Archives

  • [—]2020 (85)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

GTインサイドレポートAllStar/1

                    AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CAR CHAMPIONSHIP
                       1998  GT INSIDE REPORT
   GT AllStar RACE                                              10 Nov. '98
   Preview Report                 プレビューレポート            FMOTOR4版
 -------------------------------------------------------------------------
NICOS CUP GTオールスター戦'98 in TI Cirucit AIDA(11/15)

GTシリーズの総決算!
TIサーキット英田にGTCの精鋭21台が大集結
スペシャル予選やイベントなど盛りだくさんの日曜日

 激戦の続いた1998全日本GT選手権シリーズ戦も、GT500はNo.23ペンズオイル・ニ
スモGT-Rのエリック・コマス/影山正美組、GT300はNo.25つちやMR2の鈴木恵一/舘
信吾組のチャンピオンを決定して終幕した。
 しかし、GTCシリーズにはもうひとつ見逃せないレースが控えている。それが11月
15日に開催されるNICOS CUP GTオールスター戦'98 in TI Circuit AIDAだ。
 GTオールスター戦は、GTCシリーズ戦終了後に開催されるスペシャル・レースだ。
その参加チーム、ドライバーはシリーズ戦開催のサーキットなどファンから直接に
投票されたポイントとシリーズ戦の戦績によって選抜された約20チームだけ。文字
通り、人気と実力を兼ね備えた選び抜かれたトップGTカーと、トップ・ドライバー、
トップ・チームだけが参加できる年1回のオールスター・レースなのだ。しかも毎
年開催されるサーキットを替えており、GTCシリーズ戦を見られなかったファンに
とってはチャンスであり、レースとしては各チーム、ドライバーがまったく未知の
チャレンジをすることになり、新鮮で激しいレース展開と実力あるものが勝ち抜け
る勝負が期待できる。

 今年は、人気投票1位でシリーズ1勝を挙げたNo.100 RAYBRIG NSX(高橋国光/
飯田章組)やシリーズ・チャンピオンのNo.23ペンズオイル・ニスモGT-R(エリッ
ク・コマス/影山正美組)、No.12 カルソニックスカイライン(星野一義/黒澤琢
弥組)、No.39 デンソーサードスープラGT(土屋圭市/谷川達也組)など、GT300は
No.25つちやMR2(鈴木恵一/舘信吾組)、No.15 ザナヴィシルビア(近藤真彦/青
木孝行組)、No.7 RE雨宮マツモトキヨシRX7(山路慎一/松本晴彦組)など総勢21
チーム、42人のドライバーが参加する予定だ。

 GTオールスター戦は岡山県のTIサーキット英田で行われる。ご存じの通りTIサー
キットはF1グランプリも開催されたことのある国際級のコース、設備を持つ西日
本圏を代表するサーキット。過去に公式のGTレースは開催されたことはなく、今回
が初めてのビッグGTレースとなる。もちろん、GTシリーズ戦を闘ったドライバーた
ちにとってもレースとして、ここでレーシングGTカーを操るのは初めてのこと。
 2本の直線を挟み込むようにテクニカルなコーナーがレイアウトされる全長3.703
kmのコースは、ストップ&ゴーが繰り返され、加速とブレーキングのテクニックが
問われる。また、クルマのセッティング難しくF1ドライバーですら手を焼いたと
いう名うてのテクニカルコースなのだ。今回もGTオールスター戦に先立ち10月に、
TIサーキットでテスト走行が行われたのだが、当日はあいにくの雨でほとんど満足
のゆくテストは出来ず、これに参加したチームも出来なかったチームも、11月14日
土曜に行われる練習走行でのセッティングが大事になるといえるだろう。
 GTオールスター戦は、今年も恒例の1ディレースとなっている。15日の日曜1日
で予選と決勝を行うので、この1日だけで丸々レースの醍醐味が味わえる。前日の
14日(土)には練習走行日として午前と午後に各1回ずつの走行が行われる。
 本番の15日だが、午前に行われる予選は、ショットガン・アタックと名付けられ、
チームを代表するドライバー1人がステアリングを握りタイムトライアルを行う。
GT300は予選わずか12分間の一発勝負。GT500は1回目が12分間、そして2回目の10
分間と2回のステージが用意されているが、2回目へ進めるのは1回目の上位7台
のみというサバイバル方式になる。したがってポールポジションや上位グリッドに
付くためには、最初から全力アタックで挑まなくてはならないのだ。
 決勝レースはGTCシリーズ戦さながらの67周約250kmという長丁場。もちろん、レー
ス中に必ずドライバー交代と燃料補給を行わなくてはならない。シリーズ戦で適用
されていたウエイトハンディだが、このGTオールスター戦ではノーハンディ制とな
り、各車存分のパワーで走行することになっている。まさにシリーズ戦の総仕上げ
とも言える決勝レースになるだろう。
 これらのメイン・レース以外にもGTオールスター戦では、シリーズ戦以上に楽し
いイベントも各種用意されている。シリーズ戦でもお馴染みのピットウォーク、そ
の時のポラロイド撮影会、チューニングカー・デモランなどはもちろん行われる。
さらには、ル・マン3位入賞のニッサンR390GT1のデモランや、トライアルバイク
や、ジムカーナマシンのデモランなどモータースポーツ・フリークにはたまらない
イベントが。また、キャンギャル40人以上が勢揃いするステージやドライバーのトー
クショー、ファン公開の場での公式記者会見などなど。レース中も実況アナウンサー
が華やかに盛り上げるというシリーズ戦とはひと味違った演出が用意されている。
 また、今回はGTオールスター戦初めての試みであるサポートレースが行われ、最
近人気上昇中のAE86によるワンメイクレースが行われる。なんと、この参加車は総
勢約100台となる予定で、これまた見どころの多いレースとなりそうだ。


☆NICOS CUP GTオールスター戦'98 in TI Cirucit AIDA
 エントリーリスト
[GT500] 15台
No. マシン              ドライバー                      エントラント     タイヤ
----------------------------------------------------------------------------
 2  ZEXELスカイライン          鈴木亜久里   影山正彦          NISMO             BS
 3  ユニシアジェックススカイライン     長谷見昌弘   田中哲也          ハセミ・モータースポーツ     BS
12  カルソニックスカイライン         星野一義     黒澤琢弥          TEAM IMPUL        BS
16  Castrol無限NSX       中子 修     道上 龍          Castrol無限       BS
18  TAKATA童夢無限NSX    金石勝智     脇阪寿一          童夢レーシングチーム     BS
23  ペンズオイル・ニスモGT-R     エリック・コマス(F)  影山正美          NISMO             BS
30  綜警 PORSCHE         山田洋二     岡田秀樹          TEAM TAKE ONE     BS
36  カストロール・トムス・スープラ   関谷正徳 ノルベルト・フォンタナ(RA) TOYOTA Castrol TEAM TOM'S DL
37  カストロール・トムス・スープラ   鈴木利男   ケルビン・バート(GB) TOYOTA Castrol TEAM TOM'S DL
38  FK/マッシモセルモスープラ      竹内浩典   野田英樹          TOYOTA TEAM CERUMO  BS
39  デンソーサードスープラGT     土屋圭市   谷川達也            TOYOTA TEAM SARD  YH
50  ARTAスカイライン           本山 哲   土屋武士   AUTOBACS RACING TEAM AGURI BS
55  STPタイサンバイパー        松田秀士   木下ひろゆき  TEAM TAISAN with ADVAN  YH
64  Mobil1 NSX           山西康司   トム・コロネル(NL)   Mobil1 NAKAJIMA RACING  BS
100 RAYBRIG NSX          高橋国光   飯田 章      チーム国光 with MOONCRAFT  BS

[GT300] 6台
No. マシン              ドライバー                      エントラント     タイヤ
----------------------------------------------------------------------------
 7  RE雨宮マツモトキヨシRX7     山路慎一   松本晴彦            RE雨宮レーシング      DL
15  ザナヴィシルビア          近藤真彦   青木孝行            NISMO             YH
25  つちやMR2            鈴木恵一   舘 信吾   TEAM TAISAN Jr. withつちや YH
61  ライボン・トランピオ・FTO     中谷明彦   原 貴彦             チーム・ライボン・ラリーアート  TY
77  クスコスバルインプレッサ       小林且雄   玉井秀幸            クスコレーシング         YH
81  ダイシンダンロップシルビア    福山英朗   大八木信行          TEAM DAISHIN      DL

●エントリーは変更される可能性があります。


☆NICOS CUP GTオールスター戦'98チケットのご案内
 前売り券、好評発売中!!
 下記のプレイガイドまたは販売店でお求めください

【入場料金】
前売り入場券(15日のみ)●大人:5,500円●中学生以下:無料

15日決勝・予選当日券 ●大人:6,500円●中学生以下は無料
           ●駐車券:1,000円
           ●パドックパス(ピットウォーク入場可):5,000円
   (大人・子供共通。日曜のみ有効。1,000枚限定当日売。観戦券別途必要)
           ●ピットウォーク:2,000円
   (大人・子供共通。日曜のみ有効。1,000枚限定当日売。観戦券別途必要)
14日公式練習日当日券 ●大人:2,000円●中学生以下は無料
            *14日券はパドック入場可/駐車場無料


【チケット発売所】
 チケットぴあ (03-5237-9999)/チケットセゾン/ポプラ/モンテカルロ/
 ローソンチケット/オートバックス (中国地区)/サークルK (関西・中国地区)、
 イエローハット (岡山・姫路地区)他
 ◎チケット・コレクトサービス:電話又はFAXでお申し込み頂くと
  観戦チケットを宅急便で配送します(送料、手数料必要)
 TEL:08687-4-3434(受付時間:10:00~16:00)/FAX:08687-4-2600(24時間受付)


【お問い合わせ】
 GTオールスター実行委員会 TEL.03-3461-9893/FAX.03-3461-9882
 TIサーキット英田チケットセンター TEL.08687-4-3434/FAX.08687-4-2600


☆タイムスケジュール
 11月14日 練習走行
   AE86フリー走行     8:00~ 9:45
   GTフリー走行1回目  10:25~11:55
   AE86フリー走行    12:10~13:50
   GTフリー走行2回目  14:45~16:15


 11月15日 予選・決勝
   ゲートオープン     6:00
   AE86公式予選1組    7:00~ 7:15
   AE86公式予選2組    7:20~ 7:35
   AE86公式予選3組    7:45~ 8:00
   AE86公式予選4組    8:05~ 8:20

   GTフリー走行      8:35~ 8:55

   GTドライバーズグリーティング  9:00~ 9:35(ステージでのドライバー紹介)

   GT予選 Shot Gun Attck 9:40~10:30

   AE86決勝Bレース   10:50~11:05(10周)
   AE86決勝Aレース   11:40~12:00(10周)

   ピットウォーク    12:20~13:20
    トライアル・パフォーマンス(12:30~)
    ジムカーナ・パフォーマンス(12:30~)
    チューニングカー・デモラン(12:35~)
    ニッサンR390GT1デモラン(12:35~)
    レースクィーン・ラストパラダイス(12:40~)

   GTフォーメーション  14:05~14:15(3周)
   GT決勝スタート    14:15~16:00(67周)
   公開記者会見     16:30~16:20(予定/決勝進行により変更あり)


☆テレビ放送
 11月23日(月・祝)11:00~12:15
 テレビ東京系全国6局ネット
 テレビ東京/テレビ大阪/テレビ愛知/テレビ北海道/テレビせとうち/
 ティー・エックス・エヌ九州


以上
                       GTアソシエイション事務局
                        GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース