Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

1994年5月

全日本GT選手権

GTインサイドレポート11

'94全日本GT選手権
Rd1 富士スピードウェイ                                        Date 5/01
4月30~5月1日
GT インサイド・レポート 11                                 for FMOTOR4
40.#9 acomポルシェRSR
 金曜日に#10のオイルにのってクラッシュしてしまったノバのポルシェは、フレ
ームにも影響がでているようだ。昨日まる一日をかけてセッティングを出すことに費
やして、何とか走れる状態まで修正することに成功した。最高速はF40の280km/h
には及ばないものの、スカイライン勢に匹敵する260km/h以上を確保している。
 決勝レースでは余裕のあるタイヤのキャパシティを生かして、タイヤ交換なしで走
りきる作戦である。燃費も良好なため、燃料補給も1回のみで走り切れるだろう。
ウォームアップ走行では、給油パイプを取り外す時に斜めになってしまって燃料が
吹き出してしまったが、もちろん深刻なトラブルではない。
41.#25 FEDEX NISSAN GT-Z
 チームルマンの300ZXは、予定からさらに遅れて今朝の“3時”に無事完成し
た。シェイクダウンとなったウォームアップでは、エアフローメーターとコンピュー
ターをつないでいる“ホットワイヤー”にトラブルが出てしまったため満足に走るこ
とは出来なかったが、原因ははっきりしているため決勝レースまでには解決されるだ
ろう。
 今回の仕様は第1バージョンともいえるタイプであり、第3戦にはトップに立つこ
とを目論でいる。
42.#11ハンターレーシングチーム
 #11ハンターレーシングチームの田中マネージャーは、GT選手権の盛り上げに
ひと役買おうと、本レースのTV撮影を行う空撮用ヘリコプターのパイロットをつと
める。ちなみに、チーム名の「ハンター」とは、オーナーでありドライバーもつとめ
る吉本博雪が東京、千葉などで数件を展開する遊技関係の店の名前で、吉本、林の両
ドライバーはポルシェ・カレラ・カップでのライバル同士である。林雅弘の本職はお
医者さん。
43.#50 タイサン ADVAN 962Cの重りのキャッチフレーズ
#50 タイサン ADVAN 962Cは最低車両重量をクリアするために、ナ
ビ・シートの位置に300kg近い重りを搭載しているが、そこに「小錦1人分、
我等5人分、皆でピクニック」とマジックでキャッチフレーズが書いてある。次レ
ースからは、小錦を招待してナビをつとめてもらうプランを検討中とか??
44.富士スピードウェイ気象予測情報
 本州南部は南海上に中心をもつ移動性高気圧に覆われている。別の高気圧が樺太付
近にあって北から日本を覆い、この2つの高気圧の間に中部地方が入っている。この
ため弱い気圧の谷が県内にかかっており、今日の日中にかけ次々と厚い雲が県内を通
過するだろう。
 富士スピードウェイ付近にかかる気圧の谷は午後まで、次々と北西方向から流れ込
む厚い雲の影響で短時間に弱い雨が降るだろう。
                    提供:GTアソシエーション事務局
古屋 知幸   = MGG01235 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポート10

'94全日本GT選手権
Rd1 富士スピードウェイ                                        Date 5/01
4月30~5月1日
GT インサイド・レポート 10                                 for FMOTOR4
36.#14 CCIあめんぼうシルビア
 由良拓也のムーンクラフトは金曜にエンジンを壊してしまい、新品のエンジンと交
換して予選に臨むこととなったが、不安はスカラインGTRのVスペック用ブレーキ
をそのまま使っていることで、さすがにGTカー用としてはキャパシティが不足して
いるようだ。
 このブレーキを強化した後ではじめてコーナーリングのセッティングを行うことに
なる。
 2リッターという小さなターボエンジンであるため、決勝レースの燃費もきついと
思われる。
“あめんぼう”の威力を発揮できるだけでなくブレーキの不安がなくなるため、明日
は雨に望みをつなぐこととなるだろう。ムーンクラフトでは、既にAPのブレーキセ
ットを外国屋に注文しているという。
37.大会アナウンサーに意外な過去?
 現代のスーパーカーの競演ともいえる本レースの大会アナウンサーを務める竹中ひ
ろみさんが、ひと昔前のスーパーカー・ブームの時に“スーパーカー・ショウ”でキ
ャンギャルをやっていたという噂がパドックを流れたが、事実は単に司会の仕事をや
っただけ。ただ、その頃はキャンギャルという存在はなかったために、すでに多数存
在したカメラ小僧のシャッターの標的になっていた事実はあったようである。
38.#37 グレコ・レーシング・スープラ
 シフトポイントのスープラは、エンジン交換を無事に終了した。昨日のトラブルの
原因は、オルタネーターの不調で充電ができず、そのためにオーバーヒートとなって
しまった。朝のウォームアップがエンジンの“ならし”となるようだ。
39.後方スタートは6台
 本日の決勝レースでは、カーナンバー40、29、88、77、37の5台が『全
日本GT選手権統一規則第3章25条1』により、後部スタートとなった。これらの
チームは昨日の予選で、午前中の第1回目予選をセッティングについやしたチームと、
2人目のドライバーのタイムアタックを午後に懸けていたチーム。午後の2回目公式
予選が始まってすぐに雨が落ちはじめたため、各チーム、タイムが上がらずにポール
タイムの110パーセント以内を記録することができなかった。後方スタートは、#
25FEDEXニッサンGT-Zを加えて計6台。
                    提供:GTアソシエーション事務局
古屋 知幸   = MGG01235 =

全日本GT選手権

全日本富士GTレース大会 GT フリー走行

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.470km) *
*                          全日本富士GTレース大会                           *
*                              GT フリー走行                                *
* 1994.05.01    天候 : 曇り       コース状況 : ドライ         SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番クラス ドライバー  1         ドライバー  2
形    式         車     名                      ベストラップ 周  km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1  2  GT1鈴木  利男
BNR32         ZEXELスカイライン         1'35.102 15 169.208
2 50  GT1ANTHONY REID           茂木  和男
962C         タイサンADVAN  962C   1'35.619 13 168.293
3  3  GT1長谷見  昌弘
BNR32         ユニシアジェックススカイライン 1'36.542 14 166.684
4  1  GT1影山  正彦
BNR32         カルソニック  スカイライン     1'36.956  9 165.972
5 40  GT1鈴木  恵一             太田  哲也
F40           タイサンADVAN  F40     1'37.023 15 165.858
6 24  GT1袖山  誠一             山路  慎一
BNR32         コクピット  館林  GT-R     1'37.692 14 164.722
7  9  GT1MAURO MARTINI
カレラRSR 3.8       acom  ポルシェ  RSR     1'40.711  7 159.784
8 14  GT1服部  尚貴             大井  貴之
PS13         CCI  あめんぼう  シルビア   1'40.943 13 159.417
9  5  GT1福山  英朗
JZA80           BLITZ  SUPRA         1'41.593 15 158.397
10 10  GT1飯田    章             山田  英二
BNR32         Johnson  SKYLINE 1'43.613 13 155.309
11 33  GT2白鳥  哲次             早川    篤
SC3S         ミュ-ズオイル  OW  RX-7 1'44.042 13 154.668
12 29  GT2小幡    栄             上原  秀郎
964A         KORG  KEGANIポルシェ 1'45.192 16 152.977
13 11  GT2吉本  博雪             林    雅弘
964A         ハンタ-レ-シングチ-ム       1'45.632 15 152.340
14 70  GT2石橋  義三             青柳  裕易
HR31         欧州車販売の外国屋スカイライン 1'45.981 12 151.839
15 77  GT1岡本  克彦             深見  慎二郎
BNR32         RRレ-シングベルディアGT-R 1'46.845  2 150.611
16 88  GT1池沢  さとし           和田  孝夫
レインX・ア-ト・カウンタック 1'49.160 12 147.417
17 37  GT1望月  英弘             石川  朗
JZA80           グレコレ-シング  ス-プラ     1'50.047  7 146.228
18 25  GT1影山  正美
Z32           FEDEXNISSANGT-Z 2'03.563  6 130.233
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

検索

最新ニュース