Archives

  • [—]2020 (362)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:鈴鹿公式テスト GT500はS Road RETIO MOLA GT-R、GT300はS Road NDDP GT-Rと親子鮭GT-Rがトップタイム!

 スーパーGTは7月20日、21日の両日、8月に鈴鹿サーキットで開催されるポッカ1000kmレースをにらんでのテストを同地で行った。

gt_suzuka_test_1

gt_suzuka_test_6

gt_suzuka_test_12

gt_suzuka_test_3

gt_suzuka_test_66

gt_suzuka_test_2

gt_suzuka_test_16

gt_sot_roni-yanagida

gt_sot_yuhi-chiyo

 梅雨は明けたものの20日の鈴鹿は早朝より激しい雷雨に見舞われた。午前中に行われた1回目の走行も、午後から行われた2回目のそれぞれ2時間のテストもウェットコンディションでの走行となった。

 明けて21日は午後から天候が回復すると予想されたため、午前中に1時間、午後に3時間と走行時間が変更されたものの、午後から本格的な降雨となったため皮肉にも4回目のセッションより、午前の3回目のコンディションが良く、多くのマシンは午前に自身の最速タイムをマークすることとなった。

 そんななか、GT500クラスですべてのセッションでトップを奪ったのがウェットでのパフォーマンスに定評のあるミシュランタイヤを履くS Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ組)。21日午前の一時トラックが乾きかけた3回目のセッションですべてのセッションを通しての最速タイム1分59秒489をたたき出した。

 GT500クラス2位はENEOS SUSTINA SC430(伊藤大輔/大嶋和也組)。3回目のセッションで1分59秒607をたたき出し、トップS Road GT-Rとこのマシンの2台のみが2分を切った。

 GT500クラス3位には、カルソニックIMPUL GR-R(松田次生/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組)が入った。

 GT300クラスははやり21日午前の3回目のセッションで2分7秒155のトップタイムをたたき出したS Road NDDP GT-R(関口雄飛/千代勝正組)が総合でもクラストップ。総合クラス2位は条件の悪いセッション4で2分9秒551をマークしたtriple a vantage GT3(星野一樹)が入った。

 総合クラス3位にはエヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電(高橋一穂/加藤寛規/濱口弘組)がつけている。

 今回初めてテストに参加したMUGEN CR-Z GT(武藤英紀/中嶋大祐組)総合クラス11位でテストを終えた。

 スーパーGTはこの後、7月28、29日にスポーツランドSUGOで第4戦を、そして第5戦がここ鈴鹿サーキットで8月18、19日に1000kmレースとして開催される。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum
Katsuhiko KOBAYASHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース