Archives

  • [—]2020 (45)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

S耐HR予選速報

 スーパー耐久シリーズ'99第2戦
 ハイランド・スーパー耐久レース 予選レポート

「大雨の予選はインプレッサがPP!エンドレスGTRは2番手、エボVIが3位」

 スーパー耐久第2戦が、桜前線の北上に合わせるようにして仙台ハイラン
ドレースウエィで行われた。予選、決勝ともに日曜日で行われる1デイ・イ
ベントとなった。天候は、あいにくの雨模様。さらに風も加わり横殴りの雨
と10度をわずかに超えるような気温というコンディションとなった。
 午前8時35分からの予選で、まずタイムを刻んできたのは、#12トムレー
シングエボVで2分31秒636を出す。だが、#32日産プリンス千葉GT-R★
FALKENが4周目にクラス1の意地を見せて、2分30秒733をマーク。だが、
ヘビーウェットのコンディションの中、15分後にさらにタイムを上げたのは、
#7アルゴプレリュードが29秒599と30秒台を切ってきた。さらに、今回
がデビューとなる6台目のGTR、#9FALKEN Dream on the RoadμGTRが30秒
425を出す。
 開始30分後では、
#12 トムレーシングエボV       2'25.492
#10 エンドレスアドバンGTR      2'27。671
#52 5ZIGEN CIVIC          2'28.174
#2   アイフェルDUNLOPインプレッサ  2'29.029
#20  RSオガワADVANランサー     2'29.071
 となっている。
 残り20分を切って、トップは#10エンドレスの21秒182。2番手は#12エボV
の25秒492、#32プリンス千葉の26秒891、#23プリンス東京の26秒923となる。
 降りしきる雨の中、やはりファイナルラップの攻防戦となった。ポールポジショ
ンは、GTRではなくインプレッサがきた!

 予選暫定結果
#2  アイフェルDUNLOPインプレッサ  渋谷勉/荒川雅彦     2'21.125
#10 エンドレスアドバンGTR      木下みつひろ/土屋武士  2'21。182
#11 ミツビシプーマランサーエボVI  木下隆之/中谷明彦    2'21.435
#7   アルゴプレリュード       元谷宏大/黒木健次/伊達  2'22.526
#12  トムレーシングエボV       中村啓/富井豊/関野啓樹  2'22.634
#21  MTC座間三菱ランサーARC     市村秀明/川崎俊英     2'23.802
#32 日産プリンス千葉GT-R★FALKEN   竹内浩典/田中哲也     2'26.144
#53 5ZIGEN CIVIC                  小林敬一/木下正治     2'26.444
#26  エンドレスアドバンGMSランサー 川口法行/添田正      2'26.447
#1   日産アルティアGT-R       粕谷俊二/桧井保孝     2'26.630




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース