Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

FN_Rd8:Fニッポン富士決勝レポート

                FORMULA NIPPON ROUND 8 FUJI SPEEDWAY

        高木虎之介、波乱のレースを制し逆転で7勝目!
         シーズン最多勝の金字塔を打ち立てる!

 9月3日、フォーミュラ・ニッポン第8戦が、富士スピードウェイで行われ
た。50周で行われるはずだったレースは、途中#55金石の大クラッシュにより
中断。37周レースとして行われたが、第1パートでピットインを済ませていた
#62柴原が大量リードを築いてトップを走るという珍事が発生。
 しかし、速さに勝る#0高木、#19本山がジワジワ差を詰めて、終盤逆転に成功。
苦しみはしたものの、高木が7勝目というシーズン年間最多勝の記録を打ち立
てた。また、ここまで全勝のナカジマレーシングはチーム優勝を決めた。

■決勝ノート
 決勝日、富士スピードウェイはやや風が強いものの快晴だ。
 午後2時29分、1周のフォーメイションラップから各マシンが轟音とともに
スタート。
 ポール#19本山がグッドスタート。#0高木はやや出遅れる。#8五十嵐、#12ヴィ
エルチュークがエンジンストール。最後尾へ。

 1周目 #19-7-0-56-2-6-62-68-9-5-55-14-10-21-3-36-63-11-8-12
 2周目 1コーナー、#7野田がトップに躍り出た!!
 5周目 #7野田-(1.4)-#19本山-0-56-2-6-62-68-9-5-55-14-10-21-3-11-63-11-8-12
       1コーナー、#0高木がスリップから#19本山をかわし2位へ
 7周目 1コーナー、#3近藤スピン、再スタート
       #7野田、#0高木、#19本山のトップ3台が1'19秒台
 9周目 1コーナー~サントリーコーナーまで並走した#6クルム、#62柴原の6位
       争いだが、#62柴原がサントリーコーナー入口でスピンして決着
       #62柴原はPin
10周目 #7野田-(1.6)-#0高木-19-56-2-6-68-9-5-14-55-10-11-21-8-63-12-62
11周目 最終コーナー立ち上がりで10位#14脇阪がダートにタイヤを落としスピ
       ン。これを避けようとした背後の#55金石がコースイン側ガードレール
       にクラッシュ。エンジンを含めたリアセクションが吹っ飛び、マシンは
       バラバラになったがモノコックはしっかり残り金石は無事。自力で脱出
       したが、さすがにコースサイドに座り込む。スピンで回った#14脇阪は
       がそのまま復帰。
       医務室で診断を受けた金石は、首にはダメージがあるが、外傷は足首と
       ふくらはぎの打撲程度とのこと。いやぁ、ドライバーが無事でよかった。
       ホッ。
       このアクシデントでレースは赤旗中断。37周レースで仕切り直しとなっ
       た。再レースのグリッドは10周終了時点。
----------------------------------------------------------------------------
グリッド #7野田-#0高木-#19本山-56-2-6-68-9-5-14-(55)-(10)-11-21-8-(63)-12-62
         ( )はグリッドにつけず #63はピットスタート

#7野田がトップのまま1コーナーへ。3位に浮上した#2松田は1コーナー立ち上がったとこ
ろでスロー走行。

 1周目 7-6-9-56-11-12-8-0-62-19-68-5-14-21-63
       #0高木、#19本山、#68道上、#5服部、#14脇阪……Pin
       スタート直後の混雑を避けて続々とピットイン
 2周目 7-6-9-11-12-8-62-56-63-0-19-68-14-5-21
       #56脇阪Pin
 3周目 #8五十嵐Pin
 5周目 #7-6-9-11-62-12-0-63-19-68-14-5-8-21-56
       4位まではPinしていない。この時点では1パートでPinしている#62柴原が
       なんと実質のトップだ。実に#0高木を20秒以上リードしていることになる
 6周目 #6クルムPin
 7周目 #7野田、#9ファーマンPin
10周目 #11立川Pin
11周目 #62-(19.0)-0-19-7-9-6-68-11-5-14-8-12-63-21
       2位#0高木の背後に#19本山、少し遅れて#7野田が最も速いタイムで追っている
13周目 #62-(17.7)-#0-(0.5)-#19-(2.4)-#7……
15周目 1コーナー、#19本山が#0高木をインから刺すが、ややオーバースピード
       で抜き返される
       #62-(16.3)-#0-(1.0)-#19-(1.5)-#7-9-6-11-68-5-14-8-12-21-63
18周目 1コーナー、#7野田が#19本山をかわした!!
       #62柴原が逃げきるのか、誰が2位争いを制して#62柴原を追うのか?!これ
       は面白いぞ!
20周目 #62-(13.4)-#0-(0.8)-#7-(1.2)-#19-9-6-11-68-5-14-8-12-21-63
22周目 1コーナー、#7野田が#0高木の背後に迫った。
       #62柴原が逃げきれるのか微妙な状況だ。
24周目 #7野田、サントリーコーナーで痛恨のスピ~ン!
       #62-(9.5)-#0-(3.1)-#19-9-6-11-7-68-5-14-8-12-21-63
25周目 #62-(8.4)-#0-(3.0)-#19-
26周目 #62-(8.1)-#0-(2.9)-#19- #62柴原、初めて19秒台を叩き出し逃げる
27周目 #62-(7.4)-#0-(2.7)-#19- #0高木が差を詰め、#19本山も更に詰めている
28周目 #62-(6.0)-#0-(2.6)-#19- #0高木、#19本山ともにベストラップだ
29周目 #62-(4.6)-#0-(2.4)-#19-
30周目 #62-(3.7)-#0-(2.3)-#19-9-11-6-7-68-5-14-8-12-21-63
31周目 #62-(2.9)-#0-(2.0)-#19- #0高木も速いが#19本山はそれ以上だ!!
32周目 #62-(1.5)-#0-(1.7)-#19- #9ファーマン、スロー走行
33周目 #62-(0.5)-#0-(1.5)-#19-
34周目 #62-(0.2)-#0-(1.0)-#19-
       1コーナーでついに#0高木が#62柴原を捕らえた!!
35周目 #0-(1.2)-#62-(0.6)-#19-
36周目 #19本山、100Rで#62柴原をかわす。が、時すでに遅し。#0高木との差
       は開いてしまった
Finish #0-19-62-11-6-7-68-5-14-8-12-21-
       苦しんだものの#0高木がまたしても勝った。

■決勝レース結果(暫定)
フォーミュラ・ニッポン第8戦 富士SW -RIJ-(2000-09-03) Race Results
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.8 Fuji Int.Speedway(J):4.400km
Weather:Fine  Course:Dry
P.-No.Driver------------Team-------------Car------------------
 1  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/ML308   
 2 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/ML308   
 3 62 柴原眞介          LEYJUN           REYNARD 2KL/ML308   
 4 11 立川祐路          COSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/ML308   
 5  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308   
 6  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/ML308   
 7 68 道上龍            DoCoMo DANDELION REYNARD 2KL/ML308   
 8  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308   
 9 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/ML308   
10  8 五十嵐勇大        LeMans           REYNARD 99L/ML308   
11 12 J.ヴィエルチュークCOSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/ML308   
12 21 A.ユーン          TEAM MALAYSIA    REYNARD 99L/ML308   
13  9 R.ファーマン      Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308 
14 63 OSAMU             LEYJUN           G FORCE GF03/ML308  
              ・
              ・
              ・
---------------------------------------------------------------------------

                    *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース