Archives

  • [—]2020 (36)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

GTインサイドレポート Rd.6/3

                     ALL JAPAN GRAND TOURING CAR CHAMPIONSHIP
                       1997  GT INSIDE REPORT
  Round 6 SUGO GT CHAMPIONSHIP                                 25 Oct.'97
   Qualify Report                予選日レポート                 FMOTOR4版
 -------------------------------------------------------------------------
'97GTC第6戦 SUGO GT CHAMPIONSHIP

RAYBRIG NSXが初ポールをゲット!
つちやMR2がまたも圧倒的スピードでGT300を制覇

 10月25日、全日本GT選手権第6戦「SUGO GT選手権レース」の予選が宮城県・ス
ポーツランドSUGOで行われた。前戦MINE決勝レースで2位に入賞したNo.100 
RAYBRIG NSXが、昨年のコースレコードを更新するタイムで初のポールポジション
を獲得した。また、このレースは今季最終戦となるため、総合およびGT300クラス
のチャンピオン争いもクライマックスを迎えている。

パーフェクト・ラン!RAYBRIG NSX&アキラ
 金曜日に行われた練習走行でもNSXの速さは抜けていた。特にNo.100 RAYBRIG 
NSXはこの時点で昨年マクラーレンF1GTR(ラルフ・シューマッハ)が記録したコー
スレコード1分23秒260を更新する1分22秒425を記録していた。
 そして本番の予選1回目が午前10時30分から始まった。天候は若干の雲はかかる
ものの雨の心配はまったくなかった。そして予選開始10分。早くもNo.100 RAYBRIG
 NSXの飯田章が1分21秒959の新レコードを出し、リーディング・ボードのトップに
名前を刻んだ。そしてNo.18 avex童夢無限NSXの黒澤琢弥が22秒301で2番手に。こ
の2台に続いたのはNo.8 POWERCRAFT SUPRAのワイン・ガードナーが22秒426だった。
 そして18分経過時点で、No.100 RAYBRIG NSX飯田が、1分21秒805の驚異的なさ
らにタイムを叩き出す。No.18 avex童夢無限、黒澤も22秒275まで詰めるが届かな
い。そして、No.38カストロール・セルモ・スープラの竹内浩典が1分22秒378を記
録し、3番手へと飛び込んだ。予選後半になるとコースが混み合い、各車タイムを
上げることが出来なかった。

スープラ勢届かず。決勝に雪辱を期す
 午後に入り、やや気温が下がった午後2時30分、予選2回目が開始された。10分を
過ぎた時点で、まずNo.37カストロール・トムス・スープラ、関谷正徳が1分22秒288
と午前のタイムを更新して3番手へ。そして関谷は次のラップでさらに22秒244まで
タイムアップし、No.18 avex童夢無限NSXを抜き2番手へと上がった。だが1分後、
そのNo.18 avex童夢無限NSX黒澤が22秒127を出し、2番手を奪い返した。そして、
No.38カストロール・セルモ・スープラ竹内もアタックを掛け1分22秒341とわずか
にタイムを詰めるが、順位を上げることができなかった。終盤になってNo.100も飯
田が乗りコースに出たが、トップタイムを更新するクルマが出なかったため、アタッ
クすることなくピットに戻った。
 一方、今季2勝ずつを挙げチャンピンを争うNo.36カストロール・トムス・スープ
ラとNo.39デンソーサードスープラGTはウエイトハンデ重量を90kg、60kgとかなり積
むために、アップダウンの激しいSUGOに苦戦。また、金曜日の走行でクラッシュし、
マシンを壊したNo.556 KURE R33は急遽昨年型のマシンを使うこととなった。このた
め、一からのセッティングとなった。

ブッちぎりポールのつちやMR2
 GT300クラスでは、前戦MINEを欠場したNo.25つちやMR2が再登場。土屋武士のドラ
イブで他を圧倒したパフォーマンスを見せた。1回目の予選では1分27秒651とただ
1台27秒台に入れる。2回目の予選ではNo.81ダイシンシルビアの木下隆之が27秒932
と迫ったものの、土屋は1分26秒916とあっさり午前のタイムを更新してみせた。予
選クラス3位には、ランキング2位に付けチャンピオンを争うNo.26タイサンスター
カードRSRが、4番手には第4戦富士で2位に入ったNo.27シェル・フェラーリF355
が入った。ランキング・トップのNo.19RS☆Rシルビアはウエイトハンデの100kgが響
いたのか、9位と苦しいポジションからのスタートとなった。
 また、予選クラス3番手のタイムを出したNo.910ナインテンポルシェは、予選後
の車検でリアウイングの高さが規定よりわずかに高かったため、違反とみなされ予
選のタイムを抹消された。なお、No.910は再車検で合格することで、決勝レースの
最後尾スタートが許される。



総合ポールポジション
No.100 RAYBRIG NSX 飯田章 1分21秒805
「たまたまというか、ポールポジションが取れてすごく嬉しいです。クルマの方も
チームの方もすごくいい雰囲気で、シーズンの後半どんどんいい方向で来ています
ので、最後に勝って気持ちよくオールスター戦に出場したいと思います。で、クル
ムとペドロ(フォーミュラニッポンでチームメイト)がチャンピオンとってウチが
優勝なら一番いいですね。明日はできたらオープニングラップから逃げて、国さん
に渡して、若い走りで(笑)頑張ってもらいたいです。ただ真っ直ぐだけは、ター
ボ付きや大排気量のマシンの方がやはり速いです。だからとにかくスタートで前に
出ることを重々心得て……」


GT300ポールポジション
No.25 つちやMR2 土屋武士 1分26秒916
「今日の予選の結果には凄く満足しています。メカニックが忙しい間をぬってマシ
ンを仕上げてくれたので、とにかくメカニックのために明日優勝という形を残した
い。クルマの仕上がりは素晴らしいんですが、レースは何が起こるかわからないか
ら、その場の状況を判断してベストを尽くすことだけをいつも通り考えて、頑張り
ます。オールスター戦にも出る方向で話は進んでいます」



                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース