Archives

  • [—]2020 (182)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

S-FJ鈴鹿シリーズ

SFJ:最終戦鈴鹿 優勝は坂口夏月

sfj_final_r_start

sfj_final_r_31

sfj_final_r_58

sfj_final_r_62

sfj_final_r_podium

 25日、鈴鹿サーキットでSF-J決勝レースは参加台数22台で14時10分にスタートした。 SF-Jクラス優勝は坂口夏月が獲得して初優勝、2位には石川が入りチャンピオンを決め、3位は山下が入った。逆転チャピオンの可能性があった加藤は5位だった。  ポールポジションの石川がスタートを決め山下がそれに続き序盤トップ2台は何度も激しい争い、山下は中盤に石川を抜いてトップに立ったが7週目の最終コーナーでシフトミスをして順位を落とし、その隙を3番手の坂口が2台抜いてトップ立った。その後は落ち着いたレース運びでトップチェッカーを受けた。 優勝した坂口夏月のコメント「始めは前に付いて行くのが大変で、トップに立ってからは自分ペース走りました」 チャンピオン、石川京侍のコメント「なかなかペースが上がらず厳しいレースでした。前の車がシフトミスしたので自分はアウト側に行ったらダートに出てしまい抜かれてしまいました」

Text: Nobumitsu OHTAKE
Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース