Archives

  • [—]2020 (1)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:第4戦もてぎフリー走行2回目 #11中山友貴がトップタイム

全日本選手権スーパーフォーミュラ第4戦もてぎのフリー走行2回目は#11中山友貴(HP REAL RACING)がトップタイムだった。

sf_r04_f2-11 sf_r04_f2-8 sf_r04_f2-2

決勝日を迎えたツインリンクもてぎも快晴に恵まれた。
朝から強い日差しが降り注ぐ中、フリー走行は午前8時50分より30分間で行われた。

各チームとも決勝へ向けてのチェック作業やピット練習などを行いながら走行を続けていたが、開始後8分で#19ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(インパル)がV時コーナー手前でクラッシュ。これを回収するために赤旗中断となってしまう。
オリベイラは結局ここで走行を終えることになり、決勝に向けて不安を残す結果となった。

車両回収の後、セッションは午前9時7分に再開。
その後は各ドライバーともロングランに移行したためか、中断前に中山が出した1'35.776がそのままトップタイムとなる結果に。それでもトップから1秒以内に16台が入る接戦となった。
2番手には#8ロイック・デュバル(ルマン)がつけ、2連勝中の#2アンドレ・ロッテラー(トムス)が3番手。
ポールシッターの#1中嶋一貴(トムス)は13番手でこのセッションを終えている。

第4戦決勝はこのあと午後3時15分より52周で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース