Archives

  • [—]2020 (93)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

FN:A.ユーン第2戦もてぎ予選リリース(4/15)

>>>アレックス、もてぎは予選10位

2000年4月15日土曜日のもてぎ、チーム・マレーシアのアレックス・ユーンは、
フォーミュラ・ニッポン第2戦ツインリンクもてぎ4.801kmを45周する決勝に
向けて、見事予選10位を獲得した。

これは、3週間目の鈴鹿サーキットで行われた予選でマシンを大破してしまい、
代わりに得た99年スペックのレイナード99Lで殆ど走っていない中で達成した
ものだった。

45分に渡って行われた2度の予選は、絶え間なく雨が降り、アレックスは、
ポールシッターとなった元F1アロウズのドライバー高木虎之介の1分50秒001か
ら1秒641遅れの1分51秒642で10位となった。

1998年チャンピオンの本山哲は1分50秒545でフロントロー、高木の隣につけ、
ドイツ人ミハエル・クルムは僅か100分の2秒差で3位となった。

チーム・ルマンの仲間、野田英樹と五十嵐雄大はそれぞれ11位と12位だった。

「今日の自分のパフォーマンスには凄く喜んでるよ。特に2000年型マシンや
2000年のアップデートキットのない今の状態ではね。クイックラップで2台の
車に出会うことがなければ、あと5つくらいはポジションアップできたはずさ。
今シーズン当初からサポートしてくれているチーム監督の本間さんやエンジニ
アの竹本さん、そしてチームクルーには全幅の信頼を寄せているよ。明日は、
いい結果を残してチームにありがとうと言いたいね」

アレックスは、昨年ドニントンで行われたイタリアGP第4戦で予選5位、決勝2
位となったことで、ウェットコースでのドライバーとしての評価を得ている。
明日はドライでもウェットでも気にはしていない。
「どんなコンディションでもより速く走れるよう、まだマシンを煮詰めてる段
階なんだ。明日チームと僕はできる限りのベスト尽くすよ」

アレックス・ユーンのスポンサー:マレーシア青年スポーツ省、ブライルク
リーム、タグ・ホイヤー、マレーシア航空、パングローバル保険、ハッピーサ
イズ日本、ルマン株式会社、日本レースプロモーション


情報提供:Alex Yoong Racing for Malaysia

          ** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース