Archives

  • [—]2022 (632)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

2022年1月

SUPER FORMULA

スーパーフォーミュラが変わる! 2022年開催概要発表される

 1月31日、スーパーフォーミュラ選手権を運営する日本レースプロモーション(JRP)は、2022年シリーズの開催概要を発表した。

 1大会2レース制の導入などレースフォーマットの変更だけでなく、デジタルコンテンツの配信、開催サーキットでのイベント、ファンシートの設置など、シリーズを盛り上げるための新たな試みが目白押しだ。

■1大会2レース制の導入(一部)

 開幕戦の富士大会、もてぎ大会、最終戦鈴鹿大会の3大会は2レース制に。この結果2022年のスケジュールは7大会全10戦となる。

  • 4/9-10 第1,2戦富士スピードウェイ
  • 4/23-24 第3戦鈴鹿サーキット(2輪併催)
  • 5/21-22 第4戦オートポリス(2輪併催)
  • 6/18-19 第5戦スポーツランドSUGO
  • 7/16-17 第6戦富士スピードウェイ
  • 8/20-21 第7,8戦モビリティリゾートもてぎ
  • 10/29-30 第9,10戦鈴鹿サーキット

※レースウィークのスケジュールは次のとおり。

  • 1大会1レースの場合:土曜日:フリー走行、予選/日曜日:決勝
  • 1大会2レースの場合:金曜日:専有走行/土曜日:第1レース予選、決勝/日曜日:第2レース予選、決勝。

※決勝レースはすべて14時30分スタート。

※ノックアウト予選方式は変わらないが、従来のQ1,Q2,Q3方式からQ2までのシンプルな形に。

※シリーズポイントは1大会1レース、2レースにかかわらずフルポイント。有効ポイント制は採用しない。

■デジタルプラットフォーム「SFgo」(エスエフゴー)の提供

 全ドライバーの車載映像に加え、各種データ(ギア、車速、エンジン回転数、燃料状況、タイヤ温度など)、ドライバー無線などがライブ配信されるデジタルコンテンツ(有料)を提供する。2022年は限定公開。2023年から本格運用。

2022年はファン300名を開発サポーターとして募集。(詳細は下記へ)

https://superformula.net/sf2/headline/33770


■開催サーキットでのファンサービス

  1. 各開催サーキットにおいて、下記イベントを展開する。
    • 「SF NEXT50ビレッジ」:メーカーや全チームブースを設置
    • 「モビリティキッズパーク」:子ども、家族向けの体験型コンテンツの提供
    • 「カーボンニュートラルスクエア」:環境関連企業・行政のPRコーナーなどを設置
  2. チームファンシートを設置

 上記のように、チームにとっても、ファンにとってもかなり多くの変化がありそうだ。期待してシーズンインを待とう。

Text: Shigeru KITAMICHI

SUPER FORMULA | SUPER FORMULA LIGHTS | SUPER GT

松下信治が電撃復帰!! ホンダが2022年のモータースポーツ活動計画を発表 

ホンダは1月14日に東京都港区のホンダウェルカムプラザにて、2022年のモータースポーツ活動計画に関する発表会を行った。

すでに報じられている通り、これまで二輪のレース活動を運営してきた株式会社ホンダレーシング(HRC)に今季から四輪のレース活動が追加され、それぞれが持っている技術・ノウハウの相互連携と運営の効率化を図ることで、より強いレースブランドを目指してモータースポーツ活動に取り組み、HondaのDNAであるモータースポーツを将来に向けて確実に継承していけるような強い基盤を築いていくという。

四輪のレース活動については、F1においてレッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリに今季からパワーユニットを供給するレッドブル・パワートレインズをHRCが支援していくとともに、FIA-F2にDAMSから参戦する岩佐歩夢をサポートしていく。

国内では、全日本スーパーフォーミュラ選手権の6チーム10台にエンジンを供給する。ラインナップはTEAM MUGEN(野尻智紀)、DOCOMO TEAM DANDELION RACING(牧野任祐/大津弘樹)、ThreeBond Drago CORSE(福住 仁嶺)、B-Max Racing(松下信治/TBN)、TCS NAKAJIMA RACING(山本尚貴/大湯都史樹)、TEAM GOH(佐藤蓮/TBN)だ。

佐藤蓮は昨年スーパーフォーミュラ・ライツに参戦し、17戦中4勝を挙げ、ランキング3位につけたホンダ期待の若手。20歳でのスーパーフォーミュラデビューとなる今季はどのような活躍を見せてくれるだろうか。

また彼を起用したTEAM GOHは昨年TEAM MUGENとパートナーシップを結び、大津弘樹を走らせていた。今季はMUGENを離れて2台体制を敷くという。大津はDOCOMO TEAM DANDELION RACINGへ移籍する。佐藤のパートナーには果たしてどんなドライバーが起用されるだろうか。

スーパーGTでは、GT500クラスにNSX-GT TypeSを投入して王座奪還を目論む。供給先は昨年同様ARTA(野尻智紀/福住仁嶺)、TEAM Red Bull MUGEN(笹原右京/大湯都史樹)、Astemo REAL RACING(塚越広大/松下信治)、Modulo Nakajima Racing(伊沢拓也/大津弘樹)、TEAM KUNIMITSU(山本尚貴/牧野任祐)の5チーム。

中でも注目は、昨年カルソニックIMPUL GT-RでGT500クラスに参戦し、第6戦SUGOで1勝を挙げた松下の加入だろう。

松下はSRS-Fのスカラシップ生として2012年にフォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)に参戦。その年に同シリーズのチャンピオンを獲得し、2013年から全日本F3にステップアップ。2014年にチャンピオンを獲得すると、翌年からはヨーロッパに渡り、ホンダの支援のもとGP2そしてFIA-F2を戦ってきた。2018年には日本に戻り、スーパーフォーミュラに参戦するが、2019年には再び渡欧、2020年の中盤までFIA-F2に参戦した。2020年はホンダを離れての挑戦だった。そして昨年はTEAM IMPULで初のスーパーGT500クラスデビューを果たし、平峰一貴とともに最終戦までチャンピオン争いに加わる活躍を見せた。その松下のホンダ復帰、そしてベテラン塚越とのコンビ結成はシリーズを大いに盛り上げてくれるに違いない。

GT300クラスは、TEAM UPGARAGE(小林崇志/太田格之進)、ARTA(武藤英紀/木村偉織)の2チームがNSX-GT3を走らせる。

太田は昨年のFIA-F4選手権5位、木村は同シリーズ3位を獲得しており、今季はGT300と併せて全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権にも参戦する。太田はTODA RACINGから、木村はB-Max Racingからの参戦だ。

2022年の全日本スーパーフォーミュラ選手権は4月9-10日に静岡県小山町の富士スピードウェイで、スーパーGTシリーズは4月16-17日に岡山県美作市の岡山国際サーキットで開幕する。

Text:Kazuhisa SUEHIRO

検索