Archives

  • [—]2020 (168)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:第4戦もてぎフリー走行1回目 外人勢が上位独占。トップタイムは#8デュバル

全日本選手権スーパーフォーミュラ第4戦のフリー走行1回目が8月3日、栃木県のツインリンクもてぎで行われた。
トップタイムを記録したのは#8ロイック・デュバル(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)で1'33.502。以下、#2アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM'S)、#19ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(Lenovo TEAM IMPUL)とトップ3を外国人ドライバーが占める結果となった。

sf_r04_f1-8 sf_r04_f1-2 sf_r04_f1-19

公式予選日を迎えたツインリンクもてぎは朝から快晴ながら、連日の豪雨の影響からか思ったより気温は上がらず、過ごしやすいコンディションの下で午前8時30分より60分間のフリー走行が開始された。

仕様の変わった今シーズンのタイヤや低めの気温も影響してか、各ドライバーとも昨年以上の好タイムを記録、上位12人がトップから1秒以内の接戦となったが、今季好調なデュバル、ロッテラーがここでも好調ぶりを見せ、オリベイラも3番手につけるなど、今回は外国人勢が上位に連なる結果に。デュバルとロッテラーの差は僅か0.007秒だ。
日本人最上位の#38平手晃平はデュバルから0.466秒差、#20松田次生は0.531秒差につけており、やや水を開けられた状況。

エンジン別で見るとこの5人までがトヨタエンジンを使用しており、ホンダ勢の最上位は#16山本尚貴の6位という状況だ。ホンダにとっても山本にとってもホームレースと言えるもてぎだけに、決勝での巻き返しに期待したい。

公式予選はこのあと午後1時05分より、今シーズン唯一のスペシャルステージ方式で行われる。

Text: Suehiro KAZUHISA
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース