Archives

  • [—]2019 (576)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon | JAF Grand Prix

FN:JAF GP富士公式予選 #41塚越がPP獲得。最高速は#2中嶋がトップ

JAFグランプリ 富士スプリントカップ2012、フォーミュラニッポンの公式予選が11月17日、静岡県の富士スピードウェイで行われ、#41塚越広大(DoCoMo DANDELION)がポールポジションを獲得した。
また今回、最高速度上位3名に送られることになっていた川崎フロンターレ賞は、281.177km/hを記録した#2中嶋一貴(PETRONAS TEAM TOM'S)、278.854km/hの#1アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM'S)、274.460km/hの#40伊沢拓也(DoCoMo DANDELION)が獲得している。

fn_jaf_q_41 fn_jaf_q_1 fn_jaf_q_39 fn_jaf_q_2

今年で3回目を迎えた富士スプリントカップ大会第2日目は朝からあいにくの雨。
午前10時15分に始まったフォーミュラニッポンの公式予選は、今シーズンのランキング下位のドライバーから順番に出走するスーパーラップ方式で行われたため、雨量の増減がそのままダイレクトにタイムに影響する波乱含みの展開になった。

序盤好タイムを記録したのは4番手出走の#15佐藤琢磨、6番手出走の#39国本雄資。
国本は雨脚の弱まったことにも助けられて1'40.927を記録して暫定トップに立つが、続いてアタックに入った#10金石年弘は再び強まってきた雨に苦しめられて1'44.537に留まる。
それ以降に出走した#16山本尚貴、#32小暮卓史、#20松田次生らは同様に1分44秒台で中断以下に沈むが、そんな悪コンディションの中でも#38平手晃平だけは1'42.439を叩き出してみせた。

天候は13番目に出走した#8ロイック・デュバルの辺りから再び回復の兆しをみせ、デュバルは1'43.178、続いてアタックを行った#19JPオリベイラは1'41.801、そして遂に15番目に出走の#1アンドレ・ロッテラーが1'40.927を記録、国本を上回ると、塚越も1'40.577を叩き出してトップに立った。

そして最後に今シーズンのチャンピオンとなった#1中嶋一貴が出走、1コーナー手前では281.177とダントツの最高速を記録したが、中嶋は直後の1コーナーをオーバーラン、続くコカコーラコーナーの立ち上がりではスピンアウトを喫し、惜しくもノータイムに終わり、明日の決勝を最後尾からスタートすることに。
これにより塚越のポールポジションが確定した。

富士スプリントカップ、フォーミュラニッポン決勝は明日正午より22周で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum

 



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース