Archives

  • [—]2020 (195)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

RE:FPON-Rd1:鈴鹿決勝ノート

 飛行機雲がただ一筋空にたなびいているだけという絶好のレース日和の中、決勝
レースの幕は切って落とされた。

 朝から唯一ばたばたと作業を続けているのは、#8脇阪 寿一のマシンだ。シフ
トに問題を抱え、フリー走行後にギアボックスを交換することを余儀なくされたか
らだ。

 午後2時、フォーメーションラップのスタート。
 全車ダミーグリッドを何事もなく離れた。
 気温は23度、路面温度は35度となっている。
 今シーズンからタイヤはブリヂストンのコントロールタイヤとなった。ブリヂス
トンはハード、ミディアム・ソフトの3種類を投入してきているが、今回のイベン
トでは全車ミディアムでの走行となる。

 全車グリッドにつき、レッドライトが消えて開幕戦がスタート!!

 1コーナーをトップで通過したのは、#19黒澤 琢弥。続いて#64高木 虎之介だ。

 1周目の順位は、#19黒澤 琢弥、#64高木 虎之介、#9ペドロ・デ・ラ・ロサ、
#27影山 正美、#56本山 哲、#20影山 正彦。
 トップと2位に差は、0.3秒ほど。完全にテールトゥノーズだ。

 2周目の順位は変わらず。トップと2位の差は、0.381秒だ。トップと3位の
差は、1.398秒となっている。

 3周目、4位争いの#27影山 正美と#56本山 哲もテールトゥノーズ。

 4周目、4番手走行の#27影山 正美に対してフライングスタートでブラックフ
ラグが掲示される。

 5周目、トップと2番手の差は、0.317秒差。
 ここで、#3川本 篤に#35ミハエル・クルムがシケインで追突。#3川本 篤に
乗り上げたクルムだったが、なんとかそのまま走行を続ける。しかし、川本はシケ
インコース上でストールしてしまった。

 6周目、#27影山 正美でブラックフラグによるピットストップ10秒。
 #2エスティバン・トゥエロがスプーンでコースアウトしたが、なんとかトラッ
クに復帰する。

 7周目、順位に変更はないが、1コーナーで#19黒澤 琢弥のインを#64高木 
虎之介がうかがっている。

 8周目順位は、#19黒澤 琢弥、#64高木 虎之介、#9ペドロ・デ・ラ・ロサ、
#56本山 哲、#11光貞 秀俊、#20影山 正彦。

 10周目、トップ2台の争いに#9ペドロ・デ・ラ・ロサが追い付いてきた。

 12周目、#64高木 虎之介は1コーナーでイン側に飛び込もうとしたが果たせず、
姿勢を崩してS字に入るところでスピン、コースアウトしてしまう!!
 順位は、#19黒澤 琢弥、#9ペドロ・デ・ラ・ロサ、#56本山 哲、#11光貞 
秀俊、#20影山 正彦、#33鈴木 利男。
 #5マーク・グーセンがエンジントラブルでここでリタイヤとなってしまった。

 13周目、トップと2番手の差は、0.506秒。3番手の差はかなり開いている。
 #20影山 正彦がここでスロー走行。

 14周目、11番手まで上がってきていた#35ミハエル・クルムがコースアウト。

 15周目、#20影山 正彦はタイヤ交換のためピットストップ。
 順位は、#19黒澤 琢弥、#9ペドロ・デ・ラ・ロサ、#56本山 哲、#11光貞 
秀俊、#65山西 康司、#10飯田 章。
 #18ラルフ・ファーマンがコースアウト、マシンを降りる。

 17周目、#20影山 正彦がピットストップ時の速度違反によりブラックフラグを
受ける。
 #11光貞 秀俊がファステストラップ、1'47.823を叩き出す。

 18周目、1コーナーアウト側から#9ペドロ・デ・ラ・ロサが#19黒澤 琢弥のか
ぶせ、パスされてしまう!!
 #20影山 正彦がピットイン。ペナルティを受けずにピット前でストップしてし
まう。

 19周目、トップ#9ペドロ・デ・ラ・ロサと2番手#19黒澤 琢弥の差は、1.739
と広がってしまった。
 また#56本山 哲を#11光貞 秀俊がパスして3番手に浮上!!

 20周目の順位は、#9ペドロ・デ・ラ・ロサ、#19黒澤 琢弥、#11光貞 秀俊、
#56本山 哲、#65山西 康司、#10飯田 章。
 トップと2位の差は、3.781秒。#9ペドロ・デ・ラ・ロサがファステストラップ
1'47.353を記録!!

 21周目、#17近藤 真彦がゆっくりとピットイン。何らかのトラブルの模様。

 22周目、トップと2番手の差は、5.382秒まで広がってしまった。

 23周目、2番手#19黒澤 琢弥と3番手#11光貞 秀俊の差が2秒代に迫ってきた。

 24周目、2番手3番手の差は2.1秒。
 #11光貞 秀俊がファステストラップ1'47.143を記録して、更に迫ってゆく!!
 順位は、#9ペドロ・デ・ラ・ロサ、#19黒澤 琢弥、#11光貞 秀俊、#56本山 
哲、#65山西 康司、#10飯田 章。

 25周目、2番手3番手の差は1.335秒。
 #2エスティバン・トゥエロがテグナでマシンをコース脇に止める。

 26周目、2番手3番手の差は1.109秒。

 27周目、2番手3番手の差は1.197秒と、接近が止まった。
 #6リスト・ヴァルタネンがコースアウト。グラベルに止まってしまう。

 28周目、トップと2番手の差は、4.528秒。2位3位の差は1.707秒。
 ここで#55金石 勝智がファステストラップ1'47.259をマーク。

 29周目、更に#55金石 勝智がファステストラップ1'47.013をマーク。

 30周目順位は、#9ペドロ・デ・ラ・ロサ、#19黒澤 琢弥、#11光貞 秀俊、
#56本山 哲、#65山西 康司、#10飯田 章。
 トップと2位の差は3.532秒とまた差を詰めはじめた!!
 7番手#55金石 勝智は更にファステストラップ1'46.738を記録。

 32周目、トップと2位の差は4.708秒とまた広がってしまった。

 34周目、残り周回数は後1周。順位に変動はないが、6番手争いが#10飯田 章
と#55金石 勝智の間でヒートしてきている。

 ここでチェッカードフラグ。暫定順位は以下の通り。

 1.#9ペドロ・デ・ラ・ロサ
 2.#19黒澤 琢弥
 3.#11光貞 秀俊
 4.#56本山 哲
 5.#65山西 康司
 6.#10飯田 章
 7.#55金石 勝智
 8.#33鈴木 利男
 9.#1ノルベルト・フォンタナ
 10.#28山本 勝巳
 11.#27影山 正美
 12.#8脇阪 寿一

#9ペドロ・デ・ラ・ロサのコメント:
 「フォーミュラニッポンに参戦して最初の優勝ですごくうれしい。スタートでは
良いスターとが切れたが最初は前の2台についてゆくことができなかった。しか
し、マシンの調子も良く、タイヤのグリップの最高だったため、黒澤を抜きさるこ
とができた。すごくすごくハッピーだよ」


          /*** FMOTOR4 SUB-SYSOP 山川 順治/PEE00630(RIJ) ***/


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース