたいです」

「まだ速さが足りていないところがドライでもウェットでもあるので、そこを詰めて行って、データを解析し、予習をしてSUGOに臨みたいと思います」

まとめ:Kazuhisa SUEHIRO

SUPER FORMULA

SF:第3戦オートポリス決勝会見 舘信秀「一貴には悪いけど、すぐにレギュラーにしてもいいんじゃないかと思えてきた(笑)」

第3戦優勝 ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)

「良いスタートができて、そこからもグリップが上がって来なくて大変でしたが、少しずつリードを広げてました。セーフティーカーが入ってリスタートになってからも簡単じゃなかったけど、安定して走ることができました」

「雨のスタートはGP3やF2で経験したけど、スーパーフォーミュラでも良いスタートができて本当に嬉しかった。鈴鹿ではスタートがうまくいきませんでしたから」

「中断中に待っているのはレースより辛かったです。ちょっと腰が痛くなりました」

(2戦目で優勝したことについて)「優勝のための勉強はしてるけど、優勝することは難しいことなので、どうやって速く走るかしか意識していませんでした」

「今はサーキットを学ぶことと、どうやって速く走るかだけを考えています。ポジションのことは今は考えていません」

第3戦決勝2位 松下信治(B-MAX RACING TEAM)

「今日のレースに関しては、ちょっと残念な終わり方ではあります。みんな走りたかったと思いますけど、しょうがない決断だったと思います。いろんな方の協力があって僕は今走れています。特別な思いを持って走っているので、どうしても結果が出したかったです。雨でも良いポジションで走れているので、良かったと思います」

「スタートでは3つぐらいポジションをあげたと思いますが、その後の1コーナーの飛び込みでいいポジションを取ることができました。その後関口選手のコースアウトがあってさらにポジションをあげられました。チームにとってもモチベーションをあげられる結果だったと思います」

「チーム体制の構築がドタバタで、4月にゼロから立ち上げたので、鈴鹿ではドタバタでした。田坂さんとはリアルでF3をやってた頃から顔見知りではありましたが、担当してもらうのは初めてです。1台体制で不利だとは思いますけど、その分僕の声がチームに届くので、いい面もあります」

「いろんな方の助けがあって走れているので、これからもいい結果を出してお返ししたいです。今回はハーフポイントですけど、今後もチャンピオンシップポイントを積み重ねたいです」

第3戦決勝3位 阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)

「フル参戦初年度で表彰台に上がれたのは良かったですし、チームに感謝しています」

「スタートではグリップの感触が思わしくなくて、1コーナーの出口で飛び出してしまいました。そこから一つボジションを戻したところでセーフティーカーが入りました」

「スタート直後のチームメイトのクラッシュについては何も聞いていませんでしたが、コース状況が変わることは無線で知らされていました。そういう意味ではいい状態で走れていたと思います」

「最後にレースを再開してもらって、もうひと勝負したい気持ちはありましたが、あの状況では仕方なかったと思います」

「ウェットはいい状態でしたが、ドライではまだ考えていくことが残っていると思うので、次はドライで戦って、いい結果を残したいと思います」

優勝チーム監督 舘信秀(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)

「大変荒れたレースで、最後まで走ることはできませんでしたが、素直に嬉しいです」

「昨日も降ったり止んだりの荒れたコンディションの中で、チーム全体が落ち着いていたし、ジュリアーノ・アレジくんが落ち着いてて、良いタイミングでタイムを出しました。彼は非常に落ち着いていましたね」

「昨日のオペレーションは本当に上手だったと思いますね。チームチャンピオンなのでピット位置が一番前だったのも良かったと思いますが、まさかワンツーだとは思いませんでした。昨日からチームとしてはよくやったと思います」

「ちょっと今までにない、なんというか自分の息子が走ってるような感じでしたね。実はジュリアーノはまだまだだと思っていたので、あんなに完璧なレースをするとは思ってもいませんでした」

「これからがすごく楽しみになってきましたね。もっと時間がかかると思っていて、時間をかけて育てていきたいと思っていたんですけど、すぐにレギュラーでも良いんじゃないかと思えてきました。中嶋一貴には悪いんですけど」

「アレジはとても21歳とは思えないというか、社会人としてちゃんとしてるなという印象です。今までの選手が悪かったのかも知れませんけど」

「宮田もレースペースは良かったので、うまくスタートできていればワンツーもあり得たかなと思います」

「SUGOでは一貴をどうしようかなと思っていますが(笑)次戦も優勝を目指して頑張っていきます」

まとめ:Kazuhisa SUEHIRO

SUPER FORMULA

SF:第3戦オートポリス決勝は悪天候により赤旗終了 優勝は#36アレジ

決勝レースがスタートした

2021年全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦の決勝が5月16日、大分県日田市のオートポリスで行われた。レースは悪天候により13周で赤旗中断となり、そのまま終了となったが、ポールポジションの#36ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TOM'S SF19)がスタートからトップを守り切ってスーパーフォーミュラ初優勝を手にした。(天候:雨 コース:ウェット)

スタート直後、1コーナーの攻防

優勝はジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TOM\'S SF19)

決勝2位は阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING SF19)

決勝3位は松下信治(BYOUBUGAURA B-MAX SF19)

第3戦決勝は当初の予定から大幅に遅れて午後2時55分にフォーメーション開始。雨は止んでいるが、路面はウェット。気温、路面温度ともに22℃。ウェット宣言が出されており、全車ウェットタイヤで走行を開始した。

スタートでトップに立ったのはポールポジションの#36アレジ。予選4番手の#19関口雄飛(carenex TEAM IMPUL SF19)が2位に浮上し、13番手スタートの#51松下信治(BYOUBUGAURA B-MAX SF19)がなんと3位にジャンプアップしてきた。

その後方では1コーナーで#20平川亮(carenex TEAM IMPUL SF19)に#38坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING SF19)が追突、平川はアウト側に飛び出し、#38坪井もスピン。揃ってレースを終えることに。後続もこの2台を避けようとコース外に飛び出すなど大混乱に陥ったため、早くも2周目からセーフティーカー(SC)が導入されることになった。

1周を終えての順位は#36アレジ、#19関口、#51松下、#15大津、#38阪口、#12塚越。予選2番手の#37宮田はスタートで出遅れて8位まで後退してしまった。

SCは4周目にピットイン。5周目からレースは再開される。するとその直前に2位を走っていた#19関口が最終コーナーで加速状態に入った直後にまさかのコースアウト。これで#51松下が2位に浮上し、#15大津弘樹(TEAM MUGEN SF19)が3位に。#19関口はすぐに戦列に復帰したものの8位に後退してしまった。

さらに6周目の1コーナーでは#16野尻智紀(TEAM MUGEN SF19)が大外から#19関口を抜き去って8位に浮上すると、8周目の1コーナーで再びアウトから#14大嶋和也(NTT Communications ROOKIE SF19)を捉えて7位に浮上する

#19関口は第1ヘアピンで#7小高一斗(KCMG Elyse SF19)にも並びかけられるが、ここはなんとか押さえ込んだ。その#7小高を今度は最後尾スタートから着実に順位を上げてきていた#64大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING SF19)が捉えて9位に浮上した。

その前方では#39阪口が8周めの第2ヘアピンで#15大津を捉えて3位に浮上。#37宮田莉朋(Kuo VANTELIN TOM'S SF19)も9周目の第2ヘアピンで#15大津を捉えて4位まで挽回してきた。大津はその次のコーナーで#12塚越広大(ThreeBond SF19)の先行をも許してしまうが、#12塚越はファイナルコーナースタンド手前で姿勢を乱してスピン、13位に後退してしまった。

これで5位に復帰した#15大津を今度は#16野尻が10周目の100Rでパスして5位に浮上した。

その後、トップが11周目に入ったところで雨足が強まったため、この日2度目のSCが入ったが、隊列が13周目に入ったところで赤旗が提示されてレースは中断となった。

この時点での順位はトップが#36アレジ、2位が#51松下、3位が#39阪口。以下#37宮田、#16野尻、#15大津と続いて#64大湯が7位だ。

またこの中断の間にレースダイレクターの判断でタイヤ交換が許可されることになり、12周目にピットインしてタイヤを交換した#6牧野以外はここでタイヤを交換してレース再開を待つことになった。

しかし中断の間に天候が悪化したため、大会審査委員会は午後4時30分にレースの終了を宣言。国際モータースポーツ競技規則により11周終了時点の順位がレース結果となり。各選手の獲得ポイントは通常の半分となった。

この結果、#36ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TOM'S SF19)が参戦2戦目にして初優勝を達成。赤旗提示まで2位を走行していた#51松下信治(BYOUBUGAURA B-MAX SF19)に対してはレース後に、スタート手順違反があったとした5秒加算のペナルティがあったため、#39阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING SF19)が2位、松下は3位という結果になった。

次戦の舞台は宮城県村田町のスポーツランドSUGO。6月20日決勝だ。

表彰式: 左から3位・松下 信治、優勝・ジュリアーノ・アレジ、2位・阪口晴南

優勝したジュリアーノ・アレジと舘信秀チーム監督

優勝したジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)のコメント

「チームに感謝したい。最初の優勝だけど、最後まで走り切って勝利を味わいたかったので残念な気もします。でも勝てたことは嬉しいし、引き続き頑張りたいと思います」

「母には電話でおめでとうと言ってもらいました。父とはまだ話していません」

「勝因は速いクルマ。チームスタッフがたくさん仕事をしてバランスの良い車を作ってくれました」

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI

SUPER FORMULA

SF:第3戦オートポリス決勝結果

全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦 -RIJ- (2021/05/16) Final Race Weather:Rain Course:Wet
2021 SUPER FORMULA Round 3 オートポリス 4.674km

PosNoDriverCar
Team
Engine
LapTimeBehindGap
136ジュリアーノ・アレジKuo VANTELIN TOM'S SF19
Kuo VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
1123'54.340--
239阪口 晴南P.MU/CERUMO・INGING SF19
P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
1124'01.861 7.521 7.521
3*51松下 信治BYOUBUGAURA B-MAX SF19
B-MAX RACING TEAM
Honda M-TEC HR-417E
1124'02.095 7.755 0.234
437宮田 莉朋Kuo VANTELIN TOM'S SF19
Kuo VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
1124'02.576 8.236 0.481
516野尻 智紀TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda M-TEC HR-417E
1124'05.66511.325 3.089
615大津 弘樹TEAM MUGEN SF19
Red Bull MUGEN Team Goh
Honda M-TEC HR-417E
1124'11.96417.624 6.299
764大湯 都史樹TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
1124'14.93620.596 2.972
814大嶋 和也NTT Communications ROOKIE SF19
NTT Communications ROOKIE
TOYOTA TRD01F
1124'18.13323.793 3.197
91山本 尚貴TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
1124'28.91234.57210.779
10*19関口 雄飛carenex TEAM IMPUL SF19
carenex TEAM IMPUL
TOYOTA TRD01F
1124'30.35236.012 1.440
113山下 健太ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA TRD01F
1124'33.07138.731 2.719
1212塚越 広大ThreeBond SF19
ThreeBond Drago CORSE
Honda M-TEC HR-417E
1124'34.29639.956 1.225
13*5福住 仁嶺DOCOMO DANDELION M5S SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda M-TEC HR-417E
1124'36.54542.205 2.249
146牧野 任祐DOCOMO DANDELION M6Y SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda M-TEC HR-417E
1124'40.55646.216 4.011
15*4中山 雄一ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA TRD01F
1124'46.65152.311 6.095
16*7小高 一斗KCMG Elyse SF19
KCMG
TOYOTA TRD01F
1022'37.8121Lap 1Lap
---- 以上規定周回数(90% - 9Laps)完走 ----
-*38坪井 翔P.MU/CERUMO・INGING SF19
P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
011Laps10Laps
-20平川 亮carenex TEAM IMPUL SF19
carenex TEAM IMPUL
TOYOTA TRD01F
011Laps
-18国本 雄資KCMG Elyse SF19
KCMG
TOYOTA TRD01F
011Laps
  • Fastest Lap: CarNo.15 野尻智紀(TEAM MUGEN SF19) 1'43.205 (6/11) 163.039km/h
  • CarNo.38は、2021全日本スーパーフォーミュラ選手権統一規則第15条1.1)違反(CarNo.20に接触)により、ドライビングスルーペナルティーを科したがリタイアのため未消化。
  • CarNo,19,4,7は、国際モータースポーツ競技規則付則H項2.10.11(SC中のオーバーラン)により、競技結果に対し5秒加算のペナルティーを科した。
  • CarNo.5は、2021全日本スーパーフォーミュラ選手権統一規則第15条1.3)違反(CarNo.1に接触)により、競技結果に対し5秒加算のペナルティーを科した。
  • CarNo.51は、2021全日本スーパーフォーミュラ選手権統一規則第31条7.(スタート手順)違反により、競技結果に対し5秒加算のペナルティーを科した。

SUPER FORMULA

SF:第3戦オートポリス ウォームアップ走行はアクシデントにより赤旗終了

全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦のウォームアップ走行は、当初20分間に走行時間を延長して行われる予定だったが、開始から8分でアクシデントが発生したために赤旗中断となり、そのまま終了となった。

走行は午後1時30分に開始される予定だったが、直前になって雨足が強まったため、午後2時00分になってようやくコースオープンに。視界はかなり良好になったものの、路面はウェットだ。最終コーナー方向から強い追い風が吹いている中での走行となった。

開始から8分が経過したところで#37宮田が1'45.435でトップに立ったが、その直後に#6牧野任祐が13コーナーでコースアウト、ガードレールに突っ込んだために赤旗が出され、そのままセッションは終了となった。

2番手は#12塚越広大で1'45.568。ポールシッターの#36ジュリアーノ・アレジが1'46.444で3番手だった。

第3戦決勝はこのあと午後2時30分にグリッド試走を開始とアナウンスされており、おそらくスタート時刻も35分程度遅れる見込みだ。

Text:Kazuhisa SUEHIRO

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第8戦オートポリス決勝 名取鉄平が今季5勝目 ドライタイヤの佐藤蓮は涙を飲む

レースはセーフティーカー先導で始まった

 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権(SFL)第8戦は16日、オートポリスで決勝を行い、10周を走って2番グリッドからスタートした名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)が優勝した。

 昨日行われる予定だった公式予選が決勝第7戦に振り替えられたため、スターティンググリッドは金曜日に行われた占有走行3回目のセカンドベストタイムで決定されることとなった。

スターティンググリッド

  1. 佐藤蓮(TODA FIGHTEX)
  2. 名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)
  3. 三宅淳詞(MAX RACING 320)
  4. ジュリアーノ・アレジ(Deloitte. TOM'S 320)
  5. 河野駿佑(RS FINE K&N 320)
  6. 野中誠太(Kuoカローラ中京TOM'S 320)
  7. 平良響(Kuoカローラ中京TOM'S 320)
  8. DRAGON(TEAM DRAGON B-MAX 320)
  9. 今田信宏(JMS RACING with B-MAX)
  10. SYUJI(B-MAX ENGINEERING 320)

セーフティーカー先導はレース終盤まで続いた

優勝は名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)

決勝2位はジュリアーノ・アレジ(Deloitte. TOM\'S 320)

決勝3位は河野駿佑(RS FINE K&N 320)

 昨日梅雨入りが発表された九州地方にある大分県のオートポリスは早朝より霧と雨。スタート進行は午前8時から始まる予定だったが、再三の延期の後、午後に行われる予定だった第9戦を中止とし、この枠で第8戦を行うこととなった。スタート時刻は午後12時25分、周回数も21周から14周に変更され、セーフティーカー(SC)先導でのスタートとなった。

 決勝スタート、午後12時25分時点の天候は小雨、薄い霧で気温20.9度、路面温度21度。多くのドライバーはウェットタイヤを選択したが、ポールポジション(PP)の佐藤蓮(TODA FIGHTEX)、3番グリッドの三宅淳詞(MAX RACING 320)、9番グリッド・マスタークラスPPの今田信宏(JMS RACING with B-MAX)の3人はドライタイヤを選択してSC先導でグリッドを離れた。

 しかしSC中に霧は濃くなり、さらに大粒の雨まで落ち始めた。これを見てドライタイヤの三宅は3周終りでピットインし、タイヤをウエットに交換し、最後尾で戦列に復帰する。

 SC先導は延々と続き、トップ、ドライタイヤの佐藤はこのまま規定時間の30分でレース終了を待つ作戦を選択したようだが、無情にも8周目走行中には天候も若干回復し、ジェットコースターストレートでSCのルーフランプは消えた。

 レースは9周目からようやく始まる。やはりドライタイヤの佐藤は苦しい。1コーナーではインから名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)に、アウトからジュリアーノ・アレジ(Deloitte. TOM'S 320)にかわされ3位に落ちる。これでトップに立ったのは名取で2位にはアレジが続く。佐藤はこの後もウェットタイヤ勢に抜かれずるずると後退。3位には河野駿佑(RS FINE K&N 320)が上がってきた。

 30分の規定時間があるためレースは10周で終了、実質2周で争われることとなった。ファイナルラップとなった10周目には最終セクションでトップ名取にアレジが肉薄するが、最後までアレジを押さえきった名取が優勝、2位にはアレジが入った。

 3位には河野が続き、4位は平良響(Kuoカローラ中京TOM'S 320)、5位は野中誠太(Kuoカローラ中京TOM'S 320)、最後尾から追い上げた三宅は6位に入った。

 マスタークラスはPPの今田がドライタイヤを選択したため、ウェットタイヤのSYUJI(B-MAX ENGINEERING 320)が優勝した。

 このレースは本来14周で、75%を超える10周を消化したため入賞ドライバーにはフルポイントが与えられる。

表彰式: 左から2位・アレジ、優勝・名取、3位・河野、マスタークラス優勝・SYUJI

 SFLのオートポリス大会は昨日の第7戦、この第8戦の2戦で終了。次大会は6月19日、20日にスポーツランドSUGOで第10~12戦が行われる予定だが、ここで行われる予定だった第9戦の扱いは現在のところ未定である。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第8戦オートポリス決勝結果

全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦 -RIJ- (2021/05/16) Final Race Weather:Rain Course:Wet
2021 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 Round 8 オートポリス 4.674km

\
PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Team
Engine
LapTimeBehindGap
150名取 鉄平Byoubugaura B-MAX Racing 320
B-MAX RACING TEAM
SPIESS A41
1031'43.170--
236ジュリアーノ・アレジDeloitte. TOM'S 320
TOM'S
TOYOTA TOM'S TAZ31
1031'43.521 0.351 0.351
335河野 駿佑RS FINE K&N 320
RS FINE
TOYOTA TOM'S TAZ31
1031'51.052 7.882 7.531
437平良 響Kuoカローラ中京TOM'S 320
TOM'S
TOYOTA TOM'S TAZ31
1031'51.322 8.152 0.270
51野中 誠太Kuoカローラ中京TOM'S 320
TOM'S
TOYOTA TOM'S TAZ31
1031'54.08610.916 2.764
610三宅 淳詞MAX RACING 320
Rn-sports
SPIESS A41
1032'01.73118.561 7.645
730DRAGONTEAM DRAGON B-MAX 320
B-MAX ENGINEERING
SPIESS A41
1032'15.78832.61814.057
851M1SYUJIB-MAX ENGINEERING 320
B-MAX ENGINEERING
SPIESS A41
1032'27.51144.34111.723
9*2佐藤 蓮TODA FIGHTEX
TODA RACING
SPIESS A41
1032'51.2261'08.05623.715
104M2今田 信宏JMS RACING with B-MAX
B-MAX ENGINEERING
SPIESS A41
1033'04.8571'21.68713.631
---- 以上規定周回数(90% - 9Laps)完走 ----
  • Fastest Lap: CarNo.36 ジュリアーノ・アレジ(Deloitte. TOM'S 320) 1'57.992 (10/10) 142.606km/h
  • CarNo.2は、2021全日本スーパーフォーミュラ選手権統一規則第15条1.3)(ストレート上での危険な行為)により、競技結果に30秒を加算し、ペナルティーポイント2点を科した。

SUPER FORMULA

SF:第3戦オートポリス ウォームアップ走行が20分間に拡大されることに

大分県日田市のオートポリスで行われている、全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦は、朝に予定されていたフリー走行2回目のキャンセルをうけ、当初8分間で予定されていたスタート前のウォームアップ走行を、20分間に拡大して行うことが決定された。

大会審査委員会は5月16日午前11時00分にスタート手順表の改訂版を発行したが、それによると午後1時30分より午後1時50分までの20分間をウォームアップ走行に充て、午後1時55分よりグリッドへの試走を開始することになっている。これに伴い、スタート時刻は当初予定より5分遅れて午後2時20分にフォーメーションラップを開始する予定となっている。

オートポリスは現在も霧に包まれているが、すでに雨は止んでおり、徐々に視界も改善されていく方向にある。今後の状況によってはドライコンディションでの戦いとなる可能性も出てきた。

Text:Kazuhisa SUEHIRO

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第8戦オートポリス決勝は12時25分スタート予定に

大分県日田市のオートポリスで行われている全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第8戦の決勝は、天候不良によりスタート予定が大幅に遅れているが、12時25分より14周または最大30分間で開催されることが大会審査委員会より発表された。

第8戦決勝は当初の予定では午前8時25分より21周で行われる予定であったが、朝からの雨と霧で走行困難な状況となり、何度も予定が変更となっていた。このため、午前9時45分にエントラント代表者によるミーティングが行われ、12時30分にスタート予定だった第9戦については午前10時10分発行の公式通知で中止が発表された。

一方、第8戦についてはスタート手順表の改訂版が午前10時40分発行の公式通知で発行され、12時05分にグリッド試走を開始し、12時25分よりフォーメーションラップが開始されることになった。

しかしオートポリス周辺は依然として濃い霧に包まれており、予定通り進行されるかどうか見通しが立たない状況が続いている。

Text:Kazuhisa SUEHIRO

SUPER FORMULA | SUPER FORMULA LIGHTS

SF:第3戦オートポリス フリー走行2回目は天候不良のためキャンセルに

5月16日、大分県日田市のオートポリスにて行われる予定だった全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦のフリー走行2回目は、残念ながら天候不良によりキャンセルとなった。

フリー走行は当初の予定では午前10時20分より30分間で行われる予定だったが、オートポリスは朝から濃い霧に包まれており、最初の走行となるスーパーフォーミュラ・ライツ第8戦のスタート進行が遅れに遅れる状況となった。

この影響で午前9時45分スタート予定だったTCRジャパンサンデーシリーズの決勝の中止が9時20分に発表された。

続いてスーパーフォーミュラ・ライツは午前9時45分から、スーパーフォーミュラについても午前10時にエントラント代表者によるミーティングが行われた結果、スーパーフォーミュラ・ライツ第9戦の決勝とスーパーフォーミュラのフリー走行2回目をキャンセルするとの公式通知が午前10時10分に発表された。

なお、今後の予定についてはまだアナウンスが出ていないが、コース上は現在も視界不良の状況が続いており、決勝レースが中止となる可能性も出てきている。

Text:Kazuhisa SUEHIRO

TCR JAPAN SUNDAY

TCRJ-SUN:第2戦オートポリス決勝 視界不良のため中止

決勝は視界不良のためキャンセルされた

 本日行われる予定だった、TCRジャパン(TCRJ)サンデーシリーズ第2戦オートポリスは天候不良のためキャンセルされた。

 昨日梅雨入りが発表された九州地方にある大分県のオートポリスは早朝より霧に覆われた。そのため午前8時からスタート進行が始まる予定だった全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第8戦が、再三の延期になり9時のTCRJスタート進行の時間にずれ込んだ。このため主催者はサンデーシリーズの開催を断念し9時20分、中止が発表された。

 サンデーシリーズ第2戦は初参戦の三浦愛(DOME RACING)がポールポジションからスタートするなど注目を集めていた。中止になるのか他サーキットでの振り替えになるかは未定だ。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Kazuhisa SUEHIRO

JAF F4選手権

JAF-F4:第4戦SUGOスタート順(第3戦決勝ベストタイム順)

SUGOチャンピオンカップレースシリーズ第2戦 -RIJ- (2021/05/15) Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2021 JAF F4選手権 Round 4 スポーツランドSUGO 3.5865km

PosClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
TimeBehindGapkm/h
113宮下 源都佐藤製作所★KK-ZS
MYST KK-ZS
1'22.498--156.506
219G1ハンマー 伊澤令和雪合戦ハンマーR☆ハヤテ
疾風(ハヤテ)
1'22.671 0.173 0.173156.178
372金井 亮忠チームNATS・正義・001
NATS 001
1'22.808 0.310 0.137155.920
447徳升 広平フジタ薬局アポロ電工高山短大
WEST 096
1'22.838 0.340 0.030155.863
592黒沼 聖那ファーストガレージ&Sウインズ
B-MAX RK-01
1'23.610 1.112 0.772154.424
655G2河野 靖喜CMS★RN2000
TATUUS Formula RENAULT
1'24.600 2.102 0.990152.617
72G3植田 正幸Rn-Sports制動屋KKZS
MYST KK-ZS
1'24.653 2.155 0.053152.521
833G4中島 功SHINSEI・KK
TOKYO R&D RD10W
1'24.678 2.180 0.025152.476
986H1川原 悠生ファーストガレージ&Sウインズ
OSCAR SK97
1'24.754 2.256 0.076152.340
1099G5武居 義隆CMS
TATUUS Formula RENAULT
1'25.175 2.677 0.421151.587
118G6米谷 浩KK・ヨネタニ
Dallara F301
1'25.244 2.746 0.069151.464
1237翁長 実希フジタ薬局アポロ電工MP/MT
MOONCRAFT MC090
1'25.305 2.807 0.061151.356
139G7KAMIKAZEスーパーウインズ&ISP
RENAULT(FR2000)
1'26.802 4.304 1.497148.745
140G8渡辺 義人チームNATS・エクシズWXR
WXR MK-2
1'30.263 7.765 3.461143.042
156G9酒井 貞幸スーパーウインズ&ISP
ZAP F108
1'32.83510.337 2.572139.079

JAF F4選手権

JAF-F4:第3戦SUGO決勝結果

SUGOチャンピオンカップレースシリーズ第2戦 -RIJ- (2021/05/15) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2021 JAF F4選手権 Round 3 スポーツランドSUGO 3.5865km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
LapTimeBehindGap
172金井 亮忠チームNATS・正義・001
NATS 001
1520'54.994--
247徳升 広平フジタ薬局アポロ電工高山短大
WEST 096
1520'55.977 0.983 0.983
319G1ハンマー 伊澤令和雪合戦ハンマーR☆ハヤテ
疾風(ハヤテ)
1521'10.94815.95414.971
413宮下 源都佐藤製作所★KK-ZS
MYST KK-ZS
1521'14.79019.796 3.842
599G2武居 義隆CMS
TATUUS Formula RENAULT
1521'37.74642.75222.956
633G3中島 功SHINSEI・KK
TOKYO R&D RD10W
1521'38.16243.168 0.416
786H1川原 悠生ファーストガレージ&Sウインズ
OSCAR SK97
1521'38.80743.813 0.645
837翁長 実希フジタ薬局アポロ電工MP/MT
MOONCRAFT MC090
1521'41.83846.844 3.031
98G4米谷 浩KK・ヨネタニ
Dallara F301
1521'44.81749.823 2.979
109G5KAMIKAZEスーパーウインズ&ISP
RENAULT(FR2000)
1522'02.6141'07.62017.797
1155G6河野 靖喜CMS★RN2000
TATUUS Formula RENAULT
1522'04.8951'09.901 2.281
12*2G7植田 正幸Rn-Sports制動屋KKZS
MYST KK-ZS
1522'12.5721'17.578 7.677
13*92黒沼 聖那ファーストガレージ&Sウインズ
B-MAX RK-01
1421'11.0661Lap 1Lap
146G8酒井 貞幸スーパーウインズ&ISP
ZAP F108
1320'59.7032Laps1Lap
150G9渡辺 義人チームNATS・エクシズWXR
WXR MK-2
1021'16.0485Laps3Laps
---- 以上規定周回数(70% - 10Laps)完走 ----
  • Fastest Lap: CarNo.13 宮下源都(佐藤製作所★KK-ZS) 1'22.498 (14/15) 156.506km/h
  • CarNo.2,92は、2021 SUGO 4輪一般競技規則第6章第33条1.(反則スタート)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。
  • CarNo.92は、2021 SUGO 4輪一般競技規則第7章第47条2.(ピットレーン出口速度違反)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。
  • CarNo.92は、2021 SUGO 4輪一般競技規則第7章第47条2.(ピット出口信号無視)により、訓戒のペナルティーを科した。

JAF F4選手権

JAF-F4:第3戦SUGO公式予選結果

SUGOチャンピオンカップレースシリーズ第2戦 -RIJ- (2021/05/15) Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2021 JAF F4選手権 Round 3 スポーツランドSUGO 3.5865km

PosClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
TimeBehindGapkm/h
172金井 亮忠チームNATS・正義・001
NATS 001
R1'21.942--157.568
219G1ハンマー 伊澤令和雪合戦ハンマーR☆ハヤテ
疾風(ハヤテ)
R1'22.114 0.172 0.172157.237
347徳升 広平フジタ薬局アポロ電工高山短大
WEST 096
1'22.466 0.524 0.352156.566
492黒沼 聖那ファーストガレージ&Sウインズ
B-MAX RK-01
1'22.479 0.537 0.013156.542
52G2植田 正幸Rn-Sports制動屋KKZS
MYST KK-ZS
1'23.997 2.055 1.518153.713
699G3武居 義隆CMS
TATUUS Formula RENAULT
1'24.025 2.083 0.028153.661
733G4中島 功SHINSEI・KK
TOKYO R&D RD10W
1'24.280 2.338 0.255153.196
886川原 悠生ファーストガレージ&Sウインズ
OSCAR SK97
1'24.482 2.540 0.202152.830
98G5米谷 浩KK・ヨネタニ
Dallara F301
1'24.871 2.929 0.389152.130
1037翁長 実希フジタ薬局アポロ電工MP/MT
MOONCRAFT MC090
1'24.974 3.032 0.103151.945
119G6KAMIKAZEスーパーウインズ&ISP
RENAULT(FR2000)
1'25.509 3.567 0.535150.995
12*13宮下 源都佐藤製作所★KK-ZS
MYST KK-ZS
1'26.495 4.553 0.986149.273
130G7渡辺 義人チームNATS・エクシズWXR
WXR MK-2
1'28.392 6.450 1.897146.070
146G8酒井 貞幸スーパーウインズ&ISP
ZAP F108
1'33.20711.265 4.815138.524
---- 以上基準タイム(130% - 1'46.826)予選通過 ----
-55G9河野 靖喜CMS★RN2000
TATUUS Formula RENAULT
absence---
  • 'R'マークは従来のコースレコード(1'22.413)を更新した。
  • CarNo.13は、2021 SUGO4輪一般競技規則第7章第43条3.(ピット入口速度違反)により、罰金1万円のペナルティーを科した。

SUPER FORMULA

SF:第3戦オートポリス予選会見 ジュリアーノ・アレジ「日本でいいチームに入ってレースできて本当に幸せ」

第3戦ポールポジション ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)

「初めてのサーキットだから難しかったけど、グッドタイミングで走れていいタイムが出せた。本当に嬉しいです」

「今日の朝起きた時にはポールポジションを取る自信はなかった。もちろん頑張るつもりでしたけど、まさかポールが取れるとは思いませんでした。まだ実感がなくて今もドキドキしています。日本でいいチームに入ってスーパーフォーミュラも、スーパーフォーミュラ・ライツもレースできて本当に幸せです」

「今朝(のフリー走行は)はあまりリスクを取らずに走りました。SFLの決勝で、どこにリバーができるかを観察していたので、SFの予選にそれを生かしました。100Rのようなリスクのあるコーナーがどこなのかは事前には知らなかったので、まだまだ学んでいかないとと思いました」

「予選後はエンジニアと話す時間と、トイレに行く時間くらいしかなかったので、両親とはまだ話していません」

第3戦予選2位 宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)

「走り出した時は練習走行とは全くタイヤのグリップ感が違っていたので、エンジニアと話して合わせ込んだんですが、2位に終わってしまって悔しいです。鈴鹿からタイヤのグリップ感や温まり方が予想に反している症状が続いていて、そこにフラストレーションを感じています。タイヤのグリップ感が感じられないと、クルマのセットアップも進まないので」

「毎戦優勝することを目標に戦っているので、2戦続けて問題が起きるとフラストレーションはたまりますね。それでも最終的にここまでまとめ上げられたのはプラスだと思います」

「明日は2番手で、今日より激しい天候になることが予想されていますが、まずは生き残ることを前提にしたい。まずはチームメイト同士でぶつかってはいけないと思うので、そこに気を付けていいレースをしたいです」

第3戦予選3位 阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)

「ウェットは元々得意なので、自信を持って練習走行に臨みましたが、オートポリスの雨に翻弄されてあれ?っという部分があり、エンジニアさんと話し合って予選に向けてセッティングを見直しました。終わってみれば同世代の選手と上位を分け合うことになり、そこは満足しています。序盤からクラッシュが続いていたので、予選ですけどマージンを持って走っていました」

「予選前にインタビューで『予選で前にいないと勝負権がないので怖い』と言っていましたが、なんとか前にいることができました。明日のスタートがスタンディング方式になるかSCスタートになるかは分かりませんけど、僕はチャンスがあると思っています」

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO

SUPER FORMULA

SF:第3戦オートポリス公式予選 悪天候とアクシデント相次ぐ大荒れの予選を制したのは#36アレジ!!

2021年全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦の決勝が5月15日、大分県日田市のオートポリスで行われ、第2戦に続いてスポット参戦している#36ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TOM'S SF19)が自身初のポールポジションを獲得した。

ポールポジションを獲得したジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TOM\'S SF19)

予選2位の宮田莉朋(Kuo VANTELIN TOM\'S SF19)

予選3位の阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING SF19)

公式予選は朝から降り続く雨と霧の影響で開始時刻が遅れに遅れ、当初予定より45分遅れの午後3時35分になってようやくコースオープンとなった。路面は依然としてウェットだ。

また既報のとおり今回は通常のノックアウト方式ではなく40分間の計時予選で明日の決勝グリッドを決定することになった。なお予選上位3名には従来どおりの選手権ポイントが与えられる。

しかし始まってみれば濡れた路面に足を取られてスピンやコースアウトを喫するドライバーが続出、4度の赤旗中断となる大荒れの展開となった。

まずは#36アレジがコースオープンと同時に真っ先にコースイン。2周目に1'45.935を記録する。続いて#37宮田莉朋(Kuo VANTELIN TOM'S SF19)が1'45.891、#39阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING SF19)が1'43.772、#16野尻智紀(TEAM MUGEN SF19)は1'42.773で2周目を終えた。

しかし開始4分過ぎに#14大嶋和也(NTT Communications ROOKIE SF19)が100Rの先でコースアウト。激しくウレタンバリアに突っ込んだため、この予選で最初の赤旗中断となる。大嶋は自力でクルマを降りたが、フロアパネルに大きなダメージを負っており、アウトラップを走ったのみで大嶋は予選を終えることとなった。

この時点でのトップは #16野尻で1'42.773。#39阪口が1'43.772で2番手。#15大津弘樹(TEAM MUGEN SF19)が1'44.311で3番手につける。

車両回収ののち、予選は午後3時55分に再開された。残り時間は35分11秒だ。再び#36アレジを先頭にコースインしていく各車。この頃になると雨は止み、霧も晴れて空はやや明るくなってきた。

#36アレジは1'41.152。続いて#37宮田が1'39.808でトップに。#39阪口が1'40.032で2番手に続く。#36アレジは次の周で1'39.550を記録するが、それを#39阪口が1'39.270で上回り、さらに#19関口雄飛(carenex TEAM IMPUL SF19)が1'38.651でトップに浮上してきた。

しかしその直後に#4中山雄一(ORIENTALBIO KONDO SF19)がスピン。コースを塞ぐ形でストップしてしまったために2度目の赤旗が出された。残り時間は27分。この時点で#20平川亮(carenex TEAM IMPUL SF19)はセクター1でベストタイムを更新していたが、赤旗によってアタックの中断を余儀なくされた。#4中山のベストタイムは1'40.384で10番手につけていたが、彼もここで予選を終えてしまった。

4号車の回収ののち、午後4時9分に走行は再開。すかさず#37宮田が1'38.337を叩き出してトップに躍り出るが、その直後に#5福住仁嶺(DOCOMO DANDELION M5S SF19)がブリッジ下を通過したところでガードレールに突っ込んでしまったため、3度目の赤旗が出されることになった。残り時間は21分14秒だ。

走行は午後4時26分に再開されたが、ここで再び大粒の雨が路面を叩き始める。タイムアップは難しいかと思われたが、ここで#39阪口は1'38.511を記録して、この時点での2番手に。さらに#36アレジは1'38.252を叩き出し、チームメイトを上回ってトップに躍り出た。

続いて#64大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING SF19)もセクター1でベストタイムを更新してきたが、大湯は100Rで痛恨のスピンアウト。自力で走行を再開したものの、左フロントサスペンションに致命的なダメージを負ってしまった。このクラッシュによりウレタンバリアが損傷を受けたため、予選は4度目の赤旗中断となる。残り時間は15分32秒だ。

この時点でトップの#36アレジは赤旗原因となるリスクを回避するために残り12分でピットイン。この時点で3番手の#39阪口も走行を切り上げる。2番手の#36宮田は走行を続けたが、自己ベストを更新することともままならない状況で止むを得ずピットへ。他のドライバーも続々とピットに戻ってきて、残り時間が8分を切った時点でコース上には誰もいない状況となった。

その後#36アレジが一度コースインしたが、これは燃料を継ぎ足した状態で決勝に向けてのチェックを行なったとのこと。他のドライバーはピットにとどまったままで予選は終了した。

これにより#36アレジは参戦2戦目で早くもポールポジションを獲得。2番手の#37宮田とともにKuo VANTELIN TEAM TOM’Sがフロントローを独占して明日の決勝に臨む。

第3戦決勝は明日の午後2時15分より42周または最大75分間で行われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI

SUPER FORMULA

SF:第3戦オートポリス公式予選結果

全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦 -RIJ- (2021/05/15) Qualifying Weather:Rain Course:Wet
2021 SUPER FORMULA Round 3 オートポリス 4.674km

PosDriverCar
Team
Engine
TimeBehindGapkm/h
136ジュリアーノ・アレジKuo VANTELIN TOM'S SF19
Kuo VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
1'38.252--171.258
237宮田 莉朋Kuo VANTELIN TOM'S SF19
Kuo VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
1'38.337 0.085 0.085171.110
339阪口 晴南P.MU/CERUMO・INGING SF19
P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
1'38.511 0.259 0.174170.807
419関口 雄飛carenex TEAM IMPUL SF19
carenex TEAM IMPUL
TOYOTA TRD01F
1'38.651 0.399 0.140170.565
538坪井 翔P.MU/CERUMO・INGING SF19
P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
1'38.757 0.505 0.106170.382
620平川 亮carenex TEAM IMPUL SF19
carenex TEAM IMPUL
TOYOTA TRD01F
1'38.910 0.658 0.153170.118
716野尻 智紀TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda M-TEC HR-417E
1'39.197 0.945 0.287169.626
86牧野 任祐DOCOMO DANDELION M6Y SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'39.626 1.374 0.429168.896
912塚越 広大ThreeBond SF19
ThreeBond Drago CORSE
Honda M-TEC HR-417E
1'39.721 1.469 0.095168.735
103山下 健太ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA TRD01F
1'40.145 1.893 0.424168.020
1115大津 弘樹TEAM MUGEN SF19
Red Bull MUGEN Team Goh
Honda M-TEC HR-417E
1'40.585 2.333 0.440167.285
121山本 尚貴TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'40.766 2.514 0.181166.985
1351松下 信治BYOUBUGAURA B-MAX SF19
B-MAX RACING TEAM
Honda M-TEC HR-417E
1'40.823 2.571 0.057166.890
1418国本 雄資KCMG Elyse SF19
KCMG
TOYOTA TRD01F
1'41.351 3.099 0.528166.021
157小高 一斗KCMG Elyse SF19
KCMG
TOYOTA TRD01F
1'41.521 3.269 0.170165.743
---- 以上基準タイム(107% - 1'45.129)予選通過 ----
-*64大湯 都史樹TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
-*4中山 雄一ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA TRD01F
-*5福住 仁嶺DOCOMO DANDELION M5S SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda M-TEC HR-417E
-*14大嶋 和也NTT Communications ROOKIE SF19
NTT Communications ROOKIE
TOYOTA TRD01F
  • CarNo.14,5,4,64は、2021全日本スーパーフォーミュラ選手権統一規則第27条7.により、予選タイム抹消のペナルティーを科した。

TCR JAPAN SATURDAY

TCRJ-SAT:第2戦オートポリス決勝 雨の中ヒロボンが優勝、2位には三浦愛が入る

 TCRジャパンのサタデーシリーズ第2戦は15日、オートポリスで決勝を行い、予選2位からスタートしたヒロボン(バースレーシングプロジェクト【BRP】)が雨の中10周を走り優勝を飾った。

優勝はヒロボン(バースレーシングプロジェクト【BRP】)

決勝2位は三浦愛(DOME RACING)

決勝3位は加藤正将(Audi Team Mars)

 レースは予定より20分遅れて午後2時25分、本降りの雨がコースに降り注ぐ中フォーメーションラップが始まった。予選3位の三浦愛(DOME RACING)と予選6位の大山正芳(ダイワN通商アキランドCIVIC)はエンジン交換のためそれぞれ7位と8位グリッドからのスタートとなった。

 スタートを制したのはポールポジションの白坂卓也(若甦ドリームドライブwith KCMG)。予選2位のヒロボン(バースレーシングプロジェクト【BRP】)とのバトルを制し1コーナーをトップのまま通過。2位にはヒロボンが、3位には加藤正将(Audi Team Mars)が続く。

 トップに立った白坂だったが、オープニングラップの100Rでコースアウトして大きく順位を落とす。また、大蔵峰樹(M-PROTOTYPING Team STILE CORSE)もコースアウトと波乱の幕開けとなった。

 これでトップに立ったのはヒロボン、2位には加藤が上がるが、2周目には後方から追い上げてきた三浦にパスされ3位に落ちる。

 2位に上がった三浦はさらにトップのヒロボンを追う。3周目にはその差を0秒3とし、最終セクションで背後まで迫るがストレートの速いヒロボンにメインストレートで離されパスする決め手がない。

 ヒロボンと三浦の一進一退の攻防だったが、結局10周を回って三浦を抑えきったヒロボンが優勝、2位には三浦が入った。

 3位にはトップ2台から大きく離された加藤が付けていたが、その後方から猛然と追い上げてきたのは序盤にコースアウトで後退した白坂だった。白坂はときに加藤より5秒前後速いラップで一時は30秒近くあった差を削り始める。

 加藤と白坂の差は3周目に22秒、4周目に15秒、5周目に11秒、6周目には2秒を切った。この流れで白坂が加藤をあっさりパスすると思われたが、ここから加藤もペースアップ。最終ラップまで白坂を押さえ込んだ加藤が3位に入った。

トップでゴールするヒロボン(バースレーシングプロジェクト【BRP】)

優勝したヒロボン(バースレーシングプロジェクト【BRP】)

 サンデーシリーズ決勝は、明日16日午前9時45分より20分+1周で行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Kazuhiro NOINE

TCR JAPAN SATURDAY

TCRJ-SAT:第2戦オートポリス決勝結果

全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦 -RIJ- (2021/05/15) Final Race Weather:Rain Course:Wet
2021 TCR JAPAN SUNDAY Series Round 2 オートポリス 4.674km

PosNoDriverMaker Model
Team
LapTimeBehindGap
119ヒロボンCUPRA TCR
バースレーシングプロジェクト【BRP】
1023'51.512--
297三浦 愛Honda CIVIC TCR
DOME RACING
1023'52.164 0.652 0.652
365加藤 正将Audi RS3 LMS
Audi Team Mars
1024'03.11411.60210.950
445白坂 卓也Honda CIVIC TCR
若甦ドリームドライブwith KCMG
1024'03.52212.010 0.408
571大山 正芳Honda CIVIC TCR
ダイワN通商アキランドCIVIC
1025'33.7231'42.2111'30.201
610佐藤 潤Volkswagen Golf GTI TCR
Adenau IDI GOLF TCR
1026'03.8772'12.36530.154
717鈴木 建自Audi RS3 LMS
バースレーシングプロジェクト【BRP】
924'25.5851Lap 1Lap
873大蔵 峰樹Alfa Romeo Giulietta Veloce TCR
M-PROTOTYPING Team STILE CORSE
926'04.3081Lap 1'38.723
---- 以上規定周回数(75% - 7Laps)完走 ----
  • Fastest Lap: CarNo.19 ヒロボン(バースレーシングプロジェクト【BRP】)2'13.819 (9/10) 125.740km/h

SUPER FORMULA

SF:第3戦オートポリスJRPサタデーミーティング 倉下社長「開催の決め手は地元の理解と医療体制の構築」

全日本スーパーフォーミュラ選手権を運営する日本レースプロモーション(JRP)は5月15日、第3戦が開催されている大分県日田市のオートポリスで恒例のサタデーミーティングを開催した。

ミーティング は今回も新型コロナウィルス対策としてZoomを用いたリモート方式で行われ、倉下明(JRP代表取締役社長)、上野禎久(JRP取締役) の両名が出席した。

まずは倉下社長より、第3戦の開催を決断した経緯について説明があった。

先日スーパーGT第3戦の開催延期がGTアソシエイションと鈴鹿サーキットから発表になったばかりだが、スーパーフォーミュラは今週末の第3戦を予定通り開催することになった。

この決断をするにあたっては、これまで関係各位の協力を得て検討を重ねてきたが、最終的には主催者であるオートポリスからの要望があったこと、地元の理解が得られたこと、そして医師団の尽力により医療体制が構築できたことが決め手になったという。

今後の開催については、次戦の舞台となるスポーツランドSUGOとはすでに話し合いを始めており、今回と同様に地元の理解と医療体制の構築、そして緊急事態宣言やまん延防止等重点措置を踏まえたJAFのガイドラインに従って判断していくという。

それ以降の開催サーキットにおいても同様の手続きを踏んで判断していくことになるとのことだ。

上野取締役からは今大会の予選、決勝の運用についての説明がなされた。

公式予選については既報の通り、今大会はノックアウト方式ではなく40分間の計時予選とすることが決まっている。これは天候の悪化を考慮し、競技団との話し合いの結果決まったという。

明日の決勝についても今後の天候の変化を踏まえて対応してくことになるとのことだ。

SF第3戦の公式予選は午後2時50分に開始。決勝は明日の午後2時15分より42周または75分間で行われる予定だ。

まとめ:Kazuhisa SUEHIRO

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第7戦オートポリス決勝会見 三宅淳詞「残り2戦も優勝を狙っていきます」

第7戦優勝 三宅淳詞(Rn-sports)

「今回は雨のレースになりました。オートポリスの雨は荒れるということで、監督の(田中)哲也さんに危ないポイントを事前に教えていただいたことが生きて優勝できたという感じです。苦手なSCスタートでしたが、運良くいけました」

「名取選手が前を走っていたので、危ないポイントを後ろから見られたのが良かったですし、SCスタートも佐藤選手のコースアウトを見ていたので慎重に行くことができました」

「雨が得意ということはないんですが、タイムも良かったので。チーム的にはいい方向に行ってると思うので、次はドライでもトップ争いに加われるように頑張ります」

「明日も雨っぽいので、自爆せずに自分の走りをして、残り2戦も優勝を狙っていきます」

第7戦決勝2位 ジュリアーノ・アレジ(TOM'S)

(日本語でコメント)「スターティングポジションが良くなかったので、2番は嬉しいですけど、まだ色々インプルーブすべきことはあります。でも初めての雨でこの結果は嬉しいです」

「スーパーフォーミュラでフリー走行ができたのは有利になったかもしれません。ただスーパーフォーミュラではここまで川が出来ていませんでしたし、そもそも違うクルマですので」

「明日のコンディションはわからないんですが、2番から頑張りたいです」

第7戦決勝3位 河野駿佑(RS FINE)

「5番手スタートからでしたが、グリッドまでの試走であっさりハイドロでスピンしてしまいました。でも試走の3ラップで(僕は)川の状況などが分かったのですが、前の人たちはわかっていないだろうなと思っていました。トップがスタート前にハイドロでスピンしましたが、僕は生き残ることを優先して頑張りました。この雨で非常に辛いレースでしたが、生き残れて良かったです」

(先日のスーパーGTでも優勝しているが)「今回のレースは本当に運が良かったです。いい流れに乗るのは大事ですけど、実力をつけていく必要があると思います。表彰台に上がれたことでいい流れに乗れたと思うので、その流れに乗って明日も頑張ります」

まとめ:Kazuhisa SUEHIRO

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第7戦オートポリス決勝 4度SCが入る荒れたレースを制したのは雨の三宅淳詞

決勝レースがスタートした

 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権(SFL)第7戦は15日、オートポリスで決勝を行い、雨で荒れた展開の中11周を周り三宅淳詞(MAX RACING 320)が優勝した。

 SFL公式予選は午前11時20分より行われる予定だったが、大会審査委員会は10時10分に公式通知を出し、荒天のため予選はとりやめ、第7戦の決勝を11時35分より14周で行うと発表した。

 そのためスターティンググリッドは昨日行われた3回目の占有走行でのタイム順とされた。

スターティンググリッド

  1. 佐藤蓮(TODA FIGHTEX)
  2. 名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)
  3. 野中誠太(Kuoカローラ中京TOM'S 320)
  4. 三宅淳詞(MAX RACING 320)
  5. 河野駿佑(RS FINE K&N 320)
  6. 平良響(Kuoカローラ中京TOM'S 320)
  7. DRAGON(TEAM DRAGON B-MAX 320)
  8. 今田信宏(JMS RACING with B-MAX)
  9. ジュリアーノ・アレジ(Deloitte. TOM'S 320)※エンジン交換のため5グリッド降格
  10. SYUJI(B-MAX ENGINEERING 320)

優勝は三宅淳詞(MAX RACING 320)

決勝2位はジュリアーノ・アレジ(Deloitte. TOM\'S 320)

決勝3位は河野駿佑(RS FINE K&N 320)

 午前11時35分前、各マシンがグリッドに付きフォーメーションラップの開始を待ったが、雨が強くなったため10分間のディレイが宣言された。しかし雨脚は弱まることなく、再度延長された後、11時54分よりセーフティーカー(SC)先導でのスタートが切られた。

 SCのルーフランプは3周目のジェットコースターストレートで消灯。4周目からレースが再開されることとなったがこのSC中になんとトップ佐藤蓮(TODA FIGHTEX)がリスタートに向け加速中にスピンしてコースアウト、大きく後退した。

 SCが退きレースは4周目から始まった。佐藤が消えたためトップに立った名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)がそのまま1コーナーに侵入。2位には野中誠太(Kuoカローラ中京TOM'S 320)をインからパスした三宅淳詞(MAX RACING 320)が、3位に野中、4位には河野駿佑(RS FINE K&N 320)が続く。

 この周、なんとトップを走る名取も第2ヘアピン手前でスピンしてコースアウト。1周を待たずに再びSCが導入されることとなった。

 この時点でのオーダーは、トップ三宅、2位野中、3位河野、4位平良響(Kuoカローラ中京TOM'S 320)、5位DRAGON(TEAM DRAGON B-MAX 320)、6位にはジュリアーノ・アレジ(Deloitte. TOM'S 320)が上がってきた。

 SCは7周を回ってピットイン、レースは8周目から再開された。上位陣はそのままの順位で1コーナーへ。ここではアレジがDRAGONをアウトからかわして5位に上がる。

 まだまだ荒れた展開は続く。6位のDRAGONはスピンして、今田信宏(JMS RACING with B-MAX)が6位に上がる。2位を走る野中もさゆりんブリッジ手前でスピンしてコースアウト。これで2位に上がった河野の直後を走っていた平良も最終コーナーをオーバーランと多くのドライバーが雨に足をすくわれる。

 9周目の1コーナーから2コーナーにかけては3位を走っていたアレジが河野をアウトから攻略して2位に上がる。

 ここで3度目のSCが導入される。この時点でトップは三宅、2位にアレジ、3位に河野、4位平良、5位には再スタートを切った名取、6位にはマスタークラストップの今田と続く。

 レースはSCの隊列が10周目のフィニッシュラインを通過した直後に規定時間の30分を経過。レースはSC先導のまま11周で終了した。

 優勝した三宅は2勝目、前回優勝も雨だったためまさにレインマイスターとなった。

 第8戦決勝は明日16日午前8時25分より21周で、第9戦決勝は同日午後0時30分より14周で行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第7戦オートポリス決勝結果

全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦 -RIJ- (2021/05/15) Final Race Weather:Rain Course:Wet
2021 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 Round 7 オートポリス 4.674km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Team
Engine
LapTimeBehindGap
110三宅 淳詞MAX RACING 320
Rn-sports
SPIESS A41
1132'45.151--
236ジュリアーノ・アレジDeloitte. TOM'S 320
TOM'S
TOYOTA TOM'S TAZ31
1132'45.536 0.385 0.385
335河野 駿佑RS FINE K&N 320
RS FINE
TOYOTA TOM'S TAZ31
1132'46.010 0.859 0.474
437平良 響Kuoカローラ中京TOM'S 320
TOM'S
TOYOTA TOM'S TAZ31
1132'47.558 2.407 1.548
550名取 鉄平Byoubugaura B-MAX Racing 320
B-MAX RACING TEAM
SPIESS A41
1132'49.991 4.840 2.433
64M1今田 信宏JMS RACING with B-MAX
B-MAX ENGINEERING
SPIESS A41
1132'51.263 6.112 1.272
751M2SYUJIB-MAX ENGINEERING 320
B-MAX ENGINEERING
SPIESS A41
1132'57.05511.904 5.792
830DRAGONTEAM DRAGON B-MAX 320
B-MAX ENGINEERING
SPIESS A41
1133'11.61726.46614.562
9*2佐藤 蓮TODA FIGHTEX
TODA RACING
SPIESS A41
1033'17.9841Lap 1Lap
---- 以上規定周回数(90% - 9Laps)完走 ----
-1野中 誠太Kuoカローラ中京TOM'S 320
TOM'S
TOYOTA TOM'S TAZ31
722'01.1384Laps3Laps
  • Fastest Lap: CarNo.10 三宅淳詞(MAX RACING 320) 2'05.581 (8/11) 133.088km/h
  • CarNo.2は、国際モータースポーツ競技規則付則H項2.10.11違反(SC中のスピンコースアウト)により、競技結果に30秒を加算した。

SUPER FORMULA

SF:第3戦オートポリスフリー走行1回目は雨 トップタイムは#64大湯

2021年全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦のフリー走行1回めが5月15日、大分県日田市のオートポリスで行われ、#64大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING SF19)がトップタイムを記録した。

フリー走行1回目: トップタイムは大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING SF19)

フリー走行1回目: 2位は平川亮(carenex TEAM IMPUL SF19)

フリー走行1回目: 3位は野尻智紀(TEAM MUGEN SF19)

4月の開幕から3戦めを迎えた全日本スーパーフォーミュラ選手権だが、

第1戦、第2戦を欠場した小林可夢偉(KCMG)、第2戦を欠場した中嶋一貴(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)は世界耐久選手権(FIA WEC)出場の影響で今大会も欠場となったため、#7KCMG Elyse SF19は小高一斗、#36Kuo VANTELIN TOM'S SF19はジュリアーノ・アレジがドライブすることとなった。

同様にFIA WECに出場したタチアナ・カルデロン(ThreeBond Drago CORSE)も今大会を欠場することになり、こちらは塚越広大が#12ThreeBond SF19をドライブする。

一方、体調不良のため開幕2戦を欠場した#6牧野任祐(DOCOMO DANDELION M6Y SF19)はこのレースからようやく復帰してきた。

そうしたなか、フリー走行は午前9時30分より90分間で行われた。天候は曇り。朝から降っていた小雨はコースオープン時には止んでいたが、路面はウェットだ。

開始直後には#39阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING SF19)がファイナルコーナースタンド前でスピン。これを回避しようと#1山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING SF19)がコースを飛び出す場面が見られたが、両者とも自力で走行を再開した。

続いて開始10分で#51松下信治(BYOUBUGAURA B-MAX SF19)がスピン。こちらはコース上でエンジンが停止してしまったためにフリー走行はここで赤旗中断となった。

この時点でのトップは#16野尻智紀(TEAM MUGEN SF19)で1'38.763。2番手は#5福住仁嶺(DOCOMO DANDELION M5S SF19)で1'39.009。#64大湯都史樹が1'39.584で3番手につける。

51号車の回収ののち、走行は9時47分に再開された。残り時間は73分だ。

再開と同時に空からは大粒の雨が。

しかしそれにもかかわらず#19関口雄飛(carenex TEAM IMPUL SF19)が1'39.111とタイムを上げて4番手に浮上してきた。

続いて#20平川亮(carenex TEAM IMPUL SF19)も1'38.762を叩き出してトップに躍り出るが、その直後に#64大湯都史樹が1'37.589でトップに。残り時間は66分だ。

その後は雨足が強まってきたため、全車がピットインして天候の回復を待つこととなる。

残り時間が46分を切ったところで#19関口雄飛(carenex TEAM IMPUL SF19)が再びコースへ。#36ジュリアーノ・アレジもそれに続くが、とてもアタックできるコンディションではなかったため、二人ともすぐにピットへ戻ってきた。

その後、残り時間が30分を切ったあたりから走行を再開するドライバーが徐々に出始め、残り時間が15分を切る頃には雨も小ぶりになってきたものの、タイムアップを期待できるコンディションには程遠い状況。

それでも果敢にタイムアップに挑んだ前年王者の#1山本だったが、残り時間間もなく1分というところで惜しくも第2ヘアピンでスピンアウト。グラベルに捕まってストップしてしまったため、この日2度めの赤旗が提示され、フリー走行はそのまま終了となった。

これにより、トップは#64大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING SF19)で1'37.589。2番手は#20平川亮(carenex TEAM IMPUL SF19)で1'38.762。3番手は#16野尻智紀で1'38.763という結果となった。

第3戦の公式予選は午後2時50分より40分間の計時予選として行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI

SUPER FORMULA

SF:第3戦オートポリスフリー走行1回目結果

全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦 -RIJ- (2021/05/15) Free Practice 1 Weather:Rain Course:Wet
2021 SUPER FORMULA Round 3 オートポリス 4.674km

PosDriverCar
Team
Engine
TimeBehindGapkm/h
164大湯 都史樹TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'37.589--172.421
220平川 亮carenex TEAM IMPUL SF19
carenex TEAM IMPUL
TOYOTA TRD01F
1'38.762 1.173 1.173170.373
316野尻 智紀TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda M-TEC HR-417E
1'38.763 1.174 0.001170.371
419関口 雄飛carenex TEAM IMPUL SF19
carenex TEAM IMPUL
TOYOTA TRD01F
1'38.792 1.203 0.029170.321
55福住 仁嶺DOCOMO DANDELION M5S SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'39.009 1.420 0.217169.948
638坪井 翔P.MU/CERUMO・INGING SF19
P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
1'39.115 1.526 0.106169.766
751松下 信治BYOUBUGAURA B-MAX SF19
B-MAX RACING TEAM
Honda M-TEC HR-417E
1'39.471 1.882 0.356169.159
837宮田 莉朋Kuo VANTELIN TOM'S SF19
Kuo VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
1'39.554 1.965 0.083169.018
91山本 尚貴TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'39.966 2.377 0.412168.321
1014大嶋 和也NTT Communications ROOKIE SF19
NTT Communications ROOKIE
TOYOTA TRD01F
1'40.039 2.450 0.073168.198
1139阪口 晴南P.MU/CERUMO・INGING SF19
P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
1'40.062 2.473 0.023168.160
123山下 健太ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA TRD01F
1'40.259 2.670 0.197167.829
136牧野 任祐DOCOMO DANDELION M6Y SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'40.660 3.071 0.401167.161
1415大津 弘樹TEAM MUGEN SF19
Red Bull MUGEN Team Goh
Honda M-TEC HR-417E
1'40.714 3.125 0.054167.071
154中山 雄一ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA TRD01F
1'40.775 3.186 0.061166.970
1636ジュリアーノ・アレジKuo VANTELIN TOM'S SF19
Kuo VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
1'40.818 3.229 0.043166.899
1712塚越 広大ThreeBond SF19
ThreeBond Drago CORSE
Honda M-TEC HR-417E
1'41.349 3.760 0.531166.024
1818国本 雄資KCMG Elyse SF19
KCMG
TOYOTA TRD01F
1'42.233 4.644 0.884164.589
197小高 一斗KCMG Elyse SF19
KCMG
TOYOTA TRD01F
1'42.819 5.230 0.586163.651

SUPER FORMULA

SF:第3戦オートポリス 天候の悪化を考慮して予選方式が変更に

大分県日田市のオートポリスにて開催されている全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦は、朝からあいにくの雨に見舞われており、今後もさらなる天候の悪化が予想されている。

このため、大会審査委員会と大会事務局は午前8時00分に公式通知を出し、今大会の予選方式を従来のノックアウト方式ではなく、40分間の計時予選に変更することを発表した。

予選開始時刻は午後2時50分だ。

Text:Kazuhisa SUEHIRO

検索

最新ニュース