Archives

  • [—]2020 (93)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

GTC_Rd4:富士GTフリー走行NEWS

 8月10日、富士スペシャルGTカップ決勝日朝、御殿場周辺は深い霧に包まれ、
東名高速では視界50m程度。しかし、富士スピードウェイ周辺は昨日と同じく
黒い雲が垂れ込め雨がパラついている程度。霧はない。

 弱ウェットコンディションの中、スケジュールどおり8時10分から行われたフ
リー走行では、昨日の予選中スピンアウトして満足なタイムアタックができず予選
7位にとどまった#37カストロールトムススープラ(関谷/利男組)がトップタイム
をマーク。予選14位の#12カルソニックスカイライン(星野/本山組)も3位につける
などベテラン勢が気を吐いた。
 ドライの予選ではスープラに水をあけられたスカイライン勢の躍進、そして富士
マイスター?土屋圭市の乗る#34ポルシェの健闘が光った。

  なお、#18 avex童夢無限NSXはフリー走行中に突然エンジンストップ。決
勝に向けて不安を残した。

フリー走行トップ10
 #37 カストロールトムススープラ(関谷/利男組)
 #39 デンソーサードスープラ(影山正美/谷川組)
 #12 カルソニックスカイライン(星野/本山組)
 #18 avex童夢無限NSX(黒澤/山本組)
 #556KURE R33(影山正彦/近藤組)
 #8  パワークラフトスープラ(ガードナー/クリステンセン組)
 #3  ユニシアジェックススカイライン(長谷見/田中組)
 #2  ゼクセルスカイライン(亜久里/コマス組)
 #34 STPタイサンアドバンGT-2(土屋/松田組)
 #100RAYBRIG NSX(国光/飯田組)


              *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース