Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

fn Rd.7 記者会見要約

予選終了後の記者会見のコメント(要約)

トム・コロネル
「タイミングが良かったと思う。上位3台ポールポジションのチャンスがあ
った。誰がポールをとってもおかしくない状況だった。クルマのセットアッ
プも良かったし、前回に比べて大きくは変えてない。ただ、気温が低いので
昨日の夜、若干の変更をしようと言う話をした。PPから3番手までの条件
は同じだと思う。前回は5番手スタートだったから。本山選手に、明日もサ
ポート役にまわってもらえれば良いんだけれどね(笑)本山選手をチェック
してくれとチームのスタッフに言ってあったら『スリックで出た』と言われ
たんで、見ていたら彼のタイムは良かったので同様に出るだろうと思った。
ストレートエンドで影山正美選手のスリップが使えて、良いタイムが出た。
トップ3に入れれば良いと思っていたし、自信もあった」

脇坂 寿一
「MINEでのテストランの時に内容をプログラムしてきて、パーツも揃った
んで、想像が付いたポジションです。走り出してから調子よかったし、ニ
ュータイヤを履くタイミングは、亜久里さんに任せていた。左右どちらか
のタイヤのエアが抜けていて、クルマが浮き上がった状態になってフロン
トがロックして、フラットスポットが出来てしまった。なおして走ったか
らポールポジションをプレゼントしたかったけれど…。クルマはアドバン
テージがあるし、MINEでは満タンできていないのでSUGOしかデータがな
いんですが、今回は楽しみなレースです」

本山 哲
「朝から基本的に決勝に向けてのセットアップをやろうと思ってました。
午前と午後で違うセットを考えていこうと。予選でニュータイヤを履いた
のは、古いタイヤがパンクしてしようがなくニューを履いたんです。早め
に行った方が良いんじゃないと思っていたんで、さらに早かったんですが、
タイミングはベストでした。3位ですが、2列目までにいればこのサーキ
ットでは順位を上げるチャンスがありますから」
-------------------------------------------------------------------
JCG00146 竹下 恵一郎



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース