Archives

  • [—]2020 (85)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

FN_Rd9:Mooncraft予選リリース

              2000年 全日本フォーミュラ・ニッポン選手権 第9戦
                       セントラルパークMINEサーキット
                               9月16日(土曜日)

                                  公式予選

前日から接近していた台風が遠ざかってはいるものの、10mの風が土曜日午前
のMINEサーキットに吹き荒れた。
午後に入り、雲が多くなったものの風が多少収まった中、予選第1回が始まる。
午前のウォームアップで難航していたセットアップは、午後になってもなかな
か決まらず、苦悩するシゲカズ。ギア比を変更して臨んだ予選だったが、カス
ケードウィングを付けたりダンパーセッティングなど、いろいろ試みるが決め
手になるセッティングを見つけることは出来なかった。結局午前より1つポジ
ションを落として18位、1分17秒056、トップ差1.758。順位は落ちたものの
トップ差が0.4秒縮まった。
第2回はもっと前へ。
気持ちを切り替えて臨む予選2回目、ニュータイヤを2回、3回と投入してタイ
ムアタックを繰り返すが、トップとの差は縮まらない。結果的にポジション17
位、1分16秒680、トップ差1.892となった。ポジションをひとつ上げ、16秒台
に入れることが出来たが、トップ差は広がってしまった。
シゲカズ、今日はこれから明日への作戦を練る。


由良監督:このコースでのテストが出来なかったツケが廻って来てしまいまし
た。ドライバーの走りこみ不足とセッティングの遅れによって苦戦し、大変不
満な結果となってしまいました。
ただ、ここは常にサバイバルレースとなります。私たちも前回はミッショント
ラブルによってリタイヤしていますが、今回はしっかり完走をして光明を見出
したいと思っています。

シゲカズ選手:ここでテストをしていないこと、前回ここで完走できなかった
ことを差し引いても遅すぎると思う。明日はとにかくがんばります。

予選結果
Pos Car             Best time    Behind
 1    0             1'14.788
 2   19             1'14.864     0.076
 3   11             1'15.322     0.534
 4   56             1'15.497     0.709
 5    2             1'15.523     0.735
 6    5             1'15.605     0.817

18   14  脇阪薫一   1'16.680     1.892


情報提供:Mooncraft

        *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース