Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

FN:A.ユーン、バトンを語る(4/13)

>>>ユーン、楽しかったバトンとの思い出を語る

マレーシア人F1ドライバーとなることが熱望されるアレックス・ユーンは、タ
グ・ホイヤーのマレーシア大使を任命された記者会見において、彼の友人であ
り、昨年イギリスF3で共にレースを戦い、今やF1スターとなったジェンソン・
バトンについて語った。

バトンは、3週間前のブラジルGPにおいて、ポイント獲得の最年少記録を樹立
するという歴史的な偉業を成し遂げたばかりだ。

「バトンは、どうせロクな成績を挙げられないだろうとたかをくくっていた人
にその実力を証明し、F1を目指す若者たちを喜ばせたんだ。彼のこと疑ってい
た何人かは非常に有名な元F1ドライバーだが、彼等は今やその偏見を変えざる
を得ないだろうね」とアレックス。

「僕は1999年のイギリスF3選手権において彼と5回戦い、バトンとの競争を楽
しんだ。彼はその対戦で3度僕に勝ち、僕は2位と5位に入った時の2度勝っ
たんだ。
彼は凄くいい奴さ、全然気取ることもないし、フレンドリーで気楽に付き合え
るんだ。僕は5年の内に彼のワールドチャンピオンへの挑戦が実っても少しも
驚きはしないし、僕も数年後、なるべく早い内にF1で彼の仲間に加わりたいと
思っているよ」。

資金的な問題で乗りそこなってしまった1999年最初の2戦の後、アレックスは
何度かのテストをこなした後、スラクストンの第3戦から彼のシーズンを開始
し、ルノーのワークスチームからエントリーし23分42秒503で優勝したバトン
から遅れること11秒、23分53秒960で6位に入った。

1999年4月ブランズハッチで行われた続く第4戦では、アレックスが18分20秒
724で5位、バトンがアレックスから遅れること5秒で8位に入り、対戦成績
を1勝1敗にした。

再びブランズハッチで行われた第5戦では、アレックスは先頭に立つ鋭さを見
せ18分07秒881で2位、初の表彰台を得た。バトンはアレックスから5秒遅れ
で7位だった。

バトンとアレックスは、オールトンパークで行われたレースで、それぞれ5位、
6位に入り、アレックスのすぐ前でフィニッシュしたバトンは、対戦成績を
イーブンに戻した。バトンの決勝のタイムは27分39秒242で、アレックスの27
分43秒833より4秒早かった。 

アレックスの資金はその後再び底を突き、マレーシア青年スポーツ省がF1イギ
リスGPの行われた7月に援助を申し出たが、第9戦まで選手権を休まざるを得
なかった。
ここでバトンは2位、アレックスは知名度の低いヨーロッパのF3チームから出
走し11位に終わった。これで対戦成績はバトン3勝、アレックス2勝となった。

バトンは、イギリスF3選手権でシリーズ2位の位置を安泰なものとし、マカオ
とコリアF3GPの両方で2位に入るパフォーマンスを見せた後、F1ウィリアムズ
チームと契約することになった。

トップチームで走れなくなったアレックスは、全7戦のイタリアF3000選手権
の第5戦から参戦し、緒戦は25台中10位。次のドニントンでは2位表彰台、ペ
ルグーサでは5位を得た。

「僕は、マレーシアで他に例がないほど多くの支援者を得ることができて非常
にラッキーだ。支援してくれる人には感謝してもし尽くせないほどさ。支援者
には、よく知られたブランドであるTAGホイヤー、ブライルクリーム、マレー
シア航空、パングローブ保険や、マレーシア青年スポーツ省、株式会社ルマン、
そして日本レースプロモーション、これらは、僕が目標に向かって競技を続け
る上で、極めて重要な存在だ」とアレックスは締めくくった。

フォーミュラ・ニッポン第2戦は、4月16日にツインリンクもてぎで行われる。
アレックスとルマンが運営するチーム・マレーシアにとっては、これが今年2
度目の参戦となる

彼は、予選2回目でクラッシュしてしまってマシン修復が成らなかった第1戦
のことは忘れ、より良い成績を収めるべく期待に胸を膨らませている。アレッ
クスは、第1戦は予選14位だった。

■バトン/アレックスの対戦記録(1999 イギリスF3選手権)

                         ジェンソン・バトン   アレックス・ユーン
                         総合タイム    順位    総合タイム    順位
-------------------------------------------------------------------
第3戦スラクストン       23m 42.503s   優勝    23m 53.960s   6位
第4戦ブランズ・ハッチ   18m 25.788s   8位    18m 20.724s   5位
第5戦ブランズ・ハッチ   18m 12.841s   7位    18m 07.881s   2位
第6戦オールトン・パーク 27m 39.242s   5位    27m 43.833s   6位
第9戦シルバーストン     26m 24.564s   2位    26m 56.183s   11位
-------------------------------------------------------------------
注) 1.アレックスは1999年イギリスF3選手権の参戦は5戦のみ
    2.ジェンソン・バトンは、マカオとコリアF3で価値ある成績(2位)を記録
    3.アレックスは、マカオ7位、コリアはフィニッシュならず

情報提供:Alex Yoong Racing for Malaysia

          ** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース