Archives

  • [—]2020 (34)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

GTインサイドレポート Rd.4/8

                     ALL JAPAN GRAND TOURING CAR CHAMPIONSHIP
                       1997  GT INSIDE REPORT
   Round 4 JAPAN SPECIAL GT CUP                                 10 Aug.'97
   Inside Report Special          インサイドレポート 特集       FMOTOR4版
 -------------------------------------------------------------------------
'97GTC第4戦 JAPAN SPECIAL GT CUP
       ◎カーナンバー前の"#"はGT500クラス、"*"はGT300クラスを表します

GTインサイドレポート・スペシャル

GT300クラス・エントラントにきく
「GT300は今後どうあるべきか」

 シーズンも半ばを過ぎ、GT300クラスのエントラント数が増加するとともに勢力分
布も大幅に変わってきた。ラップタイムも上がり、全体のレベルアップは著しい。た
だ、そうしたなかで一部のエントラントからはレギュレーションその他に関する不満
も聞かれる。各エントラントは現状をどう考え、今後どういう方向に進むことを望ん
でいるのか、GT300関係者に話を聞いた。(掲載順不同)

*25つちやMR2  土屋春雄代表
「GT300クラスは今のところチームどうしの隠しごともないし、いい雰囲気だと思い
ますよ。ウチもなにも隠してない、すべてオープンにやってますから。そもそも、
ウチのクルマはなにも特別なことはしていないんですよ。カーボンなんかリヤウィ
ングだけで、ほかに高価な素材を使っているわけじゃないし、すべてアルミとスチー
ルですから。GT300クラスまでおカネのかかる方向にいってしまうのは反対です。だ
から、そういうおカネのかかる部分だけはしっかり規制して、あとは自由というレ
ギュレーションがいいんじゃないかな。その枠内で速くするのは、それはチームの
技量ですから。競争をやっているわけだから、ムリに抑えつけてしまうことはない。
ただ、特認車という制度はちょっとどうかと思います。特認さえ通ればなんでもOK
というのでは、レギュレーションでしばる意味がないでしょう。まあ、ウチはずっ
とGT300を続けるつもりはありませんから。ボクは新しいことにチャレンジするのが
好きなんですよ。勝って当たり前のレースになっちゃったら続ける気はありません」

*70外車の外国屋アドバンポルシェ 石橋義三
「できるだけ均一化を図ってほしい。現状ではメーカー色が濃く見えるチームが有利
になっているように思える。確かに今年、ポルシェも勝ってはいるが、予選タイムを
みれば差は歴然としている。プライベーターの『神聖なる花園』(笑)は守ってほし
い。外国車に対する規制が厳しすぎると海外から反発されるよ。通産省あたり、圧力
がかかるかもしれないよ(笑)。規制緩和しなくちゃ。ポルシェというベーシックな
クルマ、いわば参考書があるのだから、それを中心にして、ほかを合わせていけばい
いと思うんだけどね。底辺からの盛り上がりがレースを支えているんだから、そうい
うプライベーターのことを考えた、バランスのとれた規制を望みます。リミッターと
いうのもひとつの手じゃないかな。ウェイトハンデというのは、クルマのバランスや
安全性を考えるとあまり賛成できない」

*81 ダイシン シルビア 大八木信行
「台数は去年よりも多少増えてきたけれど、もう少し出てきやすいレギュレーション
にはならないものでしょうか? GT300クラスもターボ車ばかりなので、NAの形で
も、もう少し出られたりしたほうがいいですね。NAでもターボ車と一緒に走れるよう
な、もう少し細かなレギュレーションにしてほしいと思います。GT300もGT500も、プ
ライベーターでは同様のことが起きているでしょう。もっと細かく重量なり規定して
ほしい。ル・マンなんかもそうでしょうから」

*19 RS☆Rシルビア 福山英朗
「エンジン性能を揃えていかないとダメでしょう。リストリクターにしても『遅い
からリストリクターなし』なんてやると、コーナーは遅くてストレートはバカッ速い
マシンになってしまい、我々がワリを食う。足回りがノーマルでリストリクターな
しで速いようなチームがあるでしょう。できれば、そういうのはないほうがいい。
それよりもGT300クラス全体の人気が出ることが優先だし、ガタガタ言うつもりはな
いですね」

*21 ダンロップ-BP-BMW 一ツ山 康
「一概には言えないけれど、ポルシェはこういうコースは本来速いし、シルビアや
MR2も安定してきた。ウチらはどこへいっても同じようなクルマですから(笑)。あ
る程度の見直しは必要でしょう。*25のMR2はダントツで速いですからね」

*71 シグマテック911 星野 薫
「あまりにもしょっちゅうレギュレーションが変わりすぎて、去年から今年にかけ
てはとくにそのスピードが早い。今回もフェラーリが急に速くなって『なんだ?』っ
て思う。だいたい一緒のレギュレーションにしてくれないと、せめて去年のルール
ぐらいにしてくれないと厳しい。国産車はグリッドがみんな前でしょう。GT500ク
ラスと同じような緩和措置がほしいです」

*72 WAKO'S BMW M3 牧口規雄
「毎回毎回見直してもらって、2戦ごとぐらいにイコールにできるようなレギュレー
ションに変えてほしい。日本のレースだし、外車をしめ出したい、勝たせたくないと
いうのはわかるけど、ある程度は考えてほしい。ウチは2.5リッター1台だけで少数
派なんですが、リストリクターが不利になっている。JAFに言うと、『2リッターでや
れば』と言われちゃう。大きくしたものは小さくできないですよ。最初から2.5リッ
ターで出ているのに、去年勝手に50kg重くなって、嘆願書で1トンになったと思った
らリストリクターでしょう。ターボにしようかと思ったけど1台ではなかなかむずか
しい。来年、予算が取れればクルマを替えたいと思っている。ポルシェではやらない
けど(笑)。我々が遅いわけではなく、回りが急速に進歩してるんですよ」

*55 Castrol SF RX7 長島正明
「GT500とGT300が混走しているわけですが、ドライバーのなかには横柄な人がいるん
ですよ。『こっちから抜いて』と手で合図すると、ベテランドライバーは手を挙げて
マナーよく抜いていくんです。ところが、なかには幅寄せしてくる元F1ドライバーな
んかがいて、走りながらカーナンバーとピットナンバーを把握して、後で弱小チーム
に怒鳴り込んできたりします。この動体視力はさすが元F1ドライバーと思いますが。
GT300でも堂々と走れるレースにしてほしい。富士は上限のタイムが1分37秒ぐらい
にしてほしいですね。35秒はもうGT500クラスのタイムですよ」

*910 ナインテンポルシェ 袖山誠一
「噂で聞いたGT500とGT300でレースを分けるのは、同日開催ならいいかなと思う。
GT300に、自分たちでクルマを造っている人たちがもっと増えれば、本来のGTレース
の主旨ににあったものになると思う。初年度でプライベートのGT-Rが2位になると
かあったでしょう。参加しようという気になるレース内容にしてくれないと。MR2
にしても、ああいうクルマにメーカーが本腰で力を入れたら後ろのほうからエント
ラントがいなくなっちゃう。ポルシェはあまり速さは変わらないというか、やりよ
うがあまりない。チューナーが日本にはいないのも理由のひとつで、ボクらも買っ
たままのマシンです。ターボ車は、最高出力は300馬力だとして、特性を途中でトル
クを太らせたりできます。ポルシェのリストリクターも考えてほしい。重量かリス
トリクターのいずれかで制限をかけるわけですが、この辺は検討してほしい。だん
だんつまんなくなっちゃうと困るから。RE雨宮はプライベーターで成果が出ている
んで、あの辺のレベル、我々よりちょっと上ぐらいのポテンシャルで戦えればいい
んじゃないかな」

*26 タイサン スターカードRSR 新田守男
「今まではポルシェが速いから規制してきたわけで、今度は国産勢が速くなったん
だから同じことをやってほしい。対応は国産車よりむずかしいし、パーツなんかも
ポルシェから人が来てもコンピュータはいじれなかったりするんです。エンジンの
仕様はリストリクターの径に合わせて向こうから来ている。また、テレビなんか見
ていてもメインはGT500。だったら、もうGT500だけでやってくれても構わないと思
っちゃう。みんな平等にテレビなんかのメディアで取りあげてくれないと。インタ
ビューしてオンエアされないならまだわかるんですけど、現状は取材に来てもくれ
なかったりしますから」

*91 バーディークラブ・MR-2 松永雅博
「レギュレーションはいいところまで来ていると思う。土屋さんのところは異常に
速いけれど、他はレベル的には差はない。ただ、ホントの意味の実力でいえば、土
屋さんのところが本来の姿で、みんなが頑張らなきゃいけないのかもしれません。
でも、そうするとリスクが大きくなりますよね。速いほうを落とすか、遅いほうが
速いほうに合わせるか、リストリクターを変えれば追いつくとは思いますが…。
GT300クラスもレースとしてはおもしろいと思います。N1耐久も4クラスのほうがお
もしろいですから。ただ、GTはたとえGT300クラスとはいっても全日本選手権なん
で、GT500と同じように扱ってほしい。決勝でGT300とGT500に分けて2つのレースを
やるのも見ているほうにはおもしろいかもしれないですね。今は誰もGT300クラス見
ていないし、順位もわからないでしょう。テレビの放映にしても3分の1ぐらい分
けてもらえれば、前のほうを走ったら一瞬でもちゃんと映るでしょう」

*6ワイズダンロップBPMR2 *60ワイズダンロップBPキャバリエ 平岡寿道エンジニア
「現状は盛り上がっていいんじゃない? GT500クラスみたいなワークス化はない
でしょう。AグループとBグループに分かれてしまっている感じはありますけど。去
年と比べたらGT300クラスのレベルアップがすごいから、去年は手抜きレースでも表
彰台に上がれたりしたけれど、今年は完璧なレースをやらないと勝てない。まあ、
やり甲斐はありますけれどね。レギュレーションの公平不公平はしょうがないでし
ょう。GTはJTCCと比べたら、あやふやな灰色の部分があるわけで、やりやすいと言
えばやりやすい。情報さえ早くもらえれば、レギュレーションは今のままでいいと
思います。JTCCみたいに厳しくなったらおもしろくないでしょう。緩和にしても、
パワーが大きくなるとカネがかかるわけで、費用は抑えてもらって、カネのかから
ない範囲で自由にできればいいんじゃないでしょうか。解釈の違いはどの世界でも
あることです。つちやMR2の速さはオヤジさんのレース経験の差でしょう」

*7 RE雨宮SuperG RX7 雨宮勇美代表
「GT300クラスは見た感じつちやMR2だけが速い。ドライバーの差はあるかもわかん
ないけど…。イコールかって言われても、あまりにも差がある。37秒台には6~7
台いて、おもしろいレースだけど、トップとはかけ離れている。レギュレーション
の問題は、とくにはないでしょう。BMWもある程度速いクルマはいるし、フェラーリ
もたまたま1台速いだけでしょう」

*20 アイ・オートGABポルシェ 須賀宏明
「現在のGT300クラスは、やはり純粋なプライベーターが上位に加われる状態ではな
いですね。ただ基本的に、イコール・コンディションにする気があるのなら、レギ
ュレーション的には納得できると思います。もちろん希望を言えばポルシェに有利
なようにしてほしいですけど、言い出せばキリがないですからね。ただプライベー
ターのポルシェ・ユーザーは発言力が弱いので、なかなか自分たちの思うところが
伝わりにくいところがあります。我々としては、やはりもう少し多くのチームがダ
ンゴ状態で上位を争えるようなレースになってくれるといいなと思っています。そ
のためには、ある程度遅いマシンに合わせるような規定、それも重量を軽くするの
ではなく、リストリクターを小さくする方向でレギュレーションを考えてもらいた
いというのが望みです。たとえば同じポルシェでも、タイサンさん、ナインテンさ
んなどが使っているGT2ベースのNAマシンと、我々のようにRSから改造をしているク
ルマとでは根本的に違うんです。だってGT2のNA版は室内でスタビ調整ができるシス
テムまでついているのに、RSではエアジャッキすら自分たちでつけなくてはいけな
いんですから。もちろんおカネをかければいいマシンを手に入れることもできます
が、それではこのクラスに出場する意義がわからなくなりますからね。ですから基
本的には、おカネをかけずに多くの参加車が上位を争えるような方向が理想です。
とにかく参加台数が増えて、いいレースができれば、お客さんも増えるし、スポン
サーもとりやすいという好循環になるんですから」

*27/28 チームFCJフェラーリ 兼子監督
「GT300クラスの参加車のなかでもウチは特殊な存在でしょうね。まったく1からク
ルマを造らなければいけないうえに、一つのパーツが他車より何倍、何十倍という
金額になりますし、しかもそれだけかけたおカネに見合うものが得られるわけでは
ないんですからね。これはもう情熱だけでやっているといっても過言ではないと思
います。我々はプライベーターですから、ステップ・バイ・ステップでクルマをよ
くしていかなければいけないわけです。ところがレギュレーションに関して変更の
要望やお願いを提出しても、レスポンスが悪くて大変困ることがあります。例えば
我々のマシンは、5バルブという特殊な機構を持つエンジンなために、リストリク
ターで高回転を絞られると非常に苦しい部分がある。それでシーズン開幕前に、な
んとか5バルブという構造に対して考慮してほしいという旨の要望を出していたの
です。それが今回のレースの直前になってようやく回答がきたわけです。しかもそ
のレスポンスの悪さもさることながら、内容が『リストリクターの0.7mm拡大を認め
るかわりに100kgのウェイトを搭載せよ』というものだったんです。シーズン前は確
かに重量が重かったのですが、すでに開発がかなり進んでいて、今は1100kgを切っ
ていますので、もうこの規定では意味がなくて、結局*27のほうはこれを採用しませ
んでした。もう1台の*28のほうはこれを今回適用しましたが、決して有利な条件と
は言えないですね。この件に関しては、私はいわゆる特認として個別のクルマを救
済するのではなく、構造上の違いを細かくきちんとレギュレーションに反映しても
らいたいと思っています。例えば5バルブ、4バルブ、3バルブ、2バルブでそれ
ぞれなんらかの違いを設ける、といったことですね。それらを踏まえた上でイコー
ル・コンディションにしてほしいと思います。私は、現在のGT300クラスは、実際に
戦ってみて、非常におもしろいと思っています。GT500クラスでやっても一緒だった
かな、とも思いますが、ここまで来たからには、来年チャンピオンを狙うくらいの
活躍をしたいと思っています。まあレースですから参加車両に性能差があることは
仕方ありません。MR2が速いのもわかっていますし、ポルシェでやればもっと簡単に
勝てるかもしれません。でも我々は、フェラーリでやることによって夢を語れると
思うんです。フェラーリ・ファンの声援を感じながらレースをしているんです。こ
のクルマでレースをしたい、というクルマがあるからレースをやる。私はレースと
いうのはそういうものだと思っているんです」

*16 YB BMW 325iクーペ 関根基司
「現在のGT300は決していい状態にあるとは思わないですね。というのも、メーカー
主導型のクルマが出てきて、レースが明らかに変わってしまったものですから。
GT300はプライベーターが盛り上げてきたカテゴリーです。GT500がメーカー主導に
なるのはしかたがないと思いますが、GT300にメーカーの力が及ぶのはちょっと違う
と思うんです。もちろん我々にも努力は必要だと思いますが、このままではプライ
ベーターはまったく上位入賞が望めなくなってしまいます。ですから今のうちにな
んらかの方策を考えなければいけないと思うんです。たとえば、分けかたはむずか
しいとは思いますが、純粋なプライベーターとセミワークスは区別するとか、シー
ケンシャルは禁止するとかによって、なるべくおカネがかからない方向で、より性
能が近づくことが望みですね。プライベーターでも、トップとほぼ同じスピードで
走れて、そのうえで勝ち負けが決まるような、努力に見合った結果が得られるよう
なレースが理想だと思っています。たとえば、国産メーカーが今我々が使っている
BMWと同じような価格でマシンを放出してくれるのならそれも魅力ですが、仮にそう
なった場合でも、メーカー直系のチームのマシンはどんどん進化しますからね。こ
れも問題があると思います」


*このレポートのデータの無断引用を禁じます。
*メディア関係者の方でデータがご入用の方は古屋までメールでご連絡ください。

以上
                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース