Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

SpeedMasterMooncraft RACE REPORT 6/5


SpeedMasterMooncraft Racing Team RACE REPORT
’99全日本選手権 フォーミュラ・ニッポン
 ROUND 4
富士スピードウェイ
6月5日・土曜日
公式予選

■不運が続く影山、苦労が続く道上
  道上 龍 予選11番手、影山 正彦予選20番手

  関東も梅雨入り宣言したが、今日は朝から晴天に恵まれた。
ローラシャシーを使用するスピードマスタームーンクラフトは苦戦が続いているが、
道上龍、影山正彦両ドライバーが使うマシンの性能アップのためにさまざまなモデ
ィフィケーションを施して今回の富士戦に臨んだ。道上車にはオリジナルに近いパ
ーツ類をメインに味付け、影山車はローラ社が投入した新しいボディパーツで構成
されていた。
  新しいボディパーツでセッティングをはじめた影山だが、その挙動変化を認めつつ
もタイムアップには繋がらない。マシンの挙動変化についても、ここ富士のコースで
はマッチングは良くなく、ストレートスピードにおいてもオリジナルパーツ使用時よ
りも5、6キロ遅くなってしまっていた。
一方の道上も勝負は2回目の予選に定め、じっくりと走りこみを行なった。
道上車においてもテストで得ていた好感触が今回は得られずセットアップのやり直
しといった具合で、やはりサーキットが変わってもローラに苦しめられた。
  さらに、1回目の予選終了間際に影山車のエンジンにトラブルが発生し、2回目の
予選を前にしてエンジン交換を余儀なくされてしまう。エンジン交換には最低2時間
を要すことから、2回目の予選への出走を断念せざるを得なかった。
従ってタイムは1回目に出したものしかなく、順位は大きくドロップダウン。
影山は最後尾スタートとなってしまった。ここのところ流れをつかめない影山に、ニ
ューパーツを投入するなど流れを変えたいところだったが、スランプから抜け出す
ことはできなかった。明日の決勝レースは、オリジナルのパーツに戻し起死回生と
なるようなレースをお見せしたい。
  道上はトラブルフリーでセッションを過ごすもののなかなかセットアップが決まら
ない。最終コーナーのオーバーステア症状を治すことをポイントにセットアップを進
めるが、ひとつ改善すると他の部分に悪影響が出るパターンの連続で、ニュータイ
ヤを投入するぎりぎりまでセッティングに集中した。残り20分となった時に、妥協
点をみつけ最後のアタックに入り、道上は1回目の予選のタイムを1・1秒上回る1
分18秒674をマークしセッションを終えた。
道上は11番グリッドからスタートすることに。

■由良拓也チーム監督:
「今回はローラ社から新しいパーツが届き、影山車に投入しその効果に期待したが、
残念ながらこの富士スピードウェイではその効果によるジャンプアップはみとめられ
なかった。ストレートにおいてもオリジナルのローラよりも5、6キロ最高速が遅い。
道上車に関しては、ムーンクラフトオリジナルのパーツを投入するまで、ローラオリ
ジナルをベースに改良を加えてきました。
  テストでは手応えを感じていたのですが、それがどっかへ行ってしまい、また今回
もセットアップに悩まされた。道上は最後のニュータイヤでのアタックで、マシンの
挙動が変わってしまい彼としては満足できるアタックはできなかった。明日のレース
に関しては、朝のウオームアップできちんとレースセットを出したい。
 影山に関しては、なんとか流れを変えようといろいろと手を尽くしているんですが、
なかなかうまくいかないですね。結局、予選ではアタックできないまま終わってしま
った。新しいパーツは効果がないことが判明したため、明日の決勝はオリジナルに戻
して臨みます」

■道上 龍
「最終コーナーのオーバーステアを消すためいろいろとトライしました。その症状が
なんとか収まってきたところで、ニュータイヤを履いたわけですが、最終コーナーは
より良くなったものの、今度は100Rで強いアンダーステアに襲われてアタックし
切れなかった。明日の決勝ではまたしぶとく頑張ります」

■影山 正彦
「新しいパーツの効果は残念ながら効果がなかった。低速コーナーではダウンフォー
スが効くが、ストレートではドラッグになってしまっていた。それにしてもうまくい
かなすぎる。2回目の予選では出走できなかったから、ただ自分の順位が落ちていく
のをみるしかなかったのが辛かった。明日はオリジナルのパーツに戻してレースとな
るわけですが、データがあるので不安は少ない。辛いレースとなるだろうが、最後ま
で頑張るしかない」

● check point!
今回 スピードマスタームーンクラフトでは、影山車に新しくローラ社製のボディー
パーツが取り付けられた。ディフューザー、サイドポンツーン、エンジンカバーなど
がそれ。
空力が20パーセント向上するとのことだったがその効果は富士では今一つ。
明日はオリジナルに戻すことに。この新しいパーツを取り付けたマシンの写真はスピ
ードマスターのホームページでご覧頂ける様、準備をしています。
  
  SpeedMaster HP: http://www.speedmaster.co.jp/

なお、お問い合わせ等につきましては、 上記HPを経由して頂きます様、お願い致
します。

                                            
                                            SpeedMasterMooncraft Racing Team


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース