Archives

  • [—]2020 (85)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

FN_Rd.8:FニッポンMINE予選TOP3コメント

フォーミュラ・ニッポン第8戦 CP MINE

●予選トップ3記者会見
■トム・コロネル
「今日の結果はもちろん満足です。本山はアンラッキーだったようで残念です
が。フリー走行では大変うまくいっていたんですが、1回目の予選ではマシン
がまるでカンガルーのように跳ねてしまって……。そこで1回目の始めの内は
セッティングに専念。フロントサスペンションを調整し、少しダウンフォース
をつけたら良くなりました。14秒8が出たときには自分でも驚きました。そこ
までは期待していなくて15秒2か3ぐらいかな、と思っていたので。思ったよ
り涼しくなっていたんでしょう。他のドライバーも出してくるかもしれないん
で、最後までプッシュは続けていましたよ。
チームは、チャンピオンシップやポイントにこだわらずリラックス、というけ
れどボクは違うと思う。やっぱり勝つことが大事だし、勝てば自動的にチャン
ピオンはついてくる。
ポイント狙いの安全な運転をするのはプロのレーシングドライバーではないで
しょう。リラックスしすぎるとミスも出るし……。勝つために全力でプッシュ
し続けますよ。プレッシャーを感じるかといわれれば、チャンピオンシップに
対してではなく、本山に対してですね」

■山西康司
「フリー走行からずっと順調に乗りやすく仕上がってきたので、2回目は初め
からOKの状態で、早くからニュータイヤを履いてタイミングを待っていました。
優勝を狙えるポジションなので頑張ります。好みにあわせて仕上げてくれたチ
ームに感謝しています。14秒台はないだろう、と思っていましたがトムのタイ
ムは素晴らしいタイムですね。周りはみないいドライバーなのでフェアな戦い
ができそうです。自分のレースをすれば、初優勝も狙えると思います」

■野田英樹
「今回からチームの体制が変わり、東京でのミーティングで星野さんをはじめ
チーム全体の意気込みを感じ、それに応えたいと思っていたので嬉しいです。
初めは前回と同じクルマでしたが、煮詰めていって徐々に良くなってきました。
トムのタイムはとても出ないと思いましたが、最後のラップは飛び出してもい
い、という気持ちで思い切って攻めた結果なので、満足しています。
決勝では、トムについていけるかどうかわかりませんがプッシュしていきます。
昨年はここ(MINE戦)でポールから出て一人で1コーナーで回ってしまったん
で、それはないように気をつけます。レースをする以上、1番をめざすのが当
然ですが、まずはこの位置をキープ。一つ一つ上げていって、最後は1番をと
りたいと思います」

情報提供:日本レースプロモーション(JRP)

                      ** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.ne.jp) **



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース