Archives

  • [—]2020 (45)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

2019年12月

S-FJ日本一決定戦

SFJ:日本一決定戦鈴鹿 坪松代表「やり切った、未練はない」 ル・ボーセ最終レース密着

 2019年のスーパーFJの総決算、日本一決定戦が三重県鈴鹿サーキットで開催された。今年限りで活動終了するル・ボーセモータースポーツにとっては最後のレースとなるこの戦いに、もてぎシリーズのチャンピオン62号車岩澤優吾、2位の63号車伊東黎明、6位の64号車岸本尚将の3名を擁して挑んだ。

 各地区の上位選手を相手にアウェイとなる鈴鹿で迎えるチーム最後の戦い。坪松代表は普段通りの気持ちで戦う事で各選手が本来の実力を発揮する事を期待していると言った。

●予選日(12月7日)

 スーパーFJ日本一決定戦は、出場47台を24台のAグループと23台のBグループに分け、それぞれ予選20分間~レース第1レグをグループ別に実施、第1レグの結果で決勝のグリッドが決定される。

<予選Aグループ>

 午前8時開始の予選では早朝から冷え込んだコースの路面温度はかなり低く、#62伊東、#64岸本共に開始直後からコースイン、各車ウォームアップの為に激しくウェービングをくり返す。その中で伊東は他車と交錯してコースアウトしそうになりピットに緊張が走るが立て直して事なきを得る。

 ピットでは「落ち着いて行け」という声が上がる中2周目は11番手、そこからペースを上げ、3周目にタイミングモニターの先頭に出ると、以降毎ラップタイムを削り続け最後までトップを譲らず、最終9周めに2分14秒328と2位#38岡本を0.648秒も引き離すタイムを叩き出し第1レグのポールポジションを獲得した。

 岸本は3周目に14番手につけると徐々にタイムアップするが周囲も同様にタイムを縮めていく中で順位は中段で推移する。それでも最終周に2分16秒609のベストタイムを出し12位までポジションアップした。

<予選Bグループ>

 Aグループより気温は上がったが引き続き路面温度は低いままで、各車タイヤの発動に苦労する状況。#63岩澤も同様でコースイン直後にデグナーでコースアウトし最後尾で復帰、そこから徐々にペースを取り戻していく。

 残り11分の段階で6番手まで進出し上位陣のタイムアップにも追随していくものの、順位アップには至らず最終9周目の2分16秒508で7位に終わった。

 BグループトップはSRSスカラシップを獲得した#11岩佐で2分14秒712。

予選後コメント

Aグループトップタイムの#62伊東黎明選手
 「夏にここで練習した際にはあまり良いタイムが出せなかったが、今日は狙い通りのタイムが出せた。チームの最後のレースでもあり集大成として良い結果を出し恩返ししたい」
坪松代表

・予選結果について

 「伊東は鈴鹿でのレースが初めてだが、昨日の練習走行で見えていた目標タイムをきちんと出せた。Aグループには速い選手が集まっていただけに、その中で2位に大差をつけてポールを取った事は非常に価値がある」

 「岸本は今日の予選で初めてニュータイヤを使ったので慣れの部分でハンデがあったが、ミスなく徐々にタイムを上げて行けた点を評価したい」

 「岩澤はデグナーで飛び出したがその後落ち着いて問題なくタイムアップを果たした。ただ昨日の練習では伊東とコンマ5秒差だったものがそこまで詰められなかった点について見直しが必要だ」

・レース1に向けて

 「マシンについて問題はないので、午後の温度に合わせてタイヤの内圧をきちんと管理し、ベストな状態で送り出す。僅か6周のスプリントレースだがきちんと戦い方を組み立てて挑む」

<第1レグAグループ 6LAP>

 午後になっても曇天で気温はあまり上がらず14時50分に第1レグAグループのフォーメーション開始。グリッドで受けた坪松代表からのアドバイスが奏功したか伊東はスタートダッシュよくトップで第1コーナーへ飛び込み首位をキープ。その時ル・ボーセのピットではモニターを凝視していたクルーから「よし!」と声がかかる。

 一方岸本はスタートの混戦の中でコースアウト、クラッシュバリアに接触したが大きなダメージはなくレース復帰、最下位から追い上げを開始する。

 伊東はそのままトップを維持、序盤から上位3台がファステストタイムを出し合いながら逃げる展開。途中4周目に伊東がミスするシーンもあり2位#38岡本に追い上げられたがそのままトップを守り0.573秒差で1レグ優勝を飾った。

 岸本は最下位から徐々に順位を挽回し19位フィニッシュ。

坪松代表
「伊東はスタートよく抜け出し逃げ切ったが、途中何か所かミスがあり盤石とは言えなかった」

<第1レグBグループ 6LAP>

 15時30分にフォーメーション開始したBグループ、7番クリッドの岩澤に坪松代表が与えたアドバイスは「とにかく早くタイヤに熱を入れてグリップを引き出しスタートダッシュを決めて、序盤から追い上げろ」というものだった。

 岩澤はアドバイス通りスタートダッシュを決め1コーナーで6位に上がり、西コースで更に5位までポジションアップし1周目を終える。

 トップグループから2.5秒~3.5秒の差で追い上げる岩澤は5周目のバックストレートで4位#18西村に追いつき130Rでインを差し、そのままシケインから最終コーナーまでサイド・バイ・サイドを繰り広げ、ピットでは「行けー!」と声が上がる。その声に乗って岩澤はファイナルラップの1コーナーでオーバーテイク、4位に上がりそのままフィニッシュ。

坪松代表
 「岩澤は戦略通りスタートダッシュを決めて2台を抜き、しっかりレースを組み立てて終盤にも順位を上げた。バトルに強い彼の良さが出たレースだった」

●決勝日(12月8日)

 前日とは打って変わって快晴となり、朝の気温は低いものの、スーパーFJ日本一決定戦が行われる午後には気温の上昇が予報されている。

 ル・ボーセのピットでは3台のマシンに入念な点検が施されている。前日の第1レグでバリアに接触した#64号車については遅くまでかけてアライメントの再確認を実施。また#63号車は#62号車との間のタイム差をかんがみセッティングの調整を施したという。

坪松代表

 「昨日と比べて気温がかなり高くなるので、タイヤの内圧を調整する必要がある。気温が低い方がドライバーの腕の差が出るのでウチとしては寒い方が有難かったがこればかりは仕方ない。気温が上がると混戦になるので序盤の戦い方がカギになる。1周目がドライバーの見せ場だ」

・タイヤの内圧管理について

 「タイヤの内圧管理はマシンの性能に直結するのでウチは特にシビアに管理している。序盤終盤という合わせ込みでなくレース全体を通じて良いコンディションでタイヤを使い切る様な内圧管理を行っている」

・レースの展望

 「選手は皆リラックスして良い雰囲気でレースに臨める。伊東はポールポジションンから一気にダッシュして逃げ切る展開を期待するし、岩澤には追い上げて欲しい。各ドライバーはこのレースで結果を出して自分たちの立ち位置をしっかり見出す事ができれば、今後の活動の助けになるだろう」

・ル・ボーセの番号「62」の由来について

 「唯一無二、から取った番号で会社設立の時から使っている。今後レースの世界を離れてもル・ボーセの名前は使い続けたい」

<決勝 10LAP>

 快晴の鈴鹿サーキットに47台のスーパーFJが整列する。ル・ボーセの最後のレースとなるがクルーもドライバーも粛々と準備を行い、坪松代表が言う「普段通りのレースをする」姿がクリッド上にあった。

 前日の第1レグの結果から、優勝タイムの早かったAグループがグリッド奇数列となりA組トップの#62伊東がポールポジション、B組4位の#63岩澤が4列目8番グリッド、A組19位の#64岸本が19列目37番グリッドからのスタートとなる。

 フォーメーションラップ開始前、坪松代表はグリッド上の各マシンの元に行きひと言二言言葉を交わすとがっちりと握手しレースに送り出した。

 13時35分フォーメーション開始、クルーがピットに戻りモニターを見守る中、ポールスタートの伊東のスタートは蹴り出しがやや弱く、一気に4番手までドロップする。坪松代表が身じろぎもせず戦況を見つめる中、伊東を含むトップグループがストレートに戻る頃に130Rで中団グループの3台が絡むマルチクラッシュが発生。早々にセーフティカーランとなり、更に赤旗が提示されレース中断。ストレートに整列後再開になるが、この際になんとトップだった#38岡本がトラブルでグリッドまで戻れずにリタイヤ。2位以降が順位を繰り上げる事になる。

 これで伊東は3番手、岩澤は8番手、混乱に乗じて順位を上げていた岸本が32位からレース再開となる。

 赤旗中段明けは5周目からSC先導によるローリングスタート。ル・ボーセの各ドライバーはあまりローリングスタートの経験がないそうで、再スタートに向けてピットでは緊張が高まる。

 SCランが130Rへと差し掛かる辺りでトップ#11岩佐はペースを上げ後方集団を離しにかかるが、2位の#59元嶋はこれに対応できず遅れを取り、伊東が元嶋に引っ掛かる恰好になりピットではクルーが声を上げる。ギャップを拡げてトップ岩佐がコントロールラインを通過し、追う伊東は2位元嶋に並びかけて1コーナーへと飛び込みオーバーテイクが成功したかに見えたが、2コーナーでスピンからコースアウト! 順位を12位まで落とした。

 混戦に強い岩澤は順位をひとつ上げて7位で5周目を終えトップとは6秒差につけるが上位グループの壁に阻まれこれ以上のポジションアップはできず。一方伊東は徐々に順位を上げ、6周目10位、7周目9位、8周目8位と挽回し岩澤の背後まで迫ったが10周のレースはここでフィニッシュ。

 岩澤7位、伊東8位、岸本は37番グリッドから26位まで順位を上げ、ル・ボーセの最後のレースは終わった。

<レース後>

フィニッシュ直後の坪松代表

 「これもレースのうちです。レースでは数多くの負けと数少ない勝ちを経験している。今日のレースもそんな一つです。今日は負けましたが今年一年を振り返ればスーパーFJはもてぎで4勝し、S耐でも2勝を上げる事ができた。みんな頑張って、悪い年ではなかったと思う」

 「今までシーズンを終えればすぐ次のシーズンに向けて活動を開始した訳だが、今回は自分は来年を考えなくてもいいので気持ちは楽だ。自分自身はレース界での仕事をやり切ったという思いで今は何も未練はない」

・リスタート後の伊東選手のスピンについて

 「2番手の選手がSCランからのローリングスタートに不慣れだったのか、トップを追うよりより後ろの伊東を押さえる事ばかり意識していたように見える。その為トップは130R前から加速を始めたのについて行けなかった。伊東は早く2番手を仕留めないとトップが離れてしまうので、ストレートで仕掛けて相手がアウトに振る様に仕向けて自分はインを取って1コーナーで前に出たが2コーナーで回ってしまった。焦りがあったのだと思う」

 車両保管所からドライバーが戻ってくると、伊東も岩澤も押し黙り、悔しさを隠し切れない様子だった。その彼らに坪松代表はひと言だけ「来年がんばれ」と声をかけた。

 「終わったレースについて何も言う事はない。彼らには、この悔しさを自分たちの成長の糧にして来年取り返して欲しい」

 こうして数々の有力選手を輩出したル・ボーセモータースポーツの31年の活動は終わりを告げた。坪松代表は最後にこう付け加えた。

 「でも勝ちたかったなぁ。日本一取りたかった」

Text: Junichi SEKINE
Photo: Motorsports Forum

S-FJ日本一決定戦

SFJ:日本一決定戦鈴鹿 最後のスーパーFJ日本一決定戦でゼッケン62がポールを獲得 ファイナルは岩澤が7位、伊東が8位、岸本が26位に (Le Beausset)

 ル・ボーセモータースポーツが参戦するカテゴリーのひとつであり、原点でもあるスーパーFJの日本一決定戦が12月7日(土)~8日(日)に鈴鹿サーキット(三重県)で開催された。ドライバー3人にとっては今季集大成のレースであり、またチームにとっては正真正銘、これがラストレース。全力を尽くしての戦いが大いに期待された。

予選 12月7日(土)天候/曇り コース状況/ドライ

 鈴鹿サーキットとツインリンクもてぎで隔年開催される、スーパーFJ日本一決定戦の今年の舞台は鈴鹿サーキット。ドライバーの明日をも決める一戦に挑んだのは、もてぎシリーズを戦っていた、チャンピオンの岩澤優吾と伊東黎明、岸本尚将の3人。事前にもテストは行なっていたが、レースウィークの練習走行は金曜日に20分の走行枠が2本だけという、アウエイのドライバーには極めて不利な状況の中、一際光る走りを見せていたのが伊東。

 一躍、優勝候補のひとりに数えられるようになった伊東は、2グループに分けられた予選においてAグループで早々とトップに立って、周回ごとにタイムを更新し続け、最後は2分14秒328をマーク。並み居るチャンピオンたちを従えポールポジションを獲得。そして岸本は2分16秒609で12番手。Bグループで走行の岩澤は途中伸び悩んだものの、ラストアタックを決めて2分16秒508を記録してグループ7番手につけた。

第1レグ 12月7日(土)天候/曇り コース状況/ドライ

 Aグループのポールポジションから第1レグに挑んだ伊東は、しっかりスタートを決めてオープニングの1周だけで後続を1秒離して戻ってくる。終盤には一台の急接近を許すも、プレッシャーに屈することなく逃げ切りを果たすこととなった。

 一方、岸本は1周目の130Rで並走した車両がコントロールを失い、接触は回避したものの、ほぼ最後尾まで後退してしまう。それでも20番手にまで挽回し、さらに上位のペナルティで19位となった。

 Bグループ7番手から岩澤は、スタートでまず1台を、そしてヘアピンで1台をかわして、早々に5番手にジャンプアップ。その後も激しくバトルを重ね、最終ラップの1コーナーでオーバーテイクを果たして4位でフィニッシュすることとなった。なお、アベレージではAグループトップの伊東がBグループのトップを上回ったため、伊東が決勝となるファイナルのポールポジションを獲得し、岩澤は4列目・8番手から、そして岸本は19列目・37番手からのスタートとなった。

ファイナル 12月8日(日)天候/晴れ コース状況/ドライ

 それまでどんよりとした天気、低い温度の中での走行だったレースウィークながら、ファイナルの行われる日曜日は、一転してさわやかな青空に恵まれることとなった。スーパーFJ日本一決定戦史上最多となる、47台ものマシンを並べたグリッドは、まさに壮観の一言。その最前列につけたのはル・ボーセモータースポーツのエースナンバー62、ラストレースを締めるには最高のシチュエーションになっていた。

 注目のスタートで伊東は、4番手に後退してしまったものの、オープニングラップのバックストレート、130Rでクラッシュが発生したこともあり、SCが入った後、赤旗が出されてレースは中断。再開されてSC先導からのリスタートを決めた伊東は、1コーナーで一気に2番手に浮上した。ところが、続く2コーナーでオーバースピードとなり痛恨のスピンを喫して12番手に。

 一方、岩澤はまずはポジションキープからレースを開始し、その後の伊東の後退もあって、バトルを繰り返しつつ7番手につける。そこに迫ってきたのが伊東だった。周回を重ねるごと順位を上げてきた伊東は、9周目には8番手につけ、最終ラップは岩澤の真後ろに。逆転するまでには至らなかったが、ポールシッターとしての意地を見せつけ、伊東は8位、岩澤が7位という結果でレースを終えることとなった。

 そして岸本はオープニングラップのうちに5ポジションアップを果たし、その後も1台また1台と攻略し続けていき、最後は26位でゴール。11台抜きとあってジャンプアップ賞の期待もかかったが、それにはあと一歩及ばなかった。

 これにて2019年のレースは、すべて終了。そしてル・ボーセモータースポーツとして、31年間に及んだレース活動にも幕が閉じられることとなった。残念ながら有終の美を飾ることはできなかったものの、全力を尽くせたことで悔いはない。ドライバー3人はいずれも活動継続を望んでおり、新天地でのより一層の活躍を期待したい。

チーム監督 坪松唯夫(Tadao Tsubomatsu)COMMENT
 今シーズン茂木で戦ってきた3人がアウエイの地でどこまで通用するか楽しみであった。その中でも伊東と岩澤は少ない練習走行でも順調な滑り出しで地元勢を圧倒する走りをみせてくれた。岸本もほぼぶっつけ本番のレースウィークだったが苦しみながらも徐々にタイムをあげてくれた。その中でも伊東は練習、予選、第1レグまでは全てトップという状況だったが、最後のワンミスに泣かされた。将来のある3人には、これからも切磋琢磨して成長していって欲しい。これでル・ボーセモータースポーツの全レースが終了しました。31年間どうもありがとうございました。
Driver 伊東黎明(Reimei Ito)COMMENT
 第1レグまでは完璧でした。カート時代から寒い時期が、特にタイヤが十分に温まっていない時の速さには自信がありました。なのにファイナルはスタートでタイヤが食ってしまい出遅れて、その後の赤旗からのリスタート後は、うまく決めたと思った直後にスピンしてしまいました。その後、気持ちを切り替えて、できる限り順位を上げようと。最後にチームメイト同士のバトルには勝ちたかったのですが、あと一歩及びませんでした。来年は何かしらのカテゴリーで、目標はFIA-F4ですけど、出たらしっかり頑張りたいと思います。
Driver 岩澤優吾(Yugo Iwasawa)COMMENT
 第1レグ、ファイナルとも順位を上げることはできたのですが、レースウィークの初めからリズムに乗りきれず、ペースも上がらなかったという印象です。バランスが悪くて苦しんでいたのですが、そこを少し気にし過ぎていたのは、僕のメンタルの弱さだと思います。全体的に振り返ると、自信を持ってレースウィークに臨めなかったことがダメだった理由でした。今年はもてぎでチャンピオンが獲れたからには、来年はFIA-F4に上がりたいので、このオフ、しっかり頑張ろうと思います。
Driver 岸本尚将(Naomasa Kishimoto)COMMENT
 第1レグで大きく順位を落としてしまったので、ファイナルは前しか見ずに走ったのですけど、1周目は絶対クラッシュがあると思っていたので、あまり無理をせず。やはりクラッシュあって、それで順位を上げられて。SCで再スタート後は攻めていって、ヘアピンが僕は速かったので、スプーンで何度も抜くことができました。ただ、最初に攻め過ぎたせいでリヤタイヤが厳しくなって、もうちょっと考えて走れば、もっと行けたように思います。来年はもう一度スーパーFJを、出られるならば鈴鹿で戦ってみたいと思います。
Le Beausset Motorsprots

TOYOTA GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race

Vitz:グランドファイナル富士 大井選手がヴィッツで集大成 (AVANTECH)

  • Netz Cup Vitz Race 2019 Grand Final
  • エントリー名:AVANTECH artoNC Vitz
  • チーム代表:高崎保浩
  • チーム監督:長屋宏和
  • チーフメカニック:永原達也
  • ドライバー:#456大井偉史
  • カメラマン:川上浩之カメラマン

■大井選手がヴィッツの集大成を

 大井選手が、2年間のヴィッツレースで学んだことを発揮する場として、11/23富士スピードウェイで開催されたヴィッツグランドファイナルに参戦しました。

 大井選手は、FIA-F4にて富士での走行経験が多くあり、ナレッジレベルの高い状態でレースウィークを迎えました。スリック・レイン共にフィーリングが良く、予備予選での濡れた路面でも、2番手タイムと上位を狙える手応えがありました。

 周回ごとに変わる路面状況が変わっていく予選と決勝に対応出来ず、予選23番手、決勝16位と悔しい結果となりました。

 スタート前に、1周目で順位を上げるイメージを持って走ることを伝え、1周目に3台をパスしたところまでは良かったのですが、その後は、防戦一方となり常にプレッシャーがかかるレース展開でした。

 何が間違っていたのか? 何を修正すれば良かったのか? 答えが見つからないままレースを終え、今でもモヤモヤを引きずっています。早く解決させたいです!

 2019年の大井選手は、走りとともに言動を含めた人間力の成長を感じる1年でした。今後の更なる飛躍が楽しみな選手です。

■三澤選手がルーキオブザイヤー獲得

 1年目の三澤選手がGAZOO RACING様より、関西シリーズルーキオブザイヤーをいただきました。まだまだ足りていないことばかりですが、チームの外からも評価をいただけたことが、非常に嬉しく、ご理解、ご協力いただきましたすべての皆様のお力添えの賜物だと思っています。本当にありがとうございました。

■2020年はフレッシュなドライバーが

 2020年は、AVANTECH初年度のように、一年生を一から育成します。序盤は結果が出ないかもしれませんが、シーズン後半にはドライバーとして面白い存在になるように育てたいと思います。今後とも、応援、宜しくお願い致します。

Download (PDF, 649KB)

AVANTECH Racing Team

SUPER FORMULA

SF:公式&ルーキードライバーテスト鈴鹿 総合で福住仁嶺がトップタイム ルーキー大湯都史樹も驚速をアピール

 全日本スーパーフォーミュラ選手権を運営する日本レースプロモーション(JRP)は5日、6日の2日間にかけて、三重県の鈴鹿サーキットで公式テスト&ルーキードライバーテストを行った。総合では福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が1分35秒190でトップに付けた。

 ルーキーとしてテストに参加したのはサッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)、片山義章(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)、シャルル・ミレッシ(B-Max Racing with motopark/ThreeBond Drago CORSE)、宮田莉朋(VANTELIN TEAM TOM’S)、大津弘樹(TCS NAKAJIMA RACING)、大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)の6人。このうち片山とミレッシは昨年、大津は一昨年のルーキーテストに参加しており、実質スーパーフォーミュラ初ドライブはフェネストラズ、宮田、大湯の3人である。

 テストは5日と6日、それぞれ午前、午後の2セッションの計4セッションが行われた。

 5日、午前1回目のテストは快晴の下行われた。トップタイムは山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)で1分36秒900。今季最終戦に出場したユーリ・ビップス(TEAM MUGEN)もいきなり2位に付けた。ルーキーでは大津弘樹(TCS NAKAJIMA RACING)が4位に入り存在感を示した。

 午後は午前からさらにタイムアップ。午前2位だったビップスが1分36秒215でトップタイムを記録した。前評判どおりの実力を発揮し、参戦するとなれば脅威になるだろう。2位には福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が付け、ルーキーではサッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)が5位に食い込んだ。

 翌6日も午前中はドライコンディションで行われた。ここでは前日2位の福住が1分35秒190と非公式ながらコースレコードを大幅に上回る驚異的なタイムでトップに立つ。2位と3位は僅差で山本とビップスが付け、さらに僅差でルーキーの大湯が続いた。大湯のタイムはクリアラップが取れなかったラップのものでこれがなければ35秒1台には入ったと思われる。

 午後には1分34秒台のタイムが期待されたが、開始からしばらくして雨が落ち始めた。ドライコンディションの時のタイム、1分36秒482で牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)がトップに立った。雨は断続的に降り続き、タイム更新はならず。このため、マシンをシェアして午後に割り当てられた大津などのドライバーはアピールする機会を失うこととなった。

 総合では2日目午前のタイムで福住がトップ、2位は山本、3位はビップス、4位は大湯、5位は野尻智紀(TEAM MUGEN)、6位が松下信治(ThreeBond Drago CORSE)と、上位6人をホンダエンジン勢が独占。7位にようやくトヨタエンジン勢のトップ山下健太(KONDO RACING)が顔を出した。

 このテストのルーキーで目立ったのはやはり大湯だろう。大湯は今年、ユーロフォーミュラ・オープン(EFO)の2戦行われたシルバーストンにスポット参戦し、コースレコードのおまけ付きで両戦ともポールトゥウイン。初めてのコース、初めてのマシンでも苦にしない非凡な才能はこのテストでも発揮され、自身2セッション目には実質トップに比肩するパフォーマンスを見せた。

 スーパーフォーミュラはこの後、何度かのテストが行われ、4月4日にここ鈴鹿サーキットで開幕する。今回のテストを受け、どのようなドライバーラインナップになるのか楽しみだ。

公式&ルーキーテスト: 山下健太(KONDO RACING) 公式&ルーキーテスト: サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING) 公式&ルーキーテスト: ユーリ・ビップス(TEAM MUGEN) 公式&ルーキーテスト: 大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING) 公式&ルーキーテスト: 大津弘樹(TCS NAKAJIMA RACING) 公式&ルーキーテスト: 野尻智紀(TEAM MUGEN) 公式&ルーキーテスト: 中山雄一(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS) 公式&ルーキーテスト: ユーリ・ビップス(TEAM MUGEN) 公式&ルーキーテスト: 福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING) 公式&ルーキーテスト: サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING) 公式&ルーキーテスト: 松下信治(ThreeBond Drago CORSE) 公式&ルーキーテスト: ユーリ・ビップス(TEAM MUGEN) 公式&ルーキーテスト: 宮田莉朋(VANTELIN TEAM TOM’S) 公式&ルーキーテスト: 片山義章(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS) 公式&ルーキーテスト: サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING) 公式&ルーキーテスト: 小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG) 公式&ルーキーテスト: ユーリ・ビップス(TEAM MUGEN) 公式&ルーキーテスト: 国本雄資(carrozzeria Team KCMG) 公式&ルーキーテスト: 野尻智紀(TEAM MUGEN) 公式&ルーキーテスト: 松下信治(ThreeBond Drago CORSE) 公式&ルーキーテスト: ニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S) 公式&ルーキーテスト: 山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING) 公式&ルーキーテスト: 国本雄資(carrozzeria Team KCMG) 公式&ルーキーテスト: ルーカス・アウアー(B-Max Racing with motopark) 公式&ルーキーテスト: 大津弘樹(TCS NAKAJIMA RACING) 公式&ルーキーテスト: 宮田莉朋(VANTELIN TEAM TOM’S) 公式&ルーキーテスト: 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL) 公式&ルーキーテスト: 坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING) 公式&ルーキーテスト: 山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI

F4日本一決定戦

F4:日本一決定戦鈴鹿ファイナル 太田格之進がポールトゥウイン 日本一の栄冠を手中に

 F4日本一決定戦は8日、鈴鹿サーキットでファイナルレースを行い、ポールポジションからスタートした太田格之進(高宮商事☆ミスト・KKZS)が一度もトップを譲ることなく10周・20分47秒927で優勝した。

日本一決定戦ファイナル: 10周のレースがスタートした 日本一決定戦ファイナル: 佐藤蓮と大草りきの1コーナーから2コーナーにかけての争い 日本一決定戦ファイナル: 優勝は太田格之進(高宮商事☆ミスト・KKZS) 日本一決定戦ファイナル: 2位は佐藤蓮(MARUSAN★ミスト) 日本一決定戦ファイナル: 3位は大草りき(佐藤製作所★ミスト) 日本一決定戦ファイナル: 表彰式

 日本一決勝は、前レースで赤旗中断があったため予定より28分遅れの回りも暗くなりつつある午後4時3分にフォーメーションラップが始まった。

 ポールポジションの太田格之進(高宮商事☆ミスト・KKZS)は「スタートしか考えていなかった。JAF-F4で初めてスタートが成功した」と本人も驚くスタートを決め、トップで1コーナーに進入。以下グリッド順通りに2位・大草りき(佐藤製作所★ミスト)、3位・佐藤蓮(MARUSAN★ミスト)、4位・三宅淳詞(佐藤製作所★ミスト★KK-ZS)、5位・早坂公希(CMS☆99☆Renault)と続き、6位には9番グリッドからジャンプアップした河野靖喜(RISING)が上がってきた。

 3周目にはシケインで3位を走る佐藤が、大草のインに飛び込み前に出るが、大草も佐藤に食らいつき、4周目の1コーナーから2コーナーにかけて2台は併走。しかしS字の入口で佐藤が大草を抜き去りこの争いに決着を付けた。

 この間トップを走る太田は盤石。4周目には2位に上がった佐藤との差を2秒とすると「終盤にセットアップを合わせていた」とさらに差を広げ、最終ラップにはこのレースのファステストラップをたたき出してこのまま優勝。日本一の栄冠を手にした。

2位には佐藤が、3位には大草が入った。4位には大きく遅れて三宅が、5位には早坂が、6位には小松響(Rn-sports・195・KK-ZS)が入った。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum
Yoshinori OHNISHI

S-FJ日本一決定戦

SFJ:日本一決定戦鈴鹿決勝 日本一の栄冠は岩佐歩夢が獲得 最終ラップの壮絶なバトルを制す

 スーパーFJ日本一決定戦は8日、三重県の鈴鹿サーキットで決勝を行い、2番グリッドからスタートした岩佐歩夢(Rn-sports制動屋DプロKK-S)が、10周・39分4秒643で優勝、日本一の栄冠を手にした。

日本一決定戦決勝: 10周のレースがスタートした 日本一決定戦決勝: 岩佐歩夢と澤龍之介のトップ争い 日本一決定戦決勝: 入山翔を先頭とした3位争い 日本一決定戦決勝: 優勝は岩佐歩夢(Rn-sports制動屋DプロKK-S) 日本一決定戦決勝: 2位は澤龍之介(TPS・KK-SⅡ・制動屋) 日本一決定戦決勝: 3位は入山翔(giddy up KKS2 yamasyo) 日本一決定戦決勝: ウィニングラップで手を振る岩佐歩夢(Rn-sports制動屋DプロKK-S) 日本一決定戦決勝: 優勝した岩佐歩夢(Rn-sports制動屋DプロKK-S) 日本一決定戦決勝: 表彰式

 日本一決定戦は午後1時35分、フォーメーションラップが始まった。快晴の鈴鹿は路面温度も22度まで上がり、これが堅いタイヤを供給されたドライバーのハンディを消し、レース展開に影響を与えることとなる。

 スタートでは、ポールポジションの伊東黎明(ル・ボーセフォーミュラスカラシップPFC)と2番グリッドの岩佐歩夢(Rn-sports制動屋DプロKK-S)の動き出しが鈍く、この2人のアウトから好スタートを切った3番グリッドの岡本大地(SACCESS Racing KKS-Ⅱ)が一気にトップに躍り出た。2位には岩佐が付け、3位には伊東をパスした4番グリッドの元嶋成弥(NAVY AUTO.MYST.KKS-Ⅱ.制動屋)が上がる。4位は伊東で5位には入山翔(giddy up KKS2 yamasyo)が、6位には中村賢明(M2 inoki KK-SⅡ)が続く。

 岡本はペースも良く、2位以下を1秒ほど引き離し1周目のコントロールラインに戻ってくるが、その後方では中段グループの3台が130R立ち上がりでコースアウト。早々にセーフティーカー(SC)が導入された。

 SCはやがて赤旗に切り替えられ、各マシンがグリッドに向かうが、なんとトップを走る岡本のマシンに燃料ポンプトラブルが発生。バックストレッチでマシンを止めることとなった。岡本が消えたグリッドに、トップ・岩佐、2位・元嶋、3位・伊東、4位・澤龍之介(TPS・KK-SⅡ・制動屋)、5位・入山、6位・中村の順で整列し、SC先導によるローリングラップが始まった。

 SCは1周を回ってピットに入り、5周目からレースが再開されると、岩佐は絶妙のリスタートを決め2位以下を大きく離してストレートを通過。3位の伊東は2位の元嶋を1コーナーでパスしようとするが、いきおい余って2コーナでスピン、大きく順位を落とした。

 ここから鈴鹿シリーズでは見慣れた、トップ・岩佐と元嶋をパスしてきた澤との対決が始まる。セットを外して万全でない岩佐に澤が2秒弱あった差を徐々に詰め始める。

 7周目には岩佐と澤の差が1秒を切ると、8周目には一気にテールトゥノーズとなる。攻める澤、巧にブロックする岩佐。2人の息詰まる争いは、最終ラップに突入。澤はついに岩佐をスプーンカーブでとらえ、立ち上がりで岩佐の前に出ることに成功。2人はもつれるように130Rに差し掛かるが、ここではイエローフラッグが振られており、パスできず。しかも澤の後ろで岩佐のダウンフォースが抜け、差は広がった。

 澤は「しかけてこないと思って油断した」と後に涙ながらに語ったが、インを締めずにシケインに進入。岩佐は「ここしか無いと思ってマシンを信じた」と澤のインに飛び込みフルブレーキング。2台は併走しながらついに岩佐が澤の前に出た。

 岩佐はこのままシケインを立ち上がり優勝。強引な仕掛けにも「澤くんがフェアな戦いで一車身のスペースを残してくれた」とレース後、フェアプレイの澤への感謝も口にし、念願の日本一の栄冠を手中にした。悔しい結果となった澤は2位、レース後の表彰式でも涙が止らなかった。

 リスタート後、4位に付けていた入山は6周目の1コーナーで元嶋をパスして3位に上がると、その後も元嶋と中村、3台のバトルを制してこのままの順位でゴールした。

 4位には元嶋、5位には中村、6位には吉元陵(安藤商会オートパンサーNEO鹿児島)が入った。

 優勝した岩佐は、今年の鈴鹿レーシングスクール・フォーミュラ(SRS-F)のスカラシップも獲得しており、来季はホンダのエースとしてFIA-F4への参戦が内定。2位の澤も同レースへのステップアップがうわさされており、2人の争いはFIA-F4を舞台として再び見られそうだ。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum
Yoshinori OHNISHI

F4日本一決定戦

F4:日本一決定戦鈴鹿ファイナル結果

F4日本一決定戦 -RIJ- (2019/12/08) Final Race Weather: Fine Course: Dry
2019 F4日本一決定戦 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
LapTotal_Time
Behind
135太田 格之進高宮商事☆ミスト・KKZS
MYST KK-ZS
1020'47.927
25佐藤 蓮MARUSAN★ミスト
MYST KK-ZS
103.005
32大草 りき佐藤製作所★ミスト
MYST KK-ZS
104.961
412三宅 淳詞佐藤製作所★ミスト★KK-ZS
MYST KK-ZS
1013.000
599早坂 公希CMS☆99☆Renault
TATUUS Renault
1026.059
611小松 響Rn-sports・195・KK-ZS
MYST KK-ZS
1026.756
710細田 輝龍NAVY AUTO
B-MAX RK-01
1039.408
847徳升 広平フジタ薬局アポロ電工MT・MP・リッヂ
MOONCRAFT MC090
1041.602
943鈴木 智之テイクファーストF108☆C72☆制動屋
ZAP F108
1043.091
1056河野 靖喜RISING
TATUUS Formula Renault
1054.236
1118飯嶋 郁陽RT ISSCエムエムエイト茶畑
B-MAX RK-01
1055.472
1234三浦 勝CMS090
MOONCRAFT MC090
101'01.298
1346H1入榮 秀謙アポロ電工フジタ薬局MT・MP・リッヂ
WEST 096
101'08.648
1429H2今田 信宏J-MS・ZERO RACING
WEST 006
101'08.794
1527H3柴田 隆之介ルコム/ビスカイーグルスポーツ006
WEST 006
101'09.023
1633中島 功SHINSEI・KK
TOKYO R&D RD10W
101'09.539
178米谷 浩(株)ヨネタニ
TATUUS FC106
101'13.075
1826H4内村 浩二KRac WINMAX 056
WEST 056
91Lap
---- 以上規定周回数(70% - 7Laps)----
-77久保 宣夫セレクトジャパン*MYST*制動屋
MYST KK-A
19Laps
-72猪爪 杏奈チームNATS・正義・001
NATS 001
010Laps
  • Fastest Lap: CarNo.35 太田格之進(高宮商事☆ミスト・KKZS) 2'04.105 (10/10) 168.45km/h

S-FJ日本一決定戦

SFJ:日本一決定戦鈴鹿決勝結果

S-FJ日本一決定戦 -RIJ- (2019/12/08) Final Race Weather: Fine Course: Dry
2019 S-FJ鈴鹿シリーズ Round 103 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
LapTotal_Time
Behind
111岩佐 歩夢Rn-sports制動屋DプロKK-S
MYST KK-S2
1039'04.643
256澤 龍之介TPS・KK-SⅡ・制動屋
MYST KK-S2
100.703
322入山 翔giddy up KKS2 yamasyo
MYST KK-S2
101.793
459元嶋 成弥NAVY AUTO.MYST.KKS-Ⅱ.制動屋
MYST KK-S2
102.216
512中村 賢明M2 inoki KK-SⅡ
MYST KK-S2
102.640
626吉元 陵安藤商会オートパンサーNEO鹿児島
MYST KK-S2
107.111
763岩澤 優吾ル・ボーセフォーミュラアカデミーPFC
TOKYO R&D RD10V
109.795
862伊東 黎明ル・ボーセフォーミュラスカラシップPFC
TOKYO R&D RD10V
1010.601
969佐藤 巧望Leplix Sport☆kks-Ⅱ
MYST KK-S2
1010.781
1057吉田 宣弘DAYTONA☆KKS-II☆MYST☆ED
MYST KK-S2
1012.463
1177荒川 鱗Drago CORSE 10V
TOKYO R&D RD10V
1013.456
122菊池 宥孝ラインアップKRS KKS-Ⅱ
MYST KK-S2
1014.515
138普勝 崚FTK・レヴKKS-Ⅱ
MYST KK-S2
1017.233
1418西村 和真Bitcoin悟19J
WEST 19J
1017.389
1515上野 大哲MSTユーシンJMCイーグルスポーツ
MYST KK-S
1020.944
1668Lee Chang ukteam korea with leprix 
MYST KK-S2
1021.285
1734下野 璃央Dorago Corse 10V
TOKYO R&D RD10V
1023.413
1888八巻 渉中日本自動車短期大学MSE学科KKS-Ⅱ
MYST KK-S2
1025.054
1961大草 りくKK-SⅡ・制動屋・MYST
MYST KK-S2
1026.064
2050梅田 剛Ume Racing&スキルスピード10V ED
TOKYO R&D RD10V
1027.055
2116Lee Chan JoonM2 KK-S2Ⅱ Seidoya
MYST KK-S2
1027.250
2236小村方 喜章アルビRT玉三郎GIA湯田上ED10V
TOKYO R&D RD10V
1032.409
2379里見 乃亜中日本自動車短期大学MSE学科KKS-Ⅱ
MYST KK-S2
1033.595
2470宇高 希NOAVICレプリKK-SⅡ
MYST KK-S2
1034.631
2521HIROSHI OHTAミスト・セキグチ・制動屋
MYST KK-S2
1039.648
2664岸本 尚将ル・ボーセフォーミュラスカラシップPFC
MYST KK-S
1044.935
2719浜久保 太一KK-SⅡ
MYST KK-S2
1046.408
2844篠田 義仁イワモトレーシング/制動屋/SJ
MYST KK-S2
1037.263
2937森 准平アルビMAKEWINNER GIAED
TOKYO R&D RD10V
1047.702
3060益田 富雄KMTS.R.T ネイビーオートKKS-II
MYST KK-S2
1048.126
3117道野 高志道野眼科RACING 10V skill
TOKYO R&D RD10V
1048.785
326藤原 大輝ACE LINES137レヴ
MYST KK-S2
1052.030
3343髙口 大将DragoCORSEスカラシップ
TOKYO R&D RD10V
1053.026
3425濱野 隆一HTWスキルスピードRD10V
TOKYO R&D RD10V
1058.281
3523宮本 健一KMTS-RTミストKK-SⅡ
MYST KK-S2
101'03.592
365早川 和樹ABBEY Racing KKS-Ⅱ
MYST KK-S2
101'04.643
3735山陰 一アルビビヨンドGIA大槌ED
MYST KK-S2
101'09.979
387高橋 浩史BBK☆レヴレーシング
MYST KK-S2
101'27.815
3913碓井 剛C.O.B-KART
MYST KK-S2
101'28.012
4028依田 学嗣WEST07J
WEST 07J
102'00.484
4130木下 藍斗マルQ.ガレ茶.ED.10V
TOKYO R&D RD10V
82Laps
---- 以上規定周回数(70% - 7Laps)完走 ----
-58村松 日向子Rn-Sports制動屋KK-S2
MYST KK-S2
73Laps
-38岡本 大地SACCESS Racing KKS-Ⅱ
MYST KK-S2
28Laps
-10鶴田 哲平LAPS A-ONE KK-S2
MYST KK-S2
010Laps
-3兒島 弘訓KRS 07J
WEST 07J
010Laps
-9上吹越 哲也FTK・レヴレーシング
MYST KK-S2
010Laps
-*39高橋 武秀SAKOイーグル
MYST KK-S2
失格
  • Fastest Lap: CarNo.56 澤龍之介(TPS・KK-SⅡ・制動屋) 2'14.833 (8/10) 155.05km/h
  • CarNo.39は、鈴鹿クラブマンレースシリーズ規則書第10章第55条~1(反則スタート)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。
  • CarNo.39は、鈴鹿クラブマンレースシリーズ規則書第15章第73条~3(罰則の不履行)により、失格とした。

F4日本一決定戦

F4:日本一決定戦鈴鹿セミファイナル 太田格之進がポールトゥウイン

 F4日本一決定戦は8日、鈴鹿サーキットでセミファイナルを行い、太田格之進(高宮商事☆ミスト・KKZS)が8周・19分8秒127で優勝した。

日本一決定戦セミファイナル: 10周のレースがスタートした 日本一決定戦セミファイナル: 開始早々セーフティーカーが導入される 日本一決定戦セミファイナル: 太田格之進(高宮商事☆ミスト・KKZS)を先頭としたバトル 日本一決定戦セミファイナル: 優勝は太田格之進(高宮商事☆ミスト・KKZS) 日本一決定戦セミファイナル: 2位は大草りき(佐藤製作所★ミスト) 日本一決定戦セミファイナル: 3位は佐藤蓮(MARUSAN★ミスト)

 決勝日の鈴鹿は朝から晴れわたった。日差しがあるため昨日より気温も上がり気味。本日最初のレースで赤旗中断があったため、予定より10分遅れの午前9時20分よりフォーメーションラップが始まった。

 好スタートを切ったのは予選2位の大草りき(佐藤製作所★ミスト)で、動き出しが鈍かったポールシッター・太田格之進(高宮商事☆ミスト・KKZS)の横をすり抜けトップで1コーナーに向かう。3位には予選4位から佐藤蓮(MARUSAN★ミスト)が上がり、予選3位の鈴木智之(テイクファーストF108☆C72☆制動屋)は4位に後退。5位に予選順位のまま三宅淳詞(佐藤製作所★ミスト★KK-ZS)が続く。

 トップに立った大草は、2位太田とのギャップを広げながらヘアピンを立ち上がるが、その後方では今シーズンJAF-F4チャンピオンの徳升広平(フジタ薬局アポロ電工MT・MP・リッヂ)がデグナーでクラッシュ。早くもセーフティーカー(SC)が導入されることとなった。

 レースは4周目から再開。序盤で築いたリードで逃げ切る戦略だった大草のもくろみは水泡に帰し、背後には太田と佐藤が迫る。

 大草は太田につけいる隙を与えずレースは進行するが、7周目のシケインではシフトがロックし姿勢を乱す。この大草のミスを太田は見逃さず、立ち上がりの鈍った大草に1コーナーで並びかけ、アウトから前に出ることに成功した。

 トップに立った太田はこのまま8周を走ってトップでゴール。2位に落ちた大草は佐藤にも攻められるが、これをしのいで2位でフィニッシュ。3位には佐藤が入った。

 4位を走っていた鈴木は、SC解除後のシケインで三宅と予選9位からジャンプアップしてきた早坂公希(CMS☆99☆Renault)の2人に立て続けにパスされ6位に落ちる。

 結局4位には三宅が、5位には早坂が、6位には鈴木が入った。

 ファイナルレースはこのレースの結果をグリッドとして、本日の最終レースとなる午後3時35分より10周で行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum

F4日本一決定戦

F4:日本一決定戦鈴鹿セミファイナル結果

F4日本一決定戦 -RIJ- (2019/12/08) Semi Final Race Weather: Fine Course: Dry
2019 F4日本一決定戦 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
LapTotal_Time
Behind
135太田 格之進高宮商事☆ミスト・KKZS
MYST KK-ZS
819'08.127
22大草 りき佐藤製作所★ミスト
MYST KK-ZS
81.782
35佐藤 蓮MARUSAN★ミスト
MYST KK-ZS
82.163
412三宅 淳詞佐藤製作所★ミスト★KK-ZS
MYST KK-ZS
88.164
599早坂 公希CMS☆99☆Renault
TATUUS Renault
813.474
643鈴木 智之テイクファーストF108☆C72☆制動屋
ZAP F108
814.443
711小松 響Rn-sports・195・KK-ZS
MYST KK-ZS
817.159
877久保 宣夫セレクトジャパン*MYST*制動屋
MYST KK-A
819.863
956河野 靖喜RISING
TATUUS Formula Renault
829.181
1027H1柴田 隆之介ルコム/ビスカイーグルスポーツ006
WEST 006
829.849
1110細田 輝龍NAVY AUTO
B-MAX RK-01
830.005
1234三浦 勝CMS090
MOONCRAFT MC090
832.225
1318飯嶋 郁陽RT ISSCエムエムエイト茶畑
B-MAX RK-01
833.477
1446H2入榮 秀謙アポロ電工フジタ薬局MT・MP・リッヂ
WEST 096
838.506
1529H3今田 信宏J-MS・ZERO RACING
WEST 006
838.686
1626H4内村 浩二KRac WINMAX 056
WEST 056
843.659
1733中島 功SHINSEI・KK
TOKYO R&D RD10W
846.775
188米谷 浩(株)ヨネタニ
TATUUS FC106
849.055
1972猪爪 杏奈チームNATS・正義・001
NATS 001
71Lap
2047徳升 広平フジタ薬局アポロ電工MT・MP・リッヂ
MOONCRAFT MC090
08Laps
  • Fastest Lap: CarNo.5 佐藤蓮(MARUSAN★ミスト) 2'04.245 (6/8)

S-FJ日本一決定戦

SFJ:日本一決定戦鈴鹿Bグループ第1レグ 岩佐歩夢がポールトゥウィン

 スーパーFJ日本一決定戦は7日、三重県の鈴鹿サーキットでBグループの第1レグが行われ、ポールポジションからスタートした岩佐歩夢(Rn-sports制動屋DプロKK-S)が一度は2位に落ちるも挽回し、6周・13分37秒115で優勝した。

日本一決定戦Bグループ第1レグ: 6周のレースがスタートした

日本一決定戦Bグループ第1レグ: 優勝は岩佐歩夢(Rn-sports制動屋DプロKK-S)

日本一決定戦Bグループ第1レグ: 2位は元嶋成弥(NAVY AUTO.MYST.KKS-Ⅱ.制動屋)

日本一決定戦Bグループ第1レグ: 3位は入山翔(giddy up KKS2 yamasyo)

 Bグループ第1レグは、曇り空のため回りも暗くなりつつある午後3時30分にフォーメーションラップが始まった。

 ポールポジションの岩佐歩夢(Rn-sports制動屋DプロKK-S)は好スタート。堅いタイヤを供給された岩佐はタイヤを暖めるためウェービングしながら1コーナーに向かう。2位には、予選2位の元嶋成弥(NAVY AUTO.MYST.KKS-Ⅱ.制動屋)が、3位には同3位の入山翔(giddy up KKS2 yamasyo)が続く。

 しかしオープニングラップでは早くもトップ岩佐に2位元嶋が急接近。「S字でステアリングを切ったときだめだと思った」という岩佐は、130Rのアウトからなすすべも無く元嶋にパスされ2位に落ちる。

 しかし元嶋は3周目のデグナー立ち上がりで「ニュートラルに入ってしまった」と痛恨のシフトミス。岩佐は元嶋の脇をすり抜けトップを奪い返した。

 トップに立った岩佐はタイヤも暖まってきたため、元嶋の追撃を振り切り6周を走ってそのままゴール。元嶋は2位でレースを終えた。3位には元嶋を攻めきれなかった入山が入った。

 4位には最終ラップで前を走る西村和真(Bitcoin悟19J)を攻略した岩澤優吾(ル・ボーセフォーミュラアカデミーPFC)が入り、西村は5位。6位にはジェントルマンクラスながら健闘した吉田宣弘(DAYTONA☆KKS-II☆MYST☆ED)が入った。

 トータルタイムではAグループの方が速く、明日のポールポジションは、伊東黎明(ル・ボーセフォーミュラスカラシップPFC)が獲得。2位はこのレース優勝の岩佐、以下Aグループ、Bグループ交互にグリッドが決定される。

 ファイナルレースは明日8日、午後1時35分より10周で行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum

S-FJ日本一決定戦

SFJ:日本一決定戦鈴鹿Aグループ第1レグ 伊東黎明がポールから逃げ切り優勝

 スーパーFJ日本一決定戦は7日、三重県の鈴鹿サーキットでAグループの第1レグが行われ、ポールポジションからスタートした伊東黎明(ル・ボーセフォーミュラスカラシップPFC)が逃げ切り、6周・13分33秒975で優勝した。

日本一決定戦Aグループ第1レグ: 6周のレースがスタートした

日本一決定戦Aグループ第1レグ: 優勝は伊東黎明(ル・ボーセフォーミュラスカラシップPFC)

日本一決定戦Aグループ第1レグ: 2位は岡本大地(SACCESS Racing KKS-Ⅱ)

日本一決定戦Aグループ第1レグ: 3位は中村賢明(M2 inoki KK-SⅡ)

 決勝は予定より5分遅れの午後2時50分にフォーメーションラップが始まった。

 トップで1コーナーに飛び込んだのはポールポジションの伊東黎明(ル・ボーセフォーミュラスカラシップPFC)で、2位に予選2位の岡本大地(SACCESS Racing KKS-Ⅱ)が続く。予選3位の澤龍之介(TPS・KK-SⅡ・制動屋)は蹴り出しが悪く、同4位の中村賢明(M2 inoki KK-SⅡ)にかわされ4位に落ちた。

 1周目のS字では2位の岡本がバランスを崩しスピンしかける場面もあったが、なんとかポジションをキープして2位のまま。

 2周目のシケインでは4位の澤が3位中村のインに飛び込んで前に出るが、1コーナー手前で順位が入れ替わり、中村は3位を奪い返す。

 トップ伊東は、2位以下を引き離しながらレースは進行。1秒ほど離した4周目にはミスをおかしタイムを落とすがリードも大きくトップを堅持、そのまま6周を走りきり優勝を飾った。

 2位には岡本が続き、3位には中村が入った。堅いタイヤの澤はペースが上がらず、4位でゴールするのがやっとだった。

 5位には荒川鱗(Drago CORSE 10V)が、6位には菊池宥孝(ラインアップKRS KKS-Ⅱ)が入った。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum

S-FJ日本一決定戦

SFJ:日本一決定戦鈴鹿Bグループ第1レグ結果

S-FJ日本一決定戦 -RIJ- (2019/12/07) 1st Reg B Group Weather: Cloudy Course: Dry
2019 S-FJ鈴鹿シリーズ Round 103 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
LapTotal_Time
Behind
111岩佐 歩夢Rn-sports制動屋DプロKK-S
MYST KK-S2
613'37.115
259元嶋 成弥NAVY AUTO.MYST.KKS-Ⅱ.制動屋
MYST KK-S2
60.498
322入山 翔giddy up KKS2 yamasyo
MYST KK-S2
61.107
463岩澤 優吾ル・ボーセフォーミュラアカデミーPFC
TOKYO R&D RD10V
66.479
518西村 和真Bitcoin悟19J
WEST 19J
66.914
657吉田 宣弘DAYTONA☆KKS-II☆MYST☆ED
MYST KK-S2
69.184
769佐藤 巧望Leplix Sport☆kks-Ⅱ
MYST KK-S2
610.873
861大草 りくKK-SⅡ・制動屋・MYST
MYST KK-S2
611.397
915上野 大哲MSTユーシンJMCイーグルスポーツ
MYST KK-S
619.840
1068Lee Chang ukteam korea with leprix 
MYST KK-S2
621.886
1116Lee Chan JoonM2 KK-S2Ⅱ Seidoya
MYST KK-S2
624.505
129上吹越 哲也FTK・レヴレーシング
MYST KK-S2
631.774
1379里見 乃亜中日本自動車短期大学MSE学科KKS-Ⅱ
MYST KK-S2
632.587
1437森 准平アルビMAKEWINNER GIAED
TOKYO R&D RD10V
633.460
1521HIROSHI OHTAミスト・セキグチ・制動屋
MYST KK-S2
633.747
1660益田 富雄KMTS.R.T ネイビーオートKKS-II
MYST KK-S2
636.523
1719浜久保 太一KK-SⅡ
MYST KK-S2
637.902
1844篠田 義仁イワモトレーシング/制動屋/SJ
MYST KK-S2
638.051
1925濱野 隆一HTWスキルスピードRD10V
TOKYO R&D RD10V
638.269
2043髙口 大将DragoCORSEスカラシップ
TOKYO R&D RD10V
638.306
215早川 和樹ABBEY Racing KKS-Ⅱ
MYST KK-S2
653.206
2228依田 学嗣WEST07J
WEST 07J
61'43.570
2323宮本 健一KMTS-RTミストKK-SⅡ
MYST KK-S2
06Laps
  • Fastest Lap: CarNo.59 元嶋成弥(NAVY AUTO.MYST.KKS-Ⅱ.制動屋) 2'15.209 (6/6) 154.61km/h

S-FJ日本一決定戦

SFJ:日本一決定戦鈴鹿Aグループ第1レグ結果

S-FJ日本一決定戦 -RIJ- (2019/12/07) 1st Reg A Group Weather: Cloudy Course: Dry
2019 S-FJ鈴鹿シリーズ Round 103 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
LapTotal_Time
Behind
162伊東 黎明ル・ボーセフォーミュラスカラシップPFC
TOKYO R&D RD10V
613'33.975
238岡本 大地SACCESS Racing KKS-Ⅱ
MYST KK-S2
60.573
312中村 賢明M2 inoki KK-SⅡ
MYST KK-S2
61.625
456澤 龍之介TPS・KK-SⅡ・制動屋
MYST KK-S2
63.449
577荒川 鱗Drago CORSE 10V
TOKYO R&D RD10V
66.713
62菊池 宥孝ラインアップKRS KKS-Ⅱ
MYST KK-S2
67.576
726吉元 陵安藤商会オートパンサーNEO鹿児島
MYST KK-S2
610.081
810鶴田 哲平LAPS A-ONE KK-S2
MYST KK-S2
613.398
98普勝 崚FTK・レヴKKS-Ⅱ
MYST KK-S2
617.061
1088八巻 渉中日本自動車短期大学MSE学科KKS-Ⅱ
MYST KK-S2
619.756
113兒島 弘訓KRS 07J
WEST 07J
621.164
1234下野 璃央Dorago Corse 10V
TOKYO R&D RD10V
621.917
1350梅田 剛Ume Racing&スキルスピード10V ED
TOKYO R&D RD10V
622.990
1436小村方 喜章アルビRT玉三郎GIA湯田上ED10V
TOKYO R&D RD10V
628.536
1570宇高 希NOAVICレプリKK-SⅡ
MYST KK-S2
630.032
1630木下 藍斗マルQ.ガレ茶.ED.10V
TOKYO R&D RD10V
631.035
1739高橋 武秀SAKOイーグル
MYST KK-S2
635.187
1817道野 高志道野眼科RACING 10V skill
TOKYO R&D RD10V
640.905
1964岸本 尚将ル・ボーセフォーミュラスカラシップPFC
MYST KK-S
645.474
20*58村松 日向子Rn-Sports制動屋KK-S2
MYST KK-S2
650.384
2135山陰 一アルビビヨンドGIA大槌ED
MYST KK-S2
651.086
227高橋 浩史BBK☆レヴレーシング
MYST KK-S2
61'03.870
2313碓井 剛C.O.B-KART
MYST KK-S2
61'15.784
24*6藤原 大輝ACE LINES137レヴ
MYST KK-S2
51Lap
  • Fastest Lap: CarNo.38 岡本大地(SACCESS Racing KKS-Ⅱ) 2'14.883 (5/6) 154.99km/h
  • CarNo.6は、鈴鹿クラブマンレースシリーズ規則第12章第62条~1②(ピットレーン速度)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科した。
  • CarNo.58は、鈴鹿クラブマンレースシリーズ規則第10章第54条~2③(スタート手順)違反により、競技結果に30秒を加算した。

F4日本一決定戦

F4:日本一決定戦鈴鹿公式予選 太田格之進がポールポジション

 F4日本一決定戦は7日、三重県の鈴鹿サーキットで公式予選を行い、太田格之進(高宮商事☆ミスト・KKZS)が2分3秒480でポールポジションを獲得した。

日本一決定戦: ポールポジションは太田格之進(高宮商事☆ミスト・KKZS) 日本一決定戦: 予選2位は大草りき(佐藤製作所★ミスト) 日本一決定戦: 予選3位は鈴木智之(テイクファーストF108☆C72☆制動屋)

 予選は前プログラムで赤旗中断があり、予定より10分遅れの午前10時25分より行われた。

 序盤から予選をリードしたのは三宅淳詞(佐藤製作所★ミスト★KK-ZS)。4周目には2分5秒801までタイムを縮めトップに立つ。

 その後、130Rでクラッシュしたマシンがあり、ここで赤旗が提示された。

 赤旗解除後に2分4秒150出しトップに立ったのは太田格之進(高宮商事☆ミスト・KKZS)。2位には大草りき(佐藤製作所★ミスト)が上がってきた。

予選は終盤にかけて、太田と大草の一騎打ちの様相を呈した。セクター1と4で速い太田、セクター2,3で速い大草との僅差の対決は、計測最終周で2分3秒480まで縮めた太田に軍配。太田がポールポジションを決め、2位には大草が入った。

 ジェントルマンドライバーの鈴木智之(テイクファーストF108☆C72☆制動屋)は健闘して3位に入った。

 明日8日は午前9時10分よりセミファイナルレースが8周で行われ、その順位でのグリッドをもって、午後3時10分よりファイナルレースが10周で行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum

S-FJ日本一決定戦

SFJ:日本一決定戦鈴鹿公式予選 Aグループは伊東黎明が、Bグループは岩佐歩夢がポールポジション

 スーパーFJ日本一決定戦は7日、三重県の鈴鹿サーキットでA、Bグループに分けての公式予選を行い、Aグループでは伊東黎明(ル・ボーセフォーミュラスカラシップPFC)が、Bグループでは岩佐歩夢(Rn-sports制動屋DプロKK-S)がポールポジションを獲得した。

日本一決定戦: Aグループポールポジションは伊東黎明(ル・ボーセフォーミュラスカラシップPFC) 日本一決定戦: Aグループ予選2位は岡本大地(SACCESS Racing KKS-Ⅱ) 日本一決定戦: Aグループ予選3位は澤龍之介(TPS・KK-SⅡ・制動屋) 日本一決定戦: Bグループポールポジションは岩佐歩夢(Rn-sports制動屋DプロKK-S) 日本一決定戦: Bグループ予選2位は元嶋成弥(NAVY AUTO.MYST.KKS-Ⅱ.制動屋) 日本一決定戦: Bグループ予選3位は入山翔(giddy up KKS2 yamasyo)

 鈴鹿は早朝より冷え込んだ。どんよりとした曇り空の下、午前8時よりAグループの、8時30分よりBグループの予選がそれぞれ20分間で行われた。

 Aグループでは、伊東黎明(ル・ボーセフォーミュラスカラシップPFC)が予選を圧倒。前方を走るマシンのスピンを避けるために、コースを飛び出す場面もあったが、数周を走りタイヤが暖まるとタイムを徐々に縮めトップに君臨。計測最終ラップには2分14秒328で2位以下を0秒6強ちぎり、このグループのポールポジションを決めた。

 2位にはこのレース、スポット参戦の岡本大地(SACCESS Racing KKS-Ⅱ)が、3位には鈴鹿シリーズチャンピオンの澤龍之介(TPS・KK-SⅡ・制動屋)が入った。

 Bグループでは、序盤から元嶋成弥(NAVY AUTO.MYST.KKS-Ⅱ.制動屋)が予選をリード。しかし計測最終ラップで狙っていたという、SRS-Fでスカラシップを獲得した岩佐歩夢(Rn-sports制動屋DプロKK-S)が2分14秒712で逆転してポールポジション。2位には元嶋が、3位には入山翔(giddy up KKS2 yamasyo)が入った。

 今回ヨコハマから無償供給されたタイヤに複数ロットがあり、発動の遅いタイヤを供給された選手のタイムが上がらず、勢力図にも変動があったようだ。

 この後、Aグループ決勝は午後2時45分から、Bグループは3時25分からそれぞれ6周で争われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum

F4日本一決定戦

F4:日本一決定戦鈴鹿公式予選結果

F4日本一決定戦 -RIJ- (2019/12/07) Qualifying Weather: Cloudy Course: Dry
2019 F4日本一決定戦 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
TimeBehindGapkm/h
135太田 格之進高宮商事☆ミスト・KKZS
MYST KK-ZS
2'03.480--169.300
22大草 りき佐藤製作所★ミスト
MYST KK-ZS
2'03.609 0.129 0.129169.124
343鈴木 智之テイクファーストF108☆C72☆制動屋
ZAP F108
2'05.019 1.539 1.410167.216
45佐藤 蓮MARUSAN★ミスト
MYST KK-ZS
2'05.129 1.649 0.110167.069
512三宅 淳詞佐藤製作所★ミスト★KK-ZS
MYST KK-ZS
2'05.333 1.853 0.204166.797
611小松 響Rn-sports・195・KK-ZS
MYST KK-ZS
2'05.719 2.239 0.386166.285
710細田 輝龍NAVY AUTO
B-MAX RK-01
2'06.156 2.676 0.437165.709
847徳升 広平フジタ薬局アポロ電工MT・MP・リッヂ
MOONCRAFT MC090
2'06.630 3.150 0.474165.089
999早坂 公希CMS☆99☆Renault
TATUUS Renault
2'06.999 3.519 0.369164.609
1034三浦 勝CMS090
MOONCRAFT MC090
2'08.044 4.564 1.045163.266
1177久保 宣夫セレクトジャパン*MYST*制動屋
MYST KK-A
2'08.045 4.565 0.001163.266
1218飯嶋 郁陽RT ISSCエムエムエイト茶畑
B-MAX RK-01
2'08.349 4.869 0.304162.879
1356河野 靖喜RISING
TATUUS Formula Renault
2'08.580 5.100 0.231162.585
1433中島 功SHINSEI・KK
TOKYO R&D RD10W
2'09.053 5.573 0.473161.989
1527H1柴田 隆之介ルコム/ビスカイーグルスポーツ006
WEST 006
2'09.580 6.100 0.527161.330
1646H2入榮 秀謙アポロ電工フジタ薬局MT・MP・リッヂ
WEST 096
2'10.486 7.006 0.906160.212
1772猪爪 杏奈チームNATS・正義・001
NATS 001
2'10.962 7.482 0.476159.629
1829H3今田 信宏J-MS・ZERO RACING
WEST 006
2'11.056 7.576 0.094159.513
1926H4内村 浩二KRac WINMAX 056
WEST 056
2'11.233 7.753 0.177159.298
208米谷 浩(株)ヨネタニ
TATUUS FC106
2'15.18211.702 3.949154.645

S-FJ日本一決定戦

SFJ:日本一決定戦鈴鹿Bグループ公式予選結果

S-FJ日本一決定戦 -RIJ- (2019/12/07) B Driver Qualifying Weather: Cloudy Course: Dry
2019 Super FJ S-FJ日本一決定戦 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
TimeBehindGapkm/h
111岩佐 歩夢Rn-sports制動屋DプロKK-S
MYST KK-S2
2'14.712--155.184
259元嶋 成弥NAVY AUTO.MYST.KKS-Ⅱ.制動屋
MYST KK-S2
2'14.925 0.213 0.213154.939
322入山 翔giddy up KKS2 yamasyo
MYST KK-S2
2'15.323 0.611 0.398154.484
418西村 和真Bitcoin悟19J
WEST 19J
2'15.619 0.907 0.296154.147
561大草 りくKK-SⅡ・制動屋・MYST
MYST KK-S2
2'16.091 1.379 0.472153.612
657吉田 宣弘DAYTONA☆KKS-II☆MYST☆ED
MYST KK-S2
2'16.297 1.585 0.206153.380
763岩澤 優吾ル・ボーセフォーミュラアカデミーPFC
TOKYO R&D RD10V
2'16.508 1.796 0.211153.143
869佐藤 巧望Leplix Sport☆kks-Ⅱ
MYST KK-S2
2'17.134 2.422 0.626152.444
915上野 大哲MSTユーシンJMCイーグルスポーツ
MYST KK-S
2'17.422 2.710 0.288152.124
1016Lee Chan JoonM2 KK-S2Ⅱ Seidoya
MYST KK-S2
2'17.545 2.833 0.123151.988
1168Lee Chang ukteam korea with leprix 
MYST KK-S2
2'17.556 2.844 0.011151.976
1243髙口 大将DragoCORSEスカラシップ
TOKYO R&D RD10V
2'17.757 3.045 0.201151.754
1344篠田 義仁イワモトレーシング/制動屋/SJ
MYST KK-S2
2'17.998 3.286 0.241151.489
149上吹越 哲也FTK・レヴレーシング
MYST KK-S2
2'18.604 3.892 0.606150.827
1521HIROSHI OHTAミスト・セキグチ・制動屋
MYST KK-S2
2'18.618 3.906 0.014150.812
1679里見 乃亜中日本自動車短期大学MSE学科KKS-Ⅱ
MYST KK-S2
2'18.686 3.974 0.068150.738
1719浜久保 太一KK-SⅡ
MYST KK-S2
2'19.013 4.301 0.327150.383
1837森 准平アルビMAKEWINNER GIAED
TOKYO R&D RD10V
2'19.088 4.376 0.075150.302
1960益田 富雄KMTS.R.T ネイビーオートKKS-II
MYST KK-S2
2'19.757 5.045 0.669149.582
2023宮本 健一KMTS-RTミストKK-SⅡ
MYST KK-S2
2'20.581 5.869 0.824148.706
215早川 和樹ABBEY Racing KKS-Ⅱ
MYST KK-S2
2'20.773 6.061 0.192148.503
2225濱野 隆一HTWスキルスピードRD10V
TOKYO R&D RD10V
2'21.959 7.247 1.186147.262
2328依田 学嗣WEST07J
WEST 07J
2'31.18216.470 9.223138.278

S-FJ日本一決定戦

SFJ:日本一決定戦鈴鹿Aグループ公式予選結果

S-FJ日本一決定戦 -RIJ- (2019/12/07) A Driver Qualifying Weather: Cloudy Course: Dry
2019 Super FJ S-FJ日本一決定戦 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
TimeBehindGapkm/h
162伊東 黎明ル・ボーセフォーミュラスカラシップPFC
TOKYO R&D RD10V
2'14.328--155.628
238岡本 大地SACCESS Racing KKS-Ⅱ
MYST KK-S2
2'14.976 0.648 0.648154.881
356澤 龍之介TPS・KK-SⅡ・制動屋
MYST KK-S2
2'15.050 0.722 0.074154.796
412中村 賢明M2 inoki KK-SⅡ
MYST KK-S2
2'15.178 0.850 0.128154.649
52菊池 宥孝ラインアップKRS KKS-Ⅱ
MYST KK-S2
2'15.301 0.973 0.123154.509
677荒川 鱗Drago CORSE 10V
TOKYO R&D RD10V
2'15.700 1.372 0.399154.055
726吉元 陵安藤商会オートパンサーNEO鹿児島
MYST KK-S2
2'15.818 1.490 0.118153.921
88普勝 崚FTK・レヴKKS-Ⅱ
MYST KK-S2
2'16.199 1.871 0.381153.490
910鶴田 哲平LAPS A-ONE KK-S2
MYST KK-S2
2'16.202 1.874 0.003153.487
1058村松 日向子Rn-Sports制動屋KK-S2
MYST KK-S2
2'16.266 1.938 0.064153.415
116藤原 大輝ACE LINES137レヴ
MYST KK-S2
2'16.482 2.154 0.216153.172
1264岸本 尚将ル・ボーセフォーミュラスカラシップPFC
MYST KK-S
2'16.609 2.281 0.127153.029
1334下野 璃央Dorago Corse 10V
TOKYO R&D RD10V
2'16.720 2.392 0.111152.905
1488八巻 渉中日本自動車短期大学MSE学科KKS-Ⅱ
MYST KK-S2
2'16.759 2.431 0.039152.862
1550梅田 剛Ume Racing&スキルスピード10V ED
TOKYO R&D RD10V
2'17.207 2.879 0.448152.362
163兒島 弘訓KRS 07J
WEST 07J
2'17.383 3.055 0.176152.167
1770宇高 希NOAVICレプリKK-SⅡ
MYST KK-S2
2'17.991 3.663 0.608151.497
1836小村方 喜章アルビRT玉三郎GIA湯田上ED10V
TOKYO R&D RD10V
2'18.705 4.377 0.714150.717
1930木下 藍斗マルQ.ガレ茶.ED.10V
TOKYO R&D RD10V
2'18.787 4.459 0.082150.628
2039高橋 武秀SAKOイーグル
MYST KK-S2
2'19.330 5.002 0.543150.041
2117道野 高志道野眼科RACING 10V skill
TOKYO R&D RD10V
2'19.795 5.467 0.465149.542
227高橋 浩史BBK☆レヴレーシング
MYST KK-S2
2'23.741 9.413 3.946145.437
2335山陰 一アルビビヨンドGIA大槌ED
MYST KK-S2
2'24.51710.189 0.776144.656
2413碓井 剛C.O.B-KART
MYST KK-S2
2'25.61111.283 1.094143.569

SUPER FORMULA

SF:公式&ルーキードライバーテスト鈴鹿総合結果

公式&ルーキードライバーテスト -RIJ- (2019/12/4-5) Total Testing Weather: Fine/Rainy Course: Dry/Wet
2019 SUPER FORMULA 公式&ルーキードライバーテスト 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverTeamSession1
Session2
Session3
Session4
TimeBehindkm/h
15福住 仁嶺DOCOMO TEAM DANDELION RACING1'38.034
1'36.506
*1'35.190
1'36.903
1'35.190-219.616
21山本 尚貴DOCOMO TEAM DANDELION RACING1'36.900
1'37.336
*1'35.260
1'36.905
1'35.260 0.070219.454
315ユーリ・ビップスTEAM MUGEN1'37.330
1'36.215
*1'35.342
1'37.130
1'35.342 0.152219.265
4064大湯 都史樹TCS NAKAJIMA RACING-
1'37.500
*1'35.441
-
1'35.441 0.251219.038
516野尻 智紀TEAM MUGEN1'39.582
1'36.954
*1'35.478
1'37.926
1'35.478 0.288218.953
6012松下 信治ThreeBond Drago CORSE1'37.957
1'38.287
*1'35.871
-
1'35.871 0.681218.056
73山下 健太KONDO RACING1'38.071
1'37.097
*1'35.966
1'39.274
1'35.966 0.776217.840
850ルーカス・アウアーB-Max Racing with motopark1'37.824
1'37.103
*1'36.062
-
1'36.062 0.872217.622
965牧野 任祐TCS NAKAJIMA RACING1'37.440
1'37.474
1'37.229
*1'36.482
1'36.482 1.292216.675
1038石浦 宏明JMS P.MU/CERUMO・INGING1'38.753
1'37.836
*1'36.516
1'39.488
1'36.516 1.326216.598
11018国本 雄資carrozzeria Team KCMG-
1'38.011
*1'36.552
-
1'36.552 1.362216.518
1219関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL1'39.174
1'38.795
*1'36.578
1'37.247
1'36.578 1.388216.459
1336宮田 莉朋VANTELIN TEAM TOM’S1'40.022
1'38.399
1'37.560
*1'36.647
1'36.647 1.457216.305
1451
12
シャルル・ミレッシB-Max Racing with motopark
ThreeBond Drago CORSE
1'39.398
1'37.206
*1'36.755
1'52.223
1'36.755 1.565216.063
1517塚越 広大REAL RACING1'38.038
*1'36.792
1'38.865
1'39.895
1'36.792 1.602215.981
1639坪井 翔JMS P.MU/CERUMO・INGING1'38.999
1'37.864
*1'36.874
1'39.512
1'36.874 1.684215.798
1720平川 亮ITOCHU ENEX TEAM IMPUL1'38.389
1'37.644
*1'36.906
1'38.211
1'36.906 1.716215.727
184サッシャ・フェネストラズKONDO RACING1'38.940
*1'37.040
1'37.295
1'37.843
1'37.040 1.850215.429
1937ニック・キャシディVANTELIN TEAM TOM’S1'38.226
1'37.983
*1'37.209
1'39.434
1'37.209 2.019215.054
2064大津 弘樹TCS NAKAJIMA RACING*1'37.789
-
-
1'38.141
1'37.789 2.599213.779
2118小林 可夢偉carrozzeria Team KCMG1'38.376
-
-
*1'37.849
1'37.849 2.659213.648
228片山 義章UOMO SUNOCO TEAM LEMANS1'42.149
1'41.193
*1'39.180
1'40.673
1'39.180 3.990210.780

SUPER FORMULA

SF:公式&ルーキードライバーテスト鈴鹿4回目結果

公式&ルーキードライバーテスト -RIJ- (2019/12/05) Official Testing 4 Weather: Fine-Rainy Course: Dry-Wet
2019 SUPER FORMULA 公式&ルーキードライバーテスト 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverTeamEngine TimeBehindGapkm/h
165牧野 任祐TCS NAKAJIMA RACINGHonda
M-TEC HR-417E
1'36.482--216.675
236宮田 莉朋VANTELIN TEAM TOM’STOYOTA
TRD Biz-01F
1'36.647 0.165 0.165216.305
35福住 仁嶺DOCOMO TEAM DANDELION RACINGHonda
M-TEC HR-417E
1'36.903 0.421 0.256215.733
41山本 尚貴DOCOMO TEAM DANDELION RACINGHonda
M-TEC HR-417E
1'36.905 0.423 0.002215.729
515ユーリ・ビップスTEAM MUGENHonda
M-TEC HR-417E
1'37.130 0.648 0.225215.229
619関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPULTOYOTA
TRD Biz-01F
1'37.247 0.765 0.117214.970
74サッシャ・フェネストラズKONDO RACINGTOYOTA
TRD Biz-01F
1'37.843 1.361 0.596213.661
818小林 可夢偉carrozzeria Team KCMGTOYOTA
TRD Biz-01F
1'37.849 1.367 0.006213.648
916野尻 智紀TEAM MUGENHonda
M-TEC HR-417E
1'37.926 1.444 0.077213.480
1064大津 弘樹TCS NAKAJIMA RACINGHonda
M-TEC HR-417E
1'38.141 1.659 0.215213.012
1120平川 亮ITOCHU ENEX TEAM IMPULTOYOTA
TRD Biz-01F
1'38.211 1.729 0.070212.860
123山下 健太KONDO RACINGTOYOTA
TRD Biz-01F
1'39.274 2.792 1.063210.581
1337ニック・キャシディVANTELIN TEAM TOM’STOYOTA
TRD Biz-01F
1'39.434 2.952 0.160210.242
1438石浦 宏明JMS P.MU/CERUMO・INGINGTOYOTA
TRD Biz-01F
1'39.488 3.006 0.054210.128
1539坪井 翔JMS P.MU/CERUMO・INGINGTOYOTA
TRD Biz-01F
1'39.512 3.030 0.024210.077
1617塚越 広大REAL RACINGHonda
M-TEC HR-417E
1'39.895 3.413 0.383209.272
178片山 義章UOMO SUNOCO TEAM LEMANSTOYOTA
RI4A
1'40.673 4.191 0.778207.654
1812シャルル・ミレッシThreeBond Drago CORSEHonda
M-TEC HR-417E
1'52.22315.74111.550186.283

SUPER FORMULA

SF:公式&ルーキードライバーテスト鈴鹿3回目結果

公式&ルーキードライバーテスト -RIJ- (2019/12/05) Official Testing 3 Weather: Fine Course: Dry
2019 SUPER FORMULA 公式&ルーキードライバーテスト 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverTeamEngine TimeBehindGapkm/h
15福住 仁嶺DOCOMO TEAM DANDELION RACINGHonda
M-TEC HR-417E
1'35.190--219.616
21山本 尚貴DOCOMO TEAM DANDELION RACINGHonda
M-TEC HR-417E
1'35.260 0.070 0.070219.454
315ユーリ・ビップスTEAM MUGENHonda
M-TEC HR-417E
1'35.342 0.152 0.082219.265
4064大湯 都史樹TCS NAKAJIMA RACINGHonda
M-TEC HR-417E
1'35.441 0.251 0.099219.038
516野尻 智紀TEAM MUGENHonda
M-TEC HR-417E
1'35.478 0.288 0.037218.953
6012松下 信治ThreeBond Drago CORSEHonda
M-TEC HR-417E
1'35.871 0.681 0.393218.056
73山下 健太KONDO RACINGTOYOTA
TRD Biz-01F
1'35.966 0.776 0.095217.840
850ルーカス・アウアーB-Max Racing with motoparkHonda
M-TEC HR-417E
1'36.062 0.872 0.096217.622
938石浦 宏明JMS P.MU/CERUMO・INGINGTOYOTA
TRD Biz-01F
1'36.516 1.326 0.454216.598
10018国本 雄資carrozzeria Team KCMGTOYOTA
TRD Biz-01F
1'36.552 1.362 0.036216.518
1119関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPULTOYOTA
TRD Biz-01F
1'36.578 1.388 0.026216.459
1251シャルル・ミレッシB-Max Racing with motoparkHonda
M-TEC HR-417E
1'36.755 1.565 0.177216.063
1339坪井 翔JMS P.MU/CERUMO・INGINGTOYOTA
TRD Biz-01F
1'36.874 1.684 0.119215.798
1420平川 亮ITOCHU ENEX TEAM IMPULTOYOTA
TRD Biz-01F
1'36.906 1.716 0.032215.727
1537ニック・キャシディVANTELIN TEAM TOM’STOYOTA
TRD Biz-01F
1'37.209 2.019 0.303215.054
1665牧野 任祐TCS NAKAJIMA RACINGHonda
M-TEC HR-417E
1'37.229 2.039 0.020215.010
174サッシャ・フェネストラズKONDO RACINGTOYOTA
TRD Biz-01F
1'37.295 2.105 0.066214.864
1836宮田 莉朋VANTELIN TEAM TOM’STOYOTA
TRD Biz-01F
1'37.560 2.370 0.265214.280
1917塚越 広大REAL RACINGHonda
M-TEC HR-417E
1'38.865 3.675 1.305211.452
208片山 義章UOMO SUNOCO TEAM LEMANSTOYOTA
RI4A
1'39.180 3.990 0.315210.780

SUPER FORMULA

SF:公式&ルーキードライバーテスト鈴鹿2回目結果

公式&ルーキードライバーテスト -RIJ- (2019/12/04) Official Testing 2 Weather: Fine Course: Dry
2019 SUPER FORMULA 公式&ルーキードライバーテスト 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverTeamEngine TimeBehindGapkm/h
115ユーリ・ビップスTEAM MUGENHonda
M-TEC HR-417E
1'36.215--217.276
25福住 仁嶺DOCOMO TEAM DANDELION RACINGHonda
M-TEC HR-417E
1'36.506 0.291 0.291216.621
317塚越 広大REAL RACINGHonda
M-TEC HR-417E
1'36.792 0.577 0.286215.981
416野尻 智紀TEAM MUGENHonda
M-TEC HR-417E
1'36.954 0.739 0.162215.620
54サッシャ・フェネストラズKONDO RACINGTOYOTA
TRD Biz-01F
1'37.040 0.825 0.086215.429
63山下 健太KONDO RACINGTOYOTA
TRD Biz-01F
1'37.097 0.882 0.057215.302
750ルーカス・アウアーB-Max Racing with motoparkHonda
M-TEC HR-417E
1'37.103 0.888 0.006215.289
851シャルル・ミレッシB-Max Racing with motoparkHonda
M-TEC HR-417E
1'37.206 0.991 0.103215.061
91山本 尚貴DOCOMO TEAM DANDELION RACINGHonda
M-TEC HR-417E
1'37.336 1.121 0.130214.774
1065牧野 任祐TCS NAKAJIMA RACINGHonda
M-TEC HR-417E
1'37.474 1.259 0.138214.469
11064大湯 都史樹TCS NAKAJIMA RACINGHonda
M-TEC HR-417E
1'37.500 1.285 0.026214.412
1220平川 亮ITOCHU ENEX TEAM IMPULTOYOTA
TRD Biz-01F
1'37.644 1.429 0.144214.096
1338石浦 宏明JMS P.MU/CERUMO・INGINGTOYOTA
TRD Biz-01F
1'37.836 1.621 0.192213.676
1439坪井 翔JMS P.MU/CERUMO・INGINGTOYOTA
TRD Biz-01F
1'37.864 1.649 0.028213.615
1537ニック・キャシディVANTELIN TEAM TOM’STOYOTA
TRD Biz-01F
1'37.983 1.768 0.119213.355
16018国本 雄資carrozzeria Team KCMGTOYOTA
TRD Biz-01F
1'38.011 1.796 0.028213.294
17012松下 信治ThreeBond Drago CORSEHonda
M-TEC HR-417E
1'38.287 2.072 0.276212.695
1836宮田 莉朋VANTELIN TEAM TOM’STOYOTA
TRD Biz-01F
1'38.399 2.184 0.112212.453
1919関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPULTOYOTA
TRD Biz-01F
1'38.795 2.580 0.396211.602
208片山 義章UOMO SUNOCO TEAM LEMANSTOYOTA
RI4A
1'41.193 4.978 2.398206.587

SUPER FORMULA

SF:公式&ルーキードライバーテスト鈴鹿1回目結果

公式&ルーキードライバーテスト -RIJ- (2019/12/04) Official Testing 1 Weather: Fine Course: Dry
2019 SUPER FORMULA 公式&ルーキードライバーテスト 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverTeamEngine TimeBehindGapkm/h
11山本 尚貴DOCOMO TEAM DANDELION RACINGHonda
M-TEC HR-417E
1'36.900--215.740
215ユーリ・ビップスTEAM MUGENHonda
M-TEC HR-417E
1'37.330 0.430 0.430214.787
365牧野 任祐TCS NAKAJIMA RACINGHonda
M-TEC HR-417E
1'37.440 0.540 0.110214.544
464大津 弘樹TCS NAKAJIMA RACINGHonda
M-TEC HR-417E
1'37.789 0.889 0.349213.779
550ルーカス・アウアーB-Max Racing with motoparkHonda
M-TEC HR-417E
1'37.824 0.924 0.035213.702
6012松下 信治ThreeBond Drago CORSEHonda
M-TEC HR-417E
1'37.957 1.057 0.133213.412
75福住 仁嶺DOCOMO TEAM DANDELION RACINGHonda
M-TEC HR-417E
1'38.034 1.134 0.077213.244
817塚越 広大REAL RACINGHonda
M-TEC HR-417E
1'38.038 1.138 0.004213.236
93山下 健太KONDO RACINGTOYOTA
TRD Biz-01F
1'38.071 1.171 0.033213.164
1037ニック・キャシディVANTELIN TEAM TOM’STOYOTA
TRD Biz-01F
1'38.226 1.326 0.155212.828
1118小林 可夢偉carrozzeria Team KCMGTOYOTA
TRD Biz-01F
1'38.376 1.476 0.150212.503
1220平川 亮ITOCHU ENEX TEAM IMPULTOYOTA
TRD Biz-01F
1'38.389 1.489 0.013212.475
1338石浦 宏明JMS P.MU/CERUMO・INGINGTOYOTA
TRD Biz-01F
1'38.753 1.853 0.364211.692
144サッシャ・フェネストラズKONDO RACINGTOYOTA
TRD Biz-01F
1'38.940 2.040 0.187211.292
1539坪井 翔JMS P.MU/CERUMO・INGINGTOYOTA
TRD Biz-01F
1'38.999 2.099 0.059211.166
1619関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPULTOYOTA
TRD Biz-01F
1'39.174 2.274 0.175210.793
1751シャルル・ミレッシB-Max Racing with motoparkHonda
M-TEC HR-417E
1'39.398 2.498 0.224210.318
1816野尻 智紀TEAM MUGENHonda
M-TEC HR-417E
1'39.582 2.682 0.184209.930
1936宮田 莉朋VANTELIN TEAM TOM’STOYOTA
TRD Biz-01F
1'40.022 3.122 0.440209.006
208片山 義章UOMO SUNOCO TEAM LEMANSTOYOTA
RI4A
1'42.149 5.249 2.127204.654

検索

最新ニュース