Archives

  • [—]2019 (407)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 99Rd.7/5

■ 1999 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 7 MOTEGI GT CHAMPIONSHIP RACE                     FMOTOR4 EDITION
   GT INSIDE REPORT      インサイドレポート2       99/10/23
 -------------------------------------------------------------------------
'99AUTOBACS CUP GTC第7戦(最終戦)もてぎ(10/23,24)

■予選2回目終了後のコメント
*61 テイボン・トランピオ・FTO
中谷明彦「午後も一応アタックはしたんですが、気温が上がると思って午前中にタ
イヤを使っちゃったのでタイムアップできませんでした。タイヤは、TIでベースゴ
ムまで出ちゃうくらい摩耗してしまったので、今回は固めのものです。もちろん柔
らかいほうがタイムはいいんですが、保たなきゃしょうがないですからね」

*19 ウェッズスポーツセリカ
織戸学「2回目は、午前中悪かったところを直して中古タイヤで出ていったんだけ
ど、気温と路面温度が下がったので結局朝の状態に戻した。それでニュータイヤを
履いてアタックにいったんだ。コース上にはけっこう砂利とか出ていたね。だけど、
確実にタイムを出そうと思って気合いを入れていったよ。そうしたらハーフスピン
しちゃって…。その後仕切り直して、もう2周アタックしたらベストタイムが出た。
自分のなかでは久々にいい走りだったと思うし、おもしろい予選だった。タイム的
にも、2回目はザナヴィに勝ってるし、MR2ともコンマ1秒差。最終戦だから、予選
から1-2-3にいないとおもしろくないもんね。明日はどこまでいけるかわから
ないけど、プッシュしていくしかないでしょう」

#12 カルソニックスカイライン
星野一義「もう一声だったね。午前中とはちょっとセットを変えてよくなったんだ
けど。予選アタックをやったのは久々だからね。どんどん乗らないようにしてきて
るから。でも、ちょっと乗れば大丈夫。体力的にはぜんぜん大丈夫だし、明日はが
んばるよ」

*111 JIM GAINER F355
真希遊世「午前中に電圧が上がらなくなってエンジンが吹けなくなってしまったん
です。そのまま走ってもタイムが出ないんで、午後は走行をせずにエンジンの積み
替えをやってました。明日には間に合います。間に合わせるために午後走らなかっ
たんですから。予定どおりに走れていれば2分は切れたはずなんですが…」

#88ノマドディアブロGT-1
和田久「午前中はデフのトラブルで走れませんでした。アッセンブリーで交換した
んで午後は問題なかったんですが、タイム的にはもうちょっといけたと思います。
ちょっと失敗してしまったんで…。でも上のほうには届かないですね。速すぎます
よ(苦笑)。決勝は、例によって燃費がきびしいので2回ピットになると思います」

*20 オートレットセリカ
松永雅博「午前中は1段低いギアで走ってたんですよ。2速でいくべきところを1
速とかね。午後には変えたんだけど、気づくのが遅かったですね。気づいていれば
ギア比もそれに合わせられたし、ちょっと残念。ここでのテストができていなかっ
たのが痛かったです。決勝は3分の2くらいまでボクが引っぱってピットインする
予定です。タイヤが保たなければ早めに入りますが、2回ピットというのは今のと
ころ考えていません」
佐藤久実「ここのコース自体はわりと走っているんですけど、このクルマではあま
り周回できてないんです。昨日もちょっとトラブルがあって思うように走れなかっ
たし…。予選2回終わってようやくリズムがつかめてきたところです」

#16 Castrol無限NSX
道上龍「午後はセットを変えていきましたが、よくもなく悪くもなくでしたね。午
前中失敗したなと思っていたS字もうまくまとめたし、出口のシフトアップもいい
感じで、回転を見てても悪くなかったんですが、ほかのところが遅かったんでしょ
う。明日のレースはけっこう荒れる気がするので、気をつけないとね。満タンです
ごくいいので、スタートで前に出たらこっちのもんなんですけどね」

#18 TAKATA童夢NSX
脇阪寿一「1回目より若干ダウンフォースをつけていったら、クルマはかなりよく
なったけど、ブレーキがロックするみたいな感じでちょっとおかしかった。でも、
その後直して満タンでいったらすごくよかったので、まぁ明日を楽しみにしててく
ださい」

#37 カストロール・トムス・スープラ
鈴木利男「朝から右コーナーがアンダーステアで、2回目も直らなかった。午前中
とはいろいろ変えたけど効果がなかったね。でもぜんぜん平気。ペンズオイルが
ピットインして、出てきたときにオレが1コーナーにいるようにすればいいんで
しょ(笑)。オレの頭のなかには黄色いのしかないから(笑)」

#64 Mobil 1 NSX
トム・コロネル「1回目はクラッチのトラブルがあって走れなかったけど、メカ
ニックがいい仕事をしてくれて直してくれたのでよかった。2回目の予選について
はとても満足しているよ。タイムもよかったし、クルマのバランスもよかった。た
だ、80kg積んでいるのでABSの具合がちょっとおかしかったんだけどね。明日のレー
スでは4位か5位でフィニッシュできると思う。タイムはみんなすごく拮抗してい
るから。ブレーキに関してはちょっと不安が残っているけど、明日はブレーキをい
たわりながら走るよ」

#2 ARTAゼクセルスカイライン
ミハエル・クルム「朝考えていたとおりタイムを更新できてうれしいよ。今朝は
セッティングに不満があったのでそれを変えて、それがいい方向で決まった。さい
わい気象条件は午前中と同じだったのでペースをキープすることができた。明日は
すごくエキサイティングなレースになるよ。チームプレイ? 状況によってはあり
うるだろう。チームが決めることでボクはまだ知らない。ボクは自分のレースにベ
ストをつくすだけだよ。チームが決めたらそうするけど、エリック(コマス)たち
にはその必要はないと思う」

*25 モモコルセ・アペックスMR2
長谷川勇総監督「予選2番手だし、タイム的にも悪くない。トップともそんなにタ
イム差がないんで、(決勝は)ねばり強くいくことでしょう。あとはポルシェが中
盤から攻めてくるんで、それがからんでくるとややこしいけれど、最終戦らしい戦
いをやりたいね。土屋(春雄監督)さんも言ってたけれど、肩の力を抜いて開き直
れるかどうか、これにつきると思う。今日の予選も、最後はドライバーがそうとう
力を出していたと思うよ。新田も予選でドライビングミスをやっちゃって、そのな
かでの100分の1秒とか2秒の差でしょう。ここまでやればいいレースになるで
しょう」

*72 オークラRX7
石川朗「オイルポンプのボルトが飛んでハウジングがゆるんでしまった。歯車が噛
んじゃっていて、そのパーツがなくて直しているところです。平野が予選走ってな
いんですよ。嘆願書が通れば決勝にも出られると思いますけど。調子が上がってき
たところでブレーキがかかってしまった感じですね」

*77 クスコスバルインプレッサ
小林且雄「決勝ラップは人並みなんで、あとは序盤でどこまでプッシュできるか。
ラップを落とさないで最後までつまらないトラブルが出なければ、という感じです
ね。ウチは去年のタイムまでいってないのに、みんな速くなりましたね。このコー
スは砂が出るし、タイヤカスもあるんで、GT500が来てもよけたくないですよ」
谷川達也「ポジション的には変わってないんです。なにをやってもダメでした。満
タンはいい状態なんで、(上位が)壊れるのを待つだけ。淡々とムリせずいきます」

*81 ダイシンシルビア
福山英朗「今日はもうチャンピオン争いをしているチームの底力にビックリした。
やっぱりタイトルがかかってると一発でここまで上げてくるんだからすごい。タイ
サン(*26)とウチとRX7(*7)の位置関係はこれまでどおりだったのに3台(*15、
*25、*19)が上がってきたのがすごいよね。明日は、後ろからバトルを見せてもら
いましょう(笑)。後半勝負ですね。大八木さんがスタートの可能性が高いですね」
大八木信行「スタートはどちらでもええのと違うかな。予選ポールにもこだわりは
持ってなかったし、レース重視の方向で予選をこなしたけれど、それなりに得るも
んはあったですよ。クルマも、午前よりもよくなってます。ハンドリングもクリア
になりました。トップ争いはチャンピオン争いやから、中盤競り合いも多いやろう
な」

*26 STPアドバンタイサンGT3R
ドミニク・シュワガー「このクルマで予選のタイムアタックを担当するのは初めて
です。ただ、クルマの状況はあまりよくなくて、すごくバンピーなんです。それに
午後のセッションでタイムを上げたところが2チームありましたから、結局GT300ク
ラスでは4位だったと思います。ボクらのクルマはABSがついていないので、ほかの
クルマと比較すると各コーナーで20mほどは早くブレーキングしている。もちろん限
界のブレーキングしていますけどね。ほかのサーキットはスムースでも、ここはス
トップ&ゴーで、ほとんどつねにフルブレーキ。それとサスペンションがまだスポ
ンジー。レースではどのくらいのタイムで走れるかわかりませんけど、楽ではない
です。明日はボクがスタートを担当します」

*55 アドバンタイサンポルシェRSR
田嶋栄一「もともとついていたABSを外したので、今までとの違いで違和感がある
し、クルマのバランス的にも難しいですね。まあ、あるものでがんばるしかないん
です。予選もまったく納得いく順位ではないんですが、エンジンのパワーがないの
でつらいですね。トラブルが出てないのがさいわいですけど。今回でこのクルマは
3回目で、はじめの2回はポルシェ993のなかでトップも走っているんですど、今回
はパワーの差がちょっとありすぎるのできびしいですね」

#30 綜警McLaren GTR
岡田秀樹「このところ国産勢がまた速くなっていますね。ホンダがABSをつけたし、
トヨタも速くなっているし。それにランボルギーニとウチだけですからね、ABSが
ついてないのは。ここのようにストップ&ゴーのサーキットではつらいですよ、
トーコントロールが。午後にタイムが上がりましたが、ほんとうはもっといけたは
ずなんです。2周目に砂がコース上に出たときに、ほかのチームは最初はオールド
タイヤで出ていっていたようだけどウチははじめからニュータイヤをつけて出ていっ
てたんで、タイミングがズレてしまった。パーフェクトな状態で走れていれば1分
49秒台のまんなかぐらいは出ていて、8位から10位くらいに入っていたと思います」


■ポールポジションインタビュー

◎GT500
#36 カストロール・トムス・スープラ
黒澤琢弥「とりあえずポールポジションが欲しかったんでねらってたんです。ねらっ
て獲れるものでもないとは思いますけれど、スタッフがいい仕事をしてくれて、結
果的にポールが獲れてホッとしてます。昨日一番速いクルマが(1分)48秒7か8だっ
たので、48秒4ぐらいだろうなっていうのは想像してたんですけど、昨日はアタック
の練習をしてなかったので、想像でしかなかったんです。クルマがよくなったんで
ミスしなければなんとかいけるだろうと。まあ、ミスしなかったんで(タイムが出
せた)。(早めのアタックでタイムが出たのは)ボクは昔からそうなんですけど、
走れば走るだけタイムがよくなるんじゃないんで…。走るほど砂利が出てきたり、
コンディションがよくなっていかないんで、すぐにいっちゃおうってことで。午後
は涼しくなっきたんで、ちょっとヤバイかな、と思ったんですけど、まあ、結果的
に抜かれなかったんでよかったかな。2回目のタイムがよくなかった原因はちょっと
わからないですね。一所懸命走ったんですけど。ただ路面があまりよくならなかっ
たんで、こういう結果になったんだと思います。決勝で気になるのは自分の運転で
すね。まず、いいスタートがきれて、ミスしないで自分の担当を終えて関谷さんに
チェンジする、ま、ボクがスタートかどうかまだわからないですけれど、もしスター
トだとしたら、それが一番重要な仕事で、ペンズオイルがどうのっていうのは終わっ
てから考えます。クルマの心配は今のところないんですが、レースですからスター
トしてなにが起きるかわからないんで、それよりも自分がすべての状況に応じてド
ライビングをミスなくできるかどうか、それが課題です」
関谷正徳「黒澤選手がいい仕事したということですね。セットアップはここのとこ
ろずっとエンジニア、メカニックががんばってくれてたし、スープラではまとまっ
たクルマに仕上がってるということなんでしょうね。ウェイトハンディはここにき
たら、ああだこうだ言えないですよね。30kgの人もいれば40kgの人もいるし、軽け
りゃ軽いほどいい感じになるでしょうけど、それはそれでしょうがないですよね。
ブレーキがきびしいサーキットですけど、トラブルは心配してないです。心配して
るのは運転手のミスですね。レースに対しては余裕ですが、チャンピオンシップを
考えるときびしいものがありますから。GTCのチャンピオンはまだないんで欲しいで
すね。そういうものはなんでも欲しいです。作戦はなにもないですよ。一所懸命走
るのが一番いい方法だと思います」

◎GT300
*15 ザナヴィARTAシルビア
土屋武士「チャンピオンがかかっているだいじなレースを一番前からスタートでき
るんで、有利なポジションからスタートできるのは、よかったです。2回目にタイム
が伸びなかったのは、決勝を想定したセッティングをしていたからです。1回目がす
ごくいいタイムが出てたんで、予選順位はだいじだったんですけど、まあ、なんと
か(大丈夫だろう)というチームの判断です。まちがっても3番手や4番手から落ち
ることはないだろうということで」
井出有治「土屋さんがすごくがんばっていいタイムを出してくれたんで(よかった)。
ほかのチームが(2回目に)タイムを上げてきたんで、もしかしたらっていうの(不
安)はあったんですけど、ポジションがそのままでよかったです。余裕はないです
ね。(プレッシャーは)今までずっとかかってたんで、いつもどおりです。初の全
日本タイトルは意識してないといったらウソになります。欲しいですね」


*GTインサイドレポート3に続く

                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース