Archives

  • [—]2017 (7)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

1991年8月

グループA

サポートイベントの予選は行われました。

12時の時点で、予選が明日になることが正式決定となり、
その他、シビックやFJ1600などは、本日予選が行われました。
ちなみに、3時現在、青空が広がってきています。

グループA

JTC:仙台グループA、予選は明日へ

 本日、仙台ハイランドレースウェイで行われる予定だった全日本ツーリングカー
選手権第4戦の予選は、台風のためコンディションが悪く、明日へ延期されること
になった。
 明日(9/1)は、次のスケジュールで行われる。
 予選1回目  9:10 ~ 10:00
 予選2回目 11:30 ~ 12:00
 決勝    14:22  ~ (81LAP)
 なお、午後2時半現在、雨はあがっているとのこと。
                        キタジ(北島滋穂/MGG02472)

Solar Car Race

NEWS:鈴鹿で国際ソーラーカーレース

 すでにJAFからFISAに申請された来年の国際レースカレンダーにも入
っているが、来年の8月に鈴鹿サーキットで第1回の国際ソーラーカーレース
が開催されることになり、まもなく正式発表される。
 ソーラーカーレースはオーストラリアやスイスのものが有名だが、いずれも
公道を使ったもので、サーキットを使用したものは、アメリカ、アリゾナ州の
フェニックス・レースウェイ(1マイル・オーバル)などがあるだけ。本格的
なテクニカルコースを使ったソーラーカーレースとなると、これが初めてとな
るだけに興味がもたれる。
 なお、来年は、石川県の能登半島でも公道使用のソーラーカーレースも計画
されている。
  FMOTOR4_SysOp すがやみつる(SDI00104)

全日本F3000

F3000-PR:チームレイトン鈴鹿テスト情報

              プレスリリース
          鈴鹿F3000合同テスト
           8月26日・27日
              鈴鹿サーキット
コンディション:26日 曇>>晴 ドライ
        27日 曇>>曇 ドライ
 JSPC鈴鹿1000kmレースの終わったばかりの鈴鹿サーキットにおいて、今
度は昨日と今日、F3000合同テストが行われた。
 なお、チーム・レイトンの関谷正徳を含め、今回の合同テストに参加した多くのド
ライバーは8月上旬から富士でのF3000レース、筑波グループA、鈴鹿1000
kmへ出場し、今回の鈴鹿合同テストを迎えている。そして、今週末には西仙台グルー
プAがあり、来週末は富士でF3000の第8戦富士が開催される・・・。
 今回のテストに向けて、チーム・レイトンでは関谷正徳にローラT90/50、田
中実にはラルトRT23を用意。9月末に行われるここ鈴鹿でのF3000第9戦に
向けて、積極的なデータ取りを行った。ちなみに、今回のテストはシケインが改装さ
れた鈴鹿サーキットでの初めてのF3000での走行ということもあり、どのチーム
も「鈴鹿セッティング」の見直しが必須の課題となっている。
 なお、今回の合同テストではヒーローズ・レーシングの片山右京、サンテック・レー
シングのジェフ・クロスノフ、ステラ・インターナショナルの影山正彦、そしてフナ
キ・レーシングの和田久がローラT91/50をテストし、また、童夢の古谷直広は
DOME F102をトライするなど、残り4戦となった選手権終盤に向けて、各チー
ムともニュー・シャーシの熟成を進めるところも出てきた。これにより、次戦鈴鹿で
はローラT91/50のユーザーもかなり増えてくることが予想される。
 こような状況の中で、2日間で合計11時間のテストを走りきった関谷正徳は、数々
のセッティングをトライしてローラT90/50の熟成を大幅に進め、どのようなコ
ンディションの中でも常にトップ・グループをキープする走りを見せ、最終的には2
日間の総合トップ・タイムをマークするに至った。一方、チーム・メートの田中実は
初日に電装系のトラブルが出てタイム・ロスを喫したものの、2日目は大きなトラブ
ルもなく走り続け、パフォーマンスを向上させた。
関谷 正徳
「今回は、全くトラブル・フリーでテストが終わった。結果には満足しているよ。ニュ
ー・シケイン?特に、気にはならないよ。どんなセッティングでも合わせられるまで
にマシンが進歩したからね。今までの鈴鹿とは違うレースができると思う。実は、2
日目の朝、エンジンがちょっとタイトになってしまったんで、無理を言って午後まで
にエンジンを換装してもらったんだ。メカニックが良くやってくれて、午後のセッショ
ンには全く問題がなかった。トップ・タイムもそのおかげだよ。」
田中  実
「特別に何がどう変わったということはないけれど、マシンは常に進歩しているよ。
初日にエンジンが走行中に突然止まってしまって2日間とも貴重な時間をロスしてし
まったけど、それ以外は問題はなかった。レース・セッティングも進んでいるよ。」
  提供:チームレイトン

全日本F3000

F3000:鈴鹿合同タイヤテストタイム(4)

******************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権シリーズ                                 *
* Title     : 鈴鹿F3000合同タイヤテスト                                 *
* Course    : 鈴鹿サーキット                      :5.86403   (km)            *
* Date      : 91-08-27                                                       *
* Weather   : 曇                                                             *
* Condition : ドライ                                                         *
* Class     : FIA/JAF F3000 (SANCTIONED)                                     *
*           : Free Practice   Session-4                                      *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 16   関谷 正徳      BS LOLA T90  MUGEN    01'45.760  199.608   0'00.000
2 3    片山 右京      BS LOLA T91  DFV      01'45.790  199.551   0'00.030
3 1    星野 一義      BS LOLA T90  MUGEN    01'45.820  199.495   0'00.060
4 10   V.バイドラー   BS LOLA T91  MUGEN    01'46.170  198.837   0'00.410
5 21   小河  等      BS LOLA T90  MUGEN    01'46.480  198.258   0'00.720
6 34   M.マルティニ   DL LOLA T91  MUGEN    01'46.670  197.905   0'00.910
7 8    松本 恵二      DL DOME F102 MUGEN    01'46.870  197.534   0'01.110
8 90   J.ラマース     DL DOME F102 MUGEN    01'47.040  197.221   0'01.280
9 5    長谷見昌弘      DL LOLA T91  MUGEN    01'47.380  196.596   0'01.620
10 24   J.ハーバート   BS RALT RT23 MUGEN    01'47.380  196.596   0'01.620
11 98   服部 尚貴      BS LOLA T90  MUGEN    01'47.450  196.468   0'01.690
12 9    T.ダニエルソン BS LOLA T91  MUGEN    01'47.730  195.958   0'01.970
13 25   R.チーバー     BS REY. 91D  MUGEN    01'49.050  193.586   0'03.290
14 35   J.クロスノフ   DL LOLA T91  MUGEN    01'49.070  193.550   0'03.310
15 57   P.カルカッシ   DL LOLA T91  MUGEN    01'49.580  192.649   0'03.820
16 36   福山 英朗      DL LOLA T90  MUGEN    01'50.060  191.809   0'04.300
17 27   舘  善泰      DL LOLA T91  MUGEN    01'50.130  191.687   0'04.370
18 15   田中  実   BS RALT RT23 MUGEN    01'50.220  191.531   0'04.460
19 12   黒沢 琢弥      BS RALT RT23 MUGEN    01'50.560  190.942   0'04.800
20 99   中谷 明彦      BS LOLA T91  MUGEN    01'50.950  190.270   0'05.190
21 20   影山 正彦      BS LOLA T91  MUGEN    01'51.230  189.791   0'05.470
22 23   古谷 直広      DL DOME F102 MUGEN    01'51.490  189.349   0'05.730
------------------------------------------------------------------------------
・ セッション4 14:30-17:30                                                        ・
******************************************************************************
*                                  TEAM LEYTON                               *
  提供:チームレイトン

全日本F3000

F3000:鈴鹿合同タイヤテストタイム(3)

******************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権シリーズ                                 *
* Title     : 鈴鹿F3000合同タイヤテスト                                 *
* Course    : 鈴鹿サーキット                      :5.86403   (km)            *
* Date      : 91-08-27                                                       *
* Weather   : 曇                                                             *
* Condition : ドライ                                                         *
* Class     : FIA/JAF F3000 (SANCTIONED)                                     *
*           : Free Practice   Session-3                                      *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 3    片山 右京      BS LOLA T91  DFV      01'45.900  199.344   0'00.000
2 21   小河  等      BS LOLA T90  MUGEN    01'47.050  197.202   0'01.150
3 9    T.ダニエルソン BS LOLA T91  MUGEN    01'48.910  193.834   0'03.010
4 34   M.マルティニ   DL LOLA T91  MUGEN    01'48.920  193.817   0'03.020
5 25   R.チーバー     BS REY. 91D  MUGEN    01'49.070  193.550   0'03.170
6 8    松本 恵二      DL DOME F102 MUGEN    01'49.310  193.125   0'03.410
7 57   P.カルカッシ   DL LOLA T91  MUGEN    01'49.540  192.720   0'03.640
8 1    星野 一義      BS LOLA T90  MUGEN    01'49.710  192.421   0'03.810
9 98   服部 尚貴      BS LOLA T90  MUGEN    01'49.720  192.403   0'03.820
10 16   関谷 正徳      BS LOLA T90  MUGEN    01'49.750  192.351   0'03.850
11 10   V.バイドラー   BS LOLA T91  MUGEN    01'49.860  192.158   0'03.960
12 99   中谷 明彦      BS LOLA T91  MUGEN    01'49.880  192.123   0'03.980
13 24   J.ハーバート   BS RALT RT23 MUGEN    01'50.030  191.861   0'04.130
14 36   福山 英朗      DL LOLA T90  MUGEN    01'50.330  191.340   0'04.430
15 27   舘  善泰      DL LOLA T91  MUGEN    01'50.370  191.270   0'04.470
16 90   J.ラマース     DL DOME F102 MUGEN    01'50.460  191.115   0'04.560
17 5    長谷見昌弘      DL LOLA T91  MUGEN    01'50.760  190.597   0'04.860
18 12   黒沢 琢弥      BS RALT RT23 MUGEN    01'51.040  190.116   0'05.140
19 15   田中  実   BS RALT RT23 MUGEN    01'51.400  189.502   0'05.500
20 35   J.クロスノフ   DL LOLA T91  MUGEN    01'52.030  188.436   0'06.130
21 2    中子  修      BS LOLA T90  MUGEN    01'52.220  188.117   0'06.320
22 88   和田  久      DL LOLA T91  MUGEN    01'52.360  187.883   0'06.460
23 22   太田 哲也      DL LOLA T90  MUGEN    01'52.790  187.166   0'06.890
24 23   古谷 直広      DL DOME F102 MUGEN    01'53.020  186.786   0'07.120
25 20   影山 正彦      BS LOLA T90  MUGEN    02'20.100  150.682   0'34.200
------------------------------------------------------------------------------
・ セッション3 09:30-12:00                                                        ・
******************************************************************************
*                                  TEAM LEYTON                               *
  提供:チームレイトン

全日本F3000

F3000:鈴鹿合同タイヤテストタイム(2)

*****************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権シリーズ                                *
* Title     : 鈴鹿F3000合同タイヤテスト                                *
* Course    : 鈴鹿サーキット                      :5.86403   (km)           *
* Date      : 91-08-26                                                      *
* Weather   : 晴                                                            *
* Condition : ドライ                                                        *
* Class     : FIA/JAF F3000 (SANCTIONED)                                    *
*           : Free Practice   Session-2                                     *
*****************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
-----------------------------------------------------------------------------
1 4    G.リース      DL LOLA T91  JUDD     01'48.490  194.585   0'00.000
2 3    片山 右京      BS LOLA T91  DFV      01'48.690  194.227   0'00.200
3 27   舘  善泰      DL LOLA T90  MUGEN    01'49.090  193.515   0'00.600
4 8    松本 恵二      DL DOME F102 MUGEN    01'49.120  193.461   0'00.630
5 1    星野 一義      BS LOLA T90  MUGEN    01'49.130  193.444   0'00.640
6 10   V.バイドラー  BS LOLA T91  MUGEN    01'49.270  193.196   0'00.780
7 16   関谷 正徳      BS LOLA T90  MUGEN    01'49.460  192.860   0'00.970
8 21   小河  等      BS LOLA T90  MUGEN    01'49.720  192.403   0'01.230
9 99   中谷 明彦      BS LOLA T91  MUGEN    01'49.780  192.298   0'01.290
10 34   M.マルティニ  DL LOLA T91  MUGEN    01'49.920  192.053   0'01.430
11 9    T.ダニエルソンBS LOLA T91  MUGEN    01'50.160  191.635   0'01.670
12 98   服部 尚貴      BS LOLA T90  MUGEN    01'50.230  191.513   0'01.740
13 20   影山 正彦      BS LOLA T90  MUGEN    01'50.550  190.959   0'02.060
14 5    長谷見昌弘      DL LOLA T91  MUGEN    01'50.590  190.890   0'02.100
15 36   福山 英朗      DL LOLA T90  MUGEN    01'51.160  189.911   0'02.670
16 88   和田  久      DL LOLA T90  MUGEN    01'51.580  189.196   0'03.090
17 90   J.ラマース    DL DOME F102 MUGEN    01'51.650  189.078   0'03.160
18 12   黒沢 琢弥      BS RALT RT23 MUGEN    01'51.810  188.807   0'03.320
19 35   J.クロスノフ  DL LOLA T91  MUGEN    01'51.810  188.807   0'03.320
20 22   太田 哲也      DL LOLA T90  MUGEN    01'52.290  188.000   0'03.800
21 15   田中  実   BS RALT RT23 MUGEN    01'52.330  187.933   0'03.840
22 2    中子  修      BS LOLA T90  MUGEN    01'52.380  187.849   0'03.890
23 23   古谷 直広      DL DOME F102 MUGEN    01'53.380  186.193   0'04.890
24 25   R.チーバー    BS REY. 91D  MUGEN    01'53.960  185.245   0'05.470
-----------------------------------------------------------------------------
・ ゼッケン88:和田 久は、ローラT91とT90を交互にトライ。最速ラップはT90でマークした。       ・
*****************************************************************************
*                                  TEAM LEYTON                              *
   提供:チーム・レイトン

全日本F3000

F3000:鈴鹿合同タイヤテストタイム(1)

*****************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権シリーズ                                *
* Title     : 鈴鹿F3000合同タイヤテスト                                *
* Course    : 鈴鹿サーキット                      :5.86403   (km)           *
* Date      : 91-08-26                                                      *
* Weather   : 曇                                                            *
* Condition : ドライ                                                        *
* Class     : FIA/JAF F3000 (SANCTIONED)                                    *
*           : Free Practice   Session-1                                     *
*****************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
-----------------------------------------------------------------------------
1 3    片山 右京      BS LOLA T90  DFV      01'49.580  192.649   0'00.000
2 1    星野 一義      BS LOLA T90  MUGEN    01'50.740  190.631   0'01.160
3 98   服部 尚貴      BS LOLA T90  MUGEN    01'50.780  190.562   0'01.200
4 10   V.イドラー    BS LOLA T91  MUGEN    01'50.890  190.373   0'01.310
5 16   関谷 正徳      BS LOLA T90  MUGEN    01'50.940  190.288   0'01.360
6 9    T.ダニエルソンBS LOLA T91  MUGEN    01'51.060  190.082   0'01.480
7 21   小河  等      BS LOLA T90  MUGEN    01'51.440  189.434   0'01.860
8 4    G.リース      DL LOLA T91  JUDD     01'51.710  188.976   0'02.130
9 25   R.チーバー    BS REY. 91D  MUGEN    01'52.670  187.366   0'03.090
10 8    松本 恵二      DL DOME F102 MUGEN    01'52.740  187.249   0'03.160
11 12   黒沢 琢弥      BS RALT RT23 MUGEN    01'52.920  186.951   0'03.340
12 90   J.ラマース    DL DOME F102 MUGEN    01'52.920  186.951   0'03.340
13 23   古谷 直広      DL DOME F102 MUGEN    01'53.530  185.947   0'03.950
14 2    中子  修      BS LOLA T90  MUGEN    01'53.550  185.914   0'03.970
15 20   影山 正彦      BS LOLA T90  MUGEN    01'58.100  178.751   0'08.520
-----------------------------------------------------------------------------
・ ゼッケン23:古谷直広は、今回からDOME F102 MUGENを使用。                       ・
・ 鈴鹿は、シケイン改修により、全長が5.86403Kmとなっている。                     ・
・ セッション1:09:00-12:00                                                        ・
*****************************************************************************
*                                  TEAM LEYTON                              *
     提供:チーム・レイトン

JSPC

JSPC:Rd.4 鈴鹿1000キロリポート

 8月にしては涼しい曇り空の鈴鹿サーキットで行われたJSPC第4戦「イ
ンターナショナル鈴鹿1000キロレース」は、その涼しさのせいか、例年よ
りも激しい戦いになった。スタートでトップに立ったのはポールシッターのリ
ース/エルグ/ウォーレス組のエッソ・トヨタ91C-V。それにラッツエン
バーガー/ラファネルのデンソー・トヨタ、星野/鈴木のカルソニック・ニッ
サンが続く。しかしトップのエッソ・トヨタは1回目のピットイン直後、ガソ
リンがコックピットに漏れるというトラブルのために34周でリタイアとなっ
た。
 その直前の31周目、カルソニック・ニッサンがトップに立ち、追い上げる
デンソー・トヨタと10秒差ほどの激しい攻防を展開する。しかも89周目、
129周目の3回目、4回目の燃料補給では、どちらも同じタイミングでピッ
トインし、ピットクルーの戦いとなる。しかしどちらのピットクルーも素晴ら
しい働きぶりで車を送り出したため、その差は保たれたままレースは終盤に突
入。フルタンク状態では、タイヤをいたわるためにペースを落としていたデン
ソー・トヨタは、ピットアウト直後は20秒近くの差をつけられるが、タンク
が軽くなると1周ごとに2、3秒も詰める激しい追い上げを見せた。
 しかし、この攻防も最後のピットインで決着がついたかに見えた。最終5回
目のピットインは、デンソー・トヨタが146周目に行った。この直前に、ヘ
ッドライトが点灯しないというトラブルに遭遇し、ヘッドライトの装着されて
いるフロントカウルを交換。このためピットストップの所要タイムは1分27
秒かかってしまう。その3周後にピットインしたカルソニックニッサンはガソ
リン補給とタイヤ交換だけの1分7秒でピットアウト。この時点で勝負あった
と、締切の早い新聞記者たちは「カルソニック・ニッサン3勝目!」の原稿に
とりかかる。
 しかし、今年のJSPCは下駄を履くまでわからない。途中のコースアウト
でフロントサスペンションを傷めて大きく遅れた関谷/小河のミノルタ・トヨ
タが、もはやトップから6周遅れとなっていたため燃費の心配もなく、激しい
走りを見せ、162周目の1コーナーでトップのカルソニック・ニッサンを抜
く。これに幻惑されたわけではなかろうが、次の周の1コーナーで、鈴木の乗
ったカルソニック・ニッサンがコースアウト。グラベルベッドの餌食となって
しまった。その横をデンソー・トヨタがかすめ去ってトップに立ち、そのまま
ゴールに向けてまっしぐら。カメラのストロボが激しく浴びながら、栄光のチ
ェッカーを受けたのだった。
 2位には、序盤、給油の際に火災を起こし1周ほどを失ないながら、その後
粘り強く走った中谷/ワイドラーのフロムA・ニッサンが、3位には、第3戦
でマシンを全損させ、スペアのR91CPの調子が思わしくないため、昨年の
R90CPをモデファイして走らせた長谷見/オロフソンのYHPニッサンが
入った。
 4位には一時7位まで落ちながらも、すさまじい追い上げを見せたミノルタ
・トヨタが、5位には日石ポルシェが入り、6位にはマツダ787Bが入った。
 岡田/影山の伊太利屋ニッサンは、ベイリー/アチソンのシュパン・ポルシ
ェとデグナーで絡み2台ともリタイアしてしまった。
 ニールセン/マルティニ/クロスノフのサンテク・ジャガーは47周目のバ
ックストレートでストップし、そのままリタイアとなった。
●ドライバーのコメント
・ラッツエンバーガー:「ずっと10秒くらいでトップのニッサンを追い続け
て、ミスが許されないレースとなった。ニッサンのドライバーもそうだったろ
うけどね。こんなに緊張が強いられて厳しいレースも初めてなら、こんなに嬉
しい勝利も初めてだよ」
・ラファネル:「トヨタに加わって2シーズン目だけど、フィニッシュするの
がやっとだった去年に比べるとエンジンも車も格段によくなった。燃費のこと
も気にせずに全開で走り続けられるからね。エンジンを作ってくれたトヨタ、
シャシーを作ってくれたTRD、タイヤを作ってくれたブリヂストンに本当に
感謝したい」
 (長坂は決勝レースでは搭乗していない)
・バイドラー:「ポルシェからニッサンに変えたことは、本当にいい決定だっ
た。火災で1分以上を失ってしまったが、2位に入れてラッキーだった」
・中谷:「本来エンジンの中で燃やすべきガソリンをほかで燃やしてもったい
ないことをしてしまった。まだ、ワークス・ニッサンにはついていけない。も
っと乗りこなさないと駄目だね」
・長谷見:「同じチームのマシンのリタイアで拾った3位なので複雑な気分だ。
次の菅生からは新しいR91CPで参加するので、応援してください」
・オロフソン:「リタイアに助けられた3位だからね。次はもっ頑張ります」
●カルソニック・ニッサンのスピンの原因は?
 優勝を目前にしながら1コーナーでスピンしてしまったカルソニック・ニッ
サン。このスピン直前のストレートでは、シャシーの下から火花が散るのが目
撃されており、リアタイヤのエア漏れなどでフロントが上がり、アンダーステ
アになってコースアウトしてしまったのではないかという見方も出ている。
 富士の第3戦の伊太利屋ニッサン、YHPニッサンのクラッシュも、原因は
リアタイヤのバーストでフロントが上がり、シャシーの下に入った空気がマシ
ンを空に舞上げたのではないかと見られている。
 また、23日、アメリカのロードアメリカでクラッシュしたジェフ・ブラバ
ムのニッサンNPT-90も、その原因は、リアタイヤ(ソフトタイヤを使用
していた)のエア漏れが原因で、タイヤのサイドウォールに負担がかかってバ
ースト。フロントが持ち上がって宙に舞い上がってしまったのではないかと、
グッドイヤーが見解を出している。
 もし、これらのクラッシュ、スピンの原因が、すべて同じだとすると、ニッ
サンばかりがついていないことになる。
●和田孝夫、出場せず
 伊太利屋ニッサンのエース、和田孝夫は、第3戦富士のクラッシュで骨折し
た鎖骨の状態がまだ完全でなく、出場をとりやめた。
●ベイリー、F3000に出場?
 昨年、SWCニッサンで活躍し、今年の前半はロータスにも乗ったジュリア
ン・ベイリーが、アチソンとともにシュパン・ポルシェで日本のレースに出場。
シューマッハが乗ったラルトでF3000にも出場する予定らしい。
  FMOTOR4_SysOp すがやみつる(SDI00104)/鈴鹿

JSPC

カルソニックのリタイア時期。

新倉さんのコメントに一部訂正を加えてしまいます。
カルソニックニッサンがコースアウトしたのは、最終ラップではなく、
リザルトの通り、ラスト9周の所です。
また、これは「ミノルタトヨタ」が先を行くカルソニックをラップした
2周ほど後の事で、この時点でトップのカルソニックニッサンは、2位を走る
デンソートヨタに10秒余りのリードを取っていました。
コースアウトの理由ですが、単純なドライブミスのように見えましたが、
スピンしているときにボディ下部を擦って火花が出ていた、という報告もあり、
足回りのトラブルかも知れません。 詳細は不明。
PAF00055    庄司潤一郎(JUN)

JSPC

鈴鹿1000KM Gr-C ドライバー別結果表

’91全日本スポ-ツプロトタイプカー耐久選手権シリーズ 第4戦
インターナショナルSUZUKA1000kmレース
1000KM                 個人別ラップ表
No  DRIVER                TYPE          TIME    LP
----------------------------------------------------------------------
38  R.ラッツェンバーガー      TOYOTA 91C-V      1'55.268 110/171
38  P.H.ラファネル          TOYOTA 91C-V      1'56.678  61/171
38*長坂 尚樹           TOYOTA 91C-V
27  中谷 明彦           NISSAN R90CK      1'56.061  83/171
27  フォルカー・バイドラー      NISSAN R90CK      1'55.905  88/171
1  長谷見 昌弘          NISSAN R90CP      1'57.238  78/167
1  アンデルス・オロフソン      NISSAN R90CP      1'58.201  89/167
36  関谷正徳            TOYOTA 91C-V      1'55.217  77/166
36  小河 等            TOYOTA 91C-V      1'53.755  89/166
36*アンディ・ウォレス          TOYOTA 91C-V
100  ジョージ・フーシュ       PORSCHE 962C      1'59.997  85/166
100  スティーブン・アンドスカー  PORSCHE 962C      1'59.934  81/166
201  デビッド・ケネディ          MAZDA 787B        1'59.713  74/165
201  従野 孝司           MAZDA 787B        2'00.651  61/165
201*寺田 陽次朗                MAZDA 787B        2'01.888  30/165
230*白鳥 哲次           MAZDA 767B        2'14.409  27/147
230  清水 正智           MAZDA 767B        2'09.415  55/147
230  藤井 修二           MAZDA 767B        2'09.937  65/147
23*星野 一義           NISSAN R91CP      1'55.714  88/162
23*鈴木 利男           NISSAN R91CP      1'56.225  74/162
25*岡田 秀樹           NISSAN R90V       2'01.447  25/ 68
25*影山 正彦           NISSAN R90V       2'00.605  43/ 68
91*ジュリアン・ベイリー        PORSCHE 962C      1'59.771  19/ 54
91*ケネス・アチソン            PORSCHE 962C      1'59.811  35/ 54
18*ジョン・ニールセン          JAGUAR XJR-11     1'59.871  17/ 46
18*マウロ・マルティニ       JAGUAR XJR-11
18*ジェフ・クロスノフ       JAGUAR XJR-11     1'58.830  29/ 46
37*ジェフ・リース         TOYOTA 91C-V      1'56.747  28/ 34
37*エジェ・エルグ              TOYOTA 91C-V
37*アンディ・ウオレス          TOYOTA 91C-V      1'59.011   6/ 34
-------------------------------------------------------------------------------
*印のドライバーには全日本プロトタイプカー耐久選手権レースの得点は与えられない。-------------------------------------------------------------------------------
                         QFF00654 児玉/鈴鹿
PS.ちなみにLPは、(個人周回数/チーム周回数)です。

JSPC

JSPC :Rd.4鈴鹿1000km レース結果

インターナショナル鈴鹿1000kmレース -FMOTOR4- (1991-08-25) Provisional Results
For All Japan Sports Prototypecar Championship Rd.4 鈴鹿サーキット:(5.85943km)
P No. Drivers--------------------- Car---------- Lap GoalTime--- -km/h--
1  38 ラッツェン/ラファネル/長坂尚樹 Toyota91C-V 171 5:44'52.513 174.317
2  27 中谷明彦/バイドラ/ダニエルソ Nissan R90CK  171 5:46'34.995 173.458
3   1 長谷見昌弘/オロフソン     Nissan R90CP  167    -  4Laps
4  36 関谷  正徳/小河  等         Toyota 91C-V  166    -  5Laps
5 100 フーシェ/アンドスカー       Porsche 962C  166    -  5Laps
6 201 ケネディ/従野 孝司         Mazda  787B   165    -  6Laps
7 230 白鳥哲次/清水正智/藤井修二 Mazda  767B   147    - 24Laps
----------------------------------- DNC ---------------------------------
23 星野 一義/鈴木 利男     Nissan R91CP  162    -  9Laps
25 和田孝夫/岡田秀樹/影山正彦 Nissan R90V    68    -103Laps
91 ベイリー/アチソン      Porsche 962C   54    -117Laps
18 ニルセン/マルティニ/クロスノフJaguarXJR-11  46    -125Laps
37 リース/エルグ/ウォーレス  Toyota 91C-V   34    -137Laps
************************************************************************
               * FMOTOR4 Sub-sysop 新倉芳夫 (PBA00065)*

JSPC

JSPC :鈴鹿1000km デンソー・トヨタが優勝

鈴鹿1000kmレース速報!
1位 デンソー・トヨタ  171周 5:44.52.513
2位  フロムA・ニッサン 171周
3位 YHP・ニッサン  167周
4位 ミノルタ・トヨタ  166周
5位 ニッセキ・ポルシェ 166周
6位 レナウン・マツダ  165周
最終周の1コーナー、直前のストレートでデンソー・トヨタに抜かれた
トップのカルソニック・ニッサンがコースアウト!
同一ラップの争いに決着がついた。

JSPC

JSPC :鈴鹿サーキット1000kmは激戦!

 鈴鹿1000kmレースの途中経過が入ってきていませんが、今電話で聞いたところでは、
 1位:カルソニック・ニッサン、2位:デンソー・トヨタ、3位がフロムAニッサン
 がいずれも同一周回で争っているとのこと。
 しかも1位と2位との差は、わずかに10数秒ということです。(5時半現在)
                * FMOTOR4 Sub-sysop 新倉芳夫 (PBA00065)*

JSPC

鈴鹿1000KM Gr-C 予選2回目 ドライバー

’91全日本スポ-ツプロトタイプカー耐久選手権シリーズ 第4戦
インターナショナルSUZUKA1000㎞レース
Gr-C(1000Km) 公式予選結果表(個人別) 2回目
POS No  DRIVER                      TYPE          TIME
-------------------------------------------------------------------------
1   37  ジェフ・リース               TOYOTA 91C-V      1'47.376
2   38  R.ラッツェンバーガー            TOYOTA 91C-V      1'47.918
3   36  小河 等                  TOYOTA 91C-V      1'48.205
4   23  星野 一義                 NISSAN R91CP      1'49.225
5    1  長谷見 昌弘                NISSAN R90CP      1'49.348
6   27  中谷 明彦                 NISSAN R90CK      1'51.869
7   38  P.H.ラファネル                TOYOTA 91C-V      1'54.680
8   18  ジェフ・クロスノフ             JAGUAR XJR-11     1'54.843
9   91  ジュリアン・ベイリー              PORSCHE 962C      1'54.942
10  100  ジョージ・フーシュ             PORSCHE 962C      1'55.094
11  201  デビッド・ケネディ                MAZDA 787B        1'55.442
12   18  ジョン・ニールセン                JAGUAR XJR-11     1'55.941
13  201  従野 孝司                 MAZDA 787B        1'58.014
14  100  スティーブン・アンドスカー        PORSCHE 962C      1'58.702
15   37  アンディ・ウオレス                TOYOTA 91C-V      1'58.987
16   23  鈴木 利男                 NISSAN R91CP      1'58.992
17   25  影山 正彦                 NISSAN R90V       2'02.048
18    1  アンデルス・オロフソン            NISSAN R90CP      2'03.295
19   91  ケネス・アチソン                  PORSCHE 962C      2'03.379
20  230  清水 正智                 MAZDA 767B        2'04.849
21   38  長坂 尚樹                 TOYOTA 91C-V      2'06.231
22  230  藤井 修二                 MAZDA 767B        2'06.967
23  201  寺田 陽次朗                      MAZDA 787B        2'08.980
24  230  白鳥 哲次                 MAZDA 767B        2'10.944
25   25  岡田 秀樹                 NISSAN R90V      10'11.801
-------------------------------------------------------------------------
予選通過基準タイム(総 合         130%)  2´20.183
--------------------------------------------------------------------------
                       QFF00654 児玉/鈴鹿

JSPC

鈴鹿1000KM Gr-C 予選1回目 ドライバー

’91全日本スポ-ツプロトタイプカー耐久選手権シリーズ 第4戦
インターナショナルSUZUKA1000Kmレース
Gr-C(1000Km) 公式予選結果表(個人別) 1回目
POS No DRIVER                     TYPE          TIME
-----------------------------------------------------------------------
1   23 星野 一義                NISSAN R91CP      2'11.405
2   37 ジェフ・リース              TOYOTA 91C-V      2'12.937
3   38 R.ラッツェンバーガー           TOYOTA 91C-V      2'12.955
4   36 小河 等                 TOYOTA 91C-V      2'13.201
5    1 長谷見 昌弘               NISSAN R90CP      2'15.940
6   27 フォルカー・バイドラー           NISSAN R90CK      2'16.145
7   25 岡田 秀樹                NISSAN R90V       2'16.159
8   36 関谷正徳                 TOYOTA 91C-V      2'16.463
9   27 中谷 明彦                NISSAN R90CK      2'17.388
10   37 エジェ・エルグ                   TOYOTA 91C-V      2'18.111
11   23 鈴木 利男                NISSAN R91CP      2'19.087
12   91 ケネス・アチソン                 PORSCHE 962C      2'19.353
13   18 マウロ・マルティニ            JAGUAR XJR-11     2'20.146
14    1 アンデルス・オロフソン           NISSAN R90CP      2'20.512
15  100 ジョージ・フーシュ            PORSCHE 962C      2'20.682
16   37 アンディ・ウオレス               TOYOTA 91C-V      2'20.818
17  201 従野 孝司                MAZDA 787B        2'21.193
18  201 デビッド・ケネディ               MAZDA 787B        2'21.451
19   18 ジェフ・クロスノフ            JAGUAR XJR-11     2'22.601
20   25 影山 正彦                NISSAN R90V       2'22.607
21  100 スティーブン・アンドスカー       PORSCHE 962C      2'22.730
22   25 和田 孝夫                NISSAN R90V       2'23.447
23   91 ジュリアン・ベイリー             PORSCHE 962C      2'23.483
24   18 ジョン・ニールセン               JAGUAR XJR-11     2'23.746
25  230 清水 正智                MAZDA 767B        2'32.443
26  230 藤井 修二                MAZDA 767B        2'35.098
27  230 白鳥 哲次                MAZDA 767B        2'38.371
--------------------------------------------------------------------------
                      QFF00654 児玉/鈴鹿

JSPC

JSPC :Rd.4鈴鹿1000km 予選2回目

インターナショナル鈴鹿1000kmレース -FMOTOR4- (1991-08-24) Official Practice N.2
For All Japan Sports Prototypecar Championship Rd.4 鈴鹿サーキット:(5.85943km)
P No. Drivers--------------------- Car---------- Best-LapT Behind -km/h--
1  37 リース/エルグ/ウォーレス  Toyota 91C-V  R1'47.376         196.449
2  38 ラッツェン/ラファネル/長坂尚樹 Toyota91C-V R1'47.918   0.542 195.463
3  36 関谷  正徳/小河  等         Toyota 91C-V  R1'48.205   0.829 194.944
4  23 星野 一義/鈴木 利男     Nissan R91CP   1'49.225   1.849 193.124
5   1 長谷見昌弘/オロフソン     Nissan R90CP   1'49.346   1.970 192.910
6  27 中谷明彦/バイドラ/ダニエルソ Nissan R90CK   1'51.869   4.493 188.559
7  18 ニルセン/マルティニ/クロスノフJaguarXJR-11  1'54.843   7.467 183.676
8  91 ベイリー/アチソン      Porsche 962C   1'54.942   7.566 183.518
9 100 フーシェ/アンドスカー       Porsche 962C   1'55.094   7.718 183.276
10 201 ケネディ/従野 孝司         Mazda  787B    1'55.442   8.066 182.723
11  25 和田孝夫/岡田秀樹/影山正彦 Nissan R90V    2'02.048  14.672 172.833
12 230 白鳥哲次/清水正智/藤井修二 Mazda  767B    2'04.849  17.473 168.956
***************************************************************************
※ 天候:曇り コース:ドライ
  すべての車両が予選1回目のタイムを上回っているため、これがスターティング
  グリッドになるものと思われます。
                 * FMOTOR4 Sub-sysop 新倉芳夫 (PBA00065)*

JSPC

JSPC :Rd.4鈴鹿1000km 予選1回目

インターナショナル鈴鹿1000kmレース -FMOTOR4- (1991-08-24) Official Practice N.1
For All Japan Sports Prototypecar Championship Rd.4 鈴鹿サーキット:(5.85943km)
P No. Drivers--------------------- Car---------- Best-LapT Behind -km/h--
1  23 星野 一義/鈴木 利男     Nissan R91CP   2'11.405        160.526
2  37 リース/エルグ/ウォーレス  Toyota 91C-V   2'12.937  1.532 158.676
3  38 ラッツェン/ラファネル/長坂尚樹 Toyota91C-V  2'12.955  1.550 158.655
4  36 関谷  正徳/小河  等         Toyota 91C-V   2'13.201  1.796 158.362
5   1 長谷見昌弘/オロフソン     Nissan R90CP   2'15.940  4.535 155.171
6  27 中谷明彦/バイドラ/ダニエルソ Nissan R90CK   2'16.145  4.740 154.937
7  25 和田孝夫/岡田秀樹/影山正彦 Nissan R90V    2'16.159  4.754 154.921
8  91 ベイリー/アチソン      Porsche 962C   2'19.353  7.948 151.371
9  18 ニルセン/マルティニ/クロスノフJaguarXJR-11  2'20.146  8.741 150.514
10 100 フーシェ/アンドスカー       Porsche 962C   2'20.682  9.277 149.941
11 201 ケネディ/従野 孝司         Mazda  787B    2'21.193  9.788 149.398
12 230 白鳥哲次/清水正智/藤井修二 Mazda  767B    2'32.443 21.038 138.373
**************************************************************************
※ 天候:雨  コース:ウェット
                 * FMOTOR4 Sub-sysop 新倉芳夫 (PBA00065)*

Japanese F3

F3 :筑波 チーム・レイトン リリース

    SAS・オロナミンC・TOMEI WITH TEAM・LEYTON
      Panasonic 全日本F3選手権シリーズ 第8戦
          ’91 RACE DE NIPP●N
            8月18日:筑波サーキット
           天候/曇・コンディション/ドライ
          >>>やったぜ正美、初優勝!!>>>
 筑波サーキットにおいて開催されたパナソニック全日本F3選手権シリーズ第8戦
において、ラルトRT35・無限を駆る影山正美は、予選3番手からスタートし、ス
タート直後の第1コーナーでの混乱を巧みにすり抜け、1ラップ目から45ラップ目
まで終始トップを快走。念願のF3初優勝を遂げた。
 なお、今回の正美の優勝は無限MF204エンジン搭載車の今期初勝利、そしてカ
ルソニック・ラジエーター搭載車の初勝利という結果をも同時に達成している。
 レースは、ポール・ポジションのパオロ・カルカッシ、ビクター・ロッソ、影山正
美、そして西垣内正義のトップ4が、グリーン・シグナルとともにクリーンにスター
ト。まず、カルカッシ、ロッソ、そして西垣内が揃ってアウトから第1コーナーに進
入。一方、正美は、3台と併走しながら一度はアウトに寄ったものの、すぐにインに
寄せて進入した。ところが、カルカッシとロッソが交錯してコース・アウト。二人の
背後にいた西垣内も二人を避けきれずに、巻き込まれる形でコース・アウトしてしま
う。これにより、イン側につけていた正美は難なくトップに立ち、土屋圭市、本山哲
を従えて1ラップ目を終了。その間に、ロッソと西垣内は、その場でマシンを降り、
カルカッシはコースに復帰したものの、そのままピットに戻りリタイヤとなった。
 トップを走る正美、土屋、本山の3人は、序盤から早くも53秒台にペースを上げ
て、54秒台で周回する4番手以降を引き離してリードを広げる。その後、本山が土
屋をかわして2番手に浮上、土屋に代わって正美の追走に入る。また、土屋のペース
は、その後も落ち続け、徐々に追い上げてきた佐藤浩二に3番手の座を明け渡すこと
になる。
 後方では午前中のウォーム・アップで2番手のタイムをマークしてレースでの活躍
が期待された新外人アンソニー・レイド、フィリップ・アダムス、金石勝智、羽根幸
浩らの強豪が次々とリタイヤしレースは波乱の様相を見せたが、正美と本山は53秒
台のペースを崩さず、ペースの上がらない佐藤、土屋を大きく引き離していく。
 レース中盤、正美は本山に対して最大2.7秒までリードを伸ばして走行を続け、
その後はタイヤをセーブする走りに切り替える。しかし、その間に本山は果敢に追い
上げを続け、常に1秒のビハインドでくらいついてくる。
 結局、こうして正美と本山の攻防は、最後まで続くことになり、ゴールまであと1
0ラップというところで、正美はダンロップ・コーナーでシフト・ミスした隙をつか
れ、本山に一度はイン横に並ばれたものの、完全にそのアタックを抑え、その後は追
撃を振り切る走りを見せて引き離し、そのままチェッカーを受けた。
 なお、3位には単独走行を続けた佐藤が続き、ペースの落ちた土屋をかわした石川
朗が4位に入った。5位は土屋、6位にはチームを移籍し、ダララ391で健闘した
ユーゲニオ・ビスコが入っっている。
影山 正美
「うれしいの一言です。今回は、初日のフリー走行から調子が良くて、いいフィーリ
ングだったんですけど、予選では返って堅くなってしまって3位になってしまいまし
た。だから、レースでは落ちついて、まず完走を考えてました。トップに立ってリー
ドができてからは、色々ラインを変えて、ベスト・ラインを探って葛藤しながら走り
続けました。そのうちに、本山君が追いついてきましたが、なんとか逃げきりました。
まだまだ、勉強不足ですが、僕にとっても、チームにとっても、すごく嬉しい初勝利
です。応援してくれたスポンサーの皆さんやファンの皆さん、ありがとうございまし
た。残り3戦も頑張って走ります。」
      提供:チームレイトン

その他

NASCAR:Rd.19 写真判定で優勝決定

 8月18日、ミシガン州ブルックリンのミシガン・インターナショナル・レ
ースウェイで開催されたNASCARウィンストンカップ・シリーズ第19戦
「チャンピオン・スパークプラグ400」の決勝レースは、予選11番手から
スタートしたディル・ジャレット(フォード)と予選3番手からスタートした
ディビー・アリソン(フォード)が終盤、激しいデッドヒートを展開。ほとん
ど同時にチェッカーを受け、優勝決定は写真判定になった。その結果、わずか
8インチ(約20センチ)の差でジャレットに凱歌が上がった。
◎決勝レース・トップ10
Ps.Ql.No.  Driver (s),   Car                        Laps  $$
-- -- ---- ---------------------------------------- ----- -------
1 11  21  Dale Jarrett, Citgo Ford                 200   74,150
2  3  28  Davey Allison, Havoline Ford             200   47,700
3  9   2  Rusty Wallace, Miller MGD Pontiac        200   23,600
4  2   6  Mark Martin, Folgers Coffee Ford         200   30,050
5  4   9  Bill Elliott, Coors Light/Melling Ford   200   26,600
6 14  33  Harry Gant, Skoal Bandit/Food Lion Olds  200   17,200
7  5   4  Ernie Irvan, Kodak Film Chevrolet        200   18,850
8  1   7  Alan Kulwicki, Hooters Restaurants Ford  200   21,000
9 21  30  Michael Waltrip, Pennzoil Pontiac        200   14,850
10 18  25  Ken Schrader, Kodiak/Exxon Chevrolet     199   16,500
 DATA:CompuServe Motor Sports Forum/(RIS/CIS)
 FMOTOR4_SysOp すがやみつる(SDI00104)/RIJ

Japanese F3

F3 :筑波 チーム・レイトン リリース

              プレス・リリース
    SAS・オロナミンC・TOMEI WITH TEAM・LEYTON
      Panasonic 全日本F3選手権シリーズ 第8戦
          ’91 RACE DE NIPP●N
            8月18日:筑波サーキット
           天候/曇・コンディション/ドライ
          >>>やったぜ正美、初優勝!!>>>
 筑波サーキットにおいて開催されたパナソニック全日本F3選手権シリーズ第8戦
において、ラルトRT35・無限を駆る影山正美は、予選3番手からスタートし、ス
タート直後の第1コーナーでの混乱を巧みにすり抜け、1ラップ目から45ラップ目
まで終始トップを快走。念願のF3初優勝を遂げた。
 なお、今回の正美の優勝は無限MF204エンジン搭載車の今期初勝利、そしてカ
ルソニック・ラジエーター搭載車の初勝利という結果をも同時に達成している。
 レースは、ポール・ポジションのパオロ・カルカッシ、ビクター・ロッソ、影山正
美、そして西垣内正義のトップ4が、グリーン・シグナルとともにクリーンにスター
ト。まず、カルカッシ、ロッソ、そして西垣内が揃ってアウトから第1コーナーに進
入。一方、正美は、3台と併走しながら一度はアウトに寄ったものの、すぐにインに
寄せて進入した。ところが、カルカッシとロッソが交錯してコース・アウト。二人の
背後にいた西垣内も二人を避けきれずに、巻き込まれる形でコース・アウトしてしま
う。これにより、イン側につけていた正美は難なくトップに立ち、土屋圭市、本山哲
を従えて1ラップ目を終了。その間に、ロッソと西垣内は、その場でマシンを降り、
カルカッシはコースに復帰したものの、そのままピットに戻りリタイヤとなった。
 トップを走る正美、土屋、西垣内の3人は、序盤から早くも53秒台にペースを上
げて、54秒台で周回する4番手以降を引き離してリードを広げる。その後、本山が
土屋をかわして2番手に浮上、土屋に代わって正美の追走に入る。また、土屋のペー
スは、その後も落ち続け、徐々に追い上げてきた佐藤浩二に3番手の座を明け渡すこ
とになる。
 後方では午前中のウォーム・アップで2番手のタイムをマークしてレースでの活躍
が期待された新外人アンソニー・レイド、フィリップ・アダムス、金石勝智、羽根幸
浩らの強豪が次々とリタイヤしレースは波乱の様相を見せたが、正美と西垣内は53
秒台のペースを崩さず、ペースの上がらない佐藤、土屋を大きく引き離していく。
 レース中盤、正美は西垣内に対して最大2.7秒までリードを伸ばして走行を続け、
その後はタイヤをセーブする走りに切り替える。しかし、その間に西垣内は果敢に追
い上げを続け、常に1秒のビハインドでくらいついてくる。
 結局、こうして正美と西垣内の攻防は、最後まで続くことになり、ゴールまであと
10ラップというところで、正美はダンロップ・コーナーでシフト・ミスした隙をつ
かれ、西垣内に一度はイン横に並ばれたものの、完全にそのアタックを抑え、その後
は追撃を振り切る走りを見せて引き離し、そのままチェッカーを受けた。
 なお、3位には単独走行を続けた佐藤が続き、ペースの落ちた土屋をかわした石川
朗が4位に入った。5位は土屋、6位にはチームを移籍し、ダララ391で健闘した
ユーゲニオ・ビスコが入っっている。
影山 正美
「うれしいの一言です。今回は、初日のフリー走行から調子が良くて、いいフィーリ
ングだったんですけど、予選では返って堅くなってしまって3位になってしまいまし
た。だから、レースでは落ちついて、まず完走を考えてました。トップに立ってリー
ドができてからは、色々ラインを変えて、ベスト・ラインを探って葛藤しながら走り
続けました。そのうちに、本山君が追いついてきましたが、なんとか逃げきりました。
まだまだ、勉強不足ですが、僕にとっても、チームにとっても、すごく嬉しい初勝利
です。応援してくれたスポンサーの皆さんやファンの皆さん、ありがとうございまし
た。残り3戦も頑張って走ります。」
      提供:チームレイトン

グループA

JTC:筑波レースドニッポン レース結果

レース・ド・ニッポン -RIJ- (1991-08-18) Provisional Results
For 全日本ツーリングカー選手権 第3戦 筑波サーキット:(2.045km)
P No. Drivers-------------------- Car----------- Lap GoalTime--- -km/h--
1   3 長谷見昌弘/OLOFSSON        NISSAN BNR 32  146 2:30'51.839 118.744
2   2 高橋健二/土屋圭市          NISSAN BNR 32  146 2:31'46.454 118.032
3   1 星野一義/鈴木利男          NISSAN BNR 32  145   -   1Lap
4  22 清水和夫/影山正彦          NISSAN BNR 32  143   -   3Laps
5  21 一ッ山康/福山英朗          BMW M-3        141   -   5Laps
6  26 水野文則/川本 篤          BMW M3        140   -   6Laps
7  34 A.G.SCOTT/ADAMS            BMW M-3        140   -   6Laps
8  29 茂木和男/小幡 栄          BMW M3         140   -   6Laps
9  25 鈴木恵一/新田守男          TOYOTA AE92   139   -   7Laps
10  56 池沢さとし/竹内浩典    BMW M3         138   -   8Laps
11  14 中谷明彦/服部尚貴          HONDA EF-9     138   -   8Laps
12  33 村松康生/原 貴彦          HONDA EF-9    138   -   8Laps
13 100 中子 修/岡田秀樹     HONDA EF-8     138   -   8Laps
14  90 三好正己/高田川路          HONDA EF-9     137   -   9Laps
15  17 夏川竜一/金石勝智          BMW M3        137   -   9Laps
16   8 見崎清志/長坂尚樹          FORD RS 500   137   -   9Laps
17  18 浅野武夫/萩原 誠          TOYOTA AE92   135   -  11Laps
18  37 星野 薫/黒沢琢弥          TOYOTA AE92    135   -  11Laps
19  72 牧口規雄/堀栄 徹/野地廣行BMW M3         134   -  12Laps ※
20  35 RATZENBERGER/DANIELSSON    BMW M3        133   -  13Laps  ※
21  15 佐藤浩二/五藤久豊          HONDA EF-9    133   -  13Laps
22  32 山田英二/沖友龍晴     NISSAN BNR 32  133   -  13Laps
23  27 駒 光武/細野智行      TOYOTA AE92   133   -  13Laps
24   7 三原 順子/松永雅博        TOYOTA AE92    128   -  18Laps
---------------------------------- DNC ----------------------------------
11 横島 久/和田 久          TOYOTA AE92   136   -  10Laps
19 河合博之/綱島伸二          TOYOTA AE92     82   -  64Laps
36 関谷正徳/小河 等          TOYOTA AE92     75   -  71Laps
28 柴田 昭/久保 健          TOYOTA AE92     61   -  85Laps
88 田中 実/山路慎一/水沼 隆TOYOTA AE92     55   -  91Laps
5 小東明寛/大井貴之          ISUZU JT191F    30   -  116Laps
*************************************************************************
※ NO.72 全日本ツーリングカー選手権統一規則19条 d違反により2周減算
※ NO.35   同  L項4章違反により2周減算
        提供:筑波サーキット
       * FMOTOR4 Sub-sysop 新倉芳夫 (PBA00065)*

Japanese F3

F3:筑波 レース結果

レース・ド・ニッポン -RIJ- (1991-08-18) Provisional Results
For All Japan F3 Championship Rd.8 筑波サーキット:(2.045km)
P No. Driver------------ Car--------------- Lap GoalTime--- -Km/h--
1  16 影山 正美         RALT RT35 MF204     45   40'36.008 135.997
2   5 本山  哲         RALT RT35 MF204     45   40'38.427 135.862
3  20 佐藤 浩二         RALT RT35 MF204     45   40'44.330 135.534
4  22 石川  朗         RALT RT35 MF204     45   40'55.267 134.930
5  14 土屋 圭市         RALT RT35 MF204     45   41'02.198 134.551
6  77 E.ビスコ             Dallara 391 MF      45   41'02.728 134.522
7  18 田中 哲也         RALT RT35 3S-G      45   41'03.132 134.499
8  36 藤村 満男         DALA. 39 MF204      45   41'05.392 134.376
9  33 藤永 敬道         RALT RT35 MF204     45   41'09.797 134.137
10   2 高村 一明         RALT RT35 MF204     45   41'10.699 134.088
11  57 柴原 眞介         RALT RT34 MF204     45   41'13.399 133.941
12  99 嶋村 健太         RALT RT34 MF204     45   41'22.384 133.456
13  31 青木 博之         RALT RT35 MF204     45   41'24.450 133.345
14  68 田嶋 栄一     RALR RT35 MF204     45   41'27.458 133.184
15  98 砂子 智彦         RALT RT35 VW GX     45   41'30.002 133.048
16  38 岡本 幸夫         RALT RT35 MF204     44    -  1Lap
17  13 中島 禎史         RALT RT35 MF204     43    -  2Laps
------------------------- DNC --------------------------------------
27 羽根 幸浩         RALT RT35 MF204     29    - 16Laps
19 金石 勝智         RALT RT35 3S-G      15    - 30Laps
89 フィリップ・アダムス       RALT RT35 MF204     11    - 34Laps
8 パオロ・カルカッシ         TOM'S 03 3S-G        1    - 44Laps
3 アンソニー・レイド         Dallara 391 MF204    1    - 44Laps
7 ビクター・ロッソ          TOM'S 03 3S-G        0    - 45Laps
15 西垣内 正義       RALT RT35 MF204      0    - 45Laps
********************************************************************
       * FMOTOR4 Sub-sysop 新倉芳夫 (PBA00065)*

Japanese F3

F3:筑波 予選結果Bグループ

レース・ド・ニッポン -RIJ- (1991-08-17) Official Practice B-Group
For All Japan F3 Championship Rd.8 筑波サーキット:(2.045km)
P No. Driver------------- Car-------------- Best-LapT---Behind -km/h--
1   8 パオロ・カルカッシ         TOM'S 03 3S-G        53.120           138.592
2  16 影山 正美         RALT RT35 MF204      53.287     0.167 138.158
3  14 土屋 圭市         RALT RT35 MF204      53.362     0.242 137.963
4  20 佐藤 浩二         RALT RT35 MF204      53.483     0.363 137.651
5  18 田中 哲也         RALT RT35 3S-G       53.540     0.420 137.505
6  89 フィリップ・アダムス       RALT RT35 MF204      53.694     0.574 137.110
7  13 中島 禎史         RALT RT35 MF204      53.820     0.700 136.789
8  57 柴原 眞介         RALT RT35 MF204      53.829     0.709 136.766
9  19 金石 勝智         RALT RT35 3S-G       53.976     0.856 136.394
10  98 砂子 智彦         RALT RT35 VW GX      54.082     0.962 136.127
11   2 高村 一明         RALT RT35 MF204      54.094     0.974 136.096
12  31 青木 博之         RALT RT35 MF204      54.132     1.012 136.001
------------------------- DNQ ------------------------------------------
13  66 田嶋 栄一     RALT RT35 MF204      54.163     1.043 135.923
14  32 光貞 英俊         RALT RT35 MF204      54.222     1.102 135.775
15  17 夏川 竜一         RALT RT35 MF204      54.231     1.111 135.753
16  28 原  貴彦         RALT RT34 MF204      54.370     1.250 135.406
17  58 逢潟 島彦         RALT RT34 MF204      54.403     1.283 135.323
18  76 井上 隆智穂       DALLARA 391 MF204    54.411     1.291 135.304
19  56 篠塚  進         RALT RT33 MF204      54.542     1.422 134.979
20  12 水木 一智         RALT RT34 MF204      55.076     1.956 133.670
************************************************************************
     提供:TOM’S T/C
       * FMOTOR4 Sub-sysop 新倉芳夫 (PBA00065)*

Japanese F3

F3:筑波 予選結果Aグループ

レース・ド・ニッポン -RIJ- (1991-08-17) Official Practice A-Group
For All Japan F3 Championship Rd.8 筑波サーキット:(2.045km)
P No. Driver------------- Car-------------- Best-LapT---Behind -km/h--
1   7 ビクター・ロッソ          TOM'S 03 3S-G       53.247           138.261
2  15 西垣内 正義       RALT RT3 MF204      53.426     0.179 137.798
3   5 本山  哲         RALT RT3 MF204      53.565     0.318 137.440
4  22 石川  朗         RALT RT3 MF204      53.577     0.330 137.410
5   3 アンソニー・レイド         Dallara 391 MF204   53.607     0.360 137.333
6  77 E.ビスコ             Dallara 391 MF204   53.731     0.484 137.016
7  86 沢登 栄一         RALT RT3 MF204      53.753     0.506 136.960
8  36 藤村 満男         DALA. 39 MF204      53.761     0.514 136.939
9  33 藤永 敬道         RALT RT3 MF204      53.913     0.666 136.553
10  27 羽根 幸浩         RALT RT3 MF204      53.984     0.737 136.374
11  99 嶋村 健太         RALT RT3 MF204      54.143     0.896 135.973
12  38 岡本 幸夫         RALT RT3 MF204      54.204     0.957 135.820
------------------------- DNQ ----------------------------------------
13  10 伊藤 直澄         RALT RT3 MF204      54.214     0.967 135.795
14  84 戸田 哲史         RALT RT3 MF204      54.325     1.078 135.518
15  69 高橋 浩二         RALT RT3 MF204      54.390     1.143 135.356
16  30 近藤 真彦         RALT RT3 MF204      54.402     1.155 135.326
17   9 飯田  薫         RALT RT3 3S-G       54.530     1.283 135.008
18  62 早田 岳史         RALT RT3 MF204      54.769     1.522 134.419
19  81 藤本 錦治         RALT RT3 3S-G       55.398     2.151 132.892
23 佐藤 泰紀         RALT RT3 3S-G       ------
***********************************************************************
        提供:TOM’S T/C
           * FMOTOR4 Sub-sysop 新倉芳夫 (PBA00065)*

グループA

JTC:筑波 予選結果

レース・ド・ニッポン -RIJ- (1991-08-17) Official Practice
For 全日本ツーリングカー選手権 第3戦 筑波サーキット:(2.045km)
P No. Drivers-------------------- Car----------- Best-LapT --Behind -km/h--
1   1 星野一義/鈴木利男          NISSAN BNR 32  R0'57.733         127.518
2   3 長谷見昌弘/OLOFSSON        NISSAN BNR 32  R0'58.125   0.392 126.658
3   2 高橋健二/土屋圭市          NISSAN BNR 32   0'59.090   1.357 124.590
4   8 見崎清志/長坂尚樹          FORD RS 500    0'59.653   1.920 123.414
5  22 清水和夫/影山正彦          NISSAN BNR 32   0'59.974   2.241 122.753
6  32 山田英二/沖友龍晴     NISSAN BNR 32   1'00.658   2.925 121.369
7  21 一ッ山康/福山英朗          BMW M3          1'01.171   3.438 120.351
8  29 茂木和男/小幡 栄          BMW M3          1'01.171   3.438 120.351
9  35 RATZENBERGER/DANIELSSON    BMW M3         1'01.688   3.955 119.342
10 100 中子 修/岡田秀樹     HONDA EF-8      1'01.803   4.070 119.120
11  26 水野文則/川本 篤          BMW M3         1'02.002   4.269 118.738
12  25 鈴木恵一/新田守男          TOYOTA AE92    1'02.088   4.355 118.574
13  34 A.G.SCOTT/ADAMS            BMW M3          1'02.099   4.366 118.553
14  33 村松康生/原 貴彦          HONDA EF-9     1'02.167   4.434 118.423
15  11 横島 久/和田 久          TOYOTA AE92    1'02.210   4.477 118.341
16  14 中谷明彦/服部尚貴          HONDA EF-9      1'02.370   4.637 118.038
17  17 夏川竜一/金石勝智          BMW M3         1'02.434   4.701 117.917
18  37 星野 薫/黒沢琢弥          TOYOTA AE92     1'02.492   4.759 117.807
19  36 関谷正徳/小河 等          TOYOTA AE92     1'02.550   4.817 117.698
20  72 牧口規雄/堀栄 徹/野地廣行BMW M3          1'02.765   5.032 117.295
21  15 佐藤浩二/五藤久豊          HONDA EF-9     1'02.777   5.044 117.272
22  27 駒 光武/細野智行      TOYOTA AE92    1'02.858   5.125 117.121
23  56 池沢さとし/竹内浩典    BMW M3          1'02.906   5.173 117.032
24  90 三好正己/高田川路          HONDA EF-9      1'03.289   5.556 116.324
25  28 柴田 昭/久保 健          TOYOTA AE92     1'03.302   5.569 116.300
26  19 河合博之/綱島伸二          TOYOTA AE92     1'03.383   5.650 116.151
27  88 田中 実/山路慎一/水沼 隆TOYOTA AE92     1'03.465   5.732 116.001
28   7 三原 順子/松永雅博        TOYOTA AE92     1'03.639   5.906 115.684
29  18 浅野武夫/萩原 誠          TOYOTA AE92    1'03.811   6.078 115.372
30   5 小東明寛/大井貴之          ISUZU JT191F    1'04.947   7.214 113.354
4 澤田 透/野地廣行          BMW M3          --------
****************************************************************************
※これまでのコースレコードは 0'58.218 (126.456km)
        提供:NISMO
       * FMOTOR4 Sub-sysop 新倉芳夫 (PBA00065)*

Japanese F3 | JSPC | グループA | 全日本F3000

CABINパーソナル契約ドライバー変更

<<<< CABIN Racing Team Press Release ===============================
MOTOR SPORT NEWS                   1991年8月14日
                  キャビン・レーシングチーム事務局
      ’91年度キャビン・パーソナル契約ドライバー
             変更のお知らせ
      -全日本F3選手権参戦中の藤永敬道に支援決定-
 JT(日本たばこ産業株式会社)が支援するキャビン・レーシングチーム
は’91年度キャビン・パーソナル契約ドライバーとして、全日本F300
0選手権及び全日本スポーツプロトタイプカー選手権に出場中の和田孝夫と、
全日本F3選手権及び全日本ツーリングカー選手権に出場中の原貴彦選手を
サポートしていた。しかし原選手の所属するチーム体制が変更された事によ
り、替わって全日本F3選手権に出場中の藤永敬道を支援する事を決定した。
 なお、藤永への支援は8月17日(土)、18日(日)に茨城県・筑波サ
ーキットで開催される全日本F3選手権・第8戦「’91レース・ド・ニッ
ポン」より開始される。
<プロフィール>
●藤永 敬道(ふじなが よしみち)
 1962年1月30日生まれ(満29歳)山口県・宇部市出身
 血液型B型
 1983年 西日本サーキット・スターレットカップでデビュー。
 1988年 鈴鹿FJ1600-Bシリーズチャンピオン、西日本FJ1600-Aチ
       ャンピオン。
 1989年 キャビン・パーソナル契約ドライバーとなる。全日本F3選
       手権全10戦とF1日本GP前座レースに出場。最高位は第
       1戦の12位。
 1990年 全日本F3選手権全10戦とF1日本GP前座レース、パナ
       ソニック1stインターナショナルリーグ1990に出場。
       全日本F3選手権ランキング10位。最高位は第2戦・富士
       の3位。
 1991年 全日本F3選手権に出場中。第4戦・鈴鹿で2位入賞。第4
       戦・鈴鹿、第5戦・筑波、第7戦・美祢でフロントロウ獲得。
       第7戦終了時でランキング10位。
**CABIN Racing Team Office/寺倉茂雄**

全日本F3000

CABIN:F3000 Rd.7富士プレスリリース

<<<< CABIN Racing Team Press Release ================================
1991年全日本F3000選手権                1991年8月14日
RACE INFORMATION                              キャビン・レーシングチーム事務局
    第7戦「日本信販スーパーカップRd.3 富士チャンピオンズ」
            ワンツー・ワンツー
     星野2勝目。キャビンアロー、シリーズをリードする
     星野一義 予選A組1位 決勝優勝
     片山右京 予選B組2位 決勝2位
 1秒722の差で2台のキャビン・アローが相次いでチェッカー・フラッグ
を受けた。先頭の星野一義は右手を振り上げる。サインガードに鈴なりになっ
たピットクルーは歓喜でそれを迎えた。
 星野の背後には片山右京がいた。片山は現在、ディフェンディング・チャン
ピオンであり大先輩でもある星野を、シリーズポイントでリードしている。星
野が挙げた2勝目で王座争いは星野・片山の一騎打ちの様相を強めてきた。こ
れで2勝ずつとなった2台のキャビンアローは、シリーズの流れを握り栄光へ
向けて大きく加速したのである。
 1991年全日本F3000選手権・第7戦「日本信販スーパーカップRd.3
富士チャンピオンズ」が、8月10日(土)11日(日)静岡県・富士スピードウ
ェイで開催された。キャビン・レーシングチームは、このレースに星野一義、
片山右京の陣容で参戦した。
<体制>
 キャビン・レーシングチームwithインパル
  ドライバー:星野一義
  監督   :金子 豊
  マシン  :ローラT90-50/無限(Tカー ローラT91-50/無限)
 キャビン・レーシングチームwithヒーローズ
  ドライバー:片山右京
  監督   :田中 弘
  マシン  :ローラT90-50/DFV(Tカー ローラT91-50/DFV)
<マシン>
 星野はローラT90-50/無限、片山はローラT90-50/DFVを用
いる。両者とも、第6戦で用いたシャシーである。高速コースである富士スピ
ードウェイに向けて、両者とも低ドラッグ仕様のウィングを取り付けている。
<公式予選>
 公式予選日を迎えた朝、富士スピードウェイには霧が立ちこめた。天気予報
では天候の悪化が予想されており、コンディションの読みが公式予選における
大きな要因となった。しかし、公式予選A組第1回目のセッションが始まる頃
には霧も晴れ始めた。多くのチームはコースオープン後もピットで待機してコ
ンディションの推移を見守る作戦に出る。
 星野が1セット目のタイヤを装着してタイムアタックに出撃したのは、セッ
ション開始後15分を経過した頃。彼はこのアタックで1分17秒762のベストタ
イムを記録する。星野はさらにセッション終了直前に2セット目のタイヤを履
き、2回目のタイムアタックにかかる。第1コーナーで前を走るマシンにひっ
かかりながら、星野は1分17秒401を記録、彼自身のタイムをさらに短縮して
みせた。
 一方、公式予選B組から出走の片山は、コースオープンされた直後にコース
イン、タイムアタックを行なった。しかしタイムは1分17秒854と伸び悩む。
彼はピットに戻ってフロントサスペンションの調整を行ない、セッション終了
前に2セット目のタイヤを装着して再びタイムアタックにかかった。記録は1
分17秒354。すでにマウロ・マルティニ選手が記録していたベストタイムには
惜しくも届かず、片山はB組2位で1回目のセッションを終えた。
 午後に行なわれた2回目のセッションで、星野と片山はすでに1度タイムア
タックに用いた予選用タイヤを履いてタイムアタックを行なったが、双方とも
午前中のタイムを更新することができず、結局午前中の順位のまま公式予選順
位は決定することとなった。
星野 一義:1分17秒401 A組1位
「クルマの調子は抜群にいい。最初のセッションでは路面が荒れていたし、天
候がどう変わるかわからなかったので慎重になった。2回目のタイムアタック
では気合いが入っていた。でも1コーナーで、前のマシンにひっかかってしま
ったんだ。そこでアタックを切り上げて、もう一度やり直そうかとも考えたん
だけど、行っちゃえ、と思ってそのまま突っ込んで頑張った。ポールが取れな
かったのは残念だ。タイヤの使い方という意味では作戦ミスだったかもしれな
い。でも、フロントローなら十分だね。決勝では気持ちのいいレースができる
と思う。なにがなんでもここで勝って、王座を守らなければ」
片山 右京:1分17秒354 B組2位
「路面コンディションや気候が、テストの時と変わってしまった。それがマシ
ンのバランスに影響を与えかも。と、言ってもその差はごくわずかなものなん
です。でも今のF3000は実力が伯仲しているから、わずかな差がこういう結果
になって現れてしまう。自分が自分で、もどかしいですよ。でも2列目なら十
分。明日は目の前にいるクルマを全部抜くつもりでいきます。ポイントランキ
ング首位の座を守ることよりも、攻めることを心がけますから」
<決勝レース>
 決勝日の天候も不安定だった。そのため、決勝レース直前に行なわれた7分
間のウォームアップ走行は、各チームにとって最終的なセッティングを見直す
ための重要な局面となった。星野はこのウォームアップを通して、決勝レース
ではハード・タイヤを使うことを決意した。しかし、そのタイヤのフィーリン
グを確かめるためにコースインしようとしたとき、コースはクローズされた。
コースに出られなかった星野は、タイヤのフィーリングを確かめることも新品
タイヤの皮むきをすることもできないまま、決勝を迎えなければならないこと
になってしまった。
 決勝レースのスタートで、星野は好ダッシュを見せて1コーナーまでに先頭
を奪った。2列目内側の片山はスタートに失敗したマルティニ選手をかわしな
がら星野の背後につき、1コーナーへ突入する。
 ところが1コーナーへのブレーキングで星野は、姿勢を大きく崩してしまっ
た。星野の背後につけていた片山はそれを避けようとしてコース外側に逃げる。
しかし、そのスキに後方のチーバー選手にかわされて3位へと後退。さらに2
周目の同じ1コーナーではヴァイドラー選手、ダニエルソン選手にかわされて
5位となってしまった。片山にとっては苦しい幕開けとなった。
 姿勢を崩したものの星野はうまくマシンをたてなおし、首位のまま1周目を
走り終えた。その後は星野の独壇場だった。周回毎に星野は2位以降を引き離
して独走状態に持ち込む。
 一旦後退した片山は、徐々にペースを上げて5周目にダニエルソン選手を、
9周目にはバイドラー選手を抜き去る。同じ9周目にチーバー選手がトラブル
で脱落したため、片山はようやく星野を追う2位のポジションに進出を果たす。
このとき両者の間隔は6秒7。片山は間隔を詰めようと1分19秒台のハイペ
ースで追走するが、星野はそれを受けてまた間隔を広げる。二人の差は7秒前
後を保ったまま、終盤まで格闘を続けた。
 終盤になって、星野はタイヤの消耗を考慮して若干ペースダウン。そこに片
山が攻めより、間隔を縮めだす。片山は最終ラップに1分19秒111のファス
テストラップで最後のスパートをかけた。しかし星野は片山を1秒722の差
で抑えきり、今季2勝目を挙げた。星野はトップフォーミュラ116レース目。通
算36勝目の栄光である。
 星野と片山はワンツー・フィニッシュでシリーズ第7戦を飾った。星野は9
点、片山は6点を追加して、シリーズポイントランキングでは片山・星野がこ
れもまた僅差でワンツー・フォーメーションを堅める結果となった。2台のキ
ャビン・アローはワンツー体制を布いてシリーズ制覇に向けて突進している。
星野 一義: 59分58秒828  優勝
「このところいい結果が出ていなかったから、このレースは勝たなければなら
なかった。スタート直前にタイヤを履き換えたものだから、1周目はタイヤが
温まりきってなかったんだ。それで1コーナーでバランスを崩した。ヘアピン
くらいまで走って、ようやくフィーリングがつかめたので、それ行け、と頑張
った。後半、フロントタイヤを消耗させてしまったのでアンダーステアが出て、
ペースが上げられなかったんだけれど、十分な差があったので慌てないでいら
れた。本番では右京が怖いと思っていたけど、予想通りの展開だったね。でも
このままじゃおさまらないよ。ここで一つ勝ったくらいじゃね」
金子 豊監督
「レース直前で、タイヤを選択し直した。それで少しドタバタしてしまったね。
使ったのは、これまでテストもしなかったくらいのハード・タイヤ。コンディ
ションを見て、そのタイヤでなければ無理だ、と決断した。スタート直前でド
タバタしたツケがきたな。十分なテストをしていなかったし、レースのペース
が予想よりも1秒近く速かったものだから、レース終盤タイヤを消耗させてし
まった。ドタバタして浮足立ったことについては深く反省しています。でも今
後は自信があるよ。シリーズがおもしろくなった? おもしろいんじゃ困るん
だ。こっちは早く楽になりたいんだから」
片山 右京: 1時間00分00秒550  2位
       ファステストラップ1分19秒111(45周目)
「星野さんが、スタート直前に新品タイヤを履いたのを知っていたから、スタ
ート直後の1コーナーはチャンスだと思っていた。でも、目の前で星野さんが
バランス崩したものだから、慌ててコースの外側に逃げて後ろからチーバー選
手に抜かれてしまった。しかも、そのときフロントタイヤにタイヤカスを拾っ
たのか、アンダーステアが出てしまいペースがあがらなくって、2周目には2
台に抜かれてしまいました。抜き返すのに手間取ったのが痛かったなあ。マシ
ンの調子はバッチリでした。ストレートも速かったですしね。それだけに惜し
かったなぁ。悔しいです」
田中 弘監督
「シリーズチャンピオンの事を考えると、このレースは非常に重要だった。結
果論になるけど、予選でフロント・ロウに並べなかったのが痛かったね。今回
はマシン、エンジンもほぼ完璧な状態だった。タイヤは45周攻めても大丈夫
なものを選んだし、ギヤリングも前車をオーバーテイクできるものにした。だ
から、右京に思い切っていけ、と言った。しかし、スタート直後の1コーナー
では、もう少しやり方があったとは思うな。あそこでアウトに出ずに、インを
突いて行ったら勝てたレースですよ。でも、これで富士での速さは確認された
ね。次の鈴鹿のテストでは徹底的にT91を煮詰めようと思っている」
**CABIN Racing Team Office/寺倉茂雄**

全日本F3000

F3000-PR:オムロン富士リリース

全日本F3000選手権 第7戦“Nippon Shinpan SUPER CUP Rd.3 FUJI CHAMPIONS”
オムロン・レーシングチーム プレスリリース
驚異の追い上げ 6位入賞  予選17位から11台をパス
 1991年全日本F3000選手権シリーズ第7戦が、富士スピードウェイ(1周:
4.470km)において、8月10~11日に開催された。
 オムロン株式会社がスポンサードするオムロン・レーシングチームは、前戦の雪辱を
晴らすべく、オムロン・ダンロップF102,3号シャーシに万全のセッティングを施
し、このレースに臨んだ。
 10日(土)の公式予選ではB組で出走。午前の第1回では、1分18秒913をマ
ーク。このセッションB組第12位となった。続く午後の第2回は、B組第3位の1分
18秒341をマーク。1~2回を通した公式予選の結果は、B組第9位、グリッド順
は17番手となり、決勝レースは、9列目内側からのスタートとなった。
 11日の決勝レースは、定刻の13時、全車きれいにスタート。17位からスタート
したヤン・ラマースは、ナイス・スタートを見せ、1ラップ目のグランドスタンド前を
14位にまでジャンプアップして通過。さらに次々に先行車を抜き去り、レース終盤の
42周目、選手権ポイント圏内の6位に上昇。驚異の11台抜きを見せ、選手権ポイン
トへ1点を追加してチェッカーフラッグを受けた。
◎レースウィーク
◎8月10日(土)
○公式予選第1回B組(10:40~11:20)
 天候は曇り、気温は10時30分現在で25度前後と8月にしては異様に涼しい1日
であった。コース・コンディションはドライで、B組第1回の公式予選が開始された。いつもながら各チームとも様子見のため、なかなかアタックを始めない。予選開始10分
後、ようやく数チームがアタックを開始した。オムロン・レーシングチームのヤン・ラ
マースも、10時57分、勇躍スタート。1分18秒913をマークしてピットイン。
タイヤを左右入れ替え、再度飛び出していったがタイムアタックは行わず、1ラップで
ピットイン。ヤン・ラマースはマシンから降り、第1回の走行を中止してしまった。
○公式予選第2回B組(14:35~15:15)
 ヤン・ラマースは1回目に使用したタイヤでスタート、しかし、タイムアタックは行
わず1周してピットイン。燃圧計のピックアップが壊れ、そこからのガス漏れが生じて
いた。直ちに修復し、再度タイムアタックに飛び出して入った。1分19秒880、午
後の気温、コース・コンディションと1度使用した予選タイヤでは、これ以上のタイム
は望めないと判断し、タイヤを2セット目に交換。3度目のタイムアタックにピットア
ウトし、1分18秒341をマーク、このセッション第3位、予選1~2回を通しては
第9位のタイムであった。
 公式予選第1~2回トータルのスターティング・グリッドは、B組の#34マウロ・マル
ティニ選手がポールポジションを獲得したため、B組からポジションが与えられ、9列
目、17番手からのスタートとなった。
◎8月11日(日)
○決勝レース 13:00→45Lap
 定刻の12時57分、決勝レースのフォーメーション・ラップがスタート。1ラップ
の後スターティング・グリッドに各選手が整列した。13時00分、45周の決勝レー
スがスタートした。
 オムロン・レーシングチームのヤン・ラマースは、ナイススタートを見せ、1ラップ
目のグランドスタンド前に戻ってきたときには、14位にポジションへジャンプアップ
していた。3周目には12位、8周目11位、9周目には2台を抜き去り序盤にして9
位にまで順位を上げた。ヤン・ラマースはその後も1分20秒前後のラップタイムでコ
ンスタントに前車を追い、レースも中盤の20周目には7位に上がっていた。その後レ
ースは膠着状態に陥り順位の変動は見られなくなったが、終盤の35周過ぎくらいから
#3片山右京とヤン・ラマースの追い上げが、6万余人の焦点を集めだした。ヤン・ラマ
ースは1分19秒台で#99中谷明彦を追いつめ、43周目、ヤン自身のレース・ベスト・
ラップ1分19秒545を叩き出しながら#99中谷明彦を抜き去り、ついにポイント圏内
の6位にまでステップアップ。残り2周、ヤンはさらに5位の#34マウロ・マルティニを
追ったが、惜しくも0秒591届かず、選手権ポイントへ1点を追加する6位でチェッ
カーフラッグを受けた。
 優勝は、予選2位フロントローからスタートした#1星野一義選手で、今期2勝目富士
スピードウェイのレースでは2連勝、2位はランキング・トップを行く#3片山右京選
手、3位は#10V.バイドラー選手であった。
◎レース後,岸本雅義チーフエンジニア:
「やはり予選が全てでした。レースでは充分に速く走れるのに、予選がうまく行きませ
 ん。予選さえ上位に付ければ、表彰台も充分にチャンスがあるのですが。」
◎レース後,ヤン・ラマース:
「6位という結果には決して満足していない。しかし、レース自体は良いレースができ
 たと思う。マシンは素晴らしい仕上がりでなんの問題もなかったし、僕のレース・ベ
 ストラップは右京,星野に継ぐ3番目のタイムだった。前車を追っているときでもス
 トレートがとても速く、オーバーテイクするのも楽にできた。ただ、中盤7位にまで
 上がったときに前と離れすぎ、スリップストリームを使えなかったため、自力だけで
 追うしかなく時間がかかりすぎた。予選では、金曜日にテストしたタイヤと予選で使
 用したタイヤが違い、迷いがでてしまった。決勝では充分に速く走れることが証明さ
 れたので、今度こそ予選で上位に付け、表彰台に上がりたいと思っている。」
  提供:オムロン・レーシングチーム広報デスク

その他

筑波9時間耐久レース正式結果

 ’91筑波フェスティバルナイター9時間耐久レース正式結果表
  天候:曇り一時雨    コース状況:ドライ&ウェット
  91.8.12               筑波サーキット 2.045km
 総合結果
順位 車番クラス ドライバー     周回   車名
 1 28 1 上原・浅見     450 B-ing KEGANI VR-4
 2 71 3 横島・津々見・袖山 449 レッツオ・トランピオ・シビック
 3 44 3 花山・佐藤     446 三恵技研・曙ブレーキシビック
 4 78 3 福井・吉田     443 ファルケンシビック
 5 45 3 黒木・田久保・石川 443 TOENEC・CIVIC
 6 11 1 中島・佐藤・白井  439 ニチレイ・アセロラ・GT-R
 7 56 3 奥井・りゅう・ラツール 439 チームF eif シビック
 8 23 1 高杉・砂子     436 日産プリンス東京スカイライン
 9109 4 真田・藤村     435 ジャナーラ BP カルタス
10 66 3 大井・WONG・KWAN  434 TAKE ONE CIVIC
 クラス別 結果 1クラス(3001CC以上) リ=リタイヤ
順位 車番 総合 ドライバー     周回   車名
 1 28  1上原・浅見     450 B-ing KEGANI VR-4
 2 11  6中島・佐藤・白井  439 ニチレイ・アセロラ・GT-R
 3 23  8高杉・砂子     436 日産プリンス東京スカイライン
 4 12 19清水・原      416 ALTIA・FALKEN・GT-R
 5 22 30関根・萩原    リ298 日産プリンス千葉スカイライン
 6  9 31影山・飯田・戸田 リ275 LINEA SPORT TOMEI(GT-R)
 クラス別 結果 2クラス(1601~3000CC) リ=リタイヤ
順位 車番 総合 ドライバー     周回   車名
 1 41 11 小宮・中村・岡安 433 HAI・ルブローレンミラージュ
 2 37 13 小東・平岡    429 KRSジェミニ4
 3 35 20 細野・野上    414 コヤマジェミニ
 4 29 24 小幡・玉本    383 B-ing KEGANI GTO
 5 38 26 二上・宮武・こざい342 ガレージオートバードジェミニ
 6 31 27 伊藤・渋谷・松原 326 オートテック ミラージュ
 クラス別 結果 3クラス(1301~1600CC) リ=リタイヤ
順位 車番 総合 ドライバー     周回   車名
 1 71  2横島・津々見・袖山 449 レッツオ・トランピオ・シビック
 2 44  3花山・佐藤     446 三恵技研・曙ブレーキシビック
 3 78  4福井・吉田     443 ファルケンシビック
 4 45  5黒木・田久保・石川 443 TOENEC・CIVIC
 5 56  7奥井・りゅう・ラツール 439 チームF eif シビック
 6 66 10大井・WONG・KWAN  434 TAKE ONE CIVIC
 クラス別 結果 4クラス(~1300CC) リ=リタイヤ
順位 車番 総合 ドライバー     周回   車名
1 109  9真田・藤村     435 ジャナーラ BP カルタス
2 121 14塚原・河西・松野  427 ホンダロデオホテル泉慶シティ
3 123 17内田・鈴木・手塚  420 ノヨネグループ・YV・カルタス
4 101 21小松原・小林・前沢 408 野口組トラストJ・オムCITY
5 111 23嶋村・榎本・飯塚  391 ジャナーラ BP カルタス
6 110 25小林・森山・戎   353 ジャナーラ BP カルタス
 参加台数:103台   予選通過台数:40台  完走:20台
 スタート 8/11 21:30.00
 ゴール  8/12  6:30.33.162
                       PFG01207 鈴木 規之

全日本F3000

全日本F3000ランキング(Rd.1~Rd.7)

<91年全日本F3000選手権ポイントランキング表>
 (ドライバー部門)
Rd.1  2 3 4 5 6 7 8 9 10  11 合 有
鈴 オ  富 美 鈴 菅 富 富 鈴 富 鈴  計  効
|                                      ポ  ポ
ト                                      イ  イ
ポ                                      ン  ン
鹿  リ 士 祢 鹿  生  士  士  鹿  士  鹿  ト  ト
Pos ドライバー     ス
-------------------------------------------------------------------
1 片山 右京 9 3  0  0  9  1  6                  28  28
2  星野 一義  0  6  9  0  0  0  9                  24  24
3  小河  等  6  1  4  0  6  0  0                  17  17
4  E・アーバイン    0  2  0  9  3  0  0                  14 14
5  中谷 明彦  0  9  0  0  0 4  0                  13  13
6 V・ヴァイドラー 0 0 0 4 4  0  4                  12 12
7 R・チーバー   0 0 0 0 0 9 0         9 9
8  J・ハーバート    2  0  0  6  0  0  0                  8 8
9  J・ラマース      4  0  2  0  0  0  1                  7 7
   M・マルティニ     1  4  0  0  0  0  2                  7 7
11 松本 恵二 0 0 6 0 0 0 0         6 6
  M・シューマッハ  - - - - - 6  -                  6 6
13 T・ダニエルソン  0 0 0 0 0 3  3                  5 5
14  鈴木 利男 0 0 0 2 2 0 0         4 4
15 関谷 正徳  3  0  0  0 0  0  0                  3 3
  J・クロスノフ   0 0 3 0 0 0 0         3 3
  田中  実 0 0 0 3 0 0 0         3 3
18  服部 尚貴 0 0 0 0 0 2 0         2 2
19 黒沢 琢弥 0 0 1 0 0 0 0         1 1
  M・サロ    - 0 0 1 0 0 0         1 1
  G・リース    0 0 0 0 1 0 0         1 1
※ポイントは各レース、1~6位に9-6-4-3-2-1の各点が与えられる。
 上位8レースの合計を有効ポイントとし、これによりシリーズ順位が
決定される。同点の場合は上位入賞回数の多い方を優先する。
※JAFの競技規則に基づき、当チームが集計したものです。
**CABIN Racing Team Office/寺倉茂雄**

全日本F3000

PR:チームレイトン富士決勝リリース

               プレスリリース
          全日本F3000選手権シリーズ第7戦
           日本信販スーパーカップRD・3
             富士チャンピオンズレース
           8月11日:富士スピードウェイ
レース
 レース当日の御殿場地方は、早朝からどんよりと曇ったはっきりしない天候となって
いた。そして、ウォーム・アップ・セッションの始まる午前8時になっても、天候はは
快復せず、雨こそ降らないものの、いつ降り出してもおかしくない状態だったのだ。
 このような状況の中で始まったウォーム・アップでは、関谷正徳は1分19秒台前半
のタイムで8番手につけ、田中実も1分19秒台後半のタイムをマークして16番手に
浮上してきた。そして、関谷、田中ともにマシンのセッティングは順調とのリポートを
出し、そのままセッティングで午後のレースを迎えることになる。問題は、不安定な天
候だけであった。
 最終的に、天候はレース・スタートまで崩れることはなく、気温25度、路面温度2
9度というレース・コンディションとしては、全く問題のない状態になった。
 そして、レース・スタート。心配された第1コーナーでの混乱もなく、スムーズにイ
ンに切れ込んだ関谷は、ひとつポジションを上げ、9番手でオープニング・ラップを終
了した。一方、田中も抜群のスタートを見せ、一気に5台をパスして17番手で、ピッ
ト・ストレートに戻ってきた。そして、2ラップ目の1コーナーで、なおも前を行くパ
オロ・カルカッシとジョニー・ハーバートのインをつき、ポジション・アップを狙う。
しかし、カルカッシとハーバートをかわした田中の前方で、舘善泰がスピン。田中もハーバートも、舘のスピンをかわすことができずにスピンしてしまう。結果、田中はハーバート最後尾から、必死の追い上げを強いられることになる。そのころ、トップ集団は、星
野一義、ロス・チーバー、フォルカ・バイドラー、片山右京のオーダーでラップを重ね、トーマス・ダニエルソン、スタートで出遅れたマウロ・マルティニ、中谷明彦、そして
黒沢琢弥を挟んで関谷が続いた。
 その後、チーバーがメカニカル・トラブルでマシンを止めて脱落、関谷は黒沢をパス
して7番手に浮上。そのまま、テール・ツー・ノーズで、前方の中谷を追う。
 しかし、関谷のローラは、ギア・レシオが実際のレースでは若干合わず、わずかづつ
中谷に離されてしまう。そのため、ラマースとカルカッシにパスされる結果となり、最
終的には9番手でゴールを迎えることとなる。
 一方、最後尾から追い上げを始めた田中は、ギャップを挽回しようとした攻めすぎの
走りがたたり、ゴールまで10ラップを残したころからタイヤのグリップが低下しはじ
め、15番手まで追い上げたところでゴールを迎えることとなる。
 レースは、1ラップ目からトップにたった星野が逃げきり、そのままゴール。2番手
にはバイドラーをパスした右京が食い込み、バイドラーは、そのまま3位となっている。関谷 正徳:9位
「マシンは、かなり煮詰まってきた。タイヤもOK。でも、ちょっとレシオの計算が狂ってしまった。ヘアピンまではダントツに速かったもの。でも、ほんのわずかの違いで、
前のクルマを抜けなかったんだ。そのかわり、次の富士は楽しみだよ。」
田中  実:15位
「舘さんのスピンはどうしても避けきれなかった。だって、おもいっきりパオロとジョ
ニーのインをとった後だったもの。それに、スピンで逆向いてしまって、後ろのクルマ
が全部行ってしまうまで待たないとならなかった。その後は、追い上げて抜いて追い上
げて抜いての繰り返し。マシンは、この3日間の中で最高の仕上がりだったよ。でも、
最後頃にはタイヤのグリップが落ちて・・・。次を頑張ります」
 提供:チームレイトン

全日本F3000

F3000:Rd.7富士決勝レース結果

******************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権シリーズ                                 *
* Title     : 第7戦富士チャンピオンズレース                                 *
* Course    : 富士スピードウェイ                  :4.470     (km)            *
* Date      : 91-08-11                                                       *
* Weather   : 曇                                                             *
* Condition : ドライ                                                         *
* Class     : FIA/JAF F3000 (SANCTIONED)                                     *
*           : Results                                                        *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Lap  Finish Time    Best Time
------------------------------------------------------------------------------
1 1    星野 一義      BS LOLA T90  MUGEN     45  00:59'58.828   01'19.417
2 3    片山 右京      BS LOLA T90  DFV       45  01:00'00.550   01'19.111
3 10   V.バイドラー   BS LOLA T91  MUGEN     45  01:00'09.056   01'19.607
4 9    T.ダニエルソン BS LOLA T91  MUGEN     45  01:00'20.841   01'19.810
5 34   M.マルティニ   DL LOLA T91  MUGEN     45  01:00'24.296   01'20.094
6 90   J.ラマース     DL DOME F102 MUGEN     45  01:00'24.887   01'19.545
7 57   P.カルカッシ   DL LOLA T91  MUGEN     45  01:00'28.912   01'19.787
8 99   中谷 明彦      BS LOLA T91  MUGEN     45  01:00'29.531   01'20.111
9 16   関谷 正徳      BS LOLA T90  MUGEN     45  01:00'40.869   01'20.003
10 98   服部 尚貴      BS LOLA T90  MUGEN     45  01:00'43.208   01'19.759
11 12   黒沢 琢弥      BS RALT RT23 MUGEN     45  01:00'44.125   01'20.048
12 21   小河  等      BS LOLA T90  MUGEN     45  01:00'51.174   01'20.355
13 11   E.アービン     YH LOLA T90  MUGEN     45  01:00'59.452   01'19.990
14 17   M.S.サーラ    YH LOLA T91  MUGEN     45  01:01'59.830   01'19.749
15 15   田中  実   BS RALT RT23 MUGEN     45  01:01'06.551   01'20.414
16 20   影山 正彦      BS LOLA T90  MUGEN     45  01:01'06.778   01'20.110
17 35   J.クロスノフ   DL LOLA T90  MUGEN     45  01:01'08.037   01'20.835
18 37   M.サロ         YH LOLA T90  MUGEN     45  01:01'15.893   01'20.699
19 5    長谷見昌弘      DL LOLA T91  MUGEN     45  01:01'17.654   01'20.827
20 2    中子  修      BS LOLA T90  MUGEN     44  00:59'59.961   01'20.846
21 7    高橋 国光      YH LOLA T91  MUGEN     44  01:00'03.213   01'20.993
22 44   金石 勝智      YH LOLA T90  DFV       44  01:00'17.169   01'20.833
23 22   太田 哲也      DL LOLA T90  MUGEN     44  01:00'27.296   01'21.348
24 8    松本 恵二      DL DOME F102 MUGEN     43  01:00'08.122   01'19.835
25 23   古谷 直広      DL LOLA T90  MUGEN     43  01:00'11.382   01'20.249
------------------------------< Not Classified >------------------------------
26 24   J.ハーバート   BS RALT RT23 MUGEN     16                 01'22.072
27 25   R.チーバー     BS REY. 91D  MUGEN      8                 01'20.164
28 27   舘  善泰      DL LOLA T90  MUGEN      2                 01'22.447
------------------------------------------------------------------------------
・ スタート 13:01'19  フィニッシュ  14:01'17.828                                        ・
・ 参加台数:34  出走台数:28  完走台数:25                                      ・
・ レース中のベスト・タイム  ゼッケン3:片山右京 1'19.111  45L/45L                         ・
・ ゼッケン37:ミカ・サロは、ウォーム・アップ最終ラップにレイナード91Dをクラッシュさせたため             ・
・ TカーのローラT90/50でレースに出走した。                                            ・
******************************************************************************
*                                  TEAM LEYTON KUDO/ARIMATSU                 *
  提供:チームレイトン

全日本F3000

F3000:Rd.7富士ウォームアップタイム

******************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権シリーズ                                 *
* Title     : 第7戦富士チャンピオンズレース                                 *
* Course    : 富士スピードウェイ                  :4.470     (km)            *
* Date      : 91-08-11                                                       *
* Weather   : 曇                                                             *
* Condition : ドライ                                                         *
* Class     : FIA/JAF F3000 (SANCTIONED)                                     *
*           : WARM UP SESSION                                                *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 8    松本 恵二      DL DOME F102 MUGEN    01'18.825  204.148   0'00.000
2 1    星野 一義      BS LOLA T90  MUGEN    01'18.867  204.040   0'00.042
3 10   V.バイドラー   BS LOLA T91  MUGEN    01'18.961  203.797   0'00.136
4 5    長谷見昌弘      DL LOLA T91  MUGEN    01'19.084  203.480   0'00.259
5 90   J.ラマース     DL DOME F102 MUGEN    01'19.105  203.426   0'00.280
6 3    片山 右京      BS LOLA T90  DFV      01'19.113  203.405   0'00.288
7 9    T.ダニエルソン BS LOLA T91  MUGEN    01'19.176  203.243   0'00.351
8 16   関谷 正徳      BS LOLA T90  MUGEN    01'19.225  203.118   0'00.400
9 34   M.マルティニ   DL LOLA T91  MUGEN    01'19.227  203.113   0'00.402
10 11   E.アービン     YH LOLA T90  MUGEN    01'19.228  203.110   0'00.403
11 99   中谷 明彦      BS LOLA T91  MUGEN    01'19.329  202.851   0'00.504
12 37   M.サロ         YH REY. 91D  MUGEN    01'19.332  202.844   0'00.507
13 21   小河  等      BS LOLA T90  MUGEN    01'19.511  202.387   0'00.686
14 57   P.カルカッシ   DL LOLA T91  MUGEN    01'19.828  201.583   0'01.003
15 25   R.チーバー     BS REY. 91D  MUGEN    01'19.869  201.480   0'01.044
16 15   田中  実   BS RALT RT23 MUGEN    01'19.936  201.311   0'01.111
17 12   黒沢 琢弥      BS RALT RT23 MUGEN    01'20.017  201.107   0'01.192
18 7    高橋 国光      YH LOLA T91  MUGEN    01'20.097  200.906   0'01.272
19 20   影山 正彦      BS LOLA T90  MUGEN    01'20.136  200.809   0'01.311
20 17   M.S.サーラ    YH LOLA T91  MUGEN    01'20.171  200.721   0'01.346
21 98   服部 尚貴      BS LOLA T90  MUGEN    01'20.181  200.696   0'01.356
22 27   舘  善泰      DL LOLA T90  MUGEN    01'20.186  200.683   0'01.361
23 2    中子  修      BS LOLA T90  MUGEN    01'20.195  200.661   0'01.370
24 24   J.ハーバート   BS RALT RT23 MUGEN    01'20.244  200.538   0'01.419
25 22   太田 哲也      DL LOLA T90  MUGEN    01'20.404  200.139   0'01.579
26 23   古谷 直広      DL LOLA T90  MUGEN    01'20.458  200.005   0'01.633
27 35   J.クロスノフ   DL LOLA T90  MUGEN    01'20.500  199.901   0'01.675
28 44   金石 勝智      YH LOLA T90  DFV      01'20.725  199.343   0'01.900
******************************************************************************
*                                  TEAM LEYTON KUDO/ARIMATSU                 *
  提供:チームレイトン

全日本F3000

PR:キャビンF3000予選リリース

全日本F3000選手権第7戦(富士スピードウェイ)
予選レポート
                  星野、フロントローより出撃
星野一義 カーナンバー1 1分17秒401 予選A組1位
      片山右京 カーナンバー3 1分17秒354 予選B組2位
●マシン
 星野はローラT90-50/無限、片山はローラT90-50/DFVを用いる。
 星野車、片山車とも、前回のレースで使用したシャシーに、富士用の低ドラッグ・
 ウイングを装備している。両者とも、TカーにはT91-50を用意。
●記録
 星野一義:トップフォーミュラ116レース目。今季第3戦で通算35勝目を挙げ、
 36勝目を狙う。現在15ポイントでシリーズ第3位。
 片山右京:トップフォーミュラ32レース目。通算2勝。現在22ポイントでシリ
 ーズポイントリーダー。
●予選
 富士スピードウェイを包み込んでいた霧は、公式予選A組第1回目を前に晴れようと
 していた。コースがオープンされても、ほとんどのチームはコンディションを睨んで
 動きださない。星野が1セット目のタイヤを装着してタイムアタックにかかったのは
 セッション開始後15分を経過しようとした頃。彼はこの1回目のセッションで1分
 17秒762のベストタイムを記録。星野はさらにセッション残り5分 で2セット
 目のタイヤを投入、2度目のタイムアタックを行う。第1コーナーで前のマシンに
 ひっかかりながら星野はタイムを1分17秒401まで更新する事に成功した。
  一方、片山はB組のセッションが開始されて5分を過ぎたところで1回目のタイム
 アタックに入った。結果は1分17秒854に留まる。片山はピットに戻ってフロン
 ト・ホイールのキャンバーを調整。セッション終了15分前に2セット目のタイヤを
 装着して再度タイムアタックにかかった。記録は1分17秒354。しかし、マル
 ティニ選手のベストタイムには及ばず、片山はb組2位に甘んじた。
  午後、星野と片山はポールポジション奪取を狙って、すでに使用した予選用タイヤ
 を使っての3度目のタイムアタックを敢行するが、タイムアップはならず、公式予選
 順位は1回目のセッション通りに決定することとなった。
●談話
 星野一義:クルマの調子は抜群にいい。最初のセッションではコースが荒れていたし
 天候がどう変わるかわからなかったので慎重になった。しかし結果的には作戦ミス
 だったかなぁ。2セット目では気合いが入っていた。でも第1コーナーで前のクルマ
 にひっかかってしまった。そこでアタックを打ち切って走り直すことも考えたけど、
 そのまま頑張った。ポールが取れなかったのは残念だけれど、フロントローだから
 十分だね。決勝では気持ちのいいレースができると思う。なにがなんでもここで勝っ
 て、王座を守らなければね。
 片山右京:今日は路面も気候もコンディションが変わったので、セッティングが微
 妙にずれてしまった。リミッターが効きすぎてしまうし、アンダーステアが強くて。
 でも、それはごくわずかな問題。今のF3000は実力が伯仲してるので、わずかな
 問題がこういう差になる。ポールポジションがなかなか取れませんね。自分で自分が
 もどかしいです。でも2列目なら十分。明日は目の前にいるクルマを全部抜くつもり
 でいきます。ポイント・ランキング首位の座を守ることよりも、攻めていくことを
 心がけます。
 提供:キャビン・レーシングチーム事務局

全日本F3000

PR:レイトン富士F3000予選リリース

               プレスリリース
          全日本F3000選手権シリーズ第7戦
           日本信販スーパーカップRD・3
             富士チャンピオンズレース
           8月10日:富士スピードウェイ
公式予選
 今日、8月10日より、全日本F3000選手権シリーズ第7戦が、富士スピ
ードウェイで開幕した。
 今回のF3000シリーズ第7戦は、前戦の第6戦菅生から、約2週間のイン
ターバルをおいてのレースとなっている。
 この2週間の間に、チームはエース・ドライバーの関谷正徳に対し、レイトン
ハウス90B・MK2からローラT90/50にマシンを変更、また、チーム・
メートの田中実には、菅生に引き続きラルトRT23を投入した。なお、田中は、
第2戦の富士ではレイトンハウス90Bを使用したため、ラルトで富士を走るの
は、7月中旬のテストを含めて、まだ2回目となっている。
 まず、昨日行われたフリー走行では、関谷は予選シュミレーションでは1分1
7秒台に入るなどして、コンスタントにトップ4をキープ。一方、田中は、ラル
トのセッティングと格闘しながら、1分19秒台のタイムで周回を続け、基本セ
ッティングを洗い出すことに集中した。
 そして、今日の予選のコンディションは、天候は曇、気温は25度、路面温度
は20度から35度と、8月のこの時期にしては、比較的良好な状況となってい
た。
 関谷は、午後が雨になると読み、1回目の予選で規程の2セットを両方ともト
ライ、田中は、セッティングの様子を見るために、1回目と2回目の予選で、そ
れぞれ1セットづつ使う戦略をとった。
関谷 正徳:Aグループ5番手「いやぁ、今回は路面のコンディションが悪かっ
たね。前回のテストで決めたセッティングなのに、まるでマシンの挙動が違うん
だもの。でも、一度、それが分かると、あとはいつも予選て感じだったね。欲を
言えばきりがないけど、悪くもなかったってこと。明日は、グリッドがちょっと
不利だけに、難しい展開になりそうだけど、行くしかないね。」
田中  実:Aグループ11番手「昨日から、ハンドリングを良くしようと、色
々とミーティングで話し合ったんだけど、今日は、かなり改善されてタイムも伸
びた。でも、ちょっとブレーキにトラブルが出てね。でも、原因は分かっている
から、明日はOKだよ。それに、予選とレースは別物だよ。グリッドの廻りが外
人?  去年まで、外国で走ってたから、全然気にならないよ!」
  提供:チームレイトン

全日本F3000

F3000:Rd.7富士スターティンググリッド

*****************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権シリーズ                                *
* Title     : 第7戦富士チャンピオンズレース                                *
* Course    : 富士スピードウェイ                  :4.470     (km)           *
* Date      : 91-08-10                                                      *
* Class     : FIA/JAF F3000 (SANCTIONED)                                    *
*           : Starting Grid                                                 *
*****************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker             Best Time  Session-1  Session-2
-----------------------------------------------------------------------------
1 34   M.マルティニ  DL LOLA T91 MUGEN    01'17.209 *01'17.209  出走せず
2 1    星野 一義      BS LOLA T90 MUGEN    01'17.401 *01'17.401  01'18.763
3 3    片山 右京      BS LOLA T90 DFV      01'17.354 *01'17.354  01'18.331
4 25   R.チーバー    BS REY. 91D MUGEN    01'17.425 *01'17.425  01'18.535
5 12   黒沢 琢弥      BS RALT RT2 MUGEN    01'18.010 *01'18.010  出走せず
6 99   中谷 明彦      BS LOLA T91 MUGEN    01'17.480  01'17.812 *01'17.480
7 9    T.ダニエルソンBS LOLA T91 MUGEN    01'18.015 *01'18.015  出走せず
8 10   V.バイドラー  BS LOLA T91 MUGEN    01'17.550 *01'17.550  01'18.403
9 27   舘  善泰      DL LOLA T90 MUGEN    01'18.101 *01'18.101  01'19.503
10 16   関谷 正徳      BS LOLA T90 MUGEN    01'17.676 *01'17.676  出走せず
11 35   J.クロスノフ  DL LOLA T90 MUGEN    01'18.131  06'56.552 *01'18.131
12 57   P.カルカッシ  DL LOLA T90 MUGEN    01'17.912 *01'17.912  出走せず
13 21   小河  等      BS LOLA T90 MUGEN    01'18.243 *01'18.243  01'19.719
14 5    長谷見昌弘      DL LOLA T91 MUGEN    01'17.945 *01'17.945  01'18.842
15 98   服部 尚貴      BS LOLA T90 MUGEN    01'18.258 *01'18.258  01'18.485
16 11   E.アービン    YH LOLA T90 MUGEN    01'18.126 *01'18.126  01'18.731
17 90   J.ラマース    DL DOME F10 MUGEN    01'18.341  01'18.913 *01'18.341
18 8    松本 恵二      DL DOME F10 MUGEN    01'18.358 *01'18.358  01'19.271
19 20   影山 正彦      BS LOLA T90 MUGEN    01'18.377 *01'18.377  01'19.507
20 24   J.ハーバート  BS RALT RT2 MUGEN    01'18.440 *01'18.440  01'21.023
21 22   太田 哲也      DL LOLA T90 MUGEN    01'18.733 *01'18.733  01'19.418
22 15   田中  実   BS RALT RT2 MUGEN    01'18.607 *01'18.607  01'18.716
23 7    高橋 国光      YH LOLA T91 MUGEN    01'18.735 *01'18.735  01'19.081
24 2    中子  修      BS LOLA T90 MUGEN    01'18.656 *01'18.656  01'19.012
25 37   M.サロ        YH REY. 91D MUGEN    01'18.898 *01'18.898  01'19.365
26 23   古谷 直広      DL LOLA T90 MUGEN    01'18.663  01'19.587 *01'18.663
27 44   金石 勝智      YH LOLA T90 DFV      01'18.912  01'19.686 *01'18.912
28 17   M.S.サーラ  YH LOLA T91 MUGEN    01'18.752  01'19.140 *01'18.752
------------------------------< Not Classified >-----------------------------
29 77   鈴木 利男      YH LOLA T90 DFV      01'19.044 *01'19.044  01'19.814
30 88   和田  久      DL LOLA T90 MUGEN    01'18.883 *01'18.883  01'18.891
31 4    G.リース      DL LOLA T91 JUDD     01'19.355 *01'19.355  01'20.458
32 26   和田 孝夫      YH LOLA T91 MUGEN    01'18.889  01'19.415 *01'18.889
33 31   池谷 勝則      YH LOLA T91 MUGEN    01'19.730  01'20.531 *01'19.730
34 36   福山 英朗      DL LOLA T90 MUGEN    01'19.433  01'20.291 *01'19.433
*****************************************************************************
*                                  TEAM LEYTON KUDO/ARIMATSU                *
    提供:チームレイトン

全日本F3000

F3000:Rd.7富士予選結果(2)

*****************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権シリーズ                                *
* Title     : 第7戦富士チャンピオンズレース                                *
* Course    : 富士スピードウェイ                  :4.470     (km)           *
* Date      : 91-08-10                                                      *
* Weather   : 曇                                                            *
* Condition : ドライ                                                        *
* Class     : FIA/JAF F3000 (SANCTIONED)                                    *
*           : Timed Practice  Groupe-A Session-2                            *
*****************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
-----------------------------------------------------------------------------
1 99   中谷 明彦      BS LOLA T91  MUGEN    01'17.480  207.692   0'00.000
2 10   V.バイドラー  BS LOLA T91  MUGEN    01'18.403  205.247   0'00.923
3 25   R.チーバー    BS REY. 91D  MUGEN    01'18.535  204.902   0'01.055
4 23   古谷 直広      DL LOLA T90  MUGEN    01'18.663  204.569   0'01.183
5 15   田中  実   BS RALT RT23 MUGEN    01'18.716  204.431   0'01.236
6 11   E.アービン    YH LOLA T90  MUGEN    01'18.731  204.392   0'01.251
7 17   M.S.サーラ  YH LOLA T91  MUGEN    01'18.752  204.338   0'01.272
8 1    星野 一義      BS LOLA T90  MUGEN    01'18.763  204.309   0'01.283
9 5    長谷見昌弘      DL LOLA T91  MUGEN    01'18.842  204.104   0'01.362
10 26   和田 孝夫      YH LOLA T91  MUGEN    01'18.889  203.983   0'01.409
11 88   和田  久      DL LOLA T90  MUGEN    01'18.891  203.978   0'01.411
12 2    中子  修      BS LOLA T90  MUGEN    01'19.012  203.665   0'01.532
13 8    松本 恵二      DL DOME F102 MUGEN    01'19.271  203.000   0'01.791
14 36   福山 英朗      DL LOLA T90  MUGEN    01'19.433  202.586   0'01.953
15 24   J.ハーバート  BS RALT RT23 MUGEN    01'21.023  198.610   0'03.543
16 16   関谷 正徳      BS LOLA T90  MUGEN    出走せず
17 57   P.カルカッシ  DL LOLA T90  MUGEN    出走せず
*****************************************************************************
*                                  TEAM LEYTON KUDO/ARIMATSU                *
*****************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権シリーズ                                *
* Title     : 第7戦富士チャンピオンズレース                                *
* Course    : 富士スピードウェイ                  :4.470     (km)           *
* Date      : 91-08-10                                                      *
* Weather   : 曇                                                            *
* Condition : ドライ                                                        *
* Class     : FIA/JAF F3000 (SANCTIONED)                                    *
*           : Timed Practice  Groupe-B Session-2                            *
*****************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
-----------------------------------------------------------------------------
1 35   J.クロスノフ  DL LOLA T90  MUGEN    01'18.131  205.962   0'00.000
2 3    片山 右京      BS LOLA T90  DFV      01'18.331  205.436   0'00.200
3 90   J.ラマース    DL DOME F102 MUGEN    01'18.341  205.410   0'00.210
4 98   服部 尚貴      BS LOLA T90  MUGEN    01'18.485  205.033   0'00.354
5 44   金石 勝智      YH LOLA T90  DFV      01'18.912  203.923   0'00.781
6 7    高橋 国光      YH LOLA T91  MUGEN    01'19.081  203.488   0'00.950
7 37   M.サロ        YH REY. 91D  MUGEN    01'19.365  202.759   0'01.234
8 22   太田 哲也      DL LOLA T90  MUGEN    01'19.418  202.624   0'01.287
9 27   舘  善泰      DL LOLA T90  MUGEN    01'19.503  202.407   0'01.372
10 20   影山 正彦      BS LOLA T90  MUGEN    01'19.507  202.397   0'01.376
11 21   小河  等      BS LOLA T90  MUGEN    01'19.719  201.859   0'01.588
12 31   池谷 勝則      YH LOLA T91  MUGEN    01'19.730  201.831   0'01.599
13 77   鈴木 利男      YH LOLA T90  DFV      01'19.814  201.619   0'01.683
14 4    G.リース      DL LOLA T91  JUDD     01'20.458  200.005   0'02.327
15 9    T.ダニエルソンBS LOLA T91  MUGEN    出走せず
16 12   黒沢 琢弥      BS RALT RT23 MUGEN    出走せず
17 34   M.マルティニ  DL LOLA T91  MUGEN    出走せず
*****************************************************************************
*                                  TEAM LEYTON KUDO/ARIMATSU                *
    提供:チームレイトン

全日本F3000

F3000:Rd.7富士予選結果(1)

*****************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権シリーズ                                *
* Title     : 第7戦富士チャンピオンズレース                                *
* Course    : 富士スピードウェイ                  :4.470     (km)           *
* Date      : 91-08-10                                                      *
* Weather   : 曇                                                            *
* Condition : ドライ                                                        *
* Class     : FIA/JAF F3000 (SANCTIONED)                                    *
*           : Timed Practice  Groupe-A Session-1                            *
*****************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
-----------------------------------------------------------------------------
1 1    星野 一義      BS LOLA T90  MUGEN    01'17.401  207.904   0'00.000
2 25   R.チーバー    BS REY. 91D  MUGEN    01'17.425  207.840   0'00.024
3 10   V.バイドラー  BS LOLA T91  MUGEN    01'17.550  207.505   0'00.149
4 16   関谷 正徳      BS LOLA T90  MUGEN    01'17.676  207.168   0'00.275
5 99   中谷 明彦      BS LOLA T91  MUGEN    01'17.812  206.806   0'00.411
6 57   P.カルカッシ  DL LOLA T90  MUGEN    01'17.912  206.541   0'00.511
7 5    長谷見昌弘      DL LOLA T91  MUGEN    01'17.945  206.453   0'00.544
8 11   E.アービン    YH LOLA T90  MUGEN    01'18.126  205.975   0'00.725
9 8    松本 恵二      DL DOME F102 MUGEN    01'18.358  205.365   0'00.957
10 24   J.ハーバート  BS RALT RT23 MUGEN    01'18.440  205.150   0'01.039
11 15   田中  実   BS RALT RT23 MUGEN    01'18.607  204.715   0'01.206
12 2    中子  修      BS LOLA T90  MUGEN    01'18.656  204.587   0'01.255
13 88   和田  久      DL LOLA T90  MUGEN    01'18.883  203.998   0'01.482
14 17   M.S.サーラ  YH LOLA T91  MUGEN    01'19.140  203.336   0'01.739
15 26   和田 孝夫      YH LOLA T91  MUGEN    01'19.415  202.632   0'02.014
16 23   古谷 直広      DL LOLA T90  MUGEN    01'19.587  202.194   0'02.186
17 36   福山 英朗      DL LOLA T90  MUGEN    01'20.291  200.421   0'02.890
*****************************************************************************
*****************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権シリーズ                                *
* Title     : 第7戦富士チャンピオンズレース                                *
* Course    : 富士スピードウェイ                  :4.470     (km)           *
* Date      : 91-08-10                                                      *
* Weather   : 曇                                                            *
* Condition : ドライ                                                        *
* Class     : FIA/JAF F3000 (SANCTIONED)                                    *
*           : Timed Practice  Groupe-B Session-1                            *
*****************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
-----------------------------------------------------------------------------
1 34   M.マルティニ  DL LOLA T91  MUGEN    01'17.209  208.421   0'00.000
2 3    片山 右京      BS LOLA T90  DFV      01'17.354  208.031   0'00.145
3 12   黒沢 琢弥      BS RALT RT23 MUGEN    01'18.010  206.281   0'00.801
4 9    T.ダニエルソンBS LOLA T91  MUGEN    01'18.015  206.268   0'00.806
5 27   舘  善泰      DL LOLA T90  MUGEN    01'18.101  206.041   0'00.892
6 21   小河  等      BS LOLA T90  MUGEN    01'18.243  205.667   0'01.034
7 98   服部 尚貴      BS LOLA T90  MUGEN    01'18.258  205.628   0'01.049
8 20   影山 正彦      BS LOLA T90  MUGEN    01'18.377  205.315   0'01.168
9 22   太田 哲也      DL LOLA T90  MUGEN    01'18.733  204.387   0'01.524
10 7    高橋 国光      YH LOLA T91  MUGEN    01'18.735  204.382   0'01.526
11 37   M.サロ        YH LOLA T91  MUGEN    01'18.898  203.960   0'01.689
12 90   J.ラマース    DL DOME F102 MUGEN    01'18.913  203.921   0'01.704
13 77   鈴木 利男      YH LOLA T90  DFV      01'19.044  203.583   0'01.835
14 4    G.リース      DL LOLA T91  JUDD     01'19.355  202.785   0'02.146
15 44   金石 勝智      YH LOLA T90  DFV      01'19.686  201.943   0'02.477
16 31   池谷 勝則      YH LOLA T91  MUGEN    01'20.531  199.824   0'03.322
17 35   J.クロスノフ  DL LOLA T90  MUGEN    06'56.552   38.631   5'39.343
*****************************************************************************
*                                  TEAM LEYTON KUDO/ARIMATSU                *
提供:チームレイトン

全日本F3000

F3000:Rd.6富士フリー走行タイム(B-2)

******************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権シリーズ                                 *
* Title     : 第7戦富士チャンピオンズレース                                 *
* Course    : 富士スピードウェイ                  :4.470     (km)            *
* Date      : 91-08-09                                                       *
* Weather   : 曇                                                             *
* Condition : ドライ                                                         *
* Class     : FIA/JAF F3000 (SANCTIONED)                                     *
*           : Free Practice   Groupe-B Session-2                             *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 3    片山 右京      BS LOLA T90  DFV      01'17.520  207.585   0'00.000
2 34   M.マルティニ   DL LOLA T91  MUGEN    01'17.580  207.425   0'00.060
3 9    T.ダニエルソン BS LOLA T91  MUGEN    01'17.660  207.211   0'00.140
4 12   黒沢 琢弥      BS RALT RT23 MUGEN    01'17.970  206.387   0'00.450
5 21   小河  等      BS LOLA T90  MUGEN    01'18.090  206.070   0'00.570
6 90   J.ラマース     DL DOME F102 MUGEN    01'18.230  205.701   0'00.710
7 98   服部 尚貴      BS LOLA T90  MUGEN    01'18.400  205.255   0'00.880
8 35   J.クロスノフ   DL LOLA T90  MUGEN    01'18.410  205.229   0'00.890
9 77   鈴木 利男      YH LOLA T90  DFV      01'18.590  204.759   0'01.070
10 27   舘  善泰      DL LOLA T90  MUGEN    01'18.720  204.421   0'01.200
11 37   M.サロ         YH LOLA T91  MUGEN    01'18.820  204.161   0'01.300
12 20   影山 正彦      BS LOLA T90  MUGEN    01'18.880  204.006   0'01.360
13 44   金石 勝智      YH LOLA T90  DFV      01'18.880  204.006   0'01.360
14 22   太田 哲也      DL LOLA T90  MUGEN    01'19.160  203.284   0'01.640
15 7    高橋 国光      YH LOLA T91  MUGEN    01'19.320  202.874   0'01.800
16 31   池谷 勝則      YH LOLA T91  MUGEN    01'19.610  202.135   0'02.090
17 4    G.リース       DL LOLA T91  JUDD     01'24.350  190.777   0'06.830
******************************************************************************
*                                  TEAM LEYTON KUDO/ARIMATSU                 *
  提供:チームレイトン

全日本F3000

F3000:Rd.6富士フリー走行タイム(A-2)

******************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権シリーズ                                 *
* Title     : 第7戦富士チャンピオンズレース                                 *
* Course    : 富士スピードウェイ                  :4.470     (km)            *
* Date      : 91-08-09                                                       *
* Weather   : 曇                                                             *
* Condition : ドライ                                                         *
* Class     : FIA/JAF F3000 (SANCTIONED)                                     *
*           : Free Practice   Groupe-A Session-2                             *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 1    星野 一義      BS LOLA T90  MUGEN    01'17.400  207.907   0'00.000
2 99   中谷 明彦      BS LOLA T91  MUGEN    01'17.500  207.639   0'00.100
3 10   V.バイドラー   BS LOLA T91  MUGEN    01'17.700  207.104   0'00.300
4 16   関谷 正徳      BS LOLA T90  MUGEN    01'17.850  206.705   0'00.450
5 8    松本 恵二      DL DOME F102 MUGEN    01'17.870  206.652   0'00.470
6 11   E.アービン     YH LOLA T90  MUGEN    01'18.040  206.202   0'00.640
7 57   P.カルカッシ   DL LOLA T90  MUGEN    01'18.160  205.885   0'00.760
8 5    長谷見昌弘      DL LOLA T91  MUGEN    01'18.250  205.649   0'00.850
9 24   J.ハーバート   BS RALT RT23 MUGEN    01'18.540  204.889   0'01.140
10 25   R.チーバー     BS REY. 91D  MUGEN    01'18.600  204.733   0'01.200
11 17   M.S.サーラ    YH LOLA T91  MUGEN    01'18.680  204.525   0'01.280
12 26   和田 孝夫      YH LOLA T91  MUGEN    01'18.830  204.135   0'01.430
13 2    中子  修      BS LOLA T90  MUGEN    01'18.880  204.006   0'01.480
14 23   古谷 直広      DL LOLA T90  MUGEN    01'18.940  203.851   0'01.540
15 88   和田  久      DL LOLA T90  MUGEN    01'19.070  203.516   0'01.670
16 15   田中  実   BS RALT RT23 MUGEN    01'19.640  202.059   0'02.240
17 36   福山 英朗      DL LOLA T90  MUGEN    01'19.920  201.351   0'02.520
******************************************************************************
*                                  TEAM LEYTON KUDO/ARIMATSU                 *
  提供:チームレイトン

全日本F3000

F3000:Rd.6富士フリー走行タイム(B-1)

******************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権シリーズ                                 *
* Title     : 第7戦富士チャンピオンズレース                                 *
* Course    : 富士スピードウェイ                  :4.470     (km)            *
* Date      : 91-08-09                                                       *
* Weather   : 晴                                                             *
* Condition : ドライ                                                         *
* Class     : FIA/JAF F3000 (SANCTIONED)                                     *
*           : Free Practice   Groupe-B Session-1                             *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 34   M.マルティニ   DL LOLA T91  MUGEN    01'18.630  204.655   0'00.000
2 31   池谷 勝則      YH LOLA T91  MUGEN    01'18.940  203.851   0'00.310
3 21   小河  等      BS LOLA T90  MUGEN    01'19.170  203.259   0'00.540
4 5    長谷見昌弘      DL LOLA T91  MUGEN    01'19.500  202.415   0'00.870
5 9    T.ダニエルソン BS LOLA T91  MUGEN    01'19.540  202.313   0'00.910
6 3    片山 右京      BS LOLA T90  DFV      01'19.560  202.262   0'00.930
7 37   M.サロ         YH LOLA T91  MUGEN    01'19.810  201.629   0'01.180
8 98   服部 尚貴      BS LOLA T90  MUGEN    01'20.070  200.974   0'01.440
9 12   黒沢 琢弥      BS RALT RT23 MUGEN    01'20.260  200.498   0'01.630
10 7    高橋 国光      YH LOLA T91  MUGEN    01'20.260  200.498   0'01.630
11 35   J.クロスノフ   DL LOLA T90  MUGEN    01'20.380  200.199   0'01.750
12 20   影山 正彦      BS LOLA T90  MUGEN    01'20.400  200.149   0'01.770
13 77   鈴木 利男      YH LOLA T90  DFV      01'20.430  200.075   0'01.800
14 27   舘  善泰      DL LOLA T90  MUGEN    01'20.440  200.050   0'01.810
15 90   J.ラマース     DL DOME F102 MUGEN    01'20.540  199.801   0'01.910
16 22   太田 哲也      DL LOLA T90  MUGEN    01'21.060  198.520   0'02.430
17 4    G.リース       DL LOLA T91  JUDD     01'21.220  198.129   0'02.590
18 44   金石 勝智      YH LOLA T90  DFV      01'21.910  196.460   0'03.280
------------------------------------------------------------------------------
・ ゼッケン4:G.リースは、今回から公式戦にJUDDエンジンを投入しました。                  ・
******************************************************************************
*                                  TEAM LEYTON KUDO/ARIMATSU                 *
  提供:チームレイトン

全日本F3000

F3000:Rd.7富士フリー走行タイム(A-1)

******************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権シリーズ                                 *
* Title     : 第7戦富士チャンピオンズレース                                 *
* Course    : 富士スピードウェイ                  :4.470     (km)            *
* Date      : 91-08-09                                                       *
* Weather   : 晴                                                             *
* Condition : ドライ                                                         *
* Class     : FIA/JAF F3000 (SANCTIONED)                                     *
*           : Free Practice   Groupe-A Session-1                             *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 1    星野 一義      BS LOLA T90  MUGEN    01'18.130  205.964   0'00.000
2 11   E.アービン     YH LOLA T90  MUGEN    01'20.120  200.849   0'01.990
3 23   古谷 直広      DL LOLA T90  MUGEN    01'20.200  200.648   0'02.070
4 26   和田 孝夫      YH LOLA T91  MUGEN    01'20.210  200.623   0'02.080
5 16   関谷 正徳      BS LOLA T90  MUGEN    01'20.230  200.573   0'02.100
6 10   V.バイドラー   BS LOLA T91  MUGEN    01'20.270  200.473   0'02.140
7 8    松本 恵二      DL DOME F102 MUGEN    01'20.370  200.224   0'02.240
8 99   中谷 明彦      BS LOLA T91  MUGEN    01'20.700  199.405   0'02.570
9 57   P.カルカッシ   DL LOLA T90  MUGEN    01'20.770  199.232   0'02.640
10 15   田中  実   BS RALT RT23 MUGEN    01'20.840  199.060   0'02.710
11 25   R.チーバー     BS REY. 91D  MUGEN    01'20.910  198.888   0'02.780
12 24   J.ハーバート   BS RALT RT23 MUGEN    01'20.980  198.716   0'02.850
13 17   M.S.サーラ    YH LOLA T91  MUGEN    01'21.520  197.399   0'03.390
14 2    中子  修      BS LOLA T90  MUGEN    01'21.790  196.748   0'03.660
15 36   福山 英朗      DL LOLA T90  MUGEN    01'22.360  195.386   0'04.230
------------------------------------------------------------------------------
・ ゼッケン6:M.シューマッハは、出走を取り消しました。                                  ・
******************************************************************************
*                                  TEAM LEYTON KUDO/ARIMATSU                 *
  提供:チームレイトン

検索

最新ニュース