Archives

  • [—]2021 (484)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

2021年8月

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第9戦もてぎ決勝記者会見 優勝・佐藤蓮「二十歳になったのでシャンパンを開ける」

優勝 佐藤蓮(TODA RACING)
 「スタートは完璧に決まり1コーナーでトップに立てました。後ろが競っていたので逃げ切れると思いましたが、思ったよりペースが上がりませんでした。ファステストラップは取れましたが、後半タイムのばらつきが大きかったです。SFの後というのを考えないといけませんね。3連勝することができ、クルマも仕上げってきました。チャンピオンの可能性も残っているので残り3連勝を目指します。今回、自分にとっても自信になり、一段階ステップアップできました。先月二十歳になったのでシャンパンを開けたいと思います」
決勝2位 ジュリアーノ・アレジ(TOM'S)
 「スタートは朝より良くて、1ポジション上げることができました。3コーナーで名取選手を抜いたときは自信があり、リスクを取ったわけではありません。その後もペースは良かったですが、トップを取れるほどではありませんでした。次のもてぎに向け、データを読んで、分析と勉強と集中が大切ですね。SFも含めて3レース走ったので疲れています。レッドブルを飲んで御殿場までクルマで帰りたいと思います」
決勝3位 野中誠太(TOM'S)
 「今週のレースはスタートが良く、このレースでも決まりました。1コーナーでの詰めが甘かったですが、3コーナーで順位を上ることができました。トップの選手たちとペースに差がありましたが、自分で今できる最大限のレースをできたと思います。まだマシンより自分のドライビングを改善する必要があります。最初からこういうレースをすれば結果は変ったと思うので、組み立て方を考えないといけません。またチャンスをいただければ、もっと安定していい結果で終わりたいと思います」
Text: Yoshinori OHNISHI

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第9戦もてぎ 佐藤蓮が完璧な週末を締めくくる通算4勝目!

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第9戦の決勝が29日、栃木県・ツインリンクもてぎで行われ、ポールポジションスタートの佐藤蓮(TODA FIGHTEX)が完璧なレース運びでこの週末3連勝、通算4勝目を飾った。

悪天候で延期となった5月の第9戦オートポリス戦の代替レースとして組まれた今回のレース。この週末、見違える速さを見せているポールシッター#2佐藤が勝ち星を重ねるのか、また予選2位の#50名取鉄平(B-MAX RACING TEAM)が勝ってチャンピオンを決めるのか、両者の対決に注目が集まった。

好スタートを見せた#2佐藤に対し、2番グリッドの#50名取はスタートで#36ジュリアーノ・アレジ(TOM'S)に並ばれ2コーナーまで並走すると、3コーナーでインを刺され3位に後退してしまう。

チャンピオン決定がかかったレースで#50名取の思い描いていたシナリオが崩れてしまったことで、やや焦りが出たのか、順位を挽回しようとした90度コーナーであろうことかコースアウト。#50名取はオープニングラップで最後尾まで順位を落としてしまった。

これで#50名取のチャンピオン決定は最終大会に持ち越し。#50名取にとっては悔いの残るレースとなってしまった。

#50名取の脱落で楽になったトップ#2佐藤だが、2位#36アレジもダブルエントリーのスーパーフォーミュラを走ったばかりとは思えぬエネルギッシュな走りで食らいつき、そう簡単には逃してくれない。

2、3周目に#2佐藤がファステストラップを連発すると、#36アレジもお返しとばかりに4周目にファステストを更新して食い下がる。その後も6、7周目は#2佐藤、9周目は#36アレジ、10周目は#2佐藤と、お互いにファステストを更新して2秒差を保ったままレース終盤へ突入。

必死に追い上げる#36アレジだったが、レース折返しを過ぎた11周目に#2佐藤がファステストラップ争いにとどめを刺す1分45秒608を叩き出したあたりから、両者の差が2.4秒、3.0秒と開き出す。

残る周回も#36アレジは諦めずに追ったが、トップ#2佐藤に死角は見つからず、#2佐藤はこの週末を、3レースすべてでポール・トゥ・フィニッシュ、ファステストラップも記録するという完全勝利で締めくくった。

3位は、#50名取が脱落後3位をキープし続けて終盤はトップ2車に劣らない速さを見せた#1野中誠太(TOM'S)、4位は#10三宅淳詞(ルーニースポーツ)を抑えきった#35河野駿佑(RS FINE)が入った。

マスタークラスはすでにこの週末にチャンピオンを決めた#4今田信宏(B-MAX ENGINEERING)が総合9位でクラス10勝目。こちらもこの週末3連勝。

最終大会となる第15~17戦は10月16~17日、今回と同じツインリンクもてぎで行われる。

優勝は佐藤蓮(TODA FIGHTEX) 決勝2位はジュリアーノ・アレジ(Deloitte. TOM\'S 320) 決勝3位は野中誠太(Kuoカローラ中京TOM\'S 320)

Text: Shigeru KITAMICHI
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第9戦もてぎ決勝結果

全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦 -RIJ- (2021/08/29) Final Race Weather:Cloudy Course:Dry
2021 Buzz presents全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 Round 9 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Team
Engine
LapTimeBehindGap
12佐藤 蓮TODA FIGHTEX
TODA RACING
SPIESS A41
2035'23.988--
236ジュリアーノ・アレジDeloitte. TOM'S 320
TOM'S
TOYOTA TOM'S TAZ31
2035'26.698 2.710 2.710
31野中 誠太Kuoカローラ中京TOM'S 320
TOM'S
TOYOTA TOM'S TAZ31
2035'30.261 6.273 3.563
435河野 駿佑RS FINE K&N 320
RS FINE
TOYOTA TOM'S TAZ31
2035'36.99813.010 6.737
510三宅 淳詞MAX RACING 320
Rn-sports
SPIESS A41
2035'37.60013.612 0.602
652神 晴也Byoubugaura B-MAX Racing 320
B-MAX RACING TEAM
SPIESS A41
2035'38.43414.446 0.834
750名取 鉄平Byoubugaura B-MAX Racing 320
B-MAX RACING TEAM
SPIESS A41
2035'47.05223.064 8.618
830DRAGONTEAM DRAGON B-MAX 320
B-MAX ENGINEERING
SPIESS A41
2036'11.59947.61124.547
94M1今田 信宏JMS RACING with B-MAX
B-MAX ENGINEERING
SPIESS A41
2036'18.07054.082 6.471
1051M2SYUJIB-MAX ENGINEERING 320
B-MAX ENGINEERING
SPIESS A41
2037'09.4451'45.45751.375
---- 以上規定周回数(90% - 18Laps)完走 ----
  • Fastest Lap: CarNo.2 佐藤蓮(TODA FIGHTEX) 1'45.608 (11/20) 163.658km/h

SUPER FORMULA

SF:第5戦もてぎ決勝記者会見 優勝・野尻智紀「チーム無限の強さを感じた週末」

表彰式

優勝 野尻智紀(TEAM MUGEN)
 「率直ににものすごくうれしいです。今回、メンバーが入れ替わって、連携をとるのが難しかったが、チーム無限の強さを感じた週末でした。スタートが大事だと思っていて、入念にスタート練習をし、感覚の合わせ込みをしました。スタートも決まったし、ファーストラップが勝負だと思っていました。そこからは自分のペースをまもって走りました。関口選手がタイヤを換えていいペースで走られると、ひっぱって失敗したこともあったので、後ろの選手をフォローして作戦を立てました。ピットイン前後でセーフティーかも入らず、自分のペースでレースをできました。次も攻めの手を緩めることなく、チームと協力しながら優勝できるように準備したいと思います」
決勝2位 関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)
 「スタートと1周目を狙っていましたが、うまくいかなかったです。コース上でのオーバーテークは難しいと思っていましたが、実際そうなりました。フリー走行とウォームアップのペースが良かったので、作戦でアンダーカットとかオーバカットを狙っていましたが、野尻選手が速すぎでした。あらかじめ10周で入ると決めていました。アンダーカットをしたかったのですが、出し切った結果なので2位で満足です。最後は、長くレースをやっていて、あの距離だったら抜けないのは分かっていたけど、何があるか分からないので、オーバーテークを使い切りました。野尻選手に追いつけるように次のもてぎを目指します」
決勝3位 松下信治(B-MAX RACING TEAM)
 「昨日と同じ順位ですね。スタートしかないと思っててチャンスを狙っていましたが、関口選手と野尻選手に絡めませんでした。ついていくだけのレースになりました。ピットインは、彼らと比べててペースが良くなかったので入りました。めりはりのない作戦になりました。後ろから平川選手が来ていましたが、絶対いかせないと思っていました。ぼくはブレーキが奥まで行くので、ぼくより奥に行ったら止まれないと思っていたら案の定でしたね」
優勝チーム監督 田中洋克氏
 「富士で戦えるクルマがベースにあって、エンジニアが計測しながらここもてぎに持ってきました。野尻選手が速いドライバーなのが、今回の勝利につながったと思います。チャンピオンが目の前に見えてきましたが、これからも守りに入るのではなくて2連勝するつもりで行きます。今回、もてぎに入る前にある事情で、メカニックが来られなくなって、GTのメンバーに変えて来ました。細かい部分でミスとかピット作業とか心配していましたが、彼らを信じていて、見事にやり切ってくれたと思います」
Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum

SUPER FORMULA

SF:第5戦もてぎ決勝 横綱相撲の野尻智紀が今季3勝目 チャンピオンに王手

35周のレースがスタートした

 全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦は29日、ツインリンクもてぎで決勝を行い、35周を走って野尻智紀(TEAM MUGEN)が優勝、今季3勝目を飾った。2位には関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)が、3位には松下信治(B-MAX RACING TEAM)が入った。

 レースは午後2時ちょうどにフォーメーションラップが始まった。天候は曇り、気温も低めでそれほど暑くはない。

 ポールポジションの野尻智紀(TEAM MUGEN)は好スタートを切り、予選2位の関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)を従え1コーナーへ向かう。予選5位の平川亮(carenex TEAM IMPUL)は、予選4位の大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)をかわし、予選3位の松下信治(B-MAX RACING TEAM)に1コーナーで並びかけるが、ここは松下が平川を押さえ、3位のポジションをキープ。

 その後方では、福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)と山下健太(KONDO RACING)がV字コーナーで接触。福住はスピンをし、これに塚越広大(ThreeBond Drago CORSE)と大嶋和也(NTT Communications ROOKIE)が巻き込まれ、ここで福住、塚越、大島の3台がリタイアすることとなる。

 このアクシデントでセーフティーカー(SC)が導入され、レースは5周目から再開された。

 この時点でトップは野尻、2位に関口、3位に松下、以下、4位平川、5位大湯、6位阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)、7位山下、8位坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)、9位牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)と続く。

 ピットイン可能となる10周目には早くも2位を走る関口がピットイン。さらに、阪口、大湯、山下、大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)、国本雄資(KCMG)もピットインしてタイヤを交換してピットアウトした。

 11周目にはトップを走る野尻もピットインしてタイヤ交換、関口の前でピットアウトすることに成功する。

 これでトップは松下、2位に平川、3位に坪井、4位牧野、5位宮田、6位アレジとピットインをしていないドライバーが上位陣を構成。野尻はこの後の7位に付け、関口が8位に続く。

 15周目にはトップを走る松下が、16周目には牧野がピットイン。5位に繰り上がった野尻は17周目にアレジをパスして4位に浮上した。

 18周目には坪井とアレジがピットイン。これで野尻が3位、4位関口、5位松下、6位阪口となる。

 ピットインせずコースにステイしていた宮田は24周目に、平川が25周目にピットインし、コース上を走るすべてのドライバーがピットインすると、野尻がトップに浮上、2秒4差で2位に関口が、さらに1秒4差で松下が続く。平川はその松下の後ろでピットアウトした。

 32周目には3位松下の後ろまで接近していた平川が90度コーナーで松下に仕掛けるも抜けず。34周目のS字では、平川がレイトブレーキで松下を一瞬パスするも、勢いあまって姿勢をみだし、松下が順位をキープ。

 野尻はこのままトップを守り35周を走って優勝。今季3勝目を飾った。2位には関口が、3位には松下が、4位には平川が入った。

 大きく遅れて5位には阪口が、6位には大湯が、7位には牧野が、8位には宮田が、9位には坪井が、10位には大津が入り、ここまでがポイントを獲得した。

 第6戦は再びここツインリンクもてぎで10月17日に決勝が行われる。野尻はドライバーズポイントを76と伸ばし、このラウンドでのチャンピオン獲得が濃厚となった。

優勝は野尻智紀(TEAM MUGEN)

決勝2位は関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)

決勝3位は松下信治(B-MAX RACING TEAM)

決勝4位は平川亮(carenex TEAM IMPUL)

トップでゴールする野尻智紀(TEAM MUGEN)

優勝した野尻智紀(TEAM MUGEN)

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum

SUPER FORMULA

SF:第5戦もてぎ決勝結果

全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦 -RIJ- (2021/08/29) Final Race Weather:Cloudy Course:Dry
2021 SUPER FORMULA Round 5 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosNoDriverCar
Team
Engine
LapTimeBehindGap
116野尻 智紀TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda M-TEC HR-417E
3559'07.562--
219関口 雄飛carenex TEAM IMPUL SF19
carenex TEAM IMPUL
TOYOTA TRD01F
3559'08.601 1.039 1.039
351松下 信治BYOUBUGAURA B-MAX SF19
B-MAX RACING TEAM
Honda M-TEC HR-417E
3559'11.245 3.683 2.644
420平川 亮carenex TEAM IMPUL SF19
carenex TEAM IMPUL
TOYOTA TRD01F
3559'11.971 4.409 0.726
539阪口 晴南P.MU/CERUMO・INGING SF19
P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
3559'27.87920.31715.908
664大湯 都史樹TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
3559'29.16821.606 1.289
76牧野 任祐DOCOMO DANDELION M6Y SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda M-TEC HR-417E
3559'30.94523.383 1.777
837宮田 莉朋Kuo VANTELIN TOM'S SF19
Kuo VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
3559'31.44223.880 0.497
938坪井 翔P.MU/CERUMO・INGING SF19
P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
3559'35.64728.085 4.205
1015大津 弘樹TEAM MUGEN SF19
Red Bull MUGEN Team Goh
Honda M-TEC HR-417E
3559'39.20131.639 3.554
1118国本 雄資KCMG Elyse SF19
KCMG
TOYOTA TRD01F
3559'40.92733.365 1.726
121山本 尚貴TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
3559'41.50733.945 0.580
134中山 雄一ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA TRD01F
351:00'02.51954.95721.012
147小高 一斗KCMG Elyse SF19
KCMG
TOYOTA TRD01F
351:00'03.26855.706 0.749
15*3山下 健太ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA TRD01F
351:00'04.09056.528 0.822
1636ジュリアーノ・アレジKuo VANTELIN TOM'S SF19
Kuo VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
351:00'05.11957.557 1.029
---- 以上規定周回数(90% - 31Laps)完走 ----
-5福住 仁嶺DOCOMO DANDELION M5S SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda M-TEC HR-417E
0-35Laps35Laps
-12塚越 広大ThreeBond SF19
ThreeBond Drago CORSE
Honda M-TEC HR-417E
0-35Laps -
-14大嶋 和也NTT Communications ROOKIE SF19
NTT Communications ROOKIE
TOYOTA TRD01F
0-35Laps-
  • Fastest Lap: CarNo.19 関口雄飛(carenex TEAM IMPUL) 1'34.012 (12/35) 183.845km/h
  • CarNo.3は、2021 SF統一規則第15条1.1)(衝突を起こしたもの)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。

TCR JAPAN SUNDAY

TCRJ-SUN:第4戦もてぎ決勝 大荒れのレースを制したのは#101藤井優紀 2位は#97塩津佑介

2021TCRジャパンサンデーシリーズ第4戦の決勝が8月29日、ツインリンクもてぎで行われ、予選2番手からスタートした#101藤井優紀(Audi Team Hitotsuyama)が初優勝を達成した。

(天候;曇り コース:晴れ)

午前11時20分より20分+1周で行われた第4戦決勝は、序盤から大荒れの展開となった。

まず前日のサタデーシリーズで優勝した#19ヒロボン(バースレーシングプロジェクト【BRP】)は2番手タイムを記録したものの、走路外走行を取られてタイム抹消となり、最後尾スタートとなった。また#65加藤正将(Audi Team Mars)もフォーメーション開始時点でエンジンがかからず、ピットスタートとなった。

スタートでは予選2番手の藤井が1コーナーでポールシッターの#97塩津佑介(DOME RACING)のインをこじ開けてトップに立つが、その後方で5台が併走状態で1コーナーに飛び込んだ結果、接触事故が発生。この影響で#19ヒロボン(バースレーシングプロジェクト【BRP】)と#55Mototino(55MOTO RACING)がグラベルに捕まった。

さらに3コーナーで塩津がスピン。続いて4コーナーで#73大蔵峰樹(M-PROTOTYPING Team STILE CORSE)と#17鈴木建自(バースレーシングプロジェクト【BRP】)が接触し、大蔵はグラベルに飛び出したほか、コース上にはフロント部分を大破した鈴木のパーツが散乱する状況に。これにより早くもセーフティーカー(SC)が2周めから導入されることとなった。

この時点での順位はトップが藤井。2位に#71大山正芳(ダイワN通商アキランドCIVIC)。3位に#7井上恵一(NILZZ Racing)。そしてピットスタートとなった加藤が4位だ。

なお塩津と#55Mototinoはコースに復帰し。塩津が5位、Mototinoは6位。ヒロボンも周回遅れの7位で隊列に加わった。

車両回収とコース清掃ののち、4周めにSCはピットイン。レースは5周目から再開された。この時点での残り時間は7分だ。

リスタート直後からリードを広げにかかる藤井の後方では、加藤が90度コーナーで井上のインをついて3位に浮上。塩津、ヒロボンらも相次いで井上をかわし、塩津は4位となる。

塩津は6周目の90度コーナーでも加藤をアウトから抜いて3位、7周目の
1コーナーでは大山にアウトから並びかけ、3コーナーの飛び込みで先行して2位と、瞬く間に順位を挽回してみせた。

さらに塩津はトップを快走する藤井との差をどんどん詰めていったが、藤井が8周目に入ったところで規定の20分が経過。レースは9周を以て終了となったため、#101藤井優紀(Audi Team Hitotsuyama)がわずか0.520秒差で#97塩津佑介(DOME RACING)を押さえて初優勝を達成。2位は塩津。3位は#71大山正芳(ダイワN通商アキランドCIVIC)となった。

次戦の舞台も同じくツインリンクもてぎ。10月16-17日開催だ。

スタート直後の3コーナーにさしかかる上位陣 クラッシュして大破した鈴木建自のマシン 大山正芳(71号車)、加藤正将(65号車)、塩津佑介(97号車)のバトル 優勝は藤井優紀(Audi Team Hitotsuyama) 決勝2位は塩津佑介(DOME RACING) 決勝3位は大山正芳(ダイワN通商アキランドCIVIC) 優勝した藤井優紀(Audi Team Hitotsuyama) パルクフェルメに並べられた上位3台とそのドライバーたち

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum

TCR JAPAN SUNDAY

TCRJ-SUN:第4戦もてぎ決勝結果

SUPER FORMULA Rd.4 -RIJ- (2021/08/29) Final Race Weather:Cloudy Course:Dry
2021 TCR JAPAN SUNDAY Series Round 4 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosNoDriverMaker Model
Team
LapTimeBehindGap
1101藤井 優紀Audi RS3 LMS
Audi Team Hitotsuyama
923'33.007--
297塩津 佑介Honda CIVIC TCR
DOME RACING
923'33.527 0.520 0.520
371大山 正芳Honda CIVIC TCR
ダイワN通商アキランドCIVIC
923'36.916 3.909 3.389
47井上 恵一Audi RS3 LMS
NILZZ Racing
923'40.894 7.887 3.978
565加藤 正将Audi RS3 LMS
Audi Team Mars
923'41.283 8.276 0.389
655MototinoHonda CIVIC TCR
55MOTO RACING
923'52.16719.16010.884
719ヒロボンCUPRA TCR
バースレーシングプロジェクト【BRP】
823'35.3061Lap 1Lap
---- 以上規定周回数(75% - 6Laps)完走 ----
-17鈴木 建自Audi RS3 LMS
バースレーシングプロジェクト【BRP】
0-9Laps8Laps
-73大蔵 峰樹Alfa Romeo Giulietta Veloce TCR
M-PROTOTYPING Team STILE CORSE
0-9Laps -
  • Fastest Lap: CarNo.97 塩津佑介(DOME RACING)2'03.713 (8/9) 139.707km/h

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第14戦もてぎ決勝記者会見 優勝・佐藤蓮「コースレコードを狙っていた」

表彰式

優勝 佐藤蓮(TODA RACING)
 「スタートは失敗じゃなかったですが、アレジ選手にならばれてイン側をブロックできたので前に行かすことはなくポジションをキープできました。その後は、タイヤも同じ(ユーズド)だったので、自分のペースで走ってプッシュし、最終ラップにファステストを出せました。路面にマシンにはうまくあって予選をうわまわるタイムで走れていたので、後半はコースレコードも狙っていました。次の第9戦はスタートを決めて3連勝を目指したいです」
決勝2位 ジュリアーノ・アレジ(TOM'S)
 「トップに立つことはできませんでしたが、昨日よりスタートは決まりました。トップに立てなかったですし、スタートから終わりまで佐藤選手より足りなかったですね。コンディションが変ったけど、1~2周走れば分かるので、クルマのバランスには適応できました。データを調べて次のレースに備えて、いいスタートを切り、タイヤマネージメントを勉強したいです」
決勝3位 三宅淳詞(Rn-sports)
 「スタートで抜かれましたが、3コーナーのバトルで前に出られたので良かったです。。ニュータイヤだったのに、名取選手より速くなくて、次のレースに向けて改善したいです。ペースは悪くてもこのコースは抜かれないので良かったです。路温が下がったことで、全然違うクルマになりました。次は6番グリッドですが、スタートで前に行かないと厳しいです。今回悪かったペースをデータを見て、見直したいと思います」
Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第14戦もてぎ決勝 佐藤蓮がぶっちぎりでポールトゥウイン

 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第14戦は29日、ツインリンクもてぎで決勝を行い、佐藤蓮(TODA FIGHTEX)が優勝した。

 決勝は午前10時15分より14周で行われた。全プログラムのスーパーフォーミュラ、フリー走行の終了前に降った雨も上がり、各車ドライタイヤを履いてフォーメーションラップが始まった。

 スタートでトップに立ったのはポールシッターの佐藤蓮(TODA FIGHTEX)。佐藤は予選2位のジュリアーノ・アレジ(TOM'S)に並びかけられるがインを押さえてトップのまま1コーナーを通過。3位には予選3位の三宅淳詞(MAX RACING 320)に並びかけた予選4位の野中誠太(TOM'S)が3位で1コーナーに向かうが、3コーナーでインから三宅にかわされ、結局予選順位のまま3位三宅、4位野中の順で4コーナーへ向かった。

 野中は続く5コーナでアウトから三宅に並びかけるがコース外にタイヤを落とし失速、予選6位から5位に上がっていた名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)、河野駿佑(RS FINE K&N 320)にも相次いでかわされ6位に落ちた。

 6位の野中は2周目にS字コーナーで河野をパス、5位まで順位を回復する。

 この間、トップに立った佐藤は逃げる。1周目に2位のアレジを1秒0離すと、0秒5ほど速いラップタイムを刻み、独走状態に持ち込む。最終的には14周をまわり、2位以下を7秒以上離し、ぶっちぎりでの今シーズン3勝目を飾った。

 2位のアレジは佐藤には離されたものの、3位の三宅と4位の名取がバトルをしていたため順位は安泰。2位でチェッカーを受けた。

 4位の名取は3位の三宅と接近戦を演じていたが、ここもてぎでは攻略の決め手がなく、3位三宅、4位名取の順でゴールを迎えた。

 5位には野中が入った。6位の河野は後半、7位の神晴也(Byoubugaura B-MAX Racing 320)に迫られるがこれを押さえきり6位でゴール。7位には神が入った。

 8位にはDRAGON(TEAM DRAGON B-MAX 320)が入り、9位に入った今田信宏(JMS RACING with B-MAX)はマスタークラスでの優勝を飾った。

 午後4時15分からは、前大会オートポリスで中止となった第9戦が20周で行われる。

14周の決勝がスタートした

三宅淳詞と名取鉄平の3位争い

優勝は

決勝2位は

決勝3位は

マスタークラス優勝は今田信宏(JMS RACING with B-MAX)

トップでゴールする佐藤蓮(TODA FIGHTEX)

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第14戦もてぎ決勝結果

全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦 -RIJ- (2021/08/29) Final Race Weather:Cloudy Course:Dry
2021 Buzz presents全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 Round 14 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Team
Engine
LapTimeBehindGap
12佐藤 蓮TODA FIGHTEX
TODA RACING
SPIESS A41
1424'37.184--
236ジュリアーノ・アレジDeloitte. TOM'S 320
TOM'S
TOYOTA TOM'S TAZ31
1424'44.951 7.767 7.767
310三宅 淳詞MAX RACING 320
Rn-sports
SPIESS A41
1424'54.81017.626 9.859
450名取 鉄平Byoubugaura B-MAX Racing 320
B-MAX RACING TEAM
SPIESS A41
1424'55.34018.156 0.530
51野中 誠太Kuoカローラ中京TOM'S 320
TOM'S
TOYOTA TOM'S TAZ31
1424'56.15418.970 0.814
635河野 駿佑RS FINE K&N 320
RS FINE
TOYOTA TOM'S TAZ31
1424'58.48221.298 2.328
752神 晴也Byoubugaura B-MAX Racing 320
B-MAX RACING TEAM
SPIESS A41
1424'59.08221.898 0.600
830DRAGONTEAM DRAGON B-MAX 320
B-MAX ENGINEERING
SPIESS A41
1425'14.77037.58615.688
94M1今田 信宏JMS RACING with B-MAX
B-MAX ENGINEERING
SPIESS A41
1425'20.75043.566 5.980
1051M2SYUJIB-MAX ENGINEERING 320
B-MAX ENGINEERING
SPIESS A41
1425'56.0341'18.85035.284
---- 以上規定周回数(90% - 12Laps)完走 ----
  • Fastest Lap: CarNo.2 佐藤蓮(TODA FIGHTEX) 1'44.915 (14/14) 134.739km/h

SUPER FORMULA

SF:第5戦もてぎフリー走行2回目 関口雄飛がトップタイム

 全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦は29日、ツインリンクもてぎで決勝をにらんだ30分間のフリー走行を行い関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)がトップタイムを記録した。

 フリー走行は午前9時より30分間で行われた。朝方は一部青空ものぞいていたが徐々に雲が広がり雨模様の過ごしやすい中でセッションは進行した。

 開始5分、まずは山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)が1分33秒997でトップに立つ。2位には福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が34秒322で、3位には平川亮(carenex TEAM IMPUL)が34秒622で続く。

 開始10分、ポールシッターの野尻智紀(TEAM MUGEN)が1分33秒725でトップに浮上。2位にはタイムを33秒773まで更新した平川が続き、3位には大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)が33秒796で上がってきた。

 開始15分、タイムを一気に1分33秒142まで縮めた関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)がトップに浮上。野尻と平川は2位、3位に落ちる。

 開始20分頃には小雨が落ち始め、25分にはウェット宣言が出された。このため各ドライバーのタイムは伸びず、このままの順位でフリー走行は終了した。

 トップタイムを記録したのは予選2位の関口、2位にはポールシッターの野尻が、3位には平川が入った。

 4位には大津が、5位には山本が、6位には小高一斗(KCMG)が続いている。予選3位の松下信治(B-MAX RACING TEAM)は10位で走行を切り上げている。

 各ドライバー、燃料搭載量、使用タイヤの状況などは不明だが、2位以下を0秒583ちぎった関口の決勝ペースはよさそうだ。

 決勝は本日午後2時より35周で行われる。野尻がチャンピオンに王手をかけるか、他のドライバーの逆襲なるか、決勝に注目だ。

フリー走行2回目: トップタイムは関口雄飛(carenex TEAM IMPUL) フリー走行2回目: 2位は野尻智紀(TEAM MUGEN) フリー走行2回目: 3位は平川亮(carenex TEAM IMPUL)

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum

SUPER FORMULA

SF:第5戦もてぎフリー走行2回目結果

全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦 -RIJ- (2021/08/29) Free Practice 2 Weather:Cloudy Course:Dry
2021 SUPER FORMULA Round 5 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosDriverCar
Team
Engine
TimeBehindGapkm/h
119関口 雄飛carenex TEAM IMPUL SF19
carenex TEAM IMPUL
TOYOTA TRD01F
1'33.142--185.576
216野尻 智紀TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda M-TEC HR-417E
1'33.725 0.583 0.583184.422
320平川 亮carenex TEAM IMPUL SF19
carenex TEAM IMPUL
TOYOTA TRD01F
1'33.773 0.631 0.048184.328
415大津 弘樹TEAM MUGEN SF19
Red Bull MUGEN Team Goh
Honda M-TEC HR-417E
1'33.796 0.654 0.023184.283
51山本 尚貴TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'33.863 0.721 0.067184.151
67小高 一斗KCMG Elyse SF19
KCMG
TOYOTA TRD01F
1'33.880 0.738 0.017184.118
764大湯 都史樹TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'33.921 0.779 0.041184.037
837宮田 莉朋Kuo VANTELIN TOM'S SF19
Kuo VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
1'33.942 0.800 0.021183.996
938坪井 翔P.MU/CERUMO・INGING SF19
P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
1'33.971 0.829 0.029183.939
1051松下 信治BYOUBUGAURA B-MAX SF19
B-MAX RACING TEAM
Honda M-TEC HR-417E
1'34.028 0.886 0.057183.828
115福住 仁嶺DOCOMO DANDELION M5S SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'34.078 0.936 0.050183.730
126牧野 任祐DOCOMO DANDELION M6Y SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'34.159 1.017 0.081183.572
1318国本 雄資KCMG Elyse SF19
KCMG
TOYOTA TRD01F
1'34.392 1.250 0.233183.119
1436ジュリアーノ・アレジKuo VANTELIN TOM'S SF19
Kuo VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
1'34.509 1.367 0.117182.892
1539阪口 晴南P.MU/CERUMO・INGING SF19
P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
1'34.554 1.412 0.045182.805
1612塚越 広大ThreeBond SF19
ThreeBond Drago CORSE
Honda M-TEC HR-417E
1'34.677 1.535 0.123182.568
174中山 雄一ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA TRD01F
1'34.770 1.628 0.093182.389
1814大嶋 和也NTT Communications ROOKIE SF19
NTT Communications ROOKIE
TOYOTA TRD01F
1'34.772 1.630 0.002182.385
193山下 健太ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA TRD01F
1'34.923 1.781 0.151182.095

TCR JAPAN SUNDAY

TCRJ-SUN:第4戦もてぎ公式予選 塩津佑介がポールポジション

 TCRジャパンサンデーシリーズは29日、ツインリンクもてぎで公式予選を行い、塩津佑介(DOME RACING)がポールポジションを獲得した。

公式予選は午前8時30分より15分間で行われた。朝方はときおり日も差していたが、上空には徐々に雲が広がり昨日と代わって過ごしやすい中でセッションは進行した。

 まずは2周目にヒロボン(バースレーシングプロジェクト【BRP】)が2分1秒628でトップに立つ。2位には塩津佑介(DOME RACING)が2秒151で、3位には大蔵峰樹(M-PROTOTYPING Team STILE CORSE)が2秒507で続く。

 ここで各ドライバーはピットインして、ピットアウト後に再アタックを試みる。

 このアタックではヒロボンは伸びず、タイムを2分1秒196と大幅に更新した塩津がトップに立ちポールポジションを確定した。ヒロボンは2位で予選を終えたが、走路外走行で予選落ち、2位には1秒891までタイムを伸ばした藤井優紀(Audi Team Hitotsuyama)が、3位には鈴木建自(バースレーシングプロジェクト【BRP】)が入った。

 大蔵は4位に、加藤正将(Audi Team Mars)が5位、6位には井上恵一(NILZZ Racing)が入った。

 決勝は本日午前11時25分より20分+1周で行われる。

ポールポジションは塩津佑介(DOME RACING) 予選2位は藤井優紀(Audi Team Hitotsuyama) 予選3位は鈴木建自(バースレーシングプロジェクト【BRP】)

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum>

TCR JAPAN SUNDAY

TCRJ-SUN:第4戦もてぎ公式予選結果

SUPER FORMULA Rd.4 -RIJ- (2021/08/29) Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2021 TCR JAPAN SUNDAY Series Round 4 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosDriverMaker Model
Team
TimeBehindGapkm/h
197塩津 佑介Honda CIVIC TCR
DOME RACING
2'01.196--142.620
2101藤井 優紀Audi RS3 LMS
Audi Team Hitotsuyama
2'01.898 0.702 0.702141.799
317鈴木 建自Audi RS3 LMS
バースレーシングプロジェクト【BRP】
2'02.490 1.294 0.592141.113
473大蔵 峰樹Alfa Romeo Giulietta Veloce TCR
M-PROTOTYPING Team STILE CORSE
2'02.507 1.311 0.017141.094
565加藤 正将Audi RS3 LMS
Audi Team Mars
2'02.901 1.705 0.394140.641
67井上 恵一Audi RS3 LMS
NILZZ Racing
2'03.168 1.972 0.267140.336
755MototinoHonda CIVIC TCR
55MOTO RACING
2'03.263 2.067 0.095140.228
871大山 正芳Honda CIVIC TCR
ダイワN通商アキランドCIVIC
2'04.446 3.250 1.183138.895
---- 以上基準タイム(110% - 2'13.315)予選通過 ----
-*19ヒロボンCUPRA TCR
バースレーシングプロジェクト【BRP】
2'16.41315.21711.967126.711
  • CarNo.19は、ツインリンクもてぎ四輪一般競技規則第29条6)(規定走路外走行)により、当該ラップタイムを削除した。

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第13戦もてぎ決勝 佐藤蓮がポールtoフィニッシュで今季2勝目を飾る

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第13戦の決勝が28日、栃木県・ツインリンクもてぎで行われ、佐藤蓮(TODA FIGHTEX)がポール・トゥ・フィニッシュで今季2勝目を飾った。

今シーズン、スタートミスが多く、特に雨のレースでは後方に沈んでしまい期待どおりの結果を残せていない#2佐藤だが、この週末は不安定さが消え、シーズン当初の速さを取り戻している。

午前中に行われた予選でも常に先行し、第13、14戦のダブルポールを決めたが、勢いそのままに、決勝でも鬼門のスタートを無難にクリア。好スタートで2位に上がったポイントリーダー#50名取鉄平(B-MAX RACING TEAM)を従え1コーナーに飛び込む。

3周目からは#2佐藤と#50名取のトップ2台が3位#36ジュリアーノ・アレジ(TOM'S)以下を引き離しながら一騎討ちの展開になる。

両者の差は6周終了までは0.7秒を保ち#50名取が後方からチャンスを窺っているように見えたが、レース中盤を過ぎたあたりから#50名取はリアタイヤがきつくなったのか、最終ビクトリーコーナーでリアをスライドさせる場面が見られるようになってくる。

それをミラーで確認したトップ#2佐藤は一気に引き離しにかかり、9周目1分46秒115、10周目1分46秒090と立て続けにファステストラップを更新して差を開く。

これで勝負は決し、残り4周を安定したペースで走りきった#2佐藤が、第2戦富士大会以来となる2勝目のチェッカーを受けた。同時に#2佐藤はこの優勝で明日午後に行われる第9戦(オートポリス戦の延期レース)のポールポジションも決めた。

4位は単独走行となった#35河野駿佑(RS FINE)、5位には3台による争いを制した#10三宅淳詞(ルーニースポーツ)が入った。

エンントリーが2台となったマスターズクラスは#4今田信宏(B-MAX ENGINEERING)が総合9位でフィニッシュ。クラス8勝目を飾った。

明日は午前10時15分から第14戦決勝(14周)が、午後4時15分から第9戦決勝(20周)が行われる。

14周の決勝がスタートした

佐藤蓮と名取鉄平のトップ争い

優勝は佐藤蓮(TODA RACING)

決勝2位は名取鉄平(B-MAX RACING TEAM)

決勝3位はジュリアーノ・アレジ(TOM\'S)

表彰式

Text: Shigeru KITAMICHI
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第13戦もてぎ決勝記者会見 優勝・佐藤蓮「この流れで3連勝を目指す」

優勝 佐藤蓮(TODA RACING)
 「今回はポールポジションからスタートを決めることを意識していました。1~2コーナでも守れました。序盤、新品のタイヤは速いので名取選手に迫られましたが、しっかり押さえていました。後半になれば速くなると思ってたので想定通りでした。木曜日にロングのテストをしてガソリンが軽くなったときに後半ファステストを狙っていました。スタートは課題だったので木曜日から何度もスタート練習しました。この流れで3連勝を目指していきます。シリーズチャンピオンは難しいので、今できることをやりきりたいと思います」
決勝2位 名取鉄平(B-MAX RACING TEAM)
 「予選をミスをしてしまって、コンディションも変わり、アタックをまとめることができませんでした。、もてぎは抜きにくくてオーパーテークを作るチャンスを作れなかったのは情けないです。佐藤選手に対してはタイヤ的にも有利で、ロングは速いと思っていましたが、ダウンフォースが抜けて、前も詰まってファステストも取れず、ださいレースになってしまいました。あしたはアジャストする点が見つかったのでポジティブですが、6番手スタートなので、プッシュして追い上げるしかないですね」
決勝3位 ジュリアーノ・アレジ(TOM'S)
 「予選は悪くなかったんですが、スタートが良くありませんでした。そのあとは、もてぎは抜きにくいサーキットとはいえ、抜けるだけのペースはありませんでした。あしたも2番手なのでスタートを決めたいと思います。もてぎは御殿場より暑いでが、みんな同じなので仕方ないですね。SFとライツの間には少し時間があったので体力的には大丈夫です。あしたはもうちょっときつくなるかも知れませんね」
Text: Yoshinori OHNISHI

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第13戦もてぎ決勝結果

全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦 -RIJ- (2021/08/28) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2021 Buzz presents全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 Round 13 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Team
Engine
LapTimeBehindGap
12佐藤 蓮TODA FIGHTEX
TODA RACING
SPIESS A41
1424'52.478--
250名取 鉄平Byoubugaura B-MAX Racing 320
B-MAX RACING TEAM
SPIESS A41
1424'53.567 1.089 1.089
336ジュリアーノ・アレジDeloitte. TOM'S 320
TOM'S
TOYOTA TOM'S TAZ31
1424'57.769 5.291 4.202
435河野 駿佑RS FINE K&N 320
RS FINE
TOYOTA TOM'S TAZ31
1425'01.999 9.521 4.230
51野中 誠太Kuoカローラ中京TOM'S 320
TOM'S
TOYOTA TOM'S TAZ31
1425'05.56413.086 3.565
610三宅 淳詞MAX RACING 320
Rn-sports
SPIESS A41
1425'06.20513.727 0.641
752神 晴也Byoubugaura B-MAX Racing 320
B-MAX RACING TEAM
SPIESS A41
1425'07.11914.641 0.914
830DRAGONTEAM DRAGON B-MAX 320
B-MAX ENGINEERING
SPIESS A41
1425'29.86737.38922.748
94M1今田 信宏JMS RACING with B-MAX
B-MAX ENGINEERING
SPIESS A41
1425'48.20455.72618.337
1051M2SYUJIB-MAX ENGINEERING 320
B-MAX ENGINEERING
SPIESS A41
1426'02.7041'10.22614.500
---- 以上規定周回数(90% - 12Laps)完走 ----
  • Fastest Lap: CarNo.2 佐藤蓮(TODA FIGHTEX) 1'46.090 (10/14) 162.915km/h

SUPER FORMULA

SF:第5戦もてぎ公式予選記者会見 PP・野尻智紀「まだ予選、あしたはさらに力強いレースをする」

ポールポジションを獲得した野尻智紀(TEAM MUGEN)

ポールポジション 野尻智紀(TEAM MUGEN)
 「素晴らしいクルマを作っていただいたチームに感謝します。タイム通りでマシンの調子が良かったです。ただ、なんで良くなったのか解析しないといけないし、いくつか変更した部分を解析してあしたにつなげていきます。もてぎ2連戦は大きな意味を持っていると思っていますし、こういう結果を望んでチームとやってきたので、まだ予選ですけど、いい一日になったので自信になりました。あしたはさらに力強いレースをしたいと思います」
予選2位 関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)
 「ポールを取りたかったんですが、タイム差が0秒3弱あるので車高を変えるとかでは太刀打ちできなかったですね。くやしいけどしかたがないです。SUGOを終わってからもてぎに向けてのテーマはSUGOの好調を維持することでした。今のところは順調で、自分のテーマに沿った結果を出せています。条件はみんないっしょですが、曇った方がいいとか、路面の温度が上がった方がいいとかありますが、自分は気温が下がったので良かったです。去年は、スタートくらいしか、目立てるところがありませんでした。あしたは2番スタートですが、SUGOでも緊張する場面でちゃんとスタートできたので自信をもって望みたいと思います」
予選3位 松下信治(B-MAX RACING TEAM)
 「初めてドライでフリー走行が走れました。最初はマシンが擦って良くなかったですが、ステップを踏んで着実に進めました。予選はコンマ3差をつけられましたが、いいステップを踏めたので良かったです。フォーミュラが好きなのでこういう戦いができているのは幸せです。野尻選手は速すぎて見ていませんでした。あしたは関口選手も自分もアグレッシブなドライバーなので2人で当たらないようにしたいと思います。野尻選手が速いですが、いいドラマを作りたいと思います」
Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum>

SUPER FORMULA

SF:第5戦もてぎ公式予選 野尻智紀が全セッションを完全制覇 コースレコードでポールポジション

 全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦は28日、ツインリンクもてぎで公式予選を行い、Q1~Q3をすべて制した野尻智紀がコースレコードを上回るタイムでポールポジションを獲得した。

 公式予選は午後2時35分より始まった。上空には薄雲が広がり、幾分過ごしやすくなる。

 予選はノックアウト方式で行われ、前戦のSUGO大会に続き、Q1、Q2ともA,Bの2グループに分けて行われ、Q1の各グループ上位7台がQ2に、Q2の各グループ上位4台の計8台がQ3に進出し、グリッドが決定する。

■Q1

 Q1のAグループでは、大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)が1分32秒342と、午前中フリー走行の野尻智紀(TEAM MUGEN)のタイムをわずかに上回りトップで通過。2位には大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)が、3位には平川亮(carenex TEAM IMPUL)が続いた。

 小高一斗(KCMG)と大嶋和也(NTT Communications ROOKIE)はここでノックアウトされQ2進出はならなかった。

 Q1のBグループでは、いち早くアタックした野尻智紀(TEAM MUGEN)が1分31秒331とAグループの大湯のタイムや、2位に入った同グループの松下信治(B-MAX RACING TEAM)のタイムを1秒以上しのぐ驚速のスピードでトップ通過。2位には松下が、3位には坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)が続いた。

 ここでは国本雄資(KCMG)、昨年のチャンピオン山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)、中山雄一(KONDO RACING)がノックアウトされQ2進出はならなかった。

■Q2

 Q2のAグループでは、ここでも大湯が1分31秒837とQ1よりタイムを縮めてトップ通過。2位には平川が入り、3位に大津、4位に阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)が入り、ここまでがQ3に進出した。

 ここでは山下健太(KONDO RACING)、ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)、牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がノックアウトされた。

 Q2のBグループでも野尻智紀が1分31秒110と自身のQ1のタイムを縮めてトップ通過。2位に入った関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)のタイムを0秒422上回り他を圧倒した。2位には関口が、3位には松下が、4位には健闘した宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)が入り、ここまでがQ3に進出した。

 ここでは福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、坪井、塚越広大(ThreeBond Drago CORSE)がノックアウトされた。

■Q3

 最終のQ3はQ2各組の上位4位、計8台で争われた。

 ここでも野尻が魅せた。1分31秒073と昨年平川が記録した31秒083を上回るコースレコードをたたき出し、ポールポジションを獲得した。しかし他のドライバーも黙っていなかった。関口31秒318で野尻に0秒245と迫るタイムでぶっちぎりでのポールを阻止。3位の松下も僅差で続いた。

 4位には宮田が、5位には大湯が、6位には平川が、7位には大津が、8位には阪口が入った。トップ野尻と8位阪口との差は0秒864と熾烈なQ3が演じられた。

 なお、宮田はエンジン交換で10グリッド降格が予選前から決まっている。宮田は14番グリッドに、宮田以下は1グリッド繰り上がることとなる。

 決勝レースは明日29日、午後2時より35周で行われる。

予選の出走を待つ野尻智紀(TEAM MUGEN)

ポールポジションは獲得した野尻智紀(TEAM MUGEN)

予選2位は関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)

予選3位は松下信治(B-MAX RACING TEAM)

ポールポジションを獲得した野尻智紀(TEAM MUGEN)

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum>

SUPER FORMULA

SF:第5戦もてぎノックアウトQ3結果

全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦 -RIJ- (2021/08/28) Knock Out Q3 Weather:Fine Course:Dry
2021 SUPER FORMULA Round 5 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosDriverCar
Team
Engine
TimeBehindGapkm/h
116野尻 智紀TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda M-TEC HR-417E
R1'31.073--189.792
219関口 雄飛carenex TEAM IMPUL SF19
carenex TEAM IMPUL
TOYOTA TRD01F
1'31.318 0.245 0.245189.283
351松下 信治BYOUBUGAURA B-MAX SF19
B-MAX RACING TEAM
Honda M-TEC HR-417E
1'31.371 0.298 0.053189.173
437宮田 莉朋Kuo VANTELIN TOM'S SF19
Kuo VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
1'31.395 0.322 0.024189.124
564大湯 都史樹TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'31.402 0.329 0.007189.109
620平川 亮carenex TEAM IMPUL SF19
carenex TEAM IMPUL
TOYOTA TRD01F
1'31.739 0.666 0.337188.415
715大津 弘樹TEAM MUGEN SF19
Red Bull MUGEN Team Goh
Honda M-TEC HR-417E
1'31.928 0.855 0.189188.027
839阪口 晴南P.MU/CERUMO・INGING SF19
P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
1'31.937 0.864 0.009188.009
  • 'R'マークは従来のコースレコード(1'31.083)を上回りました。

SUPER FORMULA

SF:第5戦もてぎノックアウトQ2結果

■Aグループ

全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦 -RIJ- (2021/08/28) Knock Out Q2 A Group Weather:Fine Course:Dry
2021 SUPER FORMULA Round 5 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosDriverCar
Team
Engine
TimeBehindGapkm/h
164大湯 都史樹TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'31.837--188.214
220平川 亮carenex TEAM IMPUL SF19
carenex TEAM IMPUL
TOYOTA TRD01F
1'32.003 0.166 0.166187.874
315大津 弘樹TEAM MUGEN SF19
Red Bull MUGEN Team Goh
Honda M-TEC HR-417E
1'32.061 0.224 0.058187.756
439阪口 晴南P.MU/CERUMO・INGING SF19
P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
1'32.406 0.569 0.345187.055
---- 以上Q3進出 ----
53山下 健太ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA TRD01F
1'32.415 0.578 0.009187.036
636ジュリアーノ・アレジKuo VANTELIN TOM'S SF19
Kuo VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
1'32.471 0.634 0.056186.923
76牧野 任祐DOCOMO DANDELION M6Y SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'32.599 0.762 0.128186.665

■Bグループ

全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦 -RIJ- (2021/08/28) Knock Out Q2 B Group Weather:Fine Course:Dry
2021 SUPER FORMULA Round 5 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosDriverCar
Team
Engine
TimeBehindGapkm/h
116野尻 智紀TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda M-TEC HR-417E
1'31.110--189.715
219関口 雄飛carenex TEAM IMPUL SF19
carenex TEAM IMPUL
TOYOTA TRD01F
1'31.532 0.422 0.422188.841
351松下 信治BYOUBUGAURA B-MAX SF19
B-MAX RACING TEAM
Honda M-TEC HR-417E
1'31.734 0.624 0.202188.425
437宮田 莉朋Kuo VANTELIN TOM'S SF19
Kuo VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
1'31.877 0.767 0.143188.132
---- 以上Q3進出 ----
55福住 仁嶺DOCOMO DANDELION M5S SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'31.895 0.785 0.018188.095
638坪井 翔P.MU/CERUMO・INGING SF19
P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
1'31.997 0.887 0.102187.886
712塚越 広大ThreeBond SF19
ThreeBond Drago CORSE
Honda M-TEC HR-417E
1'46.41315.30314.416162.433

SUPER FORMULA

SF:第5戦もてぎノックアウトQ1結果

■Aグループ

全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦 -RIJ- (2021/08/28) Knock Out Q1 A Group Weather:Fine Course:Dry
2021 SUPER FORMULA Round 5 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosDriverCar
Team
Engine
TimeBehindGapkm/h
164大湯 都史樹TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'32.342--187.184
215大津 弘樹TEAM MUGEN SF19
Red Bull MUGEN Team Goh
Honda M-TEC HR-417E
1'32.560 0.218 0.218186.743
320平川 亮carenex TEAM IMPUL SF19
carenex TEAM IMPUL
TOYOTA TRD01F
1'32.577 0.235 0.017186.709
439阪口 晴南P.MU/CERUMO・INGING SF19
P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
1'32.793 0.451 0.216186.274
56牧野 任祐DOCOMO DANDELION M6Y SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'32.947 0.605 0.154185.966
636ジュリアーノ・アレジKuo VANTELIN TOM'S SF19
Kuo VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
1'33.064 0.722 0.117185.732
73山下 健太ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA TRD01F
1'33.088 0.746 0.024185.684
---- 以上Q2進出 ----
87小高 一斗KCMG Elyse SF19
KCMG
TOYOTA TRD01F
1'33.128 0.786 0.040185.604
914大嶋 和也NTT Communications ROOKIE SF19
NTT Communications ROOKIE
TOYOTA TRD01F
1'33.608 1.266 0.480184.653
---- 以上基準タイム予選通過 ----

■Bグループ

全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦 -RIJ- (2021/08/28) Knock Out Q1 B Group Weather:Fine Course:Dry
2021 SUPER FORMULA Round 5 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosDriverCar
Team
Engine
TimeBehindGapkm/h
116野尻 智紀TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda M-TEC HR-417E
1'31.336--189.246
251松下 信治BYOUBUGAURA B-MAX SF19
B-MAX RACING TEAM
Honda M-TEC HR-417E
1'32.410 1.074 1.074187.046
338坪井 翔P.MU/CERUMO・INGING SF19
P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
1'32.547 1.211 0.137186.770
412塚越 広大ThreeBond SF19
ThreeBond Drago CORSE
Honda M-TEC HR-417E
1'32.552 1.216 0.005186.759
537宮田 莉朋Kuo VANTELIN TOM'S SF19
Kuo VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
1'32.577 1.241 0.025186.709
619関口 雄飛carenex TEAM IMPUL SF19
carenex TEAM IMPUL
TOYOTA TRD01F
1'32.596 1.260 0.019186.671
75福住 仁嶺DOCOMO DANDELION M5S SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'32.611 1.275 0.015186.641
---- 以上Q2進出 ----
818国本 雄資KCMG Elyse SF19
KCMG
TOYOTA TRD01F
1'32.633 1.297 0.022186.596
91山本 尚貴TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'33.011 1.675 0.378185.838
104中山 雄一ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA TRD01F
1'34.168 2.832 1.157183.555
---- 以上基準タイム予選通過 ----

TCR JAPAN SATURDAY

TCRJ-SAT:第4戦もてぎ決勝 ヒロボンが今季2勝目 初参戦の塩津佑介が2位に

2021TCRジャパンサタデーシリーズ第4戦の決勝が8月28日、栃木県のオートポリスで行われ、#19ヒロボン(バースレーシングプロジェクト【BRP】)がポール・トゥ・ウィンで今季2勝目を挙げた。

第4戦決勝12時45分より20分+1周で行われた。

スタート直後の1コーナーでは予選2番手の#97塩津佑介(DOME RACING)がヒロボンのインをついて一時トップに立つが、ヒロボンも3コーナーで塩津のインをついてトップを奪い返した。

3位には#101藤井優紀(Audi Team Hitotsuyama)が続く。予選5番手の#65加藤正将(Audi Team Mars)が#73大蔵峰樹(M-PROTOTYPING Team STILE CORSE)をかわして4位に浮上。大蔵は#71大山正芳(ダイワN通商アキランドCIVIC)にも抜かれて6位でコントロールラインに戻ってきた。

1周終了時点でのヒロボンのリードは0.681秒。その後もトップ2台は1秒前後の差を保って周回を重ねる。5周終了時点での1-2位の差は僅か0.954秒だ。

スタートで出遅れた大蔵は2周目の5コーナーで大山を抜いて5位に浮上すると、一気に4位の加藤との差を詰め、5周目の3コーナーでアウトから接触しながらも4位を奪い取った。

その後も懸命にヒロボンに食い下がる塩津だったが、ヒロボンは全く付け入る隙を与えず、10周を終えたところで規定の20分が終了。レースは10周プラス1の11周となり、最後はヒロボンが3.254秒のリードを築いてフィニッシュ。第2戦オートポリス以来の今季2勝目をものにした。

2位は今回がTCRJ初参戦の#97塩津佑介(DOME RACING)。3位には9周目に藤井を攻略した#73大蔵峰樹(M-PROTOTYPING Team STILE CORSE)が入った。

サンデーシリーズ第4戦決勝は明日の午前11時25分より20分+1周で行われる。

20分+1周の決勝レースがスタートした

スタート直後1コーナーの争い

ヒロボンと塩津佑介のトップ争い

優勝はヒロボン(バースレーシングプロジェクト【BRP】)

決勝2位は塩津佑介(DOME RACING)

決勝3位は大蔵峰樹(M-PROTOTYPING Team STILE CORSE)

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum

TCR JAPAN SATURDAY

TCRJ-SAT:第4戦もてぎ決勝結果

SUPER FORMULA Rd.4 -RIJ- (2021/08/28) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2021 TCR JAPAN SATURDAY Series Round 4 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosNoDriverMaker Model
Team
LapTimeBehindGap
119ヒロボンCUPRA TCR
バースレーシングプロジェクト【BRP】
1123'05.509--
297塩津 佑介Honda CIVIC TCR
DOME RACING
1123'08.763 3.254 3.254
373大蔵 峰樹Alfa Romeo Giulietta Veloce TCR
M-PROTOTYPING Team STILE CORSE
1123'11.070 5.561 2.307
4101藤井 優紀Audi RS3 LMS
Audi Team Hitotsuyama
1123'15.70410.195 4.634
565加藤 正将Audi RS3 LMS
Audi Team Mars
1123'16.43410.925 0.730
655MototinoHonda CIVIC TCR
55MOTO RACING
1123'25.93020.421 9.496
77井上 恵一Audi RS3 LMS
NILZZ Racing
1123'32.68927.180 6.759
8*17鈴木 建自Audi RS3 LMS
バースレーシングプロジェクト【BRP】
1123'34.33528.826 1.646
---- 以上規定周回数(75% - 8Laps)完走 ----
971大山 正芳Honda CIVIC TCR
ダイワN通商アキランドCIVIC
715'00.6334Laps4Laps
  • Fastest Lap: CarNo.19 ヒロボン(バースレーシングプロジェクト【BRP】) 2'44.028 (2/11) 139.352km/h
  • CarNo.71は、2021 TCRJ競技規則第9条9-1.1)(衝突を起こすもの)により、競技結果に対して5秒加算のペナルティーを科す。

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第13,14戦もてぎ公式予選 佐藤蓮がダブルポール

 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第13戦・第14戦は28日、ツインリンクもてぎで公式予選を行い、両戦とも佐藤蓮(TODA FIGHTEX)がポールポジションを獲得した。

 公式予選は午前11時から酷暑の中、30分間で行われた。ベストタイムで第13戦のグリッドが、セカンドベストタイムで第14戦のグリッドが決定する。

 先週に行われたスーパーGTでのPCR検査で新型コロナウイルスの陽性判定を受けた平良響(TOM'S)は参戦を取りやめ、全10人のドライバー(内マスタークラス2人)が出走した。

 予選開始と同時にコースインしたグループではまずは佐藤蓮(TODA FIGHTEX)が1分45秒835でトップに立つ。2位にはジュリアーノ・アレジ(Deloitte. TOM'S 320)が、3位には野中誠太(TOM'S)が続く。

 遅れてコースインしたグループでは名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)が1分45秒950で2位に浮上。三宅淳詞(Rn-sports)も46秒068で3位立った。

 ここで2セット目のタイヤに履き替えた佐藤はタイムを1分45秒711まで伸ばしトップを堅持。

 アレジも2セット目のタイヤを投入すると1分45秒535でトップに立った。しかし、佐藤はさらに45秒270までタイムを伸ばし、ポールポジションを確定した。

 2位には1分45秒382まで伸ばしたものの佐藤に及ばなかったアレジが、3位には高温の路面に手こずった名取が45秒426で続いた。

 4位には河野駿佑(RS FINE K&N 320)が、5位には三宅淳詞(MAX RACING 320)が、6位には野中誠太(Kuoカローラ中京TOM'S 320)が入った。

 セカンドベストタイムで決まる第14戦のグリッドは、ここでも佐藤がポールポジション。2位もアレジが続き、三宅は3位に食い込んだ。4位は野中、5位に河野が、タイムをそろえることができなかった名取は6位に沈んだ。

 2人参加のマスタークラスは、第13戦、第14戦とも今田信宏(JMS RACING with B-MAX)がポールポジションを獲得した。

 第13戦決勝は本日午後4時30分より14周で、第14戦決勝は明日29日午前10時15分より14周で行われる。

第13戦、第14戦ともポールポジションの佐藤蓮(TODA FIGHTEX)

第13戦、第14戦とも予選2位のジュリアーノ・アレジ(Deloitte. TOM\'S 320)

第13戦予選3位、第14戦予選6位の名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)

第13戦予選5位、第14戦予選3位の三宅淳詞(MAX RACING 320)

Text:Yoshinori OHNISHI
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第14戦もてぎ公式予選結果

全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦 -RIJ- (2021/08/28) Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2021 Buzz presents全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 Round 14 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosClsCls
Pos
DriverCar
Team
Engine
TimeBehindGapkm/h
12佐藤 蓮TODA FIGHTEX
TODA RACING
SPIESS A41
1'45.307--164.139
236ジュリアーノ・アレジDeloitte. TOM'S 320
TOM'S
TOYOTA TOM'S TAZ31
1'45.535 0.228 0.228163.784
310三宅 淳詞MAX RACING 320
Rn-sports
SPIESS A41
1'45.720 0.413 0.185163.498
41野中 誠太Kuoカローラ中京TOM'S 320
TOM'S
TOYOTA TOM'S TAZ31
1'45.865 0.558 0.145163.274
535河野 駿佑RS FINE K&N 320
RS FINE
TOYOTA TOM'S TAZ31
1'45.894 0.587 0.029163.229
650名取 鉄平Byoubugaura B-MAX Racing 320
B-MAX RACING TEAM
SPIESS A41
1'45.950 0.643 0.056163.143
752神 晴也Byoubugaura B-MAX Racing 320
B-MAX RACING TEAM
SPIESS A41
1'46.129 0.822 0.179162.867
830DRAGONTEAM DRAGON B-MAX 320
B-MAX ENGINEERING
SPIESS A41
1'48.089 2.782 1.960159.914
94M1今田 信宏JMS RACING with B-MAX
B-MAX ENGINEERING
SPIESS A41
1'48.303 2.996 0.214159.598
1051M2SYUJIB-MAX ENGINEERING 320
B-MAX ENGINEERING
SPIESS A41
1'50.684 5.377 2.381156.165
---- 以上基準タイム(110% - 1'56.072)予選通過 ----

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第13戦もてぎ公式予選結果

全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦 -RIJ- (2021/08/28) Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2021 Buzz presents全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 Round 13 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosClsCls
Pos
DriverCar
Team
Engine
TimeBehindGapkm/h
12佐藤 蓮TODA FIGHTEX
TODA RACING
SPIESS A41
1'45.270--164.196
236ジュリアーノ・アレジDeloitte. TOM'S 320
TOM'S
TOYOTA TOM'S TAZ31
1'45.382 0.112 0.112164.022
350名取 鉄平Byoubugaura B-MAX Racing 320
B-MAX RACING TEAM
SPIESS A41
1'45.426 0.156 0.044163.954
435河野 駿佑RS FINE K&N 320
RS FINE
TOYOTA TOM'S TAZ31
1'45.493 0.223 0.067163.849
510三宅 淳詞MAX RACING 320
Rn-sports
SPIESS A41
1'45.663 0.393 0.170163.586
61野中 誠太Kuoカローラ中京TOM'S 320
TOM'S
TOYOTA TOM'S TAZ31
1'45.724 0.454 0.061163.491
752神 晴也Byoubugaura B-MAX Racing 320
B-MAX RACING TEAM
SPIESS A41
1'45.854 0.584 0.130163.291
84M1今田 信宏JMS RACING with B-MAX
B-MAX ENGINEERING
SPIESS A41
1'47.603 2.333 1.749160.636
930DRAGONTEAM DRAGON B-MAX 320
B-MAX ENGINEERING
SPIESS A41
1'47.792 2.522 0.189160.355
1051M2SYUJIB-MAX ENGINEERING 320
B-MAX ENGINEERING
SPIESS A41
1'50.659 5.389 2.867156.200
---- 以上基準タイム(110% - 1'55.895)予選通過 ----

SUPER FORMULA

SF:第5戦もてぎフリー走行1回目 野尻智紀が酷暑の中トップタイム

 全日本スーパーフォーミュラ選手権は28日、ツインリンクもてぎでフリー走行を行い野尻智紀(TEAM MUGEN)が酷暑の中トップタイムを記録した。

 フリー走行は午前8時40分より徐々に気温が上昇する中、1時間30分間で行われた。

 開始10分までにトップに立ったのは1分32秒808で大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)。しかし開始16分には、関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)が32秒802をたたきだしトップに浮上。

 開始30分前、午前9時10分頃には中山雄一(KONDO RACING)が90度コーナー先でクラッシュ。赤旗が提示される。

 セッションは午前9時15分に再開。この時点でトップは1分32秒802の関口、2位の大津が32秒808で変わらず。3位には大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)が32秒883で、4位には野尻智紀(TEAM MUGEN)が32秒845で、5位には平川亮(carenex TEAM IMPUL)が32秒902で、6位には山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)が32秒905で続く。

 路面温度が上がり、各ドライバータイムアップが果たせない中、松下信治(B-MAX RACING TEAM)が1分32秒831をたたきだし3位に浮上。トップは関口、2位大津は変わらず。

 このままセッションは終了すると思われたが、残り5分、野尻が1分32秒367とタイムを大幅に縮めトップに浮上。ここから各ドライバータイムアタックを敢行する。

 ここまで中段に沈んでいた福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)は1分32秒415をたたきだし、一気に2位に浮上。3位にはトヨタ勢の中で気を吐いた関口が32秒424で付けた。4位には大湯が、5位には松下が、6位には平川が続いている。

 公式予選は本日午後2時35分よりノックアウト方式で行われる。

フリー走行1回目: トップタイムは野尻智紀(TEAM MUGEN)

フリー走行1回目: 2位は福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

フリー走行1回目: 3位は関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)

フリー走行1回目: 4位は大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)

フリー走行1回目: 5位は松下信治(B-MAX RACING TEAM)

フリー走行1回目: 6位は平川亮(carenex TEAM IMPUL)

Text:Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum

SUPER FORMULA

SF:第5戦もてぎフリー走行1回目結果

全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦 -RIJ- (2021/08/28) Free Practice 1 Weather:Fine Course:Dry
2021 SUPER FORMULA Round 5 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosDriverCar
Team
Engine
TimeBehindGapkm/h
116野尻 智紀TEAM MUGEN SF19
TEAM MUGEN
Honda M-TEC HR-417E
1'32.367--187.134
25福住 仁嶺DOCOMO DANDELION M5S SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'32.415 0.048 0.048187.036
319関口 雄飛carenex TEAM IMPUL SF19
carenex TEAM IMPUL
TOYOTA TRD01F
1'32.424 0.057 0.009187.018
464大湯 都史樹TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'32.701 0.334 0.277186.459
551松下 信治BYOUBUGAURA B-MAX SF19
B-MAX RACING TEAM
Honda M-TEC HR-417E
1'32.752 0.385 0.051186.357
620平川 亮carenex TEAM IMPUL SF19
carenex TEAM IMPUL
TOYOTA TRD01F
1'32.772 0.405 0.020186.317
715大津 弘樹TEAM MUGEN SF19
Red Bull MUGEN Team Goh
Honda M-TEC HR-417E
1'32.808 0.441 0.036186.244
81山本 尚貴TCS NAKAJIMA RACING SF19
TCS NAKAJIMA RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'32.905 0.538 0.097186.050
912塚越 広大ThreeBond SF19
ThreeBond Drago CORSE
Honda M-TEC HR-417E
1'33.010 0.643 0.105185.840
106牧野 任祐DOCOMO DANDELION M6Y SF19
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
Honda M-TEC HR-417E
1'33.027 0.660 0.017185.806
117小高 一斗KCMG Elyse SF19
KCMG
TOYOTA TRD01F
1'33.149 0.782 0.122185.563
1239阪口 晴南P.MU/CERUMO・INGING SF19
P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
1'33.160 0.793 0.011185.541
1338坪井 翔P.MU/CERUMO・INGING SF19
P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA TRD01F
1'33.161 0.794 0.001185.539
1437宮田 莉朋Kuo VANTELIN TOM'S SF19
Kuo VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
1'33.215 0.848 0.054185.431
1536ジュリアーノ・アレジKuo VANTELIN TOM'S SF19
Kuo VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA TRD01F
1'33.695 1.328 0.480184.481
163山下 健太ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA TRD01F
1'33.806 1.439 0.111184.263
1718国本 雄資KCMG Elyse SF19
KCMG
TOYOTA TRD01F
1'33.879 1.512 0.073184.120
1814大嶋 和也NTT Communications ROOKIE SF19
NTT Communications ROOKIE
TOYOTA TRD01F
1'33.917 1.550 0.038184.045
194中山 雄一ORIENTALBIO KONDO SF19
KONDO RACING
TOYOTA TRD01F
1'33.951 1.584 0.034183.979

TCR JAPAN SATURDAY

TCRJ-SAT:第4戦もてぎ公式予選 HIROBONがポールポジションを獲得

 TCRジャパンサタデーシリーズ第4戦は28日、ツインリンクもてぎで公式予選を行い、ヒロボン(バースレーシングプロジェクト【BRP】)がポールポジションを獲得した。

 公式予選は午前8時10分より15分で行われた。上空には薄雲がかかり早朝のためまだ気温は上がらず、それほど暑くない。

 予選開始と同時に参加9台が一斉にコースイン、タイムアタックが始まる。

 まずはヒロボン(バースレーシングプロジェクト【BRP】)が2周目に2分2秒372でトップに立つ。2位には塩津佑介(DOME RACING)が2秒716で続き、3位には藤井優紀(Audi Team Hitotsuyama)が3秒453で、4位には大蔵峰樹(M-PROTOTYPING Team STILE CORSE)が3秒632で続く。

 ほとんどのドライバーは1回目のアタックを終えるとタイヤを履き替え、再びコースイン。再度アタックを試みる。

 ヒロボンはさらにタイムを2分1秒747まで縮め、ポールポジションを確定。塩津はタイムを2秒716まで縮めるも0秒421及ばず2位、3位には藤井が、4位には大蔵が、5位には加藤正将(Audi Team Mars)が、6位には鈴木建自(バースレーシングプロジェクト【BRP】)が続いた。

 サタデーシリーズ第4戦決勝は本日午後0時45分より20分+1周で行われる。

ポールポジションはヒロボン(バースレーシングプロジェクト【BRP】)

予選2位は塩津佑介(DOME RACING)

予選3位は藤井優紀(Audi Team Hitotsuyama)

Text:Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum

TCR JAPAN SATURDAY

TCRJ-SAT:第4戦もてぎ公式予選結果

SUPER FORMULA Rd.4 -RIJ- (2021/08/28) Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2021 TCR JAPAN SATURDAY Series Round 4 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosDriverMaker Model
Team
TimeBehindGapkm/h
119ヒロボンCUPRA TCR
バースレーシングプロジェクト【BRP】
2'01.747--141.974
297塩津 佑介Honda CIVIC TCR
DOME RACING
2'02.168 0.421 0.421141.485
3101藤井 優紀Audi RS3 LMS
Audi Team Hitotsuyama
2'03.344 1.597 1.176140.136
473大蔵 峰樹Alfa Romeo Giulietta Veloce TCR
M-PROTOTYPING Team STILE CORSE
2'03.517 1.770 0.173139.940
565加藤 正将Audi RS3 LMS
Audi Team Mars
2'03.556 1.809 0.039139.896
617鈴木 建自Audi RS3 LMS
バースレーシングプロジェクト【BRP】
2'03.666 1.919 0.110139.771
771大山 正芳Honda CIVIC TCR
ダイワN通商アキランドCIVIC
2'03.995 2.248 0.329139.400
855MototinoHonda CIVIC TCR
55MOTO RACING
2'04.392 2.645 0.397138.956
97井上 恵一Audi RS3 LMS
NILZZ Racing
2'05.225 3.478 0.833138.031
---- 以上基準タイム(110% - 2'13.921)予選通過 ----

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿優勝ドライバーのコメント 松田次生「地元でレースするといつもと違うアドレナリンが出る」

GT500クラス優勝 #23MOTUL AUTECH GT-R

ロニー・クインタレッリ(NISMO)
「みなさん応援ありがとうございました。まさか鈴鹿で三連勝するなんて。日産もミシュランも本当にいいクルマ、いいタイヤを作ってくれました」

「いろいろあってピットアウトしてからは3番手にドロップしたけど、今日の次生の走りは本当に素晴らしかった」

松田次生(NISMO)
「いやもう地元三重県でレースすると、いつもと違うアドレナリンが出るんですよね。鈴鹿サーキットで育ってきました。幼い頃ここでF1を見て、それから自分がレースするようになって、まさかそこでこういういい走りができるなんて。今日は自分のレース人生、フォーミュラ含めて多分一番いいレースだったんじゃないかと思います。すごい集中できてたし、コントロールできていました」

「はじめ4位に落ちて、なんとか表彰台には行きたいと思ったんですが、でもどうしても悔しくて。逆にピットの戦略が失敗した分気合が入って、いい走りになったかもしれない」

GT300クラス優勝 #244たかのこの湯GR Supra GT

三宅淳詞(Max Racing)
「昨日の予選でミスした分を、自分のスティントで取り返して、トップで戻ってくることができたので、今までGTをやってきた中で一番満足のいくスティントになりました。優勝できて本当に最高です」
堤優威(Max Racing)
「もう優勝ってところはめちゃくちゃ嬉しいんですけど、自分で最後までヒヤヒヤするような状況を作ってしまい、チームには迷惑をかけたんですけど、結果としては大満足です」

 

まとめ:Kazuhisa SUEHIRO

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿決勝 日産の大逆襲!! 表彰台独占で#23MOTUL AUTECH GT-Rが今季初優勝

全国の日産ファンがこの日を待っていた!!

2021オートバックス スーパーGT第3戦「FUJIMAKI GROUP鈴鹿GT300kmレース」の決勝が8月22日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、予選3番手からスタートした#23松田次生/ロニー・クインタレッリ組(MOTUL AUTECH GT-R)が今季初優勝を獲得、2位に#3平手晃平/千代勝正組(CRAFTSPORTS MOTUL GT-R)、3位には#24高星明誠/佐々木大樹組(リアライズコーポレーションADVAN GT-R)が入り、NISSAN GT-R NISMO GT500が表彰台を独占した。

GT300クラスは#244三宅淳詞/堤優威組(たかのこの湯GR Supra GT)が嬉しいスーパーGT初優勝を参戦2年目にして達成した。
(天候:曇り コース:ドライ)

ウォームアップ走行でクラッシュがあったため、第3戦決勝は当初予定より10分遅れの午後2時40分にフォーメーションラップが開始された。周回数は52だ。なお、クラッシュした#18小林崇志/名取鉄平組(UPGARAGE NSX GT3)はそのままリタイヤ。#50加納政樹/柳田真孝組(ARNAGE AMG GT3)はピットスタートを選択した。
予報に反して夏の暑い陽射しが降り注いでいたこの日の鈴鹿サーキットだが、スタート進行が始まると上空には少し雲が多くなってきた。

鈴鹿山脈方面で雷鳴が轟くなか、スタートでトップに立ったのはポールシッターの#64伊沢拓也(Modulo NSX-GT)。予選2番手の#16大湯都史樹(Red Bull MOTUL MUGEN NSX GT)とともに1周目から3位以下を引き離しにかかった。

ところが5周目の130Rで64号車はブレーキトラブルに見舞われ、シケインアウト側に飛び出してクラッシュバリアに飛び込むアクシデントが発生。車両から出火する状況となった。

このため6周目にフルコースイエロー(FCY)が宣言され、続いてセーフティーカーが導入された。伊沢はクルマを脱出し、メディカルカーで戻ってきた。

これにより#16大湯がトップに浮上、2位に#23ロニー・クインタレッリ(MOTUL AUTECH GT-R)がつけ、#24佐々木大樹(リアライズコーポレーションADVAN GT-R)が3位という展開になった。

SCは11周目にピットイン。レースは12周目から再開となる。

#23クインタレッリ、#24佐々木の2台を従えてトップを快走する#16大湯の後ろでは、15周目のシケインで#38立川祐路(ZENT CERUMO GR Supra)が#12松下信治(カルソニックIMPUL GT-R)を抜いて6位に浮上。続いて18周目には#8福住をも捉えて5位に浮上する。

さらにトップの#16大湯が周回遅れに引っかかっている間にトップ5が接近するが、これ以降は大きな順位変動もなく淡々とレースは進んでいく。

変化が訪れたのは各チームがピットストップを終えてからだ。

まず18周目に6位を走行していた#12松下がピットイン。続いて#16大湯も20周目に早めのピット作業を行った。3千代勝正(CRAFTSPORTS MOTUL GT-R)、#17ベルトラン・バゲット(Astemo NSX-GT)もこの周でドライバー交代を行った。

その結果#3平手晃平(CRAFTSPORTS MOTUL GT-R)は#16笹原右京(Red Bull MOTUL MUGEN NSX GT)の前でピットアウトすることに成功する。さらに#12平峰一貴(カルソニックIMPUL GT-R)も#16笹原をかわして前に出た。

さらに24周目、#23クインタレッリがピットイン、作業を終えて#23松田次生(MOTUL AUTECH GT-R)がコースに復帰すると、タイヤに熱の入っていない23号車を#3平手、#12平峰、#16笹原が相次いでパス、#23は実質4位に後退することとなった。

しかし#23松田は26周目に#16笹原を捉えて3位を奪い返す。5位には#17塚越広大(Astemo NSX-GT)、#24高星明誠(リアライズコーポレーションADVAN GT-R)が6位、そして#1山本尚貴(STANLEY NSX-GT)、#38石浦宏明(ZENT CERUMO GR Supra)の順だ。

#24高星は28周目に#17塚越を捉えて5位に、さらに30周目の逆バンクでペースの上がらない16笹原を捉えて4位に浮上した。これにより、日産GT-R勢がなんと1-2-3-4という状態となった。#16笹原はその後もズルズルと順位を落としていった。

一方、3位を走行していた#23松田は30周目に#12平峰を捉えて2位に浮上すると、その後もはいペースで周回を重ねていき、41周目のヘアピンでついに#3平手を捉えてトップに躍り出た。

その後方では36周目のスプーンで#24高星が#12平峰のインをついて3位に浮上。4位に後退した#12平峰はその後もペースが上がらず、#1山本、#36坪井翔(au TOM'S GR Supra)に相次いで抜かれ、6位でレースを終えた。

トップに立った#23松田はその後も一切手綱を緩めずに走り続け、最後は2位の3号車に11.362秒もの大差をつけて52周を走りきり、#23松田次生/ロニー・クインタレッリ組(MOTUL AUTECH GT-R)が今季初優勝。鈴鹿に限っていえば昨年の2勝に続いて3連勝を達成した。

2位に#3平手晃平/千代勝正組(CRAFTSPORTS MOTUL GT-R)、3位には#24高星明誠/佐々木大樹組(リアライズコーポレーションADVAN GT-R)が入り、今季苦戦の続いてきたニッサン勢が1-2-3フィニッシュという快挙を達成した。

GT300はスタートで#244三宅淳詞(たかのこの湯GR Supra GT)が2番手に上がり、トップの#61山内英輝(SUBARU BRZ R&D SPORT)を追う展開に。#9ケイ・コッツォリーノ(PACIFIC NAC CARGUY Ferrari)が3位でつづき予選2番手の#5平木湧也(マッハ車検GTNET MC86マッハ号)は4番手に後退した。

9周目には64号車のクラッシュによるSCが入り、11周目にレースが再開されると、#244三宅は猛然と#61山内を追い上げ、13周目の逆バンクでインに飛び込み、トップを奪い取る。苦しい走りを強いられる山内は#9コッツォリーノにも先行されて、あっという間に3位に後退。またしてもSCに足元を掬われてしまった。

そこからトップを快走した#244たかのこの湯GR Supra GTだったが、24周目にピット作業を終えてコースに出てみると、21周目に作業を終えていた#5平木玲次(マッハ車検GTNET MC86マッハ号)が前に出てしまっていた。

それでも#244堤優威(たかのこの湯GR Supra GT)は懸命に5号車を追い上げ、38周目のデグナーでトップに躍り出た。さらに39周目のヘアピンで今度は#88小暮卓史(JLOCランボルギーニGT3)が5号車のインをつき、2位に浮上した。

トップを奪い返した#244堤はその後も後続を突き放しにかかる。47周目にはGT500クラスの#36坪井翔(au TOM'S GR Supra)と逆バンクで接触、グラベルに飛び出す危ない場面もあったが、なんとかトップを守り切って49周を走りきり、#244三宅淳詞/堤優威組(たかのこの湯GR Supra GT)が今季初優勝。今年デビューした堤だけでなく、昨年から参戦している三宅とMax Racingにとっても嬉しい初勝利となった。

さらに三宅は伊勢市出身。今回はGT500クラスの松田次生とともに、三重県出身のドライバーが両クラスを制するという、地元のファンにとっては願ってもない結果となった。

2位には#88小暮卓史/元嶋佑弥組(JLOCランボルギーニGT3)、43周目のデグナーでスピンした#5平木玲次をかわした#4谷口信輝/片岡龍也組(グッドスマイル初音ミクAMG)が3位に入った。

2021オートバックス スーパーGT第4戦の舞台は宮城県のスポーツランドSUGO。9月12日決勝だ。

Text:Kazuhisa SUEHIRO

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿決勝結果

■GT500クラス

FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2021/08/22) Final Race Weather:Cloudy Course:Dry
2021 AUTOBACS SUPER GT Round 3 GT500 class 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
Team
TireWhLapTimeBehindGap
123松田 次生
ロニー・クインタレッリ
MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
NISMO
MI4521:50'23.702--
23平手 晃平
千代 勝正
CRAFTSPORTS MOTUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
NDDP RACING with B-MAX
MI26521:50'35.06411.36211.362
324高星 明誠
佐々木 大樹
リアライズコーポレーションADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
KONDO RACING
YH521:50'43.82920.127 8.765
41山本 尚貴
牧野 任祐
STANLEY NSX-GT
Honda NSX-GT
TEAM KUNIMITSU
BS64521:50'48.91625.214 5.087
536関口 雄飛
坪井 翔
au TOM'S GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500
TGR TEAM au TOM'S
BS52521:50'49.91026.208 0.994
612平峰 一貴
松下 信治
カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
TEAM IMPUL
BS6521:51'08.77845.07618.868
717塚越 広大
ベルトラン・バゲット
Astemo NSX-GT
Honda NSX-GT
Astemo REAL RACING
BS52521:51'09.22945.527 0.451
838立川 祐路
石浦 宏明
ZENT CERUMO GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500
TGR TEAM ZENT CERUMO
BS16521:51'10.18746.485 0.958
916笹原 右京
大湯 都史樹
Red Bull MOTUL MUGEN NSX GT
Honda NSX-GT
TEAM Red Bull MUGEN
DL16521:51'10.87747.175 0.690
1037平川 亮
阪口 晴南
KeePer TOM'S GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500
TGR TEAM KeePer TOM'S
BS54521:51'11.88248.180 1.005
118野尻 智紀
福住 仁嶺
ARTA NSX-GT
Honda NSX-GT
ARTA
BS26521:51'14.52750.825 2.645
1214大嶋 和也
山下 健太
ENEOS X PRIME GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500
TGR TEAM ENEOS ROOKIE
BS70521:51'18.50854.806 3.981
1319国本 雄資
宮田 莉朋
WedsSport ADVAN GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500
TGR TEAM WedsSport BANDOH
YH40521:51'25.7251'02.023 7.217
14*39ヘイッキ・コバライネン
中山 雄一
DENSO KOBELCO SARD GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500
TGR TEAM SARD
BS28521:51'30.2431'06.541 4.518
---- 以上規定周回数(70% - 36Laps)完走 ----
-64伊沢 拓也
大津 弘樹
Modulo NSX-GT
Honda NSX-GT
Modulo Nakajima Racing
DL247'21.12848Laps48Laps

■GT300クラス

FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2021/08/22) Final Race Weather:Cloudy Course:Dry
2021 AUTOBACS SUPER GT Round 3 GT300 class 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
Team
TireWhLapTimeBehindGap
1244三宅 淳詞
堤 優威
たかのこの湯GR Supra GT
TOYOTA LEXUS RC F GT3
Max Racing
YH42491:51'32.468--
288小暮 卓史
元嶋 佑弥
JLOCランボルギーニGT3
Lamborghini HARUCAN GT3
JLOC
YH21491:51'39.138 6.670 6.670
34谷口 信輝
片岡 龍也
グッドスマイル初音ミクAMG
Mercedes AMG GT3
GOODSMILE RACING & TeamUKYO
YH27491:51'45.75613.288 6.618
49ケイ・コッツォリーノ
横溝 直輝
PACIFIC NAC CARGUY Ferrari
Ferrari 488 GT3
PACIFIC CARGUY Racing
YH12491:52'05.83233.36420.076
55平木 湧也
平木 玲次
マッハ車検GTNET MC86マッハ号
TOYOTA 86 MC
TEAM MACH
YH491:52'07.20634.738 1.374
630永井 宏明
織戸 学
TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT
TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV
apr
YH9491:52'07.79535.327 0.589
755高木 真一
佐藤 蓮
ARTA NSX GT3
Honda NSX GT3
ARTA
BS33491:52'08.04435.576 0.249
856藤波 清斗
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
リアライズ 日産自動車大学校GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
KONDO RACING
YH72491:52'10.56538.097 2.521
92加藤 寛規
阪口 良平
muta Racing Lotus MC
LOTUS EVORA MC
muta Racing INGING
BS63491:52'17.75445.286 7.189
1061井口 卓人
山内 英輝
SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
R&D SPORT
DL48491:52'19.08346.615 1.329
1110星野 一樹
石川 京侍
GAINER TANAX with IMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
GAINER
DL21491:52'24.55452.086 5.471
126片山 義章
本山 哲
Team LeMans Audi R8 LMS
Audi R8 LMS
Team LeMans w/MOTOYAMA Racing
YH491:52'24.96652.498 0.412
1334道上 龍
密山 祥吾
Yogibo NSX GT3
Honda NSX GT3
Yogibo Drago CORSE
YH481:50'33.1921Lap 1Lap
1460吉本 大樹
河野 駿佑
SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT
TOYOTA GR Supra
LM corsa
DL69481:50'34.7861Lap 1.594
1565蒲生 尚弥
菅波 冬悟
LEON PYRAMID AMG
Mercedes AMG GT3
K2 R&D LEON RACING
BS75481:50'35.2331Lap 0.447
1687松浦 孝亮
坂口 夏月
グランシードランボルギーニGT3
Lamborghini HARUCAN GT3
JLOC
YH481:50'38.5711Lap 3.338
1796新田 守男
小高 一斗
K-tunes RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
K-tunes Racing
DL15481:50'51.7071Lap 13.136
18*52吉田 広樹
番場 琢
埼玉トヨペットGB GR Supra GT
TOYOTA GR Supra
埼玉トヨペット Green Brave
BS66481:50'51.9171Lap 0.210
1950加納 政樹
柳田 真孝
ARNAGE AMG GT3
Mercedes AMG GT3
Arnage Racing
YH481:50'54.3111Lap 2.394
2035ショーン・ウォーキンショー
ジュリアーノ・アレジ
arto RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
arto Ping An Team Thailand
YH481:50'55.3871Lap 1.076
2121川端 伸太朗
篠原 拓朗
Hitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8 LMS
Audi Team Hitotsuyama
YH481:50'55.6141Lap 0.227
22360青木 孝行
内田 優大
RUNUP RIVAUX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
TOMEI SPORTS
YH481:50'56.6251Lap 1.011
2325松井 孝允
佐藤 公哉
HOPPY Porsche
Porsche 911 GT3 R
HOPPY team TSUCHIYA
YH27481:51'06.2411Lap 9.616
2431嵯峨 宏紀
中山 友貴
TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT
TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV
apr
BS481:51'07.7581Lap 1.517
25*7荒 聖治
山口 智英
Studie PLUS BMW
BMW M6 GT3
BMW Team Studie × CSL
YH481:51'14.1001Lap 6.342
2611平中 克幸
安田 裕信
GAINER TANAX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
GAINER
DL75481:51'24.1611Lap 10.061
2748田中 勝輝
富田 竜一郎
植毛ケーズフロンティアGT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
NILZZ Racing
YH481:51'58.7441Lap 34.583
28*22和田 久
城内 政樹
アールキューズAMG GT3
Mercedes AMG GT3
R'Qs MOTOR SPORTS
YH471:51'08.9212Laps1Lap
---- 以上規定周回数(70% - 29Laps)完走 ----
-*18小林 崇志
名取 鉄平
UPGARAGE NSX GT3
Honda NSX GT3
TEAM UPGARAGE
YH9-D.N.S--
  • Fastest Lap(GT500): CarNo.64 伊沢拓也(Modulo NSX-GT)(2/4) 191.65km/h
  • Fastest Lap(GT300): CarNo.244 三宅淳詞(たかのこの湯 GR Supra GT) 2'01.217 (3/24) 172.46km/h
  • CarNo.39(ヘイッキ・コバライネン)は、SpR.26-11(ピットレーン速度違反)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。
  • CarNo.7(山口智英)は、SpR.29-10(ウォームアップ中の赤旗無視)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。
  • CarNo.18は、SpR.25-6(ウォームアップ中のホイールの脱落)により、罰金100,000円を科す。
  • CarNo.22(和田久)は、SpR付則-4 2.2(FCY中の速度違反)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。
  • CarNo.52(番場琢)は、SpR.26-11(ピットレーン速度違反)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。
  • CarNo.7は、SpR.27-1.3(ピット作業違反)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿ウォームアップ走行 130Rで大クラッシュが発生! スタート時刻が変更に

2021オートバックス スーパーGT第3戦「FUJIMAKI GROUP鈴鹿GT300kmレース」のウォームアップ走行が8月22日、三重県の鈴鹿サーキットで行われたが、130Rでクラッシュが発生したため、残り1分30秒で赤旗が提示され、セッションはそのまま終了となった。

ウォームアップ走行は午後1時10分にコースオープン。各車決勝に向けて最後の調整に取り掛かる。

序盤トップに立ったのは#36関口雄飛(au TOM'S GR Supra)で1'51.305。これを残り4分で#12平峰一貴(カルソニックIMPUL GT-R)が1'51.206で上回る。#12平峰は次の周でも1'50.708とタイムをさらに上げてきた。続いて#3平手晃平(CRAFTSPORTS MOTUL GT-R)が1'50.913を出して2番手に上がってきた。

GT300クラスは#96新田守男/小高一斗組(K-tunes RC F GT3)
が2'00.919でトップタイム。#7荒聖治/山口智英組(Studie PLUS BMW)が2番手につけている。

ところが残り時間2分を切ったところで#18名取鉄平(UPGARAGE NSX GT3)が、右フロントタイヤの脱落により130Rでコントロールを失ってコースオフ、バリアに突っ込む大クラッシュが発生。これにより赤旗が提示され、ウォームアップ走行はそのまま終了となった。

名取はその後FROの手を借りてクルマを降りたが、車両回収やコース補修などのため、スタート進行は当初予定より10分遅れとする、との決定がレースコントロールより出された。

これにより第3戦決勝のスタート時刻は午後2時40分に変更された。

Text: Kazuhisa SUEHIRO

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿ドライバートークショー 伊沢拓也「子を持つ親として、髪を染めるのはちょっと」

8月22日、スーパーGT第3戦が行われている鈴鹿サーキットで恒例のドライバートークショーが開催された。

今回出席したのはGT500クラスポールポジションの#64伊沢拓也(Modulo NSX-GT)、予選2位の#16大湯都史樹(Red Bull MOTUL MUGEN NSX GT)、そして予選3位の#23ロニー・クインタレッリ(MOTUL AUTECH GT-R)。

GT300クラスはポールポジションの#61井口卓人(SUBARU BRZ R&D SPORT)、予選2位の#5平木湧也(マッハ車検GTNET MC86マッハ号)、そして予選3位の#244三宅淳詞(たかのこの湯GR Supra GT)だ。

各ドライバーのコメントは以下の通り。

三宅淳詞(Max Racing)

「初めまして三宅淳です。去年からスーパーGTに参戦していますが、今年はそれに加えてスーパーフォーミュラ・ライツとスーパー耐久にも参戦させていただいてます」

「(昨日の予選について)Q1で堤選手が全体のトップタイムで、クルマの調子がいいのはわかっていたので僕も頑張ったんですけど、最後の最後で逆転されてしまいました。自分としても悔しい予選になりましたし、チームにも申し訳ないなと思いました」

「(チームメイトの堤選手との関係は)走りの面でも速い部分についても二人は違うので、互いに話し合っていい方向に進んでいるのではないかと思います。堤選手はゴルフが上手なので、コーチとして指導してもらっています」

平木湧也(TEAM MACH)

「もともとマザーシャシーは鈴鹿が得意ですが、ここ1、2年で重量が増えてしまって、公式練習でも21番手でしたし、今週末は厳しいのかなと思っていましたが、いろいろセットアップしていったらいい方向に行きました。弟もQ1をギリギリで通過してくれたので」

「(弟の玲次選手について)今まで4歳と3歳からずっと一緒にレースしてきたので、走り方の癖はお互い理解しています。レース中は喧嘩しないように気をつけたいと思います」

井口卓人(R&D SPORT)

「前戦のもてぎは色々考えて準備してきたものが外れてたので、今回は準備してきたものが全て噛み合ったのが嬉しかったです」

「(決勝の見通しは)わかりません。天気もどうなるかわからないし、今年は一発は速いのに決勝で苦労しているので、今回も色々考えて準備してきています。できればドライで走りたいなという気持ちでいっぱいです」

「(ダンロップタイヤの進化について)ここ二、三年でチームもタイヤに対する理解を深めましたし、ダンロップさんの方もいろんな提案をしてくれます。スープラもダンロップになって、全てが同じではないんですけど、いろんなイメージがついてきて、いろんなトライができています」

ロニー・クインタレッリ(NISMO)

「(予選を振り返って)今回は練習走行からクルマの調子がよくて。去年のレースからの流れを振り返ってもダンロップが速いのはわかっていたので、我々は予選でなるべく上位につけたいと思っていました。3位というのは決勝に向けてもいい結果ですし、ニッサン勢が久々に全車Q1を突破したので、ファンの皆さんにいいパフォーマンスを見せられたなと思います。決勝もみんなで力を合わせて頑張ります」

「僕と次生選手はいつも指定されてるレストランで食事をしていますが、昨日は鈴鹿のイタリアンレストランに行ったので、元気いっぱいです」

大湯都史樹(TEAM Red Bull MUGEN)

「(予選を振り返って)今も悔しい思いは持っていますけど、昨日の夜から今日に向けて、決勝への準備をしっかりしてきていますし、いい走りを見せられるようにと考えています」

「ダンロップとしても、ホンダとしても1-2取れたのは良かったと思います。でも同じ状況なら前に出たかったです。伊沢選手がすごいアタックをしたので、僕は叶いませんでした」

「(YouTubeについて)現地になかなか来れないファンの方も多いと思うので、そういう方にも楽しんでいただければと思ってやっています。今日もバモスっていう軽のワンボックスで鈴鹿にきているので、皆さんに期待していただければと思います」

伊沢拓也( Modulo Nakajima Racing)

「(予選を振り返って)いろいろありましたが、無事にポールポジションを取れて良かったなと思います。同じタイヤを履く16号車が隣にいますが、スーパーフォーミュラを見ても大湯選手は異次元に速いなと思っています。それを押さえてポールを取れたのは、間違い無く僕の力では無くチームの力だと思います。今年ここまで16号車に負けてるな、と感じる部分が多々あった中で、今回鈴鹿でそれを逆転できたというところに大きな意味があるなと思っています」

「もちろん僕らも優勝を目指して、去年までとは違うタイヤの作り方をしてきて、それが前回のもてぎぐらいから力を発揮するようになってきました。今回どうなるかわからないんですけど、昨年よりは非常に期待を持っています」

「(去年は勝ったら髪をダンロップ色に染める、と言っていたが)やはり子を持つ親としてしっかりした姿を見せたいと思うので、今年は勘弁してください」

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO

F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP (FIA-F4)

FIA-F4:第4戦鈴鹿決勝 #36荒川鱗が待望の初優勝

2021年FIA-F4選手権第4戦の決勝が8月22日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、予選2番手からスタートした#36荒川鱗(TGR-DC RSトムススピリットF4)が自身初のFIA-F4優勝をものにした。

(天候:曇り コース:ドライ) 

第4戦決勝は午前8時45分より11周で行われた。天候は曇りだが、前日と違って空は明るく、青空も僅かに顔を見せる中での戦いとなった。

ホールショットは#6木村偉織(HFDP/SRS/コチラレーシング)。2位に#35野中誠太(TGR-DC RSトムススピリットF4)、3位に#5小出峻(HFDP/SRS/コチラレーシング)が続き、予選2番手の#36荒川は4位に後退してしまった。

その後はトップの#6木村から8位の#38清水英志郎(TGR-DC RSフィールドF4)
までが0.3~0.5秒の間隔を保って周回を重ねていくが、4周めに入ったところで#35野中と#5小出の差が少し開き始め、トップ争いは2台に絞られた格好になる。

しかし5周目の逆バンクで#33慶原克律(ATEAM Buzz Racing F110)がスピン、グラベルに捕まったため、6周目からセーフティーカー(SC)が導入された。

SCは7周目にピットイン。8周目から追い越し可能となる。

すかさず1コーナーでアウトから#6木村に並びかけた#35野中だったが、2コーナー手前でコースを飛び出してしまう。その後方にいた#5小出も行き場を失ってスピンアウト。これにより#6荒川が2位に浮上、3位に#7太田、4位に#40元嶋が浮上した。さらに元嶋はこの周のスプーンで7太田を抜いて3位に上がるが、太田も9周目の1コーナーでアウトから元嶋を抜き返して3位を奪い返した。

レースはそのままトップ#6木村、2位#36荒川、3位#7太田の順でチェッカーを受けるが、#6木村はリスタート時の#35の野中との攻防において危険なドライブ行為があったとされて5秒加算のペナルティを受けてしまった。

その結果優勝は#36荒川、2位#7太田、そして#40元嶋が待望の初表彰台を得ることとなった。

インディペンデントカップは最後尾スタートとなった#11ヒロボン(Rn-sports Andare)が第3戦同様に序盤から激しい追い上げを見せて5周目までに2位にジャンプアップ、その後もトップの#3 佐藤セルゲイビッチ(結婚の学校フィールドモータースポーツ)と接戦を繰り広げたが、#3佐藤は最後まで付け入る隙を与えずにトップでフィニッシュ。待望の今季初優勝を挙げた。

次戦の舞台は宮城県のスポーツランドSUGO。9月11日に第8戦、第9戦が、12日に第10戦が行われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO

F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP (FIA-F4)

FIA-F4:第4戦鈴鹿決勝結果

FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2021/08/22) Final Race Weather:Cloudy Course:Dry
2021 F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP Round 4 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Team
LapTimeBehindGap
136荒川 鱗TGR-DC RSトムススピリットF4
TGR-DC Racing School
1126'58.333--
27太田 格之進HFDP/SRS/コチラレーシング
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
1127'01.486 3.153 3.153
340元嶋 成弥SACCESS RACING
SACCESS RACING
1127'01.856 3.523 0.370
480伊東 黎明OTG DL F4CHALLENGE
OTG MOTOR SPORTS
1127'02.293 3.960 0.437
5*6木村 偉織HFDP/SRS/コチラレーシング
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
1127'02.792 4.459 0.499
637奥住 慈英TGR-DC RSフィールドF4
TGR-DC Racing School
1127'03.140 4.807 0.348
735野中 誠太TGR-DC RSトムススピリットF4
TGR-DC Racing School
1127'05.511 7.178 2.371
862松澤 亮佑HELM MOTORSPORTS F110
HELM MOTORSPORTS
1127'07.247 8.914 1.736
997岩澤 優吾BJ Racingスカラシップ
Bionic Jack Racing
1127'07.419 9.086 0.172
1016大滝 拓也Media Do影山Giddy UP
Media Do Kageyama Racing
1127'08.41510.082 0.996
1113藤原 大輝ACE LINES MDFactory
KRac Motorsorts
1127'09.47611.143 1.061
12*77小川 颯太WARMTECH Skill Speed
SKILL SPEED
1127'09.48611.153 0.010
1398岡本 大輝BJ Racing
Bionic Jack Racing
1127'09.76711.434 0.281
143IC1佐藤 セルゲイビッチ結婚の学校フィールドモータースポーツ
フィールドモータースポーツ
1127'12.45414.121 2.687
1511IC2ヒロボンRn-sports Andare
Rn-sports
1127'13.12614.793 0.672
1644IC3今田 信宏JMS RACING with B-MAX
B-MAX ENGINEERING
1127'13.80215.469 0.676
1743IC4DRAGONZAP SPEED F110
ZAP SPEED
1127'14.05515.722 0.253
18*63IC5鳥羽 豊HELM MOTORSPORTS F110
HELM MOTORSPORTS
1127'18.82020.487 4.765
1938清水 英志郎TGR-DC RSフィールドF4
TGR-DC Racing School
1127'22.23023.897 3.410
202IC6仲尾 恵史TCS Racing Team
TCS RACING TEAM
1127'23.89925.566 1.669
2132マックス・サロATEAM Buzz Racing F110
ATEAM Buzz Racing
1127'25.63827.305 1.739
2286IC7大阪 八郎Dr.Dry F110
ZAP SPEED
1127'26.29827.965 0.660
2318IC8堀田 誠ムータレーシング
AKILAND RACING
1127'26.89628.563 0.598
2471IC9大山 正芳ダイワN通商アキランド
AKILAND RACING
1127'32.37334.040 5.477
2596IC10齋藤 真紀雄CSマーケティングアキランド
AKILAND RACING
1127'54.66656.33322.293
---- 以上規定周回数(90% - 9Laps)完走 ----
-24IC-碓井 ツヨシC.O.B-KART
TSUYOSHI USUI
821'28.5623Laps3Laps
-5小出 峻HFDP/SRS/コチラレーシング
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
718'19.8924Laps1Lap
-99IC-近藤 善嗣アンドIoTくじらRn-sports
Rn-sports
718'33.1334Laps13.241
-23IC-YUGOS2R Racing
N-SPEED
718'44.8054Laps11.672
-33IC-慶原 克律ATEAM Buzz Racing F110
ATEAM Buzz Racing
49'22.4707Laps3Laps
-*31鶴田 哲平ATEAM Buzz Racing F110
ATEAM Buzz Racing
失格--
  • Fastest Lap: CarNo.37 奥住慈英(TGR-DC RSフィールドF4) 2'09.358 (10/11) 161.679km/h
  • CarNo.63は、国際モータースポーツ競技規則付則L項第4章第5条(ホワイトラインカット)により、訓戒とした。
  • CarNo.6は、FIA-F4競技規則第15条1.(危険なドライブ行為)により、競技結果に5秒を加算した。
  • CarNo.77は、FIA-F4競技規則第19条2.(安全確認)違反により、競技結果に5秒を加算した。
  • CarNo.31は、FIA-F4競技規則第23条1.(タイヤマーキング)違反により、失格とした。

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿ポールシッターのコメント 伊沢拓也「大津選手のタイムがとんでもなく速くて、反省するところばっかり」

GT500クラスポールポジション #64Modulo NSX-GT

伊沢拓也( Modulo Nakajima Racing)
「(どうしてコースアウトしたのか)ちょっとわかんないです。タイヤはウォームアップからいい状態だったので、そんなことになるとは思ってなくて。今は頭がパニックです。今シーズンは昨年ほどのスピードを見せられていなくて、前半戦はしんどい時期があったんですけど、今回鈴鹿で合わせ込むことができましたし、なんといっても今年一緒にやり始めた16号車と1-2を取れたのは、僕らにとってもダンロップさんにとっても最高の結果だと思います。多分今日は僕だけが落ち込むのかなと思っています」

「朝から調子は良かったんですけど、Q1の大津選手のタイムがとんでもなく速くて、僕はそこに届かなかったので、反省するところばっかりです。ピットに戻るまでずっと中嶋さんんに無線で怒られてましたし」

大津弘樹( Modulo Nakajima Racing)
「このタイヤに合うマシンをチームが仕上げてくれたことがポールにつながったと思うので、チーム全員で取れたポールポジションだと思います」

「もちろん僕たちが得意としている鈴鹿でポールを取ることはチームの目標でした。でもレースになると天候もそうですし、僕たちがタイヤをどう持たせるかも大事な要素になってくるので、明日の決勝は一番前からスタートして、一番前でゴールできるように全力を尽くしていきたいと思います」

GT300クラスポールポジション #61SUBARU BRZ R&D SPORT

山内英輝(R&D SPORT)
「本当にスバルファンのみなさんのおかげです。ありがとうございます」

「僕たちはここからが本当の勝負だと思ってます。明日の決勝が大きな課題だと思っているので、明日ベストを尽くせるように、今日中にしっかり取り組んでいきます」

井口卓人(R&D SPORT)
「もてぎの惨敗具合が悔しくて、みんなここまで努力してきました。それが実ってすっげえ嬉しいです」

「明日も天候がどうなるかわかりませんけども、まずこの鈴鹿でレースをさせていただいていることが幸せなことだと思うので、そのお返しができるように。笑顔で終われるように精一杯頑張ります」

まとめ:Kazuhisa SUEHIRO

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿公式予選 ダンロップタイヤが両クラスでPP獲得! GT500ポールは#64Modulo NSX-GT

2021オートバックス スーパーGT第3戦「FUJIMAKI GROUP 鈴鹿GT300kmレース」の公式予選が8月21日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、GT500は#64伊沢拓也/大津弘樹組(Modulo NSX-GT)、GT300クラスは#61井口卓人/山内英輝組(SUBARU BRZ R&D SPORT)がポールポジションを獲得した。

公式予選は午後2時30分よりノックアウト方式で行われた。天候は曇りだが僅かに青空も出てきた。路面はドライだが、競技団からはウェット宣言が出されていた。

予選Q1 GT500は#64大津弘樹がダントツの1分44秒台でダンロップ勢が1-2

GT500クラスは午後3時3分より10分間の走行。上位8台がQ2進出の権利を得る。

アウトラップに続いて1周のウォームアップを行い、3周目からアタックに入るドライバー、ウォームアップを2周行うドライバーとそれぞれ判断の分かれる予選となった。

まずは#64大津弘樹(Modulo NSX-GT)がウォームアップ1周で1'44.733と、いきなりコースレコードにコンマ4秒と迫る圧巻のタイムを叩き出してトップに躍り出る。

続いて#16笹原右京(Red Bull MOTUL MUGEN NSX GT)がウォームアップを2周行って1'45.590で2番手に。

#24佐々木大樹(リアライズコーポレーションADVAN GT-R)もウォームアップを2周で4周目に1'45.727で3番手。#23松田次生(MOTUL AUTECH GT-R)が1'45.761で4番手だ。以下#8福住仁嶺(ARTA NSX-GT)、#3千代勝正(CRAFTSPORTS MOTUL GT-R)、#17塚越広大(Astemo NSX-GT)と続き、#12平峰一貴(TEAM IMPUL)までがQ2に進出した。

開幕から好調だったGRスープラ勢は、それゆえに重くなるサクセスウェイトの影響を受けたか、全車がQ1落ちという結果となった。

前回優勝の#1山本尚貴(STANLEY NSX-GT)も64kgのサクセスウェイトが影響してか11番手に終わっている。

GT300クラスは今回もA、Bの2グループに分かれて走行し、各グループの上位8台がQ2に進出する。

Aグループはまず61井口卓人(SUBARU BRZ R&D SPORT)が1'58.376をマーク。#48富田竜一郎(植毛ケーズフロンティアGT-R)も1'58.685で2番手につけ、#30織戸学(TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT)が1'58.795で3番手。

61井口は次の周でも1'58.205とタイムをさらに縮めてトップでQ2進出を果たした。

#56藤波清斗(リアライズ 日産自動車大学校GT-R)は72kgのサクセスウェイトを積みながらも1'59.205で8番手につけていたが、終了間際に#5平木玲次(マッハ車検GTNET MC86マッハ号)が1'59.132で8番手に滑り込んできて、惜しくもノックアウトされてしまった。#55佐藤蓮(ARTA NSX GT3)もアタックラップのスプーンカーブでオーバーランしたことが祟って11番手に終わっている。

続いてBグループは午後2時47分に走行開始。ここで#96新田守男(K-tunes RC F GT3)はトラブルにより予定外のピットインを余儀なくされることに。新田は早々にクルマを降り、96号車の予選は1周もアタックをしないままに終わった。

コース上では#244堤優威(たかのこの湯GR Supra GT)がいきなり1'57.567を叩き出してトップに立つ。この時点での2番手は#21川端伸太朗(Audi Team Hitotsuyama)だったが、タイムは1'58.787。それを#10石川京侍(GAINER TANAX with IMPUL GT-R)が1'57.666で上回って2番手に浮上。#6本山哲(Team LeMans Audi R8 LMS)は1'58.940をマークしてこの時点で4番手とまずまずの位置だ。

さらに#2加藤寛規(muta Racing Lotus MC)が1'58.471、それを#360青木孝行(RUNUP RIVAUX GT-R)が上回って1'58.349。最後に#7荒聖治(Studie PLUS BMW)が1'58.313で3番手でQ2進出を果たした。6号車も最終的に8番手に踏みとどまり、Team LeMans w/MOTOYAMA Racingは今季初のQ2進出を果たした。

予選Q2 コースアウトのハプニングを乗り越え、#64伊沢拓也がPP獲得!

GT500クラスの予選Q2は午後3時41分より10分間で行われた。天候は次第に回復してきて、路面を陽射しが照らすまでになった。

真っ先に動いたのは#8野尻智紀(ARTA NSX-GT)。続いて#16大湯都史樹(Red Bull MOTUL MUGEN NSX GT)が相次いでコースインしていく。GT-R勢は少し遅れてピットアウト。#23ロニー・クインタレッリ(MOTUL AUTECH GT-R)
は残り7分で一番最後にコースに出ていった。

この時コース上ではウォームアップ中の#64伊沢拓也(Modulo NSX-GT)がダンロップコーナーでコースオフするまさかのハプニングが発生していた。しかしなんとか自力でコースに復帰した伊沢は、アタックに入るやセクター1から圧倒的な速さで走り続け、1'45.128を叩き出した。

続いて#23クインタレッリが1'45.710、それを#16大湯が上回り、1'45.349で2番手に飛び込んできた。4番手は#24高星明誠(リアライズコーポレーションADVAN GT-R)で1'45.861だ。以下#8野尻、#17ベルトラン・バゲット(Astemo NSX-GT)、#3平手晃平(CRAFTSPORTS MOTUL GT-R)と続き、#12松下信治(カルソニックIMPUL GT-R)
が8番手という結果となった。

GT300クラスの予選Q2は午後3時23分より10分間で行われた。

まずは#61山内英輝(SUBARU BRZ R&D SPORT)がウォームアップ1周でアタックを行い、1'57.322を記録。#244三宅淳詞(たかのこの湯GR Supra GT)もウォームアップ1周に続いて1'57.875を記録し2番手につける。

#61山内は次の周にもアタックを継続したが、ここにきて路面温度が上昇したのか、区間タイムの更新はなく1'57.763に終わった。

そして#5平木湧也(マッハ車検GTNET MC86マッハ号)が1'57.821で2番手に浮上、#244三宅はチェッカーを待たずにピットに戻ったが、それでも3番手で明日の決勝に臨むことになった。

これにより、#61井口卓人/山内英輝組(SUBARU BRZ R&D SPORT)が第2戦富士に続いて今季2度目のポールポジションに。終わってみればGT500、GT300ともにダンロップタイヤユーザーがPPを獲得するという結果となった。

スーパーGT第3戦決勝は8月22日の午後2時30分より52周で行われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO

F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP (FIA-F4)

FIA-F4:第3戦鈴鹿決勝 接戦を制したのは#6木村偉織! HFDP勢が表彰台を独占

2021年FIA-F4選手権第3戦の決勝が8月21日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、#6木村偉織(HFDP/SRS/コチラレーシング)が今季2勝目を挙げた。

(天候:雨 コース:ウェット)

スタート進行の最中に降り始めた小雨のため、第3戦決勝は当初予定時刻より10分遅れの午後1時35分にセーフティーカー(SC)の先導でスタートした。周回数は11だ。

この時点での路面はハーフウェットだったが、9番手スタートの#40元嶋成弥(SACCESS RACING)を除く上位11人がスリックタイヤを選択。元嶋はグリッド上でウェットに履き替えてレースをスタートした。

SCは2周目にピットイン。3周目から追い越しが可能となる。1コーナーにトップで飛び込んだのはポールポジションの#6木村偉織(HFDP/SRS/コチラレーシング)、2位は#35野中誠太(TGR-DC RSトムススピリットF4)とここまではスターティンググリッド通りだったが、130Rでアウトから予選3番手の#36荒川鱗(TGR-DC RSトムススピリットF4)が#35野中をオーバーテイク、続いてシケインの進入で予選4番手の#7太田格之進(HFDP/SRS/コチラレーシング)もアウトから#35野中を抜き去り、それぞれ2位、3位に浮上する。

さらに#7太田は6周目の1コーナーで#36荒川のアウトに並びかけ、2コーナーの立ち上がりで前に出ると、一気にトップの#6木村に迫っていく。中盤から雨が強まってきた影響からか、#6木村のペースが上がらない。

その後方では予選5番手の#5小出峻(HFDP/SRS/コチラレーシング)が130Rでアウトから#35野中を、続くシケインの進入ではインから#36荒川を抜き去って3位に浮上、ここでHFDP勢が1-2-3の状態となる。

そして7周め。#7太田は130Rアウトから#6木村に並びかけてトップに躍り出た。木村も離されまいと懸命に食らいつくが、その背後には#5小出も迫ってきた。

しかしその後方でインディペンデントカップの#44今田信宏(JMS RACING with B-MAX)と#63鳥羽豊(HELM MOTORSPORTS F110)が接触。#63鳥羽がグラベルに捕まってしまったために再びSCが導入されることとなった。

車両回収ののち、レースはファイナルラップになってようやくリスタートとなる。その頃には雨も止み、路面は次第に乾いてきていた。

するとそれまで苦しい走りを強いられてきた#6木村が息を吹き返し、トップの#7太田を激しく攻め立てていった。ヘアピンでアウトから、続くスプーンでもアウトから並びかけてくる#6木村を巧みに押さえ込んだ#7太田だったが、#6木村はついに130Rで#7太田をアウトから抜き去ってトップを奪い返し、そのままフィニッシュラインに飛び込んだ。
2位は#7太田。#5小出が3位とHFDP勢が表彰台を独占する結果となった。

#6木村偉織の優勝は第1戦富士以来。今季2勝目だ。

またインディペンデントカップは予選でのコースオフで27番手スタートとなった#11ヒロボン(Rn-sports Andare)が見事な追い上げでクラストップに浮上しただけでなく、総合でも11位という圧倒的な速さを見せ、第7戦もてぎに続いて今季3勝目をものにしている。

FIA-F4選手権第4戦決勝は8月22日午前8時45分より11周で行われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿ノックアウトQ2結果

■GT500クラス

FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2021/08/21) Knock Out Q2 Weather:Cloudy Course:Dry
2021 AUTOBACS SUPER GT Round 3 GT500 class 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
Team
TireWhTimeBehindGapkm/h
164伊沢 拓也Modulo NSX-GT
Honda NSX-GT
Modulo Nakajima Racing
DL21'45.128--198.855
216大湯 都史樹Red Bull MOTUL MUGEN NSX GT
Honda NSX-GT
TEAM Red Bull MUGEN
DL161'45.349 0.221 0.221198.438
323ロニー・クインタレッリMOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
NISMO
MI41'45.710 0.582 0.361197.760
424高星 明誠リアライズコーポレーションADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
KONDO RACING
YH1'45.861 0.733 0.151197.478
58野尻 智紀ARTA NSX-GT
Honda NSX-GT
ARTA
BS261'46.030 0.902 0.169197.163
617ベルトラン・バゲットAstemo NSX-GT
Honda NSX-GT
Astemo REAL RACING
BS521'46.155 1.027 0.125196.931
73平手 晃平CRAFTSPORTS MOTUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
NDDP RACING with B-MAX
MI261'46.289 1.161 0.134196.683
812松下 信治カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
TEAM IMPUL
BS61'49.072 3.944 2.783191.664

■GT300クラス

FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2021/08/21) Knock Out Q2 Weather:Cloudy Course:Dry
2021 AUTOBACS SUPER GT Round 3 GT300 class 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
Team
TireWhTimeBehindGapkm/h
161山内 英輝SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
R&D SPORT
DL481'57.322--178.187
25平木 湧也マッハ車検GTNET MC86マッハ号
TOYOTA 86 MC
TEAM MACH
YH1'57.821 0.499 0.499177.432
3244三宅 淳詞たかのこの湯GR Supra GT
TOYOTA LEXUS RC F GT3
Max Racing
YH421'57.875 0.553 0.054177.351
488小暮 卓史JLOCランボルギーニGT3
Lamborghini HARUCAN GT3
JLOC
YH211'58.304 0.982 0.429176.707
59ケイ・コッツォリーノPACIFIC NAC CARGUY Ferrari
Ferrari 488 GT3
PACIFIC CARGUY Racing
YH121'58.614 1.292 0.310176.246
64谷口 信輝グッドスマイル初音ミクAMG
Mercedes AMG GT3
GOODSMILE RACING & TeamUKYO
YH271'58.722 1.400 0.108176.085
72阪口 良平muta Racing Lotus MC
LOTUS EVORA MC
muta Racing INGING
BS631'58.856 1.534 0.134175.887
821篠原 拓朗Hitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8 LMS
Audi Team Hitotsuyama
YH1'59.176 1.854 0.320175.415
930永井 宏明TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT
TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV
apr
YH91'59.323 2.001 0.147175.198
1010星野 一樹GAINER TANAX with IMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
GAINER
DL211'59.378 2.056 0.055175.118
1134密山 祥吾Yogibo NSX GT3
Honda NSX GT3
Yogibo Drago CORSE
YH1'59.378 2.056 0.000175.118
126片山 義章Team LeMans Audi R8 LMS
Audi R8 LMS
Team LeMans w/MOTOYAMA Racing
YH1'59.556 2.234 0.178174.857
1335ショーン・ウォーキンショーarto RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
arto Ping An Team Thailand
YH2'00.223 2.901 0.667173.887
147山口 智英Studie PLUS BMW
BMW M6 GT3
BMW Team Studie × CSL
YH2'00.237 2.915 0.014173.867
15360内田 優大RUNUP RIVAUX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
TOMEI SPORTS
YH2'00.507 3.185 0.270173.477
1648田中 勝輝植毛ケーズフロンティアGT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
NILZZ Racing
YH2'02.499 5.177 1.992170.656

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿ノックアウトQ1結果

■GT500クラス

FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2021/08/21) Knock Out Q1 Weather:Cloudy Course:Dry
2021 AUTOBACS SUPER GT Round 3 GT500 class 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
Team
TireWhTimeBehindGapkm/h
164大津 弘樹Modulo NSX-GT
Honda NSX-GT
Modulo Nakajima Racing
DL21'44.733--199.605
216笹原 右京Red Bull MOTUL MUGEN NSX GT
Honda NSX-GT
TEAM Red Bull MUGEN
DL161'45.590 0.857 0.857197.985
324佐々木 大樹リアライズコーポレーションADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
KONDO RACING
YH1'45.727 0.994 0.137197.728
423松田 次生MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
NISMO
MI41'45.761 1.028 0.034197.665
58福住 仁嶺ARTA NSX-GT
Honda NSX-GT
ARTA
BS261'45.927 1.194 0.166197.355
63千代 勝正CRAFTSPORTS MOTUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
NDDP RACING with B-MAX
MI261'46.022 1.289 0.095197.178
717塚越 広大Astemo NSX-GT
Honda NSX-GT
Astemo REAL RACING
BS521'46.029 1.296 0.007197.167
812平峰 一貴カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
TEAM IMPUL
BS61'46.153 1.420 0.124196.935
---- 以上Q2進出 ----
919国本 雄資WedsSport ADVAN GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500
TGR TEAM WedsSport BANDOH
YH401'46.177 1.444 0.024196.890
1038石浦 宏明ZENT CERUMO GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500
TGR TEAM ZENT CERUMO
BS161'46.235 1.502 0.058196.783
111山本 尚貴STANLEY NSX-GT
Honda NSX-GT
TEAM KUNIMITSU
BS641'46.310 1.577 0.075196.644
1236坪井 翔au TOM'S GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500
TGR TEAM au TOM'S
BS521'46.326 1.593 0.016196.614
1339中山 雄一DENSO KOBELCO SARD GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500
TGR TEAM SARD
BS281'46.377 1.644 0.051196.520
1437平川 亮KeePer TOM'S GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500
TGR TEAM KeePer TOM'S
BS541'46.514 1.781 0.137196.267
1514山下 健太ENEOS X PRIME GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500
TGR TEAM ENEOS ROOKIE
BS701'46.736 2.003 0.222195.859

■GT300クラス(Aグループ)

FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2021/08/21) Knock Out Q1 Gr.A Weather:Cloudy Course:Dry
2021 AUTOBACS SUPER GT Round 3 GT300 class 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
Team
TireWhTimeBehindGapkm/h
161井口 卓人SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
R&D SPORT
DL481'58.205--176.855
234道上 龍Yogibo NSX GT3
Honda NSX GT3
Yogibo Drago CORSE
YH1'58.350 0.145 0.145176.639
348富田 竜一郎植毛ケーズフロンティアGT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
NILZZ Racing
YH1'58.556 0.351 0.206176.332
488元嶋 佑弥JLOCランボルギーニGT3
Lamborghini HARUCAN GT3
JLOC
YH211'58.719 0.514 0.163176.090
530織戸 学TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT
TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV
apr
YH91'58.795 0.590 0.076175.977
635ジュリアーノ・アレジarto RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
arto Ping An Team Thailand
YH1'58.965 0.760 0.170175.726
74片岡 龍也グッドスマイル初音ミクAMG
Mercedes AMG GT3
GOODSMILE RACING & TeamUKYO
YH271'59.051 0.846 0.086175.599
85平木 玲次マッハ車検GTNET MC86マッハ号
TOYOTA 86 MC
TEAM MACH
YH1'59.132 0.927 0.081175.479
---- 以上Q2進出 ----
956藤波 清斗リアライズ 日産自動車大学校GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
KONDO RACING
YH721'59.205 1.000 0.073175.372
1052吉田 広樹埼玉トヨペットGB GR Supra GT
TOYOTA GR Supra
埼玉トヨペット Green Brave
BS661'59.348 1.143 0.143175.162
1155佐藤 蓮ARTA NSX GT3
Honda NSX GT3
ARTA
BS331'59.764 1.559 0.416174.553
1231中山 友貴TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT
TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV
apr
BS2'00.066 1.861 0.302174.114
1365蒲生 尚弥LEON PYRAMID AMG
Mercedes AMG GT3
K2 R&D LEON RACING
BS752'00.176 1.971 0.110173.955
1422和田 久アールキューズAMG GT3
Mercedes AMG GT3
R'Qs MOTOR SPORTS
YH2'02.002 3.797 1.826171.351
1518名取 鉄平UPGARAGE NSX GT3
Honda NSX GT3
TEAM UPGARAGE
YH92'03.074 4.869 1.072169.859

■GT300クラス(Bグループ)

FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2021/08/21) Knock Out Q1 Gr.B Weather:Cloudy Course:Dry
2021 AUTOBACS SUPER GT Round 3 GT300 class 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
Team
TireWhTimeBehindGapkm/h
1244堤 優威たかのこの湯GR Supra GT
TOYOTA LEXUS RC F GT3
Max Racing
YH421'57.567--177.815
210石川 京侍GAINER TANAX with IMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
GAINER
DL211'57.866 0.299 0.299177.364
37荒 聖治Studie PLUS BMW
BMW M6 GT3
BMW Team Studie × CSL
YH1'58.313 0.746 0.447176.694
4360青木 孝行RUNUP RIVAUX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
TOMEI SPORTS
YH1'58.349 0.782 0.036176.640
52加藤 寛規muta Racing Lotus MC
LOTUS EVORA MC
muta Racing INGING
BS631'58.364 0.797 0.015176.618
69横溝 直輝PACIFIC NAC CARGUY Ferrari
Ferrari 488 GT3
PACIFIC CARGUY Racing
YH121'58.766 1.199 0.402176.020
721川端 伸太朗Hitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8 LMS
Audi Team Hitotsuyama
YH1'58.787 1.220 0.021175.989
86本山 哲Team LeMans Audi R8 LMS
Audi R8 LMS
Team LeMans w/MOTOYAMA Racing
YH1'58.940 1.373 0.153175.763
---- 以上Q2進出 ----
911安田 裕信GAINER TANAX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
GAINER
DL751'58.981 1.414 0.041175.702
1060吉本 大樹SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT
TOYOTA GR Supra
LM corsa
DL691'59.013 1.446 0.032175.655
1187松浦 孝亮グランシードランボルギーニGT3
Lamborghini HARUCAN GT3
JLOC
YH1'59.061 1.494 0.048175.584
1225松井 孝允HOPPY Porsche
Porsche 911 GT3 R
HOPPY team TSUCHIYA
YH271'59.187 1.620 0.126175.398
1350柳田 真孝ARNAGE AMG GT3
Mercedes AMG GT3
Arnage Racing
YH2'00.234 2.667 1.047173.871
-96新田 守男K-tunes RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
K-tunes Racing
DL15no time---

F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP (FIA-F4)

FIA-F4:第3戦鈴鹿決勝結果

FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2021/08/21) Final Race Weather:Rain Course:Dry/Wet
2021 F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP Round 3 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Team
LapTimeBehindGap
16木村 偉織HFDP/SRS/コチラレーシング
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
1131'38.966--
27太田 格之進HFDP/SRS/コチラレーシング
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
1131'39.754 0.788 0.788
35小出 峻HFDP/SRS/コチラレーシング
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
1131'39.961 0.995 0.207
438清水 英志郎TGR-DC RSフィールドF4
TGR-DC Racing School
1131'40.286 1.320 0.325
536荒川 鱗TGR-DC RSトムススピリットF4
TGR-DC Racing School
1131'40.297 1.331 0.011
637奥住 慈英TGR-DC RSフィールドF4
TGR-DC Racing School
1131'40.948 1.982 0.651
780伊東 黎明OTG DL F4CHALLENGE
OTG MOTOR SPORTS
1131'41.250 2.284 0.302
897岩澤 優吾BJ Racingスカラシップ
Bionic Jack Racing
1131'41.652 2.686 0.402
977小川 颯太WARMTECH Skill Speed
SKILL SPEED
1131'41.869 2.903 0.217
1011IC1ヒロボンRn-sports Andare
Rn-sports
1131'44.875 5.909 3.006
11*62松澤 亮佑HELM MOTORSPORTS F110
HELM MOTORSPORTS
1131'45.233 6.267 0.358
1213藤原 大輝ACE LINES MDFactory
KRac Motorsorts
1131'50.09811.132 4.865
1398岡本 大輝BJ Racing
Bionic Jack Racing
1131'51.88512.919 1.787
1416大滝 拓也Media Do影山Giddy UP
Media Do Kageyama Racing
1131'52.89113.925 1.006
1596IC2齋藤 真紀雄CSマーケティングアキランド
AKILAND RACING
1131'53.21214.246 0.321
1632マックス・サロATEAM Buzz Racing F110
ATEAM Buzz Racing
1131'53.93014.964 0.718
1724IC3碓井 ツヨシC.O.B-KART
TSUYOSHI USUI
1131'55.11316.147 1.183
1843IC4DRAGONZAP SPEED F110
ZAP SPEED
1131'56.94517.979 1.832
1971IC5大山 正芳ダイワN通商アキランド
AKILAND RACING
1132'02.05523.089 5.110
203IC6佐藤 セルゲイビッチ結婚の学校フィールドモータースポーツ
フィールドモータースポーツ
1132'02.86123.895 0.806
212IC7仲尾 恵史TCS Racing Team
TCS RACING TEAM
1132'04.19925.233 1.338
2240元嶋 成弥SACCESS RACING
SACCESS RACING
1132'04.50525.539 0.306
2344IC8今田 信宏JMS RACING with B-MAX
B-MAX ENGINEERING
1132'04.97626.010 0.471
2423IC9YUGOS2R Racing
N-SPEED
1132'09.53730.571 4.561
2533IC10慶原 克律ATEAM Buzz Racing F110
ATEAM Buzz Racing
1132'09.94130.975 0.404
2618IC11堀田 誠ムータレーシング
AKILAND RACING
1132'12.37233.406 2.431
2799IC12近藤 善嗣アンドIoTくじらRn-sports
Rn-sports
1132'12.95033.984 0.578
28*35野中 誠太TGR-DC RSトムススピリットF4
TGR-DC Racing School
1132'20.15241.186 7.202
2986IC13大阪 八郎Dr.Dry F110
ZAP SPEED
1132'34.94855.98214.796
3031鶴田 哲平ATEAM Buzz Racing F110
ATEAM Buzz Racing
1032'11.5711Lap 1Lap
---- 以上規定周回数(90% - 9Laps)完走 ----
-63IC-鳥羽 豊HELM MOTORSPORTS F110
HELM MOTORSPORTS
618'12.1175Laps4Laps
  • Fastest Lap: CarNo.38 清水英志郎(TGR-DC RSフィールドF4) 2'11.509 (11/11) 158.964km/h
  • CarNo.62は、国際モータースポーツ競技規則付則H項2.10.10(リスタート時の追い越し)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。
  • CarNo.35は、国際モータースポーツ競技規則付則H項2.10.10(リスタート時の追い越し)により、競技結果に40秒を加算した。

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿公式練習 ニッサンGT-R勢が1-3! トップタイムは#23MOTUL AUTECH GT-R

2021オートバックス スーパーGT第3戦「FUJIMAKI GROUP鈴鹿GT300kmレース」の公式練習が8月21日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、GT500クラスは#23松田次生/ロニー・クインタレッリ組(MOTUL AUTECH GT-R)が1'45.819、GT300クラスは#61井口卓人/山内英輝組(SUBARU BRZ R&D SPORT)が1'58.127でそれぞれトップタイムを記録した。

新型コロナウィルスの感染拡大の影響で日程が延期となっていたシリーズ第3戦はツインリンクもてぎで開催された第4戦の1ヶ月後の8月21日になってようやく開催されることになった。しかし残念なことに#52埼玉トヨペットGB GR Supra GTをドライブする予定だった川合孝汰は、今季全ての関係者がレース毎に義務付けられているPCR検査で陽性だったため、この鈴鹿大会を欠場することになった。そのため今回は番場琢が52号車をドライブする。また#96K-tunes RC F GT3も今大会は平良響に代わって小高一斗がドライブすることになった。

その最初の走行となる公式練習は午前9時より110分間で行われた。開始時の天候は曇り、コースはドライ。先週から続いている長雨の影響もあって気温は26℃、路面温度は28℃と、この時期にしては過ごしやすい気候の中での走行となった。

走行が始まってすぐに小雨が降り始めたものの、混走の前半はほぼ影響なく、全車スリックで午後の予選に備えて周回を重ねていく。

GT500クラスは開始12分過ぎに#16笹原右京(Red Bull MOTUL MUGEN NSX GT)が1'48.246を記録してトップに。4分後には#64伊沢拓也(Modulo NSX-GT)が1'47.250で上回ってトップに浮上と、序盤はダンロップ勢が好調ぶりをみせる。さらに16号車は大湯都史樹に交代してからも1'46.149を叩き出し、再びトップに立った。

また午前9時30分にはフルコースイエロー(FCY)を想定したキャリブレーションがホームストレート上で実施された。これはFCY時に各車が指定速度である80km/hで正しく走行できているかを確認するためのチェックだ。スーパーGTでは第4戦もてぎで初めて実施されたが、この時はダウンヒルストレートが使用された。

公式練習は#50加納政樹(ARNAGE AMG GT3)が逆バンクでスピンアウト、グラベルに捕まって停止したために午前9時40分に赤旗が提示されて中断となり、車両改修後の午前9時45分に再開された。

その後、上空からは小粒の雨が再び降り始め、特に西コースは滑りやすい状況となる。その影響から午前10時30分から行われたGT300クラスの専有走行では目立ったタイムアップは見られなかったが、10時40分にGT500の専有走行が始まると、雨は止んで再び路面が乾き始めた。

すると今季苦戦の続いている#12平峰一貴(カルソニックIMPUL GT-R)がここでペースを上げてきた。平峰は残り時間3分30秒となったところで1'46.564を記録すると、次の周では1'46.543までタイムを縮め、この時点で3番手に食い込んできた。

続いて#64大津弘樹(Modulo NSX-GT)も区間ベストを次々に更新する走りで1'45.997を叩き出し、64号車が再びトップに。

しかし残り時間わずか15秒となったところで#23松田次生(MOTUL AUTECH GT-R)が1745.819を叩き出し、一気にトップに躍り出た。
さらに#24佐々木大樹(リアライズコーポレーションADVAN GT-R)も1'46.009で3番手に食い込み、ニッサンGT-R勢は2位の#64Modulo NSX-GTを挟んで1番手と3番手で公式練習を終えた。

なおGRスープラ勢は#38立川祐路/石浦宏明組(ZENT CERUMO GR Supra)の7位が最高とやや苦しい滑り出しとなっている。

GT300クラスは開始10分過ぎに#61山内英輝(SUBARU BRZ R&D SPORT)が1'58.366でトップに立つと、井口卓人も走行8周目に1'58.127までタイムを縮めてみせた。2番手には#10石川京侍(GAINER TANAX with IMPUL GT-R)が1'58.392で続き、#56ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(リアライズ 日産自動車大学校GT-R)が1'58.436で3番手につける。その後は雨の影響で混走終了まで目立ったタイム更新はなく、専有走行に入ると更に路面は滑りやすくなったため、セッション序盤に記録されたこれらのタイムが公式練習でのベストタイムとなった。

スーパーGT第3戦の公式予選はこのあと午後2時30分よりノックアウト方式で行われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO

F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP (FIA-F4)

FIA-F4:第3戦、第4戦鈴鹿公式予選 木村偉織が2戦連続でポールポジションを獲得

2021FIA-F4選手権第3戦、第4戦の公式予選が8月21日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、#6木村偉織(HFDP/SRS/コチラレーシング)が第3戦、第4戦ともにポールポジションを獲得した。

当初は5月末に予定されていた第3戦と第4戦だったが、新型コロナウィルスの感染拡大を受けて日程が延期となり、8月21-22日に開催されることになった。

公式予選は午前8時10分より30分間の予定で開始された。天候は曇り。路面は一部に濡れた箇所は残っているものの、ほぼドライだ。

各車スリックタイヤを装着して走行を開始したが、いざタイムアタックに入ろうかというタイミングで、#11ヒロボン(Rn-sports Andare)がデグナー二つ目でストップしたため、開始10分を前に早くも赤旗中断となってしまう。ヒロボンはこの時点で2'12.996をマークしており、インディペンデントカップのトップだったが、惜しくもここで予選を終えることになった。

この時点でのトップは#7太田格之進(HFDP/SRS/コチラレーシング)で2'08.517、#6木村偉織が2'08.685で2番手につけていた。

車両回収ののち、予選は午前8時24分に再開された。走行時間の延長はなく、終了予定は午前8時40分とされた。

すると残り時間11分で#36荒川鱗(TGR-DC RSトムススピリットF4)が2'08.347を記録してトップに浮上。#5小出峻(HFDP/SRS/コチラレーシング)も2'08.507までタイムを縮めて2番手に上がってきた。

続いて#6木村が残り時間11分で2'08.169でトップに。#7太田も2'08.238までタイムを縮めて2番手に続き、#37奥住慈英(TGR-DC RSフィールドF4)が2'-8.491で4番手に食い込む。#40元嶋成弥(SACCESS RACING)も2'08.700で6番手に上がってきた。

残り5分を切ったところでは#35野中誠太(TGR-DC RSトムススピリットF4)が2'08.084でトップに立ち、#36荒川も2'08.140で2番手につけたが、#6木村は残り時間が2分を切ったところで2'08.051を叩き出し、再びトップに躍り出た。

その後、残り1分で#5小出がデグナー二つ目でコースを飛び出したために再び赤旗が提示され、予選はそのまま終了となった。

その結果、第3戦のポールポジションは#6木村、#35野中が2番手に続き、#36荒川が3番手という結果となった。またセカンドベストタイムでも#6木村が2'08.169がトップとなり、第4戦でもポールポジションを獲得することになった。

またインディペンデントカップは#2仲尾恵史(TCS Racing Team) が2'10.850でトップ。セカンドベストでも2'11.274でトップと、こちらも2戦連続のポールポジションを獲得している。

第3戦決勝はこのあと午後1時25分より、第4戦は明日の朝午前8時45分より、いずれも11周で行われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO

SUPER GT

SGT:第3戦鈴鹿公式練習結果

■GT500クラス

FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2021/08/21) Official Practice Weather:Cloudy Course:Dry
2021 AUTOBACS SUPER GT Round 3 GT500 class 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
Team
TireWhTimeBehindGapkm/h
123松田 次生
ロニー・クインタレッリ
MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
NISMO
MI41'45.819--197.556
264伊沢 拓也
大津 弘樹
Modulo NSX-GT
Honda NSX-GT
Modulo Nakajima Racing
DL21'45.997 0.178 0.178197.224
324高星 明誠
佐々木 大樹
リアライズコーポレーションADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
KONDO RACING
YH1'46.009 0.190 0.012197.202
416笹原 右京
大湯 都史樹
Red Bull MOTUL MUGEN NSX GT
Honda NSX-GT
TEAM Red Bull MUGEN
DL161'46.149 0.330 0.140196.942
517塚越 広大
ベルトラン・バゲット
Astemo NSX-GT
Honda NSX-GT
Astemo REAL RACING
BS521'46.390 0.571 0.241196.496
612平峰 一貴
松下 信治
カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
TEAM IMPUL
BS61'46.543 0.724 0.153196.214
738立川 祐路
石浦 宏明
ZENT CERUMO GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500
TGR TEAM ZENT CERUMO
BS161'46.589 0.770 0.046196.129
839ヘイッキ・コバライネン
中山 雄一
DENSO KOBELCO SARD GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500
TGR TEAM SARD
BS281'46.636 0.817 0.047196.043
98野尻 智紀
福住 仁嶺
ARTA NSX-GT
Honda NSX-GT
ARTA
BS261'46.684 0.865 0.048195.954
1036関口 雄飛
坪井 翔
au TOM'S GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500
TGR TEAM au TOM'S
BS521'46.736 0.917 0.052195.859
1114大嶋 和也
山下 健太
ENEOS X PRIME GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500
TGR TEAM ENEOS ROOKIE
BS701'46.869 1.050 0.133195.615
1219国本 雄資
宮田 莉朋
WedsSport ADVAN GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500
TGR TEAM WedsSport BANDOH
YH401'46.920 1.101 0.051195.522
133平手 晃平
千代 勝正
CRAFTSPORTS MOTUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
NDDP RACING with B-MAX
MI261'47.164 1.345 0.244195.077
1437平川 亮
阪口 晴南
KeePer TOM'S GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500
TGR TEAM KeePer TOM'S
BS541'47.292 1.473 0.128194.844
151山本 尚貴
牧野 任祐
STANLEY NSX-GT
Honda NSX-GT
TEAM KUNIMITSU
BS641'47.713 1.894 0.421194.082

■GT300クラス

FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2021/08/21) Official Practice Weather:Cloudy Course:Dry
2021 AUTOBACS SUPER GT Round 3 GT300 class 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
Team
TireWhTimeBehindGapkm/h
161井口 卓人
山内 英輝
SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
R&D SPORT
DL481'58.127--176.972
210星野 一樹
石川 京侍
GAINER TANAX with IMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
GAINER
DL211'58.392 0.265 0.265176.576
356藤波 清斗
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
リアライズ 日産自動車大学校GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
KONDO RACING
YH721'58.436 0.309 0.044176.511
49ケイ・コッツォリーノ
横溝 直輝
PACIFIC NAC CARGUY Ferrari
Ferrari 488 GT3
PACIFIC CARGUY Racing
YH121'58.527 0.400 0.091176.375
588小暮 卓史
元嶋 佑弥
JLOCランボルギーニGT3
Lamborghini HARUCAN GT3
JLOC
YH211'58.753 0.626 0.226176.039
696新田 守男
小高 一斗
K-tunes RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
K-tunes Racing
DL151'58.862 0.735 0.109175.878
7244三宅 淳詞
堤 優威
たかのこの湯GR Supra GT
TOYOTA LEXUS RC F GT3
Max Racing
YH421'58.943 0.816 0.081175.758
834道上 龍
密山 祥吾
Yogibo NSX GT3
Honda NSX GT3
Yogibo Drago CORSE
YH1'58.998 0.871 0.055175.677
97荒 聖治
山口 智英
Studie PLUS BMW
BMW M6 GT3
BMW Team Studie × CSL
YH1'59.029 0.902 0.031175.631
1030永井 宏明
織戸 学
TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT
TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV
apr
YH91'59.043 0.916 0.014175.610
1160吉本 大樹
河野 駿佑
SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT
TOYOTA GR Supra
LM corsa
DL691'59.094 0.967 0.051175.535
124谷口 信輝
片岡 龍也
グッドスマイル初音ミクAMG
Mercedes AMG GT3
GOODSMILE RACING & TeamUKYO
YH271'59.173 1.046 0.079175.419
1387松浦 孝亮
坂口 夏月
グランシードランボルギーニGT3
Lamborghini HARUCAN GT3
JLOC
YH1'59.175 1.048 0.002175.416
1452吉田 広樹
番場 琢
埼玉トヨペットGB GR Supra GT
TOYOTA GR Supra
埼玉トヨペット Green Brave
BS661'59.295 1.168 0.120175.240
152加藤 寛規
阪口 良平
muta Racing Lotus MC
LOTUS EVORA MC
muta Racing INGING
BS631'59.349 1.222 0.054175.160
1618小林 崇志
名取 鉄平
UPGARAGE NSX GT3
Honda NSX GT3
TEAM UPGARAGE
YH91'59.419 1.292 0.070175.058
1721川端 伸太朗
篠原 拓朗
Hitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8 LMS
Audi Team Hitotsuyama
YH1'59.682 1.555 0.263174.673
1811平中 克幸
安田 裕信
GAINER TANAX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
GAINER
DL751'59.883 1.756 0.201174.380
196片山 義章
本山 哲
Team LeMans Audi R8 LMS
Audi R8 LMS
Team LeMans w/MOTOYAMA Racing
YH2'00.002 1.875 0.119174.207
205平木 湧也
平木 玲次
マッハ車検GTNET MC86マッハ号
TOYOTA 86 MC
TEAM MACH
YH2'00.149 2.022 0.147173.994
2155高木 真一
佐藤 蓮
ARTA NSX GT3
Honda NSX GT3
ARTA
BS332'00.235 2.108 0.086173.870
2248田中 勝輝
富田 竜一郎
植毛ケーズフロンティアGT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
NILZZ Racing
YH2'00.442 2.315 0.207173.571
2325松井 孝允
佐藤 公哉
HOPPY Porsche
Porsche 911 GT3 R
HOPPY team TSUCHIYA
YH272'00.447 2.320 0.005173.563
2431嵯峨 宏紀
中山 友貴
TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT
TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV
apr
BS2'00.563 2.436 0.116173.396
25360青木 孝行
内田 優大
RUNUP RIVAUX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
TOMEI SPORTS
YH2'00.630 2.503 0.067173.300
2665蒲生 尚弥
菅波 冬悟
LEON PYRAMID AMG
Mercedes AMG GT3
K2 R&D LEON RACING
BS752'00.893 2.766 0.263172.923
2750加納 政樹
柳田 真孝
ARNAGE AMG GT3
Mercedes AMG GT3
Arnage Racing
YH2'01.281 3.154 0.388172.370
2822和田 久
城内 政樹
アールキューズAMG GT3
Mercedes AMG GT3
R'Qs MOTOR SPORTS
YH2'02.526 4.399 1.245170.618

F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP (FIA-F4)

FIA-F4:第4戦鈴鹿公式予選結果

FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2021/08/21) Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2021 F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP Round 4 鈴鹿サーキット 5.807km

PosClsCls
Pos
DriverCar
Team
TimeBehindGapkm/h
16木村 偉織HFDP/SRS/コチラレーシング
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
2'08.169--163.107
236荒川 鱗TGR-DC RSトムススピリットF4
TGR-DC Racing School
2'08.187 0.018 0.018163.084
335野中 誠太TGR-DC RSトムススピリットF4
TGR-DC Racing School
2'08.188 0.019 0.001163.084
45小出 峻HFDP/SRS/コチラレーシング
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
2'08.507 0.338 0.319162.678
57太田 格之進HFDP/SRS/コチラレーシング
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
2'08.523 0.354 0.016162.657
640元嶋 成弥SACCESS RACING
SACCESS RACING
2'08.731 0.562 0.208162.394
780伊東 黎明OTG DL F4CHALLENGE
OTG MOTOR SPORTS
2'08.739 0.570 0.008162.384
838清水 英志郎TGR-DC RSフィールドF4
TGR-DC Racing School
2'08.742 0.573 0.003162.382
937奥住 慈英TGR-DC RSフィールドF4
TGR-DC Racing School
2'08.763 0.594 0.021162.354
1062松澤 亮佑HELM MOTORSPORTS F110
HELM MOTORSPORTS
2'09.120 0.951 0.357161.905
1197岩澤 優吾BJ Racingスカラシップ
Bionic Jack Racing
2'09.241 1.072 0.121161.754
1277小川 颯太WARMTECH Skill Speed
SKILL SPEED
2'09.280 1.111 0.039161.705
1398岡本 大輝BJ Racing
Bionic Jack Racing
2'09.383 1.214 0.103161.576
1431鶴田 哲平ATEAM Buzz Racing F110
ATEAM Buzz Racing
2'09.406 1.237 0.023161.547
1513藤原 大輝ACE LINES MDFactory
KRac Motorsorts
2'09.931 1.762 0.525160.895
1616大滝 拓也Media Do影山Giddy UP
Media Do Kageyama Racing
2'10.025 1.856 0.094160.778
172IC1仲尾 恵史TCS Racing Team
TCS RACING TEAM
2'11.274 3.105 1.249159.249
1832マックス・サロATEAM Buzz Racing F110
ATEAM Buzz Racing
2'11.548 3.379 0.274158.917
193IC2佐藤 セルゲイビッチ結婚の学校フィールドモータースポーツ
フィールドモータースポーツ
2'11.623 3.454 0.075158.826
2044IC3今田 信宏JMS RACING with B-MAX
B-MAX ENGINEERING
2'11.714 3.545 0.091158.717
2163IC4鳥羽 豊HELM MOTORSPORTS F110
HELM MOTORSPORTS
2'11.775 3.606 0.061158.643
2296IC5齋藤 真紀雄CSマーケティングアキランド
AKILAND RACING
2'12.291 4.122 0.516158.024
2399IC6近藤 善嗣アンドIoTくじらRn-sports
Rn-sports
2'12.394 4.225 0.103157.901
2443IC7DRAGONZAP SPEED F110
ZAP SPEED
2'12.489 4.320 0.095157.788
2518IC8堀田 誠ムータレーシング
AKILAND RACING
2'12.668 4.499 0.179157.575
2686IC9大阪 八郎Dr.Dry F110
ZAP SPEED
2'13.090 4.921 0.422157.076
2724IC10碓井 ツヨシC.O.B-KART
TSUYOSHI USUI
2'13.236 5.067 0.146156.904
2871IC11大山 正芳ダイワN通商アキランド
AKILAND RACING
2'14.168 5.999 0.932155.814
2923IC12YUGOS2R Racing
N-SPEED
2'16.156 7.987 1.988153.539
3033IC13慶原 克律ATEAM Buzz Racing F110
ATEAM Buzz Racing
2'18.058 9.889 1.902151.423
---- 以上基準タイム(110% - 2'20.999)予選通過 ----
-11IC14ヒロボンRn-sports Andare
Rn-sports
no time---

F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP (FIA-F4)

FIA-F4:第3戦鈴鹿公式予選結果

たかのこのホテルFUJI GT500km RACE -RIJ- (2021/08/21) Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2021 F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP Round 3 鈴鹿サーキット 5.807km

PosClsCls
Pos
DriverCar
Team
TimeBehindGapkm/h
16木村 偉織HFDP/SRS/コチラレーシング
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
2'08.051--163.258
235野中 誠太TGR-DC RSトムススピリットF4
TGR-DC Racing School
2'08.084 0.033 0.033163.215
336荒川 鱗TGR-DC RSトムススピリットF4
TGR-DC Racing School
2'08.140 0.089 0.056163.145
47太田 格之進HFDP/SRS/コチラレーシング
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
2'08.238 0.187 0.098163.019
55小出 峻HFDP/SRS/コチラレーシング
Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
2'08.400 0.349 0.162162.813
680伊東 黎明OTG DL F4CHALLENGE
OTG MOTOR SPORTS
2'08.475 0.424 0.075162.718
737奥住 慈英TGR-DC RSフィールドF4
TGR-DC Racing School
2'08.491 0.440 0.016162.698
838清水 英志郎TGR-DC RSフィールドF4
TGR-DC Racing School
2'08.578 0.527 0.087162.588
940元嶋 成弥SACCESS RACING
SACCESS RACING
2'08.700 0.649 0.122162.435
1062松澤 亮佑HELM MOTORSPORTS F110
HELM MOTORSPORTS
2'08.889 0.838 0.189162.195
1177小川 颯太WARMTECH Skill Speed
SKILL SPEED
2'08.988 0.937 0.099162.071
1297岩澤 優吾BJ Racingスカラシップ
Bionic Jack Racing
2'09.200 1.149 0.212161.806
1398岡本 大輝BJ Racing
Bionic Jack Racing
2'09.293 1.242 0.093161.689
14*31鶴田 哲平ATEAM Buzz Racing F110
ATEAM Buzz Racing
2'09.351 1.300 0.058161.616
1513藤原 大輝ACE LINES MDFactory
KRac Motorsorts
2'09.873 1.822 0.522160.968
1616大滝 拓也Media Do影山Giddy UP
Media Do Kageyama Racing
2'09.911 1.860 0.038160.919
172IC1仲尾 恵史TCS Racing Team
TCS RACING TEAM
2'10.850 2.799 0.939159.765
183IC2佐藤 セルゲイビッチ結婚の学校フィールドモータースポーツ
フィールドモータースポーツ
2'10.898 2.847 0.048159.706
1932マックス・サロATEAM Buzz Racing F110
ATEAM Buzz Racing
2'11.278 3.227 0.380159.244
2043IC3DRAGONZAP SPEED F110
ZAP SPEED
2'11.447 3.396 0.169159.039
2144IC4今田 信宏JMS RACING with B-MAX
B-MAX ENGINEERING
2'11.561 3.510 0.114158.901
22*63IC5鳥羽 豊HELM MOTORSPORTS F110
HELM MOTORSPORTS
2'11.614 3.563 0.053158.837
2399IC6近藤 善嗣アンドIoTくじらRn-sports
Rn-sports
2'11.745 3.694 0.131158.679
2496IC7齋藤 真紀雄CSマーケティングアキランド
AKILAND RACING
2'12.059 4.008 0.314158.302
2586IC8大阪 八郎Dr.Dry F110
ZAP SPEED
2'12.285 4.234 0.226158.032
2618IC9堀田 誠ムータレーシング
AKILAND RACING
2'12.332 4.281 0.047157.975
2711IC10ヒロボンRn-sports Andare
Rn-sports
2'12.996 4.945 0.664157.187
2824IC11碓井 ツヨシC.O.B-KART
TSUYOSHI USUI
2'13.070 5.019 0.074157.099
2971IC12大山 正芳ダイワN通商アキランド
AKILAND RACING
2'13.544 5.493 0.474156.542
3023IC13YUGOS2R Racing
N-SPEED
2'16.061 8.010 2.517153.646
3133IC14慶原 克律ATEAM Buzz Racing F110
ATEAM Buzz Racing
2'17.289 9.238 1.228152.271
---- 以上基準タイム(110% - 2'20.900)予選通過 ----
  • CarNo.31,63は、FIA-F4 SpR第26条9.(ピットレーン通過速度)違反により、2グリッド降格とする。

検索

最新ニュース