Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

FN_Rd6:SPEEDMASTER MOONCRAFT予選リリース

(このリリースは未掲載だったものを載せています)

    '99全日本選手権 フォーミュラ・ニッポン  ROUND 6
             スポーツランドSUGO
           7月31日・土曜日  公式予選

        ローラMCS、満を持しての投入も……、

朝から30度Cを越える猛暑となったフォーミュラニッポン第6戦SUGOラウンドの 
予選は影山正彦18番手、道上龍20番手で終わった。今回、スピードマスター・
ムーンクラフトでは、道上車に大改造を加えた通称ローラMCS(ムーンクラフ
トスペシャル)を投入されたのがひとつの大きなニュースであった。
開幕戦からレイナードに対して劣勢が明るみになったことから、ローラ大改造
のプロジェクトが始まり、夏に突入した今回のレースで投入に踏み切った。
SUGOにやってくる前日、栃木県のツインリンクもてぎでシェイクダウンを終え
いよいよ本番を迎えたわけだ。しかし、期待とは裏腹にローラMCSのデビュ
ーは華々しいものにはならなかった。

朝から始まった公式練習から2回目の予選まで積極的な走り込みを行なったが、
ピットに戻ってくる道上に笑顔は少なかった。シェイクダウンテストでは見ら
れなかった症状が道上を襲ったのだ。そんな中でも道上とチームは懸命に対策
を施すが、その効果が現れてくれない。スプリングをはじめとしたサスペン
ションまわり、ウイングを考えた空力まわりなど考え付いた要素を順序立てて
バック・ツー・バックのトライをしていたのだが、ドラスティックにその変化
を得られないまま一日が終わってしまった。ニュータイヤで絞り出した道上の
タイムは1分14秒068、今季ワーストの20番手となった。

満を持して投入されたローラMCSは不発に終わってしまった。チームが施した
懸命の対策も、今回についてはもう引き出しがなくなってしまった。今回発生
したさまざまな症状が、果たして新しいパーツ類のものによるものなのかどう
か確かめるために明日の決勝はローラオリジナルに戻され比較してみることに
なった。そしてなにがどう問題なのか、そしてそのキーとなるセットアップを
模索する。開発はまだ続いているのである。

事実、影山正彦ではオリジナルに近い状態でローラの開発が進んでいる。影山
にとっては昨年のこのレースでポール争いをしているだけに、屈辱的な順位で
はあるがベテランらしく方向性を見失わないようにステップバイステップのト
ライを続け、その成果が出始めている。順位こそ18番手に低迷はしているもの
の、その表情は暗くない。明日の決勝はまた違う戦いがあるが、次につながる
レースを見せてくれるに違いない。


■由良拓也チーム監督:「期待が大きかっただけに今日のデキについては正直
ショックを隠せません。好感触を得たもてぎでのシェイクダウンテストでは現
れなかったマシンの症状の対策に1日を費やしてしまった。その原因がなんで
あるのか徹底的に追求していくために も、明日の決勝はオリジナルに戻して
みることにしました。影山車についてはドラマチックなポテンシャルアップは
ありませんが間違いなく進歩しています。彼のテストは鈴鹿で好感触を得た道
上のセットアップを引き継ぐかたちで行なわれており、今回道上車で得たデー
タとこれまで得たデータをどう活用していくか色々とプログラムを立てること
にしました。現段階ではローラで戦っていくしか選択肢はないわけで、なんと
かライバルたちに一矢報いたいモチベーションはスタッフ、そしてドライバー
も変わりはありません。また仕切りなおしてポジティブに取り組んでいきたい
と思います」

■道上龍:「とにかくチームは少しでもよくしてくれる努力をしてくれたんだ
けど、マシンが全然いうこと聞いてくれなかった。残念です。そしてとても悔
しい。走り方も色々トライしたんですけど、うまくいかなかった。明日の決勝
ではこの週末はじめて乗るマシンですけど、まずはきちんと次につながるレー
スをしたいです」

■影山正彦:「順位は悪いけど、ドラスティックにマシンがよくなることはあ
りえない。少しづつマシンを良くしていくしかないわけで、僕はその方向性を
見失わないように色々と模索していくしかない。間違いなくマシンは良くなって
いっているんです。あともう少し、あともう少し、そうやってマシンを良くし
ていき、最後には笑ってシーズンを終えられるようにマシンを良くしていきま
すよ」


情報提供:SPEEDMASTER MOONCRAFT
     スピードマスターレーシング事務局
     http://www.speedmaster.co.jp


        *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.ne.jp) ***



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース