Archives

  • [—]2020 (93)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

S耐-Rd.2:仙台 決勝結果

☆ スーパー耐久シリーズ2001第2戦「Hi-landスーパー耐久レース」

4月29日、宮城県仙台ハイランドレースウエイでS耐は第2戦の決勝日をむか
えた。
12時59分、気温24度/路温35度と昨日よりはやや下がったものの、この季節とし
てはかなり高めのコンディションでレースはローリングからスタートを切った。
100周先400kmレースのゴールは4時頃の予定だった。

#1 FALKENGT-R(竹内浩典/田中哲也組)、#23トトムフジツボGTR
(砂子塾長/山田英二組)の2台のGTRでの一騎打ちが予想されたが、先行する
#1竹内に#23砂子が追いつき、11周目の最終コーナーでトップを奪う。

#1竹内は26周でかなり早めにみえた1回目のピットストップ。これで#23砂子
は楽な展開かと思われたが、クラッチトラブルに見舞われ36周目には総合4番
手まで後退。#11三菱PUMAランサーEVOVII(中谷明彦/木下隆之組)が総合で
トップに立つ。
だが、49周目には#1の田中が再びトップに。63周目に2回目のストップで#1は
竹内に最後のバトンを渡す。73周目に#23がピットへ向かい、ここで再度トップ
に立った#1竹内は100周のレースを無事に終えて、今期初の表彰台に立った。

「持ってきたタイヤが柔らかかったんで、予選はそれでもポールが取れました。
コンディションに向こう(#23)のタイヤが合っていたんでしょう。2回目は
固めで行ってコンスタントに走れれば、なんとかおさえきれるだろうという判
断でいきました。2ストップは予定通りです。S耐もGTも開幕戦は落として
いるので、これで1つ勝てて、なんとか次のGTも勝って両方のチャンピオン
の可能性を残したいです」と竹内選手。

クラス2はこれも今季初の優勝となった#11ランサーが総合3位に。クラス3も
#33BPビスコガンマRX-7(三好正巳/大井貴之組)が総合6位で今季初のV、
総合7位にはこれも#38JICクリスタルアルテッツア(山路慎一/松田晃司組)
が2シーズンぶりの優勝を飾った。クラス4は総合14位で今季2連勝となる
#7アルゴラボYH S2000(元谷宏大/黒木健次/桧井保孝組)が見事にクラス優勝を
挙げた。
(入場者数 36,500人)

Report: K.Takeshita


■決勝レース結果(天候:晴れ、コース:ドライ)

 P No.Cl.Car(Drivers)                                  Laps GoalTime(Behind)
-- -- - ---------------------------------------------- ---- -----------
01 01 1 FALKEN GT-R(竹内/田中)                         100L 3:22'45.852
02 23 1 トトムFUJITSUBO GTR(砂子/山田)                 100L 3:23'32.308
03 11 2 三菱PUMAランサーEVO VII(中谷/木下)             100L 3:24'39.350
04*20 2 RSオガワADVANランサー(小川/福山/伊藤)           99L - 1Lap
05 12 2 VALDI・PUMA ALTEZZA(桂/中村)                    99L - 1Lap
06 33 3 BPビスコガンマRX-7(三好/大井)                   99L - 1Lap
07 38 N JICクリスタルアルテッツア(山路/松田)            98L - 2Laps
08 10 N エンドレスアドバンアルテッツア(木下/高木)       98L - 2Laps
09 27 3 WAKO'S BMW M3(長島/牧口/小林)                   98L - 2Laps
10 04 N REDLINE ALTEZZA(谷口/松本)                      98L - 2Laps
11 36 N MAZIORA ALTEZZA(黒澤/黒澤)                      98L - 2Laps
12 15 3 C-WESTアドバンRX7(尾本/長島)                    98L - 2Laps
13 37 N ゼロフォーR アルテッツア(山口/鹿島)             97L - 3Laps
14 07 4 アルゴラボ.YH.S2000(元谷/黒木/檜井)             97L - 3Laps
15 25 N ADVAN ALTEZZA(織戸/飯田)                        97L - 3Laps
16 66 4 SPEED ED S2000(小幡/宮城)                       96L - 4Laps
17 14 3 KAGEISEN エクシーザRX7(小松/入口)               96L - 4Laps
18 05 N 5ZIGEN INTEGRA(服部/八木)                       95L - 5Laps
19 06 2 ファルケン・ランサーEVO VI(冨桝/柳生)           94L - 6Laps
20 95 4 SPOON S2000(市嶋/岡田)                          94L - 6Laps
21 45 4 FKマッシモADVANシビック(浅野/坂井)              94L - 6Laps
22 71 3 PowerMagic RX-7(関根/田畑/藤島)                 93L - 7Laps
23 54 4 BPビスコベータアンクルシビック(山内/浅見)       93L - 7Laps
24 26 2 エンドレス.アドバン.GMSランサー(村田/小暮/碓井) 92L - 8Laps
25 47 4 Daisy Art アドバンFK9(市川/三上)                92L - 8Laps
26 60 4 ZetaBITS・RCB・シビック(小幡/保田/柳田)         89L -11Laps
27 02 2 アイフェルDUNLOPインプレッサ(渋谷/清水/吉田)    83L -17Laps
--------以上完走-------------------------------
--*30 2 RSオガワADVANランサー(小宮/岸/松井)             65L -35Laps
-- 19 2 JMC・ADVANランサー(輿水/関)                     63L -37Laps
-- 65 N ALFA 156 2.0 TS(高橋/道崎)                      47L -53Laps
-- 31 3 ジャラーナTOPシークシルビア(小林/たしろ)        14L -86Laps
*******************************************************************
N:N+クラス

*#20,#30の車両はスーパー耐久2001シリーズ規則書第11条(7)違反によりペナル
ティストップ10秒を課した。

上記は暫定ですが、変更なき場合はそのまま正式結果となります。 


          /*** FMOTOR4 山川 順治/SDI00976(RIJ) ***/


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース