Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japan Touring Car Championship

JTCC Rd6-7 予選1回目レポート


 鈴鹿の東ショートコース2.24363kmで開催されることとなったJTCC第4大会。
 前夜の雨も上がり、予選1回目はドライコンディションで午前10時30分から、
#66シムスインプレッサが参加を取り消したため、9台で行われた。
 まず#39竹内浩典が、コースイン。56秒591でスタート。#25土屋圭市は、コー
スインしてすぐのS字コーナーでスピンしマシンがストップ。
 4周目に55秒149のベストタイムを出したのは、#19金石勝智

 10分経過の段階では、
#19 金石勝智              55.149
#39  竹内浩典              56.591
#11  中谷明彦              56.686
#68  ルベン・デルフラー    58.407
#36  ケルヴィン・バート  1'10.943

 残り12分となった段階で、#37関谷がアタックをかけ、53.594と一気にトップ
タイムを更新する。
 続いて、アタックしたのは#36バートで、4周目に53.542と逆転。
 残り10分をきって、にわかにピットはあわただしくなった。
 動き出したのはセルモだった。#39竹内がまずは52秒台に突入。52.352を6周
目にマークしてトップタイムを出す。#38立川祐路も動き、最後にアタックをか
ける。残り4分で、52.842と一発のアタックで2番手のタイムを出す。
  残り3分、#19金石も53.136と3番手に浮上する。
 終了間際、#36バートが53.069と3番手に上がる。最後に53.019を出すが、3
番手は変わらず。

(予選1回目、暫定結果)
----------------------------------------------------------------
#39  竹内浩典                 52.352 
#38  立川祐路                 52.842 
#36  ケルヴィン・バート       53.019 
#19  金石勝智                 53.136 
#24  土屋武士                 53.570 
#37 関谷正徳                53.594 
#11  中谷明彦                 53.649
#68  ルベン・デルフラー       54.128
----------------------------------------------------------------
 2回目の予選は、14:20~の予定

(正式結果は後ほど掲載される予定です)

***JCG00146  竹下 恵一郎//KEIICHIRO TAKESHITA***


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース