Archives

  • [—]2017 (247)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

2003年4月

スーパー耐久

スーパー耐久第1戦仙台/ラリーアートニュース

■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
□                スーパー耐久シリーズ2003  第1戦                    □
□            中谷明彦選手組三菱ランサー(クラス2)が優勝!              □
□                三菱ランサーエボリューションVIIIが                  □
□                デビュー戦ポール・トゥ・ウィンを飾る                    □
■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
<結  果>
〈クラス2〉  *クラス2は完走7台
順位              1
ドライバー        中谷明彦/木下隆之
車  両            三菱ランサーエボリューション
タイム(周回数)  3時間22分35秒576(98周)
予選順位          1
順位              2
ドライバー        吉田寿博/清水和夫
車  両            スバル・インプレッサ
タイム(周回数)  3時間22分52秒956(98周)
予選順位          2
順位              3
ドライバー        村山智之/松田晃司
車  両            スバル・インプレッサ
タイム(周回数)  3時間21分58秒543(97周)
予選順位          5
順位              4
ドライバー        橋澤宏/小林且雄/伊藤勝一(CMSC山形)
車  両            三菱ランサーエボリューション
タイム(周回数)  3時間22分23秒066(97周)
予選順位          3
順位              5
ドライバー        大橋正澄/松浦俊之
車  両            三菱ランサーエボリューション
タイム(周回数)  3時間23分30秒187(97周)
予選順位          4
順位              6
ドライバー        松本達哉/日部利晃
車  両            三菱ランサーエボリューション
タイム(周回数)  3時間21分44秒017(96周)
予選順位          7
--------------------------------------
<開催概要>
開催日:  4月26日(土)予選・27日(日)決勝
開催場所:宮城県仙台市青葉区「仙台ハイランドレースウェイ」
周回数:  100周(1周4.063km)
参加台数:38台(決勝レース出走32台、完走28台)
クラス1(3501cc~)7台
クラス2(2001~3500cc)4WD10台(三菱ランサー8台)
クラス3(2001~3500cc)2WD6台
クラス4(~2000cc)10台
グループNプラス・クラス5台
※スーパー耐久シリーズ・技術規則第8条に従った車両
観客数:  37,285人(決勝当日)
--------------------------------------
スーパー耐久シリーズ2003の第1戦(開幕戦)「ハイランド・スーパー耐久レ
ース」が、4月26日(土)~27日(日)に宮城県仙台市の「仙台ハイランドレー
スウェイ」(1周4.063km)で開催された。同大会にはフルグリッドの32台
を超える38台のエントリーがあり、クラス2にも10台が参加。このうち三菱ラン
サーは8台を占めた。26日の天候は曇りのち晴れとなったが、未明までの降雨によ
り午前中の予選1回目の路面状況はウェット。午後の2回目までにはほぼ完全なドラ
イとなった。今季は公式予選の規則が改定され、1回目の30分はA、およびBドラ
イバーが出走し予選通過基準タイム達成の可否を判断。続く2回目は決勝グリッド決
定のために、AまたはBドライバーが出走することとなった。この結果、クラス2で
は2回目セッションで中谷明彦選手組(三菱ランサーエボリューションVIII)が
ポールポジションを獲得。橋澤宏選手組(三菱ランサーエボリューションVIII)
が3番手、大橋正澄選手組(三菱ランサーエボリューションVIII)が4番手など、
今大会がデビュー戦となる三菱ランサーエボリューションVIIIは大いに好調ぶり
をアピールした。
27日は朝から好天に恵まれ、決勝スタート時で気温21度/路面温度28度とす
ごしやすい気候に。早朝から多数の観客が入場し、開幕戦にふさわしい華やかな大会
となった。12時54分に100周(400km)レースのローリングスタートが切
られると、昨年シリーズ2位の中谷選手組は序盤、同チャンピオンの吉田寿博選手組
(スバル・インプレッサ)と激しいトップ争いを展開。間もなく首位に立ったが、気
温上昇と路面状況による予想外のタイヤ磨耗に加えて電気系トラブルが発生して39
周でピットに向った。しかし、その後の猛追により、中盤のピット作業が一巡したと
ころで中谷選手組は再びトップに。早期のピットインによりゴールまで燃料が持たず、
終盤2度目の燃料補給を行ったが、1回ストップ作戦の吉田選手組とのマージンを守
りきり、見事初戦をポール・トゥ・ウィンで飾った。2、3位にはスバル勢が続き、
やはりタイヤのマッチングに悩んだ橋澤宏選手組は4位に。三菱ランサーは決勝に出
走した6台中5台が完走した。なお、総合優勝は木下みつひろ選手組のスカイライン
GT-Rで、中谷選手組は総合6位であった。
--------------------------------------
★第1戦終了時のシリーズポイント(全8戦有効)
〈クラス2〉
順位  ドライバー      車両                  ポイント
1  中谷明彦組      三菱ランサー            20
2  吉田寿博組      スバル・インプレッサ    15
3  村山智之組      スバル・インプレッサ    12
4  橋澤宏組        三菱ランサー            10
5  大橋正澄組      三菱ランサー              8
6  松本達哉組      三菱ランサー              6
7  朝倉貴志組      三菱ランサー              4
--------------------------------------
写真付きのレポートが下記のアドレスでご覧いただけます。
http://www.ralliart.co.jp/03news/rai-03-019.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆ラリーアートWeb Site http://www.ralliart.co.jp/

スーパー耐久

スーパー耐久第1戦仙台/SUBARU WRC エクスプレス

スーパー耐久シリーズ2003 第1戦
「ハイランド・スーパー耐久レース 」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■開催月日:2003年4月26-27日
■開催場所:仙台ハイランドレースウェイ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ インプレッサが2位、3位でゴール!
  シリーズ連覇へまずまずのスタートを切る
スーパー耐久シリーズ2003は、4月26~27日仙台ハイランドレースウェイで
開幕した。インプレッサはPROVA RACINGDIVISIONから年間エントリーした、クラス2
のディフェンディングチャンピオンである#2FUJITSUBO IMPREZAがクラス2位、#
22avex・Imprezaがクラス3位と、まずまずのスタートを切った。
26日に行われた公式予選。決勝スターティンググリッドを決める予選2回目で、吉
田寿博/清水和夫組の#2FUJITSUBO IMPREZAはクラストップの#11ランサーとは0.
252秒差の1分57秒220でクラス2位/総合9位、村山智之/松田晃司組の#2‐
2avex・Imprezaは1分58秒360でクラス5位/総合14位で決勝に進むことになっ
た。
27日決勝日は朝から爽やかに晴れ上がったレース観戦日和。
100周約400kmの決勝レース、クラス2の車両はほとんどが1ピットを予定。
#2インプレッサは吉田→清水、#22インプレッサは松田→村山という順序で上位
入賞、そして初のインプレッサ1-2フィニッシュを狙う。
12時50分。3万7285人ものファンが見守る中、32台の車両がパレードラッ
プをスタートさせた。決勝のスタート直後は大きな混乱もなく非常にスムーズ。そん
な中で、#2インプレッサの吉田が#11ランサーをかわしてクラストップを奪取。
最強のライバルである#11ランサーは序盤ややもたついたが、9周目に#2インプ
レッサを逆転してその差を徐々に広げていった。
いっぽう#22インプレッサの松田は、徐々にインプレッサのペースをつかむと、20
周目に#20ランサー、27周目には#24ポルシェ、29周目には#57ランサー、
さらには36周目にはチームメイトの#2インプレッサを抜き、37周目には#11
ランサーを逆転してクラストップへ。38周目には#2インプレッサも2位に浮上し
て、インプレッサがクラス1-2という状態になった。
レースの折り返しを過ぎた時点での順序は、#11ランサーがトップで、#2インプ
レッサ、#22インプレッサが続く状態。そして終盤81周目に#2インプレッサか
ら約1分のリードを築いた#11ランサーが2回目のピットイン。#2インプレッサ
の清水の直前でコース復帰。
清水も振り切られまいとプッシュするが、#11ランサーに追いつくことはできず、
そのままクラス2位/総合7位でチェッカーを受けた。
いっぽう#22インプレッサの村山は徐々にペースをつかみ、クラス3位/総合10
位を守ってうれしいゴールとなった。
インプレッサは表彰台の両脇を占めたばかりか、近い将来のクラス1-2フィニッシュ
も夢ではないことを強くアピールした。
■清水和夫選手(クラス2位/総合7位:#2FUJITSUBO IMPREZA)
「#11ランサーが2回目のピットを終えて(自分の)目の前でコースに戻ってくる
なんてF1みたいだね。向こうも作戦を練って正しい判断をしたと思うし、うちも
ほぼノーミス。お客さんにも楽しんでもらえたと思うしこれからも耐久でこんなレー
スができたらいいよね」
■松田晃司選手(クラス3位/総合10位:#22avex・Impreza)
「金曜にシェイクダウンしたばかりだし、インプレッサは初めてのクルマなので序盤
はペースが分からなかったんです。今日はいいパフォーマンスを見せられたと思い
ます。これまでの表彰台はタナボタでしたが、今回は実力で取った表彰台。ゴール
では泣いちゃいました」
■Race Results(クラス2)
1 #11 中谷明彦/木下隆之 三菱PUMAランサーEVO VIII
2 #2  吉田寿博/清水和夫 FUJITSUBO IMPREZA                       +17.38
3 #22 村山智之/松田晃司 avex・Impreza                            1Lap
4 #20 橋澤 宏/小林且雄/伊藤勝一 RSオガワADVANランサー          1Lap
5 #57 大橋正澄/松浦俊之/松井猛敏 グラムライツ ランサーエボVIII  1Lap
6 #56 松本達哉/日部利晃 NUTEXランサー エボVIII                   2Lap
7 #26 朝倉貴志/細野智行  エンドレスアドバン科芸専ランサー       10Lap
◆スバルモータースポーツの詳細は下記WEBサイトをご覧ください。
[スバルモータースポーツマガジン]

スーパー耐久

スーパー耐久第1戦仙台/NISMOモータースポーツニュースフラッシュ

スーパー耐久シリーズ2003  第1戦
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■開催月日:2003年4月26-27日
■開催場所:仙台ハイランド
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■エンドレスGT-Rが逃げ切って優勝 !!
 デビュー戦のフェアレディZもクラス4位
スーパー耐久シリーズ(S耐)開幕戦は仙台ハイランドにて開催され、ディフェンデ
ィングチャンピオンである木下みつひろ/青木孝行組の#1エンドレスアドバンGT-R
が総合優勝。また、新型フェアレディZがS耐にデビュー。デビュー戦で注目された尾
本直史/星野一樹組の#23C-WESTアドバンZ33は、クラス3で4位完走を果たした。
S耐は今年から予選方式が変更され、予選1回目はA、B二人のドライバーが予選基準
タイムをクリアするものに。また予選2回目は一人のドライバーだけのアタックとな
り、このタイムで決勝グリッドが決まることになった。また今年からクラス1へポル
シェ911GT3クラブスポーツの参戦が認められることになり、これまでGT-Rのワン
メイク状態だったクラス1が活性化することになった。
予選日の26日、予選2回目は、20分ずつ3つのグループに分けられ最初の枠がク
ラス1と2、次の枠が他のクラス、そして最後の枠が全クラスに。したがってアタッ
クのチャンスは2回ある。
#1GT-Rは青木がアタッカーを務めた。青木は最初の予選枠20分の終了間際にコー
スインして1分52秒756をマーク。最後までこれを上まわる車両はなくポールポジショ
ンを獲得した。いっぽうクラス3の#23フェアレディZは、尾本がアタックをして1
分58秒180でクラス3位、総合13位と無事予選をクリアした。
27日は3万7285人ものファンがハイランドに詰め掛けた。12時50分に100
周レースのフォーメイションラップがスタート。#1GT-Rは青木、#23フェアレデ
ィZは尾本がスタートドライバー。
スタートでは青木がトップを守り、1周で1秒、2周で3.3秒とリードを築き、22
周目には17.5秒もの差をつけた。しかし路面温度が予想を上まわったこともあり、
そこからペースが落ち2位の#25ポルシェに13秒9まで詰め寄られてしまった。し
かしポルシェ勢もタイヤ的に厳しかったようで、25周目にはピットインしてタイヤ
交換をしていた。
ルーティンのピットインで総合6位にポジションを落とした#1GT-Rだったが、トッ
プの#25ポルシェも40周に近づいたころからいきなりペースダウン。木下は毎周
5秒前後もタイム差を詰めていき、40周目に2位、そして45周目にはトップの背
後に追いつき46周目にパスしてトップを奪回。2位に1分41秒の差をつけて開幕
戦を制した。
クラス3では、#23フェアレディZの尾本がクラス3位を守って走っていたが、思
うようにラップタイムが上がらなくなり、さらにギヤボックスのトラブル、シケイン
でのバンパー破損もあり5位へドロップ。そして、48周でピットインして星野に交
代した。3速ギヤを失った状態で走行した星野だったが、猛烈にプッシュ。最終ラッ
プの前の周で#83NSXを抜きクラス4位、総合21位でゴールして完走を果たした。
■青木孝行選手(総合優勝:#1エンドレスアドバンGT-R)
「ソフトタイヤを選択していたんですが、序盤は予想以上に路面温度が上がってペー
スが上げられずきつかったですね。ポルシェもタイヤに問題を持っていましたが、
きっと急速に速くなるでしょうから、今のうちにポイントを稼いでおかないと。開
幕戦での優勝はちょっとひと安心といったところです」
■RESULTS
Pos--No.--Class--Class Pos--Machine--Lap--Driver
1. #1-S1-1   エンドレスアドバンGT-R  100
木下みつひろ/青木 孝行
2. #33-S1-2  FALKEN☆PORSCHE  100
竹内 浩典/田中 哲也
3. #99-S1-3  CRT-PIRELLIポルシェ  100
砂子塾長/壷林 貴也
4. #109-S1-4 ランドリーOGBアドバンGT3  99
飯田  章/西澤 和之/落合 俊之
5. #25-S1-5  ADVAN PORSCHE  99
織戸 学/羽根 幸浩
6. #11-S2-1  三菱PUMAランサーEVO  98
中谷 明彦/木下 隆之
7. #2-S2-2   FUJITSUBO INPREZA  98
吉田 寿博/清水 和夫
8. #24-S1-6  PCJ ADVAN PORSCHE  97
井上 貴志/谷口 信輝/堤 明彦
9. #37-SN+ -4 SPIRIT Kosei ALTEZZA  97
影山 正彦/井入 宏之
10. #22-S2-3  avex・Impreza  97
村山 智之/松田 晃司
21. #23-S3-4  C-WEST アドバン Z33  93
尾本 直史/星野 一樹
◆ニスモモータースポーツの詳細は「NISMO official web site」をご覧下さい。

スーパー耐久

スーパー耐久シリーズポイント(class N+ 第1戦終了時)

スーパー耐久シリーズポイント(class N+ 第1戦終了時)
          4 5 6 6 7 9 9 11
          / / / / / / / /  
          27 11 15 29 19-20 7 28 9  
           
          鹿  
Po No Cl  Driver Machine 1 2 3 4 5 6 7 8 総P
-------------------------------------------------------------------
■クラスN+
1 37 N+ 影山/井入 SPIRIT KOSEI ALTEZZA 20               20
2 36 N+ 黒澤/佐々木 MAZIORA ALTEZZA 15               15
3 55 N+ 田ヶ原/片岡 ARTA FOS アルテッツア 12               12
4 60 N+ 小幡/成澤/柳田 RCBDLインテグラ 10               10
*****************************************************************************
* 各クラス1位から10位までに 20-15-12-10-8-6-4-3-2-1 のポイント
* 24時間レースのポイントは 30-23-18-15-12-9-6
* 参加台数が5台に満たないクラスは、スーパー耐久協会が特に認めた場合を除き得点は与えられない

スーパー耐久

スーパー耐久シリーズポイント(class 4 第1戦終了時)

スーパー耐久シリーズポイント(class 4 第1戦終了時)
          4 5 6 6 7 9 9 11
          / / / / / / / /  
          27 11 15 29 19-20 7 28 9  
           
          鹿  
Po No Cl  Driver Machine 1 2 3 4 5 6 7 8 総P
-------------------------------------------------------------------
■クラス4
1 8 4 筒井/谷川 ACID英進館YHS2000 20               20
2 69 4 梅本/長野 J'SRacingYHS2000 15               15
3 18 4 浅野/笠原 FK/マッシモADVANインテグラ 12               12
4 58 4 佐藤/富澤/斉藤 DUNLOP S2000 10               10
5 98 4 千田/田島 Mooncraft S2000 8               8
6 34 4 川口/浅野/岡 タイヤガーデン-BP-DC5 6               6
7 21 4 三船/WADA/袖山 クムホ・エクスタ・S-2000 DNC               0
8 10 4 菊地/渡辺 RED LINEベルノ東海DLDC5 DNC               0
9 82 4 西村/高橋/平山 KTパサージュベルノ宮城FK DNC               0
10 29 4 谷口/谷口 オベロンμ読売江東理工DC5 DNQ               0
*****************************************************************************
* 各クラス1位から10位までに 20-15-12-10-8-6-4-3-2-1 のポイント
* 24時間レースのポイントは 30-23-18-15-12-9-6
* 参加台数が5台に満たないクラスは、スーパー耐久協会が特に認めた場合を除き得点は与えられない

スーパー耐久

スーパー耐久シリーズポイント(class 3 第1戦終了時)

スーパー耐久シリーズポイント(class 3 第1戦終了時)
          4 5 6 6 7 9 9 11
          / / / / / / / /  
          27 11 15 29 19-20 7 28 9  
           
          鹿  
Po No Cl  Driver Machine 1 2 3 4 5 6 7 8 総P
-------------------------------------------------------------------
■クラス3
1 27 3 古谷/長島 FINA BMW M3 20               20
2 15 3 長島/山田/入口 ORCアドバンRX-7 15               15
3 14 3 今村/小松/山崎 REDLINEダイトウRX-7 12               12
4 23 3 尾本/星野 C-WEST アドバン Z33 10               10
5 83 3 古橋/小林 BP ADVAN NSX 8               8
6 39 3 八木/植田 DELPHI ADVAN NSX DNQ               0
*****************************************************************************
* 各クラス1位から10位までに 20-15-12-10-8-6-4-3-2-1 のポイント
* 24時間レースのポイントは 30-23-18-15-12-9-6
* 参加台数が5台に満たないクラスは、スーパー耐久協会が特に認めた場合を除き得点は与えられない

スーパー耐久

スーパー耐久シリーズポイント(class 2 第1戦終了時)

スーパー耐久シリーズポイント(class 2 第1戦終了時)
          4 5 6 6 7 9 9 11
          / / / / / / / /  
          27 11 15 29 19-20 7 28 9  
           
          鹿  
Po No Cl  Driver Machine 1 2 3 4 5 6 7 8 総P
-------------------------------------------------------------------
■クラス2
1 11 2 中谷/木下 三菱PUMAランサーEVO VIII 20               20
2 2 2 吉田/清水 FUJITSUBO INPREZA 15               15
3 22 2 村山/松田 avex・Impreza 12               12
4 20 2 橋澤/小林/伊藤 RSオガワADVANランサー 10               10
5 57 2 大橋/松浦/松井 グラムライツ ランサーエボ VIII 8               8
6 56 2 松本/日部 NUTEC ランサーエボ VIII 6               6
7 26 2 朝倉/細野 エンドレスアドバン科芸専ランサー 4               4
8 3 2 村田/佐藤 エンドレスアドバン座間三菱エボ DNC               0
9 6 2 冨桝/関 ファルケン☆ランサーEVO VIII DNQ               0
***************************************************************************** * 各クラス1位から10位までに 20-15-12-10-8-6-4-3-2-1 のポイント
* 24時間レースのポイントは 30-23-18-15-12-9-6
* 参加台数が5台に満たないクラスは、スーパー耐久協会が特に認めた場合を除き得点は与えられない

スーパー耐久

スーパー耐久シリーズポイント(class 1 第1戦終了時)

スーパー耐久シリーズポイント(class 1 第1戦終了時)
          4 5 6 6 7 9 9 11
          / / / / / / / /  
          27 11 15 29 19-20 7 28 9  
           
          鹿  
Po No Cl  Driver Machine 1 2 3 4 5 6 7 8 総P
-------------------------------------------------------------------
■クラス1
1 1 1 木下/青木 エンドレス アドバン GT-R 20               20
2 33 1 竹内/田中 FALKEN☆PORCSHE 15               15
3 99 1 砂子/壷林 CRT-PIRELLIポルシェ 12               12
4 109 1 飯田/西澤/落合 ランドリー OGBアドバンGT3 10               10
5 25 1 織戸/羽根 ADVAN PORSCHE 8               8
6 24 1 井上/谷口/堤 PCJ ADVAN PORSCHE 6               6
7 19 1 輿水/坂口 JMCダンロップGT-R・ED DNQ               0
***************************************************************************** * 各クラス1位から10位までに 20-15-12-10-8-6-4-3-2-1 のポイント
* 24時間レースのポイントは 30-23-18-15-12-9-6
* 参加台数が5台に満たないクラスは、スーパー耐久協会が特に認めた場合を除き得点は与えられない

Formula Nippon

Fニッポン ポイントランキング(第3戦終了時点)







サーキット
鹿







鹿










鹿
T
O
T
A
L
日  程 3/23 4/6 4/27 6/8 7/6 7/27 8/31 9/21 10/19 11/2
ラウンド 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10




1本山 哲101010       30
2アンドレ・ロッテラー630       9
3井出 有冶304       7
3道上 龍043       7
5土屋 武士006       6
5ブノワ・トレルイエ060       6
7金石 年弘402       6
8松田 次生200       2
8脇阪 寿一020       2
10野田 英樹100       1
10福田 良001       1
10小暮 卓史010       1
-服部 尚貴000       0
-リチャード・ライアン000       0
-黒澤 治樹000       0
-ドミニク・シュワガー000       0
-藤沢 哲也000       0
-立川 祐路000       0


1IMPUL101610       36
2LeMans408       12
3PIAA NAKAJIMA640       10
4COSMO OIL CERUMO504       9
55ZIGEN044       8
6TEAM 22020       2
7CARROZZERIA MOHN100       1
-TEAM NOVA000       0
-Olympic KONDO000       0
-DoCoMo DANDELION000       0




1東名エンジン101010       30
2尾川自動車634       13
3シエラスポーツ100       1
  • ポイントは決勝レースの結果に基づき各部門とも、各レース、1位:10点、2位:6点、3位:4点、4位:3点、5位:2点、6位:1点が授与されます。
  • チームポイント部門は、2台参加のチームでは、2台の得た合計ポイントが加算の対象となります。
  • エンジンチューナーズポイント部門は、同一チューナーが扱うエンジンを搭載した車両が得たポイントのうち、もっとも高いポイントが加算の対象となります。

スーパー耐久

スーパー耐久第1戦 Hi-landスーパー耐久レース 決勝


貫禄の勝利を飾ったGTRと優勝クルー(Photo:K.Takeshita)

エンドレスGTR、ポルシェを抑えて貫禄の勝利!
4月27日、宮城県仙台ハイランドレースウェイでスーパー耐久開幕戦の決勝レースが
行われた。朝から晴天に恵まれ、午後12時54分のスタート直前の時点で気温21度、
路温28度のコンディションでのスタートとなった。
レースの焦点は、スカイラインにどこまでポルシェが戦いを挑めるかで、37,285人
の観衆は1コーナーへ飛び込む32台のマシンに注目した。
唯一となったスカイライン、#1エンドレスアドバンGT-R(木下みつひろ/青木
孝行組)の青木がポールからスタートし次第に2位以下との差を開き、#33FALKEN☆
PORSCHE(竹内浩典/田中哲也組)の竹内は10周に渡って2番手につけるが、11周目に
は#25 ADVAN PORSCHE(織戸学/羽根幸浩組)の織戸が2位に浮上。20周終了時点では
2番手の#25 との差は15秒まで開いていた。
32周目に#1スカイラインは1回目のピットストップを行い、#25がトップに。46周目
に再び#1はトップに立ち、48周目には#33が再び2位に浮上。#25と#33の2台での2
位争いに、#99CRT-PIRELLIポルシェ(砂子塾長/壷林貴也組)が加わり、100周のレー
スは#1スカイラインが逃げ切った。2位に入った#33ポルシェとは1分41秒という大
差だった。
クラス2のウイナーは総合6位に#11 三菱PUMAランサーEVOVIII(中谷昭彦/木下隆之
組)が安定した戦いぶりをみせ、総合9位にはNプラスクラスのウイナー#37SPIRIT
Kosei ALTEZZA(影山正彦/井入宏之組)が入り、クラス3のウイナーは総合13位に#27
FINA BMW M3(古谷直広/長島正興組)が入った。クラス4は19位で#8ACID英進館YHS
2000(筒井克彦/谷川達也組)がトップでチェッカーを受けた。
■ウイナーのコメント
#1青木孝行
「こんなに気温が上がるとは思わなかった。ソフト選択のタイヤでしたから、保たせ
ようとして走ったタイム(が20周目以降の伸び悩んだタイム)です。ここで勝てなかっ
たら話にならないので、とりあえずの目標は達成しました」
#1木下みつひろ
「2位のポルシェは絶えず気になっていました。アベレージは落とせないですよ。ポ
ルシェは速いですからね。危機感はありますよ」
#33竹内浩典
「ポルシェ同士のバトルは面白いレースでしたね(笑)思ったよりピレリユーザーが速
かったんでつらくなりました。GT-Rと同じようにピットに入っていたら何も起きない
ので、1スティント走りきれるタイヤが課題です。嬉しさは複雑ですね。勝つために
来ていますし、まあ5台のポルシェクラスのトップは意味がありました」
#33田中哲也
「本来の力で走ったら、GTRは全車ポルシェラップ遅れにできますよ。たぶ
んセーブして走ってると思いますし、僕らはずっとスカイラインに乗って来てますか
ら、#1の走りのペースはわかりますし、僕らが1台しかいないスカイラインで戦うな
ら彼らのように(リスクをおかさずに)戦うでしょうね…」
Report:K.Takeshita
2003年4月27日 仙台ハイランド(宮城県) 決勝 天候:晴れ/コース:ドライ
-P--No.Cl.Car----------------------------Drivers--------Lap-Time-------
1   1  1 エンドレス アドバン GT-R       木下/青木      100  3:21'38.615
2  33  1 FALKEN☆PORCSHE                竹内/田中      100  -  1'41.718
3  99  1 CRT-PIRELLIポルシェ            砂子/壷林      100  -  1'44.055
4 109  1 ランドリー OGBアドバンGT3      飯田/西澤/落合  99  -  1 Lap
5  25  1 ADVAN PORSCHE                  織戸/羽根       98  -  2 Laps
6  11  2 三菱PUMAランサーEVO VIII       中谷/木下       98  -  2 Laps
7   2  2 FUJITSUBO INPREZA              吉田/清水       97  -  3 Laps
8  24  1 PCJ ADVAN PORSCHE              井上/谷口/堤    97  -  3 Laps
9  37 N+ SPIRIT KOSEI ALTEZZA           影山/井入       97  -  3 Laps
10  22  2 avex・Impreza                  村山/松田       97  -  3 Laps
11* 36 N+ MAZIORA ALTEZZA                黒澤/佐々木     97  -  3 Laps
12  20  2 RSオガワADVANランサー          橋澤/小林/伊藤  97  -  3 Laps
13  27  3 FINA BMW M3                    古谷/長島       97  -  3 Laps
14  15  3 ORCアドバンRX-7                長島/山田/入口  97  -  3 Laps
15  57  2 グラムライツ ランサーエボ VIII 大橋/松浦/松井  96  -  4 Laps
16  56  2 NUTEC ランサーエボ VIII        松本/日部       96  -  4 Laps
17  55 N+ ARTA FOS アルテッツア          田ヶ原/片岡     96  -  4 Laps
18  14  3 REDLINEダイトウRX-7            今村/小松/山崎  95  -  5 Laps
19   8  4 ACID英進館YHS2000              筒井/谷川       95  -  5 Laps
20  69  4 J'SRacingYHS2000               梅本/長野       94  -  6 Laps
21  23  3 C-WEST アドバン Z33            尾本/星野       93  -  7 Laps
22  83  3 BP ADVAN NSX                   古橋/小林       93  -  7 Laps
23  18  4 FK/マッシモADVANインテグラ     浅野/笠原       92  -  8 Laps
24  58  4 DUNLOP S2000                   佐藤/富澤/斉藤  92  -  8 Laps
25  60 N+ RCBDLインテグラ                小幡/成澤/柳田  91  -  9 Laps
26  98  4 Mooncraft S2000                千田/田島       90  - 10 Laps
27  26  2 エンドレスアドバン科芸専ランサー   朝倉/細野       88  - 12 Laps
28  34  4 タイヤガーデン-BP-DC5          川口/浅野/岡    80  - 20 Laps
--------------------以上完走------------------------------------------
21  4 クムホ・エクスタ・S-2000       三船/WADA/袖山  87  - 13 Laps
10  4 RED LINEベルノ東海DLDC5        菊地/渡辺       75  - 25 Laps
3  2 エンドレスアドバン座間三菱エボ 村田/佐藤       63  - 37 Laps
82  4 KTパサージュベルノ宮城FK       西村/高橋/平山   4  - 96 Laps
----------------------------------------------------------------------
* No.36はスーパー耐久シリーズ規則第11条(9)違反のためドライブスルーペナル
 ティが科された。

Japanese F3

Fニッポン第3戦 MINE 決勝


土屋をかわし3連勝した本山(手前) (Photo: A.Bessho)

 27日、CP MINEサーキットで行われたフォーミュラニッポン第3戦は、スタートで土屋に先行され、給油、タイヤ交換後も2位を走っていた本山が土屋と好バトルを演じ、ついに60周目に土屋を攻略、フォーミュラニッポン史上初の開幕3連勝を飾った。

 午後になり徐々に気温も上昇。少し歩くと汗ばむ陽気となってきた。サポートレースを挟んで、午後1時30分よりスターティンググリッドへの試走、グリッドに整列し午後2時フォーメーションラップが始まった。

 全車グリッドに着き、シグナルが赤から青へ。スタート! ポールの本山はホイールスピンが大きく、予選2位の土屋ににインからかわされて1コーナーへ。これに続くのが予選5位からジャンプアップしたライアン。この直後の予選3位の小暮に同4位の金石が並びかけるが、インを閉めた小暮と行き場が無くなった金石が1コーナー入り口で接触。小暮はスピンし、ライアンのリアにヒット。ライアンもコースアウトし小暮とともこの2台がこの場でリタイアとなった。金石はこのまま走行。

 1周目を終わっての順位は、1位土屋、2位本山、3位金石、4位にスタートの混乱を切り抜けた予選9位の服部、5位ロッテラー、6位松田の順。シュワガーはスピンアウトしてリタイア。脇阪もトラブルでピットイン。2周目には、立川がトラブルでピットインした。

 6周目、ジャンプスタートで金石と土屋がドライビングスルーペナルティを受け、その後ピットインし順位を落とす。7周目、8位を走行していたトレルイエが最終コーナーでコースアウト、その場でリタイアとなった。9周目、ドライビングスルーペナルティを受けた金石が次の周、給油のためピットイン。

 1位土屋と2位本山の間隔は徐々に開き始める。11周目0.653秒あった差は、14周目に1.235、24周目には3.192に。この間、17周目に金石の後退で3位に上がった服部が給油のためピットイン。4位のロッテラーと5位の井出が接触し、順位が逆転、井出が4位に上がった。

 27周目2位の本山がついに給油のためピットイン。それを見た土屋も28周目にピットインを敢行。給油し、なんと左側だけタイヤ交換してピットアウト。土屋はトップでピットアウトするもタイヤが冷えているため、本山が急接近、土屋の直後についた。

 土屋、本山のピットインでトップに立った井出が33周目に、2位のロッテラーもピットインしたため、土屋と本山はトップ争いとなった。35周目の順位は、1位土屋、2位本山、3位道上、4位井出、5位福田、6位服部。しかし、5ZIGENの道上と福田はまだピットインしていない。

 土屋と本山の争いは、両者ピットアウト後からテールトゥノーズ。本山は各コーナーで土屋に仕掛けるが土屋が巧みにこれを抑えなかなか抜けず。特に抜きどころの1コーナーでは何度も仕掛けるが、ストレートスピードに勝る土屋の前に出ることができない。

 この間、51周目藤沢が2コーナーでスピンアウトし戦列を去る。54周目、1コーナーで7位を走るロッテラーが6位の服部のインを差すが接触、服部はコースアウトしてリタイヤ。ロッテラーはフロントウイングが脱落しかけこの後オレンジボールの提示を受けることに。59周目には松田も1コーナーでスピンしリタイアした。

 29周目のピットアウト後から続いた土屋と本山のドッグファイトは、ついに60周目に決着がつく。最終コーナーで土屋がミス、ストレートで本山が土屋に並びかけ、1コーナーのアウトから土屋を抜き去りついにトップに立った。

 レースはこのまま終了。本山は、フォーミュラニッポン史上初の開幕3連勝、MINEでは5連勝に。2位は、本山と激しい争いを演じレースを盛り上げた土屋が。3位は、終盤道上を捉えた井出が入り、ルーキーにして初表彰台をゲットした。4位は何とノンストップ作戦に出た道上。5位はドライブスルーペナルティ後追い上げた金石。6位にやはりノンストップで走りきった福田が入った。

優勝 本山哲

 序盤はオーバー気味できつかったがタイヤ交換後は車の状態は良くなった。武士を抜いたときイエローフラッグが出てたが、既にストレートで前に出ているので大丈夫だと思った。苦しいレースだったが、大治郎が見ていると思うと何とか勝ちたかったので優勝できて良かった。

2位 土屋武士

 タイヤ交換前は良かったがタイヤ交換後はきつかった。タイヤを左側だけ変えたのは、何とか本山の前でピットアウトしたかったから。レースを盛り上げたかったので、すばらしいレースが出来たのはよかったが、2位という結果は完敗です。

3位 井出有冶

 スタート直後に道上選手と接触をした。前半は無理せずに前に着いてゆき、後半勝負だと思っていた。シーズン直前にシートが決まったので、走らせてくれた関係者に感謝したい。

優勝監督 星野一義

 前半は厳しいレースだったが最後にはなんとかなると思っていた。プロだからいいときも悪いときもある。厳しい状況でレースをしなければならないときもある。大治郎にいいレースを見せることができた。

2003年4月27日 CP MINEサーキット(山口県) 決勝 天候:晴れ/コース:ドライ
Fニッポン -RIJ- (2003/04/27) Race Result Weather:Fine Course:Dry
2003 Fomula Nippon Round 3 セントラルパークMINEサーキット 3.330839km
PNoDriverTeamLapTime
119本山 哲IMPUL701:33'24.112
28土屋 武士LeMans70-2.192
312井出 有冶COSMO OIL CERUMO70-10.206
45道上 龍5ZIGEN70-58.648
5*7金石 年弘LeMans70-1'13.658
6*6福田 良5ZIGEN70-1'24.94
72アンドレ・ロッテラーPIAA NAKAJIMA69-1 Lap 
828野田 英樹CARROZZERIA MOHN69-1 Lap 
99黒澤 治樹TEAM NOVA68-2 Laps
103立川 祐路Olympic KONDO63-7 Laps
-------- 以上規定周回(63 Laps)完走 --------
-11松田 次生COSMO OIL CERUMO59-11 Laps
-41服部 尚貴DoCoMo DANDELION54-16 Laps
-10藤沢 哲也TEAM NOVA50-20 Laps
-22脇阪 寿一TEAM 2218-52 Laps
-20ブノワ・トレルイエIMPUL7-63 Laps
-1小暮 卓史PIAA NAKAJIMA0-70 Laps
-4ドミニク・シュワガーOlympic KONDO0-70 Laps
-40リチャード・ライアンDoCoMo DANDELION0-70 Laps
  • シャーシーは全車Lola B351、エンジンは全車無限MF308、タイヤは全車BSです。
  • Fastest Lap: 1'17.736 No.3 立川祐路
  • ゼッケンNo.6,7は、2003年全日本選手権フォーミュラニッポン統一規則 第28条7.違反によりドライビングスルーペナルティの罰則を科した。

スーパー耐久

スーパー耐久第1戦 Hi-landスーパー耐久レース フリー走行


2003年4月27日 仙台ハイランド(宮城県) フリー走行 天候:晴れ/コース:ドライ
-P--No.Cl.Car------------------------------Drivers---------BestTime--km/h---
1  25  1 ADVAN PORSCHE                    織戸/羽根       1'54.850  127.346
2   1  1 エンドレス アドバン GT-R         木下/青木       1'55.608
3  99  1 CRT-PIRELLIポルシェ              砂子/壷林       1'57.396
4  33  1 FALKEN☆PORCSHE                  竹内/田中       1'57.950
5   3  2 エンドレスアドバン座間三菱エボ   村田/佐藤       1'58.050
6  15  3 ORCアドバンRX-7                  長島/山田       1'58.203
7  24  1 PCJ ADVAN PORSCHE                井上/谷口       1'58.366
8   2  2 FUJITSUBO INPREZA                吉田/清水       1'58.529
9  57  2 グラムライツ ランサーエボ VIII   大橋/松浦       1'58.744
10  11  2 三菱PUMAランサーEVO VIII         中谷/木下       1'58.877
11  22  2 avex・Impreza                    村山/松田       1'59.054
12  56  2 NUTEC ランサーエボ VIII          松本/日部       1'59.071
13 109  1 ランドリー OGBアドバンGT3        飯田/西澤       1'59.171
14  27  3 FINA BMW M3                      古谷/長島       1'59.319
15  37 N+ SPIRIT KOSEI ALTEZZA             影山/井入       2'00.030
16  36 N+ MAZIORA ALTEZZA                  黒澤/佐々木     2'00.171
17  10  4 RED LINEベルノ東海DLDC5          菊地/渡辺       2'00.468
18  20  2 RSオガワADVANランサー            橋澤/小林       2'00.565
19  26  2 エンドレスアドバン科芸専ランサー 朝倉/細野       2'00.904
20  83  3 BP ADVAN NSX                     古橋/小林       2'00.948
21  14  3 REDLINEダイトウRX-7              今村/小松       2'00.993
22  55 N+ ARTA FOS アルテッツア            田ヶ原/片岡     2'01.409
23  21  4 クムホ・エクスタ・S-2000         三船/WADA       2'02.143
24  23  3 C-WEST アドバン Z33              尾本/星野       2'02.485
25   8  4 ACID英進館YHS2000                筒井/谷川       2'02.494
26  98  4 Mooncraft S2000                  千田/田島       2'04.213
27  69  4 J'SRacingYHS2000                 梅本/長野       2'05.214
28  82  4 KTパサージュベルノ宮城FK         西村/高橋       2'05.294
29  18  4 FK/マッシモADVANインテグラ       浅野/笠原       2'05.477
30  34  4 タイヤガーデン-BP-DC5            川口/浅野       2'05.729
31  58  4 DUNLOP S2000                     佐藤/富澤       2'07.855
32  60 N+ RCBDLインテグラ                  小幡/成澤       2'09.685
-------------------------------------------------------------------

Formula Nippon

Fニッポン決勝前に故加藤大治郎選手に黙祷……


起立し、黙祷をする観客 (Photo: Motorsoprts@nifty)

4月27日、フォーミュラ・ニッポン第3戦の行われているCP MINEサーキットで、フ
リー走行終了後、先日2輪のMotoGP開幕戦鈴鹿で事故のため亡くなった加藤大治郎選
手に哀悼の意を表し、関係者、観客一同黙祷式が行われた。
加藤選手は本山哲選手の大親友であり、また他のフォーミュラ・ニッポンドライバー
とも親交が深かった。決勝に出走する選手の中には、本山選手だけでなく何人かの選
手がヘルメットやマシンに加藤大治郎選手のステッカーを張って決勝に臨む。故加藤
大治郎選手のご冥福をお祈りします。

Formula Nippon

Fニッポン第3戦 MINE フリー走行


決勝に向けて順調な仕上りの本山哲 (Photo: A.Bessho)

本山、フリー走行でもトップタイム。決勝に向けて順調な仕上がり。

 27日、フォーミュラニッポン第3戦決勝の開催されるMINEは薄曇りであるが風も無く気温も上昇し、穏やかな朝を迎えた。午前9時30分、決勝に向けてのセッティングを決めるフリー走行が行われた。

 ここでもはやりトップは本山。決勝に向けての仕上がりは順調なようだ。2位は脇阪、3位は昨日の予選後半で伸び悩んだ道上が入った。服部はマシントラブルでまともに走っていない。

 決勝は、本日午後2時より70ラップで争われる。

2003年4月27日 CP MINEサーキット(山口県) フリー走行 天候:晴れ/コース:ドライ
Fニッポン -RIJ- (2003/04/27) Free Session Weather:Fine Course:Dry
2003 Fomula Nippon Round 3 セントラルパークMINEサーキット 3.330839km
PNoDriverTeamTimeDelayGapkm/h
119本山 哲IMPUL1'16.660--156.42
222脇阪 寿一TEAM 221'16.8980.2380.238155.93
35道上 龍5ZIGEN1'17.0450.3850.147155.64
420ブノワ・トレルイエIMPUL1'17.0750.4150.030155.58
51小暮 卓史PIAA NAKAJIMA1'17.2830.6230.208155.16
67金石 年弘LeMans1'17.5020.8420.219154.72
78土屋 武士LeMans1'17.6410.9810.139154.44
86福田 良5ZIGEN1'17.6550.9950.014154.41
940リチャード・ライアンDoCoMo DANDELION1'17.7301.0700.075154.27
1012井出 有冶COSMO OIL CERUMO1'17.7611.1010.031154.20
112アンドレ・ロッテラーPIAA NAKAJIMA1'17.7971.1370.036154.13
129黒澤 治樹TEAM NOVA1'17.9551.2950.158153.82
1311松田 次生COSMO OIL CERUMO1'17.9641.3040.009153.80
143立川 祐路Olympic KONDO1'18.1231.4630.159153.49
1528野田 英樹CARROZZERIA MOHN1'18.2561.5960.133153.23
164ドミニク・シュワガーOlympic KONDO1'18.4161.7560.160152.92
1710藤沢 哲也TEAM NOVA1'18.8292.1690.413152.11
1841服部 尚貴DoCoMo DANDELION1'20.3273.6671.498149.28
  • シャーシーは全車Lola B351、エンジンは全車無限MF308、タイヤは全車BSです。

スーパー耐久

スーパー耐久第1戦 Hi-landスーパー耐久レース 予選


竹内/田中組はGTRからポルシェにスイッチ(Photo:K.Takeshita)

GTRポール奪うも孤軍奮闘!連勝記録に黄信号?!
例年は3月MINEでの開幕戦がここ数年の通例となっていたスーパー耐久シリーズだ
が、今年は4月末の仙台ハイランドが開幕という異例のシーズンのオープニングと
なった。
加えて、これまでは土曜日の公式予選前に行われていたフリー走行が消滅。代わっ
て、公式予選が2回行われるという形になった。午前中は基準タイムをクリアでき
るかどうかの戦いとなり、午後はその予選を通過できたチームによる20分ずつのク
ラス別のタイムアタックセッションとなった。ハイランドの出走枠は32台と少ない
ため、例年予選落ちに泣くチームが出る。
午前は11時20分から、まだ前日の雨がコースに残る曇り空のコンディションで30分
間のセッションはスタート。2回の公式予選と決勝スタート時までは1セットのタ
イヤしか使えないために、このセッションはまさに基準タイムのクリアに主眼がお
かれていた。#1エンドレスアドバンGT-Rが2分02秒997で暫定のポールポジション。
2番手は#2 FUJITSUBO INPREZAと2クラスのマシンが入った。3番手に#24 PCJ
ADVAN PORSCHE、4番手に#57グライムライツランサーエボVII、5番手には注目の#33
FALKEN☆PORSHEとなっていた。
午後は1時50分から1時間でセッションは開始。気温20度路温21度と、風が強いな
がら快方に向かう天候となった。各車とも路面状況ともあいまって大幅にタイムを更
新。#1エンドレスが青木のアタックで1分52秒756を叩きだし、見事PPを奪取した。
2番手には注目のニューカマーポルシェの参戦となった#33の竹内。3番手にもポル
シェでの参戦となる#25ADVAN PORSCHEの織戸学となった。
クラス2は8番手に#11三菱PUMAランサーEVOVIII、クラス3は総合7位に#15ORCア
ドバンRX-7、クラス4は総合23位の#58 DUNLOP S2000、Nプラスクラスは総合18位の
#55 ARTA FOSアルテッツアとなった。
#1エンドレスアドバンGT-R(木下みつひろ/青木孝行組)
青木孝行
「フリー走行で基準タイムを見ても良いんじゃないですか?1回目の予選はタイヤが
使えないから、みんなつまんないと思いますよ。GT-Rがもう1台は予選落ちしてしま
ったので唯一のGT-Rになっちゃいました。トラブルが出ると連勝記録がストップして
しまいますからね…。自分たちができるレースをやって結果はどうなるかですね。ポ
ルシェにはエンジンパワーでずいぶん負けてるし、タイヤも細いしブレーキも小さい
ですから…」
#33 FALKEN☆PORSHE(竹内浩典/田中哲也組)
竹内浩典
「TIでもポルシェはテストしていますし、タイヤも早期から開発してもらっています
がやはりストレートの速いGT-Rについていくのは相当つらいです。助手席にもウエイ
ト積んでいますしカップカーは150kg軽いらしいんで、それなら1秒速く走れるからGT
-Rと勝負になるかもしれませんが、今は1秒4の予選タイムの差がありますから…。
ただ、トラブルらしいトラブルはないしウエットは予想以上にポルシェは良いんです。
ポルシェはレースでは初めてだし、プライベートでもほとんど縁がなかったクルマな
んですよ(笑)」
Report:K.Takeshita
2003年4月26日 仙台ハイランド(宮城県) 予選 天候:曇り/コース:ドライ
-P--No.Cl.Car------------------------------Drivers---------BestTime-
1   1  1 エンドレス アドバン GT-R         木下/青木       1'52.756
2  33  1 FALKEN☆PORCSHE                  竹内/田中       1'54.154
3  25  1 ADVAN PORSCHE                    織戸/羽根       1'54.385
4  24  1 PCJ ADVAN PORSCHE                井上/谷口       1'54.973
5 109  1 ランドリー OGBアドバンGT3        飯田/西澤       1'55.002
6  99  1 CRT-PIRELLIポルシェ              砂子/壷林       1'55.454
7  15  3 ORCアドバンRX-7                  長島/山田       1'55.668
8  11  2 三菱PUMAランサーEVO VIII         中谷/木下       1'56.968
9   2  2 FUJITSUBO INPREZA                吉田/清水       1'57.220
10  20  2 RSオガワADVANランサー            橋澤/小林       1'57.514
11  57  2 グラムライツ ランサーエボ VIII   大橋/松浦       1'58.017
12  83  3 BP ADVAN NSX                     古橋/小林       1'58.039
13  23  3 C-WEST アドバン Z33              尾本/星野       1'58.180
14  22  2 avex・Impreza                    村山/松田       1'58.276
15  26  2 エンドレスアドバン科芸専ランサー 朝倉/細野       1'58.382
16  14  3 REDLINEダイトウRX-7              今村/小松       1'58.398
17  56  2 NUTEC ランサーエボ VIII          松本/日部       1'58.466
18  55 N+ ARTA FOS アルテッツア            田ヶ原/片岡     1'58.635
19  37 N+ SPIRIT KOSEI ALTEZZA             影山/井入       1'58.722
20   3  2 エンドレスアドバン座間三菱エボ   村田/佐藤       1'58.756
21  36 N+ MAZIORA ALTEZZA                  黒澤/佐々木     1'58.858
22  27  3 FINA BMW M3                      古谷/長島       1'59.316
23  58  4 DUNLOP S2000                     佐藤/富澤       1'59.937
24  10  4 RED LINEベルノ東海DLDC5          菊地/渡辺       2'00.654
25  98  4 Mooncraft S2000                  千田/田島       2'00.782
26   8  4 ACID英進館YHS2000                筒井/谷川       2'00.854
27  69  4 J'SRacingYHS2000                 梅本/長野       2'01.864
28  21  4 クムホ・エクスタ・S-2000         三船/WADA       2'01.931
29  82  4 KTパサージュベルノ宮城FK         西村/高橋       2'02.766
30  18  4 FK/マッシモADVANインテグラ       浅野/笠原       2'03.137
31  34  4 タイヤガーデン-BP-DC5            川口/浅野       2'04.097
32  60 N+ RCBDLインテグラ                  小幡/成澤       2'04.833
---------------------以上予選通過----------------------------------
19  1 JMCダンロップGT-R・ED            輿水/坂口       1'55.495
6  2 ファルケン☆ランサーEVO VIII     冨桝/関         1'58.830
39  3 DELPHI ADVAN NSX                 八木/植田       2'00.363
29  4 オベロンμ読売江東理工DC5         谷口/谷口       2'04.881
-------------------------------------------------------------------

Formula Nippon

Fニッポン第3戦 MINE 予選


右腕に喪章を巻いて記者会見に臨む本山哲 (Photo: A.Bessho)

 驚速本山に敵なし! 2位を0.652ちぎってのポール。

 MINEの天候は徐々に回復しつつあり、上空にはところどころ青空も顔を覗かせてきた。14時、フォーミュラニッポン2回目の予選が始まった。開始10分、午前中不振だった野田がタイムを更新し、1'16.314と2回目のトップに立つ。開始18分、午前中、予選開始早々にマシンを降りたロッテラーが16.296と野田を逆転、2回目のトップに。しかし、その直後、土屋も1回目のタイムを上回り、15.601と15秒台に入り、トップに踊り出た。開始20分過ぎ、脇阪も15秒台に入り15.796、2回目の2位に。総合でも4位に上がった。

 予選残り20分、1回目のタイムを上回り15秒台に入るドライバーが増えてきた。小暮が15.705で2回目2位に、総合でも4位に上がってきた。残り15分道上が15.471を出し、2回目のトップに、総合でもINPULの2台の間にはいり2位だ。その直後、本山が来た来た! ついに14秒台に入りタイムは、14.981、次の周も14.929とさらにタイムアップ、他のドライバーを圧倒している。もちろん総合のトップだ。

 予選残り5分、トレルイエが15.258を出し、道上から2位を奪い返した。そしてなんと、本山がさらにタイムアップ、14.355を叩き出した。直後、脇阪が15.240、さらに土屋が15.007で2位に。3位は何と新人の小暮だ。

 予選終了。トップは2位以下を0.652ぶっちぎった本山。2位に予選は速い土屋、3位に脅威の新人小暮、4位に金石、5位はライアン、脇阪は6位に落ちた。午前、午後をとおして本山の速さだけが目立った予選となった。

 明日27日は、午前9時30分からフリー走行。決勝は午後2時スタートの70ラップで争われる。

ポールポジション 本山 哲
 いろいろあったけど、チームがぼくの気持ちを考えてくれて感謝している。雨上がりでスリッピーだったが、路面コンディションにうまくクルマを合わせることができた。予選を早く切り上げたのは、14.355が出た時点でポールを確信したから。MINEは抜きにくいサーキットなのでポールスタートは有利だ。

予選2位 土屋武士
 2位というポジションは悪くないが、ポールとのタイム差がありすぎる。体調が悪かったけど、ライバルがいないとレースにならないので早く本山選手に追いつきたい。

予選3位 小暮卓史
 1回目の予選はトラブルなどもありだめだったが、エンジニアと相談してセットアップを変更したら狙ったラインを走れるようになった。いままで2戦戦ったが決勝レースではまだまだ経験不足なのでいろいろと吸収したい。

2003年4月26日 CP MINEサーキット(山口県) 予選 天候:曇り/コース:ドライ
Fニッポン -RIJ- (2003/04/26) Qualfying Session #2 Weather:Cloudy Course:Dry
2003 Fomula Nippon Round 3 セントラルパークMINEサーキット 3.330839km
PNoDriverTeamTimeDelayGapkm/h
119本山 哲IMPUL1'14.355--161.27
28土屋 武士LeMans1'15.0070.6520.652159.87
31小暮 卓史PIAA NAKAJIMA1'15.0960.7410.089159.68
47金石 年弘LeMans1'15.1440.7890.048159.57
540リチャード・ライアンDoCoMo DANDELION1'15.1920.8370.048159.47
622脇阪 寿一TEAM 221'15.2400.8850.048159.37
720ブノワ・トレルイエIMPUL1'15.2580.9030.018159.33
85道上 龍5ZIGEN1'15.2660.9110.008159.32
941服部 尚貴DoCoMo DANDELION1'15.2800.9250.014159.29
102アンドレ・ロッテラーPIAA NAKAJIMA1'15.3220.9670.042159.20
1112井出 有冶COSMO OIL CERUMO1'15.4661.1110.144158.89
123立川 祐路Olympic KONDO1'15.5521.1970.086158.71
1328野田 英樹CARROZZERIA MOHN1'15.7481.3930.196158.30
1411松田 次生COSMO OIL CERUMO1'15.7931.4380.045158.21
159黒澤 治樹TEAM NOVA1'15.8411.4860.048158.11
164ドミニク・シュワガーOlympic KONDO1'16.0341.6790.193157.71
176福田 良5ZIGEN1'16.4022.0470.368156.95
1810藤沢 哲也TEAM NOVA1'17.3352.9800.933155.05
以上予選通過 基準タイム ( 107% ) 1'19.5605.2052.225150.72
  • シャーシーは全車Lola B351、エンジンは全車無限MF308、タイヤは全車BSです。
  • コースレコード: 1'13.086
  • 全てのドライバーが予選1回目のタイムを更新したため2回目の予選結果が総合結果となっています。

Formula Nippon

Fニッポン第3戦 MINE 予選1回目


本山、ぶっちぎりのトップタイム (Photo: A.Bessho)

 本山、2位以下を約0.5秒ぶっちぎっての堂々のトップタイム。開幕3連勝、MINE5連勝へ向けて好発進!

 1,2戦と予選日雨にみまわれたフォーミュラニッポン、第3戦が開催されるここMINEでも前夜から雨模様であったが、朝には雨も上がり、予選が始まる頃にはコースもほぼドライのコンデッションとなった。

 午前10時、予選は定刻にスタート。開始早々、ロッテラーがパドック裏の30Rでコースアウト、マシンを降りた。開始10分、トップは1'17.130とまずは松田がリード。開始15分過ぎ土屋が16.686でトップに出るが、直後ここMINEを得意とする本山が16.160と土屋を逆転。この時点で、トップ本山、以下、土屋、金石、福田、小暮と続く。

 開始20分過ぎ、ようやくコースインした道上が、16.149でトップに踊り出る。しかし、30分過ぎに本山が15.645で再びトップに。2位以下を0.5秒以上引き離した。以下、2位道上、3位土屋、4位トレルイエ、5位金石、6位福田。

 予選終了10分前から順位は目まぐるしく変わる。土屋が16.037で2位に上がると直後トレルイエが15.731で2位を奪い返す。道上も15秒台に入り15.911で3位。以下ライアンが15.974で4位にあがれば、黒澤が15.951でライアンに代わって4位に出る。

 予選終了直前、本山がさらにタイムアップ、14秒台に入るかという15.051のスーパーラップを叩き出した。2位は、トレルイエでINPUL 1-2。3位は道上、4位は大健闘の黒沢、5位ライアン、7位金石と続いた。予選2回目は本日午後2時より開始予定。

2003年4月26日 CP MINEサーキット(山口県) 予選1回目 天候:曇り/コース:ドライ
Fニッポン -RIJ- (2003/04/26) Qualfying Session #1 Weather:Cloudy Course:Dry
2003 Fomula Nippon Round 3 セントラルパークMINEサーキット 3.330839km
PNoDriverTeamTimeDelayGapkm/h
119本山 哲IMPUL1'15.051--159.77
220ブノワ・トレルイエIMPUL1'15.5350.4840.484158.75
35道上 龍5ZIGEN1'15.9110.8600.376157.96
49黒澤 治樹TEAM NOVA1'15.9510.9000.040157.88
540リチャード・ライアンDoCoMo DANDELION1'15.9740.9230.023157.83
67金石 年弘LeMans1'16.0230.9720.049157.73
78土屋 武士LeMans1'16.0370.9860.014157.70
811松田 次生COSMO OIL CERUMO1'16.0711.0200.034157.63
93立川 祐路Olympic KONDO1'16.1021.0510.031157.57
1022脇阪 寿一TEAM 221'16.1251.0740.023157.52
1141服部 尚貴DoCoMo DANDELION1'16.1801.1290.055157.40
1212井出 有冶COSMO OIL CERUMO1'16.2431.1920.063157.27
131小暮 卓史PIAA NAKAJIMA1'16.2721.2210.029157.21
146福田 良5ZIGEN1'16.7431.6920.471156.25
154ドミニク・シュワガーOlympic KONDO1'16.9701.9190.227155.79
1628野田 英樹CARROZZERIA MOHN1'17.3352.2840.365155.05
1710藤沢 哲也TEAM NOVA1'18.8083.7571.473152.15
以上予選通過 基準タイム ( 107% ) 1'20.3045.2541.497149.32
182アンドレ・ロッテラーPIAA NAKAJIMA1'22.8807.8292.575144.68
  • シャーシーは全車Lola B351、エンジンは全車無限MF308、タイヤは全車BSです。
  • コースレコード: 1'13.086

Formula Nippon

Fニッポン第3戦 合同テスト(MINE)


Photo:Motorsports@nifty

4月25日、この週末第3戦の行われるセントラルパークMINEサーキットで、合同テス
トが行われた。
この日は生憎の天候。午前10時から予定されていた1回目の走行では、雨は上がって
いたものの、霧のため天候の回復を待って予定を繰り下げ12時から始まった。このセ
ッションでは途中雨が降り出したが、その前にスリックタイヤでタイムを出していた
#22 脇阪寿一(TEAM 22)がトップタイムをマークした。
2回目は、2時間のインターバルを経て午後3時から始まった。開始してまもなく、
またしても雨に見舞われたが、その後は路面コンディションも回復。そして、また終
盤には雨と、天候は目まぐるしく変化した。そんな中、開幕3連勝を狙う大本命#19
本山哲(IMPUL)がトップを奪った。本山にとっては、20日に亡くなった大親友のモト
GPライダー、加藤大治郎選手のためにも負けられないレースだけに、気合い十分だ。
◆CP MINEサーキット http://www.cp-mine.co.jp/
2003年4月25日 CP MINEサーキット(山口県)  天候:雨/コース:セミウェット
P.-No.Driver--------Team-------------------Car-------------Time(1st)-Time(2nd)
1 19 本山  哲      IMPUL                  Lola B351/無限  1'20.916 *1'16.205
2  5 道上  龍      5ZIGEN                 Lola B351/無限  1'25.832 *1'16.615
3 20 B.トレルイエ  IMPUL                  Lola B351/無限  1'26.194 *1'16.723
4  1 小暮卓史      PIAA NAKAJIMA          Lola B351/無限  1'27.244 *1'16.825
5  8 土屋武士      LeMans                 Lola B351/無限  1'18.315 *1'17.210
6  2 A.ロッテラー  PIAA NAKAJIMA          Lola B351/無限  1'18.267 *1'17.245
7  7 金石年弘      LeMans                 Lola B351/無限  1'25.156 *1'17.384
8 22 脇阪寿一      TEAM 22                Lola B351/無限  1'17.873 *1'17.464
9 40 R.ライアン    DoCoMo DANDELION       Lola B351/無限  1'18.060 *1'17.474
10  3 立川祐路      Olympic KONDO          Lola B351/無限  1'19.451 *1'17.669
11 12 井出有治      COSMO OIL CERUMO       Lola B351/無限  1'26.670 *1'17.796
12  9 黒澤治樹      PLANEX EBBRO NOVA      Lola B351/無限  1'18.730 *1'17.819
13 11 松田次生      COSMO OIL CERUMO       Lola B351/無限  1'26.864 *1'17.952
14  6 福田  良      5ZIGEN                 Lola B351/無限  1'26.812 *1'17.981
15  4 D.シュワガー  Olympic KONDO          Lola B351/無限  1'21.601 *1'18.027
16 28 野田英樹      CARROZZERIA MOHN       Lola B351/無限  1'23.071 *1'18.671
17 41 服部尚貴      DoCoMo DANDELION       Lola B351/無限  1'26.698 *1'18.877
18 10 藤澤哲也      カッチャオ TCPRO NOVA  Lola B351/無限  1'20.214 *1'19.726
-----------------------------------------------------------------------------

その他

本山哲、亡き大親友・大治郎を語る


本山がFNで2連勝を遂げた日に大治郎は事故に遭った(Photo:Motorsports@nifty)

20日未明、志半ばにして亡くなったモトGPライダー加藤大治郎選手について、幼な
じみであり大親友の本山哲選手は自身のホームページの中で、その想いを語った。
病床の大治郎選手に付き添っていたため、更新されなかったホームページ内のコーナ
ー「週刊モトヤマ」だが、21日付けで「加藤大治郎」というタイトルのコラムが公開
され20日ぶりに更新された。
それによると、「家族以上と言っても良いくらいの付き合いでした。だからいなくな
るという現実が正直まだ受け入れられない所もあります」と現在の心境を語り、お互
いに刺激あってレースを戦ってきたことが記されている。
また、「結果的に帰ってきてはくれなかったけど、世界中のたくさんの人から応援し
て頂いたおかげで2週間も頑張ってくれました」と、親友の頑張りをねぎらい、最後に
は「僕もたくさんの仲間達もいつまでもくよくよしているわけにはいきません。それぞ
れのレースでこれからも頑張っていきます!それが大治郎が一番喜んでくれる事だと
思いますから」と決意を語って締めくくっている。
大治郎選手の通夜は21日、告別式は22日、都内の寺院で執り行われる。
また、5月半ばにはHonda青山ビルにおいて「加藤選手 お別れの会」が開催される予
定だ。
◆本山哲公式サイト Motoyama.net http://motoyama.net/

全日本GT選手権

JGTC合同テストSUGO/NISMOモータースポーツニュースフラッシュ


(C)NISMO

                           JGTC合同テスト(菅生)
スカイラインGT-Rは全車03モデルに
-GT合同テスト-
全日本GT選手権(JGTC)第3戦の合同テストが4月18日~19日にかけて宮
城県のスポーツランドSUGOで開催された。
今回の合同テストには開幕戦に間に合わなかったニューカマー4台を含む31台が出
走。中でも18日早朝搬入というギリギリのタイミングで間に合ったインパルのカル
ソニックスカイラインは最も注目を集めた。
先週富士合同テストでシェイクダウンされたモチュールピットワークGT-Rに続き、こ
れでスカイラインGT-Rの2003年モデルは3台が出揃った格好である。
全くの初走行ということで18日午前中はチェック走行に費やしたが、午後からはブ
ノワ・トレルイエ選手が中心になってタイヤテストに突入する。途中交代した井出有
冶選手も03年モデルの好感触を確認。
午後のセッションで12号車のトレルイエ選手はニスモ22号車に続く3番手タイム
(1'19.241)を記録。好調な滑り出しにチームは明るい雰囲気に包まれていた。
一方、先週の富士合同テストから2台とも03年モデルとなったニスモは、実戦的な
状況でのセットアップ~タイヤテストを実施。開幕戦TI決勝での予想外のタイヤ摩
耗への対応などの課題に取り組んだ。22号車は午前中のセッションで見事トップタ
イム(1'19.227)を記録。午後はさらにタイムを縮め、結局NSX16号車(1'18.832)
に続くこの日の2番手タイム(1'19.045)に。23号車も午後に1'19.385を出して4
番手。
GT-R勢が2、3、4番手と速さをアピールした。
翌19日は下り坂の天候。午後からは降雨の可能性もあったため午前中にドライのメ
ニューを終え、午後は決勝セットのロングを試すチームが多かった。
ニスモ/インパルチームも午後は決勝セットでの走行に。午前中2番手タイム(1'18.‐
971)を出した22号車はこの日の総合3番手に。別のセッティングを試していた23
号車は午前中の14番手(1'19.965)がベストで総合結果でもそのまま14番手となっ
た。また、12号車は午前中の5番手タイム(1'19.333)がベストとなった。なお総合
ベストは19日午前中にNSX18号車が記録した1'18.547だった。
また、GT300のフェアレディZを走らせるハセミモータースポーツは、SUGO
用に仕立てたカナードやフェンダーリップなどの空力パーツをテスト。サスペンショ
ンもリア・アッパーアームの取り付け点を若干変更することでバウンド特性を大幅に
改善した。
■柿元邦彦監督(ニスモ)
「インパルも無事シェイクダウンを果し、いよいよ次の富士から03年モデルが揃っ
ての戦いが出来ます。課題だったロングでのタイヤ摩耗もセットアップなどで対応
の手応えを得ました。総合トップタイムは車両規則変更のため昨年の予選PPタイ
ム1'17.814(NSX8号車)には及ばなかったが、GT-Rとしては去年の19.324
よりも速くなっていることに注目していただきたいですね。富士ではハンディウェ
イトを積んでいない22号車と12号車は表彰台を狙います」
◆ニスモモータースポーツの詳細は「NISMO official web site」をご覧下さい。

全日本GT選手権

JGTC 合同テスト(SUGO) 合同テスト2日目


カーボン地のTAKATA童夢NSXが2日間でトップ(Photo:K.Takeshita)

4月19日、JGTC合同テスト2日目がスポーツランドSUGOで行われた。上空は雲が多く天
候の崩れが心配されたが、終日ドライコンディションで各チーム充実したテストとな
った。
午前中の走行でトップを奪ったのは、#18TAKATA童夢NSX(道上/フィリップ組)。昨日
に引き続きNSX勢が好調。GTRも上位につけた。スープラは#25ADVAN スープラが3位
につけた以外は、6位以下に沈みやや低調のように見える。しかし、ここがGTの妙。
この順位がそのまま速さに繋がっているかというと、性能調整の話がある中で各メー
カー間で、自らを有利にしようという駆け引きが行われているというもっぱらの噂だ。
午後は、上空に灰色の雲が広がってくる中での走行となった。ここでトップとなった
のは、#16G'ZOX無限NSX(伊藤/コロネル組)、#18TAKATA童夢NSXが続き、NSXのワンツー
となった。ただし、GT500クラスは決勝セッティングを進めるチームが多かったのか、
殆どのマシンが午前中のタイムを上回らなかった。
GT300クラスは、午前にベストタイムをマークした#7雨宮マツモトキヨシアスパラRX7
(谷口/大井組)が、昨日に引き続きクラストップ。谷口はGTのテストの後、同じSUGO
のカートコースで行われる全日本プロドリフト選手権に臨んだ。
◆スポーツランドSUGO http://www.sportsland-sugo.co.jp/
2003年4月19日 スポーツランドSUGO(宮城県) 合同テスト2日目 天候:曇り/コース:ドライ
-P--No.Cl.-Car----------------------------Drivers----------Time(am)--Time(pm)
1  18 500 TAKATA童夢NSX                  道上/フィリップ *1'18.547  1'19.225
2  16 500 G'ZOX無限NSX                   伊藤/コロネル    1'19.278 *1'18.941
3  22 500 モチュールピットワークGT-R     ライアン/影山   *1'18.971  1'20.219
4  25 500 ADVAN スープラ                 デュフォア/野田 *1'19.066  1'20.182
5   1 500 エッソウルトラフロースープラ   脇阪/飯田        1'19.400 *1'19.322
6  12 500 カルソニックスカイライン       トレルイエ/井出 *1'19.333  1'19.940
7  38 500 auセルモスープラ               竹内/立川       *1'19.431  1'19.493
8  36 500 WOODONEトムススープラ          土屋/コマス     *1'19.472  1'20.158
9 100 500 RAYBRIG NSX                    加藤/光貞       *1'19.521  1'20.737
10  39 500 デンソーサードスープラGT       シュワガー/織戸  1'19.638 *1'19.527
11  37 500 ZENTトムススープラ             黒澤/アピチェラ *1'19.559  1'20.207
12  35 500 プロジェクトμエスペリアスープラ 服部/脇阪       1'19.734 *1'19.644
13  64 500 Mobil 1 NSX                    松田/小暮       *1'19.811  1'19.829
14  23 500 ザナヴィ ニスモ GT-R           本山/クルム     *1'19.965  1'20.926
15   8 500 ARTA NSX                       土屋/金石       *1'19.970  1'20.720
16  76 500 イエローコーンマクラーレンGTR  五十嵐/田嶋     *1'20.189  1'21.131
17  62 500 VemacR&Dダンロップ350R         柴原/密山       *1'23.382  1'23.501
18   7 300 雨宮マツモトキヨシアスパラRX7  谷口/大井       *1'25.840  1'26.791
19   3 300 ハセミスポーツエンドレスZ      木下/柳田        1'26.979 *1'26.162
20  11 300 JIM RodeoDrive アドバンF360    松田/田中       *1'26.196  1'26.974
21  43 300 ARTA Garaiya                   新田/高木        1'27.631 *1'26.252
22  26 300 PLUS e タイサンアドバンGT3R    山路/西澤       *1'26.674  --------
23  77 300 クスコスバルADVANインプレッサ  小林/谷川        1'27.779 *1'26.726
24  31 300 RECKLESS MR-S                  佐々木/後藤      1'28.050 *1'26.835
25  24 300 EndlassタイサンアドバンGT3R    余郷/浅井        1'27.637 *1'27.092
26 910 300 910 BOROアドバンポルシェ       平川/宮川        1'27.972 *1'27.787
27  71 300 シグマMR-S                     城内/澤         *1'27.933  1'28.722
28  34 300 DENTAIRE MR-S                  西澤/松田        1'29.345 *1'28.095
29  55 300 ECLIPSEタイサンADVANバイパー   山田/木下        1'28.883 *1'28.333
30   9 300 正義の味方 覆面レーサーXMT     菅/筒井         *1'29.542  1'29.600
31  21 300 ダンロップBMW M3GT             一ツ山/滑川      1'32.464 *1'30.618
-----------------------------------------------------------------------------

全日本GT選手権

JGTC 合同テスト(SUGO) 合同テスト1日目


ドライでは今季初のトップタイムとなったNSX(Photo:K.Takeshita)

4月18日、先週の富士に続くJGTC合同テスト1日目がスポーツランドSUGOで行われ、こ
こまで精彩を欠いていたNSXが鬱憤を晴らすように快走。#16G'ZOX無限NSX(伊藤/コロ
ネル組)がトップタイムをマークした。
今回のテストから#12カルソニックスカイラインを加えて3台となったGTRは、2~4位
を占め、ここSUGOでも好調ぶりをアピールした。
注目のニューマシン、#62VemacR&Dダンロップ350R(柴原/密山組)は、ほとんどシェ
イクダウン状態。GT500クラス最下位ながら、まずまずのタイムを記録。ポテンシャ
ルの高さを窺わせた。
GT300クラスは、#7雨宮マツモトキヨシアスパラRX7(谷口/大井組)が、僅差ながら#43
ARTA Garaiyaを抑えてトップとなった。
◆スポーツランドSUGO http://www.sportsland-sugo.co.jp/
2003年4月18日 スポーツランドSUGO(宮城県) 合同テスト1日目 天候:晴れ/コース:ドライ
-P--No.Cl.-Car----------------------------Drivers----------Time(am)--Time(pm)
1  16 500 G'ZOX無限NSX                   伊藤/コロネル    1'19.275 *1'18.832
2  22 500 モチュールピットワークGT-R     ライアン/影山    1'19.227 *1'19.045
3  12 500 カルソニックスカイライン       トレルイエ/井出  1'20.341 *1'19.241
4  23 500 ザナヴィ ニスモ GT-R           本山/クルム      1'20.159 *1'19.385
5  25 500 ADVAN スープラ                 デュフォア/野田 *1'19.499  1'19.850
6  18 500 TAKATA童夢NSX                  道上/フィリップ *1'19.551  1'19.697
7  38 500 auセルモスープラ               竹内/立川        1'19.960 *1'19.561
8   1 500 エッソウルトラフロースープラ   脇阪/飯田       *1'19.565  1'19.611
9  39 500 デンソーサードスープラGT       シュワガー/織戸  1'20.586 *1'19.686
10  64 500 Mobil 1 NSX                    松田/小暮        1'20.507 *1'20.140
11   8 500 ARTA NSX                       土屋/金石       *1'20.283  1'21.230
12  37 500 ZENTトムススープラ             黒澤/アピチェラ *1'20.323  1'21.050
13  36 500 WOODONEトムススープラ          土屋/コマス      1'20.693 *1'20.357
14  35 500 プロジェクトμエスペリアスープラ 服部/脇阪      *1'20.522  1'20.991
15 100 500 RAYBRIG NSX                    加藤/光貞        1'21.913 *1'20.835
16  76 500 イエローコーンマクラーレンGTR  五十嵐/田嶋      1'22.833 *1'21.131
17  62 500 VemacR&Dダンロップ350R         柴原/密山        1'24.759 *1'22.867
18   7 300 雨宮マツモトキヨシアスパラRX7  谷口/大井       *1'25.705  1'26.972
19  43 300 ARTA Garaiya                   新田/高木       *1'25.743  1'26.531
20  11 300 JIM RodeoDrive アドバンF360    松田/田中        1'27.270 *1'26.822
21  71 300 シグマMR-S                     城内/澤          1'28.457 *1'26.934
22  26 300 PLUS e タイサンアドバンGT3R    山路/西澤        1'27.877 *1'26.937
23  31 300 RECKLESS MR-S                  佐々木/後藤     *1'26.969  1'27.108
24   3 300 ハセミスポーツエンドレスZ      木下/柳田        1'28.928 *1'27.023
25  24 300 EndlassタイサンアドバンGT3R    余郷/浅井       *1'27.131  1'28.247
26  77 300 クスコスバルADVANインプレッサ  小林/谷川        1'28.170 *1'27.391
27  55 300 ECLIPSEタイサンADVANバイパー   山田/木下        1'28.990 *1'27.817
28 910 300 910 BOROアドバンポルシェ       平川/宮川        1'29.318 *1'28.895
29  34 300 DENTAIRE MR-S                  西澤/松田       *1'29.981  2'31.880
30  21 300 ダンロプBMW M3GT               一ツ山/滑川      1'31.897 *1'30.115
31   9 300 正義の味方 覆面レーサーXMT     菅/筒井         *1'30.132  1'30.744
-----------------------------------------------------------------------------

全日本GT選手権

JGTC 合同テスト(富士)2日目 (4/12)

●2003年4月12日 富士スピードウェイ(静岡県)
4月12日、JGTC合同テスト2日目が富士スピードウェイで行われた。予報どおり生憎の
雨模様となり、終日ウェットコンディションでのテストとなったが、そんな中でもGTR
は好調。2日目も#23ザナヴィ ニスモ GT-R(本山/クルム組)がトップ、#22モチュール
ピットワークGT-R(ライアン/影山組)が3位を占めた。
ドライでは旗色の悪いNSXも、この日は気を吐き、#8ARTA NSX(土屋/金石組)が2位、
#18TAKATA童夢NSX(道上/フィリップ組)が4位と面目躍如。
異なるタイヤ銘柄を使用するスープラ勢は、それでも安定した速さを見せ、#38auセル
モスープラ(竹内/立川組)[ブリヂストン]、#37ZENTトムススープラ(黒澤/アピチェラ
組)[ミシュラン]、#39デンソーサードスープラGT(シュワガー/織戸組)[ヨコハマ]が
5~7位に続いた。上位5台はブリヂストンタイヤユーザーだった。
GT300クラスは、#77クスコスバルADVANインプレッサ(小林/谷川組)が雨の中で強さを
発揮してクラストップを奪った。
また、日産のエース本山哲は、先週末のモトGPでアクシデントに遭った加藤大治郎選
手に付き添っているため今回のテストは不参加だった。
◆富士スピードウェイ http://www.fujispeedway.co.jp/
■合同テスト2日目 天候:雨/コース:ウェット
-P--No.Cl.-Car----------------------------Drivers----------Time(am)--Time(pm)
1  23 500 ザナヴィ ニスモ GT-R           本山/クルム     *1'35.391  1'38.289
2   8 500 ARTA NSX                       土屋/金石       *1'35.608  1'38.692
3  22 500 モチュールピットワークGT-R     ライアン/影山   *1'35.613  1'38.687
4  18 500 TAKATA童夢NSX                  道上/フィリップ *1'36.804  1'39.491
5  38 500 auセルモスープラ               竹内/立川       *1'36.961  --------
6  37 500 ZENTトムススープラ             黒澤/アピチェラ *1'37.046  1'45.571
7  39 500 デンソーサードスープラGT       シュワガー/織戸 *1'37.394  1'38.568
8  36 500 WOODONEトムススープラ          土屋/コマス     *1'37.550  1'41.225
9  16 500 G'ZOX無限NSX                   伊藤/コロネル   *1'37.759  1'40.092
10   1 500 エッソウルトラフロースープラ   脇阪/飯田        -------- *1'38.079
11  76 500 イエローコーンマクラーレンGTR  五十嵐/田嶋     *1'39.045  --------
12  64 500 Mobil 1 NSX                    松田/小暮       *1'40.662  --------
13  77 300 クスコスバルADVANインプレッサ  小林/谷川       *1'44.334  --------
14  31 300 RECKLESS MR-S                  佐々木/後藤     *1'44.397  --------
15   3 300 ハセミスポーツエンドレスZ      木下/柳田       *1'45.433  1'52.052
16  61 300 R&DスポーツダンロップGT3R      岸/勝間田       *1'46.718  --------
17  11 300 JIM RodeoDrive アドバンF360    松田/田中       *1'46.948 12'29.193
18 910 300 910 BOROアドバンポルシェ       平川/宮川       *1'47.493  --------
19  81 300 ダイシンADVANシルビア          星野/植松       *1'47.764  --------
20 911 300 高見沢バイタルポイントGT3R     高見沢/砂子     *1'49.559  1'57.090
21 111 300 ARKTECHダンロップGT3           飯島/芳賀        2'08.021 *1'54.644
-----------------------------------------------------------------------------
http://motorsports.nifty.com/

全日本GT選手権

JGTC 合同テスト(富士) 合同テスト2日目


2日間総合トップとなったモチュールピットワークGT-R(Photo:K.Takeshita)

4月12日、JGTC合同テスト2日目が富士スピードウェイで行われた。予報どおり生憎の
雨模様となり、終日ウェットコンディションでのテストとなったが、そんな中でもGTR
は好調。2日目も#23ザナヴィ ニスモ GT-R(本山/クルム組)がトップ、#22モチュール
ピットワークGT-R(ライアン/影山組)が3位を占めた。
ドライでは旗色の悪いNSXも、この日は気を吐き、#8ARTA NSX(土屋/金石組)が2位、
#18TAKATA童夢NSX(道上/フィリップ組)が4位と面目躍如。
異なるタイヤ銘柄を使用するスープラ勢は、それでも安定した速さを見せ、#38auセル
モスープラ(竹内/立川組)[ブリヂストン]、#37ZENTトムススープラ(黒澤/アピチェラ
組)[ミシュラン]、#39デンソーサードスープラGT(シュワガー/織戸組)[ヨコハマ]が
5~7位に続いた。上位5台はブリヂストンタイヤユーザーだった。
GT300クラスは、#77クスコスバルADVANインプレッサ(小林/谷川組)が雨の中で強さを
発揮してクラストップを奪った。
また、日産のエース本山哲は、先週末のモトGPでアクシデントに遭った加藤大治郎選
手に付き添っているため今回のテストは不参加だった。
◆富士スピードウェイ http://www.fujispeedway.co.jp/
2003年4月12日 富士スピードウェイ(静岡県) 合同テスト2日目 天候:雨/コース:ウェット
-P--No.Cl.-Car----------------------------Drivers----------Time(am)--Time(pm)
1  23 500 ザナヴィ ニスモ GT-R           本山/クルム     *1'35.391  1'38.289
2   8 500 ARTA NSX                       土屋/金石       *1'35.608  1'38.692
3  22 500 モチュールピットワークGT-R     ライアン/影山   *1'35.613  1'38.687
4  18 500 TAKATA童夢NSX                  道上/フィリップ *1'36.804  1'39.491
5  38 500 auセルモスープラ               竹内/立川       *1'36.961  --------
6  37 500 ZENTトムススープラ             黒澤/アピチェラ *1'37.046  1'45.571
7  39 500 デンソーサードスープラGT       シュワガー/織戸 *1'37.394  1'38.568
8  36 500 WOODONEトムススープラ          土屋/コマス     *1'37.550  1'41.225
9  16 500 G'ZOX無限NSX                   伊藤/コロネル   *1'37.759  1'40.092
10   1 500 エッソウルトラフロースープラ   脇阪/飯田        -------- *1'38.079
11  76 500 イエローコーンマクラーレンGTR  五十嵐/田嶋     *1'39.045  --------
12  64 500 Mobil 1 NSX                    松田/小暮       *1'40.662  --------
13  77 300 クスコスバルADVANインプレッサ  小林/谷川       *1'44.334  --------
14  31 300 RECKLESS MR-S                  佐々木/後藤     *1'44.397  --------
15   3 300 ハセミスポーツエンドレスZ      木下/柳田       *1'45.433  1'52.052
16  61 300 R&DスポーツダンロップGT3R      岸/勝間田       *1'46.718  --------
17  11 300 JIM RodeoDrive アドバンF360    松田/田中       *1'46.948 12'29.193
18 910 300 910 BOROアドバンポルシェ       平川/宮川       *1'47.493  --------
19  81 300 ダイシンADVANシルビア          星野/植松       *1'47.764  --------
20 911 300 高見沢バイタルポイントGT3R     高見沢/砂子     *1'49.559  1'57.090
21 111 300 ARKTECHダンロップGT3           飯島/芳賀        2'08.021 *1'54.644
-----------------------------------------------------------------------------

全日本GT選手権

JGTC合同テスト富士/NISMOモータースポーツニュースフラッシュ


©NISMO

        モチュールピットワークGT-Rがトップタイム
   ザナヴィ ニスモGT-Rも午前中トップタイム、総合では3番手
               -GT合同テスト-
5月3~4日に静岡県・富士スピードウェイにて開催されるJGTC第2戦に向け、GT合
同テストが行われた。初日に参加したのはGT500が14台、GT300が15台の計
29台。
11日の走行では、リチャード・ライアン選手が03モデルの#22モチュールピッ
トワークGT-Rをシェイクダンし、午後のセッションでトップタイムをマーク!午前中
のトップタイムを記録した#23ザナヴィ ニスモGT-Rは総合3番手のタイムだった。
なお、本山哲は先週鈴鹿で行われたモトGPレース中のアクシデントで入院中のGPライ
ダー・加藤大治郎に付き添っているため今回のテストには不参加。
開幕戦の成績により50kgのウェイトハンディを搭載してテストに臨んだ#23GT-R
は、ミハエル・クルムがひとりでテストを担当。途中オイルに乗ってスピンする場面
もあったが、大きなトラブルもなく30周を走り、1分24秒211で午前中のトップタイ
ムをマークした。また前夜に完成したばかりの#22GT-Rは、リチャード・ライアン
がシェイクダウンを担当。細かなトラブルはあったものの、22周を中古タイヤで走
り7番手となる1分24秒782までタイムアップした。さらに、午後のセッションでは、
1分23秒583の総合トップタイムをマーク。#23GT-Rも1分24秒377と5番手のタイム
を刻み、第2戦の好結果が期待される。
なお#12カルソニックスカイラインは、来週のSUGOでの合同テストに向け03モデ
ルを製作中のため、今回のテストには参加していない。
■柿元邦彦監督
「22号車はシェイクダウンをやっと間に合わせて、トップタイムを出すことが出来
ました。テストとはいえ、GT-Rの速さに確信を持てました。23号車もまずまずで、
第2戦を楽しみにしていただきたいですね」
■リチャード・ライアン選手
「(ニューモデルは)ベリー、ベリー、ベリー、グッド!ブレーキ、ターンイン、ドラ
イビング、エンジン、ギヤボックス、どれを取っても(2段階の性能調整を受けてい
た)02モデルとは比べようがないです。次のレースは、もちろん勝てると思いますよ」
■ミハエル・クルム選手
「(本山不在のテストについて)ふたりともセッティングは同じだし僕だけが乗ってい
ても問題ないです。クルマは50kg重いけど、いいバランスを見つけて他には負けた
くないです。他のチームはタイムアタックしてないところが多いから午前中は僕がトッ
プだったんだろうけど、午後も5位でいい感じ。富士に合ってますね」
上記の詳細情報は「NISMO official web site」をご覧下さい。

全日本GT選手権

JGTC 合同テスト1日目(富士) (4/11)

●2003年4月11日 富士スピードウェイ(静岡県)
4月11日、JGTC合同テスト1日目が富士スピードウェイで行われ、新型にスイッチし
て初走行となった#22モチュールピットワークGT-R(ライアン/影山組)がトップタイム
をマークした。
今年富士でのテストは3月に続き2度目。ゴールデンウィークに行われる第2戦を控
え、加えて明日の天候が崩れる可能性が高いため、各チームは時間を惜しむように走
りこんだ。
テスト初日をリードしたGTR勢は、#23ザナヴィ ニスモ GT-R(本山/クルム組)も3位
につけ好調な滑り出しだ。ストレートスピードでは5.2リットルパワーを武器とする
スープラにやや劣るものの、空力面で向上し、コーナリングスピードも増したGTRは
富士でも速いところを見せた。
開幕戦を制したスープラは、きっちり上位に揃い踏み。予想どおりアンダーパワーに
泣くNSX勢は、#18TAKATA童夢NSX(道上/フィリップ組)が8位につけるのがやっと。ト
ップ差も1秒以上と、雨が降らない限り、レースでは厳しい戦いを強いられることは
間違いなさそうだ。
また#100RAYBRIG NSXが午後のセッションに1コーナーでクラッシュ。フロントを傷め
て明日の走行は見合わせる模様だ。
テストは明日も午前、午後、2時間ずつ行われるが、天気予報は終日雨のようだ。
◆富士スピードウェイ http://www.fujispeedway.co.jp/
■合同テスト1日目 天候:曇り/コース:ドライ
-P--No.Cl.-Car----------------------------Drivers----------Time(am)--Time(pm)
1  22 500 モチュールピットワークGT-R     ライアン/影山    1'24.782 *1'23.583
2  37 500 ZENTトムススープラ             黒澤/アピチェラ  1'24.505 *1'23.800
3  23 500 ザナヴィ ニスモ GT-R           本山/クルム     *1'24.211  1'24.377
4  25 500 ADVAN スープラ                 荒/デュフォア/野田   1'24.691 *1'24.340
5  36 500 WOODONEトムススープラ          土屋/コマス      1'24.383 *1'24.358
6  38 500 auセルモスープラ               竹内/立川       *1'24.441  1'24.448
7  39 500 デンソーサードスープラGT       シュワガー/織戸 *1'24.517  1'24.781
8  18 500 TAKATA童夢NSX                  道上/フィリップ  1'25.139 *1'24.727
9  16 500 G'ZOX無限NSX                   伊藤/コロネル    1'25.254 *1'24.937
10 100 500 RAYBRIG NSX                    加藤/光貞        1'25.753 *1'25.075
11   1 500 エッソウルトラフロースープラ   脇阪/飯田        1'25.472 *1'25.117
12   8 500 ARTA NSX                       土屋/金石        1'25.249 *1'25.211
13  64 500 Mobil 1 NSX                    松田/小暮       *1'25.442  1'26.021
14  76 500 イエローコーンマクラーレンGTR  五十嵐/田嶋      1'27.440 *1'26.645
15  26 300 PLUS e タイサンアドバンGT3R    山路/西澤        1'31.987 *1'31.495
16  31 300 RECKLESS MR-S                  佐々木/後藤      1'32.050 *1'31.829
17   3 300 ハセミスポーツエンドレスZ      木下/柳田        1'32.690 *1'31.861
18  24 300 EndlassタイサンアドバンGT3R    余郷/浅井/ウィルコックス1'32.523 *1'32.244
19  71 300 シグマMR-S                     城内/澤         *1'32.370  1'32.740
20  34 300 DENTAIRE MR-S                  西澤/松田       *1'32.762  1'33.216
21  77 300 クスコスバルADVANインプレッサ  小林/谷川       *1'32.814  1'33.217
22  43 300 ARTA Garaiya                   新田/高木       *1'33.166  1'33.218
23  19 300 ウェッズスポーツMR-S           青木/田中        1'33.583 *1'33.356
24 910 300 910 BOROアドバンポルシェ       平川/宮川        1'34.694 *1'34.154
25 111 300 ARKTECHダンロップGT3           飯島/芳賀       *1'35.661  1'35.748
26  81 300 ダイシンADVANシルビア          星野/植松        4'51.314 *1'36.442
27  61 300 R&DスポーツダンロップGT3R      岸/勝間田       *1'36.658  1'36.771
28 911 300 高見沢バイタルポイントGT3R     高見沢/砂子     *1'38.391  1'39.248
29  11 300 JIM RodeoDrive アドバンF360    松田/田中        2'53.016 *1'42.432
-----------------------------------------------------------------------------
http://motorsports.nifty.com/

全日本GT選手権

JGTC 合同テスト(富士) 合同テスト1日目

4月11日、JGTC合同テスト1日目が富士スピードウェイで行われ、新型にスイッチし
て初走行となった#22モチュールピットワークGT-R(ライアン/影山組)がトップタイム
をマークした。
今年富士でのテストは3月に続き2度目。ゴールデンウィークに行われる第2戦を控
え、加えて明日の天候が崩れる可能性が高いため、各チームは時間を惜しむように走
りこんだ。
テスト初日をリードしたGTR勢は、#23ザナヴィ ニスモ GT-R(本山/クルム組)も3位
につけ好調な滑り出しだ。ストレートスピードでは5.2リットルパワーを武器とする
スープラにやや劣るものの、空力面で向上し、コーナリングスピードも増したGTRは
富士でも速いところを見せた。
開幕戦を制したスープラは、きっちり上位に揃い踏み。予想どおりアンダーパワーに
泣くNSX勢は、#18TAKATA童夢NSX(道上/フィリップ組)が8位につけるのがやっと。ト
ップ差も1秒以上と、雨が降らない限り、レースでは厳しい戦いを強いられることは
間違いなさそうだ。
また#100RAYBRIG NSXが午後のセッションに1コーナーでクラッシュ。フロントを傷め
て明日の走行は見合わせる模様だ。
テストは明日も午前、午後、2時間ずつ行われるが、天気予報は終日雨のようだ。
◆富士スピードウェイ http://www.fujispeedway.co.jp/
2003年4月11日 富士スピードウェイ(静岡県) 合同テスト1日目 天候:曇り/コース:ドライ
-P--No.Cl.-Car----------------------------Drivers----------Time(am)--Time(pm)
1  22 500 モチュールピットワークGT-R     ライアン/影山    1'24.782 *1'23.583
2  37 500 ZENTトムススープラ             黒澤/アピチェラ  1'24.505 *1'23.800
3  23 500 ザナヴィ ニスモ GT-R           本山/クルム     *1'24.211  1'24.377
4  25 500 ADVAN スープラ                 荒/デュフォア/野田   1'24.691 *1'24.340
5  36 500 WOODONEトムススープラ          土屋/コマス      1'24.383 *1'24.358
6  38 500 auセルモスープラ               竹内/立川       *1'24.441  1'24.448
7  39 500 デンソーサードスープラGT       シュワガー/織戸 *1'24.517  1'24.781
8  18 500 TAKATA童夢NSX                  道上/フィリップ  1'25.139 *1'24.727
9  16 500 G'ZOX無限NSX                   伊藤/コロネル    1'25.254 *1'24.937
10 100 500 RAYBRIG NSX                    加藤/光貞        1'25.753 *1'25.075
11   1 500 エッソウルトラフロースープラ   脇阪/飯田        1'25.472 *1'25.117
12   8 500 ARTA NSX                       土屋/金石        1'25.249 *1'25.211
13  64 500 Mobil 1 NSX                    松田/小暮       *1'25.442  1'26.021
14  76 500 イエローコーンマクラーレンGTR  五十嵐/田嶋      1'27.440 *1'26.645
15  26 300 PLUS e タイサンアドバンGT3R    山路/西澤        1'31.987 *1'31.495
16  31 300 RECKLESS MR-S                  佐々木/後藤      1'32.050 *1'31.829
17   3 300 ハセミスポーツエンドレスZ      木下/柳田        1'32.690 *1'31.861
18  24 300 EndlassタイサンアドバンGT3R    余郷/浅井/ウィルコックス1'32.523 *1'32.244
19  71 300 シグマMR-S                     城内/澤         *1'32.370  1'32.740
20  34 300 DENTAIRE MR-S                  西澤/松田       *1'32.762  1'33.216
21  77 300 クスコスバルADVANインプレッサ  小林/谷川       *1'32.814  1'33.217
22  43 300 ARTA Garaiya                   新田/高木       *1'33.166  1'33.218
23  19 300 ウェッズスポーツMR-S           青木/田中        1'33.583 *1'33.356
24 910 300 910 BOROアドバンポルシェ       平川/宮川        1'34.694 *1'34.154
25 111 300 ARKTECHダンロップGT3           飯島/芳賀       *1'35.661  1'35.748
26  81 300 ダイシンADVANシルビア          星野/植松        4'51.314 *1'36.442
27  61 300 R&DスポーツダンロップGT3R      岸/勝間田       *1'36.658  1'36.771
28 911 300 高見沢バイタルポイントGT3R     高見沢/砂子     *1'38.391  1'39.248
29  11 300 JIM RodeoDrive アドバンF360    松田/田中        2'53.016 *1'42.432
-----------------------------------------------------------------------------

Formula Nippon

本山、加藤大治郎を想い涙ぐんで優勝会見


心優しい本山は親友・大治郎を心配して涙ぐむ(Photo:Motorsports@nifty)

フォーミュラ・ニッポンで見事な連勝を遂げた本山哲だが、優勝会見場に現れた本
山に喜びの表情はなかった。逆に悲しみを堪えるように、じっと下を向いたまま。
実は、この日、鈴鹿サーキットで行われていたモトGP世界選手権開幕戦日本GP
の最高峰モトGPクラスで、幼なじみであり大親友のライダー、加藤大治郎選手が
大クラッシュ。意識不明の重体であることが伝えられていたからだ。
毅然として言葉少なにレースの感想を述べた本山だが、心ここにあらずといった感
じ。気を遣った星野監督が「本山はちょっときているので、なるべく早く終わらせ
てやってほしい」と記者たちに語り、記者会見は早々に終了となった。

Japanese F3

F3ドライバーズポイント(第4戦終了時)

(全20戦中4戦終了)
月      3    4    5    6   7    7    8    9   9  10
/    /    /    /   /    /    /    /   /   /
日   2223 5 6 1718 7 8 5 6 26 27 9 10 6 7 20211819
開   鈴   富   T   も  鈴  菅   筑   菅   美   も
催                  て                          て
地   鹿   士   I   ぎ  鹿  生   波   生   祢   ぎ
Po Noドライバー                 1  2  3  4 5 6 7 8 91011121314151617181920有効P
------------------------------------------------------------------------------
1  7 ジェームス・コートニー   20  3 20 20                                  63  
63
2  4 ロニー・クインタレッリ   12 12 12  8                                  44  
44
3 12 パオロ・モンティン        8 15 10 10                                  43  
43
4 11 柴田 裕紀                6 20  8  0                                  34  
34
5 36 片岡 龍也                0  0 15 15                                  30  
30
6  3 横溝 直輝               15  4  3  6                                  28  
28
7  1 細川 慎弥                3  2  6 12                                  23  
23
8  8 小早川済瑠                4 10  2  1                                  17  
17
9  2 佐藤 晋也               10  0  1  4                                  15  
15
10 19 柴田 裕吉                1  6  4  3                                  14  
14
11 32 番場 琢                  2  8  0  0                                  10  
10
12 14 柳田 真孝                -  -  0  2                                   2  
2
13 18 小川 貴広                0  0  0  0                                   0  
0
14 33 吉本 大樹                0DNS  0  0                                   0  
0
******************************************************************************
* 1位から10位までに 20-15-12-10-8-6-4-3-2-1のポイント
* 全20戦中ベスト14戦(70%)有効ポイント
* 予選通過基準タイム 110%
http://motorsports.nifty.com/

Formula Nippon

FNポイントランキング(第2戦終了時点)

●ドライバー部門
サーキット     鈴   富  M   も  鈴  S  富   M   も   鈴   T
鹿   士  I   て  鹿  U  士   I   て   鹿   O
N   ぎ      G       N   ぎ        T
E           O       E             A
日    程     3/23 4/6 4/27 6/8 7/6 7/27 8/31 9/21 10/1 11/2 L
ラウンド        1   2    3   4   5    6    7    8    9   10
-----------------------------------------------------------------------
1 本山  哲              10  10                                    20
2 アンドレ・ロッテラー   6   3                                     9
3 ブノア・トレルイエ     0   6                                     6
4 道上  龍               0   4                                     4
4 金石  年弘             4   0                                     4
6 井出  有冶             3   0                                     3
7 脇阪  寿一             0   2                                     2
7 松田  次生             2   0                                     2
9 野田  英樹             1   0                                     1
9 小暮  卓史             0   1                                     1
-  リチャード・ライア     0   0                                     0
-  黒澤  治樹             0   0                                     0
-  服部  尚貴             0   0                                     0
-  ドミニク・シュワガ     0   0                                     0
-  土屋  武士             0   0                                     0
-  藤沢  哲也             0   0                                     0
-  立川  祐路             0   0                                     0
-  福田  良               0   0                                     0
-----------------------------------------------------------------------
●チーム
-----------------------------------------------------------------------
1 IMPUL                 10  16                                    26
2 PIAA NAKAJIMA          6   4                                    10
3 COSMO OIL CERUMO       5   0                                     5
4 5ZIGEN                 0   4                                     4
4 LeMans                 4   0                                     4
6 TEAM 22                0   2                                     2
7 CARROZZERIA MOHN       1   0                                     1
-  TEAM NOVA              0   0                                     0
-  Olympic KONDO          0   0                                     0
-  DoCoMo DANDELION       0   0                                     0
-----------------------------------------------------------------------
●チューナー
-----------------------------------------------------------------------
1 東名エンジン          10  10                                    20
2 尾川自動車             6   3                                     9
3 シエラスポーツ         1                                         1
-----------------------------------------------------------------------
http://motorsports.nifty.com/

Formula Nippon

FNポイントランキング(第2戦終了時点)







サーキット
鹿







鹿










鹿
T
O
T
A
L
日  程 3/23 4/6 4/27 6/8 7/6 7/27 8/31 9/21 10/19 11/2
ラウンド 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10




1本山 哲1010        20
2アンドレ・ロッテラー63        9
3ブノワ・トレルイエ06        6
4道上 龍04        4
4金石 年弘40        4
6井出 有冶30        3
7脇阪 寿一02        2
7松田 次生20        2
9野田 英樹10        1
9小暮 卓史01        1
-リチャード・ライアン00        0
-黒澤 治樹00        0
-服部 尚貴00        0
-ドミニク・シュワガー00        0
-土屋 武士00        0
-藤沢 哲也00        0
-立川 祐路00        0
-福田 良00        0


1IMPUL1016        26
2PIAA NAKAJIMA64        10
3COSMO OIL CERUMO50        5
45ZIGEN04        4
4LeMans40        4
6TEAM 2202        2
7CARROZZERIA MOHN10        1
-TEAM NOVA00        0
-Olympic KONDO00        0
-DoCoMo DANDELION00        0




1東名エンジン1010        20
2尾川自動車63        9
3シエラスポーツ1         1
  • ポイントは決勝レースの結果に基づき各部門とも、各レース、1位:10点、2位:6点、3位:4点、4位:3点、5位:2点、6位:1点が授与されます。
  • チームポイント部門は、2台参加のチームでは、2台の得た合計ポイントが加算の対象となります。
  • エンジンチューナーズポイント部門は、同一チューナーが扱うエンジンを搭載した車両が得たポイントのうち、もっとも高いポイントが加算の対象となります。

Formula Nippon

Fニッポン第2戦 富士 決勝


本山はスタートからレースをコントロールし続けた(Photo:K.Takeshita)

4月6日、フォーミュラ・ニッポン第2戦が快晴の富士スピードウェイで行われ、ポ
ールポジションスタートの#19本山哲(IMPUL)が、安定した速さを見せ開幕戦に続く連
勝を飾った。
完全にレースをコントロールした#19本山の完勝だった。スタートを決めると2位の
チームメイト#20トレルイエとの差を僅かずつ開いていく。そして、レース3分の1
を過ぎた26周目にピットイン。給油、タイヤ交換も無難にこなすと、残る周回も他を
上回るハイペースを維持し続けた。
唯一#19本山の計算を狂わせたのは、ダンロップコーナーでストップした#6福田のマ
シンを排除するために、52周目に入ったペースカー。これでここまでに築いた10秒の
リードを失うことになったが、これとて#19本山にとっては些細な出来事だった。55
周目に再スタートを切ると、#20トレルイエを従えてフィニッシュのチェッカーを受
けた。
3位は予選7位スタートの#5道上龍(5ZIGEN)。30周目のピットインで4位に上がると
、36周目に前を行く#2ロッテラー(PIAA NAKAJIMA)を捕らえた。セーフティカーラン
解除後も前を行くインパルコンビを追ったが届かなかった。
5位は、唯一人52周目までピットインを引っ張った#22脇阪(TEAM22)。運悪くセーフ
ティカーが入ってしまい、作戦どおりとはいかなかったが、ペースが上がらなかった
ことを考えると順当な位置だろう。
本山
「連勝できてよかった。セーフティカー解除のときは後ろが気になったけど、なん
とか抑えきれた」
(観客:24,000人)
◆富士スピードウェイ http://www.fujispeedway.co.jp/
2003年4月6日 富士スピードウェイ(静岡県) 決勝 天候:晴れ/コース:ドライ
FORMULA NIPPON FUJISPEEDWAY -RIJ- (2003/04/06) Race Results Weather:Fine Course:Dry
2003 Fomula Nippon Round 2 富士スピードウェイ 4.4 km
PNoDriverTeamLapTime
119本山 哲IMPUL611:26'54.530
220ブノワ・トレルイエIMPUL61-1.520
35道上 龍5ZIGEN61-5.184
42アンドレ・ロッテラーPIAA NAKAJIMA61-7.427
522脇阪 寿一TEAM 2261-13.870
61小暮 卓史PIAA NAKAJIMA61-14.973
712井出 有冶COSMO OIL CERUMO61-16.950
87金石 年弘LeMans61-19.730
911松田 次生COSMO OIL CERUMO61-20.524
1028野田 英樹CARROZZERIA MOHN60-1 Lap 
1110藤沢 哲也TEAM NOVA59-2 Laps
123立川 祐路Olympic KONDO57-4 Laps
-------- 《以上完走》 --------
-6福田 良5ZIGEN45-16 Laps
-40リチャード・ライアンDoCoMo DANDELION38-23 Laps
-8土屋 武士LeMans33-28 Laps
-9黒澤 治樹TEAM NOVA30-31 Laps
-41服部 尚貴DoCoMo DANDELION26-35 Laps
-4ドミニク・シュワガーOlympic KONDO15-46 Laps
  • シャーシーは全車Lola B351、エンジンは全車無限MF308、タイヤは全車BSです。
  • Fastest Lap: CarNo.8 土屋 武士 1'18.483 on Lap 33/33

Japanese F3

F3ドライバーズポイント(第4戦終了時)

                                                   
    3   4   5   5   7   7   8   8   9   9
      / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /    
    22 23 5 6 17 18 7 8 5 6 26 27 9 10 6 7 20 21 18 19        
                             
                                             
    鹿         鹿                  
P. No.  Driver  Rd. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 合計 有効
                                                     
1 7 ジェームス・コートニー 20 3 20 20 63 63
2 4 ロニー・クインタレッリ 12 12 12 8 44 44
3 12 パオロ・モンティン 8 15 10 10 43 43
4 11 柴田 裕紀 6 20 8 0 34 34
5 36 片岡 龍也 0 0 15 15 30 30
6 3 横溝 直輝 15 4 3 6 28 28
7 1 細川 慎弥 3 2 6 12 23 23
8 8 小早川済瑠 4 10 2 1 17 17
9 2 佐藤 晋也 10 0 1 4 15 15
10 19 柴田 裕吉 1 6 4 3 14 14
11 32 番場 琢 2 8 0 0 10 10
12 14 柳田 真孝 - - 0 2 2 2
  18 小川 貴広 0 0 0 0 0 0
  33 吉本 大樹 0 DNS 0 0 0 0
****************************************************************************
* 1位から10位までに 20-15-12-10-8-6-4-3-2-1のポイント
* 全20戦中ベスト16戦(80%)有効ポイント

Japanese F3

F3第4戦 富士 決勝


今年の主役になるであろう3人が表彰台を得た(Photo:K.Takeshita)

4月6日、富士スピードウェイで行われた全日本F3選手権第4戦は、ポールポジショ
ンスタートの#7コートニーが、朝の第3戦に続いて連勝。2番手スタートの#36片岡
は後半じわじわと差をつめたが、最後はミスを犯して失速。逆転はならなかった。
タイムスケジュールの関係から、グリッドは第3戦の決勝順位で決定され、周回数も
21周から15周に短縮されてのレースとなった。
スタートから飛び出した#7コートニーは、折り返しの8周までは2位#36片岡との差
を開いていったが、9周目に自身の勘違いからマージンを失い、逆に#36片岡に追い
上げられることになった。3.2秒あった両者の差は、10周目には2秒、13周目には1
秒にまで縮まる。
しかし、最終ラップのサントリーコーナーで「もう少し差を詰めようと力んでしまっ
た」という#36片岡はオーバーラン。惜しくも逆転はならなかった。
3位は、#12モンティン、#4クインタレッリとの攻防を制した#1細川が入り、今季初
表彰台。ローラ童夢のエースとしての面目を保った。
コートニー
「昨晩の食事にあたったらしく今日は体調不良できつかった。途中、コースに入った
車をセーフティカーと間違えてペースを落としてしまい、そこでマージンを失ってし
まった」
◆全日本F3公式サイト http://www.j-formula3.com/
◆富士スピードウェイ http://www.fujispeedway.co.jp/
2003年4月6日 富士スピードウェイ(静岡県) 決勝 天候:晴れ/コース:ドライ
F3第4戦富士 -RIJ- (2003/04/06) Race Results Weather:Fine Course:Dry
All Japan F3 Championship Round 4 富士スピードウェイ 4.4 km
PNoDriverCarEngineLapTime
17ジェームス・コートニーDALLARA F302TOYOTA 3S-GE15
236片岡 龍也DALLARA F302TOYOTA 3S-GE15-3.763
31細川 慎弥LOLA-DOME F106無限MF204C15-13.272
412パオロ・モンティンDALLARA F303NISSAN SR20VE15-13.733
54ロニー・クインタレッリDALLARA F302TOYOTA 3S-GE15-16.374
63横溝 直輝DALLARA F303TOYOTA 3S-GE15-20.663
72佐藤 晋也DALLARA F302無限MF204B15-32.256
819柴田 裕吉DALLARA F302TOYOTA 3S-GE15-32.272
914柳田 真孝DALLARA F302NISSAN SR20VE15-32.722
108小早川 済瑠DALLARA F302TOYOTA 3S-GE15-34.526
1132番場 琢LOLA-DOME F106TOYOTA 3S-GE15-42.268
-------- 《以上完走》 --------
-11柴田 裕紀LOLA-DOME F106無限MF204B11-4 Laps
-18小川 貴広DALLARA F302TOYOTA 3S-GE7-8 Laps
-33吉本 大樹LOLA-DOME F106TOYOTA 3S-GE5-10 Laps
  • ファステストラップ CarNo.36 片岡 龍也 1'26.344 on Lap 12/15

スーパー耐久

由良拓也率いるムーンクラフト、スーパー耐久に参戦!

今シーズン、フォーミュラ・ニッポン参戦を断念し、活動の場をGT選手権に絞って
いた由良拓也率いるムーンクラフトだが、スーパー耐久へ参戦することが明らかにな
った。
使用するマシンは4クラスのホンダS2000。ドライバーは、2001年のロータスチャン
ピオンシップ(ロータスエリーゼのレース)でチャンピオンとなった千田隆平と、GT
選手権でマクラーレンに乗る田嶋栄一という組み合わせ。
激戦のスーパー耐久で、プロフェッショナルチーム、ムーンクラフトがどんな戦いを
見せるのか注目だ。
スーパー耐久シリーズは、4月27日仙台ハイランドで開幕を迎える。
◆ゆらたく屋 http://www.so-net.ne.jp/yuratakuya/

Formula Nippon

スポーツクラブの小学生たちがFニッポン観戦ツアーを楽しむ


専用のエリアで観戦を楽しむ子どもたち(Photo:Motorsports@nifty)

4月6日、富士スピードウェイで行われたフォーミュラ・ニッポン第2戦に、スポ
ーツクラブに所属する小学校3年生を中心とする子どもたちとその保護者約90名が
バスツアーで訪れた。
この企画は、将来のモータースポーツファン予備軍である子どもたちに、生観戦の
迫力を味わってもらおうと富士スピードウェイとスポーツクラブが実施し、レース
を統括する日本レースプロモーション(JRP)、日本モータースポーツ記者会(JMS)が
協力。ブリヂストンが協賛したもの。
参加者は、まずバスでコースを体験走行、ピットウォークではJMSジャーナリストの
案内を聞きながら、チームのピットにも訪問をしたり、他の観客では味わえない体
験を楽しんだ。

Formula Nippon

Fニッポン第2戦 富士 予選


最後にコースアウトするもPP奪取の本山(Photo:K.Takeshita)

4月6日、悪天候で決勝日に順延されたフォーミュラ・ニッポン第2戦の予選が富士
スピードウェイで行われ、開幕戦の勝者#19本山が僅差の戦いを制してポールポジショ
ンを奪った。
昨日の雨が信じられないような好天に恵まれた富士スピードウェイ。本来ならば決勝
のセッティングを確認するフリー走行の時間帯に予選が組み込まれた。時間は30分の
一発勝負。
ところが、ただでも短い予選時間を縮める赤旗中断が相次いだ。
開始早々#40ライアンがダンロップコーナーのレコードライン上でストップ。再開から
4分経過したところで#10藤澤がヘアピンでスピン、ストップ。赤旗の原因をつくった
両者は、規則により予選には出走できず。その時点でマシンを降りることになった。
そして、残り12分となったところで、今度は#6福田がダンロップコーナーで止まりき
れずに真っ直ぐ行ってしまい、またしてもライン上にストップ。さらに、残り7分とな
って各ドライバーがアタックに入ったところで、#9黒澤が1コーナー立ち上がりでス
ピン。4度目の赤旗になってしまう。
再三の赤旗にリズムを崩されたドライバーたちは苛立ちを隠せないが、ここまでの順
位は#19本山(1'17.530)-#20トレルイエ(1'17.539)-#8土屋(1'17.821)-#22脇阪-#2ロッ
テラー-#6福田。
残り7分。最後のワンチャンスに賭けコースインしたドライバーたちだったが、タイ
ヤを温める時間にないままにアタックに入ったために、名手#19本山でさえもコース
アウトを喫する状況でタイムアップはならず。#19本山が連勝に向けて最高のグリッド
を得ることに成功した。2位は#20トレルイエでチームインパルはワンツー。
決勝は午後2時50分スタート。61周268.4kmで争われる。
◆富士スピードウェイ http://www.fujispeedway.co.jp/
2003年4月6日 富士スピードウェイ(静岡県) 予選 天候:晴れ/コース:ドライ
FORMULA NIPPON FUJISPEEDWAY -RIJ- (2003/04/06) Qualfying Weather:Fine Course:Dry
2003 Fomula Nippon Round 2 富士スピードウェイ 4.4km
PNoDriverTeamTimeDelayGapkm/h
119本山 哲IMPUL1'17.530--204.31
220ブノワ・トレルイエIMPUL1'17.5390.0090.009204.28
38土屋 武士LeMans1'17.8210.2910.282203.54
422脇阪 寿一TEAM 221'17.8500.3200.029203.47
52アンドレ・ロッテラーPIAA NAKAJIMA1'17.8620.3320.012203.44
66福田 良5ZIGEN1'17.9530.4230.091203.20
75道上 龍5ZIGEN1'17.9690.4390.016203.16
81小暮 卓史PIAA NAKAJIMA1'18.0220.4920.053203.02
928野田 英樹CARROZZERIA MOHN1'18.1070.5770.085202.80
103立川 祐路Olympic KONDO1'18.1630.6330.056202.65
117金石 年弘LeMans1'18.1920.6620.029202.58
1211松田 次生COSMO OIL CERUMO1'18.3070.7770.115202.28
1341服部 尚貴DoCoMo DANDELION1'18.3480.8180.041202.17
144ドミニク・シュワガーOlympic KONDO1'18.4750.9450.127201.85
1512井出 有冶COSMO OIL CERUMO1'18.4990.9690.024201.79
169黒澤 治樹TEAM NOVA1'18.5200.9900.021201.73
以上予選通過 基準タイム ( 107% ) 1'22.9575.4274.437190.94
1710藤沢 哲也TEAM NOVA1'27.67510.1454.718180.67
-40リチャード・ライアンDoCoMo DANDELION計測できず
  • シャーシーは全車Lola B351、エンジンは全車無限MF308、タイヤは全車BSです。
  • コースレコード: 1'15.304

  • 大会審査委員会は、CarNo.10-17番グリッド、CarNo.40-18番グリッドを条件に決勝レース出場を認めた

Japanese F3

F3第3戦 富士 決勝


雨でも晴れでもブッチギリのコートニー(Photo:K.Takeshita)

4月6日、昨日とは打って変わり快晴となった富士スピードウェイで、全日本F3選手
権第3戦の決勝が行われ、ポールポジションスタートの#7コートニーがスタートから
その座を明け渡すことなく独走で優勝を飾った。
昨日土曜日に行われるはずだった決勝は、日曜の朝8時40分スタートというスケジュ
ールになった。早朝から頭をレースモードに切り換えたドライバーたちが、グリッド
に並ぶ。
スタートを制したのは#7コートニー。昨日の雨の予選で段違いの速さを見せた#7コー
トニーの速さはドライになっても鈍ることはなかった。1周目ですでに2位以下を引
き離しにかかった#7コートニーは、3周目に#12モンティンをかわして2位に浮上した
#36片岡との差を、周回を重ねる度に差を広げ、全く危なげない走りで開幕戦に続く
2勝目を挙げた。
#4クインタレッリ、#12モンティン、#11柴田の3台で終盤まで白熱した3位争いは、
13周目に#12モンティンにかわされ4位に落ちたものの、次の周に再逆転に成功した
#4クインタレッリが入った。
なお、昨日悪天候で行われなかった第4戦の予選は行われず、この第3戦の結果をも
ってグリッドとすることになった。
◆全日本F3公式サイト http://www.j-formula3.com/
◆富士スピードウェイ http://www.fujispeedway.co.jp/
2003年4月6日 富士スピードウェイ(静岡県) 決勝 天候:晴れ/コース:ドライ
F3第3戦富士 -RIJ- (2003/04/06) Race Results Weather:Fine Course:Dry
All Japan F3 Championship Round 3 富士スピードウェイ 4.4 km
PNoDriverCarEngineLapTime
17ジェームス・コートニーDALLARA F302TOYOTA 3S-GE1521'53.341
236片岡 龍也DALLARA F302TOYOTA 3S-GE15-4.665
34ロニー・クインタレッリDALLARA F302TOYOTA 3S-GE15-11.712
412パオロ・モンティンDALLARA F303NISSAN SR20VE15-11.785
511柴田 裕紀LOLA-DOME F106無限MF204B15-12.191
61細川 慎弥LOLA-DOME F106無限MF204C15-18.186
719柴田 裕吉DALLARA F302TOYOTA 3S-GE15-24.852
83横溝 直輝DALLARA F303TOYOTA 3S-GE15-25.665
98小早川 済瑠DALLARA F302TOYOTA 3S-GE15-28.473
102佐藤 晋也DALLARA F302無限MF204B15-29.235
1132番場 琢LOLA-DOME F106TOYOTA 3S-GE15-41.050
1233吉本 大樹LOLA-DOME F106TOYOTA 3S-GE15-41.269
1314柳田 真孝DALLARA F302NISSAN SR20VE15-53.732
1418小川 貴広DALLARA F302TOYOTA 3S-GE15-1'04.099
-------- 《以上完走》 --------
  • Fastest Lap: CarNo.7 ジェームス・コートニー 1'26.906
  • CarNo.14は富士スピードウェイ一般競技規則書第36条2.(1)違反により訓告及び罰金\50,000-のペナルティを課された。

Formula Nippon

Fニッポン第2戦 富士 決勝 (4/6)

●2003年4月6日 富士スピードウェイ(静岡県)
4月6日、フォーミュラ・ニッポン第2戦が快晴の富士スピードウェイで行われ、ポ
ールポジションスタートの#19本山哲(IMPUL)が、安定した速さを見せ開幕戦に続く連
勝を飾った。
完全にレースをコントロールした#19本山の完勝だった。スタートを決めると2位の
チームメイト#20トレルイエとの差を僅かずつ開いていく。そして、レース3分の1
を過ぎた26周目にピットイン。給油、タイヤ交換も無難にこなすと、残る周回も他を
上回るハイペースを維持し続けた。
唯一#19本山の計算を狂わせたのは、ダンロップコーナーでストップした#6福田のマ
シンを排除するために、52周目に入ったペースカー。これでここまでに築いた10秒の
リードを失うことになったが、これとて#19本山にとっては些細な出来事だった。55
周目に再スタートを切ると、#20トレルイエを従えてフィニッシュのチェッカーを受
けた。
3位は予選7位スタートの#5道上龍(5ZIGEN)。30周目のピットインで4位に上がると
、36周目に前を行く#2ロッテラー(PIAA NAKAJIMA)を捕らえた。セーフティカーラン
解除後も前を行くインパルコンビを追ったが届かなかった。
5位は、唯一人52周目までピットインを引っ張った#22脇阪(TEAM22)。運悪くセーフ
ティカーが入ってしまい。作戦どおりとはいかなかったが、ペースが上がらなかった
ことを考えると順当な位置だろう。
本山
「連勝できてよかった。セーフティカー解除のときは後ろが気になったけど、なん
とか抑えきれた」
(観客:24,000人)
◆富士スピードウェイ http://www.fujispeedway.co.jp/
■決勝 天候:晴れ/コース:ドライ
FORMULA NIPPON FUJISPEEDWAY -RIJ- (2003/04/06) Race Results Weather:Fine
Course:Dry
2003 Fomula Nippon Round 2 富士スピードウェイ 4.4 km
P  No  Driver               Team                 Lap  Time
------------------------------------------------------------------------------
1 19  本山 哲             IMPUL                61       -
2 20  ブノア・トレルイエ   IMPUL                61   -1.520
3  5  道上 龍             5ZIGEN               61   -5.184
4  2  アンドレ・ロッテラー PIAA NAKAJIMA        61   -7.427
5 22  脇阪 寿一           TEAM 22              61  -13.870
6  1  小暮 卓史           PIAA NAKAJIMA        61  -14.973
7 12  井出 有冶           COSMO OIL CERUMO     61  -16.950
8  7  金石 年弘           LeMans               61  -19.730
9 11  松田 次生           COSMO OIL CERUMO     61  -20.524
10 28  野田 英樹           CARROZZERIA MOHN     60  -1 Lap?
11 10  藤沢 哲也           TEAM NOVA            59  -2 Laps
12  3  立川 祐路           Olympic KONDO        57  -4 Laps
---------- 《以上完走》 ---------
-   6  福田 良             5ZIGEN               45  -16 Lap
-  40  リチャード・ライアン DoCoMo DANDELION     38  -23 Lap
-   8  土屋 武士           LeMans               33  -28 Lap
-   9  黒澤 治樹           TEAM NOVA            30  -31 Lap
-  41  服部 尚貴           DoCoMo DANDELION     26  -35 Lap
-   4  ドミニク・シュワガー Olympic KONDO        15  -46 Lap
------------------------------------------------------------------------------
* シャーシーは全車Lola B351、エンジンは全車無限MF308、タイヤは全車BSです。
http://motorsports.nifty.com/

Japanese F3

F3第4戦 富士 決勝 (4/6)

●2003年4月6日 富士スピードウェイ(静岡県)
4月6日、富士スピードウェイで行われた全日本F3選手権第4戦は、ポールポジショ
ンスタートの#7コートニーが、朝の第3戦に続いて連勝。2番手スタートの#36片岡
は後半じわじわと差をつめたが、最後はミスを犯して失速。逆転はならなかった。
タイムスケジュールの関係から、グリッドは第3戦の決勝順位で決定され、周回数も
21周から15周に短縮されてのレースとなった。
スタートから飛び出した#7コートニーは、折り返しの8周までは2位#36片岡との差
を開いていったが、9周目に自身の勘違いからマージンを失い、逆に#36片岡に追い
上げられることになった。3.2秒あった両者の差は、10周目には2秒、13周目には1
秒にまで縮まる。
しかし、最終ラップのサントリーコーナーで「もう少し差を詰めようと力んでしまっ
た」という#36片岡はオーバーラン。惜しくも逆転はならなかった。
3位は、#12モンティン、#4クインタレッリとの攻防を制した#1細川が入り、今季初
表彰台。ローラ童夢のエースとしての面目を保った。
コートニー
「昨晩の食事にあたったらしく今日は体調不良できつかった。途中、コースに入った
車をセーフティカーと間違えてペースを落としてしまい、そこでマージンを失ってし
まった」
◆全日本F3公式サイト http://www.j-formula3.com/
◆富士スピードウェイ http://www.fujispeedway.co.jp/
■決勝 天候:晴れ/コース:ドライ
F3第4戦富士 -RIJ- (2003/04/06) Race Results Weather:Fine Course:Dry
All Japan F3 Championship Round 4 富士スピードウェイ 4.4 km
P  No Driver                 Car               Engine         Lap  Time
-------------------------------------------------------------------------
1  7 ジェームス・コーニー   DALLARA F302      TOYOTA 3S-GE   15
2 36 片岡 龍也             DALLARA F302      TOYOTA 3S-GE   15   -3.763
3  1 細川 慎弥             LOLA-DOME F106    無限MF204C     15  -13.272
4 12 パオロ・モンティン     DALLARA F303      NISSAN SR20VE  15  -13.733
5  4 ロニー・クインタレッリ DALLARA F302      TOYOTA 3S-GE   15  -16.374
6  3 横溝 直輝             DALLARA F303      TOYOTA 3S-GE   15  -20.663
7  2 佐藤 晋也             DALLARA F302      無限MF204B     15  -32.256
8 19 柴田 裕吉             DALLARA F302      TOYOTA 3S-GE   15  -32.272
9 14 柳田 真孝             DALLARA F302      NISSAN SR20VE  15  -32.722
10  8 小早川 済瑠           DALLARA F302      TOYOTA 3S-GE   15  -34.526
11 32 番場 琢               LOLA-DOME F106    TOYOTA 3S-GE   15  -42.268
--------- 《以上完走》 --------
-  11 柴田 裕紀             LOLA-DOME F106    無限MF204B     11  -4 Laps
-  18 小川 貴広             DALLARA F302      TOYOTA 3S-GE    7  -8 Laps
-  33 吉本 大樹             LOLA-DOME F106    TOYOTA 3S-GE    5 -10 Laps
http://motorsports.nifty.com/

Japanese F3

F3第3戦 富士 決勝 (4/6)

●2003年4月6日 富士スピードウェイ(静岡県)
4月6日、昨日とは打って変わり快晴となった富士スピードウェイで、全日本F3選手
権第3戦の決勝が行われ、ポールポジションスタートの#7コートニーがスタートから
その座を明け渡すことなく独走で優勝を飾った。
昨日土曜日に行われるはずだった決勝は、日曜の朝8時40分スタートというスケジュ
ールになった。早朝から頭をレースモードに切り換えたドライバーたちが、グリッド
に並ぶ。
スタートを制したのは#7コートニー。昨日の雨の予選で段違いの速さを見せた#7コー
トニーの速さはドライになっても鈍ることはなかった。1周目ですでに2位以下を引
き離しにかかった#7コートニーは、3周目に#12モンティンをかわして2位に浮上した
#36片岡との差を、周回を重ねる度に差を広げ、全く危なげない走りで開幕戦に続く
2勝目を挙げた。
#4クインタレッリ、#12モンティン、#11柴田の3台で終盤まで白熱した3位争いは、
13周目に#12モンティンにかわされ4位に落ちたものの、次の周に再逆転に成功した
#4クインタレッリが入った。
なお、昨日悪天候で行われなかった第4戦の予選は行われず、この第3戦の結果をも
ってグリッドとすることになった。
◆全日本F3公式サイト http://www.j-formula3.com/
◆富士スピードウェイ http://www.fujispeedway.co.jp/
■決勝 天候:晴れ/コース:ドライ
F3第3戦富士 -RIJ- (2003/04/06) Race Results Weather:Fine Course:Dry
All Japan F3 Championship Round 3 富士スピードウェイ 4.4 km 
P No       Driver           Car             Engine           Lap Time
---------------------------------------------------------------------------
1  7 ジェームス・コートニー DALLARA F302    TOYOTA 3S-GE     15  21'53.341
2 36 片岡 龍也             DALLARA F302    TOYOTA 3S-GE     15     -4.665
3  4 ロニー・クインタレッリ DALLARA F302    TOYOTA 3S-GE     15    -11.712
4 12 パオロ・モンティン     DALLARA F303    NISSAN SR20VE    15    -11.785
5 11 柴田 裕紀             LOLA-DOME F106  無限MF204B       15    -12.191
6  1 細川 慎弥             LOLA-DOME F106  無限MF204C       15    -18.186
7 19 柴田 裕吉             DALLARA F302    TOYOTA 3S-GE     15    -24.852
8  3 横溝 直輝             DALLARA F303    TOYOTA 3S-GE     15    -25.665
9  8 小早川 済瑠           DALLARA F302    TOYOTA 3S-GE     15    -28.473
10  2 佐藤 晋也             DALLARA F302    無限MF204B       15    -29.235
11 32 番場 琢               LOLA-DOME F106  TOYOTA 3S-GE     15    -41.050
12 33 吉本 大樹             LOLA-DOME F106  TOYOTA 3S-GE     15    -41.269
13 14 柳田 真孝             DALLARA F302    NISSAN SR20VE    15    -53.732
14 18 小川 貴広             DALLARA F302    TOYOTA 3S-GE     15  -1'04.099
-------- 《以上完走》 --------
---------------------------------------------------------------------------
Fastest Lap: CarNo.7 ジェームス・コートニー 1'26.906
* CarNo.14は富士スピードウェイ一般競技規則書第36条2.(1)違反により訓告及び
罰金\50,000-のペナルティを課された。 
※F3第4戦のスタティンググリッドは第3戦のレース結果通りとなります。
http://motorsports.nifty.com/

Formula Nippon

Fニッポン第2戦 富士 予選 (4/6)

●2003年4月6日 富士スピードウェイ(静岡県)
4月6日、悪天候で決勝日に順延されたフォーミュラ・ニッポン第2戦の予選が富士
スピードウェイで行われ、開幕戦の勝者#19本山が僅差の戦いを制してポールポジショ
ンを奪った。
昨日の雨が信じられないような好天に恵まれた富士スピードウェイ。本来ならば決勝
のセッティングを確認するフリー走行の時間帯に予選が組み込まれた。時間は30分の
一発勝負。
ところが、ただでも短い予選時間を縮める赤旗中断が相次いだ。
開始早々#40ライアンがダンロップコーナーのレコードライン上でストップ。再開から
4分経過したところで#10藤澤がヘアピンでスピン、ストップ。赤旗の原因をつくった
両者は、規則により予選には出走できず。その時点でマシンを降りることになった。
そして、残り12分となったところで、今度は#6福田がダンロップコーナーで止まりき
れずに真っ直ぐ行ってしまい、またしてもライン上にストップ。さらに、残り7分とな
って各ドライバーがアタックに入ったところで、#9黒澤が1コーナー立ち上がりでス
ピン。4度目の赤旗になってしまう。
再三の赤旗にリズムを崩されたドライバーたちは苛立ちを隠せないが、ここまでの順
位は#19本山(1'17.530)-#20トレルイエ(1'17.539)-#8土屋(1'17.821)-#22脇阪-#2ロッ
テラー-#6福田。
残り7分。最後のワンチャンスに賭けコースインしたドライバーたちだったが、タイ
ヤを温める時間にないままにアタックに入ったために、名手#19本山でさえもコース
アウトを喫する状況でタイムアップはならず。#19本山が連勝に向けて最高のグリッド
を得ることに成功した。2位は#20トレルイエでチームインパルはワンツー。
決勝は午後2時50分スタート。61周268.4kmで争われる。
◆富士スピードウェイ http://www.fujispeedway.co.jp/
■予選 天候:晴れ/コース:ドライ
FORMULA NIPPON FUJISPEEDWAY -RIJ- (2003/04/06) Qualfying Weather:Fine 
Course:Dry
2003 Fomula Nippon Round 2 富士スピードウェイ 4.4km
P  No Driver               Team             Time      Delay  Gap     km/h
---------------------------------------------------------------------------
1 19 本山 哲             IMPUL            1'17.530      -       -  204.31
2 20 ブノア・トレルイエ   IMPUL            1'17.539  0.009   0.009  204.28
3  8 土屋 武士           LeMans           1'17.821  0.291   0.282  203.54
4 22 脇阪 寿一           TEAM 22          1'17.850  0.320   0.029  203.47
5  2 アンドレ・ロッテラー PIAA NAKAJIMA    1'17.862  0.332   0.012  203.44
6  6 福田 良             5ZIGEN           1'17.953  0.423   0.091  203.20
7  5 道上 龍             5ZIGEN           1'17.969  0.439   0.016  203.16
8  1 小暮 卓史           PIAA NAKAJIMA    1'18.022  0.492   0.053  203.02
9 28 野田 英樹           CARROZZERIA MOHN 1'18.107  0.577   0.085  202.80
10  3 立川 祐路           Olympic KONDO    1'18.163  0.633   0.056  202.65
11  7 金石 年弘           LeMans           1'18.192  0.662   0.029  202.58
12 11 松田 次生           COSMO OIL CERMO  1'18.307  0.777   0.115  202.28
13 41 服部 尚貴           DoCoMo DANDELION 1'18.348  0.818   0.041  202.17
14  4 ドミニク・シュワガー Olympic KONDO    1'18.475  0.945   0.127  201.85
15 12 井出 有冶           COSMO OIL CERMO  1'18.499  0.969   0.024  201.79
16  9 黒澤 治樹           TEAM NOVA        1'18.520  0.990   0.021  201.73
---------------------------------------------------------------------------
以上予選通過 基準タイム ( 107% )           1'22.957  5.427   4.437  190.94
17 10 藤沢 哲也           TEAM NOVA        1'27.675 10.145   4.718  180.67
-  40 リチャード・ライDoCoMo DANDEL計測できず
---------------------------------------------------------------------------
* シャーシーは全車Lola B351、エンジンは全車無限MF308、タイヤは全車BSです。 
* コースレコード: 1'15.304 
* 大会審査委員会は、CarNo.10-17番グリッド、CarNo.40-18番グリッドを条件に決勝
レース出場を認めた 
http://motorsports.nifty.com/

Japanese F3

F3第3戦 富士 予選


またしても雨で段違いの速さを見せたコートニー(Photo:K.Takeshita)

4月5日、雨のため遅れて午後2時30分からはじまったF3第3戦の予選だが、一
時弱まっていた雨は再び強くなっており、コースはヘビーウェットのまま。
予想どおり開始早々にスピン、コースアウトするマシンが相次ぎ、開始4分には雨
の富士の鬼門といわれる300Rで#8小早川がクラッシュ。この処理を行うため、予選
は赤旗中断となる。
再開後、リードしたのはやはり#7コートニー。常に2番手を2~3秒引き離す圧倒
的な速さを見せて、1分53秒867、51秒723、50秒233とタイムアップ。赤旗中にスピ
ンを犯してベストラップ削除のペナルティを受けたものの、それでも楽々ポールを
奪ってみせた。
#7コートニーを追う使命を担った童夢のエース#1細川は、1分53秒542をマークした
ものの、さらなるタイムアップを狙った途端に300Rの餌食となってしまい、マシン
はかなりのダメージを負ってしまった。加えて、黄旗追い越しで、こちらもベスト
ラップ削除で3位から7位に転落。弱り目に祟り目となってしまった。
それにしても、雨のコートニーの速さは段違いだ。2位になった#12モンティンも、
ペナルティ前のタイム差では3秒も引き離されてしまうのだから、他のドライバーは
手の施しようがない。
なお、コンディションの回復が見込めないため、引き続き行われる予定だった第4戦
の予選、また第3戦の決勝はキャンセル。クラッシュした#1細川にとっては不幸中の
幸いのスケジュール変更となった。
◆全日本F3公式サイト http://www.j-formula3.com/
◆富士スピードウェイ http://www.fujispeedway.co.jp/
2003年4月5日 富士スピードウェイ(静岡県) 予選 天候:雨/コース:ウェット
F3 -RIJ- (2003/04/05) Qualifying-Session: Weather:Rainy Course:Wet
2003 All Japan F3 Championship Round 3 富士スピードウェイ 4.4 km
PNoDriverCarEngineTimeDelayGapkm/h
1*7ジェームス・コートニーDALLARA F302TOYOTA 3S-GE1'51.723--141.78
212パオロ・モンティンDALLARA F303NISSAN SR20VE1'53.2501.5271.527139.87
336片岡 龍也DALLARA F302TOYOTA 3S-GE1'54.0082.2850.758138.94
44ロニー・クインタレッリDALLARA F302TOYOTA 3S-GE1'54.0092.2860.001138.94
511柴田 裕紀LOLA-DOME F106無限MF204B1'54.2262.5030.217138.67
63横溝 直輝DALLARA F303TOYOTA 3S-GE1'54.3532.6300.127138.52
7*1細川 慎弥LOLA-DOME F106無限MF204C1'54.8473.1240.494137.92
82佐藤 晋也DALLARA F302無限MF204B1'55.3723.6490.525137.30
919柴田 裕吉DALLARA F302TOYOTA 3S-GE1'56.0924.3690.720136.44
10*33吉本 大樹LOLA-DOME F106TOYOTA 3S-GE1'57.0915.3680.999135.28
1114柳田 真孝DALLARA F302NISSAN SR20VE1'57.9186.1950.827134.33
1232番場 琢LOLA-DOME F106TOYOTA 3S-GE1'58.8627.1390.944133.26
以上予選通過 基準タイム ( 110% ) 2'04.29312.5705.431127.44
-18小川 貴広DALLARA F302TOYOTA 3S-GE2'06.47414.7512.181125.24
-8小早川 済瑠DALLARA F302TOYOTA 3S-GEno time---
  • 赤旗により14:34~45 11分間中断及び14:56 2回目の赤旗にて予選は終了した。
  • CarNo.7は、H項違反(赤旗中のスピン)によりベストラップタイム削除のペナルティを課した。
  • CarNo.1は、H項違反(黄旗追越し)によりベストラップタイム削除のペナルティを課した。
  • CarNo.33は、H項違反(ピットロード出口のホワイトラインカット)によりベストラップタイム削除のペナルティを課した。

Formula Nippon

Fニッポンドライバー スタンドウォーク?


ピットウォークならぬドライバーによるスタンドウォーク?!(Photo:Motorsports@nifty)

4月5日、悪天候のため予選が中止になったFニッポンだが、雨の中辛抱強く待ち続
けてくれたファンのために、本山、服部、道上、脇阪、金石、福田らFニッポンドラ
イバーがスタンドに赴いてサイン、写真撮影などのファンサービスを行った。
霧の発生しやすい富士スピードウェイは、過去にも悪天候でレースが中止や延期にな
ることが多かったが、その度に判断の遅れが指摘されていた。しかし、今回は早々に
Fニッポンの予選を明日に順延することを決定。また、思いがけないファンサービス
もあって、訪れたファンは寒さで凍えながらも笑顔だった。
◆富士スピードウェイ http://www.fujispeedway.co.jp/

Formula Nippon

Fニッポン第2戦 予選は明日に順延、F3は決行予定


冷たい雨の降る中、辛抱強く待ち続けるファン(Photo:Motorsports@nifty)

4月5日、フォーミュラ・ニッポン第2戦予選日。富士スピードウェイに降り続く雨
はやや勢いを弱めた。午後2~3時頃にはあがるとの予報だ。
レースを統括するJRPは、午後1時、予定されていたFニッポンの予選を明日に順延
することを決めチームに通告した。予選は明日午前9時半から行われるフリー走行
の時間帯を充てることになった。
F3については、午後2時半から2戦分の予選を行い、サポートイベントの予選を挟ん
で、午後4時半から第3戦の決勝を行うことが決まった。
◆富士スピードウェイ http://www.fujispeedway.co.jp/

Formula Nippon

Fニッポン第2戦 予選1回目は悪天候で順延


横殴りの雨でコースもヘビーウェット(Photo:Motorsports@nifty)

4月5日、富士スピードウェイで第2戦を迎えたフォーミュラ・ニッポンだが、昨夜か
ら降り続いている雨はその勢いを衰えさせることはなく、朝10時現在も風を伴って降
り続いている。
このため、午前10時から予定されていた予選1回目、午前11時からのF3の予選は順延。
天候の回復を待って行われることになった。
天気予報では、富士スピードウェイ周辺の天候は午後には回復することが伝えられて
いる。
◆富士スピードウェイ http://www.fujispeedway.co.jp/

Japanese F3

F3第3戦 富士予選 (4/5)

●2003年4月5日 富士スピードウェイ(静岡県)
4月5日、雨のため遅れて午後2時30分からはじまったF3第3戦の予選だが、一
時弱まっていた雨は再び強くなっており、コースはヘビーウェットのまま。
予想どおり開始早々にスピン、コースアウトするマシンが相次ぎ、開始4分には雨
の富士の鬼門といわれる300Rで#8小早川がクラッシュ。この処理を行うため、予選
は赤旗中断となる。
再開後、リードしたのはやはり#7コートニー。常に2番手を2~3秒引き離す圧倒
的な速さを見せて、1分53秒867、51秒723、50秒233とタイムアップ。楽々ポールを
奪ってみせた。
#7コートニーを追う使命を担った童夢のエース#1細川は、1分53秒542をマークした
ものの、さらなるタイムアップを狙った途端に300Rの餌食となってしまい、マシン
はかなりのダメージを負ってしまった。
それにしても、雨のコートニーの速さは段違いだ。2位になった#12モンティンも3秒
引き離されてしまうのだから、他のドライバーは手の施しようがない。
なお、コンディションの回復が見込めないため、引き続き行われる予定だった第4戦
の予選、また第3戦の決勝はキャンセル。#1細川にとっては不幸中の幸いのスケジュ
ール変更となった。
◆全日本F3公式サイト http://www.j-formula3.com/
◆富士スピードウェイ http://www.fujispeedway.co.jp/
■予選 天候:雨/コース:ウェット
FORMULA NIPPON FUJISPEEDWAY -RIJ- (2003/04/05) Qualifying-Session:
Weather:Rainy Cour
2003 All Japan F3 Championship Round 3 富士スピードウェイ 4.4 km
P  No Driver       Car             Engine          Time      Delay  km/h
----------------------------------------------------------------------------
1  7 ジェームス・コートニー  DALLARA F302    TOYOTA 3S-GE    1'50.233      -  143.70
2 12 パオロ・モンティン    DALLARA F303    NISSAN SR20VE   1'53.250  3.017  139.87
3  1 細川 慎弥    LOLA-DOME F106  無限MF204C      1'53.542  3.309  139.51
4 36 片岡 龍也    DALLARA F302    TOYOTA 3S-GE    1'54.008  3.775  138.94
5  4 ロニー・クインタレッリ   DALLARA F302    TOYOTA 3S-GE    1'54.009  3.776  138.94
6 11 柴田 裕紀    LOLA-DOME F106  無限MF204B      1'54.226  3.993  138.67
7  3 横溝 直輝    DALLARA F303    TOYOTA 3S-GE    1'54.353  4.120  138.52
8 33 吉本 大樹    LOLA-DOME F106  TOYOTA 3S-GE    1'54.886  4.653  137.88
9  2 佐藤 晋也    DALLARA F302    無限MF204B      1'55.372  5.139  137.30
10 19 柴田 裕吉    DALLARA F302    TOYOTA 3S-GE    1'56.092  5.859  136.44
11 14 柳田 真孝    DALLARA F302    NISSAN SR20VE   1'57.918  7.685  134.33
12 32 番場 琢      LOLA-DOME F106  TOYOTA 3S-GE    1'58.862  8.629  133.26
---------------------------------------------------------------------------
以上予選通過 基準タイム ( 110% )                 2'03.576 13.343  128.18
13 18 小川 貴広    DALLARA F302    TOYOTA 3S-GE    2'06.474 16.241  125.24
14  8 小早川 済瑠  DALLARA F302    TOYOTA 3S-GE    no time       -       -
---------------------------------------------------------------------------
http://motorsports.nifty.com/

Formula Nippon

Fニッポン 合同テスト 富士 (4/4)

●2003年4月4日 富士スピードウェイ(静岡県)
4月4日、週末フォーミュラ・ニッポン第2戦の行われる富士スピードウェイで、合
同テストが行われ、開幕戦を制した#19本山哲(IMPUL)がトップタイムをマークした。
テストは、スピン、クラッシュなどで再三中断されたが、そんな中午後のセッション
で他をリードしたのは#19本山。連勝に向けて順調な滑り出しを見せた。
開幕戦でポールポジションからトップを走りながらマシントラブルでストップしてし
まった#5道上(5ZIGEN)も好調。午前中トップを奪うと、午後は決勝セッティングを進
めることに専念した。チームメイトの#6福田も4位と順調だ。
明日の予選は、天候の崩れが予報されている。
◆富士スピードウェイ http://www.fujispeedway.co.jp/
■ 天候:晴れ/コース:ドライ
P.-No.Driver-----------Team-------------------Car-------------Time----
1 19 本山  哲         IMPUL                  Lola B351/無限  1'17.588
2 40 R.ライアン       DoCoMo DANDELION       Lola B351/無限  1'17.870
3  5 道上  龍         5ZIGEN                 Lola B351/無限  1'17.984
4  6 福田  良         5ZIGEN                 Lola B351/無限  1'18.027
5 22 脇阪寿一         TEAM 22                Lola B351/無限  1'18.171
6  2 A.ロッテラー     PIAA NAKAJIMA          Lola B351/無限  1'18.213
7  1 小暮卓史         PIAA NAKAJIMA          Lola B351/無限  1'18.376
8  3 立川祐路         Olympic KONDO          Lola B351/無限  1'18.402
9 11 松田次生         COSMO OIL CERUMO       Lola B351/無限  1'18.406
10 41 服部尚貴         DoCoMo DANDELION       Lola B351/無限  1'18.416
11 20 B.トレルイエ     IMPUL                  Lola B351/無限  1'18.485
12  8 土屋武士         LeMans                 Lola B351/無限  1'18.660
13  9 黒澤治樹         PLANEX EBBRO NOVA      Lola B351/無限  1'18.699
14 12 井出有治         COSMO OIL CERUMO       Lola B351/無限  1'18.746
15  7 金石年弘         LeMans                 Lola B351/無限  1'18.804
16  4 D.シュワガー     Olympic KONDO          Lola B351/無限  1'19.059
17 28 野田英樹         CARROZZERIA MOHN       Lola B351/無限  1'19.750
18 10 藤澤哲也         カッチャオ TCPRO NOVA  Lola B351/無限  1'20.460
----------------------------------------------------------------------
http://motorsports.nifty.com/

Formula Nippon

Fニッポン 合同テスト(富士)

4月4日、週末フォーミュラ・ニッポン第2戦の行われる富士スピードウェイで、合
同テストが行われ、開幕戦を制した#19本山哲(IMPUL)がトップタイムをマークした。
テストは、スピン、クラッシュなどで再三中断されたが、そんな中午後のセッション
で他をリードしたのは#19本山。連勝に向けて順調な滑り出しを見せた。
開幕戦でポールポジションからトップを走りながらマシントラブルでストップしてし
まった#5道上(5ZIGEN)も好調。午前中トップを奪うと、午後は決勝セッティングを進
めることに専念した。チームメイトの#6福田も4位と順調だ。
明日の予選は、天候の崩れが予報されている。
◆富士スピードウェイ http://www.fujispeedway.co.jp/
2003年4月4日 富士スピードウェイ(静岡県)  天候:晴れ/コース:ドライ
P.-No.Driver-----------Team-------------------Car-------------Time----
1 19 本山  哲         IMPUL                  Lola B351/無限  1'17.588
2 40 R.ライアン       DoCoMo DANDELION       Lola B351/無限  1'17.870
3  5 道上  龍         5ZIGEN                 Lola B351/無限  1'17.984
4  6 福田  良         5ZIGEN                 Lola B351/無限  1'18.027
5 22 脇阪寿一         TEAM 22                Lola B351/無限  1'18.171
6  2 A.ロッテラー     PIAA NAKAJIMA          Lola B351/無限  1'18.213
7  1 小暮卓史         PIAA NAKAJIMA          Lola B351/無限  1'18.376
8  3 立川祐路         Olympic KONDO          Lola B351/無限  1'18.402
9 11 松田次生         COSMO OIL CERUMO       Lola B351/無限  1'18.406
10 41 服部尚貴         DoCoMo DANDELION       Lola B351/無限  1'18.416
11 20 B.トレルイエ     IMPUL                  Lola B351/無限  1'18.485
12  8 土屋武士         LeMans                 Lola B351/無限  1'18.660
13  9 黒澤治樹         PLANEX EBBRO NOVA      Lola B351/無限  1'18.699
14 12 井出有治         COSMO OIL CERUMO       Lola B351/無限  1'18.746
15  7 金石年弘         LeMans                 Lola B351/無限  1'18.804
16  4 D.シュワガー     Olympic KONDO          Lola B351/無限  1'19.059
17 28 野田英樹         CARROZZERIA MOHN       Lola B351/無限  1'19.750
18 10 藤澤哲也         カッチャオ TCPRO NOVA  Lola B351/無限  1'20.460
----------------------------------------------------------------------

全日本GT選手権

JGTC第1戦/SUBARU WRC エクスプレス

2003全日本GT選手権 第1戦
GT選手権レース in TI
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■開催月日:2003年3月29-30日
■開催場所:TIサーキット英田
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ クスコスバルADVANインプレッサ
10位完走で貴重な1ポイントを獲得
岡山のTIサーキット英田で開幕を迎えた全日本GT選手権(JGTC)。
クスコレーシングチームは、今年の車両規定に合致したNewインプレッサを投入し
た。カラーリングは、昨年までのホワイトベースから一部カーボン地むきだしのブ
ラックとなり、中身もデフとギヤボックスを一体化するなどマシン性能の向上を図っ
ている。
3月29日に行われた予選。朝の予選1回目は、1分33秒135のタイムをマークして
GT300クラス5位というポジションを得たが、給油中の作業がペナルティの対象
となりベストラップを抹消され1分33秒715で12位となってしまった。午後の予選
2回目は、路面温度が上がりタイムアップが難しい状態だったが、1分33秒673とわ
ずかに縮め、予選10位へポジションを上げた。
この日の午後、クスコレーシングチームの加勢裕二代表が病気のために逝去。同チー
ムは喪章をつけ、入賞を目指して決勝レースに臨んだ。
5万5000人ものファンが詰め掛けた82周の決勝レースは、14時にローリン
グラップが始まった。スタートドライバーを務めた谷川は、見事なスタートダッシュ
で3台をかわして7位へ浮上。そして5台による5位グループの真ん中で上位をう
かがった。35周目にはひとつポジションを落として38周でピットイン、小林に
バトンを渡した。しかしこの際、タイヤ交換時のホイールナットがきちんと締まっ
ておらず、改めてピットインをすることに。さらにこの際にピットロードのスピー
ド違反のために、ドライブスルーペナルティを受けてしまった。これで14位まで
ポジションダウンした小林だったが、後半をていねいに走り、他車両の脱落にも助
けられ10位で1ポイントを獲得した。
■谷川達也選手
「合同テストから細かなトラブルが出ていたこともあってロングランテストができ
ていなかったんですが、何とか最低目標の完走を果たして1点が取れました。第
2戦以降巻き返します」
■Race Results
Pos.No.Driver                 Car Name                     Laps   Time/Diff
1.#24 余郷 敦/浅井亮博     EndlessタイサンアドバンGT3R    77   --
2.#26 山路慎一/西澤和之     PLUS e タイサン アドバン GT3R  77   0'05.276
3.#31 佐々木孝太/後藤 聡   RECKLESS MR-S                  77   1'00.692
4.#71 Guts城内/澤 圭太     シグマMR-S                     76    1Lap
5.#2  高橋一穂/渡辺 明     リニューカー・ベルノ東海NSX    76    1Lap
6.#3  木下みつひろ/柳田真孝 ハセミスポーツ・エンドレス・Z  76    1Lap
7.#81 星野一樹/植松忠雄     ダイシンADVANシルビア          76    1Lap
8.#19 青木孝行/田中 実     ウェッズスポーツMR-S           76    1Lap
9.#5  玉中哲二/三船 剛     BANPRESTO B-1 マッハ号GT 320R  76    1Lap
10.#77 小林且雄/谷川達也     クスコスバルADVAN インプレッサ 75    2Laps
◆スバルモータースポーツの詳細は、[スバルモータースポーツマガジン]をご覧下さい。

検索

最新ニュース