Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

FN:A.ユーンTAGホイヤーと契約リリース

>>>アレックス、マレーシアとシンガポールでのタグ・ホイヤー大使になる

2000年4月5日(水)クアラルンプール---タグ・ホイヤー・マレーシアは、
クアラルンプールで行われた記者発表会で、マレーシアとシンガポールでのタ
グ・ホイヤー大使として、マレーシア人がF1への参戦を熱望するアレックス・
ユーンと長期間タイアップすることを発表した。

「私はこの偉大なブランドとのタイアップを名誉に思う。タグ・ホイヤーの名
前は、私のヘルメットの、アイルトン・セナが彼のヘルメットに付けていたの
とほぼ同じ位置、そして同じように黄色い部分につけることになる」と、現在
は日本においてルマンとともにチーム・マレーシアとしてフォーミュラ・ニッ
ポンで戦うアレックスは嬉しそうに語った。

タグ・ホイヤー・マレーシアの総支配人、クリスチャン・ウェイスバッハは
「アレックスとタグ・ホイヤーは、「名声」「プロ意識」「型にとらわれない」
という点で同じ価値感を共有している。
我々は、アレックスが彼自身と彼の国のためにしていることを誇りに思ってい
る。現在、マレーシアでは彼に代わるようなレーシングドライバーはいない。
彼が未来において大きな成功を治めることを祈っている」とコメント。

タグ・ホイヤーにスポンサーシップされているスポーツのスター選手、ミカ・
ハッキネン、デビッド・クルサード、ボリス・ベッカー、モニカ・セレシュ、
そしてマリオン・ジョーンズの仲間にアレックスも加わることになった。

アレックスの他のスポンサーは、ブライルクリーム、ペングローバル保険、マ
レーシア航空、マレーシアスポーツ青年省、ルマン株式会社、日本レースプロ
モーションです。


情報提供:Alex Yoong Racing for Malaysia

このリリースの画像は、レーシングサロン"N"でご覧になれます。
https://www.nifty.ne.jp/palette/fmotor4f/1/

          ** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

/POST


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース