Archives

  • [—]2020 (45)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 99Rd.7/6

■ 1999 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 7 MOTEGI GT CHAMPIONSHIP RACE                     FMOTOR4 EDITION
   GT INSIDE REPORT      インサイドレポート3       99/10/24
 -------------------------------------------------------------------------
'99AUTOBACS CUP GTC第7戦(最終戦)もてぎ(10/23,24)

■朝のフリー走行終了後のコメント
#36 カストロール・トムス・スープラ
関谷正徳「クルマはボチボチ。いや、完璧かな? クルマも人間も全部快調。最初
は遅いクルマがいっぱいいたからタイムが出なかったけど、最後に帳尻は合わせた
でしょ? あのタイムが出るってことは大丈夫ってこと。ぜんぜん問題ない。勝つ
自信? あるある! オレっちは勝ちに来たんだから。ハッキネンの例もあるから
レースはわからないけど、100点満点の走りをするから大丈夫。でも、スピンしたら
ごめんね(笑)」
黒澤琢弥「最初は昨日50周以上走ったタイヤだったからタイムが出なかったけど、
後半関谷さんに代わったときは7~8周しかしてないタイヤだから、最後にタイム
が出た。タイヤが減ってない状態と減った状態を見ただけだよ。ハンドリングはどっ
ちでも変わらない。ウチのクルマは金曜日からギヤ比も足回りもなんにも変えてな
いんだけど、いいときってそんなもんだよ。今のところオレがスターターの予定だ
けど、当てられないように気をつけないとね。NSXが全体的に速いから、ブレーキン
グで突っ込まれないぐらいのマージンを1周目で稼がないと。16号車は失うものが
ないから強引に抜いてくるかもしれないけど、オレたちは当てられたら困る。オー
プニングラップをトップで帰ってこられたら、その後は徐々にマージンを稼げると
思う。とにかく今日は勝ちたい」

#16 Castrol無限NSX
道上龍「ベストタイムはもっと出せたと思いますが、ちょうど36号車の後ろについ
たので、そのままずっとついて走っていました。向こうは昨日走り込んでタイヤを
使っていたと思うので、タイムが出てなかったんでしょう。でも後ろについて走っ
たことでスープラの速さを見ることができました。コーナー自体はNSXのほうが速い
と思いますよ。でもストレートは負けてますね。だからブレーキングやコーナリン
グを生かせるように走りかたをいろいろ考えないと。でも、今日は勝ちます」

*19 ウエッズスポーツセリカ
織戸学「金曜の満タンセットとは違っているけれど、クルマはそんなに悪くはない。
トータルで走れるようなセットです。午後、レースに向けて温度しだいでセットを
変えます。(事前の)テストではタイム的によくなかったけど、材料を集めて金曜
に持ってきて、いい方向でそれを合わせていって、予選は僅差だったけれど3位に
上がれて、シリーズ1―2―3のグリッドになった。観てるほうはおもしろいんじゃ
ないかな。ポイントは、ウチは2台から離れてるけれど、チャンプの可能性があれ
ば獲りたいし、そのためにはいい順位でゴールしないと可能性はない。トップに実
力で入ってチェッカーを受けたい。まわりのことはその後でしょう」
原貴彦「テストは悪くはなかったけれど、ここまで調子はよくなかった。でもタイ
ヤがうまく使えるようになったし、いいタイヤなんで目一杯(性能を)引き出す方
向でセットしてます。スタートは織戸くんです。ウチが勝っても向こうが2位、3
位だとタイトルは獲れないけど、とにかく勝つレースをしたい。開幕戦から勝って
ないんで、最後を勝って締めくくりたい」

*26 STPアドバンタイサンGT3R
松田秀士「こんなもんじゃないですかね。特別、速くも遅くもない。このペースを
どこまで維持できるかで勝負は決まるんで、どこまで集中して走れるかですね。ド
ミニクがスタートで遠慮なくかき回すだろうからね。チャンピオン争いなんか知っ
たこっちゃないから(笑)。辛抱強くいって、後半勝負でしょうね」

*25 モモコルセ・アペックスMR2
高木真一「早めにピットインしたのはシフトのフィーリングが変わったから。戻っ
てくるバネが強くて、ちょっと気になっただけです。ちゃんと入るし戻ってくるん
だから問題はないんだけど。(チャンピオン争いの3台が)満タンでみんな同じぐら
いのタイム。決勝はムチャムチャおもしろいと思いますよ」
新田守男「すごいレースになるよ。これだけ3台とも調子いいことってないんだか
ら。しかも最終戦だよ。カギを握っているのはGT500のマシンと*26のタイサン。あ
いだに入ってくるとややこしくなるね。決勝がすごく楽しみです」

*15 ザナヴィARTAシルビア
土屋武士「おあつらえむきのレース。意識的にやろうとしてもムリっていうレース
になるだろう。でもウチはみんなより一手一手先手を打ってるから。昨日も午前中
にタイムを出して、午後は決勝用セッティングをやってるし。やるべきことはやっ
たので、自分たちのやってきたことを信じるだけです。いつも勝たなきゃいけないっ
ていうレースをして来たから、自信があります。プレッシャーもやる気もいつもと
同じ。ただ違うのは、今日の一戦で今年全部の成果が出るということ。チャンピオ
ン獲ったところから来年をスタートさせたいんで、今日は次のスタートを切るため
のレースだと思ってます」

#100 RAYBRIG NSX
高橋国光「クルマは問題ない。快調。ただ、やはり重いね。ボクの走りは軽いとき
も重いときも同じなんだけど、アキラはガンッといくからね。ブレーキがきつそう
だね。なんせトラブルが恐いんでトラブルなしでいきたい。後半ブレーキがハード
だろうから、そのぶん遅れないようにしないと」

#6 ESSO Tiger Supra
野田英樹「昨日トラブルが出てフルタンクのテストができなかったんで、ちょっと
ギャンブルをしてセッティングを変えたんですけど、それがいい方向にいきました。
フルタンクにして今朝走ってみてすごくよくなっていたので、昨日テストできなかっ
たことも影響ないです。前回のTIではタイヤチョイスに問題があったんですけど、
それも今回は大丈夫です。このままいけばかなりいけそうです」

#1ペンズオイル・ニスモGT-R
エリック・コマス「フリー走行でポジションが後ろなのは、古いタイヤを履いて出
てそのまま換えないで走ったから。ライバルは古いタイヤでスタートしてその後で
タイヤを換えた。はじめはボクらのほうが速かったよ。最初の15分は5位以内にいた
からね。そうとう走ったタイヤでのタイムだから、タイムに非常に満足している
よ」

#32 cdmaOneセルモスープラ
木下隆之「(フリー走行中)プロペラシャフトが折れて止まってしまった。今、ス
ペアに交換しているので決勝は大丈夫です。でも予選グリッドが悪くていろいろセッ
ティングを変えたのが確認できないまま終わってしまいました。決勝はボクがスター
トで、40周くらいまで引っぱる予定。タイヤは固めを選んでいるんで大丈夫」

#88ノマドディアブロGT-1
和田久「カムシャフトにトラブルが出て、走行中にストップしてしまった。今、反
対側のバンクからパーツを取って直していますがグリッドに並べられるかどうか…」

*61 テイボン・トランピオ・FTO
駒塚守エンジニア「ファーマンが走行中、1コーナーでコースアウトしてしまった
ようです。今、ディフューザーなどをちょっと直してますが、大きな問題はありま
せん」

■タイヤメーカーに訊く
◎ブリヂストン
「今回持ってきたのは2種類。ソフトとハードという分けかたをしてます。選んで
いるのはNSXが4台ともソフト、スカイラインもソフトですが#3だけソフトとハード
のコンビネーション。スープラは#6がソフト、#32、#38がハード。マクラーレン
(#30)はソフトです。構造的にはNSX、スカイライン、スープラはそれぞれ異なっ
ています。マクラーレンはいろいろテストしたんですが結果的にNSXと同じものに
なっています」

◎ヨコハマ
「今回、GT500は1台だけ(#39)です。従来の構造に加えて新しい構造のものを1
種類持ってきました。選んだのはリア用が新構造のソフト、フロントが従来構造の
ソフトです。GT300はほとんどソフトを選んでいますが、*20はミディアム、*25と*15
はその中間くらいのものを使っています。いつも固めを使っている*19も今回はソフ
トです。金曜の感触がよかったのと、今日の気温がそれほど上がらないとチームが
判断したようで…。*19はこのくらいの気温だと、タレがちょっと心配ですね」

◎トーヨー
「GT500(#88)はソフト、ミディアムのうちソフトをチョイス。GT300は*61がミディ
アム、*86がソフトです。*61は、ここでのテストに間に合わなかった構造のものを
持ってきて使っています。前回(TI)はアンダーが強くて摩耗がひどかったんです
が、今回はレースディスタンスは大丈夫です」

◎ミシュラン
「今回用意したタイヤは、プレスリリースにあるとおりドライが4種類。選んだの
は3台ともミディアムです。金曜の天候が安定していてロングのテストができたの
で、レースディスタンスでの保ちも大丈夫です。
 今年1年間の目標は『トヨタ車で一番になる』ことでした。スープラはタイヤメー
カーが3社ありますから、そのなかで一番になればミシュランのパフォーマンスを
示すことになります。その意味では、(シーズン)序盤はスケジュール的に追われ
ながらやらなければいけない状況だったんですが、ここまでよくやってこれたと思
います。総合チャンピオンというのは、そのほかにいろいろなファクターがありま
すから…。もちろん獲れればそれにこしたことはありませんけれどね」


■決勝スタート直前情報
 天候:晴れ  路面状況:ドライ  気温:24度  路面温度:31度
 決勝日(24日)入場者数:4万2300人   予選日(23日):1万3000人

*86 BPアペックスKRAFTトレノはブレーキ系トラブルのためピットスタート
*71シグマテック911はエンジントラブルのためスタートできず


■レース中のコメント
#18 TAKATA童夢NSX
金石勝智「V字コーナーあたりで急にエンジン(の回転)が重くなった。メーターで
は水温はそんなに上がっていなかったんだけど…」

#32 cdmaOneセルモスープラ
木下隆之「10周くらいでブレーキがなくなっちゃった…」

#37 カストロール・トムス・スープラ
鈴木利男「おととい出たのと同じ、ブレーキの前後バランスが狂っちゃう症状がま
た出てしまった。今、右京ががまんしながら走っている状態。目一杯踏まないよう
にいかないといけない。路面はホコリっぽいけどライン上は大丈夫だよ」

#100 RAYBRIG NSX
飯田章「クルマもブレーキも大丈夫。でも、密集したところにいたんでコツコツ当
たってしまって、ペースを上げられなかった。もっとペースを上げたかったんだけ
ど、前につかえてしまって抜けなかった」

*19 ウェッズスポーツセリカ
織戸学「思ったより気温が高かったけどクルマの調子はよかった。序盤は前のクル
マについていけなかったんだけど、後ろが離れてからはラクなレースになった。ポ
ルシェがすごく速かったんで、ムリしないで先にいかせた。MR2とシルビアはそんな
にペースが速くなかったんでついていった。いいバトルができたよ」


●リタイア(GTインサイドレポート班調べ)
No.    原因           周回数
----------------------------------------------------
*71    エンジントラブル      0L
*86    駆動系トラブル       2L
#39    エキゾースト破損      4L
#18    オーバーヒート       11L
*355    ステアリングトラブル    24L
*81    エンジントラブル      32L
*72    デフトラブル        37L
*111    ミッショントラブル     37L



*GTインサイドレポート4に続く

                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース