Archives

  • [—]2020 (93)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

FN_Rd.5:野田英樹リポート

全日本選手権フォーミュラ・ニッポン
第5戦鈴鹿サーキット
野田英樹  関連リポート

《予選》

1999年7月3日(土) 天候:曇り~雨  
コース・コンディション:ドライ~ウェット
観客動員数:10,000人(主催者発表)

予  選    1回目 13:00~13:45

NO.20  ビブライズ・インパル・レイナード99L(野田 英樹) 
1分51秒195  7番手

NO.19 ビブライズ・インパル・レイナード99L(影山 正美)
1分49秒744  2番手


              2回目 15:45~16:30

NO.20  ビブライズ・インパル・レイナード99L(野田 英樹) 
2分12秒307  トップ・タイム

NO.19 ビブライズ・インパル・レイナード99L(影山 正美)
2分13秒189  3番手


総合予選結果:

NO.20  ビブライズ・インパル・レイナード99L(野田 英樹) 
1分51秒195  7番手

NO.19 ビブライズ・インパル・レイナード99L(影山 正美)
1分49秒744  2番手


 1回目の予選は、曇りから雨になるという展開の中、早めにタイムを出して
いかなければならず、セッティングが今一つ思ったようにならなかったようで
す。2回目の予選は完全な雨になってしまい、1回目の予選結果は更新できる
状態ではなかったのですが、トップ・タイムをマークできました。

 順位的には満足いくものではないのですが、セッティングの方向はつかめて
きたようです。

【野田 英樹 選手コメント】

 今一つセッティングを詰め切れず、オーバー・ステアが強くなってしまいま
した。自分自身も100%の力を出しきれなかったので、もう少し上位に入れたと
思うと悔しい結果に終わってしまいました。全体的には2回目の雨の予選でトッ
プ・タイムをマークできたので。マシン自体の性能の高さが分かったので良かっ
たと思います。


《決勝》

199年7月4日(日)天候:晴れ  コース・コンディション:ドライ
観客動員数:32,000人(主催者発表)

決  勝    14:00~15:10

NO.20  ビブライズ・インパル・レイナード99L(野田 英樹) 
6位

NO.19  ビブライズ・インパル・レイナード99L(影山 正美)
優勝


 エンジン、ブレーキに問題を抱えての走行で、非常に苦しい展開になってし
まいましたが、最終ラップまで3位をキープできたのは、野田の力によるもの
ではないかと思います。最後の最後で追突されるという結末には非常に悔しい
ものがありますが、6位に入賞でき、マシンの状態もかなり良くなっているよ
うなので。前向きに終わる事ができたのではと思っています。

 レイナードになって最初のレースだったので、正直なところここまでできる
とは思っていませんでした。同僚の影山選手が優勝している事もあり、順位に
は満足していませんが、トラブルを抱えながらのレースであった事を考えると、
終始3位を維持できた事に改めて野田の力を見る事ができたと思います。

 次回の菅生サーキットは、野田が最も得意としているコースですし、マシン
の方もだいぶ良くなってきているようです。今まで皆さんに我慢して頂いた分
も次回のレースでは頑張りたいと思います。引き続き、野田英樹へのご支援、
ご声援のほどよろしくお願い申し上げます。


【野田 英樹 選手コメント】

 走り出して10周目あたりからブレーキの調子が悪くなったことと、ストレー
トでエンジンが伸びなかった事もあり、苦しい状況でのレースとなりました。
ただ、ハンドリングが良かったのでコーナーでは速く走る事ができました。今
回のトラブルが解決すれば楽しみなレースが出来ると期待しています。

 最終ラップの接触は、3、4台分の間隔が開いていた事を考えればどう見て
も無理な突っ込みで、実際ブレーキがロックしてコントロールを失っていまし
た。レースだから仕方ないと言え、納得がいかない結末になってしまいました。


【星野  一義  監督コメント】

  レイナードになってから時間が無かったので、それぞれに不満はあったもの
の、2台とも入賞できたので良かったと思います。野田君については。3位を
走行していたのですが、ラフ・プレーにあい、6位に終わってしまい残念です。
ただ、35周走りきってくれた事で、データを取る事ができましたし、よそのチー
ムと互角に戦えるようになれると思います。

 まだまだ課題はたくさんありますが、次回は2台とも表彰台に乗れるよう、
チーム一丸となって頑張りたいと思います。


  資料提供:

  Project Royal Oak       [URL : http://home.att.ne.jp/red/noda/]



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース