Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

GTインサイドレポートAllStar/2

                          NICOS CUP GT ALL STAR RACE 1998
                       1998  GT INSIDE REPORT
   GT AllStar in TI Circuit                                    15 Nov. '98
    Qualify Report                 予選レポート                 FMOTOR4版
 -------------------------------------------------------------------------
NICOS CUP GTオールスター戦'98 in TI Cirucit AIDA(11/15)

コロネルvs道上のポール争奪戦はラストラップで決着!
GT300は舘が最終戦に続いてクラスポールを獲得

 早朝は霧によりスケジュールが乱れるという状況もあった今年のGTオールスター
戦だったが、GT予選の開始時には天候も十分回復し、好コンディションとなった。
 まずは12分のセッションでGT300クラスの予選が行われる。今季のシリーズ戦で6
戦5勝のクラス優勝と圧倒的な強さを見せるNo.25 つちやMR2が、ここでも速さを発
揮。舘信吾がわずか4周のアタックで1分33秒947を記録してトップに。そして4分
近い時間を残して早くもピットに戻るが、この後このタイムを上回るものは現れず
にクラスポールを確定した。2番手はNo.61 テイボン・トランピオ・FTOの原貴彦。
3番手にはラストラップにコースアウト寸前のアタックを見せたが、惜しくも届か
なかったNo.7 RE雨宮マツモトキヨシRX7の山路慎一だった。また、No.15 ザナヴィ
シルビアは、モーニングプラクティスでサスペンションにトラブルを起こしてしま
い、この予選に出走できなかった。

 引き続き、ステージ1、2と2回のセッションに分けたGT500の予選が始まった。
 まずは予想通りに、速さが際立つNSX勢が上位に飛び出してくる。開始5分ほどで
早くも昨日の練習走行時のタイムを上回る1分28秒021でNo.16 Castrol無限NSXの道
上龍がトップに立つ。これにNo.64 Mobil 1 NSXのトム・コロネル、No.100 RAYBRIG
 NSXの飯田章、No.18 TATAKA童夢無限NSXの脇阪寿一と続く。5番手にはこのTIサー
キットで好調なNo.36 カストロール・トムス・スープラのノルベルト・フォンタナ、
そして同じくトムスのNo.37(ケルヴィン・バート)。そして予選ステージ2に進め
るボーダーラインに居るのはNo.38 FK/マッシモセルモスープラ(野田英樹)とNo.39
デンソーサードスープラGT(土屋圭市)が僅差で競る。
 そして、ステージ1終了2分前にNo.64 Mobilがついに28秒を切る1分27秒995を
叩き出して、トップに立った。そして、1分前。一気にタイムを上げたのは98チャ
ンピオンのNo.23ペンズオイル・ニスモGT-Rの影山正美だった。29秒020でこのステ
ージの7番手に。このまま、ステージはタイムアップとなり、No.23ペンズオイル
が、スカイラインとして唯一ステージ2に進出し、面目を保った。

 5分のインターバルののちにステージ2が開始となる。参加はNo.64、No.16、No.
100、No.18、No.36、No.39、No.23の以上7台。時間はわずか10分。フルに走っても
周回は7周程度だ。それだけに7台全車が開始と共に飛び出していった。2周目に
No.64 Mobil 1 NSXのコロネルが早くも1分39台に入れてまずトップに立つ。3周目
にはNo.36カストロール・トムス・スープラ(フォンタナ)が28秒846でトップに。
だが、すぐにNo.64も28秒032でトップの座を奪い返す。だが、今季3回のポールを
獲得しているNo.16 Castrol無限の道上龍が1分27秒748とステージ1のNo.64を上回
る1分27秒748でトップと目まぐるしい争いとなる。しかし、No.64Mobilが4周目に
27秒534、5周目に27秒439とタイムを上げて、トップを確実なものにしていった。
No.16もタイムアップを果たすがNo.64には届かず、No.64 Mobil 1 NSXのコロネルが
ポールポジションを決めた。
 決勝レースは引き続き、同日の午後に行われた。


ポールポジション
No.64 Mobil 1 NSX
トム・コロネル「チャンピオンを争ったチームとしていいショーを見せたかっ
た。ボクらはいい仕事をしたと思う。まだレースはスタートしてないから勝った
わけではないけれど、ヤマニシもボク自身もすごくコンスタントに走っているし、
かなりいいところにいると思う。今回はいつもとは少し違うやりかたをする。ヤ
マニシがスタートを担当するようにね。ドライバーはひとたびステアリングを握
ればドライビングを楽しんでいる。ベストをつくすよ、いつものように」


GT300ポールポジション
No.25 つちやMR2
舘 信吾「とくにターゲットタイムはなく、出せるだけ出そうと思っていきまし
た。いつもどおり走れてポールが獲れました。すべて問題なく、調子はいいです
よ。決勝もそのまま走るだけ。スタートはボクの予定なので、ギリギリまでひっ
ぱって恵一さんに渡します。来年は、まだ正式には決まってないんですが、また
GTCで走る予定なので、応援をお願いします」

以上
                       GTアソシエイション事務局
                       GTインサイドレポート班
                       古屋 知幸 = QYB04322 =


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース