Archives

  • [—]2020 (102)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 99Rd.6/3

■ 1999 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 6 GT CHAMPIONSHIP in TI                           FMOTOR4 EDITION
   Race Report                      決勝日レポート                99/09/26
 -------------------------------------------------------------------------
'99AUTOBACS CUP GTC第6戦TI(9/25,26)

パーフェクト・ウィン!
Mobil 1 NSX&ザナヴィARTAシルビア
共にポール・トゥ・フィニッシュを飾る

 9月26日、TIサーキット英田で、AUTOBACS CUP全日本GT選手権第6戦GT CAMPION
SHIP in TIの決勝レースが開催された。
 午前中はどんよりした曇りだったが、午後になると晴れ間ものぞくまずまずの天
気。気温は30度、路面温度は37度とこの季節にしてはやや高め。
 決勝直前のウォームアップ走行でNo.20 オートレットセリカがエンジンブローを
起こし、ストレートから1コーナーにかけてオイルをこぼしてしまうアクシデント
が発生し、走行は一時中断。このオイル処理のため、レースのスタートが12分遅れ
ることになった。また、No.20  オートレットセリカはトラブルは致命的なもので、
残念ながらチームはスタートすることなくレースを終えることになった。
 この1台を除く36台すべてがグリッドに並び、決勝レースは午後1時27分にロー
リングスタートが切られた。
 1周で隊列が整い、決勝レースがスタート。まずはポールのNo.64 Mobil 1 NSX
(光貞秀俊)、予選2位のNo.100 RAYBRIG NSX(飯田章)がサイド・バイ・サイド
でホールショットを争い、わずかにNo.100 RAYBRIGがリードしてトップに。3番手
もNo.16 Castrol無限NSX(道上龍)、No.18 TAKATA童夢NSX(金石勝智)、No.36 カ
ストロール・トムス・スープラ(黒澤琢弥)の3台が一団となってバトル。この中
からNo.18 TAKATA童夢がわずかに抜け出した。この後、トップのNo.100 RAYBRIGは
逃げをはかるべく1分29秒中盤から30秒台のハイペースで、後ろのNo.64 Mobil1と
の差を少しずつ開く。15周時点では最大4秒のマージンを作ったNo.100 RAYBRIG
だったが、この後はペースが落ちだし、ここからはNo.64 Mobil1が差を詰めていく。
この2台のペースは後続のNo.18 TAKATA以降とは明らかに違い、3番手以降は大き
く差が開く。
 そして30周が経過すると、トップNo.100 RAYBRIGとNo.64 Mobil1との差はほとん
どなくなり、そしてNo.100 RAYBRIGが32周目に周回遅れにつっかえると、その隙を
突いてNo.64 Mobil1がパッシング。トップ座を奪い返した。
 この後、No.64 Mobil1は39周目に予定のピットインを行い、光貞からトム・コロ
ネルへとバトンタッチ。No.100 RAYBRIGは42周目にピットイン。ドライバーは飯田
から高橋国光へとチェンジ。だが、このピットインの差の間にNo.64 Mobil1の稼い
だマージが大きくものをいって、トップNo.64とNo.100の差は一気に21秒と開いたの
だった。No.64 コロネルは、あとは後続との差を計りつつ、悠々と逃げ切って今季
初勝利を飾った。
 一方、2位争いは終盤大激戦となる。今ひとつペースの上がらないNo.100 RAYBRIG
に対して、No.18 TAKATA童夢NSXと一時はトラブルで遅れたNo.36 カストロール・ト
ムス(関谷正徳)と予選で出遅れながら、激しい追い上げで順位を上げてきたNo.2 
ARTAゼクセルスカイライン(ミハエル・クルム&鈴木亜久里)の4台がラスト20周
で激しいバトルを展開。この中でNo.2 ARTAゼクセルが49周目に2番手のNo.100 
RAYBRIGを抜き、2番手を確保。抜かれたNo.100 RAYBRIGはこの後ズルズルと順位を
下げてしまう。また最後の表彰台の争いはラスト3周から激しくなり、タイヤが厳
しくなったNo.36 カストロールをNo.18 TAKATA童夢(脇阪寿一)が最終ラップにか
わして、その座を手にした。
 GT300クラスは、ポールのNo.15 ザナヴィARTAシルビアが終始、トップをキープ。
これを追っていたNo.26 STPアドバンタイサンGT3Rは51周目に、アクセルワイヤーの
トラブルでストレートでストップ。これで楽になったNo.15 ザナヴィARTAはそのま
ま逃げ切って今季3勝目を挙げた。No.26 STPアドバンタイサンが消えた後の2番
手争いはNo.77 クスコインプレッサとNo.7 RE雨宮マツモトキヨシRX7が終盤サイド
・バイ・サイドで激しく争いう。これに競り勝ったNo.7 RE雨宮マツモトキヨシが前
戦富士に続き連続の2位を獲得。No.77 クスコスバルは3位ながらも今季初の表彰
台に挙がることになった。


チャンピオン争いでNo.1ペンズオイルは貴重な4ポイントを獲得
No.25 モモコルセ・アペックスMR2はリタイアでランキング2位に

 チャンピオン争いだが、第5戦終了時にGT500ランキングトップだったNo.1 ペン
ズオイル・ニスモGT-Rのエリック・コマスは、パートナーの本山哲と共にウエイト
ハンディ80kgを背負いながらもしぶとい走りを見せて7位完走。貴重な4ポイント
を得てランキングトップを守った。一方、No.36 カストロール・トムス・スープラ
の関谷正徳/黒澤琢弥組は表彰台を逃したために、その差を12ポイントまでに詰め
るに止まり、最終戦もてぎでは、No.1 コマスが優位に戦えることになった。
 GT300では、やはりこのレース前のランキングトップのNo.25 モモコルセ・アペッ
クスMR2の新田守男がマシントラブルで痛恨のリタイア、ノーポイントとなって、優
勝したNo.15 ザナヴィARTAシルビアの土屋武士/井出有治組がわずか1ポイントの
差でトップに立った。これで最終戦はこの2チームにの一騎打ちとなるか、それとも
7ポイント差でしぶとく食らいつくNo.19 ウエッズスポーツセリカの織戸/原組が
大逆転するか、予断を許さない最終戦となりそうだ。



■ウイナーインタビュー
GT500優勝
No.64 Mobil 1 NSX
トム・コロネル「計画はいつもこのように立てているんですが、なかなか予定通
りにいかないのがいつもだったんですが、このサーキットに関しては無敵だと思っ
ています。ポールポジションをとっても、レース中に問題があることもあるんで
すが、今回はそういうことがまったなくて、すべて完璧なレースだったと思いま
す。もちろんタイヤが減ってくると、どういうトラブルが出るかわからないので
不安はあったので、センシティブに運転してたんですが、中嶋監督とは常に無線
で話していたんですか、無理しないでハードブレーキングしないように言われて
いました。今日は渋滞が非常に多かったのでそれに巻き込まれないように注意し
ていました。No.3とタッチしてしまったのですが、最終的になんのトラブルもな
く勝てて良かったと思います」
光貞秀俊「最高のクルマを与えてくれたチームとスポンサーに感謝したいです。
全日本選手権で2週連続優勝もうれしいですね。うまく歯車が回っているんだと
思います。スタートで(No.100)飯田選手が結構プッシュしてる感じがしたんで、
ドンパチやってもしょうがないんで、後ろについてようすをみていました。抜き
返したときはボクのほうがペースがよかったんで、あの時点で自分のベストのプッ
シュをして抜きました。一発で勝負がついたんでよかったと思ってるんです。やっ
ぱりトップでバトンを渡すのと渡さないのとでは、チームにピット作業の部分で
変にプレッシャーがかかって欲しくなかったし、そういう部分でなんとかトップ
で渡して、というのが自分のなかでありました」


GT300クラス優勝
No.15 ザナヴィARTAシルビア
土屋武士「こうしなきゃ勝てないというのはあると思うんですけど、自分たちが
おもいっきりいって、回りかどう出てくるかというので、とにかく勝ちたいとい
う気持ちでプッシュしました。井出クンにも『もしかしたら早く入るかもしれな
いよ』と伝えて、なにも考えずに速く走ることだけを考えていました。そうしな
いと勝てないときってあると思うんです。前半で無理してプッシュして、中盤で
抑えようと思っていたんですけど、やつばりポルシェは速くて、抑える間もなく
ずっとプッシュしっぱなしでした。No.25が止まったのは無線で聞いていましたけ
ど、自分のことで精一杯でした。最終戦でランキング2位のつちやMR2と1ポイン
ト差、12ポイント差に4台もいて、親子対決とか言われてますが、このまま引き
下がるような親父じゃないですし、ボクもこのまま引き下がるような息子じゃな
いんで、どっちの勝ちたいという気持ちが強いかということだと思います」
井出有治「(昨日10秒差があれば大丈夫と言っていたんですが)土屋さんから渡
されたときに15秒、その後少しつまったんで、プッシュしてある程度タイムを上
げようと思ったんですけど、ポルシェが止まったんで、後はタイヤをいためない
ように走りました。クルマのトラブルはなかったんですけど、途中10周目ぐらい
からドリンクが飲めなくなってしまって、脱水症状でつらかったです」



■GTC 第6戦TIサーキット英田 TV放映
テレビ東京系全国6局ネット
10月2日(土) 16:00~17:15

放映局:テレビ東京/テレビ大阪/テレビ愛知/テレビ北海道/
テレビせとうち/ティー・エックス・エヌ九州 


*CS衛星放送
J-SPORTS
10月9日(日)22:30~23:45 再放送 10日(日) 14:30~ 12日(火)24:30~


以上
                       GTアソシエイション事務局
                        GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =
P.S.掲載が遅くなって申し訳ありません。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース