Archives

  • [—]2020 (85)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

JGTC_Rd.4:野田英樹リポート

全日本GT選手権
第4戦セントラルパークMINE
野田英樹  関連リポート

《予選》

1999年7月10日(土) 天候:晴れ  コースコンディション:ドライ
観客動員数:14,800人(主催者発表)

NO.6 エッソ・タイガー・チーム・ルマン
ドライバー:野田 英樹/ワイン・ガードナー

予選  1回目  11:00~12:00
1分24秒782  5番手

予選 2回目 15:00~16:00

1分24秒899 2番手

総合予選結果  
1分24秒782  5番手

 前日のフリー走行から順調に仕上がってきたのですが、車のバランスが今一
つ良くなく、思ったほどタイム・アップできませんでした。2回目に期待した
のですが、天候が良くなりすぎ、気温が上がってしまったので、殆どのチーム
がタイム更新できませんでした。結果として1回目の5位で予選を終えました。

【野田 英樹 選手コメント】

 セット・アップがうまく決まらず、車のバランスが良くなかったので、前日
でトップ・タイムをマークしたセットに戻すことにしたのですが、完全に変更
されていなかったようです。結果として、予選の状況は厳しいものとなってし
まいました。しかしながら、5番手グリッドからのスタートなら優勝するチャ
ンスはあると思うので、決勝は頑張りたいと思います。


《決勝》

1999年7月11日(日)天候:曇り コースコンディション:ドライ
観客動員数:42,000人(主催者発表)

決勝  14:00~16:00

NO.6 エッソ・タイガー・チーム・ルマン
ドライバー:野田 英樹/ワイン・ガードナー

5位

  前半、野田が積極的に攻めてトップを取ってガードナー選手へ交代する予定
が、タイヤの摩耗がひどく、予定より早くドライバー交代となりました。この
時、シートベルトのトラブルで30秒ほどロスしてしまい、結果的にこの差を埋
める事ができず、5位と言う結果に終わりました。

【野田 英樹 選手コメント】

 チームの作戦として、前半、積極的に攻めて順位を上げ、ガードナー選手に
交代する予定だったのですが、思ったほどタイヤがもたず、2位まで上がるの
が精一杯でした。タイヤがだめだったので予定より速くピット・インし、ドラ
イバー交代をしたところ、トラブルがあってタイムを大幅にロスしてしまいま
した。結果的にこれが直接的な敗因になってしまったのですが、その後もガー
ドナー選手のドライビング中に小さなトラブルが続き、思ったようにタイムアッ
プできなかったようです。前回のレースに続き、今回も調子が良かったのです
が、思ったように進まず、残念な結果で終わってしまいました。ただ、5位な
らば次回のレースでウェイト・ハンデがないので、その分、次回の富士には期
待が持てると思います。次のレースは表彰台をめざし頑張りたいと思います。


  資料提供:

  Project Royal Oak       [URL : http://home.att.ne.jp/red/noda/]

 追伸:

 【Project Royal Oak談話】

 前回、今回と期待をさせておきながら残念な結果で終わってしまい、非常に
悔しく辛い思いでいっぱいです。ただ、ここ2レース(フォーミュラ・ニッポ
ン、GT)でともに入賞できたことで、少しづつ前に進んでいるのではと思って
います。両方のカテゴリーとも次回のレースこそ表彰台を狙える車になってい
るので次のレースには期待したいです。何度も申し上げますが、もうすぐ皆様
に結果をお見せできると思います。どうか、もうしばらく見守っていただけれ
ばと思います。

  これからも野田英樹をよろしくお願い申し上げます。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース