Archives

  • [—]2020 (85)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

FN_Rd2:Fニッポンもてぎ決勝TOP3コメント

■高木虎之介(優勝)
「スタートはちょっと失敗してしまい、ついていこうと思ったけど作戦を変え
た。クルマのバランスが良くなくて、途中で急に良くなった。チャンスがあっ
てスリップにつけて抜けて、走るにつれてマージンが得られた。残り10周ぐら
いでエンジンがおかしくなって、息つきひどくてまともに走れない状態で限界
だった。タイム差を無線で聞きながらなんとかゴールできた。ちょっと油断す
るとすぐに抜かれるし、抜いた後も100%の力で行かないとダメなのできつい」

■ミハエル・クルム(2位)
「スタートは普通だったけれど、最初はアンダーステアがきつくて追いつけな
かった。ピットストップはすごく良かった。その後は本山選手を抜けたけど、
ポジションキープできず、ラストに本山のマシンはギアボックスのトラブルの
ように見えて、抜き返せた。高木選手のエンジントラブルは知らなかった。ギ
ャップ開きすぎで残りも少ないし追いつけない。次回、チャンスが巡ってくれ
れば…」

■松田次生(3位)
「スタート順当で良い位置キープできた。レース内容ははじめはクルムにブロ
ックされ、後半ピットインの時にピットロードで遅くて、順位変動があった。
ピットストップの時まで普通に走って、ラストは本山さんが見えてきてプッシ
ュしました。『もっと早くペース上げろ』と社長に言われました。37秒台は自
信になりましたけれど、F3だと間隔が詰まっているのにFNは離れていて、集中
力を失っていました。クルマが見えてきて急に力が入ったんです」


Special Thanks : 竹下恵一郎

                   *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース