Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

TIスーパー耐久予選速報

今季初のPPは、プリンス東京フジツボ・GTRの砂子・山田組

 TIサーキットで開催されるスーパー耐久第4戦は、梅雨の合間の第2戦
仙台ハイランドに続き1デイ・イベントで開催された。レース距離は昨年同
様の400km。ピットストップは1回と2回かの選択に悩むチームも予想
されるため、このあたりの各チームの戦略もポイントとなりそうだ。
 13日日曜日、朝8時15分から20分間のフリー走行に続いて、わずか5分
のインターバルで公式予選が1時間にわたり行われた。
 参加41台を数える中で、#8ダイシンアドバンGTR(福山英朗/大八木
信行組)はフリー走行でオイルポンプにトラブルが出たようで、再びタービ
ンにトラブルの出た#10エンドレスアドバンGTR(木下みつひろ/土屋武士
組)と共に予選には出走できず。
 今季初のポールポジションは、開幕戦の覇者#23プリンス東京フジツボ
GTR(砂子智彦/山田英二組)が終了間際に逆転し、1分39秒014のタイム
で獲得した。2番手は、#32 日産プリンス千葉GTRファルケン(竹内浩典
/田中哲也組)がつけ、3番手は#1日産アルティアGTR(桧井保孝/和田
久組)、4番手は#11 三菱プーマランサーエボVI(木下隆之/小幡栄組)が
クラス2のトップ。5番手にもクラス3のトップ、BPビスコガンマRX-
7(三好正巳/村松康生組)が入った。注目のグループNプラスクラスの#25
ADVAN ALTEZZA(織戸学/飯田章組)が総合13位でクラストッ
プにつける。
 
 



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース