Archives

  • [—]2017 (247)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

2006年6月

JAPAN LE MANS CHALLENGE

JLMC:Rd.2もてぎエントリーリスト

No Cls Team Drivers     Machine Model Tyre Engine Tuner
16 LMP1 TEAM 無限 荒 聖治 黒澤 治樹   無限 COURAGE LC70 COURAGE LC70 MI 株式会社M-TEC
21 LMP1 HITOTSUYAMA RACING 野田 英樹 加藤 寛規   DUNLOP Zytek05S Zytek 05S DL Zytek Engineering Ltd.
66 LMP1 自動車工房MYST 島沢 隆彦 太田 浩 竹谷賢二 島沢自動車 BP・SK93 RS.OSCAR SK-93 YH セキグチカーズ
3 LMP2 MYZ 山本 将之 周防 彰悟 山下 潤一郎 ライフワークBOMEX GC21 GC-21 BS 株式会社トムス
4 LMP2 MYZ 坂本 祐也 行方 由久 藤井 誠暢 LAV-TEC MYZ GC21 GC-21 BS 株式会社トムス
15 LMP2 自動車工房MYST 阪口 良平 植田 正幸 石川 資章 真神パワーADVANミストRS倶楽部 RS.OSCAR.SK5-2 YH セキグチカーズ
18 LMP2 AIM SPORTS 山崎 信介 麻生 裕二 富澤 勝 Aim Sports GC-21 GC-21 YH 有限会社トリイレーシング
9 LMGT1 TEAM LEYJUN OSAMU 田中 勝喜 飯島 寛也 ARKTECH-LEYJUN and A&S-MT MOSLER MT900R YH MID WEST RACING
20 LMGT1 HITOTSUYAMA RACING 片岡 龍也 服部 尚貴 田嶋 栄一 DUNLOP Ferrari 550 GT1 Ferrari 550 maranello GT1 DL プロドライブ
88 LMGT1 JLOC 山西 康司 桧井 保孝 WADA-Q ムルシエラゴ RGT LAMBORGHINI MURCIELAGO RG-1 YH REITER ENGINEERING
5 LMGT2 TEAM TAKAMIZAWA 高見沢 一吉 堤 明彦 砂子塾長 TEAM高見沢BEND PORSCHE PORSCHE 996 GT3R YH MIDWEST RACING
7 LMGT2 PROTO WORKS 荻原 なお子 東條 泉美   DREAM ANGELS ADVAN RX7 RX-7 YH PROTO WORKS
17 LMGT2 TEAM NOPRO 野上 敏彦 関 豊   NOPRO・DUNLOP・ロードスター マツダロードスター DL TEAM NOPRO
27 LMGT2 TEAM KAWAMURA 青山 光司 高木 真一 新田 守男 シンワサービスRSR PORSCHE 911 GT3 RSR YH コックス株式会社

SUPER GT

SUPER GT第4戦セパン 遠征戦で苦戦(トヨタモータースポーツニュース)

SUPER GT
第4戦 JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA

SUPER GT第4戦 セパン遠征戦で苦戦
GT300クラスではウエッズスポーツセリカ19号車が3位入賞。今季初の表彰台獲得

060625_06sgt_rd4
苦戦を強いられたトヨタ勢最上位の10位入賞を果たした
トヨタ・スープラ(No.25 エクリプス・アドバン・スープラ)
 2006 AUTOBACS SUPER GTの第4戦「JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA」が6月24日(土)~25日(日)の両日、マレーシアのセパン・サーキットで開催された。
 2000年のオールスター戦から6回目の開催(03年はSARSの影響で中止)となる遠征戦は毎回灼熱のサーキットを舞台に文字通りの熱戦を展開。
 今季トヨタが投入した新型車両、レクサスSC430には初レースとなるが、開幕前の開発テストの舞台として走り込んだサーキットでもあり、活躍が期待された。
 今大会にはGT500クラス15台、GT300クラス20台の総勢35台がエントリー。トヨタ勢はGT500クラスに4台のレクサス SC430と2台のトヨタ スープラ、GT300クラスには2台のトヨタ MR‐Sと1台のトヨタ セリカが出場した。

◆予選◆

 24日(土)の天候は朝から曇天。午前11時からの予選1回目セッションの直前には小雨が落ち、気温は28度。路面温度も28度とセパンとしては異例の低温状況となった。このため、予選は暑くなることを想定して固めのタイヤを選んだチームが伸び悩む波乱の展開。
 この中で立川祐路/髙木虎之介組の駆るZENTセルモSC1号車が4番手、脇阪寿一/A.ロッテラー組のOPEN INTERFACE TOM'S SC430 36号車が5番手で上位10台が出場するスーパーラップに進出した。
 その後、午後3時過ぎにはスコールに見舞われるなど天候は依然不順。しかし、午後4時から各クラス15分ずつの予選2回目セッションの頃には路面は乾き、ドライコンディションでスーパーラップを迎えた。
 スーパーラップではマレーシアの観衆が見守る中、1号車が3番手、36号車が5番手タイムを記録。また、GT300クラスでは脇阪薫一/松田晃司組ウェッズスポーツセリカ19号車がスーパーラップに進出して4番手グリッドを獲得した。

◆決勝◆
 25日(日)は、曇の合間に太陽も覗き、気温は32度まで上昇。それでも例年よりはやや低い気温のもと、午後4時に決勝レースのフォーメーションラップがスタートした。
 4番手スタートの1号車はオープニングラップの混乱で6位に後退。一方、36号車は一つポジションを上げ、4位で周回を開始した。
 しかし、36号車は25周でピット作業とドライバー交代を行って間もなく、シフト操作が渋くなるというミッショントラブルに見舞われて後退。1号車は5位から追い上げ中の39周目に、GT300車両と接触を喫してペナルティを受け、12位に終わった。
 一方、13番手グリッドからスタートしたエクリプス・アドバン・スープラ25号車は序盤からじわじわと順位を上げ、一時は7位まで浮上。終盤戦では、タイヤ摩耗によりスピン、ピットインを余儀なくされたが、残り3周で、60㎏のウエイトハンデに苦しむBANDAI DIREZZA SC430 35号車をパスして10位でチェッカー。貴重なポイントを獲得した。  また、GT300クラスでは4番手グリッドから安定したペースを保ち、31周目に3位に躍進した19号車がそのまま逃げ切りチェッカー。今季初の表彰台を獲得した。


エクリプス・アドバン・スープラ25号車 ドライバー織戸学のコメント:

 ミスや接触でレースを失わないよう大事に走り、苦しいレースだったが、貴重なポイントを獲得することが出来て良かった。これからもさらに上位を目指して頑張りたい。

エクリプス・アドバン・スープラ25号車 ドライバー土屋武士のコメント:

 精一杯戦ったが、現状ではこの結果が精一杯。自分の33戦連続ポイント獲得という記録を伸ばすことは出来たが、全く満足はしていない。これからもベストを尽くす。

トヨタ自動車(株)モータースポーツ部主査 林博美のコメント:

 セパン・サーキットはレクサスSC430には不得手なサーキットであるが、予選、そして決勝の序盤戦でもまずまずのパフォーマンスを発揮することは出来たと思う。しかし、トラブルにより、結果は厳しいものとなってしまった。次戦以降体制を立て直し、巻き返しを計るべく全力で頑張る。

Text & Photo: トヨタ自動車株式会社

SUPER GT

SUPER GT第4戦セパン決勝 Zが2位・3位表彰台を獲得(NISMOモータースポーツニュースフラッシュ)

SUPER GT 第4戦
「JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA」 決勝
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■開催月日:2006年6月25日
■開催場所:セパンサーキット
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■Zが2位・3位表彰台を獲得
「MOTUL AUTECH Z」2位、「カルソニック インパルZ」3位

 SUPER GT第4戦、「JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA」決勝レースは、6月25日(日)にセパン・インターナショナル・サーキットで行われ、予選2位からスタートした「MOTUL AUTECH Z」(#22 ミハエル・クルム/リチャード・ライアン)が2位に入賞。また、予選4位の「カルソニックIMPUL Z」(#12 ブノワ・トレルイエ/星野一樹)が3位に 入り、Zは5台中2台が表彰台、他の3台も入賞し5台全車がポイントを獲得した。

 セパンは薄曇りから晴天へと変わり、気温は最高32度であった。観客は、3万6000人。
 午後4時にフォーメーションラップがスタートし、続いて1周ののちにレースがスタートした。#22 Zのスタートドライバーはミハエル・クルムで、順位通りの#8 NSXに先行を許すものの、大きく差をつけられることなく担当周回を完了。25周目にピットで待つリチャード・ライアンにドライバー交代した。ミスのないピットワークでレースに戻った#22 Zであったが、#8 NSXがタイヤ交換2本のみでピットアウトしていたため2台の差は15秒程度となっていた。ライアンは、昨年のレースを彷彿とさせるファイトあふれるドライビングで#8 NSXを追い、周回毎にその差を詰めて行った。当初の15秒差は終盤には3秒差まで詰まり、あと数周で逆転かと双方のピットに緊張が走った。しかし終盤にコース上の混雑がライアンの追い上げを拒み、結局5.6秒差でフィニッシュを迎えることとなった。
 一方、4番グリッドからレースをスタートした#12 Zは、スタートドライバーのトレルイエが好スタートを切り、1コーナーを回った時には3位に上がっていた。その後、首位を追う#22 Zの背後につけて追い抜きのチャンスをうかがった。しかし、それは叶わず3位のまま星野一樹にドライバー交代。星野も速いペースで後半の担当周回を走りきり3位のままチェッカーフラッグを受けた。#12 Zの3位入賞は今季初。星野にとっても初の表彰台となった。

 予選8位の「XANAVI NISMO Z」(#23 本山哲/松田次生)は、本山が1周目に「イエローハットYMS TOMICA Z」(#3 横溝直樹/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)を抜いて7位となるとそのまま序盤を周回し、22周目に松田に交代。松田はクールスーツの不調で、暑さとも戦うこととなった。そして後半先行のSC430が2台脱落して5位となり、レースを終了し、チャンピオン争いに重要な6ポイントを獲得した。
 #3 Zはピットイン後にオリベイラが一度グラベルベッドに飛び出してひやっとしたが、大きなロスなくレースに復帰し7位となった。また、予選10位の「WOODONE ADVAN KONDO Z」(#24 エリック・コマス/柳田真孝)も大きなロスなく8位でレースを終了した。

◆上記の詳細は下記WEBサイトをご覧ください。
http://www.nismo.co.jp/M_SPORTS/index.html

Text: NISMO

SUPER GT

SUPER GT第4戦セパン ホンダプレスリリース

060625_r_01

ARTA NSXがポール・トゥ・ウインで今シーズン初優勝
Team Honda Racingがドライバー・チーム両部門でランキング1-2位を獲得

決勝日:2006年6月25日(日)
会場:セパン・インターナショナル・サーキット 天候:予選/曇り 決勝/曇り 気温:33℃/路面温度40℃(16:00現在) コースコンディション:ドライ 観客数:3万6000人(主催者発表)

 6月25日(日)、セパン・インターナショナル・サーキット(マレーシア)において2006年 SUPER GT第4戦「JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA」の決勝レース(54周=299.268km)が開催された。

060625_r_02 060625_r_03

 24日(土)の空は雲に覆われ時おり雨が降ったものの、SUPER GTの予選は2回ともドライ路面で行われ、公式予選1回目で、3台のNSX-GTのスーパーラップ進出が決定した。
  予選2回目は現地時間16時から行われたため、マレーシアラウンドとしては気温27℃、路面温度28℃と低く、タイムアタックのタイムに大きな影響を及ぼすこととなった。
  多くのドライバーが午前中のタイムを更新できない状況の中、予選1回目でもトップに立っていた#8 ARTA NSXのラルフ・ファーマン選手が見事な走りを披露し、ただ一人57秒台に入る1分57秒866を記録。この結果、伊藤大輔/ラルフ・ファーマン組(#8 ARTA NSX)は開幕戦以来となる今シーズン2度目のポールポジションを獲得した。
  続くNSX-GT勢は、30kgのウエイトハンデを積んでいるセバスチャン・フィリップ/細川慎弥組(#100 RAYBRIG NSX)が2分00秒392を記録して6番手。現時点でドライバーとチームの両部門でシリーズランキング首位に立つ道上龍/小暮卓史組(#18 TAKATA童夢NSX)が70kgのウエイトハンデを積みながらも9番グリッドを獲得した。ロイック・デュバル/武藤英紀組(#32 EPSON NSX)は11番手からのスタートとなった。

 決勝日となる25日(日)は、空一面に薄い雲が覆っているものの青空も垣間見え、この3日間で最良の天候となった。夕刻の午後4時5分に計34台 (GT500クラス15台)のマシンがスタートを切った。この時点で気温33℃、路面温度40℃だったが、その後、気温はさらに上昇したため、ドライバーやマシン、タイヤに厳しいコンディションの中でレースは展開された。

 オープニングラップはポールポジションスタートのR.ファーマン選手(#8 ARTA NSX)が抜けだし、#22 MOTUL AUTECH Zと、#12 カルソニックインパルZが追いかける展開となった。ファーマン選手は、2周を終えた時点で後続に1秒742もの差を広げ、独走態勢を築くべくさらにペースを上げていった。予選6番手からスタートしたS.フィリップ選手(#100 RAYBRIG NSX)は、ポジションを1つ上げて5位を走行。道上 龍選手(#18 TAKATA童夢NSX)は10位。このレースで初めてスタートドライバーを務める武藤英紀選手(#32 EPSON NSX)は15位を走行した。

 トップを走行する#8 ARTA NSXのファーマン選手は、10周終了時で後続を5秒083まで広げた。さらに12ラップ目からラップタイムを2分2秒台に入れて快調に走行を重ねた。しかし、無線やクールスーツの不調といったトラブルが発生したため、21周終了時に早めのピットインを敢行。燃料補給とリアタイヤのみの交換を行い、伊藤大輔選手へドライバー交代し、28秒9のピット作業でコースに復帰した。
  24周終了時には#18 TAKATA童夢NSXの道上選手と#32 EPSON NSXの武藤選手がピットインし、それぞれ小暮卓史選手とL.デュバル選手にドライバー交代を行った。

 主なトップグループがドライバー交代を行った26周終了時点で、事実上のトップを走行する#8 ARTA NSXの伊藤選手は、2位に約15秒もの大差をつけることに成功した。伊藤選手は昨年のマレーシアラウンドも今回と同じようにトップでバトンを受けながら、クールスーツの不調などの原因により残り3周でトップの座を明け渡した経験がある。今回もトラブルでクールスーツを使用できず、クールベストを代用しながらも昨年の雪辱を果すべく好ペースを着実に刻み、見事にポール・トゥ・ウインで今シーズン初勝利を飾った。続くNSX-GT勢は#100 RAYBRIG NSXが4位。#18 TAKATA童夢NSXが6位。#32 EPSON NSXが9位でチェッカーフラッグを受けた。

 この結果、シリーズポイント争いにおいて伊藤大輔/ラルフ・ファーマン組(#8 ARTA NSX)が計51ポイントを獲得してドライバーズ・ランキングの首位に浮上。前戦まで首位だった道上 龍/小暮卓史(#18 TAKATA童夢NSX)も2位と続いた。チーム・ランキングでもTeam Honda Racing(#8)が計39ポイントで首位。2位にTeam Honda Racing(#18)となり、両部門とも1-2位を獲得した。

060625_r_04 060625_r_05

■伊藤 大輔(Daisuke Ito)選手

「今週末は曇り空が続き、例年と比べて気温も高くなかったので油断をしていました。今日は気温が上昇したうえ、ラルフ(ファーマン)が体調を崩しており、スタート直前のグリッドで汗もかいていたので心配していました。昨年のマレーシアラウンドでは、僕が熱中症になってしまって終盤で抜かれてしまったこともあり、彼のクールスーツがトラブルを起こしたと聞いたときには目の前が真っ暗になりました。しかし、出来ることをやるしかないと気持ちを切り替え、クールベストを代用して何とか最後まで乗り切ることができました。途中でリチャード・ライアン(#22 MOTUL AUTECH Z)に追いつかれましたが、ミスさえしなければ抜かれないと思っていました。チームスタッフとラルフに感謝の気持ちを伝えたいです」

■ラルフ・ファーマン(Ralph Firman)選手

「昨年のレースを経験して、優勝したいという気持ちが強かったので今は最高の気分です。15周目までにリードを拡げる作戦でしたが、2つの問題が発生してタフなレースになりました。無線が壊れてしまったことと、クールスーツが動かなかったことです。チームとはサインボードを使ってコミュニケーションをとりましたが、うまく伝わりませんでした。その結果、予定より早いピットインとなりましたが、ダイスケは後続からのプレッシャーにも負けずに長い距離を走り切ってくれました。今後のことを考えても優勝したいレースでした。全てのスタッフに感謝しています」

■白井 裕(Hiroshi Shirai)NSX-GTプロジェクト・プロジェクトリーダー

「いつもNSX-GTにご声援いただき、ありがとうございます。昨年は、ここセパンラウンドで大変悔しい思いをしただけに、皆様に優勝の報告ができることを嬉しく思います。ポールポジションを獲得し、スタートからチェッカーまでトップのまま逃げ切るという理想的な勝ち方をすることができました。しかしながら、実際は8号車のファーマン選手の無線やクールスーツにトラブルを抱えており、また伊藤選手もレース後半はかなり気温が高くなった影響で、フロントタイヤも非常に厳しい状態となっていました。それでも、2人が粘り強く走りきってくれたことが今回の勝利につながったと感じています。また、NSX-GT全車が完走し、入賞を果たしてくれましたので、シリーズ後半に向けて多くの収穫を得ることができました。これからも厳しい戦いが続くと思いますが、全力を尽くしてまいりますので、皆様からのより一層のご声援をお願い致します」

Text & Photo: HONDA

SUPER GT

SUPER GT第4戦セパン ARTA NSXが昨年の雪辱を果たし優勝

 オートバックス スーパーGT第4戦「ジャパンGTマレーシア」は6月25日、マレーシアのセパン・サーキットで決勝レース(1周5・542km×54周)を行い、ARTA NSXの伊藤大輔/ラルフ・ファーマン組が今季初優勝を果たした。

 ポールポジション(予選1位)からスタートしたARTA NSXは、実質的に一度もトップを譲ることなく好走。昨年も同じポールポジションからスタートしたが、ラスト3周でザナヴィニスモZに抜かれ、悔し涙の2位に終わった。今年は、見事にその雪辱を果たしての勝利だった。

 GT300クラスは、このサーキットを得意とする雨宮アスパラドリンクRX7の山野哲也/井入宏之組が、セパン通算4勝目を挙げた。

(観客:3万6000人)

■優勝選手コメント

No.8 ARTA NSX [GT500]
ラルフ・ファーマン「最高の気分だよ。今日は本当に優勝したかったんだ。去年の事もあったからね。実は無線が壊れたり、クールスーツが壊れたりで大変だった。無線が使えないから予定より早くピットに入って、伊藤選手が長く走ることになってしまった。Z(モチュールオーテックZ)のプレッシャーもあったけど、彼は本当にがんばったよ」

伊藤大輔「今日は急に暑くなったし、油断もあったかもしれない。ラルフの体調が悪くなり、クールスーツが壊れたと聞いた時は、目の前が暗くなったよ(笑)。でも気持ちを切り替えていった。今回は身体は大丈夫。リチャード(モチュールオーテックZ)も速かったけど、ミスさえなければ勝てると思って走っていました」

No.7 雨宮アスパラドリンクRX7 [GT300]
山野哲也「セパンは僕、好きなんです。今週末はクルマもタイヤも良かった。3番手スタートだったけど、RX7が速い個所を使って2台を抜けた。あとは(井入が担当する)後半のためにプッシュしたよ。GT初勝利もこのチームで、ここセパンだった。このチームに戻っての、今日の勝利はとてもうれしいね」

井入宏之「RX7はセパンに強いと言われてますが、スーパーGTはそうは上手くいかないレースなんです。それでも勝てたことが大きいですね。後半はクールスーツが壊れて苦しくて、視界も狭くなったりしたんですけど、追う密山君(No.27)もクールスーツが壊れて大変だったようで、助かりました」

Text: GTアソシエイション

SUPER GT

SUPER GT第4戦セパン 決勝結果

JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA -RIJ- (06/06/25) Weather:Fine Course:Dry
2006 AUTOBACS SUPER GT Round 4 Sepang International Circuit 5.542km

PosNoClassCls
Pos
Car
Model
DriverTireWHLapTotal_Time
Behind
18GT5001ARTA NSX
HONDA NSX
伊藤 大輔
ラルフ・ファーマン
BS541:51'41.405
222GT5002MOTUL AUTECH Z
NISSAN FAIRLADY Z
ミハエル・クルム
リチャード・ライアン
BS10545.663
312GT5003カルソニック インパル Z
NISSAN FAIRLADY Z
ブノワ・トレルイエ
星野 一樹
BS105425.120
4100GT5004RAYBRIG NSX
HONDA NSX
セバスチャン・フィリップ
細川 慎弥
BS305444.161
523GT5005XANAVI NISMO Z
NISSAN FAIRLADY Z
本山 哲
松田 次生
BS305451.637
618GT5006TAKATA童夢NSX
HONDA NSX
道上 龍
小暮 卓史
BS70541'20.454
73GT5007イエローハットYMS トミカ Z
NISSAN FAIRLADY Z
横溝 直輝
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
BS10541'28.867
824GT5008WOODONE ADVAN KONDO Z
NISSAN FAIRLADY Z
エリック・コマス
柳田 真孝
YH10(+1)541'30.838
932GT5009EPSON NSX
HONDA NSX
ロイック・デュバル
武藤 英紀
DL541'34.934
1025GT50010ECLIPSE ADVANスープラ
TOYOTA SUPRA
織戸 学
土屋 武士
YH+1531Lap
11*35GT50011BANDAI DIREZZA SC430
LEXUS SC430
服部 尚貴
ピーター・ダンブレック
DL60531Lap
12*1GT50012ZENT セルモ SC
LEXUS SC430
立川 祐路
高木 虎之介
BS20531Lap
1366GT50013triple a サード スープラGT
TOYOTA SUPRA
アンドレ・クート
平中 克幸
BS20504Laps
147GT3001雨宮アスパラドリンクRX7
MAZDA RX-7
山野 哲也
井入 宏之
YH504Laps
1527GT3002direxiv ADVAN 320R
VEMAC 320R
密山 祥吾
谷口 信輝
YH45504Laps
1619GT3003ウェッズスポーツセリカ
TOYOTA CELICA
松田 晃司
脇阪 薫一
YH+1504Laps
172GT3004 I.M JIHAN CO.LTD・APPLE・Shiden
MOONCRAFT SHIDEN
高橋 一穂
加藤 寛規
YH15504Laps
1855GT3005DHG ADVAN FORD GT
FORD GT
光貞 秀俊
池田 大祐
YH+1504Laps
1914GT3006ハンコックエンドレスポルシェ
PORSCHE 911GT3R
木下 みつひろ
峰尾 恭輔
HK10504Laps
20777GT3007梁山泊 apr MR-S
TOYOTA MR-S
田中 実
大嶋 和也
MI+1504Laps
215GT3008プロμマッハGOGOGO車検320R九州
VEMAC 320R
玉中 哲二
筒井 克彦
YH+2495Laps
22110GT3009TOTALBENEFIT GREENTEC BOXSTER
PORSCHE BOXSTER
松田 秀士
菅 一乗
YH25495Laps
2347GT30010吉兆宝山 DIREZZA Z
NISSAN FAIRLADY Z
長島 正興
安田 裕信
DL+1495Laps
24910GT30011洗剤革命TEAM UEMATSU&石松RSR
PORSCHE 996GT3RSR
植松 忠雄
菊地 靖
YH495Laps
2546GT30012吉兆宝山 DIREZZA Z
NISSAN Fairlady Z
佐々木 孝太
番場 琢
DL25495Laps
2662GT30013WILLCOM ADVAN VEMAC408R
VEMAC 408R
柴原 眞介
八木 宏之
YH30486Laps
2710GT30014T&G CyberAgent DUNLOP F360
FERRARI F360 MODENA
小園 ひろみ
尾本 直史
DL+2486Laps
28666GT30015ライフワークBOMEXアップル NSX
HONDA NSX
周防 彰悟
山下 潤一郎
YH+2486Laps
296GT50014Mobil 1 SC
LEXUS SC430
飯田 章
片岡 龍也
BS30477Laps
3070GT30016外車の外国屋アドバンポルシェ
PORSCHE 996GT3RS
石橋 義三
平川 晃
YH477Laps
3111GT30017JIM CENTER FERRARI DUNLOP
FERRARI F360 MODENA
田中 哲也
青木 孝行
DL15459Laps
3236GT50015OPEN INTERFACE TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS204410Laps
3313GT30018エンドレスアドバンCCI Z
NISSAN FAIRLADY Z
影山 正美
藤井 誠暢
YH203816Laps
-------- 以上規定周回数完走 ( GT500: 37Laps / GT300: 35Laps ) --------
-101GT30019TEAM RUN'A apr MR-S
TOYOTA MR-S
新田 守男
高木 真一
MI203420Laps
  • Fastest Lap:
    • GT500 : 2'00.151 (R.ファーマン/No.8 ARTA NSX)
    • GT300 : 2.11.347 (山野 哲也/No.7 雨宮アスパラドリンクRX7)
  • No.35は、No.6 に対する接触行為により、ドライビングスルーペナルティを課した。
  • No.1は、No.47 に対する接触行為により、ドライビングスルーペナルティを課した。

SUPER GT

SUPER GT第4戦セパン フリー走行結果

JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA -RIJ- (06/06/25) Free Practice Weather:Fine Course:Dry
2006 AUTOBACS SUPER GT Round 4 Sepang International Circuit 5.542km

PosNoClassCls
Pos
Car
Model
DriverTireWHTimeDelaykm/h
132GT5001EPSON NSX
HONDA NSX
ロイック・デュバル
武藤 英紀
DL2'00.765-165.207
28GT5002ARTA NSX
HONDA NSX
伊藤 大輔
ラルフ・ファーマン
BS2'00.814 0.049165.140
33GT5003イエローハットYMS トミカ Z
NISSAN FAIRLADY Z
横溝 直輝
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
BS102'00.911 0.146165.007
436GT5004OPEN INTERFACE TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS202'00.941 0.176164.966
523GT5005XANAVI NISMO Z
NISSAN FAIRLADY Z
本山 哲
松田 次生
BS302'01.210 0.445164.600
61GT5006ZENT セルモ SC
LEXUS SC430
立川 祐路
高木 虎之介
BS202'01.335 0.570164.431
712GT5007カルソニック インパル Z
NISSAN FAIRLADY Z
ブノワ・トレルイエ
星野 一樹
BS102'01.390 0.625164.356
8100GT5008RAYBRIG NSX
HONDA NSX
セバスチャン・フィリップ
細川 慎弥
BS302'01.630 0.865164.032
918GT5009TAKATA童夢NSX
HONDA NSX
道上 龍
小暮 卓史
BS702'01.644 0.879164.013
1022GT50010MOTUL AUTECH Z
NISSAN FAIRLADY Z
ミハエル・クルム
リチャード・ライアン
BS102'01.898 1.133163.671
1125GT50011ECLIPSE ADVANスープラ
TOYOTA SUPRA
織戸 学
土屋 武士
YH+12'02.486 1.721162.886
1224GT50012WOODONE ADVAN KONDO Z
NISSAN FAIRLADY Z
エリック・コマス
柳田 真孝
YH10(+1)2'02.509 1.744162.855
136GT50013Mobil 1 SC
LEXUS SC430
飯田 章
片岡 龍也
BS302'02.698 1.933162.604
1466GT50014triple a サード スープラGT
TOYOTA SUPRA
アンドレ・クート
平中 克幸
BS202'02.712 1.947162.586
1535GT50015BANDAI DIREZZA SC430
LEXUS SC430
服部 尚貴
ピーター・ダンブレック
DL602'03.494 2.729161.556
167GT3001雨宮アスパラドリンクRX7
MAZDA RX-7
山野 哲也
井入 宏之
YH2'10.78410.019152.552
1719GT3002ウェッズスポーツセリカ
TOYOTA CELICA
松田 晃司
脇阪 薫一
YH+12'11.30110.536151.950
1827GT3003direxiv ADVAN 320R
VEMAC 320R
密山 祥吾
谷口 信輝
YH452'11.74110.976151.443
19101GT3004TEAM RUN'A apr MR-S
TOYOTA MR-S
新田 守男
高木 真一
MI202'12.15711.392150.966
2046GT3005吉兆宝山 DIREZZA Z
NISSAN Fairlady Z
佐々木 孝太
番場 琢
DL252'12.38611.621150.705
2162GT3006WILLCOM ADVAN VEMAC408R
VEMAC 408R
柴原 眞介
八木 宏之
YH302'12.54911.784150.519
2213GT3007エンドレスアドバンCCI Z
NISSAN FAIRLADY Z
影山 正美
藤井 誠暢
YH202'12.56811.803150.498
235GT3008プロμマッハGOGOGO車検320R九州
VEMAC 320R
玉中 哲二
筒井 克彦
YH+22'12.58911.824150.474
2455GT3009DHG ADVAN FORD GT
FORD GT
光貞 秀俊
池田 大祐
YH+12'12.74411.979150.298
2511GT30010JIM CENTER FERRARI DUNLOP
FERRARI F360 MODENA
田中 哲也
青木 孝行
DL152'13.02112.256149.985
2696GT30011EBBRO BTEC MAZIORA 350R
VEMAC RD350R
黒澤 琢弥
黒澤 翼
DL2'13.45612.691149.496
2747GT30012吉兆宝山 DIREZZA Z
NISSAN FAIRLADY Z
長島 正興
安田 裕信
DL+12'13.60112.836149.334
2814GT30013ハンコックエンドレスポルシェ
PORSCHE 911GT3R
木下 みつひろ
峰尾 恭輔
HK102'13.72512.960149.196
292GT30014 I.M JIHAN CO.LTD・APPLE・Shiden
MOONCRAFT SHIDEN
高橋 一穂
加藤 寛規
YH152'13.76012.995149.157
30777GT30015梁山泊 apr MR-S
TOYOTA MR-S
田中 実
大嶋 和也
MI+12'13.98713.222148.904
31110GT30016TOTALBENEFIT GREENTEC BOXSTER
PORSCHE BOXSTER
松田 秀士
菅 一乗
YH252'13.99813.233148.892
3270GT30017外車の外国屋アドバンポルシェ
PORSCHE 996GT3RS
石橋 義三
平川 晃
YH2'15.75714.992146.963
3310GT30018T&G CyberAgent DUNLOP F360
FERRARI F360 MODENA
小園 ひろみ
尾本 直史
DL+22'16.12815.363146.562
34666GT30019ライフワークBOMEXアップル NSX
HONDA NSX
周防 彰悟
山下 潤一郎
YH+22'16.70315.938145.946
35910GT30020洗剤革命TEAM UEMATSU&石松RSR
PORSCHE 996GT3RSR
植松 忠雄
菊地 靖
YH2'16.86616.101145.772

SUPER GT

SUPER GT第4戦セパン予選 NISMOモータースポーツニュースフラッシュ

SUPER GT 第4戦
「JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA」  公式予選
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■開催月日:2006年6月24日
■開催場所:セパンサーキット
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■「MOTUL AUTECH Z」(#22) が2位フロントロウ獲得
「カルソニックIMPUL Z」 (#12) は4位

 SUPER GT第4戦マレーシアラウンドは、6月24日(土)に公式予選が行われた。毎年強い日差しと高温多湿の厳しい気象条件が特徴だったセパンサーキットは、今年は気温が28度程度までにしか上がらず、上空が雲に覆われている時間が長い。金曜日に行われた練習走行では午前中曇り空ドライ路面だったものの、夕方4時からのセッション2回目は雨。突然の局地的な土砂降りによって、数台が次々にスピンアウトする場面もあった。

 この日11時からの公式予選でも、GT300が専有走行を始めた頃は暗い雲が垂れ込め、今にも降り出しそうな天気であった。時折小雨がこぼれ落ち、誰もがGT500専有走行の間に本格的に降り出すと予想していた。しかし、その時間となると急に空が明るくなり暗い雲は東の方向に流れて行った。このセッションで精力的に走り込んだのは、「WOODONE ADVAN KONDO Z」(#24)のエリック・コマス。速いペースでタイムを削り予選10位を獲得し、スーパーラップ進出を果たした。「MOTUL AUTECH Z」(#22)は、ミハエル・クルムがアタッカーを担当。ハンディウェイト10kgの#22 Zは、予選でもトップタイムを獲得すべく果敢にプッシュしたが、アタック中に先行車に引っかかり、暫定ポールポジションを逃して3位となった。2位は「カルソニックIMPUL Z」(#12)。

 「イエローハットYMS TOMICA Z」(#3)は、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラがタイムアタックして7位。ウェイトハンディ30kgを積んだ本山哲がアタックを担当した「XANAVI NISMO Z」(#23)は、8位となり、これによって、5台体制となった今年のSUPER GT開幕戦以来4戦目にしてはじめてZ勢全5台が揃ってスーパーラップに進出することとなった。

 午後5時19分から始まったGT500のスーパーラップは薄曇りながら路面はドライで気温は28度と午前中からあまり変化がない。一時強く雨が降ったものの、幸運にもこの時間帯には乾ききっていた。タイムアタックのトップランナーは「WOODONE ADVAN KONDO Z」(#24)のエリック・コマス。ウォームアップラップでは左右にマシンをウェービングさせ、タイヤを短時間で暖める試みを続けた。しかし、タイムは2分02秒014と1回目の予選タイムを更新することができず10位スタートが確定した。「XANAVI NISMO Z」(#23)は本山哲がアタック。決勝レースを見込んでハード目のタイヤを装着している#23 Zは8位。ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラの「イエローハットYMS TOMICA Z」(#3)も同様に順位を挙げることができず、7番グリッドからのレーススタートとなった。

 上位5台によるスーパーラップショーは見応えのあるものだった。#36、#1のレクサスSC430勢が1分59秒台を出し、その後「MOTULAUTECH Z」(#22)のミハエル・クルムが渾身のドライビングで1分58秒794を記録するとライバル陣営からはため息がこぼれた。続いて計測ラップに入ったブノワ・トレルイエの「カルソニックIMPUL Z」(#12)は見るからにハードプッシュで攻め上げたが、何度かの脱輪ギリギリの走行がタイムロスにつながり、4位でスーパーラップを終えることとなった。ポールポジションは#8 NSXが獲得。#22 Zは、2番グリッドのフロントロウから決勝レースをスタートする。

◆上記の詳細は下記WEBサイトをご覧ください。
 http://www.nismo.co.jp/M_SPORTS/index.html

Text: NISMO

SUPER GT

SUPER GT第4戦セパン ARTA NSXが2年連続ポール!

 オートバックス スーパーGT第4戦「ジャパンGTマレーシア」の予選が、6月24日、マレーシアのセパン・サーキット(1周5・542km)で行われ、ARTA NSXのラルフ・ファーマンが、ポールポジション(予選1位)を獲得。25日の決勝レースを最前列からスタートする。

 昨年もここでポールポジションを獲得したファーマンは、午前に行われた予選1回目でもトップタイムを記録し、午後に行われたスーパーラップ(予選1回目トップ10台による1台ずつでのタイムトライアル)で、さらにタイムを更新。1分57秒866と、2番手を1秒近く引き離すタイムで、自身GTレース通算5回目のポールポジションを獲得した。

 GT300クラスは、I.M JIHAN CO.LTD・アップル・紫電の加藤寛規が2分8秒692で、前戦富士に続きクラス1位となった。

 なお明日の決勝には、マレーシアのアブドラ首相が来場し、スタートフラッグと表彰のプレゼンターを努める予定。

■ポールポジション選手コメント

[GT500] No.8 ARTA NSX
ラルフ・ファーマン「2年連続のポールはうれしいね。この週末、クルマはとてもいい感じ。雨さえ降らなければ、1番になるチャンスはあると思っていた。ただ、思ったより路面の温度が低かったね。まさかマレーシアでタイヤ を温める走りをすることになるとはね」

伊藤大輔「このレースは(勝つ)チャンスだと思っています。金曜からクルマが調子いいし、今日はラルフがいい仕事をしてくれて、幸先いいですね。去年のレースは大半をリードしていながら、最後で抜かれた。今年は気温も低くて走りやすそうですし、勝てるようにがんばります」

[GT300] No.2 I.M JIHAN CO.LTD-APPLE-Shiden
加藤寛規「このコースは12時間レースなど4回も出て、勝ってもいるのでよく分かっています。ただ、今年は路面温度が低くて、朝にエンジニアと相談してタイヤを柔らかめのものにしました。雨が降ると、(スーパーラップで)あとに走る方が有利ですから」

高橋一穂「明日、雨になると厳しいですね。前回の富士でもポールからスタートしたんですが、ぶつかったりしてしまいましたから。明日はポール・トゥ・フィニッシュを目指してがんばります」

Text: GTアソシエイション

SUPER GT

SUPER GT第4戦セパン 公式予選総合結果

■GT500 Class

JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA -RIJ- (06/06/24) Total Qualify GT500 Weather:Cloudy Course:Dry
2006 AUTOBACS SUPER GT Round 4 Sepang International Circuit 5.542km

PosNoCar
Model
DriverTireWHSuper Lap
Time
Qualify 1
Time
km/h
18ARTA NSX
HONDA NSX
伊藤 大輔
ラルフ・ファーマン
BS1'57.866169.270
222MOTUL AUTECH Z
NISSAN FAIRLADY Z
ミハエル・クルム
リチャード・ライアン
BS101'58.794167.948
31ZENT セルモ SC
LEXUS SC430
立川 祐路
高木虎之介
BS201'59.228167.337
412カルソニック インパル Z
NISSAN FAIRLADY Z
ブノワ・トレルイエ
星野 一樹
BS101'59.343167.175
536OPEN INTERFACE TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS201'59.693166.686
6100RAYBRIG NSX
HONDA NSX
セバスチャン・フィリップ
細川慎弥
BS302'00.392165.719
73イエローハットYMS トミカ Z
NISSAN FAIRLADY Z
横溝 直輝
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
BS102'00.410165.694
823XANAVI NISMO Z
NISSAN FAIRLADY Z
本山 哲
松田次生
BS302'00.436165.658
918TAKATA童夢NSX
HONDA NSX
道上 龍
小暮卓史
BS702'01.100164.750
1024WOODONE ADVAN KONDO Z
NISSAN FAIRLADY Z
エリック・コマス
柳田 真孝
YH10(+1)2'02.014163.516
1132EPSON NSX
HONDA NSX
ロイック・デュバル
武藤英紀
DL2'00.463165.621
126Mobil 1 SC
LEXUS SC430
飯田 章
片岡龍也
BS302'00.509165.558
1325ECLIPSE ADVANスープラ
TOYOTA SUPRA
織戸 学
土屋 武士
YH+12'00.773165.196
1466triple a サードスープラGT
TOYOTA SUPRA
アンドレ・クート
平中 克幸
BS202'01.286164.497
1535BANDAI DIREZZA SC430
LEXUS SC430
服部 尚貴
ピーター・ダンブレック
DL602'01.802163.800
■GT300 Class

JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA -RIJ- (06/06/24) Total Qualify GT300 Weather:Cloudy Course:Dry
2006 AUTOBACS SUPER GT Round 4 Sepang International Circuit 5.542km

PosNoCar
Model
DriverTireWHSuper Lap
Time
Qualify 1
Time
km/h
12 I.M JIHAN CO.LTD・APPLE・Shiden
MOONCRAFT SHIDEN
高橋一穂
加藤 寛規
YH152'08.692155.031
213エンドレスアドバンCCI Z
NISSAN FAIRLADY Z
影山 正美
藤井誠暢
YH202'10.090153.365
37雨宮アスパラドリンクRX7
MAZDA RX-7
山野 哲也
井入宏之
YH2'10.222153.209
419ウェッズスポーツセリカ
TOYOTA CELICA
松田 晃司
脇阪薫一
YH+12'10.398153.002
555DHG ADVAN FORD GT
FORD GT
光貞 秀俊
池田大祐
YH+12'10.694152.656
6110TOTALBENEFIT GREENTEC BOXSTER
PORSCHE BOXSTER
松田秀士
菅 一乗
YH252'10.810152.520
714ハンコックエンドレスポルシェ< br />PORSCHE 911GT3R木下 みつひろ
峰尾恭輔
HK102'11.119152.161
896EBBRO BTEC MAZIORA 350R
VEMAC RD350R
黒澤 琢弥
黒澤翼
DL2'11.184152.086
911JIM CENTER FERRARI DUNLOP
FERRARI F360 MODENA
田中 哲也
青木 孝行
DL152'11.286151.967
1027direxiv ADVAN 320R
VEMAC 320R
密山 祥吾
谷口信輝
YH452'17.801144.783
1162WILLCOM ADVAN VEMAC408R
VEMAC 408R
柴原 眞介
八木宏之
YH302'10.763152.575
125プロμマッハGOGOGO車検320R九州
VEMAC 320R
玉中 哲二
筒井克彦
YH+22'10.821152.508
13101TEAM RUN'A apr MR-S
TOYOTA MR-S
新田 守男
高木真一
MI202'10.906152.409
1447吉兆宝山 DIREZZA Z
NISSAN FAIRLADY Z
長島 正興
安田裕信
DL+12'11.026152.269
1546吉兆宝山 DIREZZA Z
NISSAN Fairlady Z
佐々木 孝太
番場琢
DL252'11.293151.959
16777梁山泊 apr MR-S
TOYOTA MR-S
田中 実
大嶋和也
MI+12'11.563151.647
1710T&G CyberAgent DUNLOP F360
FERRARI F360 MODENA
小園ひろみ
尾本 直史
DL+22'11.985151.163
18910洗剤革命TEAM UEMATSU&石松RSR
PORSCHE 996GT3RSR
植松忠雄
菊地 靖
YH2'12.121151.007
1970外車の外国屋アドバンポルシェ
PORSCHE 996GT3RS
石橋 義三
平川晃
YH2'13.995148.895
20666ライフワークBOMEXアップル NSX
HONDA NSX
周防 彰悟
山下潤一郎
YH+22'14.171148.700

SUPER GT

SUPER GT第4戦セパン スーパーラップ結果

■GT500 Class

JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA -RIJ- (06/06/24) Super Lap GT500 Weather:Cloudy Course:Dry
2006 AUTOBACS SUPER GT Round 4 Sepang International Circuit 5.542km

PosNoCar
Model
DriverTireWHTimeDelayGapkm/h
18ARTA NSX
HONDA NSX
伊藤 大輔
ラルフ・ファーマン
BS1'57.866--169.270
222MOTUL AUTECH Z
NISSAN FAIRLADY Z
ミハエル・クルム
リチャード・ライアン
BS101'58.794 0.928 0.928167.948
31ZENT セルモ SC
LEXUS SC430
立川 祐路
高木虎之介
BS201'59.228 1.362 0.434167.337
412カルソニック インパル Z
NISSAN FAIRLADY Z
ブノワ・トレルイエ
星野 一樹
BS101'59.343 1.477 0.115167.175
536OPEN INTERFACE TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS201'59.693 1.827 0.350166.686
6100RAYBRIG NSX
HONDA NSX
セバスチャン・フィリップ
細川慎弥
BS302'00.392 2.526 0.699165.719
73イエローハットYMS トミカ Z
NISSAN FAIRLADY Z
横溝 直輝
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
BS102'00.410 2.544 0.018165.694
823XANAVI NISMO Z
NISSAN FAIRLADY Z
本山 哲
松田次生
BS302'00.436 2.570 0.026165.658
918TAKATA童夢NSX
HONDA NSX
道上 龍
小暮卓史
BS702'01.100 3.234 0.664164.750
1024WOODONE ADVAN KONDO Z
NISSAN FAIRLADY Z
エリック・コマス
柳田 真孝
YH10(+1)2'02.014 4.148 0.914163.516
■GT300 Class

JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA -RIJ- (06/06/24) Super Lap GT300 Weather:Cloudy Course:Dry
2006 AUTOBACS SUPER GT Round 4 Sepang International Circuit 5.542km

PosNoCar
Model
DriverTireWHTimeDelayGapkm/h
12 I.M JIHAN CO.LTD・APPLE・Shiden
MOONCRAFT SHIDEN
高橋一穂
加藤 寛規
YH152'08.692--155.031
213エンドレスアドバンCCI Z
NISSAN FAIRLADY Z
影山 正美
藤井誠暢
YH202'10.090 1.398 1.398153.365
37雨宮アスパラドリンクRX7
MAZDA RX-7
山野 哲也
井入宏之
YH2'10.222 1.530 0.132153.209
419ウェッズスポーツセリカ
TOYOTA CELICA
松田 晃司
脇阪薫一
YH+12'10.398 1.706 0.176153.002
555DHG ADVAN FORD GT
FORD GT
光貞 秀俊
池田大祐
YH+12'10.694 2.002 0.296152.657
6110TOTALBENEFIT GREENTEC BOXSTER
PORSCHE BOXSTER
松田秀士
菅 一乗
YH252'10.810 2.118 0.116152.520
714ハンコックエンドレスポルシェ< br />PORSCHE 911GT3R木下 みつひろ
峰尾恭輔
HK102'11.119 2.427 0.309152.161
896EBBRO BTEC MAZIORA 350R
VEMAC RD350R
黒澤 琢弥
黒澤翼
DL2'11.184 2.492 0.065152.086
911JIM CENTER FERRARI DUNLOP
FERRARI F360 MODENA
田中 哲也
青木 孝行
DL152'11.286 2.594 0.102151.967
1027direxiv ADVAN 320R
VEMAC 320R
密山 祥吾
谷口信輝
YH452'17.801 9.109 6.515144.783

SUPER GT

SUPER GT第4戦セパン 公式予選2回目結果

JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA -RIJ- (06/06/24) Qualifying 2 Weather:Cloudy Course:Dry
2006 AUTOBACS SUPER GT Round 4 Sepang International Circuit 5.542km

PosNoClassCls
Pos
Car
Model
DriverTireWHTimeDelaykm/h
112GT5001カルソニック インパル Z
NISSAN FAIRLADY Z
ブノワ・トレルイエ
星野一樹
BS102'00.628-165.394
21GT5002ZENT セルモ SC
LEXUS SC430
立川 祐路
高木虎之介
BS202'01.313 0.685164.461
322GT5003MOTUL AUTECH Z
NISSAN FAIRLADY Z
ミハエル・クルム
リチャード・ライアン
BS102'01.490 0.862164.221
425GT5004ECLIPSE ADVANスープラ
TOYOTA SUPRA
織戸 学
土屋 武士
YH+12'02.147 1.519163.338
536GT5005OPEN INTERFACE TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS202'02.501 1.873162.866
66GT5006Mobil 1 SC
LEXUS SC430
飯田 章
片岡龍也
BS302'02.513 1.885162.850
724GT5007WOODONE ADVAN KONDO Z
NISSAN FAIRLADY Z
エリック・コマス
柳田 真孝
YH10(+1)2'02.781 2.153162.494
866GT5008triple a サードスープラGT
TOYOTA SUPRA
アンドレ・クート
平中 克幸
BS202'02.813 2.185162.452
918GT5009TAKATA童夢NSX
HONDA NSX
道上 龍
小暮卓史
BS702'02.989 2.361162.219
10100GT50010RAYBRIG NSX
HONDA NSX
セバスチャン・フィリップ
細川慎弥
BS302'03.037 2.409162.156
1132GT50011EPSON NSX
HONDA NSX
ロイック・デュバル
武藤英紀
DL2'03.457 2.829161.604
1235GT50012BANDAI DIREZZA SC430
LEXUS SC430
服部 尚貴
ピーター・ダンブレック
DL602'04.326 3.698160.475
133GT50013イエローハットYMS トミカ Z
NISSAN FAIRLADY Z
横溝 直輝
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
BS102'04.345 3.717160.450
148GT50014ARTA NSX
HONDA NSX
伊藤 大輔
ラルフ・ファーマン
BS2'05.918 5.290158.446
157GT3001雨宮アスパラドリンクRX7
MAZDA RX-7
山野 哲也
井入宏之
YH2'11.32710.699151.920
1613GT3002エンドレスアドバンCCI Z
NISSAN FAIRLADY Z
影山 正美
藤井誠暢
YH202'12.27011.642150.837
1755GT3003DHG ADVAN FORD GT
FORD GT
光貞 秀俊
池田大祐
YH+12'12.45411.826150.627
1819GT3004ウェッズスポーツセリカ
TOYOTA CELICA
松田 晃司
脇阪薫一
YH+12'12.74012.112150.303
1923GT50015XANAVI NISMO Z
NISSAN FAIRLADY Z
本山 哲
松田次生
BS302'13.28412.656149.689
2046GT3005吉兆宝山 DIREZZA Z
NISSAN Fairlady Z
佐々木 孝太
番場琢
DL252'13.86213.234149.043
2111GT3006JIM CENTER FERRARI DUNLOP
FERRARI F360 MODENA
田中 哲也
青木 孝行
DL152'13.94513.317148.951
22101GT3007TEAM RUN'A apr MR-S
TOYOTA MR-S
新田 守男
高木真一
MI202'14.06213.434148.821
23110GT3008TOTALBENEFIT GREENTEC BOXSTER
PORSCHE BOXSTER
松田秀士
菅 一乗
YH252'14.07313.445148.808
24777GT3009梁山泊 apr MR-S
TOYOTA MR-S
田中 実
大嶋和也
MI+12'14.69214.064148.125
252GT30010 I.M JIHAN CO.LTD・APPLE・Shiden
MOONCRAFT SHIDEN
高橋一穂
加藤 寛規
YH152'15.28714.659147.473
2696GT30011EBBRO BTEC MAZIORA 350R
VEMAC RD350R
黒澤 琢弥
黒澤翼
DL2'15.35714.729147.397
2762GT30012WILLCOM ADVAN VEMAC408R
VEMAC 408R
柴原 眞介
八木宏之
YH302'15.42814.800147.320
2847GT30013吉兆宝山 DIREZZA Z
NISSAN FAIRLADY Z
長島 正興
安田裕信
DL+12'15.46614.838147.278
295GT30014プロμマッハGOGOGO車検320R九州
VEMAC 320R
玉中 哲二
筒井克彦
YH+22'15.73415.106146.987
3014GT30015ハンコックエンドレスポルシェ< br />PORSCHE 911GT3R木下 みつひろ
峰尾恭輔
HK102'16.54015.912146.120
31910GT30016洗剤革命TEAM UEMATSU&石松RSR
PORSCHE 996GT3RSR
植松忠雄
菊地 靖
YH2'17.38716.759145.219
32666GT30017ライフワークBOMEXアップル NSX
HONDA NSX
周防 彰悟
山下潤一郎
YH+22'17.97617.348144.599
3310GT30018T&G CyberAgent DUNLOP F360
FERRARI F360 MODENA
小園ひろみ
尾本 直史
DL+22'22.23621.608140.268
3470GT30019外車の外国屋アドバンポルシェ
PORSCHE 996GT3RS
石橋 義三
平川晃
YH2'24.40723.779138.160
-27GT300-direxiv ADVAN 320R
VEMAC 320R
密山 祥吾
谷口信輝
YH45Absent--

SUPER GT

SUPER GT第4戦セパン 公式予選1回目結果

JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA -RIJ- (06/06/24) Qualifying 1 Weather:Cloudy Course:Dry
2006 AUTOBACS SUPER GT Round 4 Sepang International Circuit 5.542km

PosNoClassCls
Pos
Car
Model
DriverTireWHTimeDelaykm/h
18GT5001ARTA NSX
HONDA NSX
伊藤 大輔
ラルフ・ファーマン
BS1'58.642-168.163
212GT5002カルソニック インパル Z
NISSAN FAIRLADY Z
ブノワ・トレルイエ
星野一樹
BS101'58.849 0.207167.870
322GT5003MOTUL AUTECH Z
NISSAN FAIRLADY Z
ミハエル・クルム
リチャード・ライアン
BS101'58.990 0.348167.671
41GT5004ZENT セルモ SC
LEXUS SC430
立川 祐路
高木虎之介
BS201'59.554 0.912166.880
536GT5005OPEN INTERFACE TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS201'59.677 1.035166.709
618GT5006TAKATA童夢NSX
HONDA NSX
道上 龍
小暮卓史
BS701'59.781 1.139166.564
73GT5007イエローハットYMS トミカ Z
NISSAN FAIRLADY Z
横溝 直輝
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
BS101'59.942 1.300166.340
823GT5008XANAVI NISMO Z
NISSAN FAIRLADY Z
本山 哲
松田次生
BS302'00.132 1.490166.077
9100GT5009RAYBRIG NSX
HONDA NSX
セバスチャン・フィリップ
細川慎弥
BS302'00.247 1.605165.918
1024GT50010WOODONE ADVAN KONDO Z
NISSAN FAIRLADY Z
エリック・コマス
柳田 真孝
YH10(+1)2'00.430 1.788165.666
1132GT50011EPSON NSX
HONDA NSX
ロイック・デュバル
武藤英紀
DL2'00.463 1.821165.621
126GT50012Mobil 1 SC
LEXUS SC430
飯田 章
片岡龍也
BS302'00.509 1.867165.558
1325GT50013ECLIPSE ADVANスープラ
TOYOTA SUPRA
織戸 学
土屋 武士
YH+12'00.773 2.131165.196
1466GT50014triple a サードスープラGT
TOYOTA SUPRA
アンドレ・クート
平中 克幸
BS202'01.286 2.644164.497
1535GT50015BANDAI DIREZZA SC430
LEXUS SC430
服部 尚貴
ピーター・ダンブレック
DL602'01.802 3.160163.800
167GT3001雨宮アスパラドリンクRX7
MAZDA RX-7
山野 哲也
井入宏之
YH2'09.67411.032153.857
172GT3002 I.M JIHAN CO.LTD・APPLE・Shiden
MOONCRAFT SHIDEN
高橋一穂
加藤 寛規
YH152'09.96511.323153.512
1819GT3003ウェッズスポーツセリカ
TOYOTA CELICA
松田 晃司
脇阪薫一
YH+12'10.03611.394153.428
1996GT3004EBBRO BTEC MAZIORA 350R
VEMAC RD350R
黒澤 琢弥
黒澤翼
DL2'10.11311.471153.337
2055GT3005DHG ADVAN FORD GT
FORD GT
光貞 秀俊
池田大祐
YH+12'10.36911.727153.036
2127GT3006direxiv ADVAN 320R
VEMAC 320R
密山 祥吾
谷口信輝
YH452'10.39411.752153.007
2213GT3007エンドレスアドバンCCI Z
NISSAN FAIRLADY Z
影山 正美
藤井誠暢
YH202'10.56611.924152.805
2314GT3008ハンコックエンドレスポルシェ< br />PORSCHE 911GT3R木下 みつひろ
峰尾恭輔
HK102'10.60911.967152.755
24110GT3009TOTALBENEFIT GREENTEC BOXSTER
PORSCHE BOXSTER
松田秀士
菅 一乗
YH252'10.68812.046152.664
2511GT30010JIM CENTER FERRARI DUNLOP
FERRARI F360 MODENA
田中 哲也
青木 孝行
DL152'10.71312.071152.634
2662GT30011WILLCOM ADVAN VEMAC408R
VEMAC 408R
柴原 眞介
八木宏之
YH302'10.76312.121152.575
275GT30012プロμマッハGOGOGO車検320R九州
VEMAC 320R
玉中 哲二
筒井克彦
YH+22'10.82112.179152.508
28101GT30013TEAM RUN'A apr MR-S
TOYOTA MR-S
新田 守男
高木真一
MI202'10.90612.264152.409
2947GT30014吉兆宝山 DIREZZA Z
NISSAN FAIRLADY Z
長島 正興
安田裕信
DL+12'11.02612.384152.269
3046GT30015吉兆宝山 DIREZZA Z
NISSAN Fairlady Z
佐々木 孝太
番場琢
DL252'11.29312.651151.959
31777GT30016梁山泊 apr MR-S
TOYOTA MR-S
田中 実
大嶋和也
MI+12'11.56312.921151.647
3210GT30017T&G CyberAgent DUNLOP F360
FERRARI F360 MODENA
小園ひろみ
尾本 直史
DL+22'11.98513.343151.163
33910GT30018洗剤革命TEAM UEMATSU&石松RSR
PORSCHE 996GT3RSR
植松忠雄
菊地 靖
YH2'12.12113.479151.007
3470GT30019外車の外国屋アドバンポルシェ
PORSCHE 996GT3RS
石橋 義三
平川晃
YH2'13.99515.353148.895
35666GT30020ライフワークBOMEXアップル NSX
HONDA NSX
周防 彰悟
山下潤一郎
YH+22'14.17115.529148.700
  • CarNo.110 は、CarNo.2 に対する接触行為により、ベストタイムを抹消した。

SUPER GT

SUPER GT第4戦セパン GT-R がクアラルンプールの街中を激走!

第4 戦を控えたマレーシアで、SUPER GT マシンが公道をパレード走行

060618_05

 2006 年6 月18 日(日)午後2 時40 分、マレーシア・クアラルンプール市街に、2003 年モデルのMOTUL PITWORK GT-R の低いエンジン音が響き渡った。1 週間後に2006 AUTOBACS SUPER GTRound4 『JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA』の開催を控えるマレーシアでは、今回スーパーGTの中継を放映することになるマレーシアの国営放送(RTM: Redio Televisyen Malaysia)とセパン・インターナショナル・サーキット(SIC)の協力による、クアラルンプール市内でのGTマシンのデモ走行が実現した。日本国内を中心としたモータースポーツシリーズで、海外において公道を使用してのプロモーション・ランを実現させたのは、今回が初めて。

060618_01  今回の走行でMOTUL PITWORK GT-Rをドライブしたのは、第4戦から山本左近選手の代わりに、#22MOTUL AUTECH Zをドライブすることとなった、リチャード・ライアン選手(アイルランド出身)。

060618_06  RTM 副社長Ms. Rokidti Norma Mohd Ramli のフラッグオフによりマシンは買い物客で賑わうショッピングモール「タイムズ・スクエア」を離れ、沢山の観衆が見守る中、白バイの先導で「Merdeka Square」へと向かった。その後はJulan Raja を通り、2 度目の中継ポイントである「SOGO」前へ。ここからスタート地点の「タイムズ・スクエア」に戻ろうとした直後に、マレーシア特有の猛烈なスコールが発生! その後の予定ルートが冠水した事が判明した為、残念ながらここでパレードランは中止となった。当初予定されていた約17kmの行程の内、約10km を時速約50-60km、信号は全てノンストップで、約15 分かけて走行した。

 R・ライアン選手は今回のドライブの感想をこのように語った。「今回のレースからまたスーパーGTに戻ってこられてとてもうれしいし、そしていきなりこのような貴重な体験をすることができて本当に興奮している。沿道の人たちのびっくりした顔が面白かったね。またこのような機会があったら是非やりたいね。」R・ライアン選手は昨年度のマレーシア大会で激しいレースの末、逆転し優勝している。

Text & Photo: GTアソシエイション

Japanese F3

全日本F3第8戦岡山でグリッドキッズを開催

 全日本F3選手権第8戦が開催された岡山国際サーキットで18日、グリッドキッズが催された。

060618_kids1 060618_kids2

 スタート前、応募して抽選で選ばれた小学生が、主催者が用意したお揃いのTシャツを着てグリッドに整列。8名はF3フラッグを持ち、28名が2人づつドライバーの名前の書かれたボードを持ちグリッドの横に立つと、ピットからスタートした14台のF3マシンが子供達の待つ自身の予選ポジションに滑り込んできた。

 子供達は、マシンの横に立って少し緊張気味。大喜びだったのは、保護者としてパドックパスを手に入れ、グリッドに並んだ子供の写真を撮る彼らの父兄だったようだ。

 通常、この手の役目はグリッドガールと呼ばれる成人女性によって行われてきたが、小学生がグリッドの横に立つのは異例。この貴重な体験をした子供達の中から将来のドライバーやレースクィーンが生まれるかも知れない。

Text & Photo: Yoshinori OHNISHI (FMOTOR)

Japanese F3

全日本F3第8戦岡山決勝 上位3人のコメント

060618_win

060618_2nd

060618_3rd

エイドリアン・スーティル(優勝)
今日もグレートなレースができて嬉しいです。
今週末は全てがパーフェクトで、何一つミスがありませんでしたから、トムスのみなさんには感謝しています。
日本に来てすぐは全てのものが新しく、特にタイヤの特性の違いに戸惑いましたが、テストを重ねることで解決してきて、今ではパフォーマンスを100%引き出せるようになりましたから、日本でレースすることにして良かったと今は思います。

マルコ・アスマー(2位)
今年初めての表彰台を獲得できて嬉しいです。
これまであまりテストができませんでしたが、今回僕らのクルマがドライでも速いことが判ったので良かったです。セッティングのベースはできているんですが、まだ詰めきれない部分があるんです。
今日はハードにプッシュしましたけど、スーティルのほうがコンマ1~2秒速かったので、どうしても追いつけませんでした。
でも、カルボーンとともに表彰台に上がれたのは良かったですし、チームには感謝しています。

ファビオ・カルボーン(3位)
前の二人にはついていけませんでした。
毎回表彰台には上がれているので、クルマは悪くないんですけど、優勝できてるわけではないので、まだ課題は残っています。
次の鈴鹿でも表彰台が狙えるようないいレースをしたいですね。

Text:Kazuhisa SUEHIRO

Japanese F3

全日本F3第8戦岡山決勝 スーティル、独走で3連勝!!

060618_sutil_s 岡山国際サーキットで開催されている全日本F3選手権の第8戦決勝は、ポールシッターの#1エイドリアン・スーティル(DHG TOM'S F305)がまたしても圧倒的な速さで後続をぶっちぎって今季4勝目を挙げた。
(天候:晴れ コース:ドライ 観客動員数:5,875人)

スーティルの独走が止まらない。
昨日の雨とはうって変わって、強い日差しの照りつける岡山での第8戦をポールポジションからスタートしたスーティルは、1コーナーにトップで飛び込むと、またしても序盤からハイペースで後続を突き放しにかかる。

060618_asmer_s 2位には予選4番手からオープニングラップでジャンプアップしてきた#14マルコ・アスマーがつけ、懸命にスーティルを追うが、レースを折り返すまでに早くも5秒以上の差をつけられてしまった。
スーティルはレース後半にはアスマーとの間隔を見ながらペースをコントロールする余裕すら見せて25周を独走状態で走りきり、今季4度目の、そしてもてぎラウンドの第6戦から3戦連続の勝利を挙げ、ポイントランキングでも独走状態に入った。

060618_carbone_s 3位にはアスマーのチームメイト、ベテランの#12ファビオ・カルボーンが入り、昨年ここで連勝しているスリーボンドが今年も2つの表彰台を獲得することとなった。
レース終盤には3番手スタートながら出遅れた#10塚越広大と、後方グリッドから順位を上げてきた#2伊沢拓也がカルボーンの背後を脅かすが、最後までカルボーンが3位の座を守りきった。

セカンドグリッドからスタートした#3ジョニー・リードは2番手のまま1コーナーに飛び込むが、ヘアピンでアスマー、カルボーンに相次いで抜かれ、その後には塚越にも先行されて5位に落ちた後、後方から追い上げてきた伊沢と3周目のヘアピンで接触してしまう。
伊沢はすぐにコースに戻ったが、リードはパドック裏のストレートでクルマを止めてレースを終えることとなってしまった。

次戦は7月8-9日。真夏の鈴鹿サーキットでの戦いだ。

Text:Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

Japanese F3

全日本F3第8戦岡山決勝結果

スーパーF3レース -RIJ- (2006/06/18) Race Results Weather:Fine Course:Dry
All Japan F3 Championship Round 8 岡山国際サーキット 3.703 km

PNoDriverCarChassisEngineLapTime/Behind
1*1エイドリアン・スーティルDHG TOM'S F305DALLARA F3053S-GE2536'54.164
214マルコ・アスマーThreeBondDALLARA F305SR20VE255.901
312ファビオ・カルボーンThreeBondDALLARA F305SR20VE2512.750
410塚越 広大Honda 無限 F107DOME F107MF204C2513.393
52伊沢 拓也Honda・戸田FIGHTEXDOME F107MF204C2515.307
675池田 大祐EMS F306DALLARA F3063S-GE2533.721
733石浦 宏明広島トヨタDALLARAF305DALLARA F3053S-GE2534.601
84ロベルト・ストレイトINGING F306DALLARA F3063S-GE2536.207
974岡田 暁EMS F306DALLARA F3063S-GE2540.902
1062嵯峨 宏紀DENSO・ルボーセF306DALLARA F3063S-GE2559.575
1150磯崎 元彦GOLDON ZAP F305DALLARA F3053S-GE251'03.472
-------- 以上規定周回数 ( 22 Laps ) 完走 --------
-*37安岡 秀徒TDP TOM'S F305DALLARA F3053S-GE1015 Laps
-3ジョニー・リードINGING F306DALLARA F3063S-GE223 Laps
-36大嶋 和也TDP TOM'S F305DALLARA F3053S-GE223 Laps
  • Fastest Lap: CarNo.1 エイドリアン・スーティル(DHG TOM'S F305) 1'27.903 9/25 151.65km/h
  • ゼッケンNo.37は、2006全日本フォーミュラ3選手権統一規則第3章第27条14.(反則スタート)により第44条 5. 1)①を適用し、ドライビングスルーペナルティを課した。(14:59)
  • ゼッケンNo.1は、国際モータースポーツ競技規則付則L項 4. d)(ラインカット)により、罰金50,000円を課した。(15:10)

Japanese F3

全日本F3第7戦岡山決勝 上位3人のコメント

060617_win

060617_2nd

060617_3rd

エイドリアン・スーティル(優勝)
また雨のレースになってしまいましたが、今回はエンジョイできました。
他のドライバーがどういう状態か判らなかったので序盤からプッシュしましたが、チームがいいクルマを用意してくれたので、後続とのギャップを広げることもできました。
トムスのスタッフには感謝しています。

塚越広大(2位)
フォーメーションラップに出て行くときのスタートがうまくいったので、本番も同じようにできるかと思ったんですが、うまくいきませんでした。
1コーナーで伊沢さんが横に並んできて、ちょっと無理やりな感じだったので二人ともオーバーランしてしまいました。そこから並んだまま次のコーナーに入ったんですが、ぼくのいるイン側はグリップが低かったので先に行かれてしまいました。
(2位に上がってからは)とにかく1周1周一生懸命走るつもりで最後までやりました。

伊沢拓也(3位)
自分では強引に行ったつもりはなかったんですが、思ったよりもフロントタイヤがグリップしてくれなかったので(塚越に)当たりそうになりました。でも彼がフェアにやってくれたので当たらずに済みました。
(ヘアピンでのコースアウトについて)ブレーキングミスです。前のペースについていこうとブレーキを詰めていったらフロントをロックさせてしまいました。
自分のミスでこうなってしまったのは残念です。

Text & Photo:Kazuhisa SUEHIRO

Japanese F3

全日本F3第7戦岡山決勝 スーティルが圧勝!

060617_sutil2_s 岡山国際サーキットで行われた全日本F3選手権第7戦の決勝は、予選後に降り出した雨のため、またもやウェットレースとなった。
このレースを制したのは#1エイドリアン・スーティル(DHG TOM'S F305)。序盤から圧倒的なハイペースで後続を突き放し、今季3勝目を飾った。
(天候:雨 コース:ウェット 観客動員数:3,658人)

予報では終日曇りとなっていたにも拘らず、予選終了後から小雨が降り始めてしまい、決勝はまたしてもウェットコンディションで行われることとなってしまった。
このため、スタート進行に先立って10分間のフリー走行セッションが設けられ、これに伴い当初予定より10分遅れの午後3時20分に第7戦の決勝レースはスタートした。

ポールシッターの塚越が出遅れるのを尻目にセカンドグリッドからトップに躍り出たスーティルは序盤から一気に後続を突き放しにかかる。
2番手以降が37秒代後半から38秒台で周回する中、スーティルは序盤から36秒台を連発、12周目以降はただ一人35秒台を記録する圧倒的なペースで後続との間に1周辺り2秒近いリードを築き続け、最終的には2番手に31秒711の大差をつけて今季3勝目を挙げた。

060617_kodai2_s 塚越はオープニングラップで伊沢にも抜かれて3番手まで後退するが、伊沢は6周目のヘアピンで痛恨のコースアウトを喫してしまう。
これで順位を一つ挽回した塚越は、そこから徐々にペースを上げていくものの、37秒台に入れるのがやっとの状況では、スーティルのハイペースに全く太刀打ちできなかった。

3位にはコースに復帰した伊沢が入った。伊沢にとっては鈴鹿での初勝利以来、今季2度目の表彰台だが、本人にとっては全く満足できない内容だろう。

続く第8戦の決勝は明日午後2時50分より、25周で行われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

Japanese F3

全日本F3第7戦岡山決勝結果

スーパーF3レース -RIJ- (2006/06/17) Race Results Weather:Rainy Course:Wet
All Japan F3 Championship Round 7 岡山国際サーキット 3.703 km

PNoDriverCarChassisEngineLapTime/Behind
11エイドリアン・スーティルDHG TOM'S F305DALLARA F3053S-GE1828'59.910
210塚越 広大Honda 無限 F107DOME F107MF204C1831.711
32伊沢 拓也Honda・戸田FIGHTEXDOME F107MF204C1838.665
412ファビオ・カルボーンThreeBondDALLARA F305SR20VE1841.526
533石浦 宏明広島トヨタDALLARAF305DALLARA F3053S-GE1842.313
614マルコ・アスマーThreeBondDALLARA F305SR20VE1842.998
775池田 大祐EMS F306DALLARA F3063S-GE1854.662
836大嶋 和也TDP TOM'S F305DALLARA F3053S-GE1855.021
962嵯峨 宏紀DENSO・ルボーセF306DALLARA F3063S-GE181'03.191
10*3ジョニー・リードINGING F306DALLARA F3063S-GE181'03.447
1150磯崎 元彦GOLDON ZAP F305DALLARA F3053S-GE171 Lap 
-------- 以上規定周回数 ( 16 Laps ) 完走 --------
-37安岡 秀徒TDP TOM'S F305DALLARA F3053S-GE135 Laps
-4ロベルト・ストレイトINGING F306DALLARA F3063S-GE108 Laps
-74岡田 暁EMS F306DALLARA F3063S-GE216 Laps
  • Fastest Lap: CarNo.1 エイドリアン・スーティル(DHG TOM'S F305) 1'35.621 14/18 139.41km/h
  • ゼッケンNo.3は、2006全日本フォーミュラ3選手権統一規則第3章第27条14.(反則スタート)により第44条 5. 1) ①を適用し、ドライビングスルーペナルティを課した。(15:29)

Japanese F3

全日本F3第7戦&8戦岡山公式予選 第7戦は塚越、第8戦はスーティルがポール

全日本F3選手権第7戦、第8戦の公式予選が6月17日、岡山国際サーキットで行われ、第7戦は#10塚越広大(Honda・無限 F107)、第8戦は#1エイドリアン・スーティル(DHG TOM'S F305)がそれぞれポールポジションを獲得した。

公式予選日を迎えた岡山国際サーキットの天候は曇り。開幕からここまで雨に翻弄されることの多かった2006シーズンだが、予報では今回に関しては雨の心配はなさそうだ。

第7戦の予選は午前10時25分に開始された。
昨日の雨で路面コンディションが悪化しているためか、いつものように全車一斉ではなく、#50磯崎元彦を先頭に、少しづつ間隔をあけながら1台、また1台とコースに飛び出していくF3ドライバーたち。
僅か15分間の予選時間にも関わらず、一番最後に#1エイドリアン・スーティルがコースインしたときには既に開始から5分が経過していた。

このセッションでは塚越と#2伊沢拓也の童夢勢が好調ぶりが目立った。
開始早々から互いにトップタイムを出し合う展開で1-2体制を築き上げ、開始から10分経過したところで伊沢が1分25秒909と、真っ先に25秒台に入れてトップに立つ。

今季2勝を挙げているスーティル、#4ロベルト・ストレイトらの外国勢も次第にタイムを上げ、残り3分のところでスーティルが1分25秒755と伊沢のタイムを上回ってトップに躍り出た。

060617_kodai_s しかし、予選終了まで10秒あまりとなったところで塚越が25秒685を叩き出してトップの座を奪い返し、今季2度目のポールポジションを獲得した。

060617_sutil_s 10分間のインターバルの後、第8戦の公式予選が開始された。
ここでは#3ジョニー・リード、#14マルコ・アスマーらが好タイムを記録、序盤から上位に名を連ねるが、塚越、スーティルらも徐々にタイムを上げ、最終的にはスーティルが1分25秒627と、第7戦で塚越の記録したタイムを上回ってポールを獲得することとなった。
逆に塚越は25秒787と自己ベストを更新することができず、このセッションでは3番手に甘んじる結果となった。
2番手にはリード、4番手にはアスマーがつけた。

第7戦では3番手だった伊沢もこの予選ではタイムが伸び悩み、1分25秒966で9番手に留まり、ストレイトも26秒033と10番手に甘んじる結果となった。

第7戦の決勝は今日午後3時10分より17周で、第8戦決勝は明日18日、午後2時50分より25周で行われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

Japanese F3

全日本F3第8戦岡山予選結果

スーパーF3レース -RIJ- (2006/06/17) Qualifying-Session: Weather:Cloudy Course:Dry
2006 All Japan F3 Championship Round 8 岡山国際サーキット 3.703 km

PNoDriverCarChassisEngineTimeDelayGapkm/h
11エイドリアン・スーティルDHG TOM'S F305DALLARA F3053S-GE1'25.627--155.68
23ジョニー・リードINGING F306DALLARA F3063S-GE1'25.7640.1370.137155.44
310塚越 広大Honda 無限 F107DOME F107MF204C1'25.7870.1600.023155.39
414マルコ・アスマーThreeBondDALLARA F305SR20VE1'25.7900.1630.003155.39
533石浦 宏明広島トヨタDALLARAF305DALLARA F3053S-GE1'25.8260.1990.036155.32
637安岡 秀徒TDP TOM'S F305DALLARA F3053S-GE1'25.8890.2620.063155.21
7*12ファビオ・カルボーンThreeBondDALLARA F305SR20VE1'25.8930.2660.004155.20
8*36大嶋 和也TDP TOM'S F305DALLARA F3053S-GE1'25.8930.2660.000155.20
92伊沢 拓也Honda・戸田FIGHTEXDOME F107MF204C1'25.9660.3390.073155.07
104ロベルト・ストレイトINGING F306DALLARA F3063S-GE1'26.0330.4060.067154.95
1175池田 大祐EMS F306DALLARA F3063S-GE1'26.8631.2360.830153.47
1274岡田 暁EMS F306DALLARA F3063S-GE1'27.0971.4700.234153.06
1362嵯峨 宏紀DENSO・ルボーセF306DALLARA F3063S-GE1'27.3591.7320.262152.60
1450磯崎 元彦GOLDON ZAP F305DALLARA F3053S-GE1'27.4511.8240.092152.44
以上予選通過 基準タイム ( 110% ) 1'34.2998.6716.847141.37
  • ゼッケンNo.12、36の順位は、2006全日本フォーミュラ3選手権統一規則第3章第24条6.(同タイム)を適用し決定した。

Japanese F3

全日本F3第7戦岡山予選結果

スーパーF3レース -RIJ- (2006/06/17) Qualifying-Session: Weather:Cloudy Course:Dry
2006 All Japan F3 Championship Round 7 岡山国際サーキット 3.703 km

PNoDriverCarChassisEngineTimeDelayGapkm/h
110塚越 広大Honda 無限 F107DOME F107MF204C1'25.685--155.58
21エイドリアン・スーティルDHG TOM'S F305DALLARA F3053S-GE1'25.7420.0570.057155.48
32伊沢 拓也Honda・戸田FIGHTEXDOME F107MF204C1'25.7670.0820.025155.43
44ロベルト・ストレイトINGING F306DALLARA F3063S-GE1'25.9410.2560.174155.12
5*36大嶋 和也TDP TOM'S F305DALLARA F3053S-GE1'26.0110.3260.070154.99
612ファビオ・カルボーンThreeBondDALLARA F305SR20VE1'26.0850.4000.074154.86
737安岡 秀徒TDP TOM'S F305DALLARA F3053S-GE1'26.2000.5150.115154.65
83ジョニー・リードINGING F306DALLARA F3063S-GE1'26.2290.5440.029154.60
933石浦 宏明広島トヨタDALLARAF305DALLARA F3053S-GE1'26.2350.5500.006154.59
1014マルコ・アスマーThreeBondDALLARA F305SR20VE1'26.4120.7270.177154.27
1175池田 大祐EMS F306DALLARA F3063S-GE1'26.7061.0210.294153.75
1274岡田 暁EMS F306DALLARA F3063S-GE1'26.8691.1840.163153.46
1362嵯峨 宏紀DENSO・ルボーセF306DALLARA F3063S-GE1'27.5791.8940.710152.21
1450磯崎 元彦GOLDON ZAP F305DALLARA F3053S-GE1'27.9732.2880.394151.53
以上予選通過 基準タイム ( 110% ) 1'34.3048.6196.331141.36
  • ゼッケンNo.36は、国際モータースポーツ競技規則付則H項4.1.1 C)(ダブルチェッカー)違反により、罰金30,000円を課した。(10:54)

SUPER GT

GTマシンがクアラルンプールの街中を激走!!

今週末、リチャード・ライアン選手がGT-Rで公道をパレード走行

 2006 AUTOBACS SUPER GT Round4 JAPAN GT CHANPIONSHIP MALAYSIAの開催を控えるマレーシアで、GTマシンのパレード走行が決定した。

 マレーシア国内の公道を使用してこのような走行が実現したのは、今回が初めて。18日(日)14:30(現地時間)に、クアラルンプールのタイムズ・スクエアを出発/ゴールとして、約40分間のパレード走行が予定されている。 白バイの先導で走行し、信号は全てノンストップで通過する。

 走行車両はNismoのGT-Rで、ドライバーは第4戦から山本左近選手の代わりにスーパーGTシリーズに復帰する、リチャード・ライアン選手。

SUPER GT Press Release

JAPAN LE MANS CHALLENGE

JLMC:もてぎテストタイム(6/7)

Pos No. Cls Car Team Drivers     Session 1 Session 2 Km/h  Delay Best Time
1 21 LMP1 DUNLOP Zytek 05S HITOTSUYAMA RACING 野田 英樹 加藤 寛規   1'56.409 1'42.483 168.66 km/h 1'42.483
2 16 LMP1 無限 COURAGE LC70 TEAM 無限 荒 聖治 黒澤 治樹   1'55.767 1'43.994 1.511 1'43.994
3 20 LMGT1 DUNLOP Ferrari 550 GT1 HITOTSUYAMA RACING 田嶋 栄一     2'07.343 1'54.312 11.829 1'54.312
4 18 LMP2 Aim Sports GC-21 AIM SPORTS 山崎 信介 麻生 裕二   2'11.160 1'54.916 12.433 1'54.916
5 3 LMP2 ライフワーク BOMEX GC-21 MYZ 山本 将之 周防 彰悟 山下 潤一郎 2'12.561 1'56.260 13.777 1'56.260
6 27 LMGT2 シンワサービスRSR TEAM KAWAMURA 青山 光司 高木 真一 新田 守男 2'12.029 1'57.467 14.984 1'57.467
7 66 LMP1 島沢自動車BP・SK93 自動車工房MYST 島沢 隆彦 太田 浩 竹谷 賢二 2'24.407 1'58.046 15.563 1'58.046
8 7 LMGT2 DREAM ANGELS ADVAN RX7 PROTO WORKS 荻原 なお子     出走せず 2'19.450 36.967 2'19.450
9 14 LMGT2 MAZDA ロードスター TEAM NOPRO 金子 陽一 野上 敏彦   2'47.001 2'20.708 38.225 2'20.708

その他

JRC第4戦MSCC東京ラリー SUBARU MOTORSPORT EXPRESS

2006全日本ラリー選手権 第4戦 「MSCC東京ラリー2006」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■開催月日:2006年6月2日-4日 ■開催場所:福島県 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇SUBARUラリーチームジャパンの勝田範彦が3位入賞!

全9戦が組まれた今シーズンの全日本ラリー。第3戦のひえつきが中止となり今回第4戦がシリーズ3戦目となるが、シリーズ後半戦を見据えた戦いになることが予想された。 開幕2連勝を遂げて波に乗るSUBARUラリーチームジャパンの勝田範彦、今回のグラベルから巻き返しを図りたいチャンピオン奴田原文雄。この二人の戦いにライバルたちがどのように絡んでいくかが注目された。

ラリーの舞台は、福島県の棚倉町周辺に用意されたグラベル林道ステージ14本。初日のレグ1は8SS、二日目のレグ2には6SSが設けられていた。 ラリーは、序盤SS1&2と奴田原が連続ベストでリードする。勝田は奴田原の3.2秒落ち、0.8秒落ちと2番手をキープする。だがSS3で勝田は、ベストタイムの石田正史ランサーから11秒も遅れをとってしまい、3番手に順位を落とす。以降レグ1は勝田のタイムが思うように伸びず、5位スタートから追い上げてきた田口幸宏ランサーに逆転を許してしまい、レグ1を終えた時点で総合4番手。だが3番手の田口とは1.1秒差。2番手石田雅之ランサーとは13.3秒差。目標の3位以内はもちろん。2位も十分射程距離内にあった。

明けてレグ2。勝田は最初のSS9で、奴田原を3.4秒ちぎるベストタイムをマーク。まずは田口を逆転して3番手に浮上した。続くSS10と11は、インプレッサを駆る炭山裕矢が連続奪取。勝田は奴田原と同秒の2番手タイム。石田雅之には2.2秒差をつけ石田との差は5.4秒。さらにSS12では勝田はこの日2度目のベストタイムをたたき出し、石田との差を3.7秒にまで縮めた。 サービスをはさみ、残すは2SS5.16kmのみ。逆転を賭けてスタートした勝田だったが、逆にSS13は石田にベストタイムをマークされ、その差を4.3秒に広げられてしまった。

そして残すは最終SSの2.40km。もう勝負は決まったようなもの。最終SS14は炭山裕矢が再び気を吐いてベストタイムをマーク。勝田は炭山に続く2番手タイム。石田は勝田の1.1秒落ちながら2位を死守。勝田は目標の最低ラインだった3位を得ることとなった。 次戦・京都ラウンドは得意のターマック。勝田の3勝目に期待したい。

■Race Results
Pos Cl-Pos. Driver/Co Driver Car Time/Diff
1. JN4-1 奴田原文雄/林 哲 ADVAN-PIAAランサー 1:11:25.3
2. JN4-2 石田雅之/清田恵次 C-ONE POTENZA LANCER +20.6
3. JN4-3 勝田範彦/北田 稔 SUBARUラリーチームジャパン・インプレッサ +23.8
4. JN4-4 田口幸宏/佐藤忠宜 アドバンPIAA・KYBランサー +38.1
5. JN4-5 石田正史/宮城孝仁 DLテイン マルシェ ランサー +42.6
6. JN4-6 星野 博/渡辺孝次 クスコ・ポテンザ・CMSC・OZ・ランサー +1:26.3
7. JN4-7 大庭誠介/高橋 巧 REPSOL-ADVAN ランサー +1:44.4
8. JN4-8 岩下英一/草加浩平 オクヤマランサーEV08 +2:03.5
9. JN4-9 堀田 信/浦野昭美 DLオサムBRIGランサー +2:12.0
10. JN4-10 飯泉忠男/石田裕一 クスコポテンザCMSCランサー +2:26.6
◆上記の詳細は下記WEBサイトをご覧ください。 [スバルモータースポーツマガジン]

Text: スバルテクニカインターナショナル株式会社

SUPER GT

F1参戦の山本左近に代わりチャード・ライアンがSUPER GTに復帰(NISMOモータースポーツニュースフラッシュ)

◇SUPER GT参戦中の「MOTUL AUTECH Z(No.22)」ドライバー変更
ミハエル・クルムとリチャード・ライアンのペアで参戦

 日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座 社長:カルロス・ゴーン 以下、日産)及びニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(本社:東京都品川区南大井 社長:眞田裕一 以下、ニスモ)はSUPER GTに参戦中の「MOTUL AUTECH Z(カーNo.22)」のドライバー組み合わせを変更することとした。

 日産/ニスモはフェアレディーZをベースとした車両でSUPER GTに参戦中であるが、この度「MOTUL AUTECH Z(カーNo.22)」のドライバーをミハエル・クルム/山本左近から、ミハエル・クルム/リチャード・ライアン(※)とし、今後のレース(SUPER GT第4戦 マレーシアより)に参戦することとした。これは、山本左近がF-1へ参戦することが決定したため。

 日産/ニスモは、F-1を目指していた山本左近の才能を高く評価しており、今回世界に向けてステップアップするチャンスが来たと考え、快く送り出すことにした。彼の今後の活躍に期待する。

 (※)2004年 JGTC GT500クラス「XANAVI NISMO Z」にてDRIVERS CHAMPIONを獲得している。

 ◆ニッサンモータースポーツの詳細は下記WEBサイトをご覧ください。
 http://www.nismo.co.jp/M_SPORTS/index.html

Text: NISMO

検索

最新ニュース