Archives

  • [—]2019 (407)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

FN_Rd5:SPEEDMASTER MOONCRAFT予選リリース

(このリリースは未掲載だったものを載せています)

       '99全日本選手権 フォーミュラ・ニッポン ROUND 5
              鈴鹿サーキット
          7月3日・土曜日 公式予選

      強烈なインパクトを与えた2回目の予選。
         道上が2番手タイムを叩き出す!

降ったり止んだりの典型的な梅雨空のもとフォーミュラニッポン第5戦が始まっ
た。スピ ードマスター・ムーンクラフトでは、前週に行なわれたスポーツラ
ンド菅生での合同テストに影山正彦車だけを参加させデータ収集を行なった。
テスト終盤では、新たにトライしたセッティングで手応えをつかみ、そのデー
タをベースに鈴鹿入りを果たした。 しかし、ウエットとなった走りはじめの
公式練習走行で、そのデータを生かせないことが判明してしまった。順位こそ
道上龍10番手、影山14番手とまずまずであったが、極度のアンダーステアから
ドライバーにとっては不満が残るセッションとなってしまった。午後の予選1
回めは、セットアップの方向性を変えてマシンを煮詰めていくことになった。

その予選1回目には幸運にもドライ路面で出走でき、正確にマシンの状態を把
握できるようになりマシンのセットアップが進む。道上車に関しては午前の
セッションで露呈したアンダーステアを消すセットアップを施しながら走行を
重ねていくうちに、マシンが大きく改善されていった。ラストのアタックでは
トップ10圏内を走り最終的に9番手となったが、マシンの状態が著しく進歩し
たことにチームのモチベーションはさらに上がった。影山は17番手で終わるが
彼についてもマシンのバランスが改善され、それをどうタイムにつなげるかと
いうポジティブなムードで2回目の予選が始まるのを待った。

しかし、2回目の予選は無情にも雨。順位を上げるには不可能な状態となって
しまった。そんな中、マシンの確認が必要な道上と影山は、積極的にラップを
重ねた。その2回目の予選、前述のとおり総合順位としては変わらないまでも、
チームはその存在を大きくアピールすることに。セッティングを煮詰めながら
果敢にアタックを続ける道上は、常にウエットの中2分13秒から14秒台といっ
たペースで快走。ピットに備え付けられたモニターには総合の順位しかわから
ないが、細かくライバルたちのタイムを観察している限り、これは同一条件下
で走行しているマシンの中でトップに匹敵するタイムなのだ。道上のコメント
からも、ピットに戻ってくるたびにマシンの状態が良くなっていくことがわ
かった。

セッション終了後、配布された2回目の予選の結果表をみてチームのムードが
さらに明るくなった。道上の名前が2番手に記載されていたのだ。一方の影山
車は16番手にとどまるが、マシンのフィーリングが良くなっていると報告され、
道上車で得たデータをミックスさせることができれば必ず影山車にもいい方向
が見えてくるとチームでは確信している。
この予選で見せた速さはチームの総合力の高さを証明するものであり、明日の
決勝において大きな自信となったのはいうまでもない。

■由良拓也チーム監督「順位はともかく、2回目に見せたパフォーマンスには
満足です。1回目の予選をドライで走れ、マシンのフィーリングを改善させて
いったところかなりいい感じになってきた。2回目の予選でも色々とトライし
ていくうちに、マシンがさらに進歩していくのがタイムをみていても確認でき
た。データとして多くのことを得られたという意味のほか、本来目指すべきポ
ジションに名を連ねることができたのはチームにとっても大きな収穫です。明
日の決勝はウエットでもドライでもいいレースができそうですね」

■道上 龍「2番手タイムをマークしたのはやはり気分がいいです。みんな同じ
条件の中で走 っているわけですからね。走り始めはマシンの状態が悪かったけ
ど、走っていくうちにマシンのフィーリングが向上していった。1回目の予選
でドライの方向性が見えているし、ウエットであれば今のデータをそのまま
使えるわけですから、思いきり頑張ります」

■影山 正彦「マシンのフィーリングは良くなっていっている。でもそれがタ
イムにつながらないのは辛い。前回の菅生でのテストではかなりいい手応えが
あったんですけどね。
ただしマシンのフィーリングは良くなっているのは間違いなく、ドライビング
しやすいという点では、明日の長丁場では有利に作用するはず。僕も道上に負
けないように頑張りますよ」


情報提供:SPEEDMASTER MOONCRAFT
     スピードマスターレーシング事務局
     http://www.speedmaster.co.jp


        *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.ne.jp) ***



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース