Archives

  • [—]2020 (45)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 99Rd.7/3

■ 1999 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 7 MOTEGI GT CHAMPIONSHIP RACE                     FMOTOR4 EDITION
   Race Report                      決勝日レポート                99/10/24
 -------------------------------------------------------------------------
'99AUTOBACS CUP GTC第7戦(最終戦)もてぎ(10/23,24)

カストロール関谷/黒澤組が優勝するも
コマスがGTC連覇を果たす!

 10月24日、ツインリンクもてぎで、AUTOBACS CUP全日本GT選手権最終戦(第7
戦)MOTEGI GT CAMPION RACEの決勝レースが開催された。秋晴れの快晴に恵まれた
ツインリンクもてぎには、4万人を越えるモータースポーツ・ファンが集まった。
この大観衆の目前で1999年のGTC最終戦の好バトルが期待された。

 午後1時30分に決勝レース参加37台がグリッドに向かった。だが、No.71 シグマ
テック911がウォームアップでエンジントラブルが発生し、で結局決勝に間に合わ
ず。No.86 BPアペックスKRAFTトレノはブレーキトラブルでピットスタートとなっ
た。また、No.39 デンソーサードスープラGTはグリッドに着いたものの、エキゾー
スト(排気管)にトラブルを抱え、不安のスタートとなった。
 2時2分に各車グリッドを離れ、1周のフォーメーションラップでローリングス
タートが切られた。ポールスタートのNo.36 カストロール・トムス・スープラ(黒
澤琢弥)はきれいなスタートを切り、予選2位のNo.16 Castrol無限NSXを従えたま
ま1コーナーへと向かった。3番手には、スタート直後の混戦を抜け出した予選5
位のNo.6 ESSO Tiger Supra(野田英樹)。また、No.39 デンソーサードスープラGT
(影山正彦)も6番手と予選順位を1つ上げた。だが、No.39 デンソーはスタート
直前のエキゾーストの亀裂が十分に修理出来ておらず、コクピットに排ガスが入っ
てしまい影山は満足なドライビングが出来ずに急遽ピットイン。残念ながら修理不
能ということで4周でリタイアとなった。
 レース序盤はNo.36 カストロールとNo.16 Castrolが激しくトップを争い、少し間
が空きNo.2 ARTAゼクセルスカイライン(クルム)とNo.6 ESSO Tiger、No.35 マツ
モトキヨシ・トムススープラ(ラファネル)が3番手を争うという展開。この後ろ
にNo.12 カルソニックスカイライン(星野一義)、No.1 ペンズオイル・ニスモGT-R
(本山哲)が続く。この中で、10周目にNo.6 ESSO Tigerがスピンし、大きく順位を
下げて優勝争いから脱落。
 レース中盤になるとトップ争いはNo.36とNo.16、3番手争いをNo.35とNo.2が、5
番手争いをNo.12とNo.1と分かれて展開されていく。
 チャンピオン争いを考えるとNo.36としてはなんとしてでも優勝をしたいし、No.1
 ペンズオイルは4位以内を目指すそれぞれの争いが進んでいく。一方、わずかなが
らチャンピオンのチャンスを残していたNo.18 TAKATA童夢NSXは、オーバーヒートを
起こしてわずか11周でリタイアとなって夢は潰えた。
 No.36は19周目にNo.16の先行を許し2番手にと後退。トップに立ったNo.16はペー
スを一気に上げて、後続を振り切りにかかる。
 2番手となったNo.36 カストロール・トムス・スープラは29周目に、上位陣に先
んじてルーティンのピットイン。ドライバーは関谷正徳に交代。そのストップタイ
ムはわずか35秒程度と非常に速かった。31周目にはNo.1 ペンズオイル・ニスモGT-R
もピットイン。本山からチャンピオン連覇を狙うコマスへとバトンタッチ。No.1の
前を走行していたNo.12 カルソニックスカイラインもピットインした(影山正美に
交代)も、同じ周回にピットインしたが、No.1の34秒に対し、No.12はわずかに長く、
ピットアウト時点で順位が逆転。コースに戻った時点では、先にピットインを済ま
せていたNo.36の後ろとなり、この時点の実質の2位となった。続いて、No.2 ARTA
ゼクセルスカイラインも33周目にピットイン。ドライバーは鈴木亜久里に。このピッ
トアウトでNo.2はNo.1の前でコースに復帰したものの、まだタイヤが十分に暖まっ
ていないところで、No,1 ペンズオイルにかわされ順位をひとつ下げることになっ
た。トップを走っているNo.16 Castrol無限NSXは上位陣で最も長い34周までピット
インを延ばす。ドライバーは中子修に交代し、このままコースに戻れればトップを
譲らずに済んだのだが、なんと再スタート時にエンストしてしまいタイムロス。こ
れで、No.36 カストロールに先行を許し、コースに戻った時点では2番手となった。
 これで上位陣はピットインが終了し、順位を整理するとトップはNo.36 カストロー
ル・トムス・スープラ、2番手No.16 Castrol無限NSX、3番手にNo.1 ペンズオイル
・ニスモGT-R、4番手No.12 カルソニックスカイライン、5番手No.2 ARTAゼクセル
スカイラインとなった。このまま、No.36 がトップでゴールしても、No.1がこの順
位をキープすればコマスのドライバーズタイトルが決定することになる。
 とにかく優勝を目指すNo.36 カストロールたっだたが、追いかけるNo.16 Castrol
に徐々に詰められていく。No.16はその差が3秒まで詰めたのだが、49周目になんと
痛恨のコースアウト。コース復帰は出来たもののNo.1,No.2に先行を許し4番手に
後退した。
 これでNo.1 コマスは2位となり、あとはマシントラブルや周回遅れとの接触さえ
なければ、チャンピオンを決められる。さらには直後に付けるNo.2 もNISMOのチー
ムメイトということで、これでコマスは非常に楽に走れることとなった。
 そして、ラスト6周で最後の波乱があった。ここまで5番手に付け、直前のNo.16
 Castrolに迫っていたのだが、なんとここでガス欠症状が出て、急遽ピットインす
ることになり、順位を下げてしまった。
 だが、結局トップ3には大きなアクシデントなく、最終ラップに突入。No.36 カ
ストロール・トムス・スープラが優勝を決め、続いてNo.1 ペンズオイル・ニスモ
GT-RとNo.2 ARTAゼクセルスカイラインが並んでゴールラインを通過。コマスはゴー
ル直前にアクセルを抜いて、No.2を前に行かせる余裕を見せて3位でレースを終了。
ライバルのNo.36に優勝を許したものの、これでもコマスの昨年に続き1999年シーズ
ンのGT500ドライバースタイトルを手にすることになった。


GT300は逆転でモモコルセ新田が制覇!
優勝はSTPアドバンタイサンGT3Rの手に

 GT300クラスは、スタートはクラスポールのNo.15 ザナヴィARTAシルビア(土屋
武士)がレースをリードするものの、No.26 STPアドバンタイサンGT3R(シュワ
ガー)が予選4位から猛烈な追い上げを見せて、7周目でNo.15 からトップを奪う。
この後、No.26はピットイン(ドライバーは松田秀士に交代)時にも、トップをまっ
たく譲ることなくレースをリードして、今季2勝目を挙げた。
 一方、シリーズタイトル争いは、激烈をきわめた。わずか1ポイントのリードで
このレースを迎えたNo.15 はトップこそNo.26 に譲ったが、ピットインまでは2番
手をキープ。ライバルのNo.25 モモコルセ・アペックスMR2(新田守男)とNo.19 ウ
エッズスポーツセリカ(織戸学)は、その後方で互いに激しくバトルを展開しため、
No.15との差が差は開き、チャンピオンに再接近したかに見えた。だが、No.15はピッ
トイン後(井出有治に交代)にブレーキ系にトラブルが発生、順位を徐々に落とし
ていった。これに代わって、No.25(高木真一)が2位に浮上。直後にNo.19(原貴
彦)が付けるものの、ポイント差からNo.19に抜かれても3位ならチャンピオンを決
められるNo.25は競り合いを避け、あっさりとNo.19を先行させる。終盤、No.25のタ
イヤに振動が生じるなど見えないアクシデントがあったものの、なんとかこのまま
ゴールを迎え、No.25 新田守男のドライバーズタイトルが決定した。


GT500優勝
No.36 カストロール・トムス・スープラ
関谷正徳「優勝はうれしいです。チャンピオンを逃したことについては、自分たち
のやるべきことをやって、ベストな状態でベストな結果を出したわけですから、し
かたないですね。チーム(タイトルが獲れたこと)はよかったと思います。これ以
上ない最高の仕事をしたということでしょう」
黒澤琢弥「結果的には勝ててうれしいんですけど、ボクがプッシュして走っても道
上クンに抜かれて、自分のパートも予定よりも5周ぐらい早く入っちゃたんで、ボク
は関谷さんに優勝をプレゼントしてもらったかな、という感じです。16番が想像以
上に速くて、つらいレースてしたけれど、今はホッとしてます」


GT300優勝
No.26 STPアドバンタイサンGT3R
松田秀士「最高ですね。前回のTIも勝てるなって実感があったんですけど、トラブ
ルが出てしまってリタイアしてしまったので。とにかくウチのクルマはコンスタン
トにいい状態で走れるのと、ヨコハマタイヤが最初から最後までグリップが変わら
ないので、すごく楽でした。シュワガーもがんばってくれたので、ボク自身はほんと
うに楽なレースでした」
ドミニク・シュワガー「当初来日したのはJGTC参戦のためではありませんでした。
こういったチャンスを与えられたのはラッキーだと思います。全体的にはついてい
ない1年でしたが、こういったかたちで2回優勝できて、ほんとうによかったと思い
ます」


以上
                       GTアソシエイション事務局
                        GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース