Archives

  • [—]2019 (404)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

2019年6月

SUPER FORMULA

SF:第3戦SUGOフォトギャラリー

占有走行: 山下健太(ORIENTALBIO KONDO SF19) 占有走行: 福住仁嶺(DOCOMO DANDELION M5Y SF19) 占有走行: 大嶋和也(UOMO SUNOCO SF19) 占有走行: 小林可夢偉(KCMG Elyse SF19)
占有走行: ルーカス・アウアー(Red Bull SF19) 占有走行: 野尻智紀(TEAM MUGEN SF19) 占有走行: ハリソン・ニューウェイ(GOLDEX TAIROKU RACING SF19) フリー走行: TEAM MUGEN SF19
フリー走行: インギングの美羽ちゃん フリー走行: コースインするSFマシン フリー走行: ピットインするSFマシン フリー走行: 石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19)
フリー走行: 坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19) フリー走行: 石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19) フリー走行: 塚越広大(REAL SF19) フリー走行: 坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19)
フリー走行: 野尻智紀(TEAM MUGEN SF19) フリー走行: アーテム・マルケロフ(UOMO SUNOCO SF19) フリー走行: 野尻智紀(TEAM MUGEN SF19) フリー走行: 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19)
フリー走行: ダニエル・ティクトゥム(TEAM MUGEN SF19) フリー走行: 福住仁嶺(DOCOMO DANDELION M5Y SF19) フリー走行: 小林可夢偉(KCMG Elyse SF19) ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: 野尻智紀(TEAM MUGEN) ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: トヨタくま吉
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: トヨタスープラ 公式予選: アーテム・マルケロフ(UOMO SUNOCO SF19) 公式予選: 大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)
公式予選: ニック・キャシディ(VANTELIN KOWA TOM’S SF19) 公式予選: ハリソン・ニューウェイ(GOLDEX TAIROKU RACING SF19) 公式予選: 塚越広大(REAL SF19) キッズピットウォーク: レースクイーン
キッズピットウォーク: レースクイーン キッズピットウォーク: アレックス・パロウと牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING) キッズピットウォーク: レースクイーン キッズピットウォーク: レースクイーン
キッズピットウォーク: 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL) キッズピットウォーク: レースクイーン キッズピットウォーク: 山下健太(KONDO RACING) キッズピットウォーク: レースクイーン
キッズピットウォーク: 石浦宏明と坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING) キッズピットウォーク: 中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S) フリー走行: 国本雄資(ORIENTALBIO KONDO SF19) フリー走行: 馬の背に進入するSFマシン
フリー走行: 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19) フリー走行: 牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING SF19) フリー走行: アレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING SF19) フリー走行: 山本尚貴(DOCOMO DANDELION M1S SF19)
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン スタート進行: 国本雄資(KONDO RACING)のヘルメット スタート進行: 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19)
スタート進行: ピット出口でスタート練習するドライバー 決勝レース: 68周の決勝がスタートした 決勝レース: スタート直後、1コーナーの攻防 決勝レース: 早くも1周目にピットインしてタイヤ交換
決勝レース: 早くも1周目にピットインしてタイヤ交換 決勝レース: ルーカス・アウアー(Red Bull SF19) 決勝レース: 牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING SF19) 決勝レース: 坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19)
決勝レース: ニック・キャシディ(VANTELIN KOWA TOM’S SF19) vs 小林可夢偉(KCMG Elyse SF19) 決勝レース: ニック・キャシディ(VANTELIN KOWA TOM’S SF19) vs 小林可夢偉(KCMG Elyse SF19) 決勝レース: 山本尚貴(DOCOMO DANDELION M1S SF19) 決勝レース: 石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19)
決勝レース: アレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING SF19) 決勝レース: 山本尚貴(DOCOMO DANDELION M1S SF19) 決勝レース: 終盤には2度のセーフティーカーが導入された 決勝レース: 2位に入った小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)がスタッフとがっちり握手
決勝レース: 優勝した山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING) 表彰式: トップ3のドライバーと優勝チーム監督 表彰式: シャンパン(スパークリング日本酒)ファイト
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI

TCR JAPAN SUNDAY

TCRJ-SUN:第2戦SUGO決勝 下克上の前嶋秀司が総合でもジェントルマンクラスでも優勝を飾る

 TCRJサンデーシリーズ第2戦は23日、スポーツランドSUGOで決勝を行い、予選2位からスタートしたジェントルマンクラスの前嶋秀司(ALFA ROMEO GIULIETTA TCR)が波乱のレースを制し、総合とジェントルマンクラスで優勝した。

トップを快走する前嶋秀司(ALFA ROMEO GIULIETTA TCR) レースは2度のセーフティーカーが導入された 総合&ジェントルマンクラス優勝の前嶋秀司(ALFA ROMEO GIULIETTA TCR) 2位の松本武士(Volkswagen Golf GTI TCR) ジェントルマンクラス2位のヒロボン(Volkswagen Golf GTI TCR) ジェントルマンクラス3位のYOSHIKI(Audi RS 3 LMS) 両クラスで優勝した前嶋秀司(GO&FUN Squadra Corse) 表彰式 ジェントルマンクラスの表彰式

 決勝レースはこの日の最終プログラムとして午後4時35分にフォーメーションラップが始まった。

 レースは、予選3位のマシュー・ホーソン(Honda CIVIC TCR)と同4位の金丸悠(Honda CIVIC TCR)が好スタートし、ポールポジションの篠原拓朗(Audi RS 3 LMS)に並びかける。しかしこの3台は1コーナー手前で接触。金丸と篠原はコースアウトしここでレースを終えることとなった。

 これで労せずしてトップに立ったのは予選2位でジェントルマンクラスの前嶋秀司(ALFA ROMEO GIULIETTA TCR。2位には松本武士(Volkswagen Golf GTI TCR)が、3位にはジェントルマンクラスのユーク・タニグチ(Honda CIVIC TCR)が続くが、このスタート直後の接触で早くもセーフティー(SC)が導入されることとなった。

 レースは再開するも今度は8周目に3位を走るタニグチが馬の背の進入で姿勢を崩してクラッシュ。再びSCが導入された。

 レースはファイナルラップの1周を残して再開。前嶋が逃げ切り優勝、2位には松本が、3位には後方から追い上げた密山祥吾(Volkswagen Golf GTI TCR)が入った。

 ジェントルマンクラスは総合でも優勝した前嶋がこちらも優勝。2位にはヒロボン(Volkswagen Golf GTI TCR)が、3位にはYOSHIKI(Audi RS 3 LMS)が入った。

 第3戦は富士スピードウェイに舞台を移し、7月14日に開催される。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorpsorts Forum

SUPER FORMULA

SF:第3戦SUGO決勝記者会見 優勝チーム監督・村岡潔氏「フォーミュラのレースをするのが山本君を乗せているチームの宿命」

決勝フォトセッション: トップ3と優勝チーム監督

優勝 山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
決勝記者会見: 優勝した山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING) 「チームを移籍しての初めての優勝がポールトゥウィンという完璧なもので非常にうれしいです。素晴らしいクルマを用意してくれたチームとスポンサーに感謝したいです。ポールスタートでセーフティーカー(SC)のことも考えましたが、スタートを決めて逃げ切るレースをしようと思いました。展開にも恵まれSCは入りましたが、ほとんど影響はなかったですね。引き続きタイトルに向け、地に足を付けがんばります」
2位 小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)
決勝記者会見: 2位の小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG) 「今日の展開的には2位が最高位だと思います。SCがもう少し早く入ればよかったんですが、ぼくがトップを走るとろくなことがなくて、後ろへ行くと助けてくれないんです。先週の(ルマンでの)2位に続きぼくを助けてくれることはないんですね。チームもがんばってくれたし、トヨタにとっては厳しいレースだったので2位は良かったし、今後もこの調子を維持していきたいです」
3位 ルーカス・アウアー(B-Max Racing with motopark)
決勝記者会見: 3位のルーカス・アウアー(B-Max Racing with motopark) 「B-MAX、モトパークのみなさんに感謝したいです。SFに参戦したばかりの3戦目で表彰台に上がれて光栄に思います。これからのシーズンに向けていい結果となりました。エンターテインメントなレースでしたね。ロングスティントのソフトタイヤは良かったけど、ピットストップは順位を落としたので残念でした。終盤、周回遅れにひっかかり残念な結果になりましたが、いいレースをできたと思います。」
優勝チーム監督 村岡潔氏(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
決勝記者会見: 優勝チーム監督・村岡潔氏(DOCOMO TEAM DANDELION RACING) 「山本君が来てチームをまとめられたのが良かったです。1番を背負って走るのでフォーミュラカーのレースをしないといけないと思いました。鈴鹿もオートポリスもいけると思ってましたが、ようやく3戦目で勝てました。このあともリズムに乗ってきちんとタイトルを取ることが山本君を乗せてるチームの宿命です。今回の優勝はチームにとっても山本君にとっても重要な通過点です」
Text & Photo: Yoshinori OHNISHI

SUPER FORMULA

SF:第3戦SUGO決勝 山本尚貴が圧巻のポールトゥウィン

 全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦は23日、宮城県のスポールランドSUGOで決勝を行い、ポールポジションからスタートした山本尚貴(DOCOMO DANDELION M1S SF19)が68周を走って優勝した。

68周の決勝がスタートした

関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19)と中嶋一貴(VANTELIN KOWA TOM’S SF19)の争い

コースアウトした野尻智紀(TEAM MUGEN SF19)

このレースは終盤2度のセーフティーカーが導入された

優勝は山本尚貴(DOCOMO DANDELION M1S SF19)

決勝2位は小林可夢偉(KCMG Elyse SF19)

決勝3位はルーカス・アウアー(Red Bull SF19)

トップでゴールする山本尚貴(DOCOMO DANDELION M1S SF19)

優勝した山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

優勝した山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

表彰式

 決勝は午後2時20分にフォーメーションラップが始まった。昨日から断続的に降った雨も上がり、SUGOの上空には徐々に青空が広がってきた。

 スタートを制したのはポールポジションの山本尚貴(DOCOMO DANDELION M1S SF19)。2位に野尻智紀(TEAM MUGEN SF19)、3位にルーカス・アウアー(Red Bull SF19)と予選順通りに1コーナーを通過。

 1周目から3周目にかけては2位を走る野尻を始めミディアムタイヤでスタートした10人のドライバーがピットインしてタイヤをソフトに交換。

 これでトップの山本に続いて2位に付けたのがアウアー。3位に牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING SF19)、4位にハリソン・ニューウェイ(GOLDEX TAIROKU RACING SF19)が上がってきた。

 山本はアウアーとの差を徐々に広げ独走態勢を築く。

 タイヤ交換組でトップを走行していたのは野尻で、山本はピット作業時間の45秒を稼ぐべく、野尻との差をじりじりと離し始める。

 山本は40周目には野尻との差を47秒と開き安全圏に入ると、50周目にはその差を54秒まで広げ51周目にピットイン。アウアーも同周にピットインすると、この2人は野尻の前でコースに復帰することに成功した。

 2人にパスされた野尻はなんと56周目の1コーナーでスピン、コースアウト。ここでセーフティーカー(SC)が導入されることとなった。

 レースは61周目からリスタートしたが、ここで坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19)がSPコーナーでスピン。再びSCが導入される。

 2度目のリスタートは残り3周となった66周目から。ここでは、山本の後ろに2人の周回遅れがおり、背後を脅かされることなくトップでコントロールラインを通過。2位のアウアーはこの周回遅れに詰まったところで、4コーナーで小林可夢偉(KCMG Elyse SF19)にパスされることとなった。

 レースは68周を回って山本が優勝。2位には小林が、3位にはアウアーが入った。4位・ニック・キャシディ(VANTELIN KOWA TOM’S SF19)、5位・福住仁嶺(DOCOMO DANDELION M5Y SF19)、6位・山下健太(ORIENTALBIO KONDO SF19)、7位・石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19)、8位・国本雄資(ORIENTALBIO KONDO SF19)とここまでが入賞となった。

 第4戦は富士スピードウェイに舞台を移し、7月14日に決勝が行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI

TCR JAPAN SUNDAY

TCRJ-SUN:第2戦SUGO決勝結果

SUPER FORMULA Rd.3 -RIJ- (2019/06/23) Final Race Weather:Cloudy Course:Dry
2019 TCR JAPAN SUNDAY Series Round 2 スポーツランドSUGO 3.704256km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Team
LapTotal_Time
Behind
133G1前嶋 秀司ALFA ROMEO GIULIETTA TCR
GO&FUN Squadra Corse
1225'48.135
225松本 武士Volkswagen Golf GTI TCR
Volkswagen和歌山中央RT with TEAM和歌山
121.016
352密山 祥吾Volkswagen Golf GTI TCR
埼玉トヨペットGreenBrave
121.231
419G2ヒロボンVolkswagen Golf GTI TCR
バースレーシングプロジェクト【BRP】
123.561
523G3YOSHIKIAudi RS 3 LMS
N-SPEED
123.958
624G4KENJIAudi RS 3 LMS
N-SPEED
125.546
710G5佐藤 潤Volkswagen Golf GTI TCR
Adenau
128.277
855G6MototinoALFA ROMEO GIULIETTA TCR
55 MOTO RACING
128.493
918マシュー・ホーソンHonda CIVIC TCR
KCMG
128.944
10190G7植田 正幸Audi RS 3 LMS
バースレーシングプロジェクト【BRP】
1210.894
1162G1塩谷 烈州Honda CIVIC TCR
全薬工業with G/MOTION'
1212.816
127G8牧野 淳Audi RS 3 LMS
NILZZ Racing
1222.261
1372G9ユーク・タニグチHonda CIVIC TCR
KCMG
102Laps
---- 以上規定周回数完走 ----
-21篠原 拓朗Audi RS 3 LMS
Hitotsuyama Racing
012Laps
-5金丸 悠Honda CIVIC TCR
TEAM GOH MODELS
012Laps
  • Fastest Lap: CarNo.33 前嶋秀司(ALFA ROMEO GIULIETTA TCR) 1'29.463 (8/12) 149.060km/h

SUPER FORMULA

SF:第3戦SUGO決勝結果

スーパーフォーミュラ第3戦 -RIJ- (2019/06/23) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2019 SUPER FORMULA Round 3 スポーツランドSUGO 3.704256km

PosNoDriverCar
Team
EngineLapTotal_Time
Behind
11山本 尚貴DOCOMO DANDELION M1S SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
681:27'37.593
218小林 可夢偉KCMG Elyse SF19
carrozzeria Team KCMG
TOYOTA
TRD Biz-01F
683.127
350ルーカス・アウアーRed Bull SF19
B-Max Racing with motopark
Honda
M-TEC HR-417E
684.820
437ニック・キャシディVANTELIN KOWA TOM’S SF19
VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA
TRD Biz-01F
685.621
55福住 仁嶺DOCOMO DANDELION M5Y SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
688.060
63山下 健太ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA
TRD Biz-01F
688.149
738石浦 宏明JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA
TRD Biz-01F
6810.061
84国本 雄資ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA
TRD Biz-01F
6811.351
917塚越 広大REAL SF19
REAL RACING
Honda
M-TEC HR-417E
6812.330
1019関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA
TRD Biz-01F
6812.736
1120平川 亮ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA
TRD Biz-01F
6814.207
1236中嶋 一貴VANTELIN KOWA TOM’S SF19
VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA
TRD Biz-01F
6815.289
13*64アレックス・パロウTCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
6840.720
14*65牧野 任祐TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
6850.740
1515ダニエル・ティクトゥムTEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
671Lap
167アーテム・マルケロフUOMO SUNOCO SF19
UOMO SUNOCO TEAM LEMANS
TOYOTA
TRD Biz-01F
671Lap
178大嶋 和也UOMO SUNOCO SF19
UOMO SUNOCO TEAM LEMANS
TOYOTA
TRD Biz-01F
671Lap
---- 以上規定周回数(90% - 60Laps)完走 ----
-*39坪井 翔JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA
TRD Biz-01F
5810Laps
-16野尻 智紀TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
5513Laps
-51ハリソン・ニューウェイGOLDEX TAIROKU RACING SF19
B-Max Racing with motopark
Honda
M-TEC HR-417E
4919Laps
  • Fastest Lap: CarNo.50 ルーカス・アウアー(Red Bull SF19) 1'08.048 (4/68) 195.969km/h
  • CarNo.65は、国際モータースポーツ競技規則付則L項第4章第5条(ピットレーン出口のホワイトラインカット)違反により、競技結果に35秒加算のペナルティーを科す。
  • CarNo.39は、国際モータースポーツ競技規則付則H項2.10.11(SC中のスピン)により、競技結果に35秒加算のペナルティーを科す。
  • CarNo.64は、国際モータースポーツ競技規則付則H項2.10.10(SCリスタート違反)により、競技結果に35秒加算のペナルティーを科す。

Japanese F3

JF3:第10戦SUGO決勝記者会見 優勝・大湯都史樹「坊主にならなくて良かったです」

決勝フォトセッション: トップ3のドライバー

優勝 大湯都史樹(TODA RACING)
決勝記者会見: 優勝した大湯都史樹(TODA RACING) 「2番手からのスタートでまさかトップを取れるとは思っていませんでした。1周目にトップに出られたのが大きかったです。前半のペースは悪い状態ではなかったのでトップを維持することができましたが、後半は宮田選手のペースが良く、苦しいレースでした。2回出たセーフティーカーでリスタートをうまく決めることができ、それも大きかったかなと思います。予選のセカンドラップで2位が取れて、ここしかないと思っていましたし、勝てなければ坊主になることになっていたので良かったです」
2位 宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)
決勝記者会見: 2位の宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM\'S) 「スタートでやらかしたのでチームに申し訳ないです。馬の背に入るまでは離れて入れば速くて、近づくとSPで離され、最終コーナーからホームストレートは若干速くて、というのが続いていていました。大湯選手もミスをしないしチャンスはありませんでした」
3位 サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark)
決勝記者会見: 3位のサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark) 「タフなレースでした。クルマのバランスが悪くミスもありました。弱点のスタートは良かったでが、まだまだトムスに近づくにはクルマのセッティングをしていかないといけないです。いままですべてのサーキットで勝ってたんですが、勝てなくて残念です。次の富士もベストを尽くしたいと思います」
Text & Photo: Yoshinori OHNISHI

Japanese F3

JF3:第10戦SUGO決勝 大湯都史樹がうれしい初優勝

 全日本F3選手権第10戦は23日、スポーツランドSUGOで決勝を行い、予選2位からスタートを制した大湯都史樹(TODA FIGHTEX)が初優勝を飾った。

25周の決勝がスタートした

レースは2回のセーフティーカーが導入された

大湯都史樹と宮田莉朋のトップ争い

優勝は大湯都史樹(TODA FIGHTEX)

決勝2位は宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM\'S F317)

決勝3位はサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)

マスタークラス優勝は久保田克昭(Planex・スマカメF3)

トップでゴールする大湯都史樹(TODA FIGHTEX)

優勝した大湯都史樹(TODA RACING)

 決勝は午前10時10分にフォーメーションラップが始まる。シャルル・ミレッシ(YTB by Carlin)が不参加となったため、13人のドライバーがグリッドを離れた。昨夜からの雨も上がり、路面はほぼドライコンディションとなった。

 スタートでは、予選2位の大湯都史樹(TODA FIGHTEX)が蹴り出しよくインから、ポールポジションの宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM'S F317)を抜き去り1コーナーでトップに躍り出た。宮田は2位に付け、予選3位の小高一斗(カローラ中京Kuo TOM'S F317)がスタートをミスしたためサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)が3位に、エナム・アーメド(B-Max Racing with motopark F3)が4位に上がり、小高は5位に落ちた。

 2周目の1コーナーでは山口大陸(タイロクレーシング28号)がコースアウトしたため早くもセーフティーカー(SC)が導入される。

 SCが退き、レースは6周目から再開。大湯は絶妙のリスタートを決めて宮田を1秒近く離し1コーナーへ。

 しかし、スピードに勝る2位の宮田はトップ、大湯との差を徐々に詰め始める。7周目には0秒3まで縮め、ここから大湯と宮田の息詰まるトップ争いが勃発する。宮田は16周目にはストレートで0秒1差まで大湯に迫り、1コーナーでアウトから並びかけるが大湯もトップを死守、順位は変わらない。

 18周目にはマスタークラスのトップを走っていたDRAGONが3コーナーでスピン、コースアウト。再びSCが導入されることとなった。

 レースは23周目から残り3周で再開。このリスタートでも大湯は宮田を引き離して1コーナーに侵入。この後も宮田の追撃を振り切り、うれしいF3初優勝を飾った。ファステストラップをたたき出して一矢報いた宮田が2位、3位にはフェネストラズが入った。

 4位には小高との攻防を制したアーメドが、5位が小高、6位には片山義章(YTB by Carlin)が続いた。

 マスタークラスは山口とDRAGONがリタイアしたため久保田克昭(Planex・スマカメF3)が昨日に続いて今季2勝目を飾った。

 第11戦・第12戦は、富士スピードウェイに舞台を移し、7月11日、12日に開催される。

優勝した大湯都史樹(TODA RACING) 表彰式 マスタークラスの表彰式

※注)宮田のマシンに対して抗議が出されており結果は暫定扱いとなっている。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum

Japanese F3

JF3:第10戦SUGO決勝結果

SUPER FORMULA Rd.3 -RIJ- (2019/06/23) Final Race Weather:Cloudy Course:Dry
2019 Japanese Fomura3 Championship Round 10 スポーツランドSUGO 3.704256km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
EngineLapTotal_Time
Behind
12大湯 都史樹TODA FIGHTEX
Dallara F319
TODA
TR-F301
2542'01.176
211サッシャ・フェネストラズB-Max Racing with motopark F3
Dallara F314
Volkswagen
Spiess A41
251.102
365エナム・アーメドB-Max Racing with motopark F3
Dallara F312
Volkswagen
Spiess A41
252.147
437小高 一斗カローラ中京Kuo TOM'S F317
Dallara F317
TOYOTA
TOM'S TAZ31
252.768
58片山 義章YTB by Carlin
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
253.605
612大津 弘樹ThreeBond F318
Dallara F318
ThreeBond
TOMEI TB14F3
254.912
735河野 駿佑RS FINE K&N F318
Dallara F318
Mercedes-Benz
HWA 414
256.219
851アメヤ・ベイディアナサンB-Max Racing with motopark F3
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
256.898
913三浦 愛ThreeBond F314
Dallara F314
ThreeBond
TOMEI TB14F3
258.090
105M1久保田 克昭Planex・スマカメF3
Dallara F315
TOYOTA
TOM'S TAZ31
2522.407
---- 以上規定周回数(90% - 22Laps)完走 ----
-30M-DRAGONTEAM DRAGON F3
Dallara F314
Volkswagen
Spiess A41
178Laps
-28M-山口 大陸タイロクレーシング28号
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
124Laps
-7シャルル・ミレッシYTB by Carlin
Dallara F317
Volkswagen
Spiess A41
DNS
*36宮田 莉朋カローラ中京Kuo TOM'S F317
Dallara F317
TOYOTA
TOM'S TAZ31
失格
  • Fastest Lap: CarNo.36 宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM'S F317) 1'14.055 (7/25) 180.073km/h
  • CarNo.36は、2019年全日本フォーミュラ3選手権統一規則第6条1.(車両規定違反)により第22条2.12)に基づき、失格のペナルティーを科した。

SUPER FORMULA

SF:第3戦SUGOフリー走行2回目 関口雄飛がトップタイム。PPの山本尚貴は19位に沈む

 全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦は23日、スポーツランドSUGOで30分間のフリー走行を行い、関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19)がトップタイムを記録した。

フリー走行2回目: トップタイムは関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19) フリー走行2回目: 2位は坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19) フリー走行2回目: 3位は平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19)

 フリー走行は午前9時10分より30分間で行われた。昨夜から降った雨も上がり、路面が乾きつつあるなか、ウェット宣言されたセッションは進行した。

 この午後からの決勝をにらんでセッションでトップタイムを記録したのは1分6秒630で関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19)。2位には坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19)、3位には平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19)が付けた。

 ポールシッターの山本尚貴(DOCOMO DANDELION M1S SF19)は19位でフリー走行を終えた。

 ただし、ミディアム/ソフトと装着タイヤの状態、燃料搭載量、アンチラグの強度など、各チーム決勝のシミュレーションも行ったはずで、この順位で決勝を占うことはできない。

 決勝は午後2時20分より68周で争われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum

SUPER FORMULA

SF:第3戦SUGOフリー走行2回目結果

スーパーフォーミュラ第3戦 -RIJ- (2019/06/23) Free Practice 2 Weather:Cloudy Course:Dry
2019 SUPER FORMULA Round 3 スポーツランドSUGO 3.704256km

PosNoDriverCar
Team
Engine TimeBehindGapkm/h
119関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'06.630--200.140
239坪井 翔JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'06.699 0.069 0.069199.933
320平川 亮ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'06.702 0.072 0.003199.924
436中嶋 一貴VANTELIN KOWA TOM’S SF19
VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'06.917 0.287 0.215199.282
516野尻 智紀TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
1'06.992 0.362 0.075199.058
650ルーカス・アウアーRed Bull SF19
B-Max Racing with motopark
Honda
M-TEC HR-417E
1'07.035 0.405 0.043198.931
737ニック・キャシディVANTELIN KOWA TOM’S SF19
VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'07.150 0.520 0.115198.590
851ハリソン・ニューウェイGOLDEX TAIROKU RACING SF19
B-Max Racing with motopark
Honda
M-TEC HR-417E
1'07.161 0.531 0.011198.558
94国本 雄資ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'07.216 0.586 0.055198.395
1018小林 可夢偉KCMG Elyse SF19
carrozzeria Team KCMG
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'07.348 0.718 0.132198.006
1138石浦 宏明JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'07.365 0.735 0.017197.956
1264アレックス・パロウTCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'07.416 0.786 0.051197.806
1365牧野 任祐TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'07.426 0.796 0.010197.777
143山下 健太ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'07.441 0.811 0.015197.733
155福住 仁嶺DOCOMO DANDELION M5Y SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'07.665 1.035 0.224197.079
1617塚越 広大REAL SF19
REAL RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'07.705 1.075 0.040196.962
1715ダニエル・ティクトゥムTEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
1'07.711 1.081 0.006196.945
188大嶋 和也UOMO SUNOCO SF19
UOMO SUNOCO TEAM LEMANS
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'07.937 1.307 0.226196.290
191山本 尚貴DOCOMO DANDELION M1S SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'07.955 1.325 0.018196.238
207アーテム・マルケロフUOMO SUNOCO SF19
UOMO SUNOCO TEAM LEMANS
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'08.142 1.512 0.187195.699

TCR JAPAN SUNDAY

TCRJ-SUN:第2戦SUGO公式予選結果

SUPER FORMULA Rd.3 -RIJ- (2019/06/23) Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2019 TCR JAPAN SUNDAY Series Round 2 スポーツランドSUGO 3.704256km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Team
TimeBehindGapkm/h
121篠原 拓朗Audi RS 3 LMS
Hitotsuyama Racing
1'27.129--153.053
233G1前嶋 秀司ALFA ROMEO GIULIETTA TCR
GO&FUN Squadra Corse
1'27.443 0.314 0.314152.503
318マシュー・ホーソンHonda CIVIC TCR
KCMG
1'27.915 0.786 0.472151.684
45金丸 悠Honda CIVIC TCR
TEAM GOH MODELS
1'28.076 0.947 0.161151.407
525松本 武士Volkswagen Golf GTI TCR
Volkswagen和歌山中央RT with TEAM和歌山
1'28.226 1.097 0.150151.150
652密山 祥吾Volkswagen Golf GTI TCR
埼玉トヨペットGreenBrave
1'28.452 1.323 0.226150.763
772G2ユーク・タニグチHonda CIVIC TCR
KCMG
1'28.608 1.479 0.156150.498
862G1塩谷 烈州Honda CIVIC TCR
全薬工業with G/MOTION'
1'28.891 1.762 0.283150.019
919G3ヒロボンVolkswagen Golf GTI TCR
バースレーシングプロジェクト【BRP】
1'28.899 1.770 0.008150.005
1023G4YOSHIKIAudi RS 3 LMS
N-SPEED
1'29.056 1.927 0.157149.741
1124G5KENJIAudi RS 3 LMS
N-SPEED
1'29.572 2.443 0.516148.878
12190G6植田 正幸Audi RS 3 LMS
バースレーシングプロジェクト【BRP】
1'29.971 2.842 0.399148.218
1355G7MototinoALFA ROMEO GIULIETTA TCR
55 MOTO RACING
1'30.829 3.700 0.858146.818
1410G8佐藤 潤Volkswagen Golf GTI TCR
Adenau
1'31.247 4.118 0.418146.145
---- 以上基準タイム(107% - 1'33.228)予選通過 ----
-7G-牧野 淳Audi RS 3 LMS
NILZZ Racing
1'35.254 8.125 4.007139.997

TCR JAPAN SATURDAY

TCRJ-SAT:第2戦SUGO決勝 密山祥吾が総合で、ジェントルマンはユーク・タニグチが優勝

 TCRJサタデーシリーズは22日、スポーツランドSUGOで決勝を行い、予選3位の密山祥吾(Volkswagen Golf GTI TCR)がスタートでトップに立つと後続を押さえきり優勝した。ジェントルマンクラスはユーク・タニグチが優勝した。

スタート直後1コーナーでスピンする前嶋秀司(ALFA ROMEO GIULIETTA TCR) スタート直後の2コーナー 密山祥吾と篠原拓郎のトップ争い 優勝は密山祥吾(Volkswagen Golf GTI TCR) 決勝2位の篠原拓朗(Audi RS 3 LMS) 決勝3位のマシュー・ホーソン(Honda CIVIC TCR) ジェントルマンクラスで優勝したユーク・タニグチ(Honda CIVIC TCR) 表彰式 ジェントルマンクラスの表彰式

 第2戦決勝は午後16時35分にフォーメーションラップが始まった。

 ポールポジションの篠原拓朗(Audi RS 3 LMS)はスタートをミス。素晴らしいスタートを切ったのは予選2位でジェントルマンクラスの前嶋秀司(ALFA ROMEO GIULIETTA TCR)だったが1コーナーでいきおい余ってスピン。大きく後退してしまう。これでトップに立ったのは予選3位の密山祥吾(Volkswagen Golf GTI TCR)。2位にはマシュー・ホーソン(Honda CIVIC TCR)が続き、篠原は3位に落ちた。

 篠原はすかさず2周目にホーソンをパスして2位に上がると密山を追う。この密山と篠原のトップ争いはレース終盤まで、後続を引き離しながら0秒5前後の差で接近戦を演じる。

 しかしここSUGOでは抜きどころがなく、ベテランの密山が若手の篠原を終始押さえきり、今季初優勝を飾った。2位は篠原。

 3位にはホーソンが入り、4位は松本武士(Volkswagen Golf GTI TCR)が入った。

。5位にはジェントルマンクラスは総合5位の優勝のユーク・タニグチ(Honda CIVIC TCR)が優勝。2位にはHIROBONが入り、3位には2度のスピンからトップと遜色ないタイムで追い上げた前嶋が入った。

 サンデーシリーズ第2戦は明日23日、午後4時35分から23分+1周のレースとして行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum

Japanese F3

JF3:第9戦SUGO決勝記者会見 優勝・宮田莉朋「SCが入るのはなんか持っているんでしょうか?」

優勝 宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)
決勝記者会見: 優勝した宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM\'S) 「予選でポールが取れてスタートさえ決めれば、ミスしない限り抜かれることはないのでスタートに集中しました。ペースも良くてファステストを狙っていました。優勝したレースはすべてSCが入ってるのでなんか持っているんでしょうかね。その後ファステスト争いになると思っていましたが、タイムが更新できて良かったです。あしたもポールなのでスタートに集中してまたフルマークを取れるようにがんばります」
2位 小高一斗(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)
決勝記者会見: 2位の小高一斗(カローラ中京Kuo TEAM TOM\'S) 「昨日までの練習が今までの中で一番いい状態でした。ただ前日から雨が降って昨日とコンディションが違ってしまい、思うように予選が走れませんでしたが、運よく2番手になれました。スタートもそんなに失敗することなく、ただロングランのペースは厳しいセッティングになっていたので、後半少し危ないところを見せてしまったんですが、2位でゴールできて良かったです」
3位 サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark)
決勝記者会見: 3位のサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark) 「ベストは尽くしましたが、チームにもぼくにもタフなレースでした。良くないと思ってた5位からスタートで1台抜いて、リスタートでも抜きました。予選ではトラフィックにひっかかって5位でしたが、せめて3位くらいにはなりたかったです。宮田選手にはかなわない部分があるんですが、もっといい結果を出したいですね」
Text & Photo: Yoshinori OHNISHI

Japanese F3

JF3:第10戦SUGO決勝結果 宮田莉朋がポールトゥウィン。2位も小高一斗でトムスが1-2

 全日本F3選手権第9戦は22日、スポーツランドSUGOで決勝を行い、ポールポジションからスタートした宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM'S F317)が1度もトップを譲ることなくポールトゥウィンで今季3勝目を飾った。

18周の決勝がスタートした

レースは途中セーフティーカーが導入された

優勝は宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM\'S F317)

決勝2位は小高一斗(カローラ中京Kuo TOM\'S F317)

決勝3位はサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)

マスタークラス優勝は久保田克昭(Planex・スマカメF3)

優勝した宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM\'S)

表彰式

マスタークラスの表彰式

 第9戦決勝は午後3時10分にフォーメーションラップが始まった。雲は低く垂れ込めているものの終始雨が落ちることなくレースは進行した。

 トップで1コーナーに飛び込んだのはポールポジションの宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM'S F317)。2位には小高一斗(カローラ中京Kuo TOM'S F317)、3位にはシャルル・ミレッシ(YTB by Carlin)と予選順通りに続き、4位には予選4位のエナム・アーメド(B-Max Racing with motopark F3)をかわしたサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)が上がってきた。

 4周目には後方でマスタークラスのトップ争いをしていたDRAGON(TEAM DRAGON F3)と山口大陸(タイロクレーシング28号)が1コーナー立ち上がりで接触。DRAGONはその場でストップし、山口は走行を続けたものの最終コーナーでマシンを止めた。

 この2台のマシンの排除のためレースはセーフティーカーが導入される。

 セーフティーカーが退くと、9周目には1コーナーでミレッシをとらえたフェネストラズが3位に上がる。2位の小高のペースが上がらないためトップの宮田は徐々にリードを広げ、独走態勢を築いていく。

 宮田は18周を走って今季3勝目のポールトゥウイン。ファステストラップも記録し今季初のフルマークでレースを締めくくった。

 小高は終盤フェネストラズに攻められるが、これをしのいで自身最高位の2位でフィニッシュ。トムスにとっても今季初の1-2体勢となった。3位にはフェネストラズが入った。

 4位は大きく遅れて大津弘樹(ThreeBond F318)が、5位には大湯都史樹(TODA FIGHTEX)が、6位にはアーメドが入った。

 マスタークラスはDRAGONと山口がリタイアしたため、久保田克昭(Planex・スマカメF3)が今季初優勝を飾った。

 第10戦は明日23日、午前10時20分より25周で争われる。

Text: Yoshinori OHNISHI

TCR JAPAN SATURDAY

TCRJ-SAT:第2戦SUGO決勝結果

SUPER FORMULA Rd.3 -RIJ- (2019/06/22) Final Race Weather:Cloudy Course:Dry
2019 TCR JAPAN SATURDAY Series Round 2 スポーツランドSUGO 3.704256km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Team
LapTotal_Time
Behind
152密山 祥吾Volkswagen Golf GTI TCR
埼玉トヨペットGreenBrave
1725'42.585
221篠原 拓朗Audi RS 3 LMS
Hitotsuyama Racing
170.717
318マシュー・ホーソンHonda CIVIC TCR
KCMG
1711.486
425松本 武士Volkswagen Golf GTI TCR
Volkswagen和歌山中央RT with TEAM和歌山
1715.431
572G1ユーク・タニグチHonda CIVIC TCR
KCMG
1717.342
619G2ヒロボンVolkswagen Golf GTI TCR
バースレーシングプロジェクト【BRP】
1720.049
733G3前嶋 秀司ALFA ROMEO GIULIETTA TCR
GO&FUN Squadra Corse
1724.257
862G4塩谷 烈州Honda CIVIC TCR
TEAM G/MOTION'
1732.220
923G5YOSHIKIAudi RS 3 LMS
N-SPEED
1732.705
10190G6植田 正幸Audi RS 3 LMS
バースレーシングプロジェクト【BRP】
1733.789
1124G7KENJIAudi RS 3 LMS
N-SPEED
1734.353
1255G8MototinoALFA ROMEO GIULIETTA TCR
55 MOTO RACING
1752.029
137G9牧野 淳Audi RS 3 LMS
NILZZ Racing
161Lap
145金丸 悠Honda CIVIC TCR
TEAM GOH MODELS
152Laps
1510G10佐藤 潤Volkswagen Golf GTI TCR
Adenau
152Laps
  • Fastest Lap: CarNo.21 篠原拓朗(Audi RS 3 LMS) 1'29.105 (2/17) 149.659km/h

Japanese F3

JF3:第9戦SUGO決勝結果

SUPER FORMULA Rd.3 -RIJ- (2019/06/22) Final Race Weather:Cloudy Course:Dry
2019 Japanese Fomura3 Championship Round 9 スポーツランドSUGO 3.704256km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
EngineLapTotal_Time
Behind
136宮田 莉朋カローラ中京Kuo TOM'S F317
Dallara F317
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1828'24.149
237小高 一斗カローラ中京Kuo TOM'S F317
Dallara F317
TOYOTA
TOM'S TAZ31
186.146
311サッシャ・フェネストラズB-Max Racing with motopark F3
Dallara F314
Volkswagen
Spiess A41
186.938
412大津 弘樹ThreeBond F318
Dallara F318
ThreeBond
TOMEI TB14F3
1812.655
52大湯 都史樹TODA FIGHTEX
Dallara F319
TODA
TR-F301
1814.042
665エナム・アーメドB-Max Racing with motopark F3
Dallara F312
Volkswagen
Spiess A41
1814.699
78片山 義章YTB by Carlin
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
1815.969
835河野 駿佑RS FINE K&N F318
Dallara F318
Mercedes-Benz
HWA 414
1822.282
951アメヤ・ベイディアナサンB-Max Racing with motopark F3
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
1823.021
1013三浦 愛ThreeBond F314
Dallara F314
ThreeBond
TOMEI TB14F3
1826.194
115M1久保田 克昭Planex・スマカメF3
Dallara F315
TOYOTA
TOM'S TAZ31
181'03.506
---- 以上規定周回数(90% - 16Laps)完走 ----
-7シャルル・ミレッシYTB by Carlin
Dallara F317
Volkswagen
Spiess A41
108Laps
-28M-山口 大陸タイロクレーシング28号
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
414Laps
-30M-DRAGONTEAM DRAGON F3
Dallara F314
Volkswagen
Spiess A41
315Laps
  • Fastest Lap: CarNo.36 宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM'S F317) 1'13.540 (15/18) 181.334km/h

SUPER FORMULA

SF:第3戦SUGO予選記者会見 笑顔のない会見。PP・山本尚貴「ふに落ちないです。ぼくがお客さんなら予選は見に来なくなるかも」

予選フォトセッション: トップ3のドライバー

ポールポジション 山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
予選記者会見: ポールポジションの山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING) 「ふに落ちない予選になってしまいました。Q2までは非常にいい予選ができていたと思いますし、Q2ではコースレコードもマークできました。Q3は雨が降ってきて全車早めにアタックしかけたところで、思った以上に早く乾いてしまって、ペースを上げすぎると内圧とクルマのバランスが合わなくなってしまうので、ペースを落として通常の周にアタックすることに切り替えましたが、クルマのコンディションが合わなかったので、Q2ほどのタイムは出せませんでした。赤旗が出てしまいましたが、もちろん延長があると思って準備していました。終了という審査委員会の決定は尊重すべきだと思いますが、時間が残っていればルール上、3分間の延長となるはずです。いいドライバーが集まってレベルの高い選手権なのに、こういう終り方だと、わざわざ足を運んでもらったお客さんがレースを見に来なくなってしまうし、ぼくがお客さんならこのような予選が続くようなら、もういいかなと思うかも知れません」
予選2位 野尻智紀(TEAM MUGEN)
予選記者会見: 2位の野尻智紀(TEAM MUGEN) 「今シーズンチームを移籍して、周りが有利な状況が続いていたんですが、ここに来て少しいい兆しが見えてきたのかなと思います。いいステップを踏んで予選までしっかりとつなげられました。ぼくもQ3の終り方には不完全燃焼で満足していません。たくさんの人がレースに関わっていて、みなさん寝る時間やプライベートの時間を削ってクルマを仕上げ、ここに持ってきているのに、みんなが力を出し切れる環境であって欲しいなと思います。みんなで議論しながら世界に誇れるスーパーフォーミュラを作っていきたいと思います。フロントローからスタートできるのであしたの決勝は楽しみながら優勝を目指します」
予選3位 ルーカス・アウアー(B-Max Racing with motopark)
予選記者会見: 3位のルーカス・アウアー(B-Max Racing with motopark) 「B-MAXとモトパークはルーキーチームとしてこの選手権に参戦してきました。3回目のレースで予選3位を獲得できたのはみんなのおかげです感謝しています。フリー走行の時はクルマが良くなくて、予選に向けてセットアップを変更したら、タイムが出せるマシンになりました。ハードにプッシュしてがんばった結果ですね。みなさんがおっしゃるようにぼくもQ3では最後まで走れたらよかったと思います。最後にソフトタイヤで出たかったですが、これもレースですね。明日は長いレースですのでベストを尽くしていい結果を出したいです」
Text & Photo: Yoshinori OHNISHI

SUPER FORMULA

SF:第3戦SUGO公式予選 全セッションを制した山本尚貴が今季初ポールポジション

 全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦は22日、スポーツランドSUGOでノックアウト方式の公式予選を行い、山本尚貴(DOCOMO DANDELION M1S SF19)がポールポジションを獲得した。

ピットで待機する山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

ポールポジションは山本尚貴(DOCOMO DANDELION M1S SF19)

予選2位は野尻智紀(TEAM MUGEN SF19)

予選3位はルーカス・アウアー(Red Bull SF19)

ポールポジションを獲得した山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

ポールポジションを獲得した山本尚貴と村岡潔監督(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

 公式予選は午後1時20分から。午前のフリー走行終了時からの天候は、雨が降っては日が差すというパターンを繰り返ししていたが、予選開始時には雨はやみ路面はほぼドライコンディションとなった。しかし、相変わらず雨模様でべたべたとした冷たい風が場内を吹き抜け、天候は予断を許さない。

 SUGOラウンドはQ1が2グループに分けて10分ずつ行われることとなり、A・Bグループそれぞれ上位6台がQ2に進出する。

 Q1、Aグループでは平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19)が、Bグループでは山本尚貴(DOCOMO DANDELION M1S SF19)がトップで通過。有力ドライバーでは開幕戦優勝のニック・キャシディ(VANTELIN KOWA TOM’S SF19)、前戦優勝の関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19)、ルマンウィナーの中嶋一貴(VANTELIN KOWA TOM’S SF19)、ダニエル・ティクトゥム(TEAM MUGEN SF19)などがここで敗退した。

 Q2では、山本が驚異的なタイム、コースレコードを大きく上回り3秒台に入る1分3秒953を叩き出しトップで通過。2位には牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING SF19)が、3位には福住仁嶺(DOCOMO DANDELION M5Y SF19)が付けた。トヨタエンジンユーザーでは唯一、小林可夢偉(KCMG Elyse SF19)が8位で通過した。ここではQ1、Aグループでトップタイムの平川などが敗退した。

 Q3は雨が降り始めた中で始まった。ここではナカジマレーシングの2台、アレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING SF19)と牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING SF19)がそろってアタック中にSPコーナーでクラッシュ。赤旗が提示された。

 セッションは再開されず、このまま終了。この時点でトップタイムを出していた山本がポールポジション。2位に野尻智紀(TEAM MUGEN SF19)が、3位にルーカス・アウアー(Red Bull SF19)が入った。クラッシュしたパロウと牧野は赤旗の原因を作ったためタイムを抹消された。

 山本以外はアタックに入る前のタイムで順位が決まっており、消化不良の予選となってしまった。

 決勝は明日23日、午後2時20分より68周で争われる。

Text: Yoshinori OHNISHI

SUPER FORMULA

SF:第3戦SUGO公式予選結果

スーパーフォーミュラ第3戦 -RIJ- (2019/06/22) Knock Out Qualify Weather:Cloudy Course:Dry
2019 SUPER FORMULA Round 3 スポーツランドSUGO 3.704256km

PosNoDriverCar
Team
Q1Q2Q3
11山本 尚貴DOCOMO DANDELION M1S SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
1'05.014R1'03.953R1'04.532
216野尻 智紀TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
1'05.833R1'04.4571'10.761
350ルーカス・アウアーRed Bull SF19
B-Max Racing with motopark
1'05.442R1'04.5761'11.475
417塚越 広大REAL SF19
REAL RACING
1'05.979R1'04.5141'12.172
518小林 可夢偉KCMG Elyse SF19
carrozzeria Team KCMG
1'05.442R1'04.5821'12.808
65福住 仁嶺DOCOMO DANDELION M5Y SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
1'05.687R1'04.3371'13.892
7*65牧野 任祐TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
1'05.710R1'04.308deleted
8*64アレックス・パロウTCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
1'05.493R1'04.377deleted
920平川 亮ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
1'05.680R1'04.600
1038石浦 宏明JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
1'05.7121'04.800
1151ハリソン・ニューウェイGOLDEX TAIROKU RACING SF19
B-Max Racing with motopark
1'06.0821'04.836
128大嶋 和也UOMO SUNOCO SF19
UOMO SUNOCO TEAM LEMANS
1'05.6491'04.936
134国本 雄資ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
1'05.747
1437ニック・キャシディVANTELIN KOWA TOM’S SF19
VANTELIN TEAM TOM’S
1'06.135
1519関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
1'05.761
1639坪井 翔JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
1'06.249
1736中嶋 一貴VANTELIN KOWA TOM’S SF19
VANTELIN TEAM TOM’S
1'05.887
183山下 健太ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
1'06.302
1915ダニエル・ティクトゥムTEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
1'06.063
207アーテム・マルケロフUOMO SUNOCO SF19
UOMO SUNOCO TEAM LEMANS
1'06.884
  • 'R'マークは従来のコースレコード(1'04.694)を更新しました。
  • CarNo.65は、2019年全日本スーパーフォーミュラ選手権統一規則第27条7により、Q3のタイム抹消のペナルティーを科す。
  • CarNo.64は、2019年全日本スーパーフォーミュラ選手権統一規則第27条7により、Q3のタイム抹消のペナルティーを科し順位を8位とする。

SUPER FORMULA

SF:第3戦SUGOノックアウトQ3結果

スーパーフォーミュラ第3戦 -RIJ- (2019/06/22) Knock Out Q3 Weather:Cloudy Course:Dry
2019 SUPER FORMULA Round 3 スポーツランドSUGO 3.704256km

PosNoDriverCar
Team
Engine TimeBehindGapkm/h
11山本 尚貴DOCOMO DANDELION M1S SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'04.532--206.647
216野尻 智紀TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
1'10.761 6.229 6.229188.456
350ルーカス・アウアーRed Bull SF19
B-Max Racing with motopark
Honda
M-TEC HR-417E
1'11.475 6.943 0.714186.573
417塚越 広大REAL SF19
REAL RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'12.172 7.640 0.697184.771
518小林 可夢偉KCMG Elyse SF19
carrozzeria Team KCMG
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'12.808 8.276 0.636183.157
65福住 仁嶺DOCOMO DANDELION M5Y SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'13.892 9.360 1.084180.470
7*65牧野 任祐TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
deleted---
8*64アレックス・パロウTCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
deleted---
  • CarNo.65は、2019年全日本スーパーフォーミュラ選手権統一規則第27条7により、Q3のタイム抹消のペナルティーを科す。
  • CarNo.64は、2019年全日本スーパーフォーミュラ選手権統一規則第27条7により、Q3のタイム抹消のペナルティーを科し順位を8位とする。

SUPER FORMULA

SF:第3戦SUGOノックアウトQ2結果

スーパーフォーミュラ第3戦 -RIJ- (2019/06/22) Knock Out Q2 Weather:Cloudy Course:Dry
2019 SUPER FORMULA Round 3 スポーツランドSUGO 3.704256km

PosNoDriverCar
Team
Engine TimeBehindGapkm/h
11山本 尚貴DOCOMO DANDELION M1S SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
R1'03.953--208.518
265牧野 任祐TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
R1'04.308 0.355 0.355207.366
35福住 仁嶺DOCOMO DANDELION M5Y SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
R1'04.337 0.384 0.029207.273
464アレックス・パロウTCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
R1'04.377 0.424 0.040207.147
516野尻 智紀TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
R1'04.457 0.504 0.080206.890
617塚越 広大REAL SF19
REAL RACING
Honda
M-TEC HR-417E
R1'04.514 0.561 0.057206.708
750ルーカス・アウアーRed Bull SF19
B-Max Racing with motopark
Honda
M-TEC HR-417E
R1'04.576 0.623 0.062206.509
818小林 可夢偉KCMG Elyse SF19
carrozzeria Team KCMG
TOYOTA
TRD Biz-01F
R1'04.582 0.629 0.006206.490
---- 以上Q3進出 ----
920平川 亮ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA
TRD Biz-01F
R1'04.600 0.647 0.018206.432
1038石浦 宏明JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'04.800 0.847 0.200205.792
1151ハリソン・ニューウェイGOLDEX TAIROKU RACING SF19
B-Max Racing with motopark
Honda
M-TEC HR-417E
1'04.836 0.883 0.036205.678
128大嶋 和也UOMO SUNOCO SF19
UOMO SUNOCO TEAM LEMANS
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'04.936 0.983 0.100205.361
  • 'R'マークは従来のコースレコード(1'04.694)を更新しました。

SUPER FORMULA

SF:第3戦SUGOノックアウトQ1結果

■Aグループ

スーパーフォーミュラ第3戦 -RIJ- (2019/06/22) Knock Out Q1 Weather:Cloudy Course:Dry
2019 SUPER FORMULA Round 3 スポーツランドSUGO 3.704256km

PosNoDriverCar
Team
Engine TimeBehindGapkm/h
120平川 亮ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'05.680--203.035
25福住 仁嶺DOCOMO DANDELION M5Y SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'05.687 0.007 0.007203.013
365牧野 任祐TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'05.710 0.030 0.023202.942
416野尻 智紀TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
1'05.833 0.153 0.123202.563
517塚越 広大REAL SF19
REAL RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'05.979 0.299 0.146202.115
651ハリソン・ニューウェイGOLDEX TAIROKU RACING SF19
B-Max Racing with motopark
Honda
M-TEC HR-417E
1'06.082 0.402 0.103201.800
---- 以上Q2進出 ----
737ニック・キャシディVANTELIN KOWA TOM’S SF19
VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'06.135 0.455 0.053201.638
839坪井 翔JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'06.249 0.569 0.114201.291
93山下 健太ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'06.302 0.622 0.053201.130
107アーテム・マルケロフUOMO SUNOCO SF19
UOMO SUNOCO TEAM LEMANS
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'06.884 1.204 0.582199.380

■Bグループ

スーパーフォーミュラ第3戦 -RIJ- (2019/06/22) Knock Out Q1 Weather:Cloudy Course:Dry
2019 SUPER FORMULA Round 3 スポーツランドSUGO 3.704256km

PosNoDriverCar
Team
Engine TimeBehindGapkm/h
11山本 尚貴DOCOMO DANDELION M1S SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'05.014--205.118
250ルーカス・アウアーRed Bull SF19
B-Max Racing with motopark
Honda
M-TEC HR-417E
1'05.442 0.428 0.428203.776
318小林 可夢偉KCMG Elyse SF19
carrozzeria Team KCMG
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'05.442 0.428 0.000203.776
464アレックス・パロウTCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'05.493 0.479 0.051203.618
58大嶋 和也UOMO SUNOCO SF19
UOMO SUNOCO TEAM LEMANS
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'05.649 0.635 0.156203.131
638石浦 宏明JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'05.712 0.698 0.063202.936
---- 以上Q2進出 ----
74国本 雄資ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'05.747 0.733 0.035202.828
819関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'05.761 0.747 0.014202.785
936中嶋 一貴VANTELIN KOWA TOM’S SF19
VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'05.887 0.873 0.126202.397
1015ダニエル・ティクトゥムTEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
1'06.063 1.049 0.176201.858

TCR JAPAN SATURDAY

TCRJ-SAT:第2戦SUGO公式予選結果

SUPER FORMULA Rd.3 -RIJ- (2019/06/22) Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2019 TCR JAPAN SATURDAY Series Round 2 スポーツランドSUGO 3.704256km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Team
TimeBehindGapkm/h
121篠原 拓朗Audi RS 3 LMS
Hitotsuyama Racing
1'27.536--152.341
233G1前嶋 秀司ALFA ROMEO GIULIETTA TCR
GO&FUN Squadra Corse
1'27.819 0.283 0.283151.850
352密山 祥吾Volkswagen Golf GTI TCR
埼玉トヨペットGreenBrave
1'28.327 0.791 0.508150.977
425松本 武士Volkswagen Golf GTI TCR
Volkswagen和歌山中央RT with TEAM和歌山
1'28.401 0.865 0.074150.850
518マシュー・ホーソンHonda CIVIC TCR
KCMG
1'28.403 0.867 0.002150.847
65金丸 悠Honda CIVIC TCR
TEAM GOH MODELS
1'28.539 1.003 0.136150.615
772G2ユーク・タニグチHonda CIVIC TCR
KCMG
1'29.050 1.514 0.511149.751
819G3ヒロボンVolkswagen Golf GTI TCR
バースレーシングプロジェクト【BRP】
1'29.094 1.558 0.044149.677
923G4YOSHIKIAudi RS 3 LMS
N-SPEED
1'29.134 1.598 0.040149.610
1062G5塩谷 烈州Honda CIVIC TCR
TEAM G/MOTION'
1'29.152 1.616 0.018149.580
11190G6植田 正幸Audi RS 3 LMS
バースレーシングプロジェクト【BRP】
1'29.489 1.953 0.337149.016
1224G7KENJIAudi RS 3 LMS
N-SPEED
1'29.874 2.338 0.385148.378
1310G8佐藤 潤Volkswagen Golf GTI TCR
Adenau
1'30.598 3.062 0.724147.192
1455G9MototinoALFA ROMEO GIULIETTA TCR
55 MOTO RACING
1'31.119 3.583 0.521146.351
---- 以上基準タイム(107% - 1'33.664)予選通過 ----
-7G-牧野 淳Audi RS 3 LMS
NILZZ Racing
1'34.911 7.375 3.792140.503

Japanese F3

JF3:第9,10戦SUGO公式予選 ダブルポール! 宮田莉朋の逆襲が始まった

 全日本F3選手権は22日、スポーツランドSUGOで第9,10戦の公式予選を行い、両戦とも宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM'S F317)がポールポジションを獲得した。

第9戦、第10戦ともポールポジションの宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM\'S F317)

第9戦予選2、第10戦予選3位の小高一斗(カローラ中京Kuo TOM\'S F317)

第9戦予選3位、第10戦予選7位のシャルル・ミレッシ(YTB by Carlin)

第9戦予選6位、第10戦予選2位の大湯都史樹(TODA FIGHTEX)

 公式予選は午前10時15分より。コースはほドライコンディションとなった。ベストタイムで第9戦の、セカンドベストタイムで第10戦のグリッドが決定する。

 開始10分前、宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM'S F317)が1分13秒147でトップに立ったところで、山口大陸(タイロクレーシング28号)がSPコーナーでクラッシュしたため赤旗が提示される。

 セッションは午前10時34分に、残り16分で再開された。ここでエナム・アーメド(B-Max Racing with motopark F3)が1分13秒142で宮田を逆転してトップに立つ。

 この後、入念にタイヤを暖めてアタックを開始した宮田が1分12秒604と2位以下を大きく上回るタイムでトップ立った。

 他のドライバーもアタックを始めるが終盤には再びコースに雨が落ち始めたためタイムが振るわず、。宮田のポールポジションが確定した。2位には小高一斗(カローラ中京Kuo TOM'S F317)が付け、チームトムスが1-2。3位にはシャルル・ミレッシ(YTB by Carlin)が入った。

 第10戦は、赤旗前に出したタイムで宮田がダブルポール。2位には大湯都史樹(TODA FIGHTEX)が入り、3位には小高が付けている。

 ここまでこのシリーズを圧倒しているサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)は第9戦5位、第10戦6位と終盤の雨に泣かされた。

 マスタークラスはDRAGON(TEAM DRAGON F3)が両戦ともポールポジションを獲得した。

 第9戦は本日22日、午後3時10分より18周で、第10戦は明日23日、午前10時20分より25周で行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum

Japanese F3

JF3:第10戦SUGO公式予選結果

SUPER FORMULA Rd.3 -RIJ- (2019/06/22) Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2019 Japanese Fomura3 Championship Round 10 スポーツランドSUGO 3.704256km

PosNoClsDriverCar
Maker Model
Engine TimeBehindGapkm/h
136宮田 莉朋カローラ中京Kuo TOM'S F317
Dallara F317
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1'13.147--182.309
22大湯 都史樹TODA FIGHTEX
Dallara F319
TODA
TR-F301
1'13.256 0.109 0.109182.037
337小高 一斗カローラ中京Kuo TOM'S F317
Dallara F317
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1'13.379 0.232 0.123181.732
411サッシャ・フェネストラズB-Max Racing with motopark F3
Dallara F314
Volkswagen
Spiess A41
1'13.428 0.281 0.049181.611
565エナム・アーメドB-Max Racing with motopark F3
Dallara F312
Volkswagen
Spiess A41
1'13.478 0.331 0.050181.487
68片山 義章YTB by Carlin
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
1'13.503 0.356 0.025181.426
77シャルル・ミレッシYTB by Carlin
Dallara F317
Volkswagen
Spiess A41
1'13.845 0.698 0.342180.585
812大津 弘樹ThreeBond F318
Dallara F318
ThreeBond
TOMEI TB14F3
1'13.883 0.736 0.038180.492
935河野 駿佑RS FINE K&N F318
Dallara F318
Mercedes-Benz
HWA 414
1'14.063 0.916 0.180180.054
1051アメヤ・ベイディアナサンB-Max Racing with motopark F3
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
1'14.077 0.930 0.014180.020
1130MDRAGONTEAM DRAGON F3
Dallara F314
Volkswagen
Spiess A41
1'14.995 1.848 0.918177.816
1213三浦 愛ThreeBond F314
Dallara F314
ThreeBond
TOMEI TB14F3
1'15.307 2.160 0.312177.079
1328M山口 大陸タイロクレーシング28号
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
1'15.695 2.548 0.388176.172
145M久保田 克昭Planex・スマカメF3
Dallara F315
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1'16.824 3.677 1.129173.583
---- 以上基準タイム(110% - 1'20.587)予選通過 ----

Japanese F3

JF3:第9戦SUGO公式予選結果

SUPER FORMULA Rd.3 -RIJ- (2019/06/22) Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2019 Japanese Fomura3 Championship Round 9 スポーツランドSUGO 3.704256km

PosNoClsDriverCar
Maker Model
Engine TimeBehindGapkm/h
136宮田 莉朋カローラ中京Kuo TOM'S F317
Dallara F317
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1'12.604--183.672
237小高 一斗カローラ中京Kuo TOM'S F317
Dallara F317
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1'13.105 0.501 0.501182.413
37シャルル・ミレッシYTB by Carlin
Dallara F317
Volkswagen
Spiess A41
1'13.105 0.501 0.000182.413
465エナム・アーメドB-Max Racing with motopark F3
Dallara F312
Volkswagen
Spiess A41
1'13.142 0.538 0.037182.321
511サッシャ・フェネストラズB-Max Racing with motopark F3
Dallara F314
Volkswagen
Spiess A41
1'13.190 0.586 0.048182.201
62大湯 都史樹TODA FIGHTEX
Dallara F319
TODA
TR-F301
1'13.223 0.619 0.033182.119
78片山 義章YTB by Carlin
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
1'13.377 0.773 0.154181.737
812大津 弘樹ThreeBond F318
Dallara F318
ThreeBond
TOMEI TB14F3
1'13.737 1.133 0.360180.850
935河野 駿佑RS FINE K&N F318
Dallara F318
Mercedes-Benz
HWA 414
1'13.904 1.300 0.167180.441
1051アメヤ・ベイディアナサンB-Max Racing with motopark F3
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
1'14.022 1.418 0.118180.153
1130MDRAGONTEAM DRAGON F3
Dallara F314
Volkswagen
Spiess A41
1'14.781 2.177 0.759178.325
1213三浦 愛ThreeBond F314
Dallara F314
ThreeBond
TOMEI TB14F3
1'15.019 2.415 0.238177.759
1328M山口 大陸タイロクレーシング28号
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
1'15.019 2.415 0.000177.759
145M久保田 克昭Planex・スマカメF3
Dallara F315
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1'16.405 3.801 1.386174.535
---- 以上基準タイム(110% - 1'20.232)予選通過 ----

SUPER FORMULA

SF:第3戦SUGOフリー走行1回目 関口雄飛がトップタイム

 スーパーフォーミュラ第3戦は22日、スポーツランドSUGOでフリー走行を行い関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19)が、トップタイムを記録した。

フリー走行1回目: トップタイムは関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19) フリー走行1回目: 2位は山本尚貴(DOCOMO DANDELION M1S SF19) フリー走行1回目: 3位は小林可夢偉(KCMG Elyse SF19)

 フリー走行は午前9時より1時間1分で行われた。昨夜からの雨も早朝には上がり、上空には時折薄日が差す。所々ウェットパッチが残るもののレコードラインはほほドライ。ウェット宣言が出され、徐々にコンディションが回復する中で、セッションは進行した。

 序盤は、路面の回復を待ってピットで待機、またはウェットタイヤを履いて1周回るのみでピットで待機するドライバーが多く、20分過ぎにようやく全ドライバー、ドライタイヤを履いての走行が始まった。

 ここでトップタイムを記録したのが1分5秒471で山本尚貴(DOCOMO DANDELION M1S SF19)。2位には小林可夢偉(KCMG Elyse SF19)が、3位には野尻智紀(TEAM MUGEN SF19)が続く。

 上位陣の順位は変わらず、膠着状態でセッションは推移したが、残り15分アーテム・マルケロフ(UOMO SUNOCO SF19)が1コーナーでコースアウトして車両回収のため赤旗が提示された。

 セッションは午前9時54分に再開。1分間延長され残り7分での走行となった。ここでトップに立ったのは1分5秒284で関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19)。山本は2位に、小林は3位に落ちた。

 以下、4位に牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING SF19)、5位にアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING SF19)のナカジマ勢が続き、6位には山下健太(ORIENTALBIO KONDO SF19)が付けた。

 公式予選はこの後午後12時30分よりノックアウト方式で行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum

SUPER FORMULA

SF:第3戦SUGOフリー走行1回目結果

スーパーフォーミュラ第3戦 -RIJ- (2019/06/22) Free Practice 1 Weather:Cloudy Course:Dry
2019 SUPER FORMULA Round 3 スポーツランドSUGO 3.704256km

PosNoDriverCar
Team
Engine TimeBehindGapkm/h
119関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'05.284--204.266
21山本 尚貴DOCOMO DANDELION M1S SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'05.471 0.187 0.187203.683
318小林 可夢偉KCMG Elyse SF19
carrozzeria Team KCMG
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'05.533 0.249 0.062203.490
465牧野 任祐TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'05.543 0.259 0.010203.459
564アレックス・パロウTCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'05.601 0.317 0.058203.279
63山下 健太ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'05.613 0.329 0.012203.242
716野尻 智紀TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
1'05.641 0.357 0.028203.155
820平川 亮ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'05.650 0.366 0.009203.128
936中嶋 一貴VANTELIN KOWA TOM’S SF19
VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'05.690 0.406 0.040203.004
1038石浦 宏明JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'05.769 0.485 0.079202.760
1115ダニエル・ティクトゥムTEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda
M-TEC HR-417E
1'05.854 0.570 0.085202.498
1237ニック・キャシディVANTELIN KOWA TOM’S SF19
VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'05.916 0.632 0.062202.308
135福住 仁嶺DOCOMO DANDELION M5Y SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'05.953 0.669 0.037202.194
144国本 雄資ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'06.003 0.719 0.050202.041
1551ハリソン・ニューウェイGOLDEX TAIROKU RACING SF19
B-Max Racing with motopark
Honda
M-TEC HR-417E
1'06.113 0.829 0.110201.705
1617塚越 広大REAL SF19
REAL RACING
Honda
M-TEC HR-417E
1'06.221 0.937 0.108201.376
178大嶋 和也UOMO SUNOCO SF19
UOMO SUNOCO TEAM LEMANS
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'06.228 0.944 0.007201.355
1850ルーカス・アウアーRed Bull SF19
B-Max Racing with motopark
Honda
M-TEC HR-417E
1'06.369 1.085 0.141200.927
1939坪井 翔JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'07.217 1.933 0.848198.392
207アーテム・マルケロフUOMO SUNOCO SF19
UOMO SUNOCO TEAM LEMANS
TOYOTA
TRD Biz-01F
1'08.314 3.030 1.097195.206

S-FJオートポリスシリーズ

SFJ:第3戦オートポリス 吉田宣弘がポール・トゥ・ウイン! 熟練の強さを見せつけた

 S-FJオートポリスシリーズ二日目の第3戦。朝は曇り空ではあったものの徐々に回復し、昨日とは打って変わり青空が広がり路面もドライコンディションに。

 連戦の場合、予選のトップタイムで土曜日の決勝、セカンドタイムで日曜日の決勝のポジションを決めることが多いが、今回は第3戦も改めて予選が組まれており、選手たちも気持ち新たに予選に臨んだ。

 そして予選トップタイムでポールポジションを獲得したのは元オートポリスシリーズチャンプで現在鈴鹿シリーズ戦をメインとしている吉田宣弘(G-Yoshida☆KKS-Ⅱ)。

 フロントローには第2戦に続き下野璃央(Dorago CORSE 10V)。そして荒川麟(Dorago CORSE 10V)が3番手に。4番手、吉元陵(安藤商会オートパンサーNEO鹿児島ED)、5番手、篠田義仁(イワモトレーシング制動屋シノジュウ)、6番手、川地欽也(GYAN GARAGE☆EKC☆SPV)7番手、益田富雄(KMTS RTミストKK-SⅡ)、8番手、浜久保太一(PLORISSA WEST)と続いた。

 決勝戦、スタートで下野が出遅れ、その隙に荒川が抜け出しトップの吉田に迫り、そのすぐ後ろを吉元が追う展開に。4番手にポジションを上げた篠田が下野、益田を従え第二集団を形成。

 周回を重ねる毎に3番手の吉元は「前の2台に付いていって抜くチャンスを伺いたかったが、中盤から苦しくなってきて前のペースに付いていけなくなった」と、トップの2台から徐々に離され、優勝争いは吉田と荒川の二台に。

 第二集団では、下野はスタートの出遅れを取り戻すかのような走りで終盤には4位に浮上。益田も5位にポジションを上げ下野を猛追。6位にポジションダウンした篠田は思うようにペースを上げることができず、すぐ後ろに迫っていた浜久保からポジションを守るので精一杯だった。

 「結構なタイヤカスを拾ってしまって……」と、終盤ペースを落とした吉田であったが2位の荒川にコンマ8秒の差をつけポール・トゥ・ウインを達成し表彰台の頂点に立った。

Text & Photo: Koji IKEDA

S-FJオートポリスシリーズ

SFJ:第2戦オートポリス昨年シリーズチャンピオンの荒川麟が、雨のオートポリス第2戦を制す

 6月15日と16日の二日間にかけ開催されるS-FJオートポリスシリーズ第2戦・第3戦。今年から全国で転戦するジャパンチャレンジ第2回戦でもある。(第1回戦は筑波)

 土曜日の第2戦は、朝から雨と霧が立ちこめるオートポリスウェザー。レース進行の遅れが懸念されたが、直前に霧が晴れた為、オンタイムで予選が開催された。

 予選でトップタイムを叩き出したのは遠征組で昨年のシリーズチャンピオンの荒川麟(Drago CORSE 10V)。雨は得意な方だと語る荒川は、2番手のチームメイト下野璃央Drago CORSE 10V)にコンマ8秒の差を付けポールポジションを獲得。

 下野は「赤旗が出てアタックする周回が少なくなってしまって……」と悔しさを滲ませたが、初めてのオートポリスでフロントローにつけた。

 3番手に現在鈴鹿シリーズに参戦中の吉元陵(安藤商会オートパンサーNEO鹿児島ED)、4番手に篠田義仁(イワモトレーシング制動屋シノジュウ)、5番手に第1戦チャンピオンの益田富雄(KMTS RTミストKKSⅡ)、6番手にはオートポリスを走るのは数年ぶりと語る吉田宣弘(G Yoshida☆KKS)が続いた。

 決勝前には小康状態だった雨も、決勝スタート進行と共に雨脚が強くなりはじめ、波乱のレースが予想された。決勝、ブラックアウトと同時にスタートを決めた荒川に対しフロントローの下野はスタートで出遅れ6番手にドロップしてしまう。

 序盤、下野と入れ替わる形で吉元が2番手に付け、篠田、吉田、益田、下野とレースを形成。

 中盤では、荒川は降りしきる雨の中プッシュし続け後方との差を徐々に広げ、2位の吉元も単独走行という展開。一方で6番手まで沈んでいた下野であったが4番手まで浮上。吉田と下野の激しい攻防戦が繰り広げられたが、8周目の第2ヘアピンで双方ともスピンを喫し、吉田は順位を落とした代わりに篠田が3位に浮上。下野はそのまま自走でピットへと戻りリタイアとなった。

 スタートから誰にもトップを明け渡すことがなかった荒川は、2位と16秒もの大差を付け、雨の降りしきるオートポリスシリーズ第2戦をポール・トゥ・ウインで勝利した。

Text & Photo: Koji IKEDA

SUPER FORMULA

SF:第3戦SUGO 予選Q1は2グループで実施

 株式会社日本レースプロモーションは13日、6月22日(土)23日(日)に宮城県スポーツランドSUGOで開催される2019年全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦の公式予選Q1を2グループに分けて行うと発表した。大会特別規則書17条3に準拠する。詳細は以下の通り。

  1. 公式予選Q1を2つのグループ(A組とB組)に分けて実施する
  2. グループ分けの方法は抽選とする
  3. 参加車両が複数のエントラントは、それぞれ別の組とする
  4. 公式予選Q1は各組10分間の走行とする
  5. 各組の上位6台がその次のセッション(Q2)へ進出する
  6. 公式予選通過基準タイムは、Q1各組において達成された同組1位タイムの107%以内とする
  7. Q2に進出できなかった車両には、Q1で最も速いタイムを記録した組のQ1順位7番に総合予選順位13番が与えられ、別の組のQ1順位7番に総合予選順位14番が与えられる。以降交互に総合予選順位が決定される
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI

Japanese F3

JF3:第8戦岡山決勝会見 「レースの外では友達ですけど、レースの中では友達じゃないぞってことで思いっきりいきました」(片山義章)

決勝フォトセッション: トップ3のドライバー

第8戦優勝 #8片山義章(OIRC team YTB)
決勝記者会見: 優勝した片山義章(OIRC team YTB) 岡山はスタートが勝負だっていうのをずっと思ってて、スタートにだけ集中しました。バトルになりましたがなんとか抜くことができて、そこから全力尽くしてプッシュして、最後のチェッカーまで走りきることができました。2回ぐらいストップした車両があったので、セーフティーカーが出るのかなとヒヤヒヤしましたが、全力で押さえるところをキッチリ押さえて走れば大丈夫だと思いました。昨日の(宮田)莉朋選手との25周のバトルが本当に辛かったですし、クルマのバランスも昨日の方が辛かったです。今日は本当に全力を出しきることができました。表彰台の一番上に立ちたいとずっと思っていましたが、実際に立ってみても今ひとつ実感が湧いてませんけど、すごい嬉しいです。SUGOも好きなサーキットですし、少し前にB-MAXと合同テストもしたので、次もサッシャと全力でぶつかって勝負したいと思います。一つ前のレースでサッシャに競り負けちゃったんで、今回は絶対負けないぞと思ってスタートに臨みました。レースの外では友達ですけど、レースの中では友達じゃないぞってことで思いっきりいきました。
第8戦決勝2位 #11サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark)
決勝記者会見: 2位のサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark) 総合的にはいいレースでした。やはりスタートがカギになると思っていましたが、(片山)ヨシがすごくいいスタートを切ったので、当たるといけないと思い、前に出してしまいました。とりあえず週末を通じていいレースができたと思うし、こうやってヨシとファイトできたのも嬉しかった。ヨシにプレッシャーをかけて抜こうとしましたがなかなかギャップが縮まりませんでした。やはりここはオーバーテイクが難しいコースなので、チャンスがありませんでした。それでもファステストラップは獲れたのは嬉しいし、ヨシが勝ったのも嬉しく思います。次のSUGOもここと同じで抜きどころの少ない小さなサーキットで、予選とスタートが鍵になると思いますが、そこでもトップに立ちたいと思います。とても楽しみにしています。チームともいい関係を築けているので、勝てるだけかち、獲れるだけポイントを獲りたいです。
第8戦決勝3位 #36宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)
決勝記者会見: 3位の宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM\'S) スタートが良くなくて、前に追いついても距離は縮められませんでした。そのあとは順位変動もなく、トップも2番手もいいペースで走っていたので、ファステストラップを争う感じだな、という感じでした。二人がファステストラップを出した時に、1コーナーでコースアウトした車両が見えて、そこにいたマーシャルカーをセーフティーカーと見間違えて一瞬スローダウンしてしまいました。その間に差を広げられてしまいました。ペース的にはその辺がピークで、そのあとはどう頑張っても差を縮められませんでした。SUGOは他のチームがテストをしていると聞いています。今年に関しては周りの方が走行距離は多いんですが、岡山でもテストをしていない中でも、事前に打ち合わせしたことがレースウィークに反映されているので、SUGOも走っていないからといっても自信を失わずにベストを尽くします。予選が重要なので、そこでトップタイムを出せるクルマとドライビングを作り上げていきます。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI

Japanese F3

JF3:第8戦岡山決勝 #8片山が初の全日本F3総合優勝!

2019全日本F3選手権第8戦の決勝が6月9日、岡山国際サーキットで行われ、予選2位からスタートした#8片山義章(YTB by Carlin)が接戦を制し、Nクラスからステップアップして3年目で遂に初の全日本F3総合優勝を成し遂げた。

18周の決勝がスタートした レース序盤のトップ争い 優勝は片山義章(YTB by Carlin) 決勝2位はサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3) 決勝3位は宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM\'S F317) マスタークラス優勝はDRAGON(TEAM DRAGON F3) トップでゴールする片山義章(YTB by Carlin) 優勝した片山義章(OIRC team YTB) 優勝した片山義章とチーム監督のリチャード・ライアン(OIRC team YTB) 優勝した片山義章と父の岡山国際サーキット社長・片山義規氏 表彰式 マスタークラスの表彰式

第8戦決勝は午後2時15分より18周で行われた。天候は晴れ。今週末は3レースともドライコンディションでの戦いとなった。

第7戦で初の表彰台を獲得した片山はこのレースでも抜群のスタートを見せて#11サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)を抜き去り、トップで1コーナーに飛び込むと、その後もフェネストラズ、#36宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM'S F317)の二人を従えて着実に周回を重ねる。

2位のフェネストラズは序盤から片山を上回るペースで追い上げを図るが、最後まで攻略の糸口を見いだすことができず、レースはそのまま片山がトップでフィニッシュ。しかしそれでもフェネストラズは4周目に1'23.830のファステストラップを記録し、しぶとく1ポイントを追加してみせた。

マスタークラスは#30DRAGON(TEAM DRAGON F3)が今季初優勝を飾っている。

全日本F3選手権はこのあと、6月22、23日に宮城県のスポーツランドSUGOに舞台を移して第9戦、第10戦を行う。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum

Japanese F3

JF3:第8戦岡山決勝結果

Super F3 Race in OKAYAMA -RIJ- (2019/06/09) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2019 Japanese Fomura3 Championship Round 8 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
EngineLapTotal_Time
Behind
18片山 義章YTB by Carlin
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
1825'22.439
211サッシャ・フェネストラズB-Max Racing with motopark F3
Dallara F314
Volkswagen
Spiess A41
180.948
336宮田 莉朋カローラ中京Kuo TOM'S F317
Dallara F317
TOYOTA
TOM'S TAZ31
181.624
437阪口 晴南カローラ中京Kuo TOM'S F317
Dallara F317
TOYOTA
TOM'S TAZ31
185.798
57シャルル・ミレッシYTB by Carlin
Dallara F317
Volkswagen
Spiess A41
188.633
62大湯 都史樹TODA FIGHTEX
Dallara F319
TODA
TR-F301
1812.771
735河野 駿佑RS FINE K&N F318
Dallara F318
Mercedes-Benz
HWA 414
1818.743
851アメヤ・ベイディアナサンB-Max Racing with motopark F3
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
1823.354
912大津 弘樹ThreeBond F318
Dallara F318
ThreeBond
TOMEI TB14F3
1824.455
1030M1DRAGONTEAM DRAGON F3
Dallara F314
Volkswagen
Spiess A41
1835.885
1128M2山口 大陸タイロクレーシング28号
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
1842.219
1213三浦 愛ThreeBond F314
Dallara F314
ThreeBond
TOMEI TB14F3
1842.390
---- 以上規定周回数(90% - 16Laps)完走 ----
-5M-久保田 克昭Planex・スマカメF3
Dallara F315
TOYOTA
TOM'S TAZ31
126Laps
-*65エナム・アーメドB-Max Racing with motopark F3
Dallara F312
Volkswagen
Spiess A41
018Laps
  • Fastest Lap: CarNo.11 サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3) 1'23.830 (4/18) 159.022km/h
  • CarNo.65は、2019全日本F3統一規則第15条1.(危険なドライブ行為)により、訓戒およびペナルティーポイント1点を科した。

Japanese F3

JF3:第7戦岡山決勝会見 「唯一の見せ場だったのに。映してくださいよ(笑)」(阪口晴南)

決勝フォトセッション: トップ3のドライバー

第7戦優勝 #36宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)
決勝記者会見: 優勝した宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM\'S) チャンスはスタートと1コーナーしかないと思っていたので、集中していきましたが、それがうまく決まってトップに立つことができました。それからはギャップを作ることと、10周目までにファステストラップを出すことを目標に走りました。でもサッシャ選手も速くて、自分としてはベストを尽くしましたが、ファステストラップを取られてしまい、ボーナスの1点は取れませんでした。でもとりあえず優勝したことだけでも嬉しいですし、素晴らしいクルマを作ってくれたチームに感謝しています。(セーフティーカーが導入されたことについて)またか、と思いました。鈴鹿大会でもリードを広げたいところでセーフティーカーが入ってしまったので、今回も嫌な展開になったなと思いました。最終ラップはアトウッドまででマージンを広げないと逆転されるなと覚悟して臨みました。嫌な展開でしたが、守りきれたのは良かったです。次のレースはまた3番手からです。追い越せるのはやはりスタートから1コーナーまでだと思うので、スタートに集中して一つでもポジションを上げられたらと思うし、ファステストも取れたらいいなと思います。ベストを尽くして頑張ります。
第7戦決勝2位 #11サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark)
決勝記者会見: 2位のサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark) 2位に終わったのは残念です。昨日のレースでレッドランプが長かった影響でクラッチを痛めてしまったので、今日は新しいクラッチに交換してレースに臨みました。スタート練習でも感触を確かめていたんですが、スタートで失敗してしまいました。その後はなかなか追いつくことができませんでした。セーフティーカーが入ったことでチャンスが生まれたと思いましたが、ペースが思ったより遅くて、9コーナーで前に詰まってスライドしてしまいました。そこで鈴鹿での接触のことを思い出してしまい、それだけは避けたいと思ってしまいました。その後は宮田選手のペースが速かったし、このサーキットは抜きどころが少ないので、抜くことはできませんでした。それでもファステストラップの1ポイントは獲れたし、全体的にはいいレースだったと思います。このあともう1戦レースがありますから、そこで優勝してファステストラップも獲りたいと思います。
第7戦決勝3位 #37阪口晴南(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)
決勝記者会見: 3位の阪口晴南(カローラ中京Kuo TEAM TOM\'S) 今回スポット参戦ではありますが、トムスの37号車をドライブできることを嬉しく思いますし、機会を与えてくださった皆さんには感謝しています。10月の富士以来の久々のF3だったので、今週は自分のアジャストから入り専有走行の最後のところでクルマのことを理解できたかなと思います。うまく積み重ねていって、非常にいい状態で金曜日を終えられましたが、土曜日の朝にコンディションが変わったことにうまく対応できませんでした。昨日のレースでもトップ3についていけるペースで走れていたので、予選の結果が悔やまれます。今のレースは4番手と、今週末の3レースの中では一番いいグリッドからのスタートだったので、ここしかチャンスがないと思っていました。1周目でうまくポジションを上げて3番手に上げられましたが、36番の後ろに37番を連ねてチェッカーを受けることが今回の僕の仕事だと思っていたので、そういう意味では悔しいです。(片山選手を抜いた状況は)アトウッドで僕の方がうまくトラクションをかけられたので、バックストレートでアウトから並走に持ち込み、ブレーキング勝負で前に出ました。唯一の見せ場だったのに、(ビジョンに)映してくださいよ(笑)。次は5番手からのスタートですが、また表彰台に戻ってこれるように、スタートから集中していくしかありませんね。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI

Japanese F3

JF3:第7戦岡山決勝 #36宮田が今季2勝目を獲得もファステストラップは#11フェネストラスのものに

18周の決勝がスタートした

1周目ヘアピン手前でアウトから片山義章をパスする阪口晴南

1コーナーでクラッシュした大津弘樹(ThreeBond F318)

レースはセーフティーカーが導入された

優勝は宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM\'S F317)

決勝2位はサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)

決勝3位は阪口晴南(カローラ中京Kuo TOM\'S F317)

マスタークラス優勝は山口大陸(タイロクレーシング28号)

トップでゴールする宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM\'S F317)

2019全日本F3選手権第7戦の決勝が6月9日、岡山国際サーキットで行われ、予選2位からスタートした#36宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM'S F317)が今季2勝目を挙げた。

第6戦決勝は午前10時より18周で行われた。この日の天候も昨日に続いて晴れ。絶好のレース日和のもとでの戦いとなった。

スタートではポールシッターの#11サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)がやや出遅れた格好になり、イン側から好発進を決めた宮田がトップで1コーナーに飛び込む。その後方では今回スポット参戦の#37阪口晴南(カローラ中京Kuo TOM'S F317)がヘアピン進入で#8片山義章(YTB by Carlin)を抜いて3位でコントロールラインに戻ってきた。

トップ2台は序盤から1分22秒台のハイペースで飛ばし、互いにファステストラップを更新し合う展開になる。3周目に宮田が1'22.798を記録すると、5周目にはフェネストラズが1'22.586を記録。その後も1分22秒台で周回を重ねる宮田だったが、5周目に1'22.742を記録するにとどまり、ファステストラップの1ポイントはフェネストラズのものに。

レースはその後、13周目の1コーナーで#12大津弘樹(ThreeBond F318)がクラッシュしたためにセーフティーカーが導入されることになり、18周目のファイナルラップでようやく追い越しが可能となったが、宮田は最後までトップを守りきり、第2戦鈴鹿以来の今季2勝目を挙げた。2位はフェネストラズ、今回限りのスポット参戦となった阪口が3位で表彰台を獲得した。

マスタークラスは#5久保田克昭(Planex・スマカメF3)が昨日に続いてジャンプスタートでドライビングスルーペナルティを課せられる一方で、予選トップの#28山口大陸(タイロクレーシング28号)が最後までトップを守りきって優勝している。

全日本F3選手権の第8戦決勝はこのあと午後2時15分より18周で行われる。

優勝した宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM\'S) 表彰式 マスタークラスの表彰式

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum
Hiroyuki MINAMI

Japanese F3

JF3:第7戦岡山決勝結果

Super F3 Race in OKAYAMA -RIJ- (2019/06/09) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2019 Japanese Fomura3 Championship Round 7 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
EngineLapTotal_Time
Behind
136宮田 莉朋カローラ中京Kuo TOM'S F317
Dallara F317
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1829'59.561
211サッシャ・フェネストラズB-Max Racing with motopark F3
Dallara F314
Volkswagen
Spiess A41
180.926
337阪口 晴南カローラ中京Kuo TOM'S F317
Dallara F317
TOYOTA
TOM'S TAZ31
181.768
48片山 義章YTB by Carlin
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
182.559
57シャルル・ミレッシYTB by Carlin
Dallara F317
Volkswagen
Spiess A41
183.521
62大湯 都史樹TODA FIGHTEX
Dallara F319
TODA
TR-F301
184.590
765エナム・アーメドB-Max Racing with motopark F3
Dallara F312
Volkswagen
Spiess A41
185.052
835河野 駿佑RS FINE K&N F318
Dallara F318
Mercedes-Benz
HWA 414
185.718
928M1山口 大陸タイロクレーシング28号
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
187.399
1030M2DRAGONTEAM DRAGON F3
Dallara F314
Volkswagen
Spiess A41
187.946
1113三浦 愛ThreeBond F314
Dallara F314
ThreeBond
TOMEI TB14F3
189.941
1251アメヤ・ベイディアナサンB-Max Racing with motopark F3
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
1810.390
13*5M3久保田 克昭Planex・スマカメF3
Dallara F315
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1812.348
---- 以上規定周回数(90% - 16Laps)完走 ----
-12大津 弘樹ThreeBond F318
Dallara F318
ThreeBond
TOMEI TB14F3
126Laps
  • Fastest Lap: CarNo.11 サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3) 1'22.586 (5/18) 161.417km/h
  • CarNo.5は、2019全日本F3統一規則第31条7.(スタート手順違反)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。

S-FJ岡山シリーズ

SFJ:第3戦岡山決勝 菊池宥孝が2連勝で単独ポイントリーダーに。2位に入山翔が、3位に村松日向子が入る

 スーパーFJ第3戦岡山シリーズは8日、岡山国際サーキットで決勝を行い、ポールポジションからスタートした菊池宥孝(ラインアップKRS KKS-Ⅱ)が12周・20分18秒253で優勝した。

 決勝は午後4時、9人のドライバーが参加してフォーメーションラップが始まったが、上吹越哲也(FTK・レヴレーシングガレージ)がストップしたため8人がグリッドに付きスタートが切られた。

 ポールポジションの菊池宥孝(ラインアップKRS KKS-Ⅱ)がトップで1コーナーに向かう一方、予選4位の貫戸幸星(LAPS萬願亭KRS・KKS2)が素晴らしいスタートで2位に上がる。しかし、貫戸はオープニングラップで予選2位の村松日向子(Rn-Sports制動屋KK-S2)、予選3位の入山翔(giddy up KKSⅡ yamasyo)にかわされ、1周目のホームストレートには予選順位どおり、菊池、村松、入山、貫戸の順で戻ってきた。

 トップに立った菊池は徐々に後続を離し始めるが、2位の村松と3位の入山は接近戦。6周目にはバックストレッチでアウトから入山が村松に並びかけるが抜けず、次周7周目には同所で入山が村松のインに飛び込みトップに躍り出た。

 2位に上がった入山とトップ菊池の差はこの7周目には2秒。ここから入山はファステストラップを更新しながらトップ菊池との差を詰め始めるが、1秒まで迫ったところで12周を回りチェッカー。菊池が逃げ切り第2戦に続き2連勝、岡山S-FJシリーズの単独ポイントリーダーに立った。2位には入山が、3位には入山にパスされた後も食い下がった村松が入った。

 4位には上位3人から大きく遅れて貫戸が、5位には前田大道(ELEVコンドルゼンカイウィンズkks2)が、6位には宇高希(NOAVICレプリKK-SⅡ)が入った。

 第4,5戦は7月27日・28日に「サマーフェスティバルin岡山」として開催される。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum

Japanese F3

JF3:第6戦岡山決勝会見 「周回を重ねるごとにコースに慣れ、チームも改善点を見出してきたけど、攻略法ならヨシに聞いた方がいいんじゃないかな?」(サッシャ・フェネストラス)

決勝フォトセッション: トップ3のドライバー

第6戦優勝 #11サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark)
決勝記者会見: 優勝したサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark) いいレースでした。スタートもクリーンに決められましたが、赤ランプが消えるまでが長かったですね。チームメイトはそれでジャンプスタートをしたのかなと思います。そのせいもあり、序盤からギャップを広げることはできませんでしたが、中盤からは自分のペースでレースを進めることができ、ギャップを作ることもできました。ファステストラップも最初は自分が記録していましたが、中盤になって宮田選手にベストを塗り替えられてしまいました。彼はニュータイヤを履いていたし、片山選手のスリップストリームも使えたんだろうと思いますが、その点だけが残念でしたね。でも全体としてはいいレースだったし、満足しています。明日も同じように勝って、ファステストラップを記録したいと思います。昨日から周回を重ねるごとにコースに慣れてきていて、それにつれて速く走れるようになりました。チームもどんどん改善点を見出してきています。でもコースの攻略法に関してはヨシ(片山義章)の方が詳しいんじゃないかな。
第6戦決勝2位 #8片山義章(OIRC team YTB)
決勝記者会見: 2位の片山義章(OIRC team YTB) 今日のレースは予選が全てだと思っていて、ポールポジションを獲りたかったんですが、それはうまくいきませんでした。そこでスタートを決めてやろうと思っていたんですけど、みんなも上手くて結局順位は変わりませんでした。レース中はクルマのバランスがいまひとつで、特にリヤが厳しくてペースが上がらず、宮田莉朋選手がすごく速かったので、集中を切らさないように心がけて最後まで走りきりました。F3で最高位を獲得してすごく嬉しいです。明日も2レースとも表彰台に上がりたいなあと思います。今年からチームメイトが新しくできましたが、すごく速い選手なので互いに切磋琢磨して自分も速くなることができました。カーリンも日本のコースにどんどん慣れてきたので、今回はすごくいい結果に繋がりました。これからも調子を上げていきたいです。今日のレースの反省も明日につなげて、勝ちたいです。
第6戦決勝3位 #36宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)
決勝記者会見: 3位の宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM\'S) スタートに賭けたんですけど、思いの外シグナルが長くて。自分なりには決めたんですけど、順位を上げるまでには至りませんでした。後ろからすごく速いスタートをした選手もいたので、それにびっくりしたところもありました。そのあとはこちらの方がペースが速かったんですが、抜くのは難しかったです。セクター1で追いつくとダウンフォースが抜けてセクター2で離されて、でまた追いついて、の繰り返しになりました。抜くとしたらバックストレートか、そのあとのヘアピンだったんですが、そこまでに距離を詰めるのが難しかったです。オートポリスでなぜ遅かったのか。失敗してしまったのかをチームと分析して、それを踏まえて今回来ました。それもあって予選では1回目にトップに立てましたが、2回目で失敗してしまい、チームには申し訳ないことをしてしまいました。明日の朝は2番手からで、スタートで前に立てる可能性は高いので、まずはスタートに集中して、前に出られれば抑え切れると思うので、まずは優勝を目指して、ファステストの貴重な1ポイントも獲りたいです。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI

S-FJ岡山シリーズ

SFJ:第3戦岡山決勝結果

Super F3 Race in OKAYAMA -RIJ- (2019/06/08) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2019 S-FJ岡山シリーズ Round 3 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoDriverCar
Maker Model
LapTotal_Time
Behind
12菊池 宥孝ラインアップKRS KKS-Ⅱ
KK-S2
1220'18.253
222入山 翔giddy up KKSⅡ yamasyo
KK-S2
121.188
358村松 日向子Rn-Sports制動屋KK-S2
KK-S2
121.505
46貫戸 幸星LAPS萬願亭KRS・KKS2
KK-S2
1210.738
572前田 大道ELEVコンドルゼンカイウィンズkks2
KK-S2
1213.296
670宇高 希NOAVICレプリKK-SⅡ
KK-S2
1219.199
781妹尾 俊郎SSEC☆KRS☆10V
RD10V
1228.975
871林 寛樹ZENKAI RACINGウインズED
KK-S2
1259.466
---- 以上規定周回数(90% - 10Laps)完走 ----
-9上吹越 哲也FTK・レヴレーシングガレージ
KK-S2
-DNS
  • Fastest Lap: CarNo.22 入山翔(giddy up KKSⅡ yamasyo) 1'40.553 (9/12) 132.575km/h

Japanese F3

JF3:第6戦岡山決勝 #11フェネストラスが4連勝を達成。#8片山も自己ベストの総合2位

2019全日本F3選手権第6戦の決勝が6月8日、岡山国際サーキットで行われ、ポールポジションからスタートした#11サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)が後続を大きく引き離し、第3戦オートポリス以来の4連勝を達成した。

25周の決勝がスタートした

優勝はサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)

決勝2位は片山義章(YTB by Carlin)

決勝3位は宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM\'S F317)

マスタークラス優勝はDRAGON(TEAM DRAGON F3)

優勝したサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark)

抱き合う優勝したサッシャ・フェネストラズと2位の片山義章

表彰式

マスタークラスの表彰式

決勝レースは午後2時25分より25周で行われた。スタートでトップに立ったのは予選5位の#65エナム・アーメド(B-Max Racing with motopark F3)。しかしこれは誰の目にも明らかなジャンプスタートによるもので、競技団は直ちにアーメドに対しドライブスルーペナルティーを科すことに。これにより3周目にトップに立った#11フェネストラズは、そこから一気に後続を突き放しにかかった。

2位は予選2位の#8片山義章(YTB by Carlin)。予選3位の#36宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM'S F317)が僅差で続くが、ここは抜きどころの少ない岡山。この決勝にニュータイヤを投入した宮田をもってしてもオーバーテイクのチャンスはなかなか訪れなかったため、レースが10周を過ぎたあたりから宮田は着実にファステストラップを獲得してフェネストラズのフルポイントを阻止する作戦に頭を切り替えた。

そして18周め。宮田は1'23.449を叩き出し、フェネストラズの1'23.468を上回ることに成功する。すかさずフェネストラズも20周目に1'23.406を記録するが、宮田は24周目に1'23.295を記録、見事ファステストラップの1ポイントを獲得してみせた。

しかし2位争いは最後まで片山が宮田の追撃を退け、自身初の総合2位を獲得している。

一方、ファステストラップ獲得はならなかったものの、レースはフェネストラズが13.858の大差をつけて優勝。第8戦のポールポジションを手にした。

マスタークラスは#30DRAGON(TEAM DRAGON F3)が#28山口大陸(タイロクレーシング28号)の追撃を僅差でしのいで優勝をものにしている。

全日本F3は明日午前10時より第7戦決勝、午後2時15分より第8戦決勝をいずれも18州で行う。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum

Japanese F3

JF3:第6戦岡山決勝結果

Super F3 Race in OKAYAMA -RIJ- (2019/06/08) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2019 Japanese Fomura3 Championship Round 6 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
EngineLapTotal_Time
Behind
111サッシャ・フェネストラズB-Max Racing with motopark F3
Dallara F314
Volkswagen
Spiess A41
25
28片山 義章YTB by Carlin
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
2513.858
336宮田 莉朋カローラ中京Kuo TOM'S F317
Dallara F317
TOYOTA
TOM'S TAZ31
2514.043
47シャルル・ミレッシYTB by Carlin
Dallara F317
Volkswagen
Spiess A41
2519.978
537阪口 晴南カローラ中京Kuo TOM'S F317
Dallara F317
TOYOTA
TOM'S TAZ31
2520.607
62大湯 都史樹TODA FIGHTEX
Dallara F319
TODA
TR-F301
2521.596
735河野 駿佑RS FINE K&N F318
Dallara F318
Mercedes-Benz
HWA 414
2530.029
851アメヤ・ベイディアナサンB-Max Racing with motopark F3
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
2535.036
912大津 弘樹ThreeBond F318
Dallara F318
ThreeBond
TOMEI TB14F3
2535.518
10*65エナム・アーメドB-Max Racing with motopark F3
Dallara F312
Volkswagen
Spiess A41
2541.751
1130M1DRAGONTEAM DRAGON F3
Dallara F314
Volkswagen
Spiess A41
2546.345
1228M2山口 大陸タイロクレーシング28号
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
2547.063
1313三浦 愛ThreeBond F314
Dallara F314
ThreeBond
TOMEI TB14F3
2553.629
14*5M3久保田 克昭Planex・スマカメF3
Dallara F315
TOYOTA
TOM'S TAZ31
241Lap
---- 以上規定周回数(90% - 22Laps)完走 ----
  • Fastest Lap: CarNo.36 宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM'S F317) 1'23.295 (24/25) 160.43km/h
  • CarNo.65,5は、2019全日本F3統一規則第31条7.(スタート手順違反)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。

S-FJ岡山シリーズ

SFJ:第3戦岡山公式予選 菊池宥孝がポールポジション、2位には村松日向子が入る

 スーパーFJ第3戦岡山シリーズは8日、岡山国際サーキットで公式予選を行い、菊池宥孝(ラインアップKRS KKS-Ⅱ)が1分40秒191でポールポジションを獲得した。

 公式予選は午前10時10分から15分間で8台が参加して行われた。雲は多いものの柔らかい日差しが降り注ぎ過ごしやすい中で予選は進行した。

 2周目には入山翔(giddy up KKSⅡ yamasyo)が、1分41秒155でトップに立つが、3周目には菊池宥孝(ラインアップKRS KKS-Ⅱ)が40秒438で逆転。菊池は毎周タイムを着実に縮め、5周目には40秒191を出してポールポジションを決めた。

 2位は6周目に1分40秒421で入山が付けていたが、7周目には村松日向子(Rn-Sports制動屋KK-S2)が40秒300でこれを上回り2位に浮上。入山は3位で予選を終えた。

 4位には貫戸幸星(LAPS萬願亭KRS・KKS2)が、5位には前田大道(ELEVコンドルゼンカイウィンズkks2)が、6位には宇高希(NOAVICレプリKK-SⅡ)が入った。

 決勝は本日8日、午後4時より12周で行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum

S-FJ岡山シリーズ

SFJ:第3戦岡山公式予選結果

Super F3 Race in OKAYAMA -RIJ- (2019/06/08) Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2019 S-FJ岡山シリーズ Round 3 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoDriverCar
Maker Model
TimeBehindGapkm/h
12菊池 宥孝ラインアップKRS KKS-Ⅱ
KK-S2
1'40.191--133.054
258村松 日向子Rn-Sports制動屋KK-S2
KK-S2
1'40.300 0.109 0.109132.909
322入山 翔giddy up KKSⅡ yamasyo
KK-S2
1'40.421 0.230 0.121132.749
46貫戸 幸星LAPS萬願亭KRS・KKS2
KK-S2
1'41.266 1.075 0.845131.641
572前田 大道ELEVコンドルゼンカイウィンズkks2
KK-S2
1'41.328 1.137 0.062131.561
670宇高 希NOAVICレプリKK-SⅡ
KK-S2
1'42.015 1.824 0.687130.675
781妹尾 俊郎SSEC☆KRS☆10V
RD10V
1'42.099 1.908 0.084130.567
871林 寛樹ZENKAI RACINGウインズED
KK-S2
1'45.573 5.382 3.474126.271

Japanese F3

JF3:第6戦、第7戦岡山公式予選 #11フェネストラスが連続ポール獲得。#8片山は初のフロントロー

全日本F3選手権第6戦、第7戦の公式予選が6月8日、岡山国際サーキットで行われ、#11サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)がベスト、セカンドベストともにトップで2戦連続でポールポジションを獲得した。

第6戦、第7戦ともポールポジションのサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)

第6戦予選2位、第7戦予選3位の片山義章(YTB by Carlin)

第6戦予選3位、第7戦予選2位の宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM\'S F317)

この大会にスポット参戦した阪口晴南(カローラ中京Kuo TOM\'S F317)は第6戦予選6位、第7戦予選4位

第6戦、第7戦ともマスタークラスポールポジションの山口大陸(タイロクレーシング28号)

公式予選は午前9時25分より30分間で行われた。前回のオートポリス大会に続いてここ岡山でも3レース制が採用されているため、この予選セッションで第6戦、第7戦のスターティンググリッドが決まり、第8戦については第6戦決勝の順位がそのままグリッド順となる。これに従い、使用できるドライタイヤも3セットまで許されることになっている。

この日の岡山は晴れ。終始ドライコンディションでの走行となった。上位陣の何名かが3セットのスリックタイヤをこの予選に投入、最初のアタックでは#36宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM'S F317)が1'22.680でトップに立ったが、2セット目のアタックで#11フェネストラズが1'22.270を叩き出すと、3セット目では1'22.431を記録して、ベスト、セカンドベスト共にトップタイムとなった。

2番手にはここをホームコースとする#8片山義章(YTB by Carlin)が1'22.564で続き全日本F3で初のフロントローを獲得した。しかしセカンドベストでは#36宮田が1'22.657と片山の1'22.660をわずかに上回って2位につけた。宮田はこの予選をタイヤ2セットで戦っており、最後の1セットを第6戦決勝に投入する作戦を採った。

また、今回小高一斗に代わって急遽37号車をドライブすることとなった#37阪口晴南(カローラ中京Kuo TOM'S F317)はベスト1'22.852で6位、セカンドベストは1'22.862で4位となっている。

第6戦決勝はこのあと午後2時40分より25周で。第7戦決勝は明日の朝10時より18州で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum

Japanese F3

JF3:第7戦岡山公式予選結果

Super F3 Race in OKAYAMA -RIJ- (2019/06/08) Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2019 Japanese Fomura3 Championship Round 7 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoClsDriverCar
Maker Model
Engine TimeBehindGapkm/h
111サッシャ・フェネストラズB-Max Racing with motopark F3
Dallara F314
Volkswagen
Spiess A41
1'22.431--161.721
236宮田 莉朋カローラ中京Kuo TOM'S F317
Dallara F317
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1'22.657 0.226 0.226161.279
38片山 義章YTB by Carlin
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
1'22.660 0.229 0.003161.273
437阪口 晴南カローラ中京Kuo TOM'S F317
Dallara F317
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1'22.862 0.431 0.202160.880
565エナム・アーメドB-Max Racing with motopark F3
Dallara F312
Volkswagen
Spiess A41
1'23.037 0.606 0.175160.540
67シャルル・ミレッシYTB by Carlin
Dallara F317
Volkswagen
Spiess A41
1'23.117 0.686 0.080160.386
72大湯 都史樹TODA FIGHTEX
Dallara F319
TODA
TR-F301
1'23.304 0.873 0.187160.026
812大津 弘樹ThreeBond F318
Dallara F318
ThreeBond
TOMEI TB14F3
1'23.312 0.881 0.008160.011
951アメヤ・ベイディアナサンB-Max Racing with motopark F3
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
1'23.616 1.185 0.304159.429
1035河野 駿佑RS FINE K&N F318
Dallara F318
Mercedes-Benz
HWA 414
1'23.680 1.249 0.064159.307
1128M山口 大陸タイロクレーシング28号
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
1'23.851 1.420 0.171158.982
1230MDRAGONTEAM DRAGON F3
Dallara F314
Volkswagen
Spiess A41
1'23.951 1.520 0.100158.793
1313三浦 愛ThreeBond F314
Dallara F314
ThreeBond
TOMEI TB14F3
1'24.563 2.132 0.612157.643
145M久保田 克昭Planex・スマカメF3
Dallara F315
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1'25.419 2.988 0.856156.064
----- 以上基準タイム(110% - 1'30.841)予選通過 ----

Japanese F3

JF3:第6戦岡山公式予選結果

Super F3 Race in OKAYAMA -RIJ- (2019/06/08) Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2019 Japanese Fomura3 Championship Round 6 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoClsDriverCar
Maker Model
Engine TimeBehindGapkm/h
111サッシャ・フェネストラズB-Max Racing with motopark F3
Dallara F314
Volkswagen
Spiess A41
1'22.270--162.037
28片山 義章YTB by Carlin
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
1'22.564 0.294 0.294161.460
336宮田 莉朋カローラ中京Kuo TOM'S F317
Dallara F317
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1'22.652 0.382 0.088161.288
47シャルル・ミレッシYTB by Carlin
Dallara F317
Volkswagen
Spiess A41
1'22.697 0.427 0.045161.201
565エナム・アーメドB-Max Racing with motopark F3
Dallara F312
Volkswagen
Spiess A41
1'22.707 0.437 0.010161.181
637阪口 晴南カローラ中京Kuo TOM'S F317
Dallara F317
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1'22.852 0.582 0.145160.899
712大津 弘樹ThreeBond F318
Dallara F318
ThreeBond
TOMEI TB14F3
1'23.220 0.950 0.368160.187
82大湯 都史樹TODA FIGHTEX
Dallara F319
TODA
TR-F301
1'23.295 1.025 0.075160.043
951アメヤ・ベイディアナサンB-Max Racing with motopark F3
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
1'23.446 1.176 0.151159.754
1035河野 駿佑RS FINE K&N F318
Dallara F318
Mercedes-Benz
HWA 414
1'23.573 1.303 0.127159.511
1128M山口 大陸タイロクレーシング28号
Dallara F315
Volkswagen
Spiess A41
1'23.760 1.490 0.187159.155
1230MDRAGONTEAM DRAGON F3
Dallara F314
Volkswagen
Spiess A41
1'23.946 1.676 0.186158.802
1313三浦 愛ThreeBond F314
Dallara F314
ThreeBond
TOMEI TB14F3
1'24.438 2.168 0.492157.877
145M久保田 克昭Planex・スマカメF3
Dallara F315
TOYOTA
TOM'S TAZ31
1'25.392 3.122 0.954156.113
----- 以上基準タイム(110% - 1'30.745)予選通過 ----

Inter Proto e Series

IPeS:シムレーサーの日本一を決める”インタープロトeシリーズ”が6/8開幕!

 DREAM RACING PROJECTは6日、ネットワーク上で8日にインタープロトeシリーズ第1戦を開催する。MODは配布開始から1ヶ月で600以上がダウンロードとされ、エントリーも81名と第1戦から白熱した争いが見られそうだ。レースの模様はyoutubeで実況され、レースファンもゲーマーも必見。詳細は以下のリリースにて。

 リアルをとことん追求したIPeSは、マシンMODだけでは無くレースフォーマットも忠実に再現しています。開幕前のテストとして行われたプレ大会では、実車さながらのローリングスタートから、リアルとほぼ同一のラップタイムを記録し、シムレーサー達のレベルの高さを示されました。

 「プロレーサーは誰が一番速いのか?」というコンセプトのインタープロトシリーズ(IPS)をレーシングシミュレーター(アセットコルサ)で再現されたインタープロトeシリーズ(IPeS)は、まさに一番速いシムレーサーを決めるレースとなります。

 6月8日の開幕戦には81名のエントリーがあり、想定数を上回ったことから予備予選が行われます。

予備予選の1位~12位がファイナルステージへ、13位~43位がセカンドステージでそれぞれ予選と決勝レースを行います。

この模様をYouTubeでライブ配信いたします。

インタープロトeシリーズ第1戦

  • 日時: 6月8日(土)18:30~
  • 予備予選:30分間(3グループ)
  • セカンドステージ予選:15分間
  • セカンドステージ決勝:ローリングラップ1周+8L
  • ファイナルステージ予選:15分間
  • ファイナルステージ決勝:ローリングラップ1周+10L
  • 実況:笠原美香(モータースポーツに精通するマルチタレント)
  • 解説:坪井翔(スーパーフォーミュラーとスーパーGTに参戦するプロレーサー)
  • オフィシャルサイトURL:http://ipes.xyz-one.jp/

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿フォトギャラリー

公式練習: 平中克幸/安田裕信組(GAINER TANAX GT-R) 公式練習: 山本尚貴/ジェンソン・バトン組(RAYBRIG NSX-GT) 公式練習: ナレイン・カーティケヤン/牧野任祐組(Modulo Epson NSX-GT) 公式練習: 中嶋一貴/関口雄飛組(au TOM\'S LC500)
公式練習: 国本雄資/坪井翔組(WedsSport ADVAN LC500) 公式練習: 荒聖治/アレックス・パロウ組(McLaren 720S) 公式練習: 平峰一貴/サッシャ・フェネストラズ組(リアライズ日産自動車大学校 GT-R) 公式練習: 藤井誠暢/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組(D\'station Vantage GT3)
公式練習: ナタポン・ホートンカム/ショーン・ウォーキンショー組(arto RC F GT3) 公式練習: 平手晃平/フレデリック・マコヴィッキィ組(CRAFTSPORTS MOTUL GT-R) 公式練習: 嵯峨宏紀/中山友貴組(TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT) 公式練習: リチャード・ライアン/富田竜一郎組(Hitotsuyama Audi R8 LMS)
公式練習: 松井孝允/佐藤公哉組(HOPPY 86 MC) 公式練習: 国本雄資/坪井翔組(WedsSport ADVAN LC500) 公式練習: 武藤英紀/中嶋大祐組(MOTUL MUGEN NSX-GT) 公式練習: リチャード・ライアン/富田竜一郎組(Hitotsuyama Audi R8 LMS)
公式練習: 黒澤治樹/蒲生尚弥組(LEON PYRAMID AMG) 公式練習: 坂口夏月(ADVICSマッハ車検MC86マッハ号) 公式練習: 片岡龍也(グッドスマイル 初音ミクAMG) 公式練習: 平川亮(KeePer TOM\'S LC500)
公式練習: 高橋翼/アンドレ・クート組(T-DASHランボルギーニ GT3) 公式練習: 立川祐路/石浦宏明組(ZENT CERUMO LC500) 公式練習: 星野一樹/石川京侍組(GAINER TANAX triple a GT-R) 公式練習: 松田次生/ロニー・クインタレッリ組(MOTUL AUTECH GT-R)
公式練習: 塚越広大/ベルトラン・バゲット組(KEIHIN NSX-GT) 公式練習: 脇阪薫一/吉田広樹組(埼玉トヨペットGBマークX MC) 公式練習: 荒聖治/アレックス・パロウ組(McLaren 720S) 公式練習: 横溝直輝/峰尾恭輔組(PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHE)
公式練習: 小林崇志/松浦孝亮組(UPGARAGE NSX GT3) 公式練習: 道上龍/大津弘樹組(Modulo KENWOOD NSX GT3) 公式練習: 星野一樹/石川京侍組(GAINER TANAX triple a GT-R) 公式練習: 高星明誠/ヤン・マーデンボロー組(リアライズコーポレーションADVAN GT-R)
公式練習: 平手晃平/フレデリック・マコヴィッキィ組(CRAFTSPORTS MOTUL GT-R) 公式練習: 小暮卓史/元嶋佑弥組(マネパ ランボルギーニ GT3) 公式練習: 永井宏明/織戸学組(TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT) 公式練習: 藤井誠暢/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組(D\'station Vantage GT3)
公式練習: リチャード・ライアン/富田竜一郎組(Hitotsuyama Audi R8 LMS) 公式練習: 国本雄資/坪井翔組(WedsSport ADVAN LC500) サーキットサファリ: 佐々木大樹/ジェームス・ロシター組(カルソニックIMPUL GT-R) サーキットサファリ: 中嶋一貴/関口雄飛組(au TOM\'S LC500)
サーキットサファリ: 黒澤治樹/蒲生尚弥組(LEON PYRAMID AMG) サーキットサファリ: 野尻智紀/伊沢拓也組(ARTA NSX-GT) サーキットサファリ: 谷口信輝/片岡龍也組(グッドスマイル 初音ミクAMG) サーキットサファリ: 平中克幸/安田裕信組(GAINER TANAX GT-R)
サーキットサファリ: 山本尚貴/ジェンソン・バトン組(RAYBRIG NSX-GT) サーキットサファリ: 松田次生/ロニー・クインタレッリ組(MOTUL AUTECH GT-R) サーキットサファリ: 中山雄一(DENSO KOBELCO SARD LC500) サーキットサファリ: 国本雄資(WedsSport ADVAN LC500)
サーキットサファリ: ナレイン・カーティケヤン(Modulo Epson NSX-GT) サーキットサファリ: 立川祐路/石浦宏明組(ZENT CERUMO LC500) ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: 山本尚貴(TEAM KUNIMITSU) ピットウォーク: ジェンソン・バトン(TEAM KUNIMITSU)
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: フレデリック・マコヴィッキィと平手晃平(NDDP RACING with B-MAX) ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: 平峰一貴とサッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING) ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: GOODSMILE RACING & TeamUKYOの誕生パーティー ピットウォーク: GOODSMILE RACING & TeamUKYOの誕生パーティー ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: 小林崇志(TEAM UPGARAGE) ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: 宮田莉朋(LM corsa) ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン 公式予選: McLaren 720S(McLaren Customer Racing Japan) 公式予選: WedsSport ADVAN LC500(LEXUS TEAM WedsSport BANDOH) 公式予選: TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT(apr)
公式予選: 平峰一貴(KONDO RACING) 公式予選: 井口卓人(SUBARU BRZ R&D SPORT) 公式予選: 坂口夏月(ADVICSマッハ車検MC86マッハ号) 公式予選: 加藤寛規(シンティアム・アップル・ロータス)
公式予選: 平峰一貴(リアライズ日産自動車大学校 GT-R) 公式予選: 谷口信輝(グッドスマイル 初音ミクAMG) 公式予選: 平峰一貴(リアライズ日産自動車大学校 GT-R) 公式予選: 小暮卓史(マネパ ランボルギーニ GT3)
公式予選: ジェームス・ロシター(カルソニックIMPUL GT-R) 公式予選: 平手晃平(CRAFTSPORTS MOTUL GT-R) 公式予選: 松田次生(MOTUL AUTECH GT-R) 公式予選: 野尻智紀(ARTA NSX-GT)
公式予選: 中山雄一(DENSO KOBELCO SARD LC500) 公式予選: 中嶋一貴(au TOM\'S LC500) 公式予選: 武藤英紀(MOTUL MUGEN NSX-GT) 公式予選: 野尻智紀(ARTA NSX-GT)
公式予選: 阪口晴南(K-tunes RC F GT3) 公式予選: 松井孝允(HOPPY 86 MC) 公式予選: マーチー・リー(エヴァRT初号機X Works GT-R) 公式予選: 加藤寛規(シンティアム・アップル・ロータス)
公式予選: 平川亮(KeePer TOM\'S LC500) 公式予選: 大嶋和也(WAKO\'S 4CR LC500) GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: レースクイーン
GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: レースクイーン
GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: ARTA NSX-GT(ARTA) GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: レースクイーン
GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: 荒聖治(McLaren Customer Racing Japan)
GTキッズウォーク: レースクイーン GTキッズウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: 高星明誠(KONDO RACING) サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING) ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン
ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: レースクイーン ピットウォーク: セーフティーカー
スタンド裏を歩く観客 レースクイーン レースクイーン レースクイーン
スタート進行: アレックス・パロウ(McLaren Customer Racing Japan) スタート進行: 小林崇志(TEAM UPGARAGE) スタート進行: レースクイーン スタート進行: レースクイーン
スタート進行: レースクイーン 決勝レース: 三重県警によるパレードラップ 決勝レース: グリッドを離れるGTマシン 決勝レース: GT500クラスのスタートシーン
決勝レース: GT300クラスのスタートシーン 決勝レース: 藤井誠暢(D\'station Vantage GT3) 決勝レース: 谷口信輝/片岡龍也組(グッドスマイル 初音ミクAMG) 決勝レース: 野尻智紀/伊沢拓也組(ARTA NSX-GT)
決勝レース: 国本雄資/坪井翔組(WedsSport ADVAN LC500) 決勝レース: 佐藤公哉(HOPPY 86 MC) 決勝レース: ベルトラン・バゲット(KEIHIN NSX-GT) 決勝レース: ヘイッキ・コバライネン(DENSO KOBELCO SARD LC500)
決勝レース: リチャード・ライアン(Hitotsuyama Audi R8 LMS) 決勝レース: 塚越広大/ベルトラン・バゲット組(KEIHIN NSX-GT) 決勝レース: 松田次生/ロニー・クインタレッリ組(MOTUL AUTECH GT-R) 決勝レース: 武藤英紀(MOTUL MUGEN NSX-GT)
決勝レース: 国本雄資(WedsSport ADVAN LC500) 決勝レース: 1コーナーを立ち上がるGTマシン 決勝レース: 新田守男(K-tunes RC F GT3) 決勝レース: セーフティーカーが導入された
決勝レース: セーフティーカー先導による隊列 決勝レース: 立川祐路/石浦宏明組(ZENT CERUMO LC500) 決勝レース: 山本尚貴/ジェンソン・バトン組(RAYBRIG NSX-GT) 決勝レース: 立川祐路/石浦宏明組(ZENT CERUMO LC500)
決勝レース: 1コーナースタンド前を通過するGT500クラスのトップ争い 決勝レース: CRAFTSPORTS MOTUL GT-RとTOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 決勝レース: グランドスタンド前を通過するGTマシン 決勝レース: 荒聖治/アレックス・パロウ組(McLaren 720S)
決勝レース: 平手晃平/フレデリック・マコヴィッキィ組(CRAFTSPORTS MOTUL GT-R) 決勝レース: 高星明誠/ヤン・マーデンボロー組(リアライズコーポレーションADVAN GT-R) 決勝レース: 大嶋和也(WAKO\'S 4CR LC500)と関口雄飛(au TOM\'S LC500)のトップ争い 決勝レース: 立川祐路/石浦宏明組(ZENT CERUMO LC500)
決勝レース: 大嶋和也(WAKO\'S 4CR LC500) 決勝レース: 大嶋和也(WAKO\'S 4CR LC500)とニック・キャシディ(LEXUS TEAM KeePer TOM\'S)の2位争い 決勝レース: GT300マシンのバトル 決勝レース: 脇阪薫一/吉田広樹組(埼玉トヨペットGBマークX MC)
決勝レース: ヘイッキ・コバライネン/中山雄一組(DENSO KOBELCO SARD LC500) 決勝レース: ニック・キャシディ(KeePer TOM\'S LC500) 決勝レース: 坪井翔(WedsSport ADVAN LC500) 決勝レース: 3位に落ちた大嶋和也(WAKO\'S 4CR LC500)
決勝レース: 優勝した関口雄飛を待ち構える中嶋一貴(au TOM\'S LC500) 表彰式: GT300クラスのトップ3チーム 表彰式: GT500クラスのトップ3チーム
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI

検索

最新ニュース