Archives

  • [—]2020 (98)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 99Rd.6/2

■ 1999 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 6 GT CHAMPIONSHIP in TI                           FMOTOR4 EDITION
  Qualify REPORT         予 選            99/09/25
 -------------------------------------------------------------------------
'99AUTOBACS CUP GTC第6戦TI(9/25,26)

スープラの連続ポールストップ!
No.64 Mobil 1 NSXが今季初ポールをゲット!
GT300はザナヴィARTAシルビア今季3度目のGT300ポール獲得

9月25日、岡山県・TIサーキット英田で1999年AUTOBACS CUP全日本GT選手権第6戦
GT CHAMPIONSHIP in TIの公式予選が行われた。予選2回目に1分28秒203を記録し
たNo.64 Mobil 1 NSXのトム・コロネルがポールポジションを獲得し、4戦続いた
スープラの連続ポールを阻んだ。GT300クラスではNo.15 ザナヴィARTAシルビアの土
屋武士が1分35秒381でクラスポール。シルビアは今季開幕以来6連続ポールだ。

■NSX4台による激しいポール争奪戦
 公式予選第1回目は定刻通り午前10時20分から1時間で行われた。前日は台風に
見舞われた岡山県地方だが、この日は台風一過の快晴。気温も29度と夏のような暑
さとなった。GTCでは1時間の予選時間を20分ずつ3つに分け、最初がGT500占有、
次にGT300占有、最後は両クラス混走となる。
 GT500占有セッション開始から飛び出したのはスープラ勢だった。まず開始8分過
ぎにNo.36 カストロール・トムス・スープラの関谷正徳が1分30秒355でトップに。
これに対し、NSX勢は10分過ぎからアタックを開始。走り出すとすぐにNo.64 Mobil 
1 NSXのトム・コロネルが1分30秒043であっさりとNo.36からトップを奪い、さらに
次の周には28秒989までタイムアップする。2番手には29秒423でNo.16 Castrol無限
NSXの道上龍がつけるが、すぐにNo.18 TAKATA童夢NSXの脇阪寿一が29秒350とNo.16の
タイムを更新。この後、この2台が交互に順位を替える激しいアタックを行うが、
トップのNo.64コロネルには届かない。コロネルは、さらに1分28秒959までタイム
アップしトップを堅持。このまま占有セッションは終了し、後の混走セッションで
もこのタイムを上回るものは現れず、No.64 Mobil 1 NSXが暫定ポールを決めた。
 一方、2番手争いは、No.18 TAKATA童夢NSXの29秒183で決着。3番手には、もう
1台のNSX、No.100 RAYBRIG NSX(飯田章)が29秒303、5番手はNo.16と上位4台を
NSXが独占した。4番手にはここTIに相性のいいNo.12 カルソニックスカイライン
(影山正美)がスープラ勢を抑えて入った。スープラ最上位は6番手のNo.36 カス
トロール、これにNo.38 FK/マッシモセルモスープラと続く。だが、スープラ勢のほ
とんどは午後の予選をメインと考えていたようだ。

■激走!コロネル。他車を寄せ付けずポール獲得
 予選2回目は、午後3時ちょうどからスタート。午前と同様1時間で行われた。
この2回目でもまずNo.36 カストロール・トムス・スープラの関谷が1分30秒729で
リーダーとなるが、その優位は1分と続かなかった。No.16 Castrol無限NSXの道上
が、あっさりとNo.36を上回る29秒836を記録すると、ここからはNSX勢の独壇場と
なる。No.64 Mobil 1 NSXのコロネル、No.100 RAYBRIG NSXの飯田がポンポンとタイ
ムを上げ、開始10分を過ぎたときにはトップ4はNSXで占められた。そして12分過ぎ
にNo.64 Mobilが1分28秒957とついに28秒台に突入。No.64はさらに28秒413までタ
イムアップする。
 これに対し、スープラ勢でもNo.38 FK/マッシモセルモスープラの立川祐路が29秒
035、No.36 カストロールが28秒987とタイムを上げて迫る。だが、それもつかの間、
No.100も28秒613まで上げ2番手に、No.16も28秒822へ、No.18も28秒649とアップ
し、またもや上位はNSXに。そして、最後はNo.64 Mobil 1 NSXのコロネルがハード
にアタックし、GT500占有セッション終盤に1分28秒290まで刻んでいった。他のNSX
もこれに追いつけるものはなく、占有セッションは終了。GT300との混走セッション
でも上位陣にはタイムを更新するものはなく、No.64 Mobil 1 NSXの今季初ポールが
決定した。
 一方、GT500ドライバーズ・ランキングトップのエリック・コマスが駆るNo.1 ペ
ンズオイル・ニスモGT-Rはスカイライン最上位ながら予選8位。優勝すれば連覇が
決まるが、この位置からは少々辛いところだろう。逆転チャンプを狙うNo.36 カス
トロール・トムス・スープラの関谷/黒澤組は5位、3列目からのスタートとなっ
た。

■ザナヴィ土屋は年間最多ポール記録樹立
 GT300クラスでここまで今季2勝、2ポールのNo.15 ザナヴィARTAシルビアは、制
限いっぱいのウエイトハンディ80kgを搭載している。だが、そんなことはお構いな
しに、午前、午後共に土屋武士のドライブで終始クラストップをキープ。結局、午
前の1分35秒381がこの日の最高タイムとなり、今季3回目のポールポジションを
獲得した。年間3回のポールはGT300クラスの最多タイ記録だ。
 第5戦富士でデビューウィンを果たしたNo.26 STPアドバンタイサンGT3Rが、午後
の予選で35秒549を記録して予選2位に。3位にはTIを得意とする谷川達也のドラ
イブするNo.77 クスコスバルインプレッサがつけた。GT300クラスのランキングトッ
プのNo.25 モモコルセ・アペックスMR2の新田守男は午後に出した35秒907で6位か
らのスタートとなる。



GT500 POLE POSITION
No.64 Mobil 1 NSX
トム・コロネル 1'28.203
「テストから非常に状態がいいね。ここでは、去年のオールスターで勝っている
ので、今回のレースも自信を持って臨んでいる。予選に関しては、天気の状態が
違ったということと、タイヤがどれがベストかという確信を持てていなかったが、
結果的にはいいタイヤチョイスができた。プログラムの記事でも書いてあるが、
今回のレースは絶対勝つもりだ。チームにも自分にもその態勢が整っているし、
テストでも予選でもまったくミスがないので、クルマがこの状態をキープしてく
れれば、表彰台の一番高いところでふたたび皆さんにお目にかかれるでしょう」


GT300 POLE POSITION

No.15 ザナヴィARTAシルビア
土屋武士 1'35.381
「残り2戦でチャンピオンの可能性があって、それを意識していかなきゃダメな
んですが、(シリーズポイントの)トップとは差がひらいているんで、とにかく
今回勝たなきゃいない。ここは抜くポイントが少ないんでポールポジションを獲
らなきゃいけないという状況のなかで、獲れたのはよかったと思います。ウェイ
ト(80kg)はきびしいてす。もちろん勝ちにいきます。ボクが先に乗ります。2
番手がポルシェで、ストレートが速いんでどういう展開になるのかわからないで
すけど、自分たちの力をつくしてがんばります」


以上
                       GTアソシエイション事務局
                        GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース