Archives

  • [—]2020 (88)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

GTインサイドレポート Rd.4/2


                     ALL JAPAN GRAND TOURING CAR CHAMPIONSHIP
                       1997  GT INSIDE REPORT
   Round 4 JAPAN SPECIAL GT CUP                                 8 Aug. '97
   Practice Report                練習走行レポート              FMOTOR4版
 -------------------------------------------------------------------------
 '97GTC第4戦富士スピードウェイ
 スープラが圧倒的な速さを披露。GT-R、NSXの巻き返しはあるか?

 8月8日、静岡県・富士スピードウェイで全日本GT選手権第4戦「JAPAN SPECIAL 
GT CUP」の公開練習走行が行われた。
 台風と高気圧に挟まれた不安定な天候で、雨は降っていないが空はどんより曇っ
ている。午前9時30分から1時間20分行われた1回目の走行は、No.36のトムス・スー
プラが40分経過時点で早くも1分29秒312を記録。No.38のセルモも29秒465と続き、
さらに30秒155のNo.37と3台のカストロール・スープラとトップ3を独占。セッショ
ンの序盤こそNo.2 ZEXELスカイラインが30秒242でこの3台に続く位置につけていた
が、No.39デンソーサードスープラが30秒191を出した時点で5番手と下がった。
2回目のセッションが始まる午後12時45分になっても気温は、25度程度のこの時期に
しては低め。このセッションでも早々にNo.37トムス・スープラが29秒800を出して
トップに立つ。続いて96年型のシャシーを使うNo.510 RH CERUMO SUPRAが30秒071を
記録して周囲を驚かせる。これに続いてNo.8 POWER SPORT SUPRA、No.5 5ZIGEN 
SUPRAが続々と30秒前半のタイムをたたき出していく。1時間20分のセッションが終
了してみれば、なんと上位7台がスープラ。8番手はNo.18 avex童夢無限NSXの1分30
秒344。ようやく9番手にNo.556 KURE R33が入っているという状態だった。
最終セッション開始の15時5分になっても日差しが指す気配はなく、気温も24度程度
に留まっている。このセッションでもスープラ勢の優位は変わらず、29秒台に入れ
たのは、No.36、No.38、そしてNo.8の3台のみ。終盤にNo.18 avex童夢無限が1分30
秒175を記録して、このセッションの5番手になるが総合では7位。スカイラインに
至っては第1セッションにNo.2 ZEXELスカイライン出したタイムを上回れず、総合9
位とスープラの牙城を脅かすまでにはいたらなかった。
GT300クラスでは、ポイントリーダーのNo.19 RS☆Rシルビアがウエイトハンデ70kg
を背負い思うようにタイムが上がらず、クラス総合5位に留まった。一方、前戦GTC
初優勝を飾ったNo.25つちやMR2は、第2セッションにGT500クラスに匹敵する1分35秒
760を記録してトップとなった。2番手はこのところ速さを見せているNo.81ダイシン
シルビアが、3番手は前戦のポールシッターのNo.21ダンロップ-BP-BMWが入っている。

練習走行上位タイム                                天気:曇り コース:ドライ
Po   No   マシン                          ドライバー           タイム 
---------------------------------------------------------------------------
 1  36   カストロール・トムス・スープラ    M.クルム/ P.デ・ラ・ロサ     1'29.312(1)
 2  38   カストロール・セルモ・スープラ    竹内浩典/金石勝智   1'29.467(1)
 3  37   カストロール・トムス・スープラ    関谷正徳/鈴木利男   1'29.800(2)
 4   8   POWOR CRAFT SUPRA                 W.ガードナー/T.クリステンセン  1'29.886(3)
 5 510   RH CERUMO SUPRA                   B.ガショー/P.ベルモンド    1'30.071(2)
 6   5   5ZIGEN SUPRA                      田嶋栄一/M.グーセン    1'30.161(2)

[GT300]
    25   つちやMR2                         土屋武士/長島正興   1'35.760(2)
    81   ダイシンシルビア                  大八木信行/木下隆之 1'36.947(1)
    21   ダンロップ-BP-BMW                 一ツ山康/水野文則   1'37.231(2)

                *タイムは非公式のもの。カッコ内はタイムを出したセッション


以上
                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース