Archives

  • [—]2020 (102)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 99Rd.6/1

■ 1999 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 6 GT CHAMPIONSHIP in TI                           FMOTOR4 EDITION
 PREVIEW REPORT         プレビュー           99/09/22
 -------------------------------------------------------------------------
'99AUTOBACS CUP GTC第6戦TI(9/25,26)

ペンズオイル・ニスモGT-RのGTC連覇なるか?!
国内屈指のテクニカルコースでNSXの巻き返しか…
シリーズの天王山に注目せよ!


 1999年AUTOBACS CUP全日本GT選手権(GTC)も、残すところあと2戦となった。シ
リーズ・チャンピオン候補も絞られ、また今季の実績を残すために、この2戦で勝
負を賭けた熱いバトルが展開されることは間違えない。
 この終盤戦の火蓋を切るのが9月25、26日に岡山県のTIサーキット英田で開催さ
れる第6戦GT CHAMPIONSHIP in TIだ。昨年11月15日にNICOS CUP GTオールスター
戦が開催されたTIサーキットだが、GTCシリーズ戦は初の開催となる。第6戦の舞
台となるTIサーキット英田は、様々なタイプのコーナーが巧みに配置された国内屈
指のテクニカルコース。エンジンパワーよりもマシンの総合的なセッティング能力
が問われることになる。また、ブレーキを酷使し、参加台数の多いGTCゆえにコー
ナーではパッシングの連続となるため、ドライバーのマシン・コントロール能力も
問われることになる。このため、車種間の格差は狭まり、一層の混戦、数多くのバ
トルが生じると予想される。
 この第6戦TIでの最大の注目点は、まずGT500のチャンピオン争いだろう。第5
戦終了時点でのドライバーズランキング首位はNo.1 ペンズオイル・ニスモGT-Rの
エリック・コマス。第2位はコマスの相棒の本山哲なので、真のライバルはNo.36 
カストロール・トムス・スープラの関谷正徳/黒澤琢弥組となる。両者の差は、18
ポイント。もし、No.1 コマスが優勝すれば、その時点で2年連続のGT500チャンピ
オンが確定してしまう。ゆえにNo.36 関谷/黒澤組、そして第4位のNo.37 カスト
ロール・トムス・スープラの鈴木利男、第5位のNo.18 TAKATA童夢NSXの脇阪寿一/
金石勝智組らは、なんとしてもNo.1 コマスの優勝を阻まねばならない。そして自
らが最大限にポイントするためにも、優勝を狙ってくると思われる。一方、No.1 
コマスの陣営としては、正直80kgのウエイトハンディもあり、優勝することはかな
り難しいと思われる。となれば、無理な勝負には出ずに、ウエイトが増やされず最
大限にポイント出来る4位を狙い、最終戦に勝負する作戦にでるかもしれない。も
しそうなれば、ライバルチームもそれに併せて戦略が変わることも考えられる。こ
のランキング上位4チームの動向、駆け引きは要注意だろう。
 GT300クラスでも、チャンピオン候補は絞られてきた。栄冠へ最短距離にいるの
がランキングトップのNo.25 モモコルセ・アペックスMR2の新田守男だ。これに迫る
のはNo.19 ウエッズスポーツセリカの織戸学/原貴彦組とNo.15 ザナヴィARTAシル
ビアの土屋武士/井出有治組。事実上、この上位3チームからチャンピオンは出る
だろう。トップNo.25 新田としては、No.19 ウエッズ、No.15 ザナヴィの出方を見
ながら確実にポイントを稼ぐ作戦に出そうだ。一方、No.19 ウエッズは最低でもNo.
25 新田の前、出来れば表彰台に乗って少しでもNo.25 新田とのポイント差を詰め
たいところ。No.15 ザナヴィとしてはNo.25 新田とのポイント差が19もあるため
に、ここは優勝を狙い一気にポイント差を詰めないと最終戦での可能性が一気に小
さくなってしまう。この3者3様の立場の違いを知って、GT300のチャンピオン争
いを見るとレース観戦のおもしろさが違ってくるはずだ。


伏兵、Mobil 1 NSXとダイシンシルビアの活躍に要注意!

 チャンピオン争いも楽しみだが、レース自体の勝負も見逃せない。タイトなコー
ナーが続くTIサーキット英田は、軽快なミドシップに有利と言える。となると、
GT500ではNSX、GT300ではMR2が有利か。また、狭いコースに多くのマシンが走るゆ
えに、レースが荒れてくる可能性もある。となれば、スカイラインGT-Rやポルシェ
が躍進することも考えられる。8月に行われた合同公開テストでは、No.64 Mobil 1
 NSXが好タイムを記録している。昨年、TIではNICOS CUP GTオールスター戦が開催
されており、このときポール・トゥ・フィニッシュを飾ったのが、このNo.64 Mobil
なのだ。ここにチャンピオン争いも絡むNo.18 TAKATAなどのNSX勢と、No.36 カスト
ロールなどのスープラが加わった闘いになるだろうか。
 GT300では、コース的にはNo.25 モモコルセ・アペックスMR2が有利と思えるが、
いかんせんウエイトハンディ80kgを追っているだけに、少々厳しいところ。となる
と、前戦第5戦富士で優勝したNo.26 STPアドバンタイサンGT3RやNo.7 RE雨宮マツ
モトキヨシRX7あたりが注目となりそうだ。先の合同公開テストでは、No.81 ダイシ
ンシルビアやNo.15 ザナヴィのシルビア勢も好調だった。また、8月22日の鈴鹿1000
kmで優勝したNo.81 ダイシンと互角とも言える闘いしたNo.86 BPアペックスKRAFTト
レノも面白い存在になりそうだ。GT300は相変わらずの接戦、混戦模様と言えそうだ。

 第6戦TIラウンドは、熱いバトル連続する見どころ多いレースとなりそうだ。ま
た、チャンピオン争いの天王山となることも間違えなく、ぜひ中もして欲しい1戦
と言えよう。

Report by GTインサイドレポート班


☆99 AUTOBACS CUP 全日本GT選手権 予想エントリーリスト
第6戦 GT CHAMPIONSHIP in TI   TIサーキット英田(9/25,26)

[GT500] 17台
No. マシン              ドライバー                     チーム           タイヤ WH
------------------------------------------------------------------------------
 1  ペンズオイル・ニスモGT-R     エリック・コマス(F)  本山 哲         NISMO             BS 80
 2  ARTAゼクセルスカイライン      鈴木亜久里   ミハエル・クルム(D)      NISMO             BS
 3  ユニシアジェックススカイライン     長谷見昌弘   田中哲也         ハセミ・モータースポーツ     BS
 6  ESSO Tiger Supra     野田英樹     ワイン・ガードナー(AUS) 
                                                ESSO Tiger Team LeMans   BS 80
12  カルソニックスカイライン         星野一義     影山正美         TEAM IMPUL        BS 10
16  Castrol無限NSX       中子 修     道上 龍        無限×童夢プロジェクト BS 50
18  TAKATA童夢NSX        脇阪寿一     金石勝智        無限×童夢プロジェクト BS 40
30  綜警McLaren GTR      山田洋二     岡田秀樹         TEAM TAKE ONE     BS
32  cdma Oneセルモスープラ     木下隆之     近藤真彦
                                  cdma One TOYOTA TEAM CERUMO with Key's BS
35  マツモトキヨシ・トムススープラ     ピエール・ラファネル(F)  山路慎一      マツモトキヨシTEAM TOM'S MI 30
36  カストロール・トムス・スープラ     関谷正徳   黒澤琢弥   TOYOTA Castrol TEAM TOM'S MI 30
37  カストロール・トムス・スープラ     鈴木利男   片山右京   TOYOTA Castrol TEAM TOM'S MI 60
38  FK/マッシモセルモスープラ      竹内浩典   立川祐路         TOYOTA TEAM CERUMO  BS 60
39  デンソーサードスープラGT     土屋圭市   影山正彦           TOYOTA TEAM SARD  YH 20
64  Mobil 1 NSX          トム・コロネル(NL)  光貞秀俊    Mobil1 NAKAJIMA RACING BS 20
88  ノマドディアブロGT-1      和田 久   古谷直広           JLOC              TY
100 RAYBRIG NSX          高橋国光   飯田 章     チーム国光 with MOONCRAFT  BS 40


[GT300] 21台
No. マシン              ドライバー                     チーム           タイヤ WH
------------------------------------------------------------------------------
 7  RE雨宮マツモトキヨシRX7     松本晴彦   山野哲也           RE雨宮レーシング      YH 50
 9  大黒屋プロキダイポルシェ   羽根幸浩   徳田照幸           TEAM大黒屋        DL
10  アビリティ・マリオポルシェ      麻生英彦   檜井保孝           アビリティモータースポーツ   YH
15  ザナヴィARTAシルビア      土屋武士   井出有治           NISMO             YH 80
19  ウエッズスポーツセリカ        織戸 学   原 貴彦      RACING PROJECT BANDOH  YH 60
20  オートレット セリカ           松永雅博   佐藤久実           SPIRIT TOM'S      YH
21  BP-トランピオ-BMW        一ツ山幹雄  伊藤大輔          HITOTSUYAMA RACING TY
25  モモコルセ・アペックスMR2      新田守男   高木真一
                                       MOMOCRSE Racing Team with Tuchiya YH 80
26  STPアドバンタイサンGT3R    松田秀士  D.シュワガー(D) TEAM TAISAN Jr. with ADVAN YH40
55  アドバンタイサンポルシェRSR   須賀宏明   田嶋栄一     TEAM TAISAN with ADVAN  YH
61  テイボン・トランピオ・FTO     中谷明彦   ラルフ・ファーマン(GB)      チーム・テイボン・ラリーアート  TY 20
70  外車の外国屋アドバンポルシェ 石橋義三  星野 薫         TEAM GAIKOKUYA    YH
71  シグマテック911           城内政樹   河野尚裕           シグマテックレーシングチーム  YH 10
72  オークラRX7          石川 朗   平野 巧           オークラロータリーレーシング   YH
77  クスコスバルインプレッサ       小林且雄   谷川達也           クスコレーシング         YH 20
81  ダイシンシルビア           福山英朗   大八木信行         TEAM DAISHIN      YH 70
84  アイエーテックシルビア         袖山誠一   中村善州       I.A.Tec. Racing Team  YH
86  BPアペックスKRAFTトレノ     田中 実   雨宮栄城           KRAFT             TY
99  大黒屋ARCぽるしぇ    吉富 章   日置恒文           TEAM大黒屋        DL
111 JIM GAINER F355      井倉淳一   真希遊世           TEAM GAINER       YH
910 ナインテンアドバンポルシェ     余郷 敦    D.マラガムア(SL)       910 RACING        YH 20

○略号 WH:ウエイトハンディ
    タイヤ BS:ブリヂストン、DL:ダンロップ、MI:ミシュラン、
        TY:トーヨー、YH:ヨコハマ
    国 籍 AUS:オーストラリア、D:ドイツ、F:フランス、GB:イギリス、
        NL:オランダ、SL:スリランカ
*)このエントリー&ハンディはGTインサイドレポート班調べによるもので、
 公式の発表ではありません。エントリーは直前に変更される場合もあります。


☆タイムスケジュール
 9月24日(金) 練習走行
  マーチ フリー走行    9:00~ 9:30
  シルビア/180SXフリー走行   9:40~10:10
 ☆GTフリー走行1回目   10:20~11:50
  マーチ フリー走行   12:10~12:40
  シルビア/180SXフリー走行  12:45~13:15
  SK/F100フリー走行    13:20~13:50
 ☆GTフリー走行2回目   14:00~15:30
  マーチ/シルビア/180フリー走行  15:40~16:10
  SK/F100フリー走行    16:15~16:45


 9月25日(土) 公式予選
  SK/F100フリー走行    8:30~ 9:00
  マーチ/シルビア/180フリー走行   9:10~ 9:40
  SK/F100予選        9:50~10:05
 ☆GT予選1回目      10:20~11:20
  シルビア/180SX予選     11:35~11:50
  マーチ 予選      12:00~12:15
 ☆ピットウォーク     12:25~13:10  *ミニスカポリス・参加イベントあり
  F100決勝        13:30~13:50
  SK決勝         14:10~14:30
 ☆GT予選2回目      15:00~16:00
  *予選終了後 ミニスカポリス・参加イベント(総合インフォメーションにて)

 9月26日(日) 決勝レース
 ☆GTフリー走行       9:00~ 9:30
  シルビア/180SX決勝     9:55~10:20 10周
  マーチ 決勝      10:45~11:15 8周
 ☆ピットウォーク     11:25~12:15
  (チューニングカー デモラン 11:30~11:50/レーシング・トラック デモラン 11:55~12:10)
  GTウォームアップ    12:35~
 ☆GT決勝スタート     13:15~    82周(終了予定15:55)


☆観戦チケットのご案内
【チケット】
■前売観戦券(2日間有効)
 大人 5,000円
■決勝当日券
 大人 6,500円/中学生以下 無料(ただし父兄同伴)
■予選当日券
 大人 3,000円/中学生以下 無料(ただし父兄同伴)
■ピットウォーク券(観戦券別途)
 2,000円
■パドックパス(観戦券別途)
 2日間有効:大人 9,000円/決勝日:大人 7,000円/予選日:大人 3,000円
*パドックパス、ピットウォーク券はいずれも当日発売、限定各1,000枚

■駐車料金:4輪 1,000円(決勝日)/4輪 500円(予選日)/2輪 500円(両日とも)
 *駐車場には限りがあります

 上記料金は全て消費税込みです。

【チケット発売所】
●チケットぴあ●チケットセゾン●ローソンチケット●ファミリーマート
●サークルK●ポプライエローハット●モンテカルロ
●岡山県下有名プレイガイド、カー用品店他

☆オートバックス各店でGTCシリーズ戦共通前売り観戦券発売中
  大人 5,000円

【お問い合わせ】
 TIサーキット英田チケットセンター TEL.08687-4-3434/FAX.08687-4-2600



【TV放送】
10月2日(土) 16:00~17:15
テレビ東京系全国6局ネット
放映局:テレビ東京/テレビ大阪/テレビ愛知/テレビ北海道/
テレビ瀬戸内/ティーエックスエヌ九州 

J-SPORTS (CS):10月9日(土) 22:30~24:45 
       *再放送:10/10 14:00~  10/12 24:30~



以上
                       GTアソシエイション事務局
                        GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース