Archives

  • [—]2020 (161)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第7戦もてぎ決勝 #4平川亮が独走で今季5勝目!! Nクラスは#20トンプソンが1年ぶりの勝利

平川またも圧勝!
全日本F3選手権第7戦の決勝レースが8月4日、栃木県のツインリンクもてぎで行われ、#4平川亮(広島トヨペットF312)が2位以下を11秒以上突き放す圧巻の走りで今季5勝目を挙げた。
Nクラスは#20ギャリー・トンプソン(KCMG)が昨年8月のもてぎ以来1年ぶりの勝利をものにした。

f3_r07_r_start1

f3_r07_r_start2

f3_r07_r_4

f3_r07_r_37

f3_r07_r_1

f3_r07_r_20

f3_r07_r_23

f3_r07_r_35

第7戦決勝は午後3時40分にスタート。
ポールシッターの#4平川がそのままトップで1コーナーに飛び込んでいく一方で、予選2番手の#1山内英輝は出遅れて#37リチャード・ブラッドレーの先行を許す。
トップのまま1周を走り終えた#4平川はその後も後続にまったく付け入る隙を与えず、1周1秒近く突き放す圧倒的なペースで周回を重ね、最後は2位に11秒655もの大差をつけて14周のレースを逃げ切り、今季5勝目を挙げた。
2位には#37ブラッドレー、3位には終盤追い上げてきた#2ラファエル・スズキを最後まで抑えきった#1山内が入った。

一方、Nクラスはファイナルラップまで上位3台によるドッグファイトが繰り広げられた。
スタートでは予選トップの#23佐々木大樹が半クラッチの状態を長く保ちすぎて出遅れる中、#20トンプソンが予選4番手から見事なスタートダッシュで一気にトップに躍り出ると、予選2番手の#7平峰一貴もそれに続き、#23佐々木は3番手に後退してしまう。
それでも上位陣の中では最もペースの速かった#23佐々木は6周目の3コーナーで#7平峰のインに飛び込み2位に浮上すると、そのまま一気に#20トンプソンとの間隔をつめ、コントロールラインではコンマ3秒差にまで接近してきた。

タイヤの消耗でペースの落ちた#20トンプソンだったが、再三にわたって並びかけてくる#23佐々木のアタックを半ば強引なブロックでことごとく退けて14周を逃げ切り、1年ぶりの通算2勝目を挙げた。
2位は#23佐々木。#7平峰はファイナルラップ手前の最終コーナーで一旦は#23佐々木の前に出ることに成功したが、続く1コーナーで#20トンプソンを攻略しようとしてアウトにはらみ、逆に#35勝田貴元の先行を許してしまった。

第8戦決勝は明日午後4時5分より21周で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース