Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

FN_Rd6:SPEEDMASTER MOONCRAFT決勝リリース

(このリリースは未掲載だったものを載せています)

    '99全日本選手権 フォーミュラ・ニッポン  ROUND 6
             スポーツランドSUGO
            8月1日・日曜日  決  勝

      道上、好ダッシュもスピンアウトで戦線離脱
     しかし、影山はハードにプッシュしつづけて完走

苦渋に満ちたものとなってしまった昨日の予選から一夜明けて、仕切りなおし
の決勝となったわけだが、道上車はローラオリジナルマシンに戻され朝のウォ
ームアップに臨んだ。もともとこのローラのおかげでモディフィケーションを
行なうことになったわけだから、マシンのポテンシャルについては正直多くは
望めない。
しかし、今年の菅生ラウンドはこれまでの54レースから60周に延長され長丁場
で行なわれる。1周の速さを競う予選とはまったく異なり、マシンの方向性、
チームの戦略 、それを遂行するためのドライバーの能力と精神力、これらを
高い次元でバランスさせて戦う決勝レースではなにが起こるかわからない。
「もちろんシビアな戦いになるだろうけど、最後まであきらめず、スタートか
らチェッカーまで全力で行く」と道上と影山の両ドライバー。朝のウオームアッ
プ後、入念に打ち合わせを繰り返し、セットアップを決めいざ出陣。午後2時50
分、長丁場のレースが始まった。

絶妙なスタートを切ったのは20番手スタートの道上、1周目の最終コーナーを
なんと15番手で立ちあがってきたのだ。5周めには13番手まで浮上した。後ろ
には山西選手がぴたりとつけテールツーノーズの争いを見せる。山西選手は
レイナードユーザーであり、純粋なマシンのポテンシャルだけでは道上が不利
ではあったが、巧みなラインどりでブロックを続けた。
しかし、9周めのSPコーナーの進入で道上は突然態勢を乱しそのままスピンし
ながらコースアウト。深くグラベルにはまりレース続行を断念せざるを得な
かった。

一方の影山は1周目ポジションキープで戻ってきたが、20周目には13番手争い
を展開。しかしそれまで影山はずっと先のレースでレイナードに変更した野田
選手と大バトルを展開していた。20周目には1分16秒599をマークし自己ベ
ストを更新し ながらの攻防戦は22周目に野田選手のスローダウンで決着。ま
さに影山の粘り勝ちだった。
これで影山は単独走行になった。前の加藤選手とは20秒以上もの差、後ろのデ
ル フラー選手との差も大きく開いている。こうなるとプッシュを続けながら
も、無事にマシンをチェッカーまで導くことがもっとも大事に仕事となる。影
山は長い長いレースを安定したペースで走りきり13位でチェッカーを受けた。
順位には当然不満だ。しかし、与えられた条件の中で精一杯のことをした。そ
ん な表情でマシンから降りてきた影山を出迎えるスタッフにも、同様の気持
ちがあり、さらには今度こそ最高のマシンを彼らドライバーに用意するという
硬い決意がその表情からにじみ出ていた。


■由良拓也チーム監督;「レースでは道上がハードプッシュしてスピンアウト
したのは残念ですけど、あれは彼がローラに乗って初めてのスピンなんです。
それほど無理させたということかもしれない。影山は彼にとっては屈辱的な順
位で争っていたのですが、なんとか最後まで走りきってくれまた多くのデータ
が残すことができた。このデータを次のレースにつなげます。今回は予想して
いた状況と現実は違った展開になってしまったわけだけど、これで終わりなわ
けではない。ウチのスタンスは今年はローラでやり続けること。だから二の矢
三の矢、力が続く限り矢を放ちつづけます」

■道上 龍;「スタートにすべてをかけていた。それがばっちりと決まって5台
抜くことができ た。後ろに山西が来ていたが、ストレートでは僕のほうが伸び
ていたので、なんとか彼を押さえ込む自信があった。だけど、SPコーナーの進
入のブレーキングで瞬間的にスピンしてしまった。チームスタッフには申し訳
なく思う。今回は結局流れをつかめないまま終わってしまった。スピンもマシ
ンの遅さをなんとかカバーしようと無理しすぎたのかもしれない。こんなこと
にめげず、次のレースでも精一杯頑張ります!」

■影山正彦;「野田とのバトルは楽しかったね。マシンのバランスはこれまで
の中では最高の仕上がり。スタッフの努力が反映されている。しかし、レイナ
ードとの根本的な差があるのは変わっていないのが辛いですね。やはりこうやっ
て努力を続けるしかないと思う。とにかく色々なアプローチをするチームなの
で必ずいいことがあると信じていますよ」


情報提供:SPEEDMASTER MOONCRAFT
     スピードマスターレーシング事務局
     http://www.speedmaster.co.jp


        *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.ne.jp) ***



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース