Archives

  • [—]2020 (102)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

GTインサイドレポート Rd.4/3


                     ALL JAPAN GRAND TOURING CAR CHAMPIONSHIP
                       1997  GT INSIDE REPORT
   Round 4 JAPAN SPECIAL GT CUP                                 9 Aug. '97
   Qualify Report                予選日レポート                 FMOTOR4版
 -------------------------------------------------------------------------
 '97GTC第4戦富士スピードウェイ

スープラ、圧倒的な速さを魅せる
予選で無敵!? Castorl TOM'S SUPRAが4連続ポール獲得
5、6位は2台のNSXが滑り込む


 8月9日、全日本GT選手権第4戦JAPAN SPECIAL GT CUPの予選が富士スピードウェイ
で行われた。当初からトヨタ・スープラの優勢が予想されていたが、前評判通り1
位から4位までを独占。これに対抗するように2台のNSXが続いた。一方、スカイライ
ンGT-Rの最上位は10位と思いの外に苦しい状況に追い込まれた。
 折から接近中の台風の影響からか、富士スピードウェイには強い風が吹き、黒い
雲が通りかかる微妙な空模様。このため、予選の序盤から各車早めのアタックに入
っていった。まずは5分ほどで、No.28カストロール・セルモ・スープラの竹内浩典
が早くも1分30秒を切る29秒8を記録。そして、28秒台へとタイムを上げていく。す
ると、10分後には第2戦富士のポールシッターであるNo.36カストロール・トムス・
スープラのミハエル・クルムが1分28秒625と、自らが第2戦で記録したコースレコ
ードをコンマ187秒上回るタイムを記録しリーディングボードのトップに立った。3
番手にもNo.8 POWER CRAFT SUPRAのW.ガードナーが付け、それに続くのはNo.510 
RH CERUMO SUPRAのB.ガショー。スープラの優勢が伝えられてはいたが、早くもそ
の速さを見せつける様相を呈してきた。
 このスーラ勢に続いたのは、ホンダNSXの2台。前回の仙台ハイランドでは、ミッ
ショントラブルで早々に戦線を離脱したNSXだが、今回はその対策も十分に行い、大
きなトラブルもなく予選を進める。その中で、まずNo.100 RAYBRIG NSXの飯田章が1
分29秒800で4台のスープラに続く5番手に進出。そして、No.18 avex童夢無限NSX
もそれに続く6番手につける。そして、No.18黒澤琢弥はアタックのタイミングを掴
んで1分29秒780でNo.100を抜いて5番手となった。

苦戦必死か。トップスピード不足に悩むGT-R
 前戦仙台ハイランドでは、97年式スカイラインGT-Rをデビュー。その1台である
No.2 ZEXELスカイラインは、あと一歩で優勝というパフォーマンスを見せた。だ
が、この富士ではその片鱗をわずかにも見せることが出来ない。1回目の予選中盤
では8番手ほどに付けているが、終わってみれば、最上位はNo.2 ZEXELスカイライ
ン。その順位はなんと10位。40kgのウエイトを積みタイムアップに悩むNo.39デン
ソーサードスープラGTを除くすべてのスープラがその上に居る。さらにはNSXにも
先を越されている。
 午後。スカイライン勢はより上位への進出をもくろんでいたが、なんと予選2回
目が始まったころから、雨粒がコースに落ち始める。5分を過ぎる頃には路面はう
っすらと水を帯び、タイムアップを見込める状態ではなくなった。結局、午前に出
走できなかったマシンを除きタイムを更新はなく、上位陣は午前の結果のまま予選
順位を確定。ポールは、第2戦の富士同様にNo.36に。そしてカストロール・トムス
・スープラとしては4戦連続の快挙である。
 一方、予選10位に甘んじたNo.2鈴木亜久里は「予選の一発では勝てない。でも、
レースでのアベレージスピードはそれほど差はない」と言うが、その差は1秒以
上。そして今回のレースは56ラップ、250kmとやや短め。このレースでのグリッド
5列目はかなりのハンデといえる。


2位になんと2秒差!? GT300はつちやMR2が今季初ポール

 GT500でのスープラの強さが目立ったように、GT300では前戦仙台ハイランドで初
優勝を飾ったNo.25つちやMR2が圧倒的な速さを見せた。そのラップタイムは1分35秒
197。2番手につけたNo.81ダイシンシルビアを2秒以上引き離す快走だった。3番手に
は、このところ徐々に実力を発揮しつつあるNo.27 TEAM FCJ フェラーリが太田哲
也が入る。しかし、セカンド・ドライバーのオロフソンが乗った直後にマシントラ
ブルを起こし、彼は1回目の予選でタイムを記録できなかった。そして、2回目は
雨。規定タイム更新ができないとせっかくの順位が取り消されてしまう。すでにレ
インコンディションに入ったコースをオロフソンは攻め、1分47秒958をたき出す。
このタイムがラップモニターに表示された時、ピット内では安堵の大きなため息が
漏れた。



ポールポジション・インタビュー

No.36 カストロール・トムス・スープラ
ミハエル・クルム 1分28秒625(コースレコード)

「今日の予選結果は、カストロール・トムス・チームにとって今季4回目のポール
ポジションであると共に、スープラの強さを証明できた素晴らしい予選だった。マ
シンも完璧でしたし、アタックのタイミングも、コンディションも完璧でした。こ
のままの勢いで決勝も終われれればと思います。明日はチャンピオンシップにとっ
て大変重要なレースですが、すべてうまくいけば、自分たちに一番チャンスがある
と思う。心配なのは、明日の天気と自分のミスだけ。40kgの重量ハンデについて
は。(以下日本語で)スゴクイイバランスニナッタトオモイマス(笑)。ホント」



GT300ポールポジション
No.25 つちやMR2
土屋武士 1分35秒197(コースレコード)

「アタックラップはコースもクリアで、ほんと完璧な状況でしたから、2位に2秒
近い差がつけられたのだと思います。この結果にはとても満足です。でも、こんな
にタイム差が付くとは予想もしていませんでした。でも、車には元々ポテンシャル
があるんです。NAの時からストレートが遅くてもコーナーで詰めて、シルビアなど
のコンマ数秒落ちでしたから。ターボが付くことでストレートでも付いて行けるよ
うになってタイムも同等になったんです。前戦ではまだターボラグが大きかったん
ですが、今回対策してきてパワー自体は少し落ちましたがとても良くなったんです」


以上
                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                         古屋 知幸 = QYB04322 =


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース