Archives

  • [—]2019 (406)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

FN_Rd2:Fニッポンもてぎ決勝レポート

    FORMULA NIPPON ROUND 2 TWIN RING MOTEGI MILLION CARD CUP RACE

    高木虎之介、横綱レース!!完勝で今季負け知らずの2連勝!

 雲はあるもののの、昼を過ぎて日も射すようになり暖かくなってきた。
 路面はもちろん完全ドライ。開幕戦のように天候によるドタバタを味わうこ
とはなさそうだ。実質初めてともいえるタイヤ交換ルールの導入が、レースに
どう影響するのかにも注目が集まる。

 午後2時30分、スタート時に#7野田がエンジンストール。最後尾に回ること
に。これによりレースは1周減算。44周で争われることになった。
 再度1周のフォーメイションからスタートが切られた。

■決勝NOTE
 START #19本山グッドスタート!!トップへ。#68道上、#12ヴィエルチューク
       はエンジンストール。全車スタート後にスタートを切る。
 1周目 #19-0-6-2-9-56-11-5-55-14-3-21-10……
 2周目 #19-0-6-2-56-9-11-5-55-14-3-21-10…… トップ2台早くも抜け出す
 3周目 #19-(1.2)-0-(2.5)-6-2-56-9-11-5-55-14-3-21-10……
       #8五十嵐ピットイン、タイヤ交換
 5周目 #19-(1.2)-0-(3.2)-6-2-56-9-11-5-55-14-3-21-10……
 6周目 トップ2の差が一気に詰まってきた(その差0.7秒)
 7周目 #0高木が#19本山の背後に迫る(その差0.5秒)
 8周目 #11立川が#9ファーマンをビクトリーコーナーでパス。6位へ。
10周目 90度コーナー進入、ついに#0高木が#19本山を捕らえる!!
       #0-(0.4)-19-(3.3)-6-2-56-11-9-5-55-14-3-21-10……
11周目 #19本山のペース上がらず#0高木逃げる(その差1.7秒)
       #11立川、ここまでのベスト1'39.220で追い上げる脇阪を射程距離内に。
       #9ファーマンピットイン。何かトラブルのようだ。
14周目 #11立川が#56脇阪を90度コーナーでパス。5位に浮上。
15周目 #0-(4.3)-19-(3.5)-6-2-11-56-5-55-14-3-21-62-36……
       #0高木 1'38.928
16周目 タイヤ交換ピットイン#11立川(9秒)、#56脇阪(15秒)、#21ユーン(8秒)
17周目 タイヤ交換ピットイン#3近藤(10秒)
18周目 タイヤ交換ピットイン#55金石(8秒)
       #21ユーン、#3近藤をパス
19周目 タイヤ交換ピットイン#14脇阪
20周目 #0-(7.4)-19-(3.7)-6-2-5-11-62-56-55-68……
21周目 タイヤ交換ピットイン#2松田(8秒)、#5服部(7秒)
22周目 タイヤ交換ピットイン#19本山(8秒)
23周目 タイヤ交換ピットイン#0高木(6秒!!)クルー、ガッツポーズ!
25周目 タイヤ交換ピットイン#6クルム(7秒)
26周目 #0-(9.6)-11-19-6-2-56-55-5-8-14-10-7-9-3-62-68……
       #21ユーン、ピットでリタイア
30周目 #0-(10.9)-11-19-6-2-56-55-5-8-14-10-7-9-3-62-68……
       2位#11立川4コーナー先でマシンを止める。駆動系トラブルか?
       レースは、タイヤ交換を終え淡々と進んでいる
35周目 #0-(19.8)-6-19-2-56-55-5-8-14-10-7-9-62……
       #19本山ペース上がらず、#6クルムに抜かれ(?周目)、更に#2松田が自
       身のベストを刻みながら迫る
40周目 #0-6-19-2-56-55-5-8-14-10-7-9-62……
42周目 #2松田、#19本山を捕らえ3位に浮上
FINISH #0高木、余裕のポールtoウィン。2位は前回に続き#6クルム。3位には
       #2松田が入りPIAA NAKAJIMAは1-3フィニッシュ。

■決勝結果(Top10)
P.-No.Driver------------Team-------------Car-----------------Laps-
 1  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/ML308    44
 2  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308    44
 3  2 松田次生          PIAA NAKAJIMA    REYNARD 99L/ML308    44
 4 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/ML308    44
 5 56 脇阪寿一          ARTA             REYNARD 99L/ML308    44
 6 55 金石勝智          ARTA             REYNARD 99L/ML308    44
 7  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308    44
 8 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/ML308    44
 9 10 山西康司          Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308  44
10  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/ML308    44
               ・
               ・


                    *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース